アッキード事件とは!事件の概要や山本太郎の発言の意味は【森友学園問題】

多くの疑惑が明るみに出たモリカケ問題ですが、安倍晋三の妻である安部昭恵が渦中にいたと問題になりました。「アッキード事件」というネーミングが生まれたこの事件の背景には一体何があったのでしょう。また「アッキード事件」と山本太郎の関係についてもご紹介致します。

アッキード事件とは!事件の概要や山本太郎の発言の意味は【森友学園問題】のイメージ

目次

  1. 1アッキード事件とは
  2. 2森友学園の国有地売却問題の概要
  3. 3アッキード事件に関する国会での議論
  4. 4アッキード事件の真相
  5. 5アッキード事件は現代の政治が抱える問題が山積みだった

アッキード事件とは

かつての事件を文字って付けられたと言われる、アッキード事件とはどのような事件なのでしょう。森友学園と加計学園の理事長が、安倍晋三と繋がりがあったことから始まったこの事件には、安倍晋三の妻・安倍昭恵も関わっていました。

また事件について開かれた議会に登場したのは、自由党の山本太郎でした。この山本太郎がどのような言葉で安倍晋三を追究したのか、アッキード事件とはどのような意味を含んでネーミングされたのか等、アッキード事件について詳しくご紹介致します。

山本太郎がかつての「ロッキード事件」を文字った?

アッキード事件は、山本太郎がロッキード事件を文字ってつけたものです。「アッキード事件」と「ロッキード事件」、確かに語呂合わせとしてはよく出来ています。ではなぜロッキード事件が引き合いに出されたのでしょう。

ロッキード事件とは、戦後最大の政治汚職事件です。今回の事件も事実であれば、平成の大汚職事件と言える内容であり、山本太郎は「汚職」という意味からロッキード事件を持ち出したのでしょう。山本太郎は、このアッキード事件がロッキード事件と同レベルの問題であると訴えたかったのかもしれません。

森友学園の国有地売却問題が発端

まずここで押さえておきたいのが、アッキード事件という言葉に繋がった問題、森友学園問題です。森友学園問題とは、森友学園に国有地が払い下げられることになった際、不動産鑑定士が出した価格に破格の値引きがされていた、といわれる問題です。

実際に、不動産鑑定士が出した価格は9億5600万円だったと言われていますが、近畿財務局が払い下げ価格として提示したのは1億3600万円という、8億円近い値引き価格だったのです。この不正な値引きが大問題になった原因は、安倍晋三の妻である安倍昭恵が関わっていたと推測されたからでした。

会計監査法人を中心に真相調査中

森友学園への国有地不正売却問題は、その金額の大きさから会計監査院が調査に乗り出しています。しかし重要文書の改ざんなども発覚しており、解明は一筋縄ではいきません。すでに明らかになっている内容は「14の文書に書き換えがあった」という調査結果のみのようです。

また内容の異なる決裁文書を巡り、財務省からは「私たちの方が本物です」という説明もありました。省庁までもが安倍晋三と安倍昭恵の為に書類改ざんに加担したとなると、真相をどこまでつまびらかにできるのかは怪しいものです。

森友学園の国有地売却問題の概要

森友学園に払い下げられた国有地の金額ですが、実際にはどのようにして8億円もの金額を値引きしていたのでしょう。関わったとされる人物や省庁はご紹介した通り、森友学園の籠池理事長、近畿財務局、財務省、そして安倍晋三と安倍昭恵です。

これだけの豪華な顔ぶれが揃っていることからも、汚職に繋がっていることは容易に想像がつきます。それでは8億円もの値引きが行われた、カラクリについて紐解いていきましょう。

安倍晋三の職権乱用?

