筧千佐子被告の生い立ちから死刑判決まで【青酸連続殺人事件】

青酸連続殺人事件で死刑判決が下された筧千佐子被告ですが、次回の控訴審裁判に注目が集まっています。被害者の数は2桁にも上ると言われ、多くの男性を落としたテクニックが明かされました。結婚を4度経験した筧千佐子被告の生い立ちや、子供の有無についても触れていきます。

筧千佐子被告の生い立ちから死刑判決まで【青酸連続殺人事件】のイメージ

目次

  1. 1筧千佐子とは
  2. 2筧千佐子の生い立ち
  3. 3青酸連続殺人事件の概要
  4. 4筧千佐子の婚活条件
  5. 5筧千佐子の口説きテクニック
  6. 6筧千佐子は遺産目的で多数の男性を殺めてきた

筧千佐子とは

筧千佐子をご存知ですか。筧千佐子は天性の人たらしと言われた女性で、人をたらしこむ才能があるとも言われています。この筧千佐子は世間を騒然とさせた事件を起こした犯人で、多くの男性を陥れたそのテクニックに注目が集まりました。筧千佐子とはどのような女性なのでしょうか。

青酸連続殺人事件の犯人

筧千佐子は青酸連続殺人事件の犯人として逮捕されました。青酸は違法と言われている薬物ですが、手に入れようと思えば誰でも手に入れられる物で、筧千佐子は青酸を入手しては殺人の手口として使っていました。青酸は味に変化がもたらされるものの、少量ずつ摂取していれば気づかずに死に至ることもあります。

遺産目当てに次々に男性を殺害

筧千佐子が青酸連続殺人事件を起こした理由は遺産です。遺産目当てに青酸を使って次々と男性を殺害したため、筧千佐子の起こした事件を青酸連続殺人事件と呼びます。多くの男性をたらしこんだとのことなので「美女なのかな?」との予想をする人もいましたが、事件発覚当時の筧千佐子は67歳でした。

筧千佐子の生い立ち

青酸連続殺人事件を起こした筧千佐子ですが、意外な生い立ちがあると当時話題になりました。しかし、よく考えてみれば筧千佐子には過去の生い立ちがあったからこそ、男性をたらしこむテクニックがあったと言えるのかもしれません。では、筧千佐子の生い立ちについてご紹介します。

福岡県の進学校を卒業

学生時代、筧千佐子は福岡県の進学校を卒業しています。この進学校は現在偏差値が70もあると言われており、勉強を必死に頑張ったところで誰でも入れるわけではありません。子の生い立ちから見るに、筧千佐子は学生時代から頭が良かったことが分かります。この頭の良さは、青酸連続殺人事件を起こしたことにつながっているのかもしれません。

都市銀行に就職

優秀と言える生い立ちを経験した筧千佐子は、親に勧められた就職への道を進みます。本来であれば進学をしたかったようなのですが、ここで初めて自分の中で挫折を経験したのかもしれません。挫折は人によって前に進む活力となりますが、時として悪い方向に進む原因になることもあります。

結婚して子供をもうける

1969年に大阪府貝塚市で印刷工場を経営していた男性と縁あって結婚することになります。そして、その男性との間にはめでたく2人の子供を授かりました。この頃の筧千佐子は幸せのど真ん中にいたはずです。しかし、ある事がきっかけとなって筧千佐子の闇を深くしていくことになります。

夫の病死と廃業

順調に幸せを掴んでいた筧千佐子ですが、1996年に夫が病死してしまいます。そのため、営んでいた印刷工場を筧千佐子が経営することになるのですが、その後は経営不振に陥ってしまい廃業にまで追い詰められました。その際に、借金を3000万円以上も抱えてしまうことになります。

青酸連続殺人事件の概要

筧千佐子が起こした青酸連続殺人事件ですが、被害者が多数いたり、筧千佐子には子供がいたことから事件の概要に注目が集まりました。青酸連続殺人事件が起こった当時はかなり話題となりましたが、その詳細を知らない人も多くいます。そのため、青酸連続殺人事件の概要をご紹介しましょう。

事件の発端は夫の死

青酸連続殺人事件を起こした発端は、夫の死が原因なのではないかと言われています。夫の死によって筧千佐子は借金を背負ってしまいました。そのため、人一倍お金に対して執着が芽生えていた可能性は否定できません。

周辺で不審死が多発していた

筧千佐子の周辺では被害者が多数いたと言われています。事件後取り上げられた被害者は4人だと言われていますが、それ以外にも男性4人が被害者となっている可能性があるようです。不審死が多発していたことによって、筧千佐子が関係しているのではないかとの疑惑が上がりました。

夫殺害の容疑で逮捕

一番はじめの夫が病死してから、筧千佐子は4度の結婚を経験しています。そのため、結婚後は幸せな生い立ちを経験したと思われていた筧千佐子ですが、何と夫殺害の容疑で逮捕されることになります。

逮捕された当時、筧千佐子は京都府に住んでいた筧勇夫さん75歳と結婚をしていました。筧勇夫さんが死亡してから検死して見ると、犯行に使われた青酸が発見されることとなります。

被害者は10人以上?

