ワイオミング事件の真相!怖すぎる電波ジャックとは【ネタバレ】

ワイオミング事件とはアメリカのワイオミング州で発生したテレビ番組の電波ジャック事件のことを指します。テレビ番組が電波ジャックされ、怖すぎる動画が流れていました。ワイオミング事件の動画の謎や事件の真相について詳しく解説していきます。

ワイオミング事件の真相!怖すぎる電波ジャックとは【ネタバレ】のイメージ

目次

  1. 1ワイオミング事件とは
  2. 2ワイオミング事件の概要【動画】
  3. 3ワイオミング事件で流れた映像の謎
  4. 4ワイオミング事件の真相
  5. 5ワイオミング事件はクリエーターによる悪ふざけだった

ワイオミング事件とは

ワイオミング事件を知っていますか。オカルト界隈では有名な電波ジャック事件なのですが、その多くの部分は謎に包まれ都市伝説化し、詳細は明らかになっていません。本記事では、ワイオミング事件が起きた背景や事件の真相についてご紹介していきます。

米ワイオミング州で起きた電波ジャック事件

ワイオミング事件はアメリカのワイオミング州、ニオブララ群という小さな町で発生した、局所的なテレビ番組の電波ジャック事件のことを指します。通常通りカラー放映されていたテレビ番組から急に不気味な音楽と共に、モノクロの電話番号や英語の文章テロップ、男性の顔の動画のアニメーションなどの映像に切り替わりました。

約6分後に何事もなかったかのようにモノクロの画像は途絶え、元のローカル番組への放映に戻ったと言われています。

怖すぎると日本でも話題に

日本でもこのワイオミング事件をオカルトメディアが取り上げた事により、日本のオカルト好きの間では怖すぎるこの動画の画像に恐怖と不安を抱きました。誰がどうして電波ジャックを行ったのか、動画に出てくる英文が意味する本当の理由など、ワイオミング事件の解決されていない真相を追求するために未だに様々な憶測が飛び交っています。

ワイオミング事件の概要【動画】

それでは早速、ワイオミング事件についての概要を紐解いていきます。この章の最後にワイオミング事件で放映されたと言われる動画も紹介しますが、怖すぎる映像なのでくれぐれも注意して御覧ください。

地方局のニュース放送中の出来事

ワイオミング州ニオブララ群の小さな町の地方局では、ワイオミング事件発生時、地方局のニュースが放映されていたと言います。その途中に脈絡もなく砂嵐が現れ、画面が怖すぎる画面に切り替わっていったのです。

突然流れた不気味な映像

カラー画面のローカルニュースから、モノクロの画面に変わり、突然流れた怖すぎる不気味な映像の内容について詳しく説明していきます。まず、最初の画面は「333-333-333」という架空の電話番号と「We Present A SPECIAL PRESENTATION」という言葉を4行で表し、画面上半分に表示され、画面下半分に反転した同じ言葉が並びました。

その後、黒バックの白い文字で「YOU WILL SEE SUCH PRETTY THINGS」という文章が現れます。しばらくすると画面に白くぼんやり男性の顔が浮かび、また最初の画面に戻ります。最初の画面は合間合間に登場し、その後、様々な英文が出てきます。すべての言葉は動画で確認していただければ分かりますが、その中の一部を紹介します。

「WHY DO YOU HATE?(あなたはなぜ嫌うの?)」、「WHAT HIDES IN YOUR MIND?(あなたの心の深層に隠れているものは何?)」、「THERE IS TRUTH IN FICTION(真実はフィクションの中にある)」など、視聴者の深層心理に直接語りかけるような文章が流れてきたのです。

その後、画面上にノイズが発生し、何事もなかったかのように先程まで放映されていたカラーのローカルのニュース番組が放映されたのです。ここまでがワイオミング事件の流れです。

体調不良をきたす者も…

ワイオミング事件発生時この動画をテレビを通してリアルタイムで見た人は、人間の深層心理をついてくるような動画だったため、頭痛や吐き気、お腹の痛みなどの体の不調を訴えました。中には病院に救急搬送された人もいたといいます。また、ニュースを放映していた地方テレビ局に苦情を入れた人もいるという情報もあります。

6分にわたる動画はこちら【閲覧注意】

この動画がローカル放送局を電波ジャックしていきなり放映され、ワイオミング州の人々に混乱と恐怖を与えたのです。また、ニュース番組が電波ジャック前後で話が繋がっておらず、元のニュース番組に戻ったときにアナウンサーから映像が乱れたことに対しての謝罪もなく、何も起こっていなかったかのように番組が進行していきました。

