ドローン少年ノエルの現在!事件で逮捕のその後や今は?

有名中学校を退学になり、様々な事件を起こしたのちに逮捕されたドローン少年ノエルこと北澤聖也をご存知でしょうか。ニコ生で動画を配信しネット上では有名人であったドローン少年ノエルはその後どうしているのでしょうか。今現在の姿や親についても紹介します。

ドローン少年ノエルの現在!事件で逮捕のその後や今は?のイメージ

目次

  1. 1ドローン少年ノエルとは
  2. 2ドローン少年ノエルが事件を起こすまでの経緯
  3. 3ドローン少年ノエルが逮捕された事件とは
  4. 4ドローン少年ノエルが逮捕されたその後
  5. 5ドローン少年ノエルの今現在
  6. 6ドローン少年ノエルの今後の動向に注目したい

ドローン少年ノエルとは

かつてインターネット上で話題になっていた「ドローン少年ノエル」をご存知でしょうか。ドローン少年ノエルは、彼自身が起こした騒動によって逮捕され、インターネットだけではなくニュースでも取り上げられました。まずはドローン少年ノエルについて紹介します。

本名は北澤聖也

「ノエル」という名で活動していたドローン少年の本名は北澤聖也といいます。本名は本人が動画で自ら公開しています。2000年1月20日生まれの現在19歳です。有名私立中学校を退学した後、転入した中学校へはほとんど通わずに卒業を迎えたようです。

ドローン少年という呼び名はマスコミがつけたものですが、その後はノエル自身もドローン少年ノエルという呼称を使用するようになります。

ニコ生などで動画配信をしている

ドローン少年ノエルの主な活動は自分で撮影した動画の配信です。配信は主にニコ生(ニコニコ生放送)で行っていました。ニコ生とは、リアルタイムで映像を共有できるサービスです。ニコ生を提供するニコニコ動画は200万人近くの有料会員を有する人気動画配信サービスです。ドローン少年ノエルは「キチガイ系配信者」と称されていました。

無断配信が学校にバレて懲戒退学処分に

ドローン少年ノエルは、配信業に専念したいという理由から、当時通っていた有名中学校の自主退学を希望します。しかし驚くことに、学校に対して退学報告を行っていた様子をニコ生で配信していたのです。学校への通報によって配信していたことが露見し、結果的には自主退学ではなく懲戒退学処分となりました。退学後は自称配信業と名乗っています。

ドローン少年ノエルが事件を起こすまでの経緯

ドローン少年ノエルこと北澤聖也が配信した動画は、どれも多くの人の迷惑になるような類の動画であり、様々な事件を引き起こしていました。ドローン少年ノエルがどのように動画を撮影し配信していたのかを紹介します。

さまざまな場所でドローンを飛ばし配信

有名私立中学校退学前からニコ生での動画配信をしていたドローン少年ノエルですが、退学後はその動画の内容がエスカレートしていきます。ドローン少年ノエルが配信していた動画は、その名の通りドローンを使って撮影されたものも多くありました。

そのほとんどが無断で、しかも不法侵入で撮影されていたため、たびたび警察に通報されたり職務質問を受けたりしています。例を挙げると、御開帳の法要を行っていた長野県の善光寺でドローンを飛ばして式典の場へ墜落させたこと、有楽町駅でドローンを飛ばそうとしたことなどがあります。

現在では厳しく規制されているドローンですが、この当時はドローンを飛ばすこと自体に関して明確なルールはありませんでした。なお、同時期に首相官邸に放射性物質が入ったドローンが墜落する事件がありましたが、この事件の犯人は別人であり、ドローン少年ノエルの仕業ではありません。

支援者による寄付でお金を得ていた

ドローン自体はインターネットや家電量販店で売られているため、誰でも買うことができます。しかし、家族からお小遣いを貰っていなかったというドローン少年ノエルは、ドローンや配信にかかる費用をどこから得ていたのでしょうか。

ドローン少年ノエルが動画配信を行っていたニコニコ動画では、視聴者が好きな配信者に対して、ギフト券と交換できるアイテムを送ることができるサービスがあります。また、ドローン少年ノエルはホームページ上で自身の銀行口座を公開し、寄付も募っていました。

ドローン少年には多額の寄付をする熱狂的な支援者もいました。こういった支援者からの寄付や動画配信から得られる広告収入を合わせて数十万円を得ていたようです。

過激な発言や行動をくり返していた

ドローン少年ノエルが配信していた動画は、ドローンに関するものだけではありませんでした。ノエルは、ドローン関係の騒動で有名になる前からニコ生での動画配信を行っていました。自分で動画の内容を考えて配信するといった類のものではなく、事件現場に押しかけて無理矢理撮影するような状態でした。

