傲慢な人の特徴14選!傲慢の意味や傲慢な人の心理や原因・対処法とは

傲慢な人はどこにでもいます。しかしうまく付き合いをしていかなくてはなりません。ここでは傲慢という言葉の意味や類語、そして傲慢な人の態度や性格などの特徴、心理、原因、対処法などをご紹介します。身近に傲慢な人に困っている人は、記事を参考に対処法を見つけてください。

傲慢な人の特徴14選!傲慢の意味や傲慢な人の心理や原因・対処法とはのイメージ

目次

  1. 1傲慢とは?
  2. 2傲慢な人の特徴14選
  3. 3傲慢な人の心理
  4. 4傲慢な人になる原因
  5. 5傲慢な人に出会った時の対処法
  6. 6傲慢な性格にならないためには?
  7. 7傲慢な態度を取らないように気をつけよう!

傲慢とは?

「傲慢」という言葉は日頃あまり使わない言葉ですが、どういった意味があるのでしょう。また、意味が似ている類語としては、どのような言葉があるのでしょうか。

傲慢の意味

「傲慢」の「傲」という文字は「おごり高ぶる」「思いあがる」「つけあがる」という意味を表しています。そして「慢」という文字は「おろそかにする」「怠ける」という意味をもちます。そのため「傲慢」とは「思いあがってさまざまなことを疎かにする」という意味の言葉となります。

例えば、他人のことを見下して優越感にひたるなどの行動は、この「傲慢」の代表的な例であるといえるでしょう。他人に対する礼儀を疎かにし、自分が他人よりも上の立場だと思っている人、これが「傲慢」のもつ意味です。

傲慢の類語

「傲慢」の類語としては「高慢」「高飛車」「横柄」「不遜」「尊大」という言葉があります。これらの類語はいずれも「傲慢であるがゆえに現れてしまうさまざまな行動」というように解釈します。傲慢であることで高飛車な態度をとる、自分よりも他人を見下して横柄な態度をとる、といった行動の意味をもつ類語ばかりです。

高慢

うぬぼれが強く、高ぶっている状態を「高慢」といい、「傲慢」の類語として使われます。他人を見下しているという点では「傲慢」と同じです。ただし、「高慢」であったとしても、それを他人に誇示しなければ、他人が迷惑を被ることはありません。

一方「傲慢」とは、自分は他人よりも優れているため、他人を見下しても構わないという行動や態度そのものを指す言葉です。つまり「高慢」は「傲慢」の類語ですが、「高慢」よりも最低だとされるのが「傲慢」なのです。

高飛車

「傲慢」の類語に「高飛車」という言葉があります。「高飛車」とは、威圧的な態度をとっている様子のことを指します。高飛車な態度をとる、といったように使われる類語で、この類語も同じく攻撃な意味を伴っています。人を見下している様子という意味も含まれており、「傲慢」同様、良い意味で使われることはありません。

横柄

「横柄」も「傲慢」の類語です。「横柄」とは「傲慢」と同じように他人を見下している態度を指す言葉で、「傲慢」に偉そうにする態度という意味が加わると「横柄」だといえます。

不遜

「思い上がり、へりくだらない態度」という意味で「不遜」という類語があります。「不遜」の「遜」には、自分をさしおいて他人を立てるという意味があり、「不」がついているので、他人をたてていない状態を指します。類語である「不遜」は、「不遜な態度をとる」のように使われます。ただ、「不遜」は、あまり使われることのない類語です。

傲慢な人の特徴14選

傲慢な人が当てはまる特徴をご紹介します。周囲に傲慢だと感じる人がいるのであれば、チェックしてみましょう。この項目にたくさん当てはまるようであれば、その人も傲慢な人といえるかもしれません。

特徴①常に自分が正しいと思っている

傲慢な人というのは、自分の考えが正しいのだという心理をもっています。そのため、傲慢な人は自分が考えた意見や考えを、他人も同調すべきだといわんばかりに主張してくるところがあります。そして、このような心理で人と接するため、周囲の人との間に溝ができる原因となり、対立してしまうことが多いのです。

特徴②他人に感謝しない

傲慢な人は他人に対して感謝の気持ちをもつことがないため、「ありがとう」という言葉を口にしません。物事がうまくいけば自分のおかげ、もしも失敗をするようなことがあれば他人のせいだ、と考えるのです。また、周りの環境のせいにしたりもします。

