【埼玉愛犬家連続殺人事件】関根元・風間博子の生い立ちから死刑判決のその後

埼玉愛犬家連続殺人事件は冷たい熱帯魚という題名の映画の元にもなった事件です。アフリカケンネルを経営している関根元と風間博子は死刑に、山崎永幸は遺体の解体を手伝った罪で実刑を受けています。この記事では埼玉愛犬家連続殺人事件の詳細や娘のことなどについて解説します。

【埼玉愛犬家連続殺人事件】関根元・風間博子の生い立ちから死刑判決のその後のイメージ

目次

  1. 1埼玉愛犬家連続殺人事件とは
  2. 2犯人・関根元の生い立ち【埼玉愛犬家連続殺人事件】
  3. 3犯人・風間博子とは【埼玉愛犬家連続殺人事件】
  4. 4埼玉愛犬家連続殺人事件の概要
  5. 5埼玉愛犬家連続殺人事件の裁判
  6. 6埼玉愛犬家連続殺人事件のその後
  7. 7残虐すぎる殺害方法に震撼した埼玉愛犬家連続殺人事件

埼玉愛犬家連続殺人事件とは

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/05/12/17/41/background-3394066_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件は関根元と風間博子が共謀し、計4人の男女を殺害した事件です。事件には山崎永幸という人間も共犯者として関わっています。4人が殺害された事件であることや、遺体を解体していたことなどから当時は大きく報道されました。さらに「冷たい熱帯魚」というタイトルで映画にもなったほどです。

娘がいた夫婦が4人の人間を殺害し、遺体を解体した事件ですので当然のように夫婦はともに死刑となりました。娘からすれば両親がともに死刑となったのですから、その衝撃は計り知れないものだったでしょう。共犯者である山崎永幸は脅されて殺人を手伝っていたため、刑は軽いものでした。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/17/18/06/axe-1748305_960_720.jpg

現在でも埼玉愛犬家連続殺人事件のことが話題になることは多いです。共犯者である山崎永幸が事件のことを語った本を出版したり、夫婦の娘が週刊誌で今の生活を語ったりすることによって、その度に大きな話題を生むのです。

事件の内容がかなり残忍なものですので、埼玉愛犬家連続殺人事件は今でも語り継がれる衝撃的な事件となっています。では具体的にどのような事件だったのか解説していきましょう。

マスコミ報道が先行した事件

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/08/15/16/03/newspaper-1595773_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件ですが、実はマスコミの報道が先行した事件として有名です。ある人物が行方不明になったのですが、それに深く関わっているのが関根元と風間博子なのではないかと、逮捕される前から話題となっていました。しかしマスコミに報道されても2人はなかなか逮捕されません。

そのためマスコミ報道は過熱するにも関わらず、犯人である2人は逮捕されることなく普通に暮らしているという状態が長く続いたのです。しかし結果的には2人とも逮捕されることになり、最終的には死刑判決を受ける結果となりました。

犯人はペットショップを経営する元夫婦

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/13/05/15/puppy-1903313_960_720.jpg

「冷たい熱帯魚」というタイトルで映画化された埼玉愛犬家連続殺人事件ですが、関根元と風間博子はペットショップを経営していました。アフリカケンネルという店で犬を主に扱っていたのです。「冷たい熱帯魚」というタイトルから熱帯魚を扱っていたと勘違いする人も多いですが、実際には違います。

映画では犯人が熱帯魚を扱っていたことになっていたため「冷たい熱帯魚」という題名でしたが、映画とは違う部分もあるのです。アフリカケンネルを経営していた夫婦は金銭問題を抱えていました。さらにアフリカケンネルの経営はかなり悪質なもので詐欺に近い行為を行っていたため、そのトラブルやお金を得るために殺人を重ねていったのです。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/26/23/45/dog-1861839_960_720.jpg

そして山崎永幸はアフリカケンネルの役員でした。関根元と風間博子は上司にあたるのですが、この2人から脅されたことにより遺体の解剖や遺棄を手伝うことになるのです。そして事件の被害者となった人の多くは、アフリカケンネルの客や関わりを持った人物でした。埼玉愛犬家連続殺人事件はアフリカケンネルの経営が深く関わっているのです。

犯人・関根元の生い立ち【埼玉愛犬家連続殺人事件】

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/12/23/18/man-1253004_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人で死刑判決を受けた関根元はどのような人物だったのでしょうか。遺体を解剖したり、焼却したりした人物ですので異常な人間というイメージを持つ人がほとんどでしょう。何人もの命を奪ったその人間性がどのように形成されていったのか、その生い立ちを解説していきます。

