処女/非処女の特徴15選!見分け方や年齢別の処女の割合は

処女と非処女の特徴はなんでしょうか。セックスも絡む微妙なテーマです。彼氏の中には「彼女にするなら処女がいい」や「処女は面倒。非処女がいい」などメリットやデメリットで女性を選ぶ男性もいるようです。それぞれの特徴や見分け方、年齢別の処女非処女の割合など解説します。

処女/非処女の特徴15選!見分け方や年齢別の処女の割合はのイメージ

目次

  1. 1処女/非処女の意味・定義
  2. 2処女/非処女の特徴15選
  3. 3処女と非処女の見分け方
  4. 4男性が思う処女のメリット
  5. 5男性が思う処女のデメリット
  6. 6彼氏と彼女のセックス事情!年齢別の処女/非処女の割合
  7. 7処女の女性が好きな男性の特徴
  8. 8処女でも非処女でも気にし過ぎないで!

処女/非処女の意味・定義

気になる女性や付き合っている彼女がいたとして、「処女なのか、非処女なのか」を確認してみたいと思っている男性は多いのではないでしょうか。気になる女性や付き合っている彼女が、処女なのか非処女なのかが気になっている男性は多いのではないでしょうか。処女、非処女の特徴を知る前に、まずはそれぞれの意味や定義を知っていきましょう。

処女とは

処女とは男性とセックスをした経験が過去に1度もない女性のことを指します。なかには処女だけれども、キスやセックスの前の前戯の経験はあるという女性もいます。処女は初めてのセックスのときに出血することが多いので、そこで処女かどうか見極めるという意見が多いですが、ほとんど出血がない女性もいるので注意が必要です。

また処女の女性の中にはセックスに対して恐怖感や嫌悪感を持っている人もいます。処女か非処女かによって付き合い方を変えたり、セックスに進展するスピードを変えたりすることも考えなくてはいけません。

非処女とは

非処女とは、セックスの経験がある女性のことを言います。しかし「非処女」でも過去に1度しかセックスをしたことがない女性もいれば、何人もの男性とセックスの経験がある人もいます。そのため「非処女」イコール「遊んでいる」や「不真面目」というイメージを持ってしまうと、相手の女性を誤解してしまう可能性があるので注意が必要です。

また男性や女性が「イったかどうか」を重視する人もいますが、彼氏や自分がイかなかったとしても挿入経験があれば非処女と言えます。

処女/非処女の特徴や見分け方はある?

気になる女性や彼女が処女なのか、非処女なのかを簡単に見分けるのは難しいです。100パーセントこういう特徴なら絶対に処女、非処女とは言いにくいです。しかし、いくつかの特徴を見つけることで処女や非処女の可能性が高いかどうかは知ることが可能です。

そういった処女や非処女の特徴や見分け方を自然と使って、同性である女性は本人に処女かどうか尋ねなくても「〇〇ちゃんは処女だと思う」や「〇〇は意外とセックス経験が豊富」など、見極めているのです。

処女/非処女の特徴15選

さっそく気になる女性や彼女が処女か非処女なのか知るために、その特徴を見つけていきましょう。特に男性が女性に処女がどうか尋ねる行為はデメリットしかないので、女性の行動や仕草から見分けるのがおすすめです。また女性の1つの特徴から処女か非処女を見分けるのではなく、複数の特徴が見つかるかどうかで判断するようにしましょう。

処女/非処女の特徴①男慣れしていない

処女か非処女の見分け方として、分かりやすいと言われているのが「男慣れしているかどうか」というポイントです。非処女の女性は彼氏以外の男性と話すことに苦手意識がないことが多く、男性や女性といった性別の違いをあまり考えずにコミュニケーションを取ることができます。

しかし処女の女性の中には年齢を重ねていても「男性と話すだけで緊張する」というタイプの人もいて、近くに男性がいるだけで必要以上に緊張してしまうこともあります。飲み会などで男性が近くにくると、緊張感から落ち着かないため、すぐに女性がいる席に変わろうします。

処女/非処女の特徴②潔癖な性格

処女の女性の中には、男性とお付き合いはしたことがあるけれど潔癖さからセックスすることがどうしてもできなかったという人がいます。潔癖な女性の中には相手が彼氏でも、男性らしいゴツゴツした手が気持ち悪い、ディープキスやセックスなどの粘膜を触れ合うような行為を気持ち悪く思うなどの意見があります。

