小西優香さん死体遺棄の犯人・森翔馬と稲岡和彦とは【権現ダム事件】

加古川市権現ダムで小西優香さんの遺体が発見された事件で、森翔馬と稲岡和彦が逮捕されました。この記事では小西優香さんと二人にはどんな関係があったのか、また大阪市内の防犯カメラに残されていた画像や被害者のTwitterからどんな事件の鍵が得られるかまとめました。

小西優香さん死体遺棄の犯人・森翔馬と稲岡和彦とは【権現ダム事件】のイメージ

目次

  1. 1兵庫権現ダム遺体遺棄事件とは
  2. 2権現ダム遺体遺棄事件の概要
  3. 3逮捕された森翔馬容疑者の素性
  4. 4逮捕された稲岡和彦容疑者の素性
  5. 5森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者の関係
  6. 6被害者である小西優香さんの実情
  7. 7森翔馬と稲岡和彦が逮捕に至った経緯
  8. 8加古川権現ダム遺体遺棄事件の詳細はいまだ不透明

兵庫権現ダム遺体遺棄事件とは

権現ダム遺体遺棄事件とは、2018年8月に兵庫県加古川市の権現ダムで女性の遺体が見つかった事件です。遺体を遺棄した疑いで二人の容疑者がすでに逮捕されています。この事件では被害者の女性はまだ20歳と若いことや、殺害した遺体をダムに沈めるという凶悪な手口で、世間を震撼させました。

いったい犯人の動機はなんだったのでしょう。また、犯行はどのように計画され、実行に移されたのでしょうか。加古川権現ダム遺体遺棄事件の真相を探っていきます。

兵庫県加古川の権現ダムで遺体が発見

2018年8月11日、兵庫県加古川市の権現ダムで女性の遺体が発見されます。遺体は衣装ケースに詰め込まれており、ダムの岸から数メートルの沖に浮いた状態でした。朝ダムに釣りに来ていた人が第一発見者です。ケースには土嚢がくくりつけられており、犯人は遺体の入ったケースがダムの底に沈むように図って遺棄したと思われます。

しかし土嚢の効果はあまりなく、遺体の入ったケースはダムの水面に浮かびあがり、犯行が明らかになることとなりました。

被害者は小西優香さん

加古川権現ダムで発見された遺体は、大阪市淀川区十三に住む小西優香さんであることがわかっています。まだ20歳と若く、公開されている写真からもきれいな顔立ちであることがわかり、小西優香さんの死を悼む声が多く上がっています。小西優香さんの遺体は、白色のTシャツと長ズボンの状態で見つかり、着衣に乱れはなかったようです。

また現場には小西優香さんの物と思われる化粧ポーチや財布が残されていました。小西優香さんは事件前キャバクラで働いており、何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるということで捜査が進められました。小西優香さんの住む大阪から遺体発見場所の権現ダムまでは1時間以上かかることから、犯行を隠そうと企てたことがわかります。

さらに遺体遺棄の方法からも、極めて残忍な犯行であることが伺えます。Twitter上では、誰々が犯人なのではというコメントが多数見られ、情報が錯綜していました。

稲岡和彦と森翔馬を逮捕

事件発生から一週間後、犯人と思われる二人の容疑者が逮捕されました。大阪市西区に住む森翔馬容疑者と、大阪市生野区に住む稲岡和彦容疑者です。交友関係の聞き込み調査や、防犯カメラに被害者と共に映り込んだ映像、権現ダムに続く山陽自動車道のカメラ映像などから、犯人が割り出されました。

権現ダム遺体遺棄事件の概要

兵庫県加古川市の権現ダムで遺体が見つかった事件で、犯人と思われる二人の容疑者が逮捕されています。しかしこの事件にはまだ不可解な点がいくつかあるようです。まず、権現ダム事件の概要についてご紹介していきます。遺体遺棄に使用された方法や犯人逮捕に至ったいきさつについて、わかっている情報を見てみましょう。

