後藤浩輝騎手の死因(自殺)の真相!妻や子供に武豊の勝利報告とは

後藤浩輝はプロの騎手として活躍していて、武豊・岩田康誠・吉田豊と交友関係がありました。また、当時は結婚して妻も子供もいたのですが、幸せなはずなのになぜが自殺を選んでいます。後藤浩輝が過去に事件を起こしていたことや自殺の真相、死因などについてご紹介します。

後藤浩輝騎手の死因(自殺)の真相!妻や子供に武豊の勝利報告とはのイメージ

目次

  1. 1後藤浩輝とは
  2. 2後藤浩輝の自殺の真相
  3. 3後藤浩輝騎手の生い立ち
  4. 4後藤浩輝騎手の結婚歴
  5. 5後藤浩輝騎手の交友関係
  6. 6後藤浩輝騎手の自殺の原因はいまだ不明

後藤浩輝とは

後藤浩輝をご存知ですか。後藤輝樹とは1992年3月から2015年2月27日まで、騎士として活躍していた人物です。なぜ2015年2月27日以降は活躍していないのかについては後にご紹介しますが、その真相について疑問が寄せられているようです。

まずは後藤浩輝について掘り下げていくことで、後藤浩輝のことを知ることができます。そのため、後藤浩輝のプロフィールについてご紹介していきましょう。

後藤浩輝のプロフィール

・本名:後藤浩輝
・生年月日:1974年3月19日
・年齢:40歳(没)
・出身地:神奈川県相模原市中央区
・血液型:B型
・身長:157㎝
・体重:50㎏
・活動内容:騎手・タレント
・所属事務所:美浦トレーニングセンター・オスカープロモーション
・家族構成:湯原麻利絵(妻)

プロ騎手としてデビュー

騎手になるのに必要な免許を取得した後藤浩輝は、1992年にプロの騎手としてデビューを果たしました。デビュー当時は伊藤正徳厩舎所属で、同期には様々な騎手たちがいたようです。初めて馬に乗ったのは1992年3月1日で、エンシュードラゴンと呼ばれる馬に乗ってレースに出場しており、16頭中6位とまずまずの成績を残していました。

その後もプロ騎手として活躍を続ける後藤浩輝でしたが、伊藤正徳厩舎の調教師である伊藤正徳と性格が合わなかったため、フリーの騎手として3年我慢して伊藤正徳のもとで活躍を続けていました。

ファンサービス委員会委員長の座

後藤浩輝は勝った時のインタビューでパフォーマンスをすることが多く、そこからファンサービス委員会委員長の座を獲得しました。中には、おでこに「そよ風」とマジックで書いたままインタビューに答えている時もあり、ファンだけでなく、多くの人を楽しませたい意志が伝わってくるでしょう。

しかし、ファンサービス委員会委員長の座は自ら話していたことなので、自称ファンサービス委員会委員長だったことになります。

タレント活動もこなす

後藤浩輝はプロフィールにも書いていた通り、オスカープロモーションに所属していました。それはタレント活動をするためだったようです。主に競馬や馬に関するテレビ番組に出ていたのですが、それ以外にも『ザ!仰天ニュース』や『踊る!さんま御殿!!』などにも出演したことがありました。

トークバラエティなどにも出演していたことから、後藤浩輝の知名度は一気に高まったことでしょう。そして、プロ騎手として後藤浩輝のファンに向けて、いくつか本を出版しています。

後藤浩輝の自殺の真相

上記で述べたように様々な分野で活躍するようになった後藤浩輝ですが、2015年2月27日に死を迎えてしまうこととなりました。その死は後藤浩輝が自ら招いたことで、「なぜ自殺してしまったのか」と世間から多くの声が寄せられたようです。その中には、後藤浩輝のファンとしてはあまり考えたくないような噂もありました。

では、後藤浩輝はどのようにして自殺を選んでしまったのでしょうか。また、飛び交っている噂をいくつかご紹介していきましょう。

自宅の脱衣所で首吊り

後藤浩輝には当時幼い娘がいました。娘をお風呂に入れてあげた後の脱衣所で首つり自殺をしたようです。警察が隈なく調べましたが、事件性は見つからなかったため自殺だと断定されました。あまりにも突然の出来事だったため、後藤浩輝に関わっていた周囲の人たちは混乱してしまったことでしょう。

なぜ後藤浩輝が娘をお風呂に入れてから自殺したのか、なぜ自殺場所に脱衣所を選んだのかは未だ不明です。

死因は首吊りによる窒息死

自殺した際に後藤浩輝は首吊りを選んでいたため、それにより死因は窒息死と判断されました。窒息死が死因だった場合、遺体がショッキングな状態になってしまうことが多いようです。

そのため、第1発見者であった妻はかなり精神的にダメージを受けたに違いありません。日々支えてくれている妻がいるにも関わらず、後藤浩輝はなぜ自殺を選んでしまったのでしょうか。

