真面目な人の特徴13選!真面目の意味や仕事・恋愛での傾向とは

真面目な人は仕事も恋愛も全力投球で取り組みます。とにかく真剣に何でも一生懸命に頑張るのが彼らの特徴なのです。この記事では真面目という言葉に含まれる意味や、真面目な人の長所と短所を学びながら、真面目に生きることについて考察していきます。

真面目な人の特徴13選!真面目の意味や仕事・恋愛での傾向とはのイメージ

目次

  1. 1”真面目な人”の真面目の意味とは?
  2. 2真面目な人の特徴13選
  3. 3真面目な人の恋愛の傾向は?
  4. 4真面目な人の仕事の傾向は?
  5. 5真面目な人におすすめな仕事3選
  6. 6真面目な人の長所を伸ばして短所を改善するには?
  7. 7真面目な人は恋愛は苦手だけれど仕事ができる人が多い!

”真面目な人”の真面目の意味とは?

どんな職場や学校にも一人は必ず真面目な人はいるものです。例えばきっちり時間を守る人や、マニュアル通りに立ち振る舞う人、責任感が人一倍強い人、または融通が効かない人などタイプは様々ですが、真面目な人と聞いて脳裏に思い浮かぶ人はどんな真面目さを持った人でしょうか。おそらく人によって真面目の定義は違うことでしょう。

一般的に、真面目という言葉には「本気であり、嘘がないこと、または誠実なこと」という意味があります。しかしながら、周りから見て真面目と感じる人は、実際様々な特徴を持っているものです。そしてそれらをまとめて何となく真面目と称している場合も、実は多いのです。

日本人は元々外国人から見ると真面目と呼ばれる国民性があるので、このテーマは当たり前過ぎてあまりピンとこないかもしれません。その一方、真面目とは何かということにも、もしかしたら無頓着になっているかもしれません。そこで真面目な人の特徴や恋愛観を通し、真面目に生きることの長所と短所を考えてみましょう。

筋が通っている

真面目な人は皆筋が通っています。これはもう真面目な人の、いわば”基本OS”と言っていいでしょう。彼らは曲がったことを嫌います。昨日と今日で言ってることが全然違うということはありません。真面目な人はどんな時も首尾一貫した言動を心がけます。

彼らは相手にも、そして自分自身に対しても嘘をつかないよう、時に葛藤しながら生きているようなところがあります。それは仕事でも恋愛でも基本は同じようです。真面目な人を理解する際、こういった特徴がまず大前提にあることを意識すると、彼らの行動や態度の意味がより理解できることでしょう。

真面目な人によく使われる言葉

職場や学校にいる真面目な人は周囲からどんな風に呼ばれているでしょうか。また真面目な人にはどんな印象があるでしょうか。真面目な人はその時々で色々な呼ばれ方をするものです。

真面目な人のことを、仕事上では例えば実直な人だとか、裏表がない人、律儀な人、誠実な人という場合があります。その他に「あの人は頼もしい人だ」という時も、言葉のニュアンスには真面目という意味が含まれていたりします。また恋愛において真面目な人を「一途な人」と呼ぶことは多いでしょう。

学校の部活動なら「ひたむきな人」、「一生懸命な人」をまとめて真面目な人と呼ぶこともあるでしょう。またその一方で、頑固だとか、融通が効かない様を見ても真面目な人と評することもあります。このように、一口に真面目な人と言っても、その言葉に含まれる意味は様々です。そして真面目さにも色々な側面があるのです。

真面目な人の特徴13選

ここからは真面目な人の特徴について触れていきます。真面目な人と聞くと、おそらく多くの人が不真面目な人に比べ圧倒的にポジティブなイメージを抱くことでしょう。

確かに真面目な人と聞くと、仮に仕事で自分が関わった場合であれば質の高い仕事ぶりを期待する人も少なくないかもしれません。しかし実際はどうでしょう。彼らの特徴を知れば、真面目に生きる彼らの光と影が見えてくるかもしれません。

①笑顔が少ない

真面目な人には、どんな時でも物事をよく考えて行動するという長所があります。しかし人一倍脳を回転させているので、感情表現が追いつかないことがしばしばあります。

例えば仕事をする際も、真剣に取り組むことで笑顔が少なくなる傾向があります。真剣に取り組めること自体は素晴らしいのです。しかしその表情の硬さゆえに、真面目な人は周囲から近づきがたい人と思われてしまうこともあるようです。

