サイコパスによる凶悪事件11選!異常な犯行動機とは【日本・海外】

サイコパスが起こした凶悪事件は世界中でも数多く、サイコパスを怖い存在だと思う人は少なくありません。そんな「サイコパス」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。実際にサイコパス犯罪者が起こした事件概要・犯行動機と共に、サイコパスの意味や特徴をご紹介します。

サイコパスによる凶悪事件11選!異常な犯行動機とは【日本・海外】のイメージ

目次

  1. 1サイコパスの意味とは
  2. 2サイコパスの8つの特徴とは
  3. 3サイコパスが起こした事件5選と概要【日本】
  4. 4日本のサイコパスの異常な犯行動機とは
  5. 5サイコパスが起こした事件6選と概要【海外】
  6. 6海外のサイコパスの異常な犯行動機とは
  7. 7身近に潜むサイコパスは全てが犯罪者ではない

サイコパスの意味とは

そもそもサイコパスとはどのような意味の言葉なのでしょう。「怖い人」という意味や「頭のおかしい人」という意味だと思っている人は多いのではないでしょうか。

何となくのイメージはあってもサイコパスとはどのような意味の言葉なのか、はっきり知っている人は意外と多くありません。サイコパスとはどのようなものなのか、その言葉の意味について、彼らの意外な特徴と共にご紹介致します。

サイコパスとは①日本語では精神病質者という意味

サイコパスとは、日本語にすると「精神病質者」という意味で、反社会的人格の一種を意味する言葉です。また専門家によって診断される「障害」でもあり、良心・他者への思いやりと言った感情が著しく欠如しているとも言われています。

その特性から「頭のおかしい人」という意味や「殺人鬼」といった意味で使用されることも多いですが、実際にはそのような意味の言葉ではありません。

しかしサイコパスによって引き起こされた凶悪事件は、海外だけでなく日本にも数多くあります。そのため、サイコパスという言葉自体が凶悪犯罪者を意味するもののように思われてしまっているようです。もちろん実際には全てのサイコパスが事件を起こすわけではなく、むしろサイコパスが事件を起こすことは稀だと言われています。

サイコパスとは②人柄

サイコパスは良心や思いやりがないという特徴から、他者への態度も冷たく、人と上手く関わることができないのではと思われるようです。しかし実際にサイコパスと診断される人の多くは、とても人当たりが良く、交友関係も広いです。

おそらく周りの人からは「ちょっと変わっているけどいつも明るい」「優しく人当たりの良い人」といった、およそサイコパスとは結び付かないイメージを持たれています。また、印象として「ちょっと変わっている」という感覚が共通することは多く、それは一般的な良心や常識の欠如から少しズレた言動をしているからかもしれません。

幼い頃はやはり拙く、周りに違和感を感じさせることも多いようです。しかし大人になるにつれ、その異質さを隠すことが上手くなる場合もあります。

サイコパスとは③割合

サイコパスと聞くと一般の人とは違い、とても特殊な人間であるように感じるでしょう。ではそんなサイコパスは、どのくらいの割合で存在しているのでしょうか。実はサイコパスは、日本では200人~300人に1人と言われています。つまり規模にもよりますが、大抵の学校や会社に1、2人は存在することになります。

また国によってもその割合は異なり、アメリカの場合、サイコパスの割合は25人に1人、つまり1クラスに1人という割合でサイコパスがいることになります。このことからも、サイコパスは普通に暮らしていることも多く、全てのサイコパスが危険な犯罪者ではないということが分かります。

サイコパスの8つの特徴とは

割合を知るとサイコパスは意外とたくさんいることが分かりました。おそらく誰しも、一度はサイコパスと知り合ったことがあるのではないでしょうか。

すべてのサイコパスが犯罪者というわけではありませんが、普通と比べて少し違う感覚を持つサイコパスには、普通とは異なる特徴があります。ではサイコパスとはどのような特徴を持っているのでしょう。その特徴についてご紹介致します。

特徴①平気で嘘をつく

サイコパスとは嘘を吐くことに躊躇いが無い障害と言われています。またサイコパスの吐く嘘に優しい嘘はなく、基本的には自己中心的な嘘ばかりを吐きます。

サイコパスにとって、嘘とは自分を守り、利益を得る手段であり、それが人を傷つけるのではという良心はありません。また嘘を吐くことに罪悪感を感じないため、日常的に嘘を吐き、その際も態度に表れることがありません。