ワイオミング事件で流れた映像の謎

ワイオミング事件の概要は理解出来ましたか。楽しいテレビの時間にいきなりモノクロの文字や、男の人の顔などが浮かび上がってきて人間の深層心理につけこむような怖すぎる事件だったということが分かりました。しかしながら、このワイオミング事件で放映された映像には、未だに判明していない様々な謎があります。

次はこのワイオミング事件で流れた映像の謎についてお話していきます。

発生日時は不明

インターネット上にこのワイオミング事件で流されたと思われる動画がアップロードされたのは、2007年9月です。事件発生日時はこの動画のアップロード時間より前だということは確認できます。しかしながら、体調不良を訴えたり、地元テレビ局に苦情を入れたという情報はあるものの、詳細な電波ジャックした日付や時刻などは判明していないのです。

ワイオミング州ニオブララ郡の人口は約2000人と言われています。仮に人口の1割、200人がこの動画をリアルタイムで見ていたと仮定しても、その当時大きな話題にならず、現在まで未だにワイオミング事件が発生した日時が分かっていないのは、ワイオミング事件の大きな謎のひとつと言えます。

意味深なメッセージ

ワイオミング事件の動画にもあった通り、333-333-333というどこに繋がるか分からない不思議な電話番号と、様々なメッセージが次々に表示されていきました。英文はとても簡単なもので短文をぶつ切りにして人の深層心理に直接働きかけるような文言が次々に出てきました。文章の意味自体はすぐに理解でき、現在では日本語にも翻訳がされています。

あなたは病気、だから私達はあなたの病気をただ直したいだけ、私達はそのことについて理解している…など、ワイオミング事件では意味深なメッセージが公共の電波に乗って放映されました。言葉の意味は理解できますが、その動画の意図や本当の理由については未だに不明な点が多いです。

映り込んだ人物

このワイオミング事件の動画では、首から上の部分のみ、男性の頭や顔の姿が映し出されています。最初はぼんやりと映し出されて、表情も読み取れませんでしたが、動画の終盤では顔のアップが映し出されました。うっすらと口が開いていたり、目が白く塗られていたりしていました。

モノクロの映像でこの映像が急に流れたことにより、恐怖は増すばかりでしたが、ワイオミング事件の動画で写り込んだ人物が一体誰なのか、どうしてこの男性を動画に登場させようとしたのか、伝えたかった意図などは不明です。

ワイオミング事件の真相

ワイオミング事件で放映された映像の謎について、現在に至るまで様々な謎に包まれていることが分かりました。ここからはいよいよワイオミング事件の真相について明らかにしていきます。

クリエーター集団によって作られた映像

ワイオミング事件の真相は、アメリカのユーモアを取り扱っている、Something Awful Forumsというサイトに集まっていた有志のクリエーター集団によって作られた映像であることが確認できています。その一本目の動画が先程見ていたただいた動画になります。インターネット上で話題となったため、続編が制作、投稿されるようになりました。

マックス・ヘッドルーム事件に触発された

ワイオミング事件の動画は有志のクリエーター集団によって作られたものだということをお伝えしていきましたが、その有志のクリエーター集団は1987年11月22日に発生したテレビの電波ジャック事件である、マックス・ヘッドルーム事件に即発されたと言われています。マックス・ヘッドルーム事件とはどのような事件だったのかを簡単に説明します。

マックス・ヘッドルーム事件は、アメリカのイリノイ州シカゴで発生した電波ジャック事件で、この事件もニュース番組中にいきなり画面が暗転し、その当時、イギリスの音楽番組のCGキャラクターの司会者、「マックス・ヘッドルーム」に似た男と不気味な背景などが流れました。番組はもちろん中断され、不可解な事件だったといいます。

この事件もどのようにして電波ジャックを行ったのか、また、マックス・ヘッドルームが誰なのか、マックス・ヘッドルームと犯人は別人なのか、など、不明点は数多くあります。

ワイオミング事件はクリエーターによる悪ふざけだった

ワイオミング事件の真相とは、過去に発生した未解決の電波ジャック事件、マックス・ヘッドルーム事件に触発された若いクリエーター集団が悪ふざけで作成した動画であることが確認できました。ワイオミング事件の動画の多くの謎は、人々の深層心理に不安や心配を植え付けていきました。

マックス・ヘッドルーム事件と同じように、ワイオミング事件は、犯人がどうしてこの動画を作ったのか、誰に何を伝えたかったのかは分からず、今日まで迷宮入りの事件になっているのです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