②人を信じすぎる

往々にして真面目な人というのは、人を信じすぎる傾向があります。人を疑うということに罪悪感を感じるのでしょう、そのため相手の話すことを信じすぎてしまう傾向が強いのです。話半分に聞くというような、ある意味での「いい加減さ」を持ち合わせていないので、相手のどんな話にもつい真剣に耳を傾けてしまいます。

こうして見ると真面目な人は相手を慮れる優しい人柄を持っているとも言えるのですが、詐欺被害に遭うのがこうした真面目な人であることが多いのも、また事実です。

③完璧主義

真面目な人は、完璧主義であることが多いです。先ほども、「彼らはある意味でのいい加減さが足りない」と述べましたが、真面目な人は仕事でも私生活でも、いい加減さとは無縁の時間を過ごしているものです。もちろん物事を途中で投げ出すことなどもってのほかです。

彼らは細部に渡って目を光らせ、完璧を目指して物事に当たります。真面目な人のそうした態度は、時に周囲から丁寧さの表れと捉えられ、本人の長所として評価されることもあります。

しかしながら真面目な人は、完璧主義という自分のルールを周囲にも求めてしまう傾向があるので、周りからは「細かい人だ」とか「神経質」と言われてしまうこともあるようです。

④何事にも真剣に取り組む

これは完璧主義にも似た特徴ですが、真面目な人は仕事も恋愛も、生活におけるどんなイベントにも真剣に取り組もうとする特徴があります。とにかくいつも一生懸命なのです。彼らは手を抜くということを知りません。

時にその真剣さが仇となってしまうこともありますが、その真摯な態度が周囲の人に良い影響を与えることも多いでしょう。そういう意味では、何事にも真剣な彼らの性格は長所と言っていいでしょう。

⑤マニュアル通りに動くのが得意

真面目な人はマニュアルに忠実に動くことが得意です。良く言えば基本に忠実とも言えるでしょうか。真面目な人は決まり事の範囲内で行動することを好む傾向があるのです。そのため、例えば仕事において、突拍子もないことをしてミスをするといったことはほぼないと言っていいでしょう。

安定感があるという意味ではこうした特徴は真面目な人の長所と言えるかもしれません。ただその一方、どんな状況でもマニュアル第一主義なので、独自に新しいやり方を作り出したり、効率化を図るといったことは苦手です。

また、会議で意見を求められた際に、真面目な人はマニュアル通りのいわば「味気のない正論」を言うことが多いので、アイディアを求められる環境では、周囲からはそうした態度がつまらなく感じられ、短所として捉えられることも多いようです。

⑥急な予定変更は苦手

真面目な人はマニュアル通りに動ける反面、自由さに欠けるという短所があります。これはスケジュールを組む時にも言えることです。真面目な人は急な予定変更に臨機応変に対応することが苦手なのです。融通が効かないとも言えるでしょう。

彼らは約束をきちんと守ることはできるのですが、そもそも筋を通したいというのが真面目な人を動かす基本OSですので、イレギュラーなことには基本的には対応していないのです。また、完璧主義という特徴も影響しているのでしょう。真面目な人は、一度自分の中で組み立てた予定を、第三者に途中で壊されることを良しとしません。

⑦堅苦しい

真面目な人が身近にいると、頼りになることは多いでしょう。いきなり仕事に穴を開けるようなこともしませんし、何に対しても一生懸命なので、社会人として見た場合にとても安心感があります。しかしその真面目な人柄は時として周囲に圧迫感を与えてしまうことがあります。

真面目な人というのは、仕事はもちろんのこと、私生活においても基本的にだらしなく過ごすことはほとんどありません。彼らは「何でもきっちり隙間なく丁寧に」を信条にしているところがあり、それが自然と身体に沁みついています。「ほどほどでもいいや」と思う人からすると、真面目な人のそうした態度には、堅苦しさを感じぜざるを得ないでしょう。

⑧計画的に物事を進めるのが得意

真面目な人は仕事や恋愛など、何をするにも事前にしっかりと練り、計画的に進めることがとても得意です。不測の事態が起こらないよう、予めスケジュールを細かく組み立て、時間の見積もりもしっかり立てられます。そのため彼らと協力して仕事に取り組む人ににとってはとても頼りになる存在でしょう。