潔癖さから彼氏とセックスができない女性は、異性か同性問わずに「他人とは手も繋げない」「ハグもムリ」と全ての接触を拒否する特徴があります。飲み物を友達と回し飲みできなかったり、他人が握ったおにぎりが食べられないなど普段から潔癖と思われる行動が目につきます。

処女/非処女の特徴③大人しくて生真面目

処女の女性は、非処女の女性よりも大人しくて生真面目なことが多いです。声が小さくて自己主張があまりできない女性や、正義感が強くて疲れていてもサボることができないなどの特徴があります。こういった女性は自分の年齢に関係なく、生真面目さから「結婚するまでは、彼氏だとしてもセックスしてはいけない」と信じているのです。

処女/非処女の特徴④規則正しい生活をしている

先ほどの生真面目さにも関係する特徴なのですが、非処女に比べて処女の女性は規則正しい生活をしていることが多いです。正しいかそうでないかを重視する特徴があるので、予定のある無しに関わらず、正しいとされている「規則正しい生活」を送ろうとします。そして結婚前にセックスすることは正しいこととは思えないため、頑なに処女を守ってしまいます。

処女/非処女の特徴⑤社会的に自立している

一人暮らしが長いなど、社会的に自立した生活を送っている女性は非処女の確率が高いです。社会的に自立していると、自分で自由になる時間やお金が多いので、男性と知り合ったりお泊りデートをすることも増えやすい傾向にあるからです。

逆に年齢を重ねていても実家暮らしだったり、親に金銭面などでサポートしてもらっている人は彼氏がいても処女の確率が高くなります。実家暮らしだとどうしても男性と出会う確率が下がりますし、彼氏ができても自由にデートをする時間がないことが多いためです。

また、金銭面に余裕がないとオシャレやファッションが手抜きになったり、精神的にも余裕がないので恋愛を楽しみにくいのです。

処女/非処女の特徴⑥プライドが高く自意識過剰

非処女よりも処女の女性の方が、プライドが高く自意識過剰なことが多いです。なぜなら、女性が男性とコミュニケーションを取るさいには「隙」が大きなポイントになります。しっかりしていて一人で生きていけるような女性よりも、少し抜けていたり不安なポイントがある女性の方が男性にはアタックされやすいのです。

プライドが高く自意識過剰な女性と付き合おうとする男性は少ないですし、そんな特徴を持った女性の彼氏になったとしてもセックスまで進めるのはとても難しいので、結果として処女の女性が多くなってしまいます。

処女/非処女の特徴⑦お嬢様タイプ

好きな女性が「お嬢様タイプ」の場合は、処女の可能性が高くなります。なぜなら、お嬢様タイプの女性は成人していても門限が厳しかったり、恋人や友人といった人間関係にまで親が干渉してくることが多いからです。そういった特徴からお嬢様タイプの女性は、男性と自由に付き合ったりセックスをすることが簡単ではないので、処女の可能性が高いのです。

処女/非処女の特徴⑧幼稚で子供っぽい

処女か非処女かの見分け方として、年齢の割に幼稚な行動が多く子供っぽい印象があるかどうかがポイントになります。年齢の割に幼稚な行動をする女性は、自分の女性としての内面が成長していないことが多く「セックス=もっと大人がすること」「まだ自分には早い」「怖い」とセックス経験をデメリットとして考えています。

中には20代後半や30代の年齢になっても、こういった幼い特徴を持った処女の女性もいます。自分を女性として見られたくないと考えている場合や、性的なことに嫌悪感を持っていることもあります。

処女/非処女の特徴⑨恋愛の理想が高い

「恋愛の理想が高い」女性も、処女か非処女を見分けるときのポイントになります。ドキドキした出会いがあって、そこから情熱的な告白をされて付き合いたい、結婚を誓い合った彼氏と素敵なホテルで初めてのセックスじゃないと嫌など恋愛の理想が高いと、いつまで経ってもセックスの経験をすることができません。

一方で恋愛の理想が高すぎない女性は、ロマンティックな告白やシチュエーションでなくても恋愛やセックスすることができるので、どうしても非処女の確率が高くなるのです。

処女/非処女の特徴⑩サバサバしていて男っぽい

「年齢の割に子供っぽい」女性にも言えることですが、「サバサバしていて男っぽい」女性も、自分が女性であることを認めたくないと考えている傾向にあります。自分が女性ということを外に出せない女性は、いざという時にセックスをすることが怖く感じてしまいます。そのため処女の割合が高いと言えます。