他人からの手助けがあったとしても、「それは自分の指示や考えに沿って動いたからだ」と都合のいいように解釈します。このように感謝の気持ちを伝えないことが原因となり、友人関係も恋愛関係も長続きしません。

特徴③謝罪しない

傲慢な人というのは、自分が周囲の人に助けてもらったとしても、感謝をすることがありません。その感謝は当たり前のことであり、周囲からしてもらって当然のものだと考えるのです。例えば、エレベーターに乗った際、こちらに走ってくる人が見えたので「開」のボタンを押して待ってあげたとします。

普通は感謝の気持ちを抱くものですが、傲慢な人は会釈すらしようとしません。先にエレベーターに乗っている人は、ボタンを押して待って当たり前だという心理なのです。

また傲慢な人は自分の非を認めたがらず、他人に対して謝罪をすることを嫌います。謝罪をするという行為はプライドが傷ついてしまうため、避けたいと考えるのです。そのため他の誰かに責任転嫁をしてその場を乗り切ろうと考えます。

特徴④上から目線で話す

自分のことを棚に上げて偉そうに振る舞うことは、それだけ自分よりも他人を下に見下しているということです。そして傲慢な人は、この思い込みによって優越感を感じているのです。

同僚などの同じ立場に立つ人の前ではこういった行動は控えますが、後輩など明かに下の立場の人に対しては上から目線で話すことが多くなります。またほんの些細なミスをいつまでもネチネチと話をしたり、他人を批判することも多いです。

特徴⑤他人に見下した態度を取る

傲慢な人の多くはは、他人を自分と同じ人として見ようとしないところがあります。「他人はみんな自分の駒」に近い考えをしているのです。そのため他人に感謝をすることもありませんし、謝罪するようなこともありません。そして他人に対してあれこれと指示を出し、都合のいいように使うのです。

特徴⑥なかなか自分の非を認めない

傲慢な人はプライドが高く、他人から自分を低く見られることを嫌います。そのため、なかなか自分の非を認めようとはしません。いつも周囲からは認められ、「すごい!」と思われていたいのです。また、非を認めて相手に貸しを作ってしまうのを避けたいと考える傾向があります。

特徴⑦否定的なことばかり話す

傲慢な人は自分に対して絶対的な自信をもっています。自分が他人よりも優れている人間だと、信じて疑わないのです。そのためなんの根拠もなく他人を劣っていると見下し、否定します。

特徴⑧プライドがとても高い

傲慢な人はプライドがとても高い傾向があります。そして、自分のプライドを保つことが何よりも重要で、プライドが傷つくようなことは避けたいと考えています。そのため、プライドがズタズタになりそうな時は、周りのせいにしてしまうことがよくあるのです。

またプライドが高いため、誰かに負けるという状況を嫌います。自分以外の人が周りから評価を受けると「自分がやっていたらもっと成功した」といったようなことを堂々と宣言します。つまり傲慢な人は、他人を素直に認めることができない負けず嫌いな人なのです。

特徴⑨協調性がない

傲慢な人に協調性はありません。すべて自分の中のルールで物事を判断して動きます。人と足並みをそろえるという考えがそもそもないのです。そのため集団行動に向いているとは言えず、会社などでもワンマンになりがちです。

特徴⑩声が大きい

傲慢な人は、周囲の人間から注目されたい気持ちが大きく、普通の会話でもとても声が大きいという特徴があります。たとえば自分が誰かに褒められている時、大きな声で「そんなたいしたことじゃないですよ。そんなに褒めていただいて嬉しいです」などと大声で言います。

言葉は控えめではありますが、声が大きいので周囲には褒められていることが伝わることまで計算しているのです。

特徴⑪作り話をする

傲慢な人は、知らないことでも知っているふりをします。また他の人から聞いた情報などを、自分が以前から知っていたかのように話す傾向もあります。そしてこの情報に関しても、マイナスな部分を強調して伝えることが多いのです。

特徴⑫自分は優れた人間だと思っている

傲慢な人は、自分は優れているという根拠のない自信があり、自意識過剰なところがあります。例えばあまり深く知らないようなことでも、自信満々にすべてを知っていると言い張るのです。そしてそれが間違いだと判明しても、自分から謝ることなどはありません。