また、恋愛においてもデートの計画をしっかり立ててくれるので、行き当たりばったりで、行きたかったところに行けなくなるといったことも起こりません。このように、真面目な人は先の見通しを立てながら行動できる長所があるので、デートをしてもスムーズに楽しめることでしょう。

⑨拘りが強い

真面目な人というのは、どんなことでも筋を通そうとするがゆえに、急な変化になかなか対応できない特徴があるというのは、これまで紹介してきた通りです。真面目な人の特徴というのは、状況いかんによっては長所にも短所にもなり得る可能性を秘めているのです。

例えば丁寧に仕事を完遂しようと頑張る姿は、傍から見るととても素晴らしいのです。しかし真面目な人は力加減があまり上手くないので、結局際限なく全力で頑張ってしまうのです。そうした態度は時として周囲から一生懸命とか真剣という風に受け止められず、拘りが強いとか、または柔軟性に欠けるという風に判断されてしまうこともあるようです。

⑩目標が高い

真面目な人は常に高い目標を持って生きています。先ほど、彼らの特徴は長所にも短所にもなるということをお伝えしましたが、それでも彼らはいつもポジティブな結果を残そうと、深く考えながら行動しています。ただその結果を残そうとするあまり、笑顔が減ったり、融通が効かなくなったりという部分が顔を覗かせることがあるということなのです。

真面目な人はいつだって人の役に立とうと努力しますし、今よりもっと高い場所へ行くためにはどうしたら良いか、常に頭を働かせています。真面目な人のそうした考えを周囲が上手くシェアできれば、仕事で素晴らしい成果を上げることができるでしょう。

また、真面目な人の特徴を長所にするか短所にするかは、本人だけではなく、周囲の人の関わり方もカギになるとも言えるでしょう。

⑪責任感がある

真面目な人は当然ながら人一倍強い責任感を持っています。彼らは任されたことを途中で投げ出すことはしません。これは先に紹介してきた特徴を見ればだいたい想像がつくかもしれません。完璧主義で何事にも真剣に取り組む姿勢があれば、途中で誰かに任せて知らんぷりをするようなことは、まずもってあり得ないでしょう。

ある意味正義感が強いとも言えるでしょうか。真面目な人はこうした特徴があるので、仕事現場では概ね信頼が厚いです。しかしその一方で、誰かを頼ることや依頼を断ることが苦手なため、時に自分のキャパを超える仕事を一人で抱えてしまいがちです。

真面目な人は基本的に不器用なので、周囲の人は長所ばかりを見ずに、彼らの短所になる部分をカバーできると、より本人の実力を発揮してくれることでしょう。

⑫向上心がある

真面目な人は目標を高く持ち、向上心を持ってひたすら努力し続ける傾向があります。ある意味ストイックな性格とも言えるほど、昨日よりわずかでも成長しようとひたむきに頑張れることが、彼らの素晴らしいところです。こうした姿勢は、周囲の人をも巻き込む訴求力があるので、会社組織に一人いるだけでも全体に与える影響は大きいでしょう。

⑬ストレスに強い傾向がある

真面目な人というのは、昨日今日いきなり真面目になったわけではありません。おそらく本人も意識しないうちに、長い時間を掛けて今の真面目さに着地しているのかもしれません。そのため、真面目な人は、通常人が感じるようなストレスには強い傾向があるようです。

特に仕事においては、真面目な人ほど高い集中力と丁寧さをキープして取り組みます。もし仮に普通の人が彼らと同じ水準で働いたら、耐えられないかもしれません。真面目な人はそういった部分で非常に逞しい一面があります。

しかしながら現在、社会問題化している「うつ病」などの精神疾患は、真面目な人ほど罹るリスクの高い病気です。彼らは他人に甘えることが極端に下手なので、本人自身、病気のサインに気づいていないことがほとんどです。ですので、周囲の人は例え彼らがストレスに強いとしても決して過信せず、適度にサポートすることが大切です。

真面目な人の恋愛の傾向は?