幼少時代からホラ吹きで有名

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/08/05/04/25/people-875617_960_720.jpg

事件の犯人で死刑判決を受けた関根元ですが、幼少時代からホラ吹きとして有名でした。あだ名として『ホラ元』と呼ばれることもあったほどで、学生時代から嘘をつくことで目立とうとしていたようです。おそらく嘘をつくことでしか目立つことができなかったのでしょう。

誰かに認められたいという欲求がありながらも関根元はそれを満たすことができなかった結果、ホラ吹きになったと推測されます。あだ名がつくほどですので同級生からのも信頼されていなかったのではないでしょうか。そして関根元は大人になっても嘘をつくことをやめなかった結果、事件が起こることになります。

結婚と離婚をくり返す

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/03/26/09/47/bride-690292_960_720.jpg

関根元は結婚と離婚を何度も繰り返しています。最初の結婚は19歳のときです。ラーメン屋で働いていた関根元は同じ場所で働いていた女性と結婚します。子供もいたようですが、その後関根元は別の女性を好きになってしまいます。浮気をした結果、妻とは離婚することになりその後に浮気相手の女性と結婚しました。

その後もマッサージ師の女性や16歳と女性とも付き合います。この16歳の女性は最初に結婚した女性との間に生まれた娘の友人でもあったようです。このようにして様々な女性と付き合い、結婚・離婚を繰り返していきます。そして最終的な結婚相手として選んだのが風間博子だったのです。

ペットショップ「アフリカケンネル」を開業

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/15/12/01/dog-1742295_960_720.jpg

関根元はペットショップであるアフリカケンネルを開業します。アフリカケンネルは犬や猛獣を扱うペットショップでした。関根元のブリーダーとしての腕は確かなもので、ブリーダー仲間が一目置くような存在だったようです。才能を正しい方向に使っていれば成功者になれた存在だったのでしょう。

シベリアンハスキーといえば誰もが知る犬ですが、この犬を日本で流行させたのも関根元と言われています。シベリアンハスキーの名を知り、ペットにしている人は関根元のおかげと言うこともできます。しかしアフリカケンネルはその裏で犯罪まがいのことを行っていました。

詐欺的な商法を行っていた

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/31/06/31/dog-3277416_960_720.jpg

アフリカケンネルは詐欺まがいの行為をして利益を出していました。客に売ったはずの犬を盗み出して別の客に売って利益を出したり、客の犬を殺して新たな犬を購入させたりとかなり悪質なことをやっていたのです。この時点で正常な人間とは思えないでしょう。

人間ではありませんが、動物を簡単に殺すことができることを考えれば関根元はこの頃には異常性を持ち合わせていたのでしょう。アフリカケンネルはこのようにしてかなりの利益を出していたようですが、結果的にこのような行動が埼玉愛犬家連続殺人事件へと繋がることになります。

暴力団との交友も…

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/27/13/28/man-2178721_960_720.jpg

アフリカケンネルを経営していた関根元は暴力団との繋がりもありました。暴力団のお金に手をつけたこともあり、その結果小指を失うことになります。バブル崩壊の影響によりアフリカケンネルは経営がうまくいかなくなり、犯罪まがいのことや暴力団とのトラブルを重ねていくようになったのです。

結局、アフリカケンネルの経営難、つまりはお金に困ったことによって関根元は犯罪者へと成り下がっていくのです。ブリーダーの腕はあっても経営者としての腕はなかったのでしょう。アフリカケンネルの経営を持たせるため、次々に犯罪を犯していき最終的には殺人にも手を染めてしまった事件こそが、埼玉愛犬家連続殺人事件なのです。

犯人・風間博子とは【埼玉愛犬家連続殺人事件】

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/29/13/22/dark-1869803_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件は関根元と風間博子が主犯とされています。しかし風間博子は最初からアフリカケンネルで働いていたわけではありませんし、関根元と知り合いだったわけではありません。風間博子は自分なりの人生を歩み、最終的に関根元とともに犯罪を犯した結果、同じ死刑判決を受けることになったのです。

では風間博子はどのような人生を歩み、なぜ犯罪者としての道に進むようになったのでしょうか。ここからは笠間博子の生い立ちについて解説していきます。

お嬢様として育つ

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/08/13/18/woman-2728727_960_720.jpg