特徴②良心が欠如している

サイコパスとは一般の人間が感じるような良心が欠如している障害でもあります。通常であれば悪いことをすることで良心が痛みます。そのため悪いことは止めようと思ったり、自分の行った悪いことについて反省することができます。しかし良心がないサイコパスの場合、それができません。

根本的に良心が無いため、何をしても罪悪感を感じず、反省することができません。そのため自分の利益や自己防衛のためであれば、相手を傷つけたり嘘を吐くということを繰り返してしまいます。

特徴③自己コントロールができない

サイコパスとは自分の行動を制限することが苦手な障害でもあります。そのため自分のやりたいことや感情を我慢することが苦手です。人間は誰しも理性を持っており、わがままによって他者に不利益を与えると自身に返ってくることを知っています。そのため多くの人は自身の感情や行動を制限し、コントロールしています。

しかしサイコパスの場合、その理性よりも欲求の方が上回ってしまい、抑えることができません。不利益のことは考えず、あくまで自分の得られる利益や欲求のために行動します。そのため周りに迷惑を掛けてしまうことも多く、行動を正当化するために嘘を重ねてしまうのです。

特徴④共感ができず冷淡

サイコパスとは共感することができない障害でもあります。自身の欲求に忠実でもあるため、性格はとても冷淡です。しかしサイコパスの多くは、冷淡な性格を表に出すと利益にならないことも知っています。ですので表面上は人に好かれやすい性格を演じていることがほとんどです。

そのことから長い付き合いであっても、サイコパスの人をサイコパスであると見極めることは困難であると言われています。

特徴⑤自分の行動に責任が取れない

サイコパスとは、自身の行動に責任が取れない障害でもあります。先ほどもご紹介した通り、サイコパスには良心がありません。自身の欲求に忠実に動くため、罪悪感を感じず行動しています。

ですので自身の行動を悪いことだと指摘されても、「自分は悪いことをしていない、他人のせいだろう」と口にします。サイコパスの多くは頭の回転が速く、人あたりも良いため、周りから信頼されています。

そのため周りの人はサイコパスの言葉を信じ、罪を着せられた人が悪いのだと信じてしまうようです。

特徴⑥努力の天才

サイコパスの多くは自身の利益を得るために努力を惜しみません。興味を持った分野では成功を収めることも多く、社会的には成功者である場合が多いです。そのため反社会性という側面は気づかれにくいと言われています。

そして良心が欠如しているサイコパスには、その興味の対象が善か悪かはさほど問題ではありません。そのため自分の利益となるのであればどんな事に対しても力を注いでしまいます。

そのためサイコパス犯罪者が犯した犯罪の多くは計画的に行われます。またその才能から発覚や解決も遅れてしまい、多数の犠牲者を出すことも少なくないのです。

特徴⑦他人をコントロールしたい

サイコパスとは他人のコントロールが得意であることも多いです。そのため経営者に多いと言われています。幼い頃から周りをコントロールすることによって自身の利益とすることを好み、人心を操る術を学びながら成長します。そのために嘘を吐くことに躊躇いは無く、サイコパス犯罪者の犯した犯罪の中ではマインドコントロールが行われた事例もあります。

特徴⑧男女から好かれる

人の心をコントロールする術に長けているサイコパスは、男女ともに友人が多く、他者に好かれやすいという特徴もあります。この特徴は他の精神障害とは大きく異なるものであり、サイコパスをサイコパスをだと見分けられない原因となっています。

またサイコパスはお世辞も上手いため、異性にモテることも多いです。しかしその多くは本心からの言葉ではありませんし、自身の利益のために女性に近づくことがほとんどです。そのためサイコパスは未婚の場合が多く、結婚しても離婚を繰り返すなどの特徴が見られます。

サイコパスが起こした事件5選と概要【日本】

ご紹介した特徴からも、サイコパスが普通とは異なる感覚を持っていることがわかりました。ではそんなサイコパスの犯罪者が起こした事件にはどのようなものがあるのでしょう。実際にサイコパス犯罪者が起こしたと言われる事件について、概要からご紹介致します。

