勝又拓哉被告は冤罪?生い立ちから現在【栃木小1女児殺害事件】

栃木小1女児殺害事件とは吉田有希ちゃんという女の子が被害者になった事件です。栃木小1女児殺害事件の犯人として有罪判決を受けたのは台湾出身の勝又拓哉被告でした。この記事では勝又拓哉の生い立ちや母親のこと、現在の状況や動機、さらに冤罪の噂について解説します。

勝又拓哉被告は冤罪?生い立ちから現在【栃木小1女児殺害事件】のイメージ

目次

  1. 1栃木小1女児殺害事件とは
  2. 2栃木小1女児殺害事件の概要
  3. 3栃木小1女児殺害事件の加害者・勝又拓哉被告とは
  4. 4勝又拓哉被告の両親について
  5. 5栃木小1女児殺害事件は冤罪という説も…
  6. 6加害者・勝又拓哉被告の家族と被害者遺族の現在
  7. 7栃木小1女児殺害事件の真相は現在もはっきりしていない

栃木小1女児殺害事件とは

栃木小1女児殺害事件とは小学校1年生の女の子が殺害された事件のことです。2005年の年末に起きた事件で当時はマスコミがこぞってこの事件のことを報道していました。被害者は吉田有希ちゃんです。小学校1年生の女の子が行方不明になったところから事件は始まります。いくら警察が捜しても吉田有希ちゃんを発見することはできませんでした。

母親は吉田有希ちゃんの無事を必死に祈ったことでしょう。しかしその祈りは最悪の形で裏切られることになります。吉田有希ちゃんは山中にて遺体として発見されたからです。母親や吉田有希ちゃん自身の気持ちを思うと心が痛む事件ですが、この事件は昔の事件ではなく現在もまだ続いている事件なのです。

実は事件の犯人として逮捕された勝又拓哉被告は控訴しています。判決としては有罪判決を受けたのですが、この事件は冤罪であると主張しているのです。被害者や母親の気持ちを考えれば辛い気持ちになってしまいますが、本当に冤罪であればそれは認められなければなりません。栃木小1女児殺害事件は本当に冤罪事件なのでしょうか。

栃木小1女児殺害事件の概要

栃木小1女児殺害事件がどのような事件なのかわからない人も多いでしょう。現在も控訴審の判決は出ていませんので、犯人が勝又拓哉被告であると断言することはできません。しかし警察は被害者を殺害したのは勝又拓哉被告であると断定しているため、やはりその疑いが強いでしょう。

しかし被害者を殺したのが勝又拓哉被告であるかどうかを考える前に、まずはこの事件の概要を解説していきましょう。どのような事件だったのか知らない人はしっかり把握しておいてください。

小学1年生の吉田有希ちゃんを誘拐・殺害した

被害者となった小学1年生の吉田有希ちゃんは事件の日、いつも通り学校に行っていました。そして授業も終わり、家に帰る道中で勝又拓哉被告に誘拐されたと言われています。吉田有希ちゃんは誘拐されただけでなく殺害されてしまいました。そして数日後、山中で遺体となって発見されたのです。これを勝又拓哉被告が起こしたと言われています。

吉田有希ちゃんが誘拐されたことはすぐにはわかりませんでした。そのため最初は吉田有希ちゃんが行方不明になったということで捜査が始まったのです。誘拐されたこともわかっていないため、母親はまだこのとき希望を捨てていなかったでしょう。

しかし山中で吉田有希ちゃんが遺体で発見されて希望は打ち砕かれ、栃木小1女児殺害事件として捜査が始まることになります。

被告の犯行動機は騒がれたから?

勝又拓哉被告は控訴していますが、取調べで自供をしています。この自供は後に強制されたものと勝又拓哉被告は主張するのですが、それは後ほど解説しましょう。勝又拓哉被告は取り調べにおいて犯行動機を「性的欲求を満たすためだった」と自供しています。つまり動機はイタズラ目的だったのです。しかしそれであれば殺害する必要はありません。

勝又拓哉被告は吉田有希ちゃんを殺害した動機を騒がれたからだと主張していました。誘拐の動機はイタズラ、殺害の動機はバレることを恐れたからということです。イタズラをすることが動機であったことからわかるように、勝又拓哉被告には少女性愛趣味がありました。これが事件のあらましです。