反対に女性らしい特徴がある女性は男性からアタックされる機会も多いので、非処女の可能性が高くなります。

処女/非処女の特徴⑪身だしなみが疎か

「身だしなみ」も、処女か非処女かを見分けるのに重要なポイントになります。処女の女性は非処女の女性よりも身だしなみに手を抜いていることが多いです。特に分かりやすい見分け方として「ムダ毛の処理」があげられます。

処女の女性は、他人に至近距離に近づかれる経験がありません。そのため、顔の口周りの産毛や、うなじなどの毛の処理を面倒に感じてきちんとしていないことが多いです。非処女の女性は、手足はもちろん、いつ男性の顔が近づいても良いように、顔周りの産毛の処理もきちんとしています。

処女/非処女の特徴⑫肌の露出度が低い

肌の露出度も処女、非処女の見分け方に役立ちます。非処女の方が肌の露出が高いことが多いのですが、それは処女の女性が必要以上に男性を警戒していることが原因と言えます。一方で非処女の女性は、必要以上の男性への警戒心は持っていないので、露出を含めた「もっとも自分が魅力的に見えるファッション」を極めようとします。

また、肌の露出を増やすにはムダ毛の処理も重要になります。処女の中にはムダ毛の処理を面倒に感じている人も多いので、肌の露出が少ない肌を隠すようなファッションになりやすいのです。

処女/非処女の特徴⑬下ネタに過剰に反応する

下ネタを話したときの反応も処女、非処女では異なった特徴を持っています。非処女の女性は下ネタを言われても、男性と同じように話に混ざるか「下ネタやめなよー」と上手にあしらいます。しかし、処女の女性は下ネタを言われると、何と答えるのが正解か分からずにもじもじしたり必死に聞こえないフリや話をはぐらかそうとすることが多いです。

特にアラサーと言われる年齢になっても下ネタに過剰に反応する女性は、処女の確率が高くなります。普段は自分の意見をハッキリ言うタイプなのに、下ネタを言ったときだけ10代のようなウブな反応をしたりするのは、処女と思っても間違いないでしょう。

処女/非処女の特徴⑭スキンシップが苦手

処女、非処女の女性の特徴として「スキンシップのやり方の違い」もあげられます。もちろん元々馴れ馴れしいタイプの女性もいるので必ずとは言えませんが、やはり非処女の方がスキンシップが上手です。その上ハグや中にはキスまでもスキンシップの一環として考えていて、仲が良い相手には簡単に行うことができます。

一方で処女の女性は、女性同士でも手を握ったりハグといったスキンシップを行うことが苦手です。特に男性相手となるとスキンシップどころか席が隣になったり、エレベーターで一緒になっただけでドギマギしてしまうことも少なくありません。

処女/非処女の特徴⑮極端に一途

処女の女性は「初めてのセックスは好きな人としたい」という思いがとても強いです。そして一度好きな男性ができると、長い間その人のことを思い続けるという特徴を持っています。告白もせずに一方的に思い続けたり、相手に彼女がいたりしても他の男性に好意を持つことはしません。

処女の女性は男性に対して夢を描いていることが多く、現実の男性の悪い面が目に入りにくいため、このような極端に一途な面を持ちやすいのです。一方で、非処女の女性は男性の良い面の現実も悪い面の現実も理解しているので、極端に一途になることなく冷静な目で男性のことを見ることができるのです。

処女と非処女の見分け方

ここまで、処女と非処女の女性の特徴や見分け方について紹介してきましたが、さらにその見分け方のポイントを詳しくご説明していきます。男性でも分かりやすいポイントを中心にあげていくので、ぜひ参考にしてみてください。

見分け方①歩き方

処女の女性は「男性からどう見られているか」を重視しないことが多いです。そのため女性らしい歩き方かどうかよりも、早く歩きたいという欲求や自分が楽な歩き方なら良いという自分中心の考えしかありません。ケガをしているわけではないのに、足をあまり上げずに引きずるように歩いたり、ガニ股ぎみに歩くこともあります。

一方で非処女の女性は、女性らしい美しい歩き方をしている人ことが多いので、女性の歩き方の特徴をよく観察してみましょう。

見分け方②ムダ毛

先ほども処女、非処女の見分け方としてムダ毛の処理がポイントになるとお伝えしました。特徴的なのは処女の女性が口元などの顔周りの産毛の処理が甘いことがあげられます。しかし、男性からすると女性の顔周りの毛のチェックをするのは難しいことです。女性と至近距離まで近づかないといけない上に、顔を凝視するのはハードルが高いと言えます。