さて、ここまで真面目な人の特徴を13個見てきましたが、身近にいる真面目な人には、これらの特徴にいくつ当てはまったでしょうか。こうして見ると真面目な人のキャラクターというのは、おおよそ決まっているようです。

では彼らの恋愛の傾向は一体どんなものなのでしょうか。仕事で見せる顔とは全く違う一面を持っているのでしょうか。早速見ていきましょう。

一途な片思いになりがち

真面目な人は恋愛においても、どうやらその真面目さを捨てきれないようです。真面目な人はあっちもこっちもとフラフラと異性を渡り歩くことはしません。しませんというより、できないと言ったほうがいいでしょう。そのため彼らの恋愛というのは往々にして一途になりがちです。

また、真面目な人は感情表現が苦手な傾向があるので、相手を好きだと思ってもなかなか打ち明けられず、その結果片思いになりがちです。

恋愛の駆け引きが苦手

真面目な人はとても誠実な性格ですが、基本的に不器用です。そのため恋愛において駆け引きを楽しむといった、高度なテクニックを持ち合わせていません。せっかく素敵な長所があっても「一緒にいても面白くない」とか「堅苦しくて息が詰まる」などと言われてしまい、関係が長く続きにくいこともあるようです。

真面目な人は仕事にも恋愛にも、どこか「上手くやらなきゃ」という使命感のようなものを持って臨んでしまうため、単純に楽しむことが苦手なのです。また、相手の機微に鈍感なところもあるため、そうした態度が相手を興ざめさせてしまうこともあります。

仕事を優先しがち

真面目な人はとにかく仕事を一生懸命にこなします。例えプライベートな時間であっても頭のどこかで仕事のことは考えているでしょうし、いつでも対応できるようにしているものです。

彼らはビジネスパーソンとしては満点と言えるパフォーマンスを見せるのですが、人生におけるウェイトを仕事に集中させ過ぎるところがあるようです。そのため、恋人がいても仕事を優先させがちです。

恋愛より仕事をしている方が気楽なのかもしれませんし、真面目な人の中にはそういう人もいるでしょう。真面目な人はどんな状況でも真面目なので、行動パターンの幅が狭い傾向があります。そんな幅の狭さは、仕事では役立つことが多いですが、恋愛に応用するには少し具合が悪いところがあるようです。

そうなると、真面目な人は恋愛においては頭を悩ますことも多いことでしょう。彼らが仕事を優先しがちなのは、仕事を一生懸命していることに加え、人知れず抱えた「恋愛に対する苦手意識」が影響しているのかもしれません。

真面目な人の仕事の傾向は?

ここまでの恋愛の傾向を見る限り、真面目な人の魅力が最大限発揮できるのはどうやら仕事の場合が多いようです。ただ、決して真面目な人は恋愛に向かないということではありません。仕事で長所となる部分を恋愛にも応用できればいいのです。

また、彼らの行動の核が仕事にあるならば、仕事の取り組み方から変えていけば恋愛にも変化を起こせるかもしれません。そういったことを踏まえて、次は「真面目な人の仕事の傾向」を見てみましょう。

妥協できない

真面目な人は仕事で妥協することができません。それは完璧主義であることや拘りが強いこと、そのほか責任感が強いといった、彼らが持つ特徴が短所として表れた場合によく見られます。妥協できなくなる理由はおそらく一つではないでしょう。その時々の状況によって理由は様々です。

ですが、真面目な人は「いい塩梅」というような曖昧な状態を嫌います。こうした態度は時に効率を奪うこともあります。どうしても細部が気になってしまい、何度もやり直してしまうということが、真面目な人にはありがちです。そしてこういうある意味頑固なところが、対人関係での堅苦しさにも繋がっています。

時間や約束は徹底的に守る

しかしながら、真面目な人は相手を裏切ったり、がっかりさせるようなことはしません。彼らは決められた時間や約束はどんなことをしても守ります。そういう部分が彼らの信頼感を担保していると言って過言ではないでしょう。恋愛に関してなかなかいい評価が得られない彼らですが、こういう部分は認められてしかるべきポイントではないでしょうか。

ユーモアに欠ける

これは真面目な人にとって最大の課題と言えるでしょう。真面目な人はユーモアに欠けるのです。ちなみにユーモアには、おおまかに「人を楽しませるおかしさ」という意味があります。彼らは飲み会などでも冗談を言ったりすることが苦手です。