栃木小1女児殺害事件には懸賞金も掛けられていた

栃木小1女児殺害事件は犯行から9年間、犯人が逮捕されなかった事件です。そして栃木小1女児殺害事件が起きてから半年以上が経っても犯人がわからないことから、200万円の懸賞金がかけられました。犯人の逮捕に直接繋がるような情報提供をすれば200万円を得られるのですが、それからも長い間犯人が逮捕されることはありません。

栃木小1女児殺害事件は犯行から9年後に事件が進展します。被害者である吉田有希ちゃんの殺害に関与しているとして、勝又拓哉被告が警察の取調べを受けることになったのです。実は勝又拓哉被告が逮捕されることになったのは情報提供があったからです。情報提供をした2人は500万円の謝礼金を受け取りました。

別件で逮捕されていた勝又拓哉が逮捕された

勝又拓哉は事件に関与していると判明する前から逮捕されていました。まったく別の事件で有罪判決を受け、母親と一緒に逮捕されていたのです。勝又拓哉は商標法違反によって有罪判決を受けていました。勝又拓哉被告はブランド品の偽者を持っていたことで捕まったのです。

しかし自ら事件のことを警察に話すことはありませんでした。しかしその後、事件に関与していることがわかると、取調べが始まりそこで勝又拓哉被告は自分の犯行であると自供しました。これにより事件の犯人が9年越しに捕まったと世間的に大きな話題となったのです。

栃木小1女児殺害事件の加害者・勝又拓哉被告とは

事件の犯人として有罪判決を受けた勝又拓哉ですが、いったいどのような生い立ちだったのでしょうか。実は勝又拓哉の生い立ちは少し同情するようなところもあります。どのような生い立ちであろうとも、被害者や母親の無念さを考えれば許されないことです。

しかし勝又拓哉の生い立ちを知ることで事件を正しく知ることに繋がります。極悪非道な一面だけでなく、人間らしい素顔が見えてくることでしょう。さっそく事件の犯人として有罪判決を受けた勝又拓哉の生い立ちを解説していきます。

栃木小1女児殺害事件の加害者・勝又拓哉被告の生い立ち

栃木小1女児殺害事件の犯人として有罪判決を受けた勝又拓哉被告は台湾で出生します。勝又拓哉の両親は離婚しており、祖父母と一緒に生活をしていたようです。少し複雑な生い立ちではありますが、祖父母にしっかり面倒を見てもらっていたのですからそこまで複雑な生い立ちとは言えないでしょう。しかし事態が変わるのはここからです。

勝又拓哉被告の母親は美容学校に行くために日本に来日していました。しかし日本で出会った男性と出会い結婚を決意します。この再婚相手の男性は「連れ子の面倒を見る気はない」と言っていたのですが、勝又拓哉被告の母親はかまわず、自分の子供を台湾から日本に連れてきました。

しかし台湾からやってきた勝又拓哉被告は義理の父親と折り合いが合わなかったようです。そして日本の環境も勝又拓哉には合わないものでした。

台湾出身で日本語が得意ではなかった

台湾からやってきた勝又拓哉ですが、日本語ができたわけではありません。勝又拓哉は台湾にずっと住んでいたのですから当然でしょう。そのため台湾の言葉は得意ですが、日本語は苦手でした。もっと小さいころに台湾から日本に来ていれば、すんなり日本語を覚えられたかもしれませんが、小6からとなるとすぐに流暢には喋れないでしょう。

このような生い立ちもあり勝又拓哉は学生時代、ずっとイジメられていたようです。日本語がうまく喋れないことによりあまり友達もできず、また勝又拓哉はすぐにキレてしまう性格でもありました。生い立ちや環境が影響し、勝又拓哉は学生生活を楽しむことはできなかったのです。

偽物のブランド品を販売していた

勝又拓哉の母親は金銭的な問題によって、日本で再婚した相手とは離婚しました。そのような状況でお金に困ったのでしょう。母親と勝又拓哉は偽物のブランド品をフリーマーケットなどで売りさばき始めました。それで利益を出し、生活費を稼いでいたのでしょう。しかし偽物であることがバレてしまい、フリマでの販売はできなくなってしまいます。