意外にも風間博子はお金持ちのお嬢様として育ちます。関根元と出会うまでは普通の生活をしていたのです。保育士として働いていたこともありますし、父親の仕事を手伝っていた時期もあります。この時期には殺人や死刑というものとは縁遠い世界で、普通に恋愛をして楽しく過ごしていたのではないでしょうか。

このようにして普通に育った娘が殺人をしたことで、両親は心を痛めたことでしょう。「まさか自分の娘が」という想いで裁判を見守り、もしかしたら今でも娘が行ったことを信じることができていないのかもしれません。

結婚・離婚歴あり

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/18/18/32/bloom-1836315_960_720.jpg

風間博子にも結婚し離婚した経歴があります。若いころに結婚をし子供もいたようですが、結果的には離婚することになりました。もしもここで離婚していなければ関根元と出会うことはなかったはずですが、運命の歯車は殺人に向かってどんどん回っていきます。元旦那や子供が現在何をしているのかはわかっていません。

金銭管理能力に長けていた

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/07/08/54/money-2724241_960_720.jpg

風間博子は当初、関根元が経営していたアフリカケンネルの客でした。しかしアフリカケンネルで関根元と仲良くなっていき、最終的には結婚することとなります。風間博子はかなり関根元に入れあげていたようで、関根元の元妻にライバル心を抱いていたという話も残っています。

風間博子は結婚してからアフリカケンネルで働くことになるわけですが、経理としてもその力を発揮していました。金銭管理能力に長けていたのです。また、アフリカケンネルの社長は風間博子となっています。しかし実質的には関根元が経営を行っていたようです。

埼玉愛犬家連続殺人事件の概要

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2013/07/18/20/25/man-164962_960_720.jpg

関根元と風間博子で経営していたアフリカケンネルですが、この店の資金難により埼玉愛犬家連続殺人事件は起こることになります。主犯格である関根元と風間博子はどのようにして犯罪に手を染めていったのでしょうか。そして山崎永幸はどのようにして共犯者となっていったのでしょうか。

ここからは埼玉愛犬家連続殺人事件の概要について解説していきます。2人が死刑判決を受けた残虐な事件はなぜ起きたのか、しっかり確認しておきましょう。

トラブルのあった顧客ら4人を毒殺

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/29/20/54/dog-1168663_960_720.jpg

関根元と風間博子はわかっているだけで4人を殺害しています。まずは1人目の事件から順を追って解説していきましょう。1人目の事件の被害者は会社役員の男性です。アフリカケンネルの客としてやってきた男性は犬を繁殖させるためにつがいを1100万で購入しました。しかしその犬が高齢で子供ができにくいことを知ります。

それにより返金を求めますが、アフリカケンネルにはお金がありませんでした。それにより殺害を決意するのです。殺害するときは硝酸ストリキニーネという犬を殺すときに使う毒薬を飲ませました。そしてアフリカケンネルの役員でもあったもう一人の実行犯、山崎永幸を呼び寄せます。

被害者の遺体を山崎永幸に見せ、「同じことになりたくないだろう?」と脅しました。山崎永幸の協力が必要だと判断したのでしょう。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/13/22/02/light-3151723_960_720.jpg

山崎永幸は被害者の車を処分し、関根元は遺体の解体に取り掛かります。そして遺体を解体した後、骨や所持品は焼却しました。そして山崎永幸が森に灰や所持品の残骸を捨てたのです。2人目と3人目の事件は同時に起きています。まず関根元は付き合いのあった暴力団組員を殺害しました。これは1人目の事件の犯人であることに勘付かれたからです。

今回の事件では被害者と一緒にいた運転手も殺害されることになりました。殺害方法は1人目の事件と同じ毒殺です。そして山崎永幸も遺体の処分を手伝わされました。また、山崎永幸は遺体を解剖する現場も見せられていたようです。脅して自首させない目論見があったのでしょう。

実際に山崎永幸は家族の安否や警察に言ってもすぐには物証が出てこないと考え、自首できなかったと話しています。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/06/26/23/47/poison-1481596_960_720.jpg

4人目の被害者は主婦です。この主婦の息子はアフリカケンネルで働いていました。それをキッカケに被害者となった主婦は関根元を信頼していったようです。そして関根元から株主になって欲しいと言われ、出資金を出します。しかしその話は関根元が作った嘘の話です。株主の話などそもそも存在していませんでした。