犯人は高校1年の女子「佐世保女子高生殺害事件」

日本で起きたサイコパス犯罪者による殺人事件、1つ目は2014年7月26日に起きた「佐世保女子高生殺害事件」です。事件の概要は公立高校に通う女子高生が後頭部を工具で何度も殴られた後、犬の散歩用リードで絞殺されたというものです。

死因はリードで絞められ、頸部を圧迫されたことによる窒息死ですが、殺害後に頭部と左の手首が切断されています。また、胴体にも刃物で切られた傷がいくつかあったと言われています。殺害後も遺体を傷つけるという猟奇的なこの事件を起こした犯人は、被害者の中学時代の同級であった女子生徒でした。

Thumb徳勝もなみの生い立ち・家族や現在は【佐世保女子高生殺害事件】
佐世保女子高生殺害事件の加害者である徳勝もなみは現在どうしているのでしょうか。母親を早くに亡...

16歳で自分の母親を殺害「大阪姉妹殺人事件」

日本で起こったサイコパス犯罪者による殺人事件、2つ目は「大阪姉妹殺人事件」です。事件の概要は2005年11月17日に、大阪に住む姉妹が強姦・殺害されたというものでした。

先に帰宅した姉がドアを開けると同時にナイフで突き刺しそのまま強姦、その後帰宅した妹も同様にナイフで突き刺した後、姉の隣で強姦しています。犯人は事を終えた後、その部屋で一服してから火を放ちました。

日本では稀有な事件「相模原障害者施設殺傷事件」

日本で起きたサイコパス犯罪者による殺人事件、3つ目は「相模原障碍者施設殺傷事件」です。この事件の概要は2016年7月26日に知的障害者施設「神奈川県立 津久井やまゆり園」で重傷20人、死亡19人という日本でも類を見ない多数の被害者が出た凶悪事件です。

犯人は同施設の元職員であり、被害者は障害支援区分の6段階中4から6(より重度)の障害者ばかりでした。犯行時刻は午前2時頃と早朝であったこともあり、警備員の仮眠時間だったことから容易に侵入されてしまいました。

小学生の2名が殺害された「神戸連続児童殺傷事件」

日本で起きたサイコパス犯罪者による事件、4つ目は神戸連続児童殺傷事件です。この事件の概要は1997年5月27日兵庫県神戸市にある中学校の正門に、被害者の切断された頭部が置かれていたというものです。

頭部の口は加害者によって耳まで裂かれており、その口の中には「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」と名乗る犯人の、犯行声明が挟まれていたそうです。

実はこの猟奇的な事件は3件目の事件であり、1件目、2件目の事件概要は小学生の女児をショックレス・ハンマーで殴り重症、また小学4年生の少女を金づちで殴り殺害というものでした。

完全犯罪を目論んだ「埼玉愛犬家連続殺人事件」

日本のサイコパス犯罪者が起こした事件の中で、最後にご紹介するのは埼玉愛犬家連続殺人事件です。この事件の犯人は2人組であり、犯人の両方がサイコパスという日本では珍しいサイコパス事件でした。事件概要は、犯人夫婦が経営していたペットショップで、買い取りトラブルを理由に売り主を殺害したことから始まります。

その後事件を知ってゆすりを行った暴力団員と住み込みの運転手は口封じ、近くに住んでいた主婦も金銭トラブルによって殺害されています。

またこの事件は「遺体無き殺人」とも呼ばれており、遺体は発見されないよう、ペットショップの役員の自宅・風呂場でバラバラにされたのち、骨はドラム缶で焼却・遺棄されています。このことからも、完全犯罪を目論む計画的な犯行だったと言われています。

Thumb【埼玉愛犬家連続殺人事件】関根元・風間博子の生い立ちから死刑判決のその後
埼玉愛犬家連続殺人事件は冷たい熱帯魚という題名の映画の元にもなった事件です。アフリカケンネル...

