ミハエル・シューマッハの現在!脳死の噂もある事故後の容態は【最新】

現在でも伝説のF1レーサーと謳われるミハエル・シューマッハは、スキー事故により昏睡状態に陥りました。脳死、死亡などの噂もありましたが、実際の容態はどうだったのでしょうか。ミハエル・シューマッハの今現在と最新情報を、愛車、生い立ちなどと一緒にご説明していきます。

ミハエル・シューマッハの現在!脳死の噂もある事故後の容態は【最新】のイメージ

目次

  1. 1ミハエル・シューマッハとは
  2. 2ミハエル・シューマッハの生い立ち
  3. 3ミハエル・シューマッハの華麗なる経歴
  4. 4ミハエル・シューマッハの移籍先
  5. 5ミハエル・シューマッハの事故とは
  6. 6ミハエル・シューマッハの今現在の最新の容態とは
  7. 7ミハエル・シューマッハは現在も伝説のF1レーサー

ミハエル・シューマッハとは

ミハエル・シューマッハはドイツ出身の元F1ドライバーです。シューミやマイケルという愛称で呼ばれていました。1969年1月3日に誕生し、現在年齢は50歳です。ドイツ人で初めてF1ドライバーズチャンピオンとなり、F1グランプリ優勝回数は91回と最多、チャンピオンを7度獲得するなど、F1ドライバーとしてはこれ以上ない成績を収めています。

しかしスキーの事故により、昏睡状態にもなっています。一時期は脳死や死亡の噂も流れていました。今現在は容態は安定しているようですが、そちらのスキー事故についての概要と、最新の情報についても触れていきます。

ドイツ出身の元F1レーサー

ミハエル・シューマッハはドイツ出身の元F1ドライバーです。出身地はドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にある、都市ケルン近郊のフュルト・ヘルミュールハイムです。ノルトライン=ヴェストファーレン州はドイツにある州の中では人口数がトップです。

州都デュッセルドルフをはじめとし、ドルトムントやデュースブルク、エッセンやミハエル・シューマッハが生まれたケルンを含む5つがノルトライン=ヴェストファーレン州にあります。いずれも人口50万人を超えるという大都市です。

F1史上最強の伝説のレーサー

ミハエル・シューマッハは、F1レーサーとして、数々の成績を収めています。詳しい成績は後ほどお話しますが、その実力はF1レーサー史上最強と言われていました。そのドライビングテクニックは非常に正確で、日本では「ターミネーター」、日本以外では「サイボーグ」と呼ばれていたこともあったそうです。

アイルトン・セナとともに一時代を築く

ミハエル・シューマッハには数々のライバルがいましたが、その中でも特に印象に残るのがアイルトン・セナです。アイルトン・セナはブラジル人の元F1レーサーです。1988年、1990年、1991年と、三度のワールドチャンピオンになっています。

F1レーサーとしてデビューした当時、ミハエル・シューマッハは目上の人間に楯突く生意気なルーキーとして話題でした。そのことで、アイルトン・セナを含む数人の大物F1レーサーたちと対立していました。ミハエル・シューマッハとアイルトン・セナが同じレースを走ると、その度に問題があったそうです。

アイルトン・セナがミハエル・シューマッハの前を塞ぎ、そのことをミハエル・シューマッハが「F1レーサーのチャンピオンにふさわしくない」と批判したり、ミハエル・シューマッハがわざとアイルトン・セナに追突したりと、犬猿の仲とも言える関係でした。

何かあるたびに衝突していたミハエル・シューマッハとアイルトン・セナですが、お互いの意見を主張し合うことで、だんだんとお互いを認め合うようになりました。そこから、犬猿の仲ではなく、良きライバルとしての関係で出来上がっていったのです。

しかし、アイルトン・セナはレース中に事故で亡くなってしまいます。ライバルであったミハエル・シューマッハはアイルトン・セナの葬儀には参列しませんでした。アイルトン・セナの葬儀はブラジルのサンパウロで行われましたが、「葬儀に参列したら殺す」などのような脅迫状が届いたのです。

そのため、ミハエル・シューマッハはアイルトン・セナの葬儀には参列することができませんでした。その後のインタビューで、「セナは自分の憧れであった」というコメントを残し、衝突しながらもアイルトン・セナを慕っていたことがわかります。

愛車はフェラーリ

F1レーサーとして輝かしい成績を残したミハエル・シューマッハですが、プライベートでも車を何台も所有していたそうです。そんなミハエル・シューマッハの愛車は、高級車としても有名なフェラーリです。ミハエル・シューマッハはフェラーリを何台も所有していたそうですが、中でも特にお気に入りだったのがフェラーリ・カルフォルニアです。

