裏ピース(逆さピース)の意味とは【海外では危険なハンドサイン】

日本では写真撮影などで自然に使っているピースや裏ピースですが、実は海外で外国人に安易に使用すると危険なのです。危険な目に遭わない為に裏ピース(逆さピース)の国ごとの意味を紹介します。また裏ピース(逆さピース)以外にも危険なをハンドサインご紹介します。

裏ピース(逆さピース)の意味とは【海外では危険なハンドサイン】のイメージ

目次

  1. 1裏ピース(逆さピース)とは
  2. 2海外では危険!世界各国での裏ピースの意味
  3. 3裏ピースが日本で広まった理由
  4. 4外国人にしてはいけないハンドサイン一覧
  5. 5裏ピースと発達障害(自閉症)との関係性
  6. 6裏ピースはTPOを考えて使用しよう

裏ピース(逆さピース)とは

裏ピースとは、というハンドサインをご存知でしょうか。女子中高生の間でよく使われていますが、改めてどのようなハンドサインなのか見ていきましょう。

逆さピースともいわれている

通常のピースは人差し指と中指を突き出すもので、相手側には自分の手のひらや指がに見えている状態です。しかし、裏ピースは手の甲の部分が相手の方にあるピースのことを言います。日本ではピースを裏返したハンドサインという意味合いで裏ピースや逆さピースと呼ばれ、写真撮影やプリクラなどで多く使われているポーズです。

また、日本でも幅広い世代から使っている裏ピース(逆さピース)はアジア諸国で「平和の象徴」として用いられており、日本でもピースは平和の象徴のハンドサインとして使用されています。

日本では一般的なハンドサイン

日本国内において裏ピースというのは一般的に使われており、カメラを向けられれば無意識に裏ピース(逆さピース)にしている人もいます。最も多いのは先程も少し触れたように、写真撮影やプリクラなどで目にするハンドサインです。

日本で裏ピースに関して特に意味などはありません。裏ピース(逆さピース)は「表のピースとは違うピースをやってみよう」など、何気なくふと思った時にする場合が多いです。日本ではそのような使い方で問題ないのですが、海外の国では裏ピースには意味がある国が幾つか存在します。

海外では危険!世界各国での裏ピースの意味

旅行や留学などで海外へ訪れる機会はあると思いますが、裏ピース(逆さピース)を使用する際は注意が必要です。場所によっては外国人たちが不快感を示したり、危険な意味を持つサインとして認識されている場合があります。

そこでイギリスやオーストラリアなど海外の国ではどのような意味を持つのか、見ていきましょう。

イギリス:挑発のサイン

イギリスで裏ピース(逆さピース)は挑発や侮辱など相手に喧嘩を売るような意味を表します。アジア諸国では平和(peace)のサインとしてピースが認識されていますが、イギリスでは歴史的背景が関係しており、相手に不快感を与えるハンドサインとして知られているそうです。

その歴史的な背景とは、イギリスとフランスが戦争をしていた時代にイギリス軍は弓矢でフランス軍を攻撃していました。そこでフランス人は捕虜にしたイギリス人に対して二度と弓を打たせまいと利き手の人差し指と中指を切り落としたそうです。

これに対抗したイギリス軍は「切り落とせるならやってみろ」と裏ピース(逆さピース)をし、フランス軍を煽る行為が多発したようです。このような歴史的背景があることからイギリス人にとって裏ピース(逆さピース)は相手を挑発や侮辱するハンドサインとして広まりました。

オーストラリア:屈辱のサイン

オーストラリアでも裏ピース(逆さピース)は悪い意味をもつハンドサインとなります。オーストラリアにおいて裏ピース(逆さピース)というのは「屈辱的なサイン」という意味になります。これもイギリスと同じ歴史的背景が関係しています。オーストラリアでは原住民であるアボリジニがオーストラリア全土を支配していました。

その後、長きにわたりイギリスの植民地で支配下になっていたことから、イギリスと同じ意味合いを持つようになったのだと考えられています。

ギリシャ:犯罪者を指す

ギリシャでは、裏ピース(逆さピース)をすると犯罪者として見られてしまいます。かつてギリシャでは犯罪者に向かって人差し指と中指の二本指で物を投げていたようです。

犯罪者に向けていた指の形ががいつどのようにしてに現在の意味合いに転じてしまったのかは不明ですが、この時のなごりが現在まで残っており、ギリシャで裏ピース(逆さピース)をすると犯罪者と認識されてしまう為、ギリシャの人々は不快感を示します。

アメリカ:問題はない

ヨーロッパなどの欧米諸国を中心に裏ピース(逆さピース)の意味を見てきました。様々な理由が国によってありますが、実はアメリカでは裏ピース(逆さピース)を使用しても問題がないと言われています。日本やアジア諸国と同じでアメリカも特に何も意味がないそうです。

しかし、日本やアジアと違い写真を撮影する際にピースなどをしないことが多いアメリカでは裏ピース(逆さピース)をしていると不思議そうに見られる場合があります。このように裏ピースの使用は特に危険ではありません。