森友学園の払い下げ金額が、当初の払い下げ評価額より8億円も値引きされていたことに加え、学校の名誉校長に安倍昭恵が就任したとなると話は大問題です。妻が関わる問題となると、夫である安倍晋三の影がちらついてしまうのは自然なことでしょう。

この取引に関わった近畿財務局や財務省の職員にとって、安倍晋三はまさに最も上の上司とも言える存在です。森友学園の籠池理事長から安倍晋三の妻・安倍昭恵の名前が出たとなれば、上司に少しでも便宜を図らなければならないと感じてしまったことでしょう。

総理の妻・安倍昭恵が名誉校長

森友学園と安倍昭恵の関係を探る中で知っておきたいこととして、安倍昭恵と森友学園の関係が挙げられます。安倍昭恵は以前、塚本幼稚園幼児教育学園を訪れており、森友学園の教育方針に深く感銘を受けたということです。

その森友学園が小学校を開校したいという意向から、国有地払い下げという流れに至るのですが、その際に安倍昭恵はこの小学校(瑞穂の國記念小學院)の名誉校長に就任しています。

そのことから、先ほどもご紹介した通り「安倍晋三も何か関わりがあったのではないか」という疑惑が生まれました。また事件が公になった際、瑞穂の國記念小學院のHPから安倍昭恵のページが削除されたことからも、その関係を隠そうとしたのではないかと国会で追及されていました。

補助金・寄付金の不正受給までしていた?

森友学園と安倍晋三の妻である安倍昭恵の関係の深さは理解できました。ではそこに安倍晋三はどのように関与していたのでしょう。安倍昭恵が名誉校長となれば、それだけでも注目度が上がります。そこで「安倍晋三を広告塔にして寄付金までも集めていたのでは?」という疑惑も上がってきたのです。

その疑惑の中で、安倍昭恵が森本学園の籠池理事長へ寄付金を渡していたということを、籠池理事長が大阪府議会の中で答弁しています。金額は100万円で、その際「安倍晋三からです」と安倍昭恵が口にしていたことも発覚しています。そのことから、安倍晋三がこの森友問題に関わっていたことが明らかとなりました。

またこの森本学園は、小学校建設の為の補助金を申請した際に設計事務所と共謀して工事代金を水増ししてもいたそうです。その額は5600万円程と言われています。籠池理事長夫妻はこの件により、詐欺罪で逮捕されています。

アッキード事件に関する国会での議論

ここまで大きな政治とお金の問題ですので、国会では大論争が巻き起こりました。野党としては安倍晋三に代わる新しい総理を立てるチャンスになりますし、与党としても首相の求心力を下げることは避けたかったことでしょう。

そんな国会での議論から生まれたのが「アッキード事件」という言葉です。過去に起きたロッキード事件という大きな事件を知る人には、平成のロッキード事件とも言える森友問題をアッキード事件と語るのは自然なことなのかもしれません。

ではこのアッキード事件というネーミングの意味を考えつつ、アッキード事件に関しての国会議論をまとめてみましょう。

「アッキード事件」に含まれた意味とは

アッキード事件という言葉は、山本太郎が森友学園の問題に対し、安倍晋三の妻である安倍昭恵の関与を言及した際に出た言葉でした。一連の政治汚職の流れを俯瞰し、過去最大の政治汚職事件であるロッキード事件を、周囲にイメージさせたかったのかもしれません。

安倍昭恵の世間的ニックネームであるアッキーをロッキード事件とかけ、政治汚職だという意味で使用したのです。笑えない冗談ですが、インパクトのあるこのネーミングは実際に広がっていきました。首相の妻が関与したゴシップを表現するものとして、日本国民にはとても浸透しやすい言葉だったのでしょう。

山本太郎の発言に安倍がキレた?

妻・安倍昭恵を侮辱する発言である「アッキード事件」に対し、やはり安倍晋三も不快感を示しました。この事件について黙秘を貫けば、森友学園の問題を認めることと同義です。妻を侮辱する発言に対し、安倍晋三は「言いすぎだ」と強い言葉で訴えました。

アッキード事件という言葉を認めることは、イコール自身の汚職を認めることにもなります。安倍晋三はロッキード事件を語る上で欠かすことのできない組織、日本会議との関連も無視することはできなかったようです。

この日本会議とは、ロッキード事件で逮捕された児玉誉士夫も会員だったと言われており、現在では森友学園の籠池理事長や安倍晋三も会員として所属しているものです。そんな背景も相まってロッキード事件に掛けられたアッキード事件という言葉は、安倍晋三にとって聞き流すことのできない言葉だったのでしょう。