そこでおすすめの見分け方として、指の毛をチェックする方法を紹介します。指毛の処理なら書類を渡してもらったときや、近くに座っているときにさりげなく見ることができます。簡単にできる指毛の処理を面倒くさいと考えるのは処女の女性が多いので、いつ見ても指毛の処理ができていないならその確率が高くなります。

見分け方③帰宅時間

処女の女性は帰宅時間が早いことが多いです。社会人で1人暮らしをしていても、実家暮らしのときに親に言われた「〇時までには帰りなさい」や「深夜に出歩くのはやめなさい」という決まりを守ろうとします。仕事のあとに飲み会が開かれても、なるべく早く帰ろうとします。

いつも早く帰ろうとする女性に「何か予定があるの?」と尋ねても特に予定はなさそうだったり、まだ19時でも「遅い時間に出歩きたくないんで」と答えるなら処女の可能性が高いと言えます。

見分け方④人間関係

処女、非処女ともに言えることですが、やはり自分と似たタイプの人間と友達になることが多いです。つまり処女の友達は処女が多く、非処女の友達は非処女が多い傾向にあります。気になる女性のインスタやタイムラインを見て、一緒に遊んでいる友達がどんなタイプなのかチェックしてみましょう。

ここまであげてきた処女の特徴が多い友達ばかりなら、その女性も処女の可能性が高いと言えます。直接「どんなタイプの友達が多いの?」と尋ねてみるのも見分け方としておすすめです。「男にだらしない友達が多いんですよー」「私の友達は真面目タイプが多いですね」など、大体の特徴が分かればその女性が処女なのか非処女なのかも分かってきます。

見分け方⑤過去の恋愛傾向

処女の女性は年齢の割に恋愛経験が少ないことが多く、中には生まれてから一度も彼氏ができたことがない女性もいます。そのため処女か非処女かの見分け方として、過去の恋愛について尋ねてみるのがおすすめです。「いつも片思いなんです」と言ったり「元カレ」の話を詳しく聞いてみると中学生の頃の話だったりすると処女の可能性が高まります。

一方で非処女の女性は過去の恋愛話を自ら聞いてほしそうにしたり、饒舌に語りだすことが多いので簡単に見分けることができます。

見分け方⑥ファッションセンス

非処女の女性と処女の女性を見比べてみると、非処女の女性の方がファッションのセンスが高いことが多いです。処女の女性は自分がどんなファッションが似合うのか、年齢にあったファッションができているかに対して疎いことが多いのです。

そのため処女の女性は年齢の割に幼いファッションをしていたり、何年も前に買ったアイテムばかりでコーディネートしていることが少なくありません。逆に非処女の女性は今の流行をきちんと取り入れたファッションをしていたり、自分の判断だけではなく「似合ってる」と言われたファッションを上手に取り入れています。

男性が思う処女のメリット

処女、非処女の女性の特徴や見分け方について紹介してきましたが、処女、非処女にメリットやデメリットはあるのでしょうか。まずは男性が思う処女のメリットについて紹介していきます。

メリット①「自分だけ」という優越感

男性が考える処女のメリットとして「優越感」があげられます。彼女の体に触ったことがあるのは「自分だけ」と、過去に誰も触っていないことが、男性の優越感を刺激させるのです。処女の女性を彼女にすると、毎日のようにこの優越感を感じることができます。その気持ちよさが男性にとって大きなメリットになるのです。

メリット②他の男性と比べられない

処女の女性と付き合いたがる男性の中には、極端に自分に自信がないタイプがいます。特に自分のセックスの技術に自信がない男性は、非処女の女性と付き合って「下手くそ」と思われていないかがとても気になってしまいます。

そのため過去にセックス経験がない処女の女性と付き合うことで、他の男性とセックスのテクニックを比較されないでいたいと思うのです。

メリット③病気のリスクがない

処女の女性は過去に男性とセックスをした経験がないので、性病のリスクがほとんどありません。男性の中にはセックスはしたいけれど性病のリスクがとても怖いと考えている人がいます。コンドームをきちんと使っていれば、多くの性病は防ぐことができるのですが、処女とセックスすることがもっとも安全だと信じているのです。

メリット④汚れていない

男性の中には、他の男性とセックスの経験がある女性のことを「汚れている」とデメリットとして考える人がいます。そのため自分が付き合うなら処女でないと絶対に嫌だと強く思っています。