また他人の素晴らしい点を評価するようなこともありません。自分よりも優れていると感じる人の傍にはいかないようにしますし、自分が勝てそうなものにしか参加しません。そして自分のことを褒められない時は、すぐに機嫌を損ねてしまうのです。

特徴⑬自分のことが大好きである

傲慢な人は、自分のことが好きです。常に自分は1番だとも思っています。そのため、なにかトラブルが起きても、自分を変えようとは考えません。それどころか他人を変えようと必死になります。自分が1番なので、他人などどうなっても構わないのです。

間違いを指摘されたとしても耳を傾けようとはしませんし、反対に「自分の何がいけないんだ」と逆ギレしてくるような場合もあるでしょう。そしてこのような態度に周囲が押されてしまい、さらに傲慢に拍車がかかって手に負えない状況となってしまうのです。

特徴⑭自分を変えようとはしない

傲慢な人は、自分自身の振る舞いを改めようとはしません。非は相手にあると考えているため、自分が変わる必要はなく、相手が変わるべきだと考えるのです。

傲慢な人の心理

では、傲慢な人はどういった心理で行動しているのでしょうか。ここでは、傲慢な人の心理をご紹介します。傲慢な人の心理を知れば、少しは接しやすくなるかもしれません。

自分が一番でありたい気持ちが強い

傲慢な人は、自分が1番でありたいと常に考えています。そして他人よりも優位な立場に立つことを望んでいます。とにかく周囲の人から称賛され、称えられることが快感に思えるのです。

こういった心理は、幼少期に充分な親の愛を受けて育たなかったことが原因だという見方もあります。そのため傲慢な人は、自分が1番という心理のもと行動をしているのです。

自分に自信がないことを隠したい

傲慢な人は、自分を強い人間だとみてほしいという願望を心理としてもっています。そして、自分に自信がないという心理を他人には悟られたくないと思うのです。そのため、言葉使いを荒げてみたり、相手に罵声をあびせるなどして「私は強い人間なんだ!」と振る舞ってしまいます。

心理とはまったく逆の言動をしてしまうのです。傍目からは分かりづらいですが、傲慢な人の心理は意外とデリケートであるようです。

傲慢な人になる原因

傲慢な人は、どうして傲慢になってしまうのでしょうか。どのような原因が考えられるのか、いくつか例を挙げてご紹介します。傲慢な人になる原因について、知識を深めてみましょう。

自分に自信がない

傲慢な人は、自分に自信のない人でもあります。そして自分に自信がことが原因となり、目の前の出来事よりも「他人との上下関係」の方が気にしてしまいます。自分が下だと感じると傲慢さという武器を身にまとってしまうのです。

しかし自信がないことが傲慢さの原因であることは悟られたくないと考えています。顔にコンプレックスがあれば隠すために過剰なほどメイクをして隠そうとしますし、汚い言葉で罵声を浴びせ、自分は強いのだと主張しようともします。傲慢さには、そんな自分への自身の無さが原因として隠れているのです。
 

過去の栄光を引きずっている

傲慢な態度をとる人の原因として、過去の栄光を引きづっていることがあげられます。たとえば、なにかを成功に導いたなどの経験があると、それをずっと周りの人に語り続け、「自分はすごい人なのだ」と威張るようになり、これが傲慢な態度につながるのです。

他人から強く見られたい

傲慢な人は、自分を強い人間だと評価されたいという心理をもっています。そのため、自分の物は自分の物で、他人の物も自分の物だという発想をもってしまいやすいのです。

このような考えになる原因としては、今までに人間関係でひどいめにあっていたり、他人がそのような経験をしているところを目の当たりにしていることが多いようです。そのため、自分も同じようにならないようにと強がって見せてしまうのです。傲慢さの言動にはこういった原因があります。意外な原因で驚かれた方もいるのではないでしょうか。

傲慢な人に出会った時の対処法

傲慢な人が身近にいる場合、どのように接するのが1番良いのでしょうか。傲慢な人への対処法をいくつかご紹介しましょう。対処法を知ることができれば、今の辛い状況から抜け出すことができるかもしれません。