フェラーリ・カルフォルニアはフェラーリとして初のクーペカブリオレの2プラス2モデルとして2009年に発売されました。当時の詳しい値段の情報はありませんでしたが、フェラーリですので、非常に高額であるのは間違いないでしょう。

そんなフェラーリをいくつも所有していたのですから、ミハエル・シューマッハはかなり大きな金額を稼いでいたことがわかります。

ミハエル・シューマッハの生い立ち

ここまで、ミハエル・シューマッハの簡単な情報をお伝えしてきました。ここからは、ミハエル・シューマッハの生い立ちについてお話していきます。ミハエル・シューマッハはどのような家庭に生まれ、いつカートと出会い、幼い頃はどのようなドライバーだったのでしょうか。

ミハエル・シューマッハの幼少期から、F1ドライバーとして活躍するまでを詳しくみていきます。

煉瓦職人の長男として誕生

ミハエル・シューマッハはレンガ職人の長男として生まれます。また、ミハエル・シューマッハにはラルフ・シューマッハという弟もいます。ラルフ・シューマッハは1975年生まれの、現在年齢は44歳です。

煉瓦職人として働いていた父親ですが、ミハエル・シューマッハを近所のカート場に連れて行ったことをきっかけに、副業としてカート場の管理人としても働くようになります。

ドライバー人生の始まりは4歳

ミハエル・シューマッハのドライバー人生は4歳から始まりました。きっかけは、ミハエル・シューマッハの4歳の誕生日の時に、煉瓦職人をしていた父親からプレゼントされた「原動機付きペダルカー」です。ミハエル・シューマッハと車の出会いは、この原動機付きペダルカーから始まります。

ミハエル・シューマッハはこのプレゼントがよほど嬉しかったのか、夢中で路上を走らせていたところ、電柱に衝突してしまいます。父親は心配し、もう衝突させまいとミハエル・シューマッハを近所のカート場に連れて行きました。ミハエル・シューマッハはここで、本格的なレーシングカートと出会うことになります。

1980年にはカート場が移転するのと同時に、シューマッハ一家も引っ越しを行います。ケルペン・マンハイムという地区に引っ越したその後、ミハエル・シューマッハの父親はカート場の管理人を専業化し、レンタルカート屋も営むようになりました。母親はカート場内に軽食屋を作り、そこで働くようになりました。

15歳でカートレースのチャンピオンに

4歳の誕生日プレゼントで父親にもらった原動機付きペダルカーで車に夢中になり、レーシングカートに魅了されたミハエル・シューマッハは本格的にレーサーを目指します。1983年、ミハエル・シューマッハが14歳の時に国内カートライセンスを取得したミハエル・シューマッハは、その才能を開花させます。

国内カートライセンスを取得した一年後の1984年、ミハエル・シューマッハが15歳のときにドイツ・ジュニア・カートでチャンピオンになります。そして立て続けに、1985年にも、ミハエル・シューマッハは同じドイツ・ジュニア・カートでチャンピオンになります。

これだけ見ると才能があり、順風満帆にレーサーとしての道を歩んできたように見えるミハエル・シューマッハですが、彼の家は決して裕福ではなかったようです。特にF1レーサーはスポーツ用具に非常にお金がかかります。時には他の人間が使っていたレーシングカートの中古品を拾ってきて使っていたそうです。

しかし、ミハエル・シューマッハには恩師がいました。ユルゲン・ディルクという恩師で、ミハエル・シューマッハの才能に惹かれたのか、ミハエル・シューマッハに支援を行います。ユルゲン・ディルクのおかげで、満足いく環境ではないものの、なんとかレーサーとしての活動を続けることができました。

このユルゲン・ディルクは、ミハエル・シューマッハがF1レーサー時代に、ミハエル・シューマッハのファンクラブの会長を努めていました。

ミハエル・シューマッハの華麗なる経歴

ここまで、ミハエル・シューマッハの人物像と簡単は生い立ちをお話してきました。ミハエル・シューマッハは言わずと知れた、伝説のF1レーサーですが、具体的にはどのような功績を残してきたのでしょうか。ここからは、ミハエル・シューマッハの華麗なる経歴についてお話していきます。

F1グランプリの優勝回数は91回

ミハエル・シューマッハを語るにあたって外せないのが、F1グランプリの優勝回数です。ミハエル・シューマッハのF1グランプリ優勝回数は91回と、史上最多を記録しています。ここで、簡単にF1の大会の仕組みについてご説明していきます。