元々この主婦との付き合いを面倒に感じていた関根元は、出資金の返金を求められないようにするために殺害を決意します。殺害するときにはこれまでと同様、毒薬を使いました。しかしこの事件のとき、山崎永幸は遺体になってから初めて被害者と対面したようです。

この事件は妻の風間博子も関わっていることを立証できなくなった事件でもあります。関根元が一人で行った事件として処理されました。

大阪愛犬家連続殺人事件を発端に事件が明るみに

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/19/04/43/cameraman-1837965_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件が明るみになったきっかけは、その前に起きた大阪愛犬家連続殺人事件でした。埼玉愛犬家連続殺人事件と似た事件が大阪でもあったのですが、この事件が解決することにより埼玉でも似たようなことが起きていると噂になりました。その結果、関根元の元にマスコミが集まる騒ぎとなったのです。

1人目の被害者の遺族は、関根元が何かをやったのではと疑念を持っていました。関根元はマスコミの前で関与を否定していましたが、被害者遺族は事件性を訴え続けていました。
しかし10ヶ月もの間、関根元が逮捕されることはありませんでした。事件を起こした疑いが濃厚なまま時間だけが過ぎていったのです。

役員だった山崎永幸による自供

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/02/27/09/32/handcuffs-2102488_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件が明るみになったのは山崎永幸の自供があったからです。山崎永幸は関根元から脅しを受けていましたが、別件の詐欺容疑で逮捕されることとなります。そしてその事情聴取の中で山崎永幸は事件のことを語り出すのです。妻も一緒に逮捕されていたため、殺される心配がなくなったことが原因かもしれません。

山崎永幸は事件のあらましとともに、遺体や所持品を処分した場所についても証言しました。その結果、山崎永幸の供述通り物証を見つけ出すことに成功したのです。そして埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人である、関根元と風間博子は逮捕されることになりました。

遺体なき殺人とも…

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/23/15/54/axe-1853691_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件は遺体なき殺人とも言われています。実はマスコミが騒ぎ出す前から警察は関根元たちを疑っていました。しかしマスコミが騒ぎ出し、その後10ヶ月も逮捕できなかったのは物証がなかったからです。それほど関根元の遺体処理が完璧だったということでしょう。

関根元は遺体を解剖し、骨を粉々になるまで粉砕していました。所持品なども全て焼却していたため、なかなか物証が取れず警察は逮捕できなかったのです。しかし山崎永幸の供述により、ようやく遺体の一部や所持品を発見することができました。

この自白がなければ埼玉愛犬家連続殺人事件は明るみになることなく闇に葬り去られていたと言われています。

埼玉愛犬家連続殺人事件の裁判

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/10/23/49/club-2492011_960_720.jpg

遺体をバラバラにするなど残虐な犯行が行われた埼玉愛犬家連続殺人事件ですが、裁判はどのように進んでいったのでしょうか。犯人に言い渡された判決も気になるところです。ここからは裁判の様子について解説していきます。

関根元と風間博子は死刑判決

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/08/11/23/54/judge-1587300_960_720.jpg

関根元と風間博子に言い渡された判決は死刑でした。4人も殺害しており遺体を解剖するという内容を考えれば当然です。夫婦2人がともに死刑判決を受けるという珍しい結果となったわけですが、裁判の中では2人の意見は食い違いがありました。しかし最終的には関根元は4件の殺人、そして風間博子は3件の殺人が立証され死刑となったのです。

風間博子が3人の殺害となっているのは先述したように、山崎永幸が殺害直後の現場を目撃していないからです。証言が足りないために証明することはできなかったのですが、判決は死刑となったため結果は変わりませんでした。ちなみにこの夫婦は他の事件にも関与していたと言われています。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2012/02/29/15/49/chains-19176_960_720.jpg

夫婦の周りでは他に3人の人間が失踪しているのです。この3人の失踪についても関根元と風間博子が関わっている可能性が高いのですが、真実はわからないままです。しかし関根元は数10人の人間を殺したことがあると言っています。ホラ吹きですので嘘なのか、失踪した3人がその中に含まれているのか、どちらの可能性もあるでしょう。

山崎永幸は懲役3年の実刑判決

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/11/17/19/barbed-wire-1899854_960_720.jpg

死刑となった関根元と風間博子に対して、山崎永幸は死刑になることはありませんでした。懲役3年の実刑判決が言い渡されたのです。これは夫婦2人に脅されていたことが認められたからでしょう。また殺害自体を行っておらず、死体遺棄などについてしか罪を問われなかったことも大きな要因です。