日本のサイコパスの異常な犯行動機とは

サイコパス犯罪者の殺人には、通常では考えられないような動機がある場合も少なくありません。また、サイコパスは日常的に嘘を吐くと言われているため、その語った動機すらも本当か嘘かは判断がつかないこともあるようです。

そんなサイコパス犯罪者が事件の動機として語った内容とはどのようなものだったのでしょう。次は先ほどご紹介した事件の犯人が語った、事件の動機についてご紹介致します。

「佐世保女子高生殺害事件」の犯行動機

事件発覚当初は、被害者との間にトラブルがあったのではと報道されていました。しかし実際にトラブルがあったかは不明であり、犯人の少女は「人を解体してみたかった」「体の中を見たかった」と動機を述べたそうです。

犯人の女子生徒は小学生の頃から給食に薄めた洗剤を混入するなどといったトラブルも起こしており、中学の頃には猫を解体して楽しみ、殺人願望についても語っていたと言われています。そのことから、事件の前日に父親と継母が病院へ連れて行ったそうですが、施設の空きの問題からか即日入院ができないと断られていました。

また犯人は過去に「検事になって法廷で弁護士である父と戦いたい」と語っていました。実際に犯人の当時の学業成績は優秀であり、現実的なものであったと言われています。犯人の女子生徒が有能な面と猟奇的な面を併せ持っていたことから、女子生徒はサイコパスであったと予想されました。

「大阪姉妹殺人事件」の犯行動機

「ふらっと買い物に行くように、ふらっと人を殺しに行ったのです」

この事件の犯人の動機は単純で、快楽殺人だったと言われています。人間を刺すたびに快楽や興奮を感じたという内容の証言があり、人を殺すことは物を壊すことと同じ、とも語ったそうです。

犯人には他人の「生」同様、自身の「生」に対しても執着がなく、弁護人が差し入れたノートには生まれてきた理由が分からない、生まれてこない方が良かったとも書かれていました。また過去には母親を殺害したという経歴もあり、その時に感じた興奮が忘れられなかったとも語っています。

「相模原障害者施設殺傷事件」の犯行動機

この事件の犯行動機は快楽殺人ではなく、オカルトに傾倒したことによる異質な思想だったと言われています。加害者の元職員は事件は日本のために起こした、という内容の発言もしており、その言葉は独善的で尊大なものばかりだったと言われています。この発言からも独善的かつ自身の興味対象への傾倒など、サイコパスの特徴が出ていることが分かります。

また自分を擁護する嘘をつくこともサイコパスの特徴であるため、本当にオカルトを信奉しきった結果の事件だったのか、障害者に対して憎しみを感じていたのか、本当の動機は未だ分かりません。この事件は戦後の日本における最大の被害者を生んだ事件となりました。

「神戸連続児童殺傷事件」の犯行動機

さあゲームの始まりです
愚鈍な警察諸君
ボクを止めてみたまえ

この言葉を今でも覚えている人は多いのではないでしょうか。神戸連続児童殺傷事件は、概要が明らかになるに連れ、ごく普通の中学生が起こした凶悪殺人事件だったと日本中で話題になりました。ではこの事件を起こした加害者の犯行動機はどのようなものだったのでしょう。

「はっきり言って、調子づいてしまった」、これが酒鬼薔薇聖斗が事件の動機として供述した言葉でした。また、上記の犯行声明文に関しては自身がイメージした犯人になりきって文章を考えたものであり、自身の動機ではなく作文に近いものだとも語っています。

「埼玉愛犬家連続殺人事件」の犯行動機

1.世の中のためにならない奴を殺す
2.すぐに足がつくため、保険金目的では殺さない
3.欲張りな奴を殺す
4.血は流さないことが重要
5.死体(ボディ)を透明にすることが一番大事

上記の言葉は埼玉愛犬家連続殺人事件の加害者が殺人哲学として話していた言葉です。この言葉を残したのは加害者夫婦の夫であり、その性格はやくざのような見た目とは裏腹にユーモアにあふれた気さくな性格だったそうです。また、独特の話術を持っており、自分の話に相手を乗せることがうまかったとも言われています。

また妻の方はお金を管理する才に優れており、経理を担当していました。夫婦はどちらも利益に対する欲が強く、互いの欠点を補いあいながらうまく犯行を重ねています。しかし裁判では互いに罪を相手に擦り付け、自身を守ろうとしていたと記録されています。これらのことからも、やはり夫婦揃ってサイコパスの特徴がはっきりと表れていると言えるでしょう。