相手を認めて褒めてあげる

傲慢な人は、自分を認めて褒めてくれる人には、それほど強い態度をとらない場合が多いものです。ですから不本意ではあっても、相手を認めて褒めてあげるような言葉を投げかけてみましょう。

たとえば「さすがですね!」「〇〇さん、すごいですね!」などと言ってあげると、相手はきつい態度をとらなくなります。傲慢な人の対処法には、褒め言葉が有効です。

本気で相手にせず聞き流す

傲慢な人は、自分よりも下だと開いてを判断すると、見下すような態度をとってしまいます。上から目線で話をしてきたり、無理難題な要求をしてきたりすることもあるでしょう。

このような態度をとられた時、いちいちこれに反応をしているようでは振り回されて疲れきってしまいます。また口ごたえなどをすると、その態度が余計に悪化してしまうこともありえます。そのため、相手が傲慢な態度をとってきた際は、話を真剣に聞かず、軽く受け流すようにする対処法を使うといいでしょう。

人と自分を比べることでしか物事を判断できない、自分の物差しで見下した相手には強気に出ることしかできない、なんてかわいそうな人なんだろうと見切りをつけてしまうのが1番の対処法です。傲慢な人に付き合うほど暇ではないと考えて割り切りましょう。

言葉を選んで話す

傲慢な人は、ほんのささいな一言にも食いついてくることが多々あります。そのため、言葉は慎重に選んで話をするようにしましょう。

決して反論はしないことも重要です。傲慢な人に対して反論すると「これでもか!」というほど倍返しで仕返しされます。「そうだね」「確かにそうだよね」と肯定をする対処法で対応しましょう。

物理的な距離をおいてみる

傲慢な人には関わらないということが最も効果のある対処法です。傲慢な人に嫌われてしまえば、あることないことを噂される危険性もあるからです。しかし関わらないようにすれば、自分が傷つくことも、相手の反感を買うようなこともありません。もちろんあからさまに距離をおくと反感を買う恐れがありますので、自然に距離をおくようにしましょう。

できるだけ二人きりの状況を作らないようにする

傲慢な人に立ち向かうには1対1ではかないません。傲慢な人を相手にするには味方が必要なのです。ですので、できるだけふたりだけでいる空間を作らないようにするということも重要になります。

また1対1では、傲慢な態度にとられた時に目撃者がおらず、誰にも助けてもらうことができないという状況も起こりえます。そのためにも、ふたりだけの状況はできるだけ作らないように常日頃から意識しておくといいでしょう。

間違いに気づいたとしても指摘はしないでおく

傲慢な人が間違ったことを言い始めても、あえて指摘することはやめましょう。こっちは良かれと思って指摘をしても、傲慢な人はただ感情的になって怒りをぶつけてくるだけです。そのため自分から火をつけるような対処法はせず、スルーするのが1番です。

対立の意思を表にだす

いつも周囲の人を見下していると感じるような人と出会ったなら、その人は傲慢な人だと考えて間違いありません。そのような人とはできるだけ距離を置き、関わらないのが1番の対処法ですが、そういうわけにもいかない場合があります。

そんな時は、対立の意思を表にはっきりと出すということが有効な対処法となります。傲慢な人と対立すれば、より傲慢な態度をとられるのではないかと心配な人がいるかもしれませんが、それは間違いです。傲慢な人は、何も言い返すことができないような気の小さな人に対して傲慢な態度をとるからです。

そのため、しっかりと相手を拒否すれば傲慢な人もあえて立ち向かってくるようなことはしません。これまでご紹介したようなことでは太刀打ちできないと感じる人には、はっきりと意思を示すことが有効なのです。

告発する

これは最終手段の対処法になりますが、傲慢な人を告発するということもできます。傲慢さがあまりにも過ぎるようであれば、目上の人に相談をするのも良い対処法の1つでしょう。

その際には、いつ、どういったことを言われたのかメモを残すようにしましょう。できるようであれば、ボイスレコーダーなどに録音しておくと確実です。傲慢な人をどうしても許すことができない場合、最終手段として告発するという選択肢も頭に入れておきましょう。

傲慢な性格にならないためには?