遺体の入った衣装ケースを発見

権現ダムで発見された遺体は、透明のプラスチックの衣装ケースに詰め込まれていました。衣装ケースには土嚢がふたつ括りつけられており、犯人はダムの底に遺体を沈めて見つからないように図ったものと見られます。しかし、犯人の思惑通りにはいかず、遺体の入った衣装ケースはダムの沖に浮かんだ状態で発見されました。

発見された衣装ケースの大きさは、縦約75㎝、横と高さ45㎝とさほど大きくありません。被害者の小西優香さんの遺体は、足がはみ出た状態だったようです。小西優香さんの服装は白色のTシャツと長ズボンで、着衣に乱れはありませんでした。衣装ケースには、小西優香さんの財布や化粧ポーチも一緒に入れられていました。

しかし小西さんのスマホは見当たらず、その後の捜査で自宅を探しても見つからなかったようです。犯人が持ち去ったのでしょうか。いろいろと不可解な点が多い事件と言えます。

遺体が入っていたのが衣装ケースだったというのは、この事件のひとつの特徴であると言えます。計画的な犯行として用意周到にするのであれば、もっと他のものに遺体を入れたのではないでしょうか。プラスチックのケースでは浮力が高く水に浮きやすいのは想定できることでしょう。しかも犯行に使われた衣装ケースの本体と蓋が別々のものだったようです。

また遺体発見時、小西さんの足がケースからはみ出た状態でした。犯人は何かのトラブルで突発的に小西さんを殺害し、それを急いで隠すために近くにあった衣装ケースに入れて持ち運んだのかもしれません。

小西優香さんは自宅を出た後の消息不明

警察によると、遺体が見つかった日の二日前の朝、小西優香さんが自宅マンションを出てタクシーで出かける姿が防犯カメラで確認されています。そしてその後消息不明となっています。小西優香さんの自宅マンションの捜索がされましたが特に荒らされた形跡はないので、強盗などではなく、外出先でトラブルに遭ったと見て捜査が進められました。

小西優香さんとの防犯カメラの画像で捜査線上に浮上

小西優香さんの行方が最後に確認された直前、大阪市内で森翔馬容疑者と思われる男性と一緒にいる様子が防犯カメラに残されていました。防犯カメラには小西優香さんと森翔馬容疑者が繁華街を肩を組みながら歩く様子が映っており、明らかに親しい関係であることが伺えます。

また一部の報道によると、二人が森翔馬容疑者の自宅に入っていった後小西優香さんが出てくる姿が確認されていないとのことです。その後二人の容疑者が大きな荷物を運び出す姿がカメラに映っていたという情報もあります。警察はそれが小西優香さんの遺体だったと見ています。

遺体遺棄の犯人として逮捕

小西優香さんの遺体が加古川の権現ダムで発見されてから二週間ほど経った頃、遺体遺棄に関わったとして二人の容疑者が逮捕されました。森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者です。警察は二人が共謀して、小西さんの遺体遺棄を決行したと見ています。二人は森翔馬容疑者が20歳、稲岡和彦容疑者が42歳と年齢が離れており一見接点もないように思われます。

しかし二人の容疑者と小西優香さんの自宅は車で30分以内の所にあり、なんらかの形で3人が接点を持つことになっても不思議ではありません。警察の調べが正しければ、森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者は二人で協力して小西優香さんを殺害し、遺体をスーツケースに入れてダムまで運び遺棄したということになります。

亡くなった小西優香さんの遺体には首に鬱血痕が見られました。殺害するのに、容疑者のどちらかが小西さんの首を絞めたものと思われます。

捜査関係者によると、小西優香さんは森翔馬容疑者の自宅マンションで殺害されたのではないかと見られています。そしてその後、森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者の二人で、小西さんの遺体を衣装ケースに詰め込み、車で1時間ほどかかる権現ダムまで行って遺棄したものと思われます。

二人は遺体を運ぶためにレンタカーを利用したようです。稲岡容疑者は借りたレンタカーを8月10日に返しており、小西さんの遺体が見つかったのは8月11日であることも犯行の裏付けとなります。また、森容疑者の自宅マンション付近に不審な車が停まっていたことも目撃されています。