F1の世界選手権はポイント制になっています。各レースの入賞者にポイントが付与され、一年間の総ポイント数でチャンピオンが決まるという制度になっています。以前までは、ポイントがもらえるのは上位5人まででしたが、現在では上位10人までポイントをもらえるようです。

1位が25点、その後は18点、15点、12点、10点、8点、6点、4点、2点、1点といった形になっています。ミハエル・シューマッハはF1グランプリで91回も優勝しているので、生涯のポイント獲得数もとんでもない数字になるでしょう。

チャンピオンは7度獲得

そして、F1グランプリで獲得した総ポイント数を争うのが、ワールド・ドライバーズ・チャンピオンシップです。F1グランプリで最も多くのポイントを獲得した選手が、このワールド・ドライバーズ・チャンピオンシップの優勝者となります。

ミハエル・シューマッハはF1グランプリで91回も優勝しています。その通算獲得ポイント数は1566点とされています。現在では、1位の選手は25点もポイントをもらえますが、ミハエル・シューマッハは活躍していた期間は1位でも10点しかもらえませんでした。

そのため、総ポイント数では現在の選手には負けてしまっているかもしれませんが、当時で見れば驚異的な数字です。

そして、ミハエル・シューマッハはこのワールド・ドライバーズ・チャンピオンシップで7度、チャンピオンに輝いています。1994年、1995年、2000年、2001年、2002年、2003年、2004年と、チャンピオンを獲得しました。また、2000年から2004年の5年連続チャンピオンという記録も、未だに抜かされていません。

F1グランプリ優勝91回、チャンピオン最多7回、5年連続チャンピオンと、数々の記録をもつミハエル・シューマッハは、伝説のF1レーサーと呼ばれるにふさわしい人物ですね。

 

ポールポジションは68回

ポールポジションとは、決勝レースのスタートの位置のことです。ポールポジションを獲得することで、有利にレースを行うことができます。このポールポジションを獲得するには、予選に参加した選手の中で一番速いラップタイムを記録する必要があります。ミハエル・シューマッハは、このポールポジションも68回という数字を叩き出しています。

現在では、ルイス・ハミルトンの83回が最多となっていますが、ミハエル・シューマッハの記録は未だに2位です。以前とはルールも少なからず変わっているでしょうから、それでも2位にいるということはやはり伝説のF1レーサーと言えるでしょう。ちなみに、3位はミハエル・シューマッハのライバルであったアイルトン・セナの65回です。

世界で初めての億万長者スポーツ選手に

これだけ偉業を成し遂げたミハエル・シューマッハなので、もちろん年収もとんでもないレベルです。アメリカスポーツ誌のスポーツ・イラストレーテッドによる「スポーツ選手長者番付」の調査によると、2006年のミハエル・シューマッハの年収は8000万ドル、およそ93億2000万円とトップであることが発表されています。

このようなスポーツ選手の年収ランキング調査はフォーブス誌でも行っており、フォーブス誌の調査に寄れば、ミハエル・シューマッハの年収は5800万ドルと2位となっています。ちなみに、1位はゴルフのタイガー・ウッズの9000万ドルです。

スポーツ・イラストレーテッドとフォーブス誌の調査には少し違いがありますが、8000万ドルにせよ5800万ドルにせよ、とんでもない金額を稼いでいるには違いありません。

また、ミハエル・シューマッハは2005年、ユーロビジネス誌によって世界で初となる億万長者スポーツ選手と讃えられました。F1レーサーとしても伝説的な記録を残し、稼いだお金でも記録を残されてしまっては、伝説のF1レーサーと呼ばれても文句の言いようがありません。

ミハエル・シューマッハの移籍先

伝説のF1レーサーと言われるミハエル・シューマッハですが、その所属する企業もやはり超一流でした。誰もが知っている有名企業ばかりです。ミハエル・シューマッハほどの才能ですから、もちろん企業としても逃したくはありません。

ここまでは、ミハエル・シューマッハの生い立ちや具体的な実績などをご紹介してきました。ここからは、ミハエル・シューマッハは所属してきた企業をご紹介していきます。

①ジョーダン

ミハエル・シューマッハがプロとして活動し始め、最初に移籍したのはジョーダンです。ジョーダンには1991年の1年間しか在籍していません。ルーキーながらも予選で7位という好成績をミハエル・シューマッハを見て、メルセデスと接触していたベネトンがトレードを持ちかけてきました。

当然、ジョーダンは断りますが、メルセデスの強い圧力がかかり結局トレードしてしまいます。

②ベネトン

1992年からは、ミハエル・シューマッハはベネトンでレースをすることになります。1994年には初のドライバーズタイトルを獲得し、1995年はそのタイトルの防衛に成功します。しかし、1995年にミハエル・シューマッハはベネトンとの契約を延長しないことを発表し、その後はフェラーリに在籍することになります。

