処女・処女性の意味とは!男性が重要視する心理や理由を解説

処女や処女性の意味を取り上げます。処女や処女性という言葉の定義や意味、イメージや使い方は人によって様々です。処女や処女性についての男性や女性の心理に違いはあるのでしょうか。また恋愛や結婚の際に重視される理由や背景も追ってみました。

処女・処女性の意味とは!男性が重要視する心理や理由を解説のイメージ

目次

  1. 1処女・処女性の意味とは
  2. 2処女性という言葉の使い方
  3. 3男性が処女性を重要視する心理や理由
  4. 4「女性の処女性」に対する世間のイメージ
  5. 5恋愛・結婚と処女性の関係
  6. 6処女性の意味は男性主観の価値観にすぎない

処女・処女性の意味とは

「処女」という言葉はあまり日常会話の中では登場しません。会話で口にすることは少ないかもしれませんが、少なくとも男性の心理の中では大きな存在感のある言葉として定義づけられていると言えます。また「処女性」となると、さらに使われる場所や用途は限られてきます。

「処女」も「処女性」も、軽はずみに使える言葉では無さそうです。会話で使う上では、それなりの理解や自覚が必要とされる表現だと言えるのではないでしょうか。そこでまず「処女」と「処女性」のそれぞれの意味や違いについて説明していきましょう。

処女の意味や定義

処女とは男性との性行為の体験がない女性のことを意味します。そのため身体的には処女膜が存在する女性と定義付けられます。処女膜の形状は人により様々です。初めての性行為の時に、処女膜が破れることで出血すると言われますが、必ずしも全員がそうなるわけではありません。

また、激しくスポーツをするアスリートは処女でも処女膜が破れると言われますが、これは俗説です。基本的にはタンポンや各種の検査も含め、処女膜が性行為なしに破れることはありません。

処女性の意味

処女性とは、基本的に男性との性体験がなさそうな女性を言い表す言葉です。見るからにウブであったり、男性とのコミュニケーションに慣れておらず、その様子がとても控えめな時に使われます。処女性があることで、女性はその素朴さや清純さが長所としてとらえられ、特に男性からは好意的に見られることもあります。

しかし、時にその処女性が一部の男性には面倒臭くて重いととらえられ、短所と見られることもあります。したがって、処女性という言葉は使い方によって崇高な定義にもなればあまり良くないイメージとして響くこともあるのです。

「処女」と「処女性」の意味合いの違い

処女が、男性との性体験がない女性とはっきり定義づけられるのに対して、処女性の意味は少し曖昧と言えます。つまり処女性は必ずしも男性との性体験がないことを意味するのではないということです。あくまで持ち合わせる雰囲気や態度、振舞いがウブで男性慣れしていない清純な様子を表します。

その意味では処女性はやや個人の心理的主観が入ると言えます。人によって同じ女性を見ても処女性を感じる場合とそうでない場合がありうるということです。また後述しますが、敬虔で純粋な心映えや態度が必要とされる職場や立場などでは、処女性が必要とされることもあります。逆に、処女性があっては通用しない職場や仕事があるのも現実です。

処女性に似た意味を持つ言葉

処女性に似た意味のある言葉には「穢れを知らない」「汚れのない」「うら若き乙女」「生娘」「バージン」などがあります。

さらに「清楚」とか「無邪気」という言葉もありますが、この表現は処女性に通じるニュアンスはあるものの、その言葉単独で処女性を言い表すのは難しいと言えるでしょう。その点、上記の5つの言葉はどれも処女性に直結する意味を持ち、さらにポジティブな使い方がイメージされます。

たとえば教会で結婚式をするときに、花嫁はバージンロードを父親と歩きます。しかし実際にバージンであるかは別です。そこに処女性の清純なイメージを強めるために使われている典型例と言えるのです。

処女性という言葉の使い方

処女性は、前述の様にその定義上少し曖昧な面があるので、具体的な言葉の使い方を紹介してその意味を分かり易く示していきましょう。ただ処女性という言葉を日常会話に使用する場合は、よほど場の空気を読んで使い方に注意しなければなりません。

特に女性がいる場では顰蹙を買ったり、軽蔑されたり、セクハラの一つとして糾弾される可能性もあるからです。処女であることにコンプレックスがある女性からすれば、処女性は差別用語にもなりえます。また自分に清純さがないことを欠点と思う女性にとっては「処女性が薄い」と言われれば、これも差別の一理由として取り上げられてしまうかもしれません。