権現ダムに続く山陽自動車道のカメラにも二人が乗っていたと思われる車が映っていたことも証拠になっています。

両容疑者は遺体遺棄を否認している

逮捕された森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者はどちらも、遺体遺棄はしていないと容疑を否認しています。また、両者はお互いに面識がないとも供述しています。しかし捜査が進められていくうちに、二人の容疑者に何らかの関係があることが見えてくるのでした。

逮捕された森翔馬容疑者の素性

小西優香さんを殺したとされる二人の容疑者のうち、まず森翔馬容疑者の素性について見ていきます。同容疑者の経歴や性格、交友関係についての捜査の結果、この事件と深い関係があることがわかってきました。

大阪出身

加古川権現ダム事件の容疑者の一人、森翔馬容疑者は大阪府枚方市出身です。事件当時は大阪市西区に住み、繁華街で風俗のスカウト業を仕事としていました。

森翔馬容疑者の経歴

森翔馬容疑者は、ガールズバーの店長や風俗嬢のスカウト、キャッチセールスを仕事としていた経歴があります。そのスカウトの腕は業界でも評判で、良い女の子を連れてくることが多かったようです。しかしその方法は強引なもので、言葉巧みに飲みに行き、酔っぱらった女の子に「いいバイト」とだけ言って風俗の仕事を紹介していたようです。

そのため酔っていて承諾した覚えがないと言う女性とトラブルになることもしばしばだったようで、その際には逆切れして髪の毛を引っ張るなど暴行まがいの行為に及ぶこともあったということです。森容疑者をよく知る飲食店関係者は、「森容疑者の切れ方は半端なく、いくら止めてもやめない病的なところがある。」と述べています。

そうした凶暴とも言える性格が災いして、小西さんの殺害に至らせたとしても想像に難くないでしょう。

森翔馬容疑者と小西優香さんの関係

小西優香さんと森容疑者は以前に同じ店で働いていたことがあったようです。また小西優香さんは森容疑者から風俗のスカウトも受けていたとの情報もあります。小西優香さんの遺体が見つかる数日前に、防犯カメラの画像に小西さんと並んで歩く森容疑者が映し出されています。肩を組んで歩く様子は恋人のようにも見えます。

しかしこの画像については、森容疑者が一方的に小西さんにすり寄っていて、小西さんの方は嫌がっているようにも見えるという声もあります。森容疑者が個人的に好意を寄せていたのか、それともしつこく風俗のスカウトを迫っていたのか、真相は謎のままです。

逮捕された稲岡和彦容疑者の素性

加古川権現ダム事件の犯人として逮捕されたもう一人、稲岡和彦容疑者とはどんな人物だったのでしょう。小西優香さん、森翔馬容疑者が二人とも20歳なのに対し、稲岡和彦容疑者は42歳と年齢がかなり離れています。三者にはいったいどのような関係があったのでしょうか。

大阪出身

稲岡和彦容疑者の出身地は、加古川市です。小西優香さんの遺体が発見された権現ダムがあるのもこの加古川市ですので、その土地を良く知る地元民として遺体運搬役に関わっていたとしてもうなずけます。事件当時は大阪市生野区に住んでいました。

稲岡和彦容疑者の経歴

周囲の情報によると、稲岡容疑者は常に職場を転々としていて、ひとつの仕事を続けられない性格でした。それには、稲岡容疑者のキャバクラ好きが関係しています。給料が出てもすぐにつぎこんでしまうため、常にお金に困っており、それでも夜の街に通うことをやめないほどだったようです。

稲岡容疑者の家族については詳しくはわかっていません。しかし一部の情報によると離婚歴があるのではないかとも言われています。42歳という年齢を考えると、結婚したことがあっても不思議ではないでしょう。しかも、定職に就かず女遊びも激しく、生活にも困窮していたのであれば、離婚していてもおかしくないと言えます。

そんな稲岡容疑者がお金欲しさのために遺体運搬・遺棄に加わったということも十分考えられるでしょう。

稲岡和彦容疑者と小西優香さんの関係

稲岡容疑者と小西優香さんの関係ははっきりしていませんが、キャバクラ好きだった稲岡容疑者が小西さんを気に入り、小西優香さんのいる店に通っていたと思われます。また事件前に小西さんは、Twitterでストーカーに遭っているという内容をつぶやいており、そのストーカーが稲岡容疑者なのではという声も上がっています。

今のところ森容疑者の方に殺人容疑がかかっていますが、もし稲岡容疑者によるストーカー殺人であるなら、事件の全容はまた別の方向に向かうことになるでしょう。

森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者の関係

小西優香さんの殺害に関わったとして逮捕された二人の犯人、森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者ですが、年齢も離れており一見接点がないように見えます。二人の容疑者にはいったいどのような関係があるのでしょうか。

両容疑者に面識はない?