サイコパスは犯行動機として様々な言葉を残していた

ここまでご紹介した事件の中で、サイコパスは多くの印象深い言葉を残していました。ご紹介した言葉の他にも「世の中のためにならないから殺す」、「またしらけさせるような事があれば、一週間に三つの野菜(人間)を壊します(殺します)」などの言葉を残しています。

その言葉の多くは普通の人間が聞くとゾッとするような言葉や自身を擁護するための尊大な嘘と言える言葉ばかりです。自身の欲求に忠実であり、それを満たすために手段や言葉を選ばなないのもサイコパスの特徴です。

周りがどんな自己中心的であると非難しても、サイコパスにとってはそれが当然であり、悪いことであるという認識が生まれることはありません。

サイコパスが起こした事件6選と概要【海外】

サイコパスが起こした事件は日本国内のものだけではありません。先にもご紹介した通り、アメリカには日本以上に高い割合でサイコパスがいると言われています。もちろんアメリカだけでなく、サイコパスは全世界にいます。次はそんな海外のサイコパスが起こしたと言われる事件についてご紹介致します。

子供52人を殺害した「アンドレイ・チカチーロ」

海外で起きたサイコパスの殺人事件、1つ目はアンドレイ・チカチーロが起こした殺人事件です。この事件はロシア・ソビエト連邦社会主義共和国で、1978年から12年間も続いた連続殺人事件です。

その被害者はなんと52人にも上ることから、現在でも「赤い切り裂き魔」「ロストフの殺し屋」等と呼ばれ恐れられています。その犯行の概要は猟奇的であり、最初の事件では被害者の少女の首を絞めて意識を奪った後、性器をめった刺しにしています。

またその後犯行内容はエスカレートし、暴行を加えた後両目を抉って遺体を切断、一部を食べたり持ち去るようになります。最終的には相手が抵抗する姿に、性交以上の興奮を覚えていたと証言しています。

Thumbアンドレイ・チカチーロとは!虐殺事件の概要や息子は【ロシアの殺人鬼】
アンドレイ・チカチーロとは、ロシアで起こった52人の連続殺人を犯したロシアの殺人鬼です。映画...

5年間で33人を殺害した「ジョン・ゲイシー」

海外で起きたサイコパスの殺人事件、2つ目にご紹介するのはジョン・ゲイシーが起こした殺人事件です。福祉活動などでピエロに扮することの多かったジョン・ゲイシーは「キラー・クラウン」と呼ばれ、5年間の間に33名もの少年が強姦・殺人の被害者となりました。

犯行内容は自分の性欲に忠実なものであり、その対象は少年ばかりでした。被害者の最年長は20歳、最年少は9歳とそのほとんどが未成年であり、凶器で脅しながら強姦した後、殺害、地下室に遺体を埋めていました。

ドイツで85件の殺人をした「ブルーノ・ルトケ」

海外で起きたサイコパスの殺人事件、3つ目にご紹介するのはブルーノ・ルトケが起こした85件にも上るドイツの連続殺人事件です。その事件の概要は女性を追いかけまわして、刺殺・絞殺などの後殺害、屍姦を繰り返しました。

この殺人はブルーノ・ルトケが少年だった頃から行われていましたが、第二次世界大戦の最中であったことから発覚が遅れたと言われています。

患者に薬物を投入し殺害した「バージニア」

海外で起きたサイコパスの殺人事件、4つ目はブラジルのバージニア・ヘレナ・ソアレス・デ・ソウザが起こした殺人事件です。その事件概要は、筋弛緩剤などの薬物を患者に接種することで殺害したというもので、被害者はおよそ300人以上と言われています。

また当時ICUの責任者だったバージニアは、自身の部下に当たる医師や看護師にも同様の指示を出して殺害させていました。

52人を殺害した「アナトーリ・オノプリエンコ」

海外で起きたサイコパスの殺人事件、5つ目はウクライナのアナトーリ・オノプリエンコが起こした連続殺人事件です。事件概要は一貫して強盗殺人であり、大人は銃殺、子供は撲殺で殺害されています。また殺害後は金品を奪って家に火を放ち、証拠を隠滅していました。