噂される自殺の原因

自殺を選んでしまった後藤浩輝にはいくつか噂があります。その中には度重なる怪我が原因と考えている人が多いのではないでしょうか。後藤浩輝は自殺する前に首を骨折する大怪我を負っていました。怪我を克服した後も不調が続いたため、再検査すると首の怪我が更に悪化していることが判明しました。

また精神的に不安定な部分があったようで、うつ病にかかっていた可能性も否定できません。そして後藤浩輝は、裏社会との繋がりがあったとの噂もあるようです。裏社会は様々な分野と繋がっていると言われているため、後藤浩輝も関わりがあった可能性は否定できないでしょう。

自殺の前日にFBを更新

後藤浩輝が自殺したことで世間は大きな混乱を呼びました。その理由の1つとして、後藤浩輝が自殺前日に投稿していたFacebookが挙げられます。歌謡ショーを見たことを笑顔で伝える投稿があったため、「自殺するようには見えなかった」との声が多いのではないでしょうか。

精神的に不安定だったことを考慮するのであれば、周囲の人が知らないうちに心が蝕まれていってしまっていたのかもしれません。

遺書はなかった

様々な憶測で噂が飛び交っていた後藤浩輝の自殺の真相ですが、その理由として遺書がなかったことが挙げられます。もしも、何か苦痛を伴っていることがあって自殺を選んでしまったのであれば、家族に対する遺書が残っていてもおかしくありません。しかし、後藤浩輝はそのようなものを1つも残していなかったようです。

結果として後藤浩輝が自殺したことに対し、真相は明らかになっていません。そのため、これからも後藤浩輝の噂がネット上で飛び交うことになるでしょう。

後藤浩輝騎手の生い立ち

自ら死を選ぶことによって周囲の人たちを悲しみを感じさせた後藤浩輝は、もしかすると「生い立ちが自殺に関係しているのではないか」との声もあるようです。自殺に関係していそうな考え方があったと言われている中で、騎手としての才能もあったといいます。では、後藤浩輝にはどのような生い立ちがあったのかについてご紹介していきましょう。

ずば抜けた運動神経の持ち主

後藤浩輝は幼少期の頃から運動神経がずば抜けていたため、空手や体操を習っていたといいます。そうすることで、より一層反射神経が高まっていきました。

自身の死生観にトラウマ?

最終的に自殺を選んでしまった後藤浩輝ですが、自身の死生観にトラウマを持っていたとされています。その原因として、父親から無理心中を強いられたことが挙げられるようです。それだけでなく、父親から寝ている時に首を絞められたりなどの虐待とも呼べる行為を受けていました。

そのことから、自分の過去のトラウマを抱えるようになった可能性が高いでしょう。首を絞められた過去は後藤浩輝の死因からも分かるのではないでしょうか。

母親の助言で競馬学校へ進学

後藤浩輝が騎手の道に進むきっかけとなったのは、母親からの助言でした。母親は「きちんと職に就くべきだ」と考えており、それを後藤浩輝に対しても伝えていました。しかし、後藤浩輝は当時料理が得意だったため、その道に進みたいと考えていました。

ただ、母親は過去に見ていた競馬学校の番組を思い出し、後藤浩輝に勧めました。とにかく試験だけ受けてみようとしたところ合格してしまったため、競馬学校に進学することになったようです。母親の一言がなければ、後藤浩輝は騎手としての道を進むことはなかったでしょう。

騎手として不遇の時代

競馬学校に進学したはいいものの、一切知識を持っていませんでした。普通なら競馬に興味を持ってから進学するのですが、後藤浩輝はそうではなかったため学校の中ではダントツで下手だったようです。だた、アメリカで競馬殿堂入りを果たしているスティーブ・コーゼンの影響で騎手に対しての姿勢が変わりました。

そして、1992年には進学した競馬学校を卒業しています。その1ヵ月後にはプロ騎手として活躍することとなります。

トップジョッキーとして開花

後藤浩輝は1994年になるまで勝利を飾ったことはありませんでした。しかし、幸運にも騎手として出場予定だった先輩が怪我をしてしまい、出れなくなったようです。そして、出場予定だったレースでは50kgの負担重量の騎手しか出場で出来ず、後藤浩輝以外では務まりませんでした。

そこから後藤浩輝はトップジョッキーとして開花することとなりました。その後は1995年までに21勝するなど、かなりの好成績を残したといいます。

後藤浩輝騎手の結婚歴

自殺をしていた後藤浩輝を発見したのは、後藤浩輝の家族だったようです。事件当時は結婚をしており、一般的に見ると幸せな家庭を築いていたように見えるのではないでしょうか。しかし、その結婚歴を見ると後藤浩輝は本当の幸せを掴むことができなかったのかもしれません。過去に後藤浩輝はどのような結婚歴があったのかについてご紹介します。