③フェラーリ

ミハエル・シューマッハは1996年から2006年の10年間、フェラーリに在籍していました。ミハエル・シューマッハはこのフェラーリ在籍時に、5年連続チャンピオンという偉業を成し遂げています。フェラーリ在籍時はミハエル・シューマッハが最も輝いていた時期でもあり、フェラーリの中でもダントツの成績を収めています。

数々の愛車もフェラーリですから、ミハエル・シューマッハとフェラーリの繋がりは相当強いものではないでしょうか。しかし、フェラーリ在籍中の1999年、ミハエル・シューマッハはレース中に衝突事故を起こし、右足の脛骨と腓骨を骨折してしまいます。ヘリコプターで緊急搬送されるも、1999年後半には無事に復帰しました。

そこからも、ミハエル・シューマッハは事故があったことを感じさせないほどの記録を打ち立てていきます。しかし、2005年、2006年とチャンピオンを逃してしまい、これをきっかけに現役を引退することとなります。

④メルセデス

しかし、ミハエル・シューマッハは2010年にレースに復帰します。この時、メルセデスと3年契約を結んでいました。しかし、ブランクからか結果は振るわず、2012年に契約解除を言い渡されます。これにより、ミハエル・シューマッハは完全にF1を引退することとなります。

ミハエル・シューマッハの事故とは

伝説のF1レーサーとして華麗な経歴を残し、莫大なお金を稼いできたミハエル・シューマッハですが、F1レーサーを引退後、不運なスキー事故にあいます。生死に関わる大きなスキー事故にあってしまったミハエル・シューマッハは、その後どうなってしまったのでしょうか。

ミハエル・シューマッハがあったスキー事故の概要と、スキー事故のその後についてお話していきます。

引退後のスキーで転倒事故

2013年12月29日、ミハエル・シューマッハが44歳の時、当時14歳だった息子のミック・シューマッハと一緒にスキーを楽しんでいた時でした。ミハエル・シューマッハが未整備のコース外スキーエリアを滑走中、ミハエル・シューマッハは転倒し、岩に頭を打ち付けてしまいました。

ミハエル・シューマッハはヘルメットをしていましたが、それにも関わらず頭部外傷を負いました。非常に深刻な状態で、治療をした医師によると「ヘルメットをしていなければ死亡していた可能性が高い」との診断を受けていました。

ヘルメットをしていたことで、最悪の状況は免れたミハエル・シューマッハは、スキー場からヘリコプターで運ばれ、2回に及ぶ外科治療が行われました。

昏睡状態が半年続く

岩に頭を打ち付け、外傷性脳損傷が認められたミハエル・シューマッハは、人工的な昏睡状態に置かれました。2014年3月には担当の医師によって容体が安定していることを発表され、2014年4月には人工昏睡から徐々に回復していることが報告されました。2014年6月には、ミハエル・シューマッハは完全に意識が回復しました。

脳死の噂も…

こちらは噂ですが、ミハエル・シューマッハがスキー事故により頭を打ち、緊急搬送された病院で検査された際、脳挫傷と脳浮腫などが発見されたそうです。その後、2度の外科治療を行い、一命を取り止めたその後、人工昏睡の状態に入ります。この時、ミハエル・シューマッハは脳死状態であるという噂が流れてしまったのです。

脳死とは、命はありますが脳が機能していない状態のことで、二度と回復することはありません。人工昏睡により、脳死はなんとか免れたミハエル・シューマッハですが、脳死の噂と共に死亡説もありました。

死亡説も取り沙汰される

ミハエル・シューマッハには脳死の他にも死亡説が取り沙汰されました。詳しい出どころはハッキリしていませんが、おそらく人工昏睡の状態に入った時ではないかと考えられます。ミハエル・シューマッハほどの大物がスキー事故を起こし、人工昏睡に入っても、それを知る人物はごくわずかではないでしょうか。

そのため、はっきりとした情報が出回らず、脳死や死亡といった噂が流れてしまったのではないかと考えられます。

スイスの病院でリハビリ生活

2014年6月に完全に意識が回復したミハエル・シューマッハは、その後、リハビリのためにスイスにある大学病院に転院しました。スイスの大学病院でリハビリをしたミハエル・シューマッハは、さらなるリハビリのため、2014年9月にはスイスの大学病院を退院し、自宅に戻ってリハビリに専念することになります。