使い方①実際に処女であるか否か

前述の様に処女性は必ずしも処女であることを示す言葉ではありません。しかし会話や文脈の流れ上、実質的に「処女であるかいなか」を表す場合もあります。つまりある女性の様子に対して「彼女は処女性0だ」と言えば、それは処女ではないことを十分に意味しえます。

また「彼女の処女性は100%と保証するよ」と言えば、その女性が絶対に処女であると確信を持った人の言葉とも言えるでしょう。そしてこれを聞いた人も彼女が処女だと理解するでしょうし、そのイメージで見る様になります。その時の語気や口調など使い方によって、処女性は処女と同義になるのです。

使い方②清純さや純潔であるか否か

昔から歴史を見ても洋の東西を問わず、女性に純潔が求められる場面は少なくありませんでした。特に巫女やシスターなどの聖職は処女が必須条件でしたし、自国を支配する国に処女を捧げなければならない風習すらあった時代もあります。

さすがに現代ですから状況は変化してきています。しかし「アイドル」のように、清純さと純潔が求められる存在に対しては、女性の処女性を重視する風潮がいまだに強く残っているようです。有名アイドルグループは、男性との交際禁止がスタンダードです。誰にも穢されていない憧れの天使の様な女性たちに処女性を求めて、多くのファンが熱狂するわけです。

男性が処女性を重要視する心理や理由

多くの男性の心理では「処女性」はひときわ大きな存在として重要視される傾向にあります。その理由はどのようなところにあるのでしょうか。男性が女性を見るときにその女性に処女性が感じられるかどうかは心理面のみならず、現実面でも意味があるようです。その点を具体的に掘り下げていきましょう。

①「貞淑な女性」という理想

日本社会がいかに欧米化してきたと言われても、こと男女の恋愛や結婚のこととなると話は違ってきます。貞操観念という言葉がありますが、相手となる女性に「大和撫子のように、純粋で穢れを知らない人物であって欲しい」と強く望む考え方があります。そうした考えをもつ男性は、まだまだ根強く存在するようです。

恋愛はまだしも結婚となればさらに強い処女性と貞操観念を理想として要求するとも考えられます。自分以外の男性と軽薄に付き合ったり、深い関係になる女性をどうしても本能的に敬遠してしまうのです。まるで結婚する時の交換条件であるかのように「貞淑な女性であってこそ幸せにしてあげたい」と考えている面もあるのかもしれません。

②強い独占欲

男性には女性を穢れのない状態で自分だけのものにしたいという強い独占欲が働きます。それは一人の男性が複数の女性を妻として娶るということが公然と行われてきた歴史を見ても良く分かります。

そしていまだにその一夫多妻制が敷かれている国や民族が多数存在し、その女性は処女でなければならない場合がほとんどです。これと同じことを女性がしたとすれば、男性は恐らく黙っていないでしょう。

たとえ愛する女性であったとしても「かつて自分以外の男性と深く恋に落ちた」という過去が明らかになった時、何らかのトラブルになることもありえます。

男性が全てこうと言うわけではありませんが、特に独占欲の強い男性の場合は急に態度が変わったり、そこに暴言が加わったり暴力的になることすらあるのです。その意味では非常に恣意的でエゴイスティックですが、男性独自の感覚として女性を自分だけのものにしたいという独占欲と処女性は深くつながっていると言えます。

③性病への警戒

上の2つは男性の処女性を重視する心理面をお伝えしました。次は現実的な面をお伝えします。それは性病への警戒です。複数の男性と性交渉をした経験があれば、もちろん性病にかかるリスクは高まります。なかにはHIVなど生命の危機に瀕することも考えられます。

恋愛でも警戒はしますが、特に結婚相手となればなおさらのことです。仮に妻が性病で、それが夫にも伝染したとします。もしそんな噂が広がればどうなるでしょうか。子供の教育上はもちろんのこと、社会的にも面子がつぶされてしまいかねません。

一度ついてしまったダークなイメージはそう簡単に払拭できませんし、悪い噂ほど早く広くそして不正確に伝わるものです。世間体を気にする男性は、健康上の理由のみならず、世の中の目を気にすることも大きな理由として処女性を求めたがると言えるのです。

「女性の処女性」に対する世間のイメージ

処女性は、どうしても男性目線というか男性の心理から語られることが圧倒的に多いと言えます。しかし女性が処女性について考えないわけではありません。「処女性」を語るとき、その主人公はあくまで女性ですから女性がわれ関せずでいられるわけはないのです。

そこで次は、男性女性に限らず世間としては「女性の処女性」をどの様なイメージで見ているのかについて説明していきましょう。

①若くて初々しいイメージ

処女性と言えば、男性女性に関係なく一般的に若くて初々しいイメージがあると言えます。間もなく法律改正が行われ18歳成人が誕生します。これに伴い女性の結婚年齢は16歳から18歳以上に引き上げられることになります。