引っ越しの際に被害者の遺品が出てきたことから、親族が警察に通報・逮捕となりましたが、このきっかけが無ければ事件はさらに難航していたかもしれません。

夫婦で殺害をした「フレッド&ローズ・ウエスト」

海外で起きたサイコパスの殺人事件として最後にご紹介するのはイギリスのフレッド&ローズ・ウエスト夫婦が起こした連続殺人事件です。事件概要は強姦殺人ですが、詳細は異常なものでした。

そもそもこの夫婦には性に対する常識が全く無く、フレッドは妻との間にできた自身の娘を強姦し、殺害していました。さらに、妻のローズマリーも売春行為で稼ぎながら自身の父親と性行為を行っていたそうです。

犠牲者のうち3人は夫婦の子供であり、その他誘拐されてきた女性なども合わせて12人が被害者となりました。またフレッドの虚言癖やローズマリーの黙秘、最後の事件とその前の事件の間に8年の空白があることなどから、見つかっていない被害者もいると予想されています。

海外のサイコパスの異常な犯行動機とは

日本のサイコパス同様、海外のサイコパスが語った犯行動機には驚くべきものが多数あるようです。そんなサイコパスの犯行動機や、拘留後に残した言葉などをご紹介致します。

「アンドレイ・チカチーロ」の犯行動機

海外で起きたサイコパスの殺人事件、1つ目の事件としてご紹介したアンドレイ・チカチーロは、事件の死刑判決に対し「何の価値もない人間を掃除する」ことで貢献したのだと主張し、上告したと言われています。

しかしこれだけの猟奇的かつ欲に忠実な殺人をしておきながら、本当の動機がこの発言通りであるということはないでしょう。最後まではっきりとした動機を語ることはありませんでしたが、生い立ちや犯行内容からも快楽殺人であると言われています。

「ジョン・ゲイシー」の犯行動機

海外で起きたサイコパスの殺人事件、2つ目の事件との犯人としてご紹介したジョン・ゲイシーの犯行動機は、犯行内容からも分かる通り、自身の欲を満たすための強姦・殺人だったと言われています。

また中には同意の上での行為もありましたが、その場合も自身の同性愛が露見しないよう、口封じとして殺害しています。ジョン・ゲイシーの同性愛に関しては諸説あり、父親の幼い頃の虐待や暴言によるものだとも言われていますが、真相は定かではありません。

また逮捕後にも「人殺しをした本当の理由を教えてあげる」と拘留所で文通をしていた少年を呼び出し、強姦未遂を起こしています。このことからも、自身の欲にあらがうことができない、サイコパスの一面を見ることができます。

「ブルーノ・ルトケ」の犯行動機

海外で起きたサイコパスの殺人事件、3つ目の事件の加害者としてご紹介したブルーノ・ルトケの犯行動機もまた、自身の欲を満たすためでした。ブルーノ・ルトケは軽度の知的障害があり、ナチスの政策からパイプカットが行われていたそうです。しかし性欲が衰えることはなく、むしろ欲求はエスカレートしていったと言われています。

ブルーノ・ルトケは軽度の障害があることを主張し、その主張を受理されましたが、ナチスの研究期間で人体実験が行われた後、薬物で処刑されています。ブルーノ・ルトケは時代背景が生んだ凶悪犯罪者とも言えるかもしれません。

「バージニア」の犯行動機

「ICUを空っぽにしたかったのよ。だって全身がむず痒くなるんですもの」

海外で起きたサイコパスの殺人事件、4つ目の事件のバージニアの犯行動機はどのようなものだったのでしょう。

事件発覚から逮捕までの間、バージニアの電話などを盗聴していた司法当局は、自分の仕事は患者を来世に送ることだという内容の言葉を聞いています。バージニアはこれに対して今のICUがどんなにひどい状況かを伝えていた、と反論していました。

しかし逃げられないと悟ったのか、その後の取り調べに対し、犯行動機として上記の言葉を述べています。バージニアの起こした犯罪からは自身の感情・行動をコントロールできないことや、他者に対する良心の無さなどが見られました。典型的なサイコパスの犯罪と言えるものでしょう。