このタイプの男性は、どんなに好きな女性があらわれても非処女だと分かると、サーっと相手への恋心が引いてしまいます。処女か非処女かに大きな価値をおいて考えているのです。

男性が思う処女のデメリット

処女のメリットについてご説明してきましたが、男性の中には「彼女にするなら非処女の方が良い」という真逆の意見を持っている人もいます。そんな男性が考える「処女のデメリット」について、ここからは紹介します。

デメリット①セックスに手間取る

男性の中には付き合ったら早い段階でセックスをしたい、彼女とセックスを楽しみたいと強く思っているタイプがいます。そんな男性にとって、セックスまで時間がかかることが多い処女の彼女は付き合っていてもデメリットしかありません。非処女の彼女ならお泊りデートのたびにセックスをしたり、比較的スムーズにセックスすることができます。

しかし、処女の彼女とはデートしたからといってすぐにセックスとはいきませんし、セックスの際にも怖がらせないように、痛がらせないようにと配慮しなければいけません。場合によっては無事セックスができるまで何度もチャレンジしないといけなかったり、1度セックスできても2度目のセックスがスムーズにできないこともあります。

デメリット②テクニックがない

処女の彼女は当たり前ですが、セックスをすることが初めてです。そのためセックスのテクニックはゼロと言っても過言ではありません。男性の中にはセックスの際に女性がリードしてくれるのを期待していたり、女性のセックステクニックを楽しみにしていることがあります。

そんな男性にとっては処女とのセックスは、自分ばかりが頑張らないといけない上に面倒で物足らない行為でしかなく、デメリットと感じてしまうのです。

デメリット③「結婚」を意識しすぎて面倒

処女の女性はセックスは結婚相手とするものと信じていることがあります。そのため処女の女性と付き合うことができても簡単にセックスまでは進展しません。中には「結婚してくれる気があるの?」「結婚を考えていないならセックスしたくない」と男性にとって面倒なことをハッキリ言う女性もいます。

また、処女の彼女とセックスをしたあとに別れようとしても、話がこじれてしまったりして簡単に別れることができないことがあります。処女の女性はセックスと結婚をセットで考えてしまいがちなので、軽い付き合いをしたい男性にとっては面倒くさくてデメリットしかないと言えるのです。

デメリット④性格に難がある可能性がある

見た目がそんなに悪くない女性が非処女の場合、性格に難がある可能性があります。「こんなにかわいいのに処女なのはなんでだろう」「モテるし彼氏がいたこともあるのに、処女なのは不思議だな」と思われるような女性には何かしらの原因が隠れています。

付き合ってみると、外面は良いのに身内に対しての態度がとても悪かったり、とてつもないワガママだったりと驚くような一面があることが多いのです。そのため男性の中には付き合う前から、美しい処女の女性のことを「何かしら難ありなはず」と決めつけていることもあります。

彼氏と彼女のセックス事情!年齢別の処女/非処女の割合

女性が処女かどうかは年齢にも大きく左右されます。一般的に男性よりも女性のほうがセックス経験が早いと言われていますが、年齢別の処女、非処女の割合はどのようなものでしょうか。年齢別の処女、非処女の割合と、男性が知らない女性の本音について紹介します。

10代の処女/非処女の割合

10代女性では処女の割合は7割とされています。もちろん10代後半で初めてのセックスを経験することが多いので、16歳と19歳では処女の割合は大きく異なります。10代女性は年上の男性へのあこがれが強くなりやすいので、初めてのセックスの相手は年上だったという意見が目立ちます。

また、10代後半になって、友達の中にも非処女が増えてくると「このまま処女だと面倒だと思われる」と「処女はデメリット」と焦りだして、あまり好きでない相手とセックスをしようとすることもあります。

20代の処女/非処女の割合

20代になると半分以上がセックスを経験しています。特に20代後半になると結婚する女性も増えてくるので、よほど見た目や性格に難がない限りは多くの女性が「セックス経験があって当然」と考えています。また進学や就職などで親元を離れる女性も増えるので、それが非処女率をあげる一因にもなっています。

20代後半の年齢になると処女はデメリット、男性に面倒と思われると考えてしまうようになり恋愛自体に消極的になってしまうこともあります。

30代の処女/非処女の割合

30代の年齢になると約3割が処女です。この後40代、50代と年齢を重ねても処女率は大きく変動することがないので、この3割がこのあとセックスを経験する確率はとても低いようです。30代の年齢になってから初めての彼氏を作って、初めてのセックスを経験するのはハードルがとても高いようです。