森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者は両者ともお互い面識はなかったと供述しているようですが、それは二人で口裏を合わせているだけのようです。捜査関係者によると、二人の意外な接点が浮き彫りになってきています。

荷物の運搬を依頼された?

警察の捜査によると、稲岡和彦容疑者は森翔馬容疑者のスカウトの仕事を手伝っていたとのことです。森容疑者は運転免許証を持っておらず、稲岡容疑者が小遣いをもらって運転手役を担っていたというのです。実際稲岡容疑者は現在の仕事について「運転代行サービスをやっている。」と実家の母親に伝えていたという話もあります。

普段からそのような関係にあった二人は、小西優香さんの遺体遺棄においても協力した可能性が強いと言えます。捜査関係者によると、小西優香さんの遺体運搬にはレンタカーが使用されました。どうやら森翔馬容疑者が稲岡和彦容疑者に依頼してレンタカーを借りさせ、共に遺体をダムまで運び込んだものと思われます。

防犯カメラの画像には、二人が大きな荷物を運び出す姿が映し出されています。小西さんの遺体が入った衣装ケースだったのでしょう。

両容疑者の自宅は近辺

森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者の自宅は近い距離にあったようです。そのことからも、二人には面識があってもおかしくないと言えるでしょう。また森容疑者が稲岡容疑者に普段から運転手役を依頼していたとしてもうなずけます。また両者の自宅は被害者の小西優香さんの自宅から車で30分程度の距離でした。

こうした地理関係からも、三者が何らかの形で接点を持つようになったことは十分考えられると言えます。

両容疑者に共通する女好きの噂

森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者には、二人ともかなりの女好きであるという共通点があります。森容疑者は自身も水商売のスカウトの仕事をしていましたから、キャバクラ嬢との関わりも強く、自ら目当ての女性の店に足を運び引き抜くこともしばしばだったようです。周囲の声によると、「彼女」と言っている女性も毎日違ったとのことです。

一方の稲岡容疑者も、とにかく夜の街が好きで、給料が出ると一気にお金を使い果たしてしまう程だったと言います。女好きのせいで定職に着けないほどでした。そのため常にお金がないとあちこちに泣きついていたようです。それで、森容疑者のドライバーとして小遣い稼ぎをするようになったのでしょう。

かなりの女性好きという共通点も、二人が意気投合し、犯罪にも共に手を染めることになった一つの要素かもしれません。

被害者である小西優香さんの実情

加古川権現ダム事件の被害者・小西優香さんはどのような人物だったのでしょうか。いったいなぜこのような痛ましい事件の被害に遭ったのでしょう。メディアでも小西優香さんの画像が多く公開されており、若くて美しい顔立ちの女性が殺害されて残酷に遺体遺棄されたということで衝撃が広がりました。

小西優香さんの背景や事件前の状況について見ていきます。

歯科衛生士を目指す?

小西優香さんは三重県出身で、地元の高校を卒業した後、大阪の医療系専門学校に通っていました。専門学校では歯科衛生士になる学科を専攻していたようです。また学校で学ぶ傍ら、大阪市内の繁華街にあるキャバクラで働き、かなりの売れっ子になっていました。華々しい世界で脚光を浴びるようになっていった小西さんですが、意外な一面もありました。

小西優香さんの同僚によると、「実家の三重にも、お母さんに顔を見せると言って月に数回は、大阪から2時間かけて帰っていた。」ということです。華やかな見た目とは違い、親思いの心優しい性格だったことがわかります。娘が立派に歯科衛生士になって働くようになることを願っていたであろう親御さんの無念はどれほどなのでしょう。

Twitterでストーカー被害を訴える?