気づかないうちに傲慢な性格になってしまっていた、というようなことがないよう、以下のようなことに注意して毎日を過ごすようにしましょう。謙虚な気持ちさえもっていれば、傲慢な性格になることはありません。

常に謙虚さを忘れない

傲慢にならないためには、他人を見下したり、馬鹿にすることなく、常に謙虚な気持ちでいることがとても大切です。人のことを低く見てしまいがちな性格の人は、他人の意見をよく聞くことをまずは心がけてみましょう。

相手がどんなことを話そうとしているのか、相手の伝えたいことはどのようなことなのか、に耳を傾けることが重要です。そうすれば、他人を見下すような気持ちは生まれず、反対にもっと相手のことを知りたいと思えてくるはずです。性格は心がけで変えることができるので、意識していきましょう。

また、相手に感謝をする気持ちをもつことも忘れてはいけません。生活をするうえで誰の頼りにもならずに生きていくことなどできません。周囲の人がいるからこそ自分が生きていけるのだということに気づき、感謝の気持ちを意識することが大切なのです。

ほんのささいなことにでも感謝をする気持ちをもつことができれば、傲慢な性格にはならないことでしょう。

自分に非がないかを考える

傲慢な人はその性格上、絶対に自分には非はないと考えています。自分の非を認めることにどこか恐怖を感じているのです。しかし人から尊敬されるような人は、自分が悪いと思ったら素直に謝ります。こういった性格の違いが言動の違いとしてあらわれるのです。

自分が非を認めることができない性格だと感じる場合は、自分の性格の欠点を書き出してみましょう。人には良いところもあれば、必ずそうでないところもあります。まずは自分の性格の悪いところを受け入れることからスタートしてみるといいでしょう。

自分の性格にも短所が数多くあると気づくことができたなら、他人のちょっとしたミスも広い心で受け入れることができるようになります。そして、誰かと自分を比べるようなことも減っていくでしょう。

努力をし続ける

傲慢な人は、努力をしなくても自分は優れていると思い込みがちな性格をしています。そのため、努力を続けることをやめてしまうのです。ここで「自分はまだまだ成長できるはずだ」「もっと伸びしろがあるはずだ」と考えて努力を続けることができれば、他人に傲慢な態度をとることがいかに曲がった性格であるか分かるようになるでしょう。

チームワークを大切にする

謙虚な人は、チームワークをとても大切にする性格をしています。相手のミスをカバーしてあげたり、自分が失敗してしまった時に周りに支えてもらったり、そのような経験を積むのです。特に仕事でのチームワークは一体感があり、尊敬できる人を見つけてその人に近づこうと努力するきっかけにもなります。

感謝の気持ちをもって毎日を過ごす

傲慢な人にならないためには、常に感謝の気持ちを持つことがとても大切です。感謝の気持ちを持つことで、悪いことが起こっても幸せになるための試練だと考え、嵐が過ぎるのをじっと待つことができます。

他人を憎んだり恨んだりもせず、すべてを包むような温かい気持ちをもつようにしましょう。そうすれば決して傲慢な人になるようなことはありません。心が寛容になれば、人にも自分にも優しくすることができるようになります。

常に相手の気持ちを考えて行動する

謙虚な人は、常に自分のことはさておき、相手を敬う行動をします。そして、人のことを傷つけたくはないと考えます。そして心は常に穏やかで、他人を不快にさせるようなことはしません。相手に不快を感じるようなことがあっても、「この人は話がしたいんだな」と理解を示して、最後まで耳を傾けることができるのです。

傲慢な態度を取らないように気をつけよう!

傲慢な人の特徴や原因、傲慢の類語などをご紹介しました。このような人にはなりたくないとみなさん感じたのではないでしょうか。もちろん傲慢な人も「傲慢な人になるぞ!」と思ってなっているわけではありません。

誰にでも傲慢な性格になってしまう可能性はあるのです。知らないうちに傲慢な態度をとってしまわないよう、自分を振り返りつつ謙虚な気持ちで毎日を過ごしましょう。

関連する記事はこちら

Thumb横柄の意味とは?横柄な態度をとる人の7個の特徴と心理や対処方法とは
横柄な態度を取る人とよく耳にしますが、横柄という言葉はどういう意味かご存知でしょうか。横柄な...
Thumb自己中心的な人の性格・心理の特徴10選!自己中を改善する方法とは
家族や恋人がわがままだったり友達が自分勝手だったりと、自己中心的な人は以外と身近にいるもので...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