多くの国では性的なサインにも…

多くの国では裏ピース(逆さピース)は性的な意味を持つ場合があります。国によって裏ピース(逆さピース)の性的な意味が多少の認識のズレがありますが「犯すぞ」という意味を持っているそうです。

裏ピースが日本で広まった理由

一部の海外で裏ピース(逆さピース)の意味を見てきました。歴史的背景が絡んでいる国が多いのですが、日本ではどのようにして裏ピース(逆さピース)が広まったのでしょうか。日本で裏ピース(逆さピース)が広まった理由として挙げられる原因をご紹介します。

理由①プリクラ

日本で裏ピース(逆さピース)が広がった原因の1つはプリクラです。プリクラで少しでもかわいく移りたいという願いから顔の表情やポーズは色々なパターンが存在します。また、プリクラでのポーズはその時代によって全く異なります。プリクラで裏ピース(逆さピース)が大流行したことがありました。

手の甲を表に向けて、二本の指を顔の輪郭付近に近づけて撮影することで、小顔効果が得られると若い女性の間で話題になりました。この裏ピース(逆さピース)をプリクラ以外での写真撮影などでも使用したことで日本国内に一気に広まったと考えられます。

理由②テレビ番組

裏ピース(逆さピース)が日本に広まった原因2つ目はテレビ番組が影響していると言われています。特にバラエティー番組でお笑い芸人やタレントなどがカメラにアップで映る際、アピールとして裏ピース(逆さピース)のハンドサインを使用する場合があります。

裏ピース(逆さピース)をやっている本人も無意識に行っています。この何気ない裏ピース(逆さピース)のハンドサインが視聴者の目にとまったことで、広まった可能性があります。

理由③ジョンレノン

有名な歌手ジョンレノンの影響も原因の1つと言われています。ジョンレノンが日本に来日した際に日本の戦後の復興を祈るという意味合いで平和「peace」でピースサインをしたことがありました。ジョンレノンは多くの日本のファンにピースサインを送ったと言われています。

当時の日本でもピースサインは使用されていました。しかし、ジョンレノンが平和の意味を込めて使用したことで日本でピースサインは「平和」を象徴するハンドサインとして認識され、今日まで親しまれてきました。

平和を象徴するピースというハンドサインが時代とともに変化を遂げ、裏ピース(逆さピース)が生まれたとも言われています。

外国人にしてはいけないハンドサイン一覧

海外の国によって裏ピース(逆さピース)の意味合いが違うことが分かりました。ここでは裏ピース(逆さピース)以外に外国人に絶対してはいけないハンドサインをご紹介します。してはいけないハンドサインを該当する海外の国や地域で使用すると外国人とのトラブルになる可能性があります。

危険を回避するためにも、ハンドサインは海外旅行へ行く際に事前にぜひ覚えておきましょう。

①親指を立てる

親指を立てる動作は外国人が「OK」という意味で気軽に使用しているイメージです。日本でも同じような意味で使用する人がいます。しかし、親指を立てるサインが危険な意味を持つ国があります。中東や西アフリカの外国人に親指を立てるハンドサインを行うと「肛門に指を入れる」という意味になってしまうそうです。

このことから相手を侮辱するハンドサインとして用いられている為、中東・西アフリカでの使用には注意が必要です。

②小指を立てる

小指を立てるという仕草は日本では「彼女」「女性」という意味で使用される事が多いです。しかし、イギリスでは小指を立てる仕草は「品の悪い、下品」という意味になるそうです。さらに男性の性器が小さいという意味もある為、注意が必要です。他にも中国では「無能」という意味があります。

③中指を立てる

中指を立てるハンドサインは日本でも相手を侮辱する時に使用されることが多く、あまりいい意味合いをもちません。ヨーロッパなどでも中指を立てるハンドサインはむやみにしてはいけない動作です。ヨーロッパでは日本とは違う意味合いを持っており、主に「性的」な意味を持ちます。

④親指と薬指を立てる

親指と薬指を立てるハンドサインをイタリアの外国人に使用すると「侮辱」という意味になります。思わず写真撮影などでやってしまうサインですが、イタリア人は不快感を示す場合があります。

⑤OKサイン

OKサインというのは、親指と人差し指で丸をつくるサインです。日本や欧米などで「OK」や「大丈夫」という意味で多く使われています。しかし、フランスでは「ゼロを手で作っても何の役にもならない」という意味合いになるそうです。

フランスの外国人にOKサインをすると相手を侮辱するという意味として解釈されてしまいます。また、フランス以外にもトルコやブラジルなどでは性的な意味合いを持つそうです。

⑥ガッツポーズ

日本でガッツポーズと言えば勝利した時やうれしい事があった時などに使用されます。ガッツポーズはハンドサインとして自然に使用されています。しかし、フランスではガッツポーズは「くたばれ」という意味になってしまうそうです。

⑦デビルホーンズ

デビルホーンズというハンドサインは人差し指と小指をたてるハンドサインを指します。このデビルホーンズというハンドサインは「コルナ」とも呼ばれています。アメリカでは「愛している」という意味を持ちます。他にもイタリアでは角を見せるというハンドサインで「不貞」という意味があるそうです。