その後は自宅で療養

2014年9月にスイスの大学病院を退院したミハエル・シューマッハは、その後自宅でさらなるリハビリに励みます。2014年11月には元F1レーサーのフィリップ・ストレイフによって、ミハエル・シューマッハが「麻痺のため、車椅子で移動している」との情報が発表されました。

それと同時に、「喋ることができず、記憶障害もある」との報道が放送されました。しかし2015年5月に放送されたインタビュー動画の中では、マネージャーが徐々に改善されているという発言をしています。

ミハエル・シューマッハの今現在の最新の容態とは

ここまでミハエル・シューマッハの生い立ちから、F1レーサーとしての輝かしい成績、驚きの年収やスキー事故の概要までお話してきました。脳死や死亡などの噂が流れたミハエル・シューマッハですが、現在でも元気に生きています。

多少なりとも不自由はあるようですが、家族に支えられ、頑張って生活しているようです。ここからは、ミハエル・シューマッハの今現在の最新の様子について迫っていきます。

ミハエル・シューマッハは現在49歳

ミハエル・シューマッハは1969年1月3日生まれなので、現在年齢は50歳です。2013年の事故から5年以上が経ちますが、先ほどもご紹介した通り、脳死説や死亡説は真実ではなかったようです。

またミハエル・シューマッハの今現在の最新の健康状態や、その後の容態についてはハッキリとした情報はありませんでしたが、現在も家族に支えられながら生活しているようです。

現在多数のスポンサーが契約解除

ミハエル・シューマッハのスキー事故から5年以上経った今現在、多くのスポンサーが契約を解除しています。ミハエル・シューマッハの容態がハッキリを公表されていないため、スポンサーにもミハエル・シューマッハの今の現状を詳しくは伝えていない可能性もあります。

圧倒的に露出が減ったミハエル・シューマッハのスポンサー契約を解除するのも無理の無いことでしょう。そのような状況でも、いくるかの企業はスポンサー契約をし続けていましたが、2017年には2社が契約を解除しています。その後もスポンサー契約を解除はしないものの、契約金額を減額している企業は多いそうです。

今現在、どれほどのスポンサー契約があるかは不明です。

現在の容態についての発表はない

ミハエル・シューマッハの現在の容態については発表はありません。スイスの大学病院を退院し、自宅でリハビリに励んでいる以降、詳しい情報を得ることはできませんでした。しかし容態が悪化したとの情報も得られませんでしたので、今現在も自宅にいるのではないでしょうか。

ジャーナリストも現在は報道を自粛中

ミハエル・シューマッハの今現在の容態については、ジャーナリストも報道を自粛しています。2016年にドイツのBunte誌が「ミハエル・シューマッハはセラピストの助けがあれば歩くことは可能」という情報を流しました。

ところが、イギリスのガーディアン誌は「ミハエル・シューマッハは現在、問題なく歩くことができる」のような報道をしていたようです。この報道は真実に基づいたものではありませんでした。これにより、ミハエル・シューマッハ家族はBunte誌を訴訟したそうです。

ミハエル・シューマッハ側の弁護士により、「歩くことはできない」ということが明らかとなっています。この弁護士の証言が、ミハエル・シューマッハの容態についての唯一の情報であり、今現在の最新の情報です。

現在は家族に支えられている

ミハエル・シューマッハは今現在も歩くことはできないようです。家族やセラピストに支えられながら、自宅で暮らしていることでしょう。F1レーサーとして復帰することはもうないかもしれませんが、ファンにとっては今でも伝説のF1レーサーであることに変わりありません。

家族との時間んをゆったり過ごすことを祈る人や、リハビリを乗り越えた姿を楽しみにする人も多いのではないでしょうか。

ミハエル・シューマッハは現在も伝説のF1レーサー

F1レーサーとして、輝かしい成績を残してきたミハエル・シューマッハの生い立ちからスキー事故の概要、今現在の容態まで、最新の情報をお話してきました。スキーによる事故で昏睡状態に陥り、一時期は脳死や死亡説まで噂されたミハエル・シューマッハですが、今現在は自宅で家族と暮らしているようでした。

歩くことは難しいかもしれませんが、少しでも容態がよくなることを祈るばかりです。

関連する記事はこちら

Thumb後藤浩輝騎手の死因(自殺)の真相!妻や子供に武豊の勝利報告とは
後藤浩輝はプロの騎手として活躍していて、武豊・岩田康誠・吉田豊と交友関係がありました。また、...
Thumb内柴正人の現在!嫁と離婚し再婚?事件の真相や相手被害者は!
内柴正人といえば金メダリストでありながら教え子を強姦被害に遭わせ、逮捕され裁判を受けた結果、...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
杉崎翼

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