筧千佐子の周りでは不審死が多発していたこともあり、青酸連続殺人事件の被害者は10人以上いるのではないかと言われています。しかし、そのほとんどは立証することが難しいため、被害者が10人以上いたとしても全ての事件で起訴することはできないようです。

他3名の殺人でも再逮捕

筧千佐子の起こした青酸連続殺人事件の被害者として明かされたのは、合計で4名でした。他3名では殺人罪と強盗殺人罪に問われることになります。他の男性の死亡事件に関しては不起訴となってしまったようです。また、余罪として言われている事件も多くありますが、相続した遺産が不明と言われている事件も存在しています。

裁判員裁判で死刑判決

青酸連続殺人事件の裁判は、裁判員裁判によって行われました。裁判員裁判は一般市民が判決を判断するため、裁判員裁判では死刑が言い渡されることはほとんどありません。しかし、筧千佐子の判決は死刑でした。その後死刑判決に対して不服だとしたため、弁護側が控訴しています。

控訴審に関してはまだ行われておりません。そのため、死刑判決が覆される可能性は十分にあります。控訴審は2019年3月1日に行われるようです。

大阪高裁が1審の判決を支持し控訴を棄却

大阪高裁は一審京都地裁の裁判員裁判での死刑判決を支持し、弁護側控訴を棄却しました。弁護側は高裁判決を不服とし、即日上告したとのことです。

控訴審で弁護側は、千佐子被告が認知症を患っていることを主張し、精神鑑定や裁判の打ち切りを求めましたが、大阪高等裁判所はいずれも却下しました。

筧千佐子の婚活条件

筧千佐子は遺産を相続するために青酸連続殺人事件を計画的に行っていました。結婚相手を探す際には結婚相談所を使っており、その時の婚活状況が明かされました。では、筧千佐子が婚活をする際に提示していた条件とは何なのでしょうか。

条件①高齢である

結婚相手を探す際に、筧千佐子は高齢者の男性を主に探していました。高齢であれば若い男性よりも体力がないため死に至りやすいと言えます。筧千佐子はそのことを頭に入れていたため、積極的に高齢の男性を狙っていた可能性が高くなります。

条件②一人暮らしである

筧千佐子が好き勝手をしようと思うのであれば、男性が一人暮らしをしている必要があります。また独り暮らしの男性であれば、後にご紹介する筧千佐子のテクニックによって惚れさせることも可能です。その他、再婚希望で子供がいる場合は、遺産が自分の手に入らない可能性もあります。

条件③資産がある

筧千佐子の婚活の条件として、男性に資産があることが挙げられます。何人も死に追いやった筧千佐子ですが、何度も殺人を繰り返してしまうと逮捕される可能性も高くなります。そのことから、一度に多額の資産を手に入れるため、資産がある男性を中心に狙っていました。

条件④持病がある

高齢ともなると持病を持っている可能性もあります。持病があれば青酸を使わなくても死亡する場合があるため、それを狙っていたのではないかと考えられます。また、持病があれば殺害に使われていた青酸が効きやすい点もあるのではないでしょうか。

筧千佐子の口説きテクニック

筧千佐子はとにかく男性に対して効果的な口説きテクニックがあったと言われています。一見普通の女性に見える筧千佐子なのですが、上記で記載した婚活条件を踏まえて考えてみれば、筧千佐子のテクニックにもうなずける部分があります。では、筧千佐子はどのようなテクニックで男性を口説いていたのでしょうか。

標的は結婚相談所で見つける

先ほどもご紹介したように、筧千佐子は標的を結婚相談所で探していました。結婚相談所には多くの男性が登録しており、本気で相手を探している人ばかりです。また、高齢になればなるほど相手がいなくなってしまうため、突然現れた筧千佐子に対して惚れてしまう男性は多くいました。

料理と夜の営みで虜に…

一見普通に見える筧千佐子ですが、そのテクニックは巧妙でした。料理や洗濯などの生活に関することはもちろんですが、夜の夫婦生活においても男性を満足させることを常に考えていました。女性らしさを忘れない筧千佐子に対して、結婚した男性たちは骨抜きにされていることとなります。

受け取った遺産は10億

筧千佐子の被害者となった男性は10人以上に上ると言われています。保険金や遺産などを受け取っていた期間は約10年で、その間に10億以上もの保険金や遺産を受け取ったと言われています。そのことから、結婚していない男性の遺産も受け取っていたことになります。そのため、筧千佐子はかなりのテクニックの持ち主と言えるのではないでしょうか。

筧千佐子は遺産目的で多数の男性を殺めてきた

青酸連続殺人事件を起こした筧千佐子は、遺産目当てで男性を殺害していました。筧千佐子の人生を狂わせたのは初めに結婚した夫の死なのかもしれません。筧千佐子の子供については、情報が明らかになっていないのですが、もしも情報が出てしまえば子供たちのプライベートもなくなってしまうことでしょう。

そのため、子供たちを守るためにもこのまま筧千佐子の子供の情報が出ないように情報を保守する必要があるのかもしれません。また、死刑判決が覆されるのかにも注目が集まります。

関連する記事はこちら

Thumb山地悠紀夫の生い立ちから死刑まで【大阪姉妹殺害事件/山口母親殺害事件】
2002年7月、山地悠紀夫という少年が母親を殺害する事件が発生します。さらにその数年後には別...
Thumb千葉祐太郎死刑囚の生い立ちから判決・現在【石巻3人殺傷事件】
死刑判決を受けた千葉祐太郎は石巻3人殺傷事件を起こした犯人です。未成年にも関わらず実名報道さ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