バツ1で元嫁は一般人

一度離婚を経験している後藤浩輝は、一般人の女性を結婚していたようです。その女性とはパーティーで知り合ったようで、コンパニオンをしていました。結婚のきっかけは後藤浩輝の一目ぼれだったため、女性はさぞ美人だったのではないでしょうか。

しかし、プロ騎手としての活動はとても忙しいものだったため、「生活面ですれ違いがあったのではないか」と言われています。なぜ離婚してしまったのか、後藤浩輝の口から真相は語られていないためわかりませんが、お互いの価値観が違っていれば離婚していなかったのかもしれません。

妻はタレントの湯原麻利絵

一度離婚をしてバツ1になった後藤浩輝はタレント活動を行っていた湯原麻利絵と出会い、2010年5月10日に結婚しています。しかし、その結婚生活は後藤浩輝が自ら命を絶ったことで終わりを迎えてしまいました。妻である湯原麻利絵とは6年の夫婦生活が続けられていたようです。

もしかしたら精神的に不安を抱えていた後藤浩輝にとって、何年も誰かと過ごす生活は耐え難いものだったのかもしれません。

子供がいる

後藤浩輝はタレントの湯原麻利絵と結婚した後、子供が生まれています。自殺する直前に娘である珠々ちゃんをお風呂に入れていたことから、家族への愛はあったのかもしれません。しかし、過去に父親からひどい仕打ちを受けていたこともあり、自身の幸せについて疑問を持っていた可能性もあります。

後藤浩輝騎手の交友関係

後藤浩輝が亡くなった際、100人以上もの人が集まったといいます。そのことから、後藤浩輝は生前多くの人から愛されていたことが分かるのではないでしょうか。その交友関係はとても広く、中には後藤浩輝と敵対していた人物もいたようです。後藤浩輝はどのような交友関係を持っていたのかについてご紹介していきます。

武豊との泣ける友情

後藤浩輝と武豊は深い友情を築いていたと言われており、もちろん葬儀にも武豊は出席しています。武豊は2017年に行われた有馬記念での勝利を、今は亡き後藤浩輝に報告していたようです。また、武豊は「何も言わずに自殺する人ではない」と後藤浩輝のことをよく知っている発言をしており、それほど親しい仲だったことがわかります。

岩田康誠との因縁

後藤浩輝と岩田康誠は因縁があると言われています。同じくプロ騎手として活躍していた岩田康誠は、レースの際には後藤浩輝の前を走っていました。そしてレース中に岩田康誠が妨害したことにより、後藤浩輝は落馬をしてしまいました。その時、後藤浩輝は骨折したようです。

その前にも岩田康誠は後藤浩輝を病院送りにしたことがあるようで、かなり敵対視していたことが分かるのではないでしょうか。そのため、「後藤浩輝の自殺の原因は岩田康誠にあるのかもしれない」との声も挙がったようです。

吉田豊との木刀事件

不仲だと囁かれていた吉田豊は後藤浩輝に襲撃を受けることとなります。後藤浩輝は吉田豊の寮に木刀を持って乗り込んでいき、その木刀で殴りかかったようです。吉田豊は怒鳴りこんできた後藤浩輝に対して土下座をしながら謝罪していたのですが、普段の吉田豊の態度が気に入らなかった後藤浩輝はそれでも殴り続けました。

多くの人から愛されていた後藤浩輝なので、吉田豊に対して暴力行為を行っていたことを知らない人も多いのではないでしょうか。

後藤浩輝騎手の自殺の原因はいまだ不明

暴力事件を起こしたこともある後藤浩輝ですが、武豊から信頼を寄せられているところを見ると、心を許している人に対しては穏やかに接することができていたと言えるのかもしれません。後藤浩輝は岩田康誠から邪魔されて落馬事件を何度も起こされたことから精神的に追い詰められていった可能性もあるようです。

しかし、なぜ後藤浩輝が自殺を選んだのかについては未だ不明となっています。そのため、死後数年たっていますが後藤浩輝の死の真相について議論が繰り広げられることもありました。今後後藤浩輝のように自ら死を選ぶ人がいなくなるように、精神的な面でのケアを誰でもできるように制度を整える必要があると言えるのではないでしょうか。

関連する記事はこちら

Thumb芥川比呂志の死因は病気?妻や子供に「ハムレット」など出演作も紹介【画像】
芥川比呂志は、有名な小説家である芥川龍之介の息子です。貴公子ハムレットと呼ばれていました。芥...
Thumbミハエル・シューマッハの現在!脳死の噂もある事故後の容態は【最新】
現在でも伝説のF1レーサーと謳われるミハエル・シューマッハは、スキー事故により昏睡状態に陥り...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