それらの動画の中で、ノエルは過激な発言や行動を繰り返していました。熊本地震の際には熊本へ行き、避難所に寝泊まりし無断で熊本市役所内を撮影していました。地元住民と口論になった末に、「瓦礫に潰されて死ね」という言葉を残しています。

また、川崎市中1殺害事件の際には、主犯格の容疑者の自宅へ押しかけ、容疑者の両親の姿を配信しています。この事件では被害者の通夜にも赴き、出入りする親族の姿を配信したことから口論になりました。ノエルが起こしたこの騒動はマスコミにも大きく取り上げられました。

警察から度重なる厳重注意を受けていた

ドローン少年が起こしてきた事件は、数え上げたらきりがないほどです。無断撮影や不法侵入で何度も警察に通報され、警察官とも口論になっています。そのたびに「任意の職務質問なら答えない」「僕は自分の権利を行使しただけ」と反抗しており、反省する態度を見せたことはありません。

さらに、度重なる警察署への保護や連行に慣れてしまったようで、連行される警察車両の中からニコ生の配信を行っていたこともあるほどです。ドローン少年ノエルは表現の自由を盾に取り、法律違反は犯していないと主張していました。

また、企業や店舗での無断撮影や不法侵入で口論になっていた場合でも、警察沙汰にならなかったケースも多く確認されています。ドローン少年ノエルが引き起こしたトラブルはまさに数知れずでしょう。

ドローン少年ノエルが逮捕された事件とは

2014年ころから、ドローンを使った無許可撮影、配信によって何度も警察に通報されていたドローン少年ノエルこと北澤聖也は、2015年と2017年に逮捕される事件を起こしています。ノエルがどのような事件を起こしたのかを紹介します。

お祭りの進行を妨害しようとした

ドローン少年ノエルが最初に逮捕されたのは、2015年5月にニコ生で配信した動画がきっかけでした。この動画でドローン少年ノエルは「浅草三社祭でドローンを飛ばす」と判断できる発言をしています。この配信を受けて、三社祭の主催者は警備を強化しなくてはならない状態になりました。

また警察も、これまでのドローン少年ノエルの行動から、ドローンを飛ばす可能性は十分にあるため威力業務妨害罪で逮捕状を請求していました。ドローン飛行自体は罪に問えないため、祭りを妨害する可能性を踏まえての逮捕となったのです。

それまでに何度も警察とトラブルを起こしていたノエルは、回を増すごとに警察に対する反抗意識も強まっていたようです。この逮捕に対しノエルは、「ドローンを飛ばすとは言っていない」と反抗する様子を見せていました。

また、この逮捕は不当ではないかと主張するジャーナリストや、法的に解説する弁護士も表れたことから、単なる少年犯罪ではなく、ジャーナリズムやマスコミの報道のあり方やドローンの使用の規制について問われるきっかけともなりました。

勝手に住居侵入し動画を配信した

ドローン少年ノエルの2度目の逮捕は、2017年の事です。インターネットで話題になっていた「性の喜びおじさんの死亡説」の真偽を確かめるために、ノエルは性の喜びおじさんの自宅マンションを訪れます。ノエルは性の喜びおじさん本人と面識があり、自宅住所はそれ以前に教えてもらっていたそうです。

この日は、居住者が出入りする隙にマンションのオートロック内に侵入しそこでニコ生の配信を行っていました。この行動によって住居侵入罪で逮捕されますが、その際もツイッターに「逮捕されまーす。またお会いしましょう」と投稿するなど、反省する様子は全く見せていません。

ドローン少年ノエルが逮捕されたその後

遂に逮捕されてしまたドローン少年ノエルこと北澤聖也ですが、逮捕後はどういった生活をしているのでしょうか。逮捕時は、悪いことをしたという自覚もない様子でしたが、その態度に変化はあったのでしょうか。

2週間の観護措置

2015年5月に逮捕されたノエルは家庭裁判所に送致され、2週間の保護措置を取ると発表しました。しかしその後保護措置期間は延長されることになります。またその間にドローン少年ノエルの熱心な支持者により署名サイトが立ちあげられるなど何かと話題になっていました。

ノエルが動画配信に使用していたパソコンは警察に押収されました。ノエルがドローンを購入できるよう資金援助をした支援者も逮捕されるのではないかという噂もありましたが、今のところこの件に関しては確認ができないことから、支援者が逮捕された事実はないようです。