そのため周囲と打ち解けるまでに時間を要します。職種にも因りますが、コミュニケーション能力に難があると、組織の中では浮いてしまうこともあります。仕事には直接関わりがないことかもしれませんが、社会で人と関わりながら生きていくためには、ユーモアは必要な資質とも言えるのです。もちろん恋愛においても同じことが言えます。

もし自分が真面目な人に当てはまるという自覚があるならば、ぜひ日常に少しでもユーモアを加えられるよう意識してみてください。友人と他愛のない会話を楽しんだり、リラックスした時間を満喫してみると、発想は柔軟になります。ユーモアとはそうした中で生まれるものです。

ユーモアに欠けているなと思う人も、ぜひ意識してみましょう。きっと今より人との関わり合いに楽しさを感じられることでしょう。また、恋愛中の人は意中の相手と今よりもっと距離を近づけられるかもしれません。

真面目な人におすすめな仕事3選

真面目な人にピッタリな仕事は一体何なのでしょうか。これまで見てきたように、真面目な人の長所や短所はやや極端なところがあるので、持てる能力を存分に発揮するためには職種選びがとても大切です。ここではそんな真面目な人におすすめな仕事を3つほどご紹介いたします。

プログラマー

真面目な人におすすめな仕事、まず一つ目はプログラマーです。プログラマーとは、プログラミング言語を用いてシステム開発を行う職業のことです。厳密にはシステムエンジニアが作成した仕様書通りに動作するようにプログラムを書く仕事をしています。

職業柄、プログラマーはPCに向かって黙々と作業する時間が圧倒的に多いです。そのため、真剣に取り組むことで笑顔が少なくなってもあまり問題はないでしょう。

また、システムエンジニアからの仕様書という、いわばマニュアルにあたるものが用意されているので、真面目な人の「マニュアル通りに動くことが得意」という特徴を鑑みると、プログラマーは天職と言える仕事のひとつでしょう。

医者や薬剤師

二つ目の仕事は医者や薬剤師です。これらの職業は命に関わる仕事であるため、強い責任感はもとより、丁寧な仕事ぶりが求められます。医者の場合、患者と関わる時間はありますが、コミュニケーション能力よりも、確実な診断や治療が求められます。薬剤師においても同じように確実さが求められます。

薬剤師は細かく決められた薬剤の単位を間違えることなく、正確に調剤することが求められる職業です。ですのでやはり、真面目な人が持つマニュアルに忠実な姿勢や、細部にまで気を配れる拘りの強さといった特徴が長所として生かせる職業と言えるでしょう。

芸術家

真面目な人におすすめな仕事の3つ目は、芸術家です。芸術家はなかなか自分からなろうとしても難しい職業ではありますが、真面目な人であればなれる可能性はゼロではないでしょう。

芸術家という職業は、自分を前面に押し出す仕事なので、真面目な人が持つ短所が、短所にならないという強みがあります。例えば拘りも強い方がいいでしょうし、完璧主義である方が作品に凄みを出せることでしょう。

また、芸術家はその人のアイディアやセンスなどが求められる職業で、なおかつ孤独にコツコツと作業することが求められます。真面目な人の真剣さや、最後までやり抜く信念の強さ、ストレスに強いという特徴があれば、職業として長きに渡り活躍できることでしょう。

真面目な人の長所を伸ばして短所を改善するには?

ここまで、真面目な人の様々な特徴・傾向を見てきましたが、彼らの素晴らしさは時に短所として捉えられたり、誤解を生むことがあります。これは大変もったいないことです。では真面目な人の長所を伸ばしながら、なるべく短所が目立たなくなるよう改善するにはどうしたら良いでしょうか。

最後に、真面目な人が更にステップアップするための改善方法を3つご紹介いたします。より良い真面目な人を目指すのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

他人の評価は気にしない

真面目な人は、他人の評価を気にせず何でもやってみるといいでしょう。真面目な人というのは周囲からの評価も概ね高い傾向があるので、その期待に応えようとして、つい頑張り過ぎてしまうところがあります。そこが彼らの長所でもあり、また短所とも言えるのでなかなか難しいところです。

