造田博の生い立ちから死刑判決後の現在【池袋通り魔殺人事件】

池袋通り魔殺人事件を起こした造田博は、両親がギャンブルにハマって借金を残したまま失踪するなどの壮絶な生い立ちを経験しています。そんな中で造田博が池袋通り魔殺人事件を起こした犯行動機や、死刑判決が下されて現在に至るまでの経緯をご紹介します。

造田博の生い立ちから死刑判決後の現在【池袋通り魔殺人事件】のイメージ

目次

  1. 1造田博とは
  2. 2造田博の生い立ち
  3. 3池袋通り魔殺人事件の概要
  4. 4造田博の犯行動機
  5. 5造田博の死刑判決後の現在
  6. 6池袋通り魔殺人事件は造田博の生い立ちが強く影響している

造田博とは

造田博をご存知でしょうか。造田博は世間を騒がせたある事件に関わっていた人物です。その事件において、造田博の判決は最終的には死刑判決が確定しています。一体、造田博はどんな事件を起こしてしまったのでしょうか。生い立ちや犯行動機についても触れていきます。

池袋通り魔殺人事件の犯人

造田博は東京都豊島区東池袋で起きた、池袋通り魔殺人事件の犯人です。この池袋通り魔殺人事件は無差別に人を殺傷した事件で、犯人である造田博はすれ違う人々を8人、持っていた包丁で刺していきました。負傷者を8人出し、そのうち2人は死亡しています。池袋通り魔殺人事件は世間を騒がせた事件の一つとして、人々の記憶に刻まれています。

最高裁で死刑が確定

池袋通り魔殺人事件を起こした造田博は、最高裁で死刑が確定しています。2002年1月18日に東京地裁で死刑が言い渡されていますが、弁護士はその判決は間違っているとして2003年9月29日に上告しています。しかし、2007年4月19日に開かれた最高裁では一切判決には落ち度がないと述べており、死刑判決が確定することになりました。

造田博の生い立ち

池袋通り魔殺人事件は冷酷非道で、あまりにも残酷すぎるとの意見が多くあります。しかし、その中で造田博の生い立ちを知った人の中には、造田博が可哀想だと感じる人もいます。

死刑判決を受けるような事件を起こしているのに、なぜ可哀想だと感じるのでしょうか。それは造田博の生い立ちを見ると分かるのかもしれません。造田博の生い立ちをご紹介します。

両親がギャンブルにハマる

造田博が高校2年生の頃、両親がギャンブルにハマってしまいました。その理由として遺産相続を受け取ったことが理由だと言われています。その当時サラ金からもお金を借りていたようで、その借金は数千万円にも及んでいました。借金があるため高校を中退せざるを得なくなってしまい、大学に行く希望すら見出せませんでした。

しかし、大検を受ければいいとの助言を当時担任だった先生にもらった造田博は、アルバイトを始めてお金を貯めようとします。

高校生の頃に両親が失踪

高校を中退してから1年後の1993年11月に、ギャンブルによる借金が原因で両親が失踪してしまいます。もともと返せるような借金ではなかったため、両親は借金の取り立てから逃げるようにして、あまり家に寄り付かなくなくなってしまっていました。両親が失踪したのはその矢先の出来事です。

家にあったものはすべて持ち出されており、その後はどこへ行ってしまったのかも分かりませんでした。残された造田博は1人で借金取りの対応に追われてしまうこととなります。

高校中退後、職を転々とする

高校を中退してからは、14回も職を変えていたようです。何をしても長続きしなかった造田博は、当時助けてもらっていた兄から怒られたりもしました。徐々に造田博は兄の怒りから逃れるように心を閉ざしてしまい、話もしなくなったと言います。その後はお金がないため、万引きなどを繰り返すようになりました。

さらに小学生の時に同級生だった女性にストーカー行為をするなどの行動も起こしており、気持ちが不安定になっていることが伺えます。

短期渡航するも日本大使館に保護される

1998年6月24日には、なぜか少ない所持金だけを持って米オレゴン州ポートランド市に渡航します。ただ、英語を話せるわけでもなく、仕事をするための条件を満たしていなかったため働くことができませんでした。

その際に、パスポートを破り捨てるなどの行動をしています。そして、造田博は日本大使館に保護されることとなり、体調不良だけでなく、人とのコミュニケーションも取れなくなっていました。

事件直前は新聞販売員

造田博の生い立ちは壮絶なものでした。その中で、池袋通り魔殺人事件を起こす直前には新聞販売員をしていたようです。造田博は新聞配達員としてきちんと成果を上げており、一度も遅刻することがありませんでした。ただ、一度だけ遅刻しててしまった際に携帯電話を持ってほしいと所長に言われたことがあります。

池袋通り魔殺人事件の概要

池袋通り魔殺人事件は造田博の生い立ちが関係していたため、事件が起こるまでの生い立ちをご紹介しました。では、どのような事件だったのか概要をご紹介していきます。

東池袋の東急ハンズ前で起きた事件

池袋通り魔殺人事件は、1999年9月8日の東池袋東急ハンズ前で起きました。同年の9月4日に東急ハンズで凶器を購入していましたが、その時点で事件を起こすことができなかったと話しています。その後もなかなか凶器を取り出すことができなかったため、犯行には及びませんでした。しかし、9月8日に凶器を取り出して殺傷し始めます。