山本太郎の好戦的対応

パフォーマンスとも言える山本太郎の発言は、以前から幾度となく議論を巻き起こしてきました。そしてアッキード事件という発言を窘められた後も、悪意あってか繰り返し発言していました。含んだ意味を考えれば、印象づくまで使用したいという気持ちもあったのかもしれません。

質の良い議論とは言い難いですが、これが山本太郎流の追究方法なのでしょう。窘められても飄々と向かっていくことで相手の怒りを煽り、問題の核心へ迫ろうとしているのかもしれません。

アッキード事件の真相

ここまで話題になっているアッキード事件ですが、証拠が出てこない状況では立証などできません。どんな刑事ドラマを見ていても、証拠がなければ不起訴です。アッキード事件にははっきりと証拠が見つかっていません。アッキード事件とは一体何だったのか、と言われるほどには火消し対応が早かったようです。

これには安倍晋三が圧力をかけたという噂もありますが、確かめるにはかなりの労力を要するはずです。このままアッキード事件の真相は闇に葬られてしまうのでしょうか。

アッキード事件はまだ解決していない

近畿財務局で手に負えなかった森友学園の問題は、財務省で改ざんされたと言われています。真相を知る財務省の佐川前理財局長は、証人喚問で「刑事訴追があるので話せません」と黙秘し、安倍晋三と安倍昭恵を庇う姿勢を見せました。

アッキード事件についての詳細を求める国民にとって、この発言は納得のいく答えとは程遠いものでした。刑事訴追を口にしたということは「罪を認識している」ともとれる発言です。しかしはっきりしないまま濁された真実は、全てが謎のまま葬られていくことも意味しているのでしょう。

まだまだ出てくる問題点

アッキード事件に関連する森友学園の問題は、次から次へと謎めいた事実が浮かび上がってきています。森友学園の国有地払い下げ問題では、近畿財務局と財務省に同じ文書が同時に存在していることが明らかになっています。しかしこの2つの文書の内容には、相違点がありました。つまり正式な文書と、改ざんされた文書の2つということです。

改ざんされた文書からは安倍昭恵という名前は当然削除されており、このことを追及された財務省の佐川前理財局長も、理由を何も語らず仕舞いでした。佐川前理財局長は、森友学園の問題には安倍夫妻や、財務大臣である麻生太郎すらも関与していないと答えています。アッキード事件自体、存在しない事件なのだと印象付けたかったのでしょう。

今後の動向に注目!

真相を知りたい国民にとって、キーマンは森友学園の籠池理事長と財務省の佐川前理財局長の2人だと言えます。アッキード事件の背景や真実を知るのことができるのは、この2人が真実を語ったときだけなのでしょう。収束感の漂う一連の問題ですが、真実が明らかになることを願うしかありません。

アッキード事件は現代の政治が抱える問題が山積みだった

ロッキード事件を彷彿とさせるアッキード事件は、現在の政界と省庁の関係性を明らかにする良い機会だったのかもしれません。実際のところ、現政権はどれほどの汚職を省庁との間で行っているのでしょうか。それが明らかになることはまだありませんが、アッキード事件という言葉は、そんな日本の負の体制を見事に表していると言えます。

ロッキード事件から40年経った今も、汚職事件が起こることは喜ばしいことではありません。しかし全ての汚職が明らかになることは全ての国民の願いであることでしょう。

関連する記事はこちら

Thumbライブドア事件の真相とは!概要やホリエモン逮捕・野口英昭の死因は
記憶に新しいライブドア事件。ライブドア社を中心とする粉飾事件の真相に迫ります。ホリエモンこと...
Thumb姉歯事件の概要!姉歯秀次の現在や事件のその後は
姉歯事件は2005年に一級建築士の姉歯秀次が起こした「耐震偽装」に始まる一連の事件です。再発...
Thumb小幡育子(わんずまざー保育園・園長)の経歴・現在や問題の全容は!
わんずまざー保育園の園長、小幡育子が起こした問題をご存知ですか。わんずまざー保育園は姫路市に...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
佐藤 尚子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