しかし彼らも人間です。いくらストレスに強いとはいえ、過度な頑張りはいつか破綻を招きます。そうなった時に、真面目な人は誰かを頼れるでしょうか。おそらく自分一人で抱え込んで、さらに頑張ろうとしてしまうでしょう。それでは苦しくなる一方です。もともと少ないと指摘される笑顔も、おそらくほとんど消えてしまうでしょう。

そうならないためにも、他人の評価に縛られてはいけないのです。他人の評価ではなく自己評価を大切にしましょう。「自分軸で生きよう」とよく言いますが、まさにその通りです。他人に自分の人生を決めさせてはいけないのです。

完璧主義を少しやめてみる

真面目な人はユーモアに欠けるという話を先ほどご紹介しましたが、真面目な人は心に「遊び」がない傾向が強いです。この場合の「遊び」とは余裕や無駄といった意味ですが、真面目な人にはそれが足りません。

例えば車のブレーキでも「遊び」がなかったら踏んだ途端に急停車してしまい、事故につながることもあります。真面目な人も、この「遊び」がないとストレス過多でうつ病などの精神疾患に罹ってしまうかもしれません。そういう最悪のケースにならないためにも、完璧主義を少し休憩してみてはいかがでしょうか。

もちろんいきなり完全に完璧主義をやめることは難しいでしょう。ですので、例えば自分の仕事を思い切って誰かに任せてみたりするのもいいでしょう。たまには仕事を休んでみてもいいのです。そうやって今までの自分がやらなかったことにあえて挑戦してみるのです。

少々荒療治にはなりますが、完璧主義をやめるということは、周囲に甘えるということ、ひいては人を信頼するということにも繋がっています。初めは心がざわつくかもしれませんが、少しずつ「いい加減な自分」に慣れていきましょう。

自分を認める

真面目な人は一体どんな理由から努力を重ねるのでしょう。もし等身大の自分を認められないという理由から努力してしまうのなら、一旦そんな自分でも認めるよう意識してみましょう。真剣に頑張ることは素晴らしいことですが、実際は真剣に頑張らなくても、多少いい加減であっても、魅力は失われることはありません。

真面目な人は自分を過小評価し過ぎなのです。どこまで頑張ってもまだ足りないと感じてしまうのは、真面目な人にありがちな心理状態です。

しかしそうなってしまうのは、そもそもの自己評価が低いことが原因です。そしてその自己評価はあくまで主観であり、実際はいい加減なものであることを忘れてはいけません。あくまで本人の思い込みの産物なのです。

ここで一度ちゃんと自分を認めましょう。周囲の人がこれまで掛けてくれた言葉、そしてその裏にある暖かい気持ちをもう一度見つめ直してみましょう。

真面目な人は本人が思うほどダメではありませんし、むしろ充分過ぎるほどです。自分を認めることができれば、きっと今より心に余裕が生まれるでしょう。そして同時に、他人の評価を気にしたり、完璧主義で何でも真剣に頑張ることからも卒業できていることでしょう。

真面目な人は恋愛は苦手だけれど仕事ができる人が多い!

真面目な人の特徴や傾向を見てどんな印象を持ったでしょうか。なかなか生き辛そうな人生を送っているように感じる人もいることでしょう。

しかし世の中は真面目な人のおかげで回っているところもあるのです。彼らの真剣さは時に周囲の人を感化します。仕事の時は少し難しそうな顔をしていますが、そうやって完璧を目指して頑張る彼らの、仕事への貢献度の高さは計り知れません。

恋愛が苦手なのも、むしろ真面目な人の場合は愛嬌と言えるでしょう。もしも身近に真面目な人がいるなら、ぜひ積極的に関わってみることをおすすめします。きっとお互い学べることは多いはずです。

関連する記事はこちら

Thumb責任感が強い人の特徴15選!長所・短所や自己PRでのアピール方法とは
「自分は責任感がある人間だ」と自信をもって言えるでしょうか。社会人になると責任感が強い人は信...
Thumb誠実の意味とは!誠実な人の30の特徴や見分け方!誠実さをアピールする方法は?
女性が求める男性像ナンバーワンと言っても過言ではない誠実さ。嘘、偽りのない真っ直ぐな心を持っ...
Thumb人格者とは!人格者の13の特徴と人格者になる方法
人格者とは絶対的な定義を持たない言葉であり、人によってイメージは人によって異なるものです。で...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