地中海諸国ではサタンとの関係性があるハンドサインとして知られており、相手を侮辱する意味合いになります。このデビルホーンズというハンドサインですが、ヘヴィメタルなどのジャンルで多く目にします。ヘヴィメタルでは「悪魔崇拝」「神秘新興」という意味があるそうです。

このようにデビルホーンズは各国によって意味合いが全く異なるので、海外での使用は控えた方が良さそうです。

⑧ファイブファーザーズ

ファイブファーザーズというハンドサインは片方の手を人差し指を立てて、もう一つの手はグーにして横に倒すことで完成するハンドサインです。あまり日本で使用することがないサインですが、中東で使用すると危険なサインと言われています。このハンドサインは中東で相手の母親が「尻軽女」「売春婦」という意味で使用される事があるそうです。

⑨手招き

日本で相手を呼ぶときは手のひら全体を使って手招きをします。日本ではごく自然な動作ですが、アメリカでは「近づくな、あっちいけ」という意味を持ちます。外国人に手のひら全体で手招きをすると相手に不快感を与えてしまう場合があるので注意しましょう。アメリカで手招きをして相手を呼ぶ時は手のひらを上にして指先だけを曲げるのが一般的です。

⑩左手で握手

左手で握手する動作も海外では危険と言われています。日本人は握手をする際、どちらの手で握手するのか意識する人はあまりいません。しかし、海外では危険な場合があるので左利きの人は無意識にやらないように注意する必要があります。

裏ピースと発達障害(自閉症)との関係性

裏ピース(逆さピース)と発達障害(自閉症)が関係していると言われています。発達障害(自閉症)は、赤ちゃんのころは気づくことが難しいと言われている障害です。なぜ裏ピース(逆さピース)と発達障害(自閉症)が関係あるのか、詳しく見ていきましょう。

発達障害(自閉症)とは

発達障害(自閉症)とは、先天性の疾患の1つで生まれながらに脳に障害を持っている病気です。発達障害(自閉症)の子の症状はその子によって様々で赤ちゃんの時には症状が分かりにくく気づかない場合がほとんどです。成長していくにつれて同じ月齢の子と比較していくと「うちの子は少し違う」と違和感を覚え、発覚するパータンが多いようです。

発達障害(自閉症)の症状はその子によって様々ですが、コミュニケーションが上手にできない、興味を持ったことに対しての関心が異常に高い、言葉の発達などが多く挙げられます。

裏ピースは症状のひとつとも…

ピースなどの動作は小さいころから友達や親を見てマネをするケースが多いです。その為、親が教えなくても小さいころからカメラなどを向ける自然とピースをする子供がほとんどです。しかし発達障害(自閉症)の人は裏ピース(逆さピース)を自然にしてしまう場合があります。これは質的障害と呼ばれるものの1つで発達障害の子に多く見られます。

質的自閉症の子は、そうでない子よりも自分と他人の位置を把握する能力の成長が遅いです。そのため他の人が自分に向けているピースの形、つまり手のひらが自分に向かっているピースを自分で自分に向けてやってしまい、他の人から見ると裏ピースになってしまうのです。

これはピースだけではなく、バイバイにも同じ現象が当てはまります。

バイバイの場合も手の甲を相手に向ける「逆さバイバイ」をしてしまう可能性があります。もし、小さいころから裏ピース(逆さピース)を自然にしている子がいれば発達障害のサインの1つかもしれません。一概に裏ピース(逆さピース)だけで発達障害と断定はできませんが、発達障害(自閉症)という障害は気づかない人が多い障害の1つでもあります。

裏ピース(逆さピース)を自然にしてしまう場合、質的障害である可能性も否定できません。このことから裏ピース(逆さピース)は発達障害(自閉症)の症状の1つと言われています。

裏ピースはTPOを考えて使用しよう

日本でピースと言えば「平和」の象徴として多くの国民から親しまれてきたハンドサインです。その影響から、裏ピース(逆さピース)もプリクラやテレビなどの影響で多くの人が使うようになりました。

しかし、海外で安易に裏ピース(逆さピース)を使用すると外国人とのトラブルになる可能性があります。特にイギリスなどのヨーロッパで裏ピース(逆さピース)をすると「侮辱」や「屈辱」などの意味合いがある為、相手に不快感を与えてしまいます。

裏ピース(逆さピース)以外にも、日本人が日常的につかうハンドサインの中には外国人に向けてやってはいけないものがたくさんあります。郷に入っては郷に従えということわざがあるように、旅行先ではその地の分化やルールに従うのがベストです。

海外旅行に行く際は、日常で何気なく使用しているハンドサインにはくれぐれも注意しましょう。

関連する記事はこちら

Thumbアナベル人形は実在する?呪いや事件の内容とは【映画のモデル】
映画にもなった呪いのアナベル人形は実話を基に作成されています。実物は可愛いラガディアン人形で...
Thumb This Man(夢男)の正体や真相とは!元ネタは都市伝説?
This Manという都市伝説があります。世にも奇妙な物語で元ネタとして扱われ有名になった夢...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