この年齢になってくると「処女なんて恥ずかしくて言えない」「いまさら軽い付き合いで処女を捨てることはできない」「彼氏ができても面倒な女と思われそう」「このまま一生処女かも」と、自分が処女なことに対してデメリットなことばかりを考えてしまいます。

処女の女性が好きな男性の特徴

「付き合うなら処女がいい」そんな処女好きの男性はどのような特徴があるのでしょうか。非処女と付き合うことをデメリットと考えて、処女と付き合う方が良いと考える男性や、単純に処女のことが好きな男性の特徴を5つ紹介していきます。

特徴①新品が好き

処女の女性のことが好きな男性は、「新品好き」が多い特徴があります。気になる男性がいるなら「車を買うなら新車、中古車どっちがいい?」と尋ねてみましょう。「俺、新品じゃないと絶対ムリなんだよね。人が触った車とムリ!」と即答するタイプなら処女好きの男性の確率が高いです。

気を付けないといけないのは、新品好きだからと行って物を大切にするとは限らないことです。新品を手に入れてはすぐに飽きて粗末に扱ったり、手に入れたことに満足してしまい次の新品を探し出すタイプの男性もいます。そんな男性は、処女の彼氏になってもセックスをしてしばらくすると満足して飽きてしまうこともあります。

特徴②古着やお下がりが嫌い

先ほどの「新品好き」と同じ特徴になるのですが、処女好きの男性は人が使ったものを異常に嫌がります。そのため、古着やお下がり、中古本やフリーマーケットなどでの購入も嫌がります。たとえばゲーム好きだけれど中古でソフトを買ったことはなかったり、一緒にいるときにフリーマーケットで古着を見ていると露骨に嫌がったりします。

このタイプの男性の中には、好きな女性が他の男性と手を繋いだことがあっただけでも嫌悪感を持つことがあります。このタイプの男性が彼氏なら過去の経験はあまり言わずにいた方が賢明です。

特徴③人に物を触られるのが苦手

こちらも新品好きに繋がる特徴なのですが、処女好きの男性は人に物を触られるのが苦手です。極端な潔癖などが原因で、人が触ったものを異常に汚く感じてしまうのです。そのため自分が食べているものを「一口ちょうだい」と言われるととても嫌がります。

また「ハンカチを貸して」と頼まれると、ハンカチを渡したあとに「それあげる」と言ったりします。人に自分の物を触られるぐらいなら、もういらないと思うのでそのような行動をするのです。

特徴④自分に自信がない

処女好きの男性は自分に自信がないことが多いです。そのため非処女の彼女と付き合って「前の彼氏とのセックスの方がよかった」「前の彼氏の方が気持ちよかった」などと言われたらどうしようと考えています。彼女が少し不機嫌だと「前の彼氏と比べられているのではないか」と勝手に悩んでしまいます。

このようなタイプの男性にとって、非処女の彼女と付き合うことはデメリットしかありません。そのためできれば処女と付き合って、他の男性と比べられることなくデートやセックスを楽しみたいと考えているのです。

特徴⑤自分も童貞

処女好きの男性の中には、自分も童貞の場合があります。お互いに処女、童貞同士で付き合った方が安心できると考えているのです。男性として彼女をリードしたいけれど、非処女の彼女と付き合ったらセックスのときには女性にリードされる恐れがあります。それなら同じ初めて同士と付き合いたいと思っているのです。

処女でも非処女でも気にし過ぎないで!

処女、非処女の特徴や、処女を好きな男性、苦手な男性についてまとめてみましたが、どちらにもメリットやデメリットがあります。大事なのはお互いを好きという気持ちです。処女かどうか、非処女かどうかで女性の価値が大きく変わることはありません。それだけで付き合うことを決めたり、別れを決める男性は女性の一面しか見ていない男性です。

自分が処女であっても非処女であっても、自分自身の魅力は変わりません。今の自分に自信をもって恋愛を楽しみましょう。

関連する記事はこちら

Thumb身長差カップルのセックスのコツまとめ!オススメの体位やエッチの仕方
身長差があるカップルはセックスのとき困ってしまうことがあるものです。正常位ならば問題ありませ...
Thumb処女・処女性の意味とは!男性が重要視する心理や理由を解説
処女や処女性の意味を取り上げます。処女や処女性という言葉の定義や意味、イメージや使い方は人に...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
清水あおい
役に立てる記事を書けるように頑張ります☆

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