それでも偽物のブランド品を販売することをやめようとはしませんでした。車に偽ブランド品を詰め込み、移動しながら販売を始めたのです。しかしこれが警察にバレてしまい、逮捕されることになってしまいます。母親と勝又拓哉は2人とも逮捕され、この数年後に昔起こした罪により、勝又拓哉はもう一度有罪判決を受けることになるというわけです。

人づきあいが苦手な性格だった

勝又拓哉は人付き合いが苦手だったようです。教室にいても誰とも会話することなく、誰かが勝又拓哉に話しかけてもそっけない返事をしていました。勝又拓哉の生い立ちが関係して人と関わることを避けるようになったのか、元々そのような性格だったのかはわかりません。しかしキレやすいという一面も兼ね備えていたようです。

生い立ちが影響しているのか、人付き合いが苦手な勝又拓哉は徐々にひきこもるようになってしまいます。一日中、パソコンをいじっていることもあったようです。中学を卒業してからはホテルの従業員として就職したようですが、それもすぐに辞めてしまいます。生い立ちによって培われなかったコミュニケーション能力の低さが影響したのでしょう。

少女性愛趣味だった

勝又拓哉被告は少女性愛趣味を持っていました。逮捕されれば警察が家宅捜索を行いますが、その際にパソコンの中から様々な児童ポルノが発見されたようです。とんでもない数の女児の画像が発見され、勝又拓哉本人のものと見られるSNSで少女性愛趣味であることを示すような書き込みもありました。

生い立ちが影響してそうなったのかはわからないことですし、冤罪であるかどうかもわからないことですが、勝又拓哉被告が少女性愛者であることは間違いないでしょう。複雑な生い立ちを持つ勝又拓哉被告は様々なゆがんだ性格を形成し、そのまま大人になってしまったのです。

勝又拓哉被告の両親について

生い立ちを解説する中で出てきましたが、勝又拓哉被告は母親や父親とどのような関係だったのでしょう。このような生い立ちを明らかにすることにより、勝又拓哉の生活環境がよくわかるようになります。日本に来て、そして事件の犯人として勝又拓哉が有罪判決を受けるまでの両親との関係を解説しましょう。

母親と二人で暮らしていた

勝又拓哉は有罪判決を受けるまで母親と2人で生活していました。2人はそれほどお金を持っていたわけではないため、あまり裕福な暮らしはできていなかったでしょう。勝又拓哉は母親と一緒に偽物のブランド品を販売していたくらいですから、母親との関係は悪くなかったことが推測されます。

実際に勝又拓哉に対して母親は欲しいものを何でも買い与えていたようです。それは過保護とも言えるでしょう。母親としては再婚したことや日本に連れてきたことに対して、勝又拓哉に罪悪感があったのかもしれません。しかし母親も偽物のブランド品を売り有罪判決を受けているため、母親の倫理観はそもそも低かった可能性が高いです。

父は離婚済みで仲は良くなかった

勝又拓哉の母親は日本で再婚した男性と離婚しました。離婚する前は義理の父親と勝又拓哉は折り合いが悪かったようです。元々父親は連れ後の面倒を見ないと言っていたところに、母親が無理に子供を連れてきて一緒に住む流れとなりました。このような状態であれば父親が子供を愛そうとしないのも当然でしょう。元々その気がなかったのです。

勝又拓哉はある時期からアパートを借りて、父親とは別の家に住み始めます。母親は父親と勝又拓哉の家を行ったり来たりしていたようです。その後、母親は再婚相手と離婚して勝又拓哉と一緒に住むようになります。

栃木小1女児殺害事件は冤罪という説も…

事件の犯人として勝又拓哉は有罪判決を受けました。しかしこの事件は冤罪ではないかと噂されています。勝又拓哉は有罪判決を受けましたが、その後に上告しており完全な判決はまだ出ていません。つまり本人としては無罪を主張しているのです。そこで栃木小1女児殺害事件がなぜ冤罪と言われるのか解説していきましょう。

冤罪説①第三者のDNAが発見されている

栃木小1女児殺害事件が冤罪だと言われる一番の理由は第三者のDNAが発見されているということです。被害者の目の下には粘着テープがつけられていた跡がありました。そこには傷があったのですが、そこからあるDNAが発見されたのです。しかしそれは有罪判決を受けた勝又拓哉被告のものでも、警察のものでもありませんでした。