被害者は8名

造田博は事件の際、叫びながら凶器を取り出しました。既に何度かご紹介しているように、被害者は8人です。そして、そのうち6人は重軽傷を負うこととなりました。

死亡した被害者の1人は若い夫婦の妻で、最後に「死ぬのかな」と言葉を残して息絶えたと言います。また、もう1人の被害者である60代の女性も胸あたりに包丁を突き立てられたため、息絶えてしまいました。その後も殺傷を続けていき、通行人に取り押さえるまでそれは続きました。

包丁と金槌で無差別に殺傷

造田博が東京ハンズで購入していたのは包丁と金槌です。購入する際に、まな板など犯行に関係にないものまで購入しています。これは、事件を起こすことを悟られないようにするためだと供述していたようです。

造田博容疑者を逮捕

通行人数名に取り押さえられたことにより、造田博容疑者は現行犯逮捕されることになりました。もしも、この時通行人が取り押さえていなければもっと犠牲者が出ていたかもしれません。池袋通り魔殺人事件はいきなりの出来事だったため、警察もすぐに駆け付けることができませんでした。

造田博の犯行動機

あまりのも残忍な内容の池袋通り魔殺人事件ですが、なぜこのような事件を起こそうと思ったのか、造田博の犯行動機について触れていきます。その犯行動機には、やはり生い立ちや両親から見捨てられてしまったことが原因となっており、その造田博に同情する声もあります。ただ、被害者から見れば同情の声はおかしいとの発言もあるようです。

犯行動機①人生に対する絶望感

犯行動機には、やはり両親が失踪したことが原因だと供述しています。大学に行って事務の仕事をしたいと夢見ていた造田博ですが、両親が借金をしていなくなってから人生が狂い始めました。また、真面目に働いていた造田博なのですが、それについてもきちんと評価されていないと感じていたため、人生に対する絶望感があったのではないでしょうか。

犯行動機②職場仲間からの無言電話

犯行動機の1つに、新聞配達員の仲間からの無言電話があったと言います。所長に携帯電話を購入するように言われた造田博は、番号を所長にだけ教えようとしました。しかし、職場仲間にしつこく番号を聞かれたため教えることになりました。

その後、無言電話がかかってきたことにより、言いようのない怒りを覚えた造田博はそれを職場仲間ではなく他の人に向けることになります。

造田博の死刑判決後の現在

池袋通り魔殺人事件は忘れてはいけませんし、これ以上同じ過ちを犯してはいけません。これほどまでに大きな事件を起こしてしまった造田博ですが、現在はどうしているのでしょうか。判決から死刑確定までの道のりをご紹介していきます。

控訴するも棄却され死刑が確定

東京地検で死刑を言い渡されている造田博ですが、造田博はその判決に納得がいかなかったのか弁護士が控訴しています。しかし、最高裁ではそれが棄却されており、死刑判決が確定することになりました。死刑判決が確定してしまった事件は過去にも多く存在しており、そのほとんどで被害者が多数いたとの共通点があります。

東京拘置所に収監されている

死刑判決が確定してしまった造田博は、現在も東京留置所に収容されています。現在では、死刑判決が下されてから実際に死刑が執行されるまで何年も収監されるようです。そのため、現在東京留置所に収監されている造田博も死刑が執行されるのはまだ先なのかもしれません。死刑が執行されないことに関して、疑問に感じているとの声も上がっています。

両親は事件後も名乗り出ず

ギャンブルにハマって造田博を放置してしまった両親ですが、現在も名乗り出ていません。息子がこれほどまでに大きな事件を起こしてしまったのですから、名乗り出ることができないのは仕方がないのかもしれません。過去にも借金から逃げるように雲隠れしているため、このまま死刑が執行されるまで名乗り出るつもりはない可能性も否定できません。

そのため、現在も両親から被害者に対して謝罪の言葉はありません。もしも、当時高校生だった造田博を見捨てていなければ、池袋通り魔殺人事件は起きていなかったのではないでしょうか。

池袋通り魔殺人事件は造田博の生い立ちが強く影響している

池袋通り魔殺人事件は造田博が起こした事件でした。事件が起こったのにはその生い立ちが強く影響していたようです。このように、生い立ちが関係して事件を起こしてしまう犯人は多く、事件を起こさないためにも間違った教育をしない必要があります。そのため、正しい教育ができるようにもっと日本の制度を整える必要があるのかもしれません。

関連する記事はこちら

Thumb鈴木洋一容疑者の生い立ちから判決まで【川崎通り魔事件】
切り裂きジャックに憧れて川崎通り魔事件を犯した鈴木洋一容疑者の生い立ちから判決を知っています...
Thumb加藤智大の生い立ちや死刑判決後の現在【秋葉原通り魔事件の真相】
多くの被害者を出した秋葉原通り魔事件の真相をご存知ですか。秋葉原通り魔事件を起こした加藤智大...
Thumb川俣軍司の生い立ちから現在【ドラマ化された深川通り魔殺人事件の犯人】
1981年に江東区でおきた深川通り魔殺人事件を覚えているでしょうか。乳児も被害者となった無差...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