小西優香さんは2014年からTwitterを利用しており、亡くなるまでに12,000回ものツイートをしています。売れっ子のキャバクラ嬢ともあって、小西優香さんのTwitterはフォロワー数も1000人以上と人気がありました。Twitterの中では小西優香さんのアップの顔画像も見られます。

小西優香さんは事件にまきこまれる前、度々Twitterでストーカー被害を訴えていたようです。事件数日前にはTwitter上で「前座ってきたおっさんにガン見されてる」「後ろからぴったり着けられて、エスカレーターはさすがに駆け下りた」などとつぶやいています。このストーカーが、稲岡容疑者または森容疑者ではないかという憶測もあがっています。

また小西さんは事件の少し前にTwitterで、実家に帰りたいということもつぶやいています。ストーカーまたは仕事や交友関係など何らかのことで悩んでいたのかもしれません。

森翔馬と稲岡和彦が逮捕に至った経緯

加古川権現ダムで小西優香さんの遺体が見つかった事件で、大阪市在住の森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者が遺体遺棄の犯人の可能性があるとして逮捕されました。警察が小西優香さんの交友関係、事件現場や防犯カメラの画像などを捜査した結果この二人の犯人が特定されました。二人が逮捕に至った経緯とはどのようなものだったのでしょう。

経緯①森翔馬と小西優香さんの防犯カメラ映像

森容疑者が犯人として特定された経緯のひとつは防犯カメラの画像でした。大阪市で有名な繁華街で森容疑者と小西さんが親しそうに肩を組んで歩いている様子が記録されていたのです。二人はそのままタクシーで大阪市内の森容疑者の自宅マンションに向かったと思われます。しかしその後、小西さんがマンションから出てきた画像は見当たりませんでした。

そのため、小西さんは森容疑者の自宅マンションで殺害され、遺体として運び出されたものと見られています。後にTwitter上で、森容疑者の彼女と名乗る人物が、森容疑者の写真を投稿しています。その写真の服装と防犯カメラに写っている服装が一致するので、信ぴょう性が高いと言えるでしょう。

経緯②遺棄現場の土地勘がある

小西優香さんの遺体が発見された加古川市の現場は、稲岡和彦容疑者の実家から約6kmの場所です。それでその地域について詳しく、土地勘のある稲岡容疑者が遺体遺棄を主導したのではないかと言われています。森翔馬容疑者は運転免許をもっておらず、権現ダム周辺は車を運転する人物でないと土地勘がつかめない場所だからでしょう。

加古川権現ダム遺体遺棄事件の詳細はいまだ不透明

加古川権現ダム事件の詳細はまだはっきりわかっていないことがたくさんあります。2019年1月15日に稲岡和彦容疑者の初公判が開かれましたが、同容疑者は運んだのが遺体だと知らなかったと依然として無罪を主張しました。森翔馬容疑者の初公判は未定で、同容疑者もいまだ詳細について黙秘しているようです。

小西さんは人気のあるキャバクラ嬢だったということから、男女関係のトラブルがあったことも否めません。森容疑者は一方的に小西さんに好意を寄せていたのでしょうか。普段から切れやすく、怒り出すと手が付けられない性格だったことから、口論の末衝動的に殺害に至ったのでしょうか。

はたまた、遺体遺棄に共謀したとされている稲岡容疑者が、小西さんにストーカー行為をしていて結果的に殺害に加わったということなのでしょうか。

いったい誰が首謀者で、どういう動機で若くて美しく前途のある女性の命を奪ったのか、一日も早く事件の全容が解明されることが期待されます。今後行なわれる森容疑者の初公判に注目が集まります。

関連する記事はこちら

Thumb【長崎ストーカー殺人事件】筒井郷太被告の生い立ちから死刑まで
交際相手の家族を実家で二人も殺害した凄惨な事件が長崎ストーカー殺人事件です。死刑判決を受けた...
Thumb【桶川ストーカー殺人事件】犯人・遺族のその後や警察の記者会見とは
猪野詩織さんが殺害された桶川ストーカー殺人事件は、警察が被害者や遺族に取ったずさんな対応や、...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Shibata Ayuko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