ノエルは同年7月の審判で保護観察処分を受けています。その後しばらく動画配信がなかったため、インターネットの使用が禁止されているのではという噂が流れました。

母親が取材に応じる

未成年者が事件を起こした際、「親はどういった教育をしていたのか」、「親から虐待を受けていたのではないか」とよく言われますが、ドローン少年ノエルこと北澤聖也の親はどういった生活をしている人なのでしょうか。ドローン少年ノエルの最初の逮捕の後、とあるジャーナリストが母親を取材しています。

そのジャーナリストはノエルの勾留中にノエルの自宅を訪問しています。何度か居留守を使われたのち、ようやく取材することができたと語っています。ノエルの逮捕後、パソコンやカメラを片手にノエルの自宅を撮影するような人が多く来ていたそうです。

それまで事件現場に押しかけては騒動を起こしていたノエルですが、反対に自分がその標的になってしまたのです。その被害に遭っているノエルの母親は、ノエルの熱狂的支持者からは「鬼母」と呼ばれていたようですが、実際は丁寧で優しそうに見えたとのことです。

そして母親は、ノエルが起こした事件について、ノエル自身が説明をしなければならないと言っていたそうです。しかし警察はノエルの両親に対し、度重なる警察からの厳重注意にも関わらず動画配信をやめさせることができないことや、外出の制限をさせることもできていないといった点で監護能力不十分と判断したという噂もあります。

生放送動画で心境を吐露も…

最初の逮捕後の審判で保護観察処分を受けて自宅に戻ったのち、ドローン少年ノエルはニコ生での動画配信を再開しました。多くの人が生放送を視聴したその放送で、少年鑑別所で過ごしていた間の自分に関する報道を、後から全て確認したことを告白しています。そして自身を逮捕した警察に対しても納得していない様子を見せていました。

また、自分が逮捕されたことを、速報としてテロップを流したマスコミに対しても不満を口にしていました。その後もニコ生での動画配信を続けていることから、ドローン少年ノエルが反省している様子は全くないようです。

保護観察処分を受けておきながらも、インターネットを自由に利用している点でも、多くの疑問を呼んでいました。警察がノエルが配信する動画やTwitterを監視するのではないかという噂にもなりました。

この後もノエルは動画配信を続けますが、アンチが増える一方で、面白がってノエルの活動を支援する人も多くなっていったようで、ノエルはさらに暴走を続けることとなります。

ドローン少年ノエルの今現在

様々な過激動画の配信やドローンによる事件を引き起こしていたことにより、一時は時の人となっていたドローン少年ノエルですが、19歳となった今現在はどこで何をしているのでしょうか。

現在の動向はわかっていない

2017年の2度目の逮捕の後のドローン少年ノエルの今現在の正確な動向はわかっていません。ニコ生での動画の配信は、2度目の逮捕の原因となった性の喜びおじさん宅への侵入動画が最後となっています。

ネットでは様々な憶測が…

ドローン少年ノエルの現在の動向について、インターネットでは今でも様々な憶測が飛び交っています。最も多く話題になっているのは、彼が今現在仕事をしているのかどうかという件です。

有名中学校に通っていたものの退学してしまい中卒であること、またノエルが配信した動画は現在でも視聴できるため、一連の騒動によって顔も本名も知られるようになったノエルの場合は、アルバイトの面接ですら落ちてしまうのではないかとも想定されています。

また、コンプレックスが多いことを告白していたこともあるため、今は引きこもりになっているのではとの予測もあります。

ドローン少年ノエルの今後の動向に注目したい

ドローン少年ノエルこと北澤聖也について紹介してきました。多くの暴言を残して騒動を起こし、逮捕までされてしまったドローン少年ノエルですが、訓練すれば優秀なジャーナリストになれるかもしれないと評価しているジャーナリストもいます。

今現在は新たな動画配信はなく、どこで何をしているのかわからない状態ですが、かつて世間を騒がせたドローン少年ノエルが突然ニコ生での動画配信を再開する可能性も十分あり得ます。

自宅で激怒して暴れる姿を配信したり、過激な発言や自己防衛のための嘘を重ねていたノエルですが、更生した新しい姿を期待できるかもしれません。今後のドローン少年ノエルの動向に注目してください。

関連する記事はこちら

Thumb長谷川和輝(チェーンソー男)の現在!逮捕のその後や復活は?
ヤマト運輸にチェーンソーを持って乗り込み逮捕された長谷川和輝ですが、現在はYouTuberと...
Thumbおでんツンツン男(豊嶋悠輔)の現在!妻や子供と離婚?逮捕後も迷惑行為?
迷惑な行為をしてニュースにもなったおでんツンツン男こと豊島悠輔をご存知でしょうか。事件のその...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
annacocoa
未経験ですが頑張ります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