「アナトーリ・オノプリエンコ」の犯行動機

被害者の最後を観察するのが好きだった。最後の息を吸う瞬間や死ぬ瞬間。生きようと必死にもがく姿とかね

海外で起きたサイコパスの殺人事件、5つ目の事件の加害者、アナトーリ・オノプリエンコの動機は殺害欲求によるものです。

概要自体は一貫して強盗殺人でしたが、上記の言葉からも分かる通り、実際の犯行動機は殺人がメインであり、強盗はそのついでと言えるものでした。一旦は死刑と判決されるものの欧州連合の要請によって執行前に死刑制が廃止となり、終身刑を言い渡されています。

また犯行動機として「内なる声」についても述べており、アナトーリ・オノプリエンコの犯行場所は十字架を描いていました。終身刑を受けて投獄されたアナトーリ・オノプリエンコは、獄中でも「殺人の世界記録を樹立したい」と釈放を要求していたと言われています。

「フレッド&ローズ・ウエスト」の犯行動機

俺がお前を作ってやった。だから俺にはお前を触る権利がある

海外で起きたサイコパスの殺人事件、6つ目にご紹介したフレッド&ローズ・ウエスト夫婦の犯行動機は、多くのサイコパス事件同様、自身の欲を満たすためでした。また夫婦共に異常な環境で育ったことから、性に対する常識が著しく欠如していたことも事件の原因と言えます。

フレッド&ローズ・ウエスト夫婦は、被害者のほとんどを殺害した後バラバラに解体しています。解体理由は遺体を隠すためではなく、2人は「解体=人間性のはく奪」を目的としていたと言われています。

つまり相手に対する究極の支配権を奪う方法として解体を好んだ、というサイコパスならではの考えによるものでした。その他夫の虚言癖など、様々な点からサイコパスの特徴が確認できたそうです。

身近に潜むサイコパスは全てが犯罪者ではない

ここまでサイコパスの起こした日本国内・海外の事件や、サイコパスとはどのような意味を持つ言葉なのかなどについてご紹介致しました。これらの事件を読んでサイコパスが怖いものである、というイメージを強くされた方は多いことでしょう。

また、サイコパスを「殺人鬼」という意味や「頭のおかしい人」という意味で使用しても、間違いではないと感じた人もいるのではないでしょうか。

しかし最初にも述べた通り、すべてのサイコパスが凶悪な事件を起こすわけではありません。ご紹介した事件の詳細を読むと、事件を起こしたサイコパスの中には育った環境が影響しているケースも数多くありました。

サイコパスになる原因としては、「前頭前野から扁桃体へ繋がる機能の低下」「いくつかの遺伝要因」「幼少期の身体的、精神的虐待」が有力説として挙げられています。つまり育つ環境によっては、今回挙げた犯罪者の中には、本来であればサイコパスにならなかった人もいるかもしれないのです。

また現在の医学では、サイコパスは治療が不可能だと言われており、環境が要因でサイコパスになる人達は、むしろ被害者とも言えるのかもしれません。

サイコパスとはあくまで障害の一種であり、むしろサイコパスだからこそ素晴らしい才能を発揮して社会に貢献する場合もあります。犯罪を犯すことはもちろん許されることではありませんが、サイコパスだから悪いということでは決してないのです。

関連する記事はこちら

Thumbシリアルキラーの意味とは!シリアルキラーの事件・名言まとめ【日本・海外】
シリアルキラーという言葉の意味をご存知でしょうか。日本や海外で起こった有名な殺人事件では、よ...
Thumbメアリー・ベル事件の概要!メアリー・ベルの現在や生い立ち【サイコパス殺人鬼】
メアリー・ベル事件とはイギリスで起きた殺人事件です。11歳の少女が3歳と4歳の子供を殺害した...
Thumbサイコパス女性の特徴と恋愛傾向11選!見分け方や対処法とは
サイコパス女性は性格や特徴に難があると言われていますが、恋愛や結婚に対してはどのような考えが...
Thumb佐世保事件の概要とその後!加害者「辻菜摘」は現在結婚している?
長崎県佐世保市で起きた佐世保事件について迫ります。佐世保事件とは当時まだ小6だった辻菜摘が、...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