今までは16歳で結婚が認められていたわけですから10代後半で子供がいてもおかしくはないわけです。つまりこの年齢で処女でなくても法律上は何の問題もありません。戦後に法律が制定されて70年以上経つので、世のほとんどの人たちは、処女と言うと「10代後半までの女性」をまず思い浮かべると考えられます。

明治、大正時代であればなおさらもっと若くして母親になる女性がたくさん存在しました。つまりそこに若くて初々しい処女性のイメージが強く植え付けられていると言えるのです。

②清らかで潔白なイメージ

処女性には、穢れを知らず男慣れしていない女性というイメージがあります。男性経験どころか男性とお付き合いもしたこともなければ、手すら握ったことがないという女性を思い浮かべる人もいるでしょう。つまり清らかで潔白なイメージです。

ひとたび人気女性アイドルが恋する男性のことを密かに想って心がドキドキする様子をダンスをしながら披露すれば、そのイメージが無理なくしっくりとハマります。処女性を重視したアイドルたちに、世の人たちは清廉潔白なイメージを心理的に重ねて見ているわけです。

恋愛・結婚と処女性の関係

恋愛をしたり結婚を考える上で、処女性はどの様な意味があるのでしょう。処女性が歓迎される場面もあれば、心理的にあまり喜ばれないケースもある様です。ここでは恋愛や結婚と処女性の関係について掘り下げていきます。

恋愛と処女性の関係

今の時代ですから、恋愛の段階ではあまり処女であるか否かは問題になりません。それよりも自分の気持ちに正直になって、付き合いたいと思う人と付き合うと割り切っている人がほとんどと言えるでしょう。

特に男性の立場からしても、好きになった人がたまたま処女ならそれはそれで良しです。そして普通の男性なら、たとえ彼女が処女でなくても相手を咎めることは無いでしょう。自分にも他の女性との経験があることを考えれば、相手が処女でないとしても、決して不自然なことではないからです。

結婚と処女性の関係

結婚となれば恋愛とは話が違ってきます。一生の問題でもありますし、自分だけでなく家族や親戚の手前、あまりに性に開放的で処女性が全く感じられない場合は敬遠されることもあります。

見た目が派手でセックスアピールが強い女性は、デートで連れて歩く分には男性も鼻が高く良い思いが出来るかもしれません。しかし、結婚は「幸せな家庭」を築き上げることが大前提です。家庭的な雰囲気や、ある程度の処女性は備えておいて欲しいというのが、多くの男性の偽らざる心理と言えるのです。

処女を「面倒」と捉える男性もいる

恋愛にしても結婚にしても処女は「面倒」と思う男性もいます。その理由は、処女は初々しい半面、あまりに気真面目すぎたり男性に対する免疫がないので少しのことで傷ついたりしてそのフォローに骨が折れるというイメージが強いからです。いわゆる「重い」女性として定義づけられてしまうのです。

処女性が高くて純粋な女性を一から自分色に染めていきたいと考える男性も少なくありませんが、今どきそこまでするのは面倒で気が引けると思う人も多いわけです。

処女性の意味は男性主観の価値観にすぎない

処女性を求める考え方は、歴史を見てもわかる通り、男性視点が色濃く反映されたエゴイスティックな価値観とも言えます。「男性による心理的妄想」と言われても仕方のない側面もあるでしょう。

しかし処女性とは決して悪いイメージでばかり定義づけられるものではありません。特に若い女性の性の乱れが叫ばれる昨今において、長らく鳴りを潜めていたアイドルブームが再来し、そこに多くの男性が処女性を求めています。清廉で純潔で初々しさがある女性は、理屈抜きに男性の憧れの的になりうるのです。

そして女性も自分の中で処女性を意識すれば、ファッションやメイク、そして立ち居振る舞いに到るまで自分のあり方を良い意味で見直していく機会にすることも可能です。その意味では処女性は使い方によってはとても意義がある言葉と言えそうです。

関連する記事はこちら

Thumb恋のABCの意味とは!D/E/F/Zの意味や恋のHIJKも紹介
恋のABCはキスやカップルなど恋愛の意味を持ちます。他にもDやE、F以降のHIJKがあり、そ...
Thumb処女/非処女の特徴15選!見分け方や年齢別の処女の割合は
処女と非処女の特徴に違いはあるのでしょうか。セックスの問題も絡む微妙なテーマです。彼氏の中に...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