埼玉愛犬家連続殺人事件のその後

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/10/06/15/25/trees-3728045_960_720.jpg

死刑という判決で幕を閉じた埼玉愛犬家連続殺人事件ですが、その後にも様々なことが起こりました。埼玉愛犬家連続殺人事件では夫婦の娘の告白や事件が元になった映画など、様々なその後の話があるのです。また、死刑判決を受けた関根元ですが、最期は意外なものとなりました。

埼玉愛犬家連続殺人事件は日本の犯罪史の中でも、かなり残虐な事件です。埼玉愛犬家連続殺人事件によって本人や周りの人、そして世論にどのような影響があったのか確認していきましょう。

関根元は拘置所内で病死

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/22/16/34/human-rights-3251000_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人である関根元ですが、実は刑はまだ執行されていません。なぜなら死刑が執行される前に亡くなったからです。2017年に関根元は病死しました。埼玉愛犬家連続殺人事件の内容を考えれば、人間とは思えないような人物でしたが最後は普通の人間と同じように亡くなったのです。

埼玉愛犬家連続殺人事件を起こした関根元は犯行に絶対の自信を持っていたと言います。後に山崎永幸が語ったことですが、殺人のオリンピックがあれば間違いなく自分が金メダルを取ると発言していたようです。埼玉愛犬家連続殺人事件を起こす人間ですから、このような異常な発言をたくさんしていたのも頷けます。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2013/11/26/00/35/prison-fence-218456_960_720.jpg

しかし埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人らしくない一面もありました。埼玉愛犬家連続殺人事件が発覚することに怯えていたという証言もあるのです。昔から嘘をつき承認欲求を満たしてきた人間ですから虚勢だったのでしょう。

埼玉愛犬家連続殺人事件を起こしたもう一人の犯人、風間博子の詳細についてはわかっていません。死刑が執行されたという話はありませんので、現在も死刑囚として刑の執行を待っている最中である可能性が高いでしょう。せめて事件を起こしたことを心の底から反省していて欲しいものです。

関根元と風間博子の娘が事件後の心境を告白

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/06/11/17/52/magazine-806073_960_720.jpg

関根元と風間博子には娘がいました。両親が死刑囚となったことで娘は壮絶な人生を歩むことになったのです。そしてそのことを週刊誌に告白しています。事件後、娘はこれまでの友達から一切連絡を絶たれることになります。友達の両親が拒否したのでしょう。そして事件があったため祖母と一緒に引っ越すことになりました。

引っ越した先でも両親の事件のことがバレたらどうなってしまうのだろうと不安だったようです。そして小学校高学年になるまで事件の詳細を知りませんでしたが、週刊誌によって事件の詳細を知ることになります。そしてさらにショックを受けてしまい、ずっと悩み続けたようです。

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/12/16/22/25/woman-570883_960_720.jpg


しかし年齢を重ねるごとに両親と向き合わなければという想いが芽生え、拘置所の両親と手紙をやり取りをするようになったようです。現在はどのように過ごしているのかはわかりませんが、娘に罪はないため幸せに暮らしていて欲しいものです。

事件を元にした映画「冷たい熱帯魚」も

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/09/02/12/45/movie-918655_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件は映画の元にもなりました。「冷たい熱帯魚」という映画です。「冷たい熱帯魚」は園子温監督によって製作されました。様々な映画賞を受賞したため、埼玉愛犬家連続殺人事件を知らなくても「冷たい熱帯魚」は知っているという人もいるでしょう。

かなりグロいシーンも存在するため、R-18の映画となっています。DVDも発売されているため興味がある方は観てみるのも良いでしょう。

残虐すぎる殺害方法に震撼した埼玉愛犬家連続殺人事件

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/09/09/13/32/fantasy-3664586_960_720.jpg

埼玉愛犬家連続殺人事件は被害者の人数はもちろん、その殺害方法によって日本中が震撼した事件です。埼玉愛犬家連続殺人事件の被害者にまったく落ち度はなく、悪いのは犯人2人のみです。このような事件が二度と起こらないことを祈るばかりです。

関連する記事はこちら

Thumb
Thumb久保木愛弓の犯行動機は!生い立ちから逮捕まで【大口病院事件】
久保木愛弓容疑者は、大口病院事件を起こした犯人として逮捕されました。その犯行動機があまりにも...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
wasezaimu
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