被害者となった吉田有希ちゃんが死亡する前に粘着テープをつけられていたということは、間違いなく犯行の中でついた傷でしょう。本来であればそのDNAは勝又拓哉被告のものでなければ辻褄が合いません。しかし勝又拓哉被告は栃木小1女児殺害事件の犯人として有罪判決を受け、そのDNAは誰のものであるかもわかっていないのです。

冤罪説②警察が自白を強要した可能性がある

栃木小1女児殺害事件が冤罪だと言われるのは警察が自白を強要した可能性もあるからです。この話は勝又拓哉被告の口から語られました。「自分がやったことを認めなければ眠らせない」「謝罪しなければ食事を与えない」「認めれば罪は軽くなる」という自白の強要を受けたことを主張しています。

また栃木県警はこの時期、多くの不祥事を起こしていました。そのため、栃木小1女児殺害事件を解決できないとなるとまた市民の目は厳しくなるでしょう。これが冤罪と直接関わるかどうか、そもそも冤罪であるかどうかもわからないことですが、栃木県警は長く犯人を逮捕することができず焦っていた可能性は高いでしょう。

冤罪説③違和感のある供述

栃木小1女児殺害事件が冤罪だと疑われるのは供述内容に違和感があることも理由です。供述内容として勝又拓哉被告は被害者女児にわいせつな行為をしたことを認めています。しかし科学捜査の結果、被害者女児がわいせつ行為を受けた証拠がまったく出てきていません。わいせつ行為をすれば被害者女児に唾液や精液が付着することになります。

しかし科学鑑定でそれを確認することはできませんでした。実際に高裁ではわいせつ行為に関する供述は信用に値するものではないという判断がされているのです。このような違和感があれば冤罪だと疑われてしまっても仕方ないでしょう。栃木小1女児殺害事件は果たして本当に冤罪なのでしょうか。

冤罪説④広島小1女児殺害事件との関連も噂されている

栃木小1女児殺害事件が起きる1ヶ月前に実は似た事件が広島で起きています。広島小1女児殺害事件です。被害者の年齢が同じであることや、性的欲求を満たすための犯行であることが予想されたことから、この2つの事件の犯人は同一人物だと噂されました。そのことからも勝又拓哉被告は冤罪なのではないかと予想されたのです。

しかし広島小1女児殺害事件の犯人はすでに逮捕されています。ペルー人の男性が逮捕され、無期懲役の判決がくだされています。結果的に栃木小1女児殺害事件と広島小1女児殺害事件は無関係だったということです。しかしこの関係性がなくなったからといって、他の疑いが晴れるわけではありません。

「勝又拓哉さんを守る会」が発足している

現在、この事件が冤罪であることを信じ『勝又拓哉さんを守る会』が立ち上げられています。事件が冤罪であることを証明しようというのです。この『勝又拓哉さんを守る会』には勝又拓哉の母親も参加しています。栃木小1女児殺害事件は冤罪であると母親も信じて疑っていません。

親として子供が殺人を起こしたことなど信じたくはないため、この気持ちは親ならば理解できるのではないでしょうか。栃木小1女児殺害事件が冤罪だとしても被害者が帰ってくるわけではありません。しかし冤罪だとすれば事件の真犯人はまだ捕まっていないということになります。つまり、新たな被害者が出る可能性もあるのです。

現在、勝又拓哉被告は最高裁で争っています。これが終われば、いよいよ真実が明らかになるのです。

加害者・勝又拓哉被告の家族と被害者遺族の現在

栃木小1女児殺害事件が起きてから加害者自身やその家族、そして被害者遺族はどうなったのでしょうか。双方の家族の現在がどのような状況にあるのか、解説していきましょう。

勝又拓哉被告は現在も拘置所の中

勝又拓哉被告は現在、拘置所の中にいます。現在も裁判は続いているため当然です。現在、勝又拓哉被告は一審でも二審でも有罪判決を受け、最高裁に上告しています。第三者のDNAがどのように判断されるのかわかりませんが、状況を考えれば無罪となる可能性もないわけではないでしょう。

栃木小1女児殺害事件が本当に冤罪であった場合、勝又拓哉被告は現在何を考えているのでしょう。何年もの間、自由になることができず無実の罪で捕まっているということであれば、これも一つの事件ということになります。一人の人間の人生を台無しにし、時間と自由を奪ったのですから当然です。

しかし栃木小1女児殺害事件の犯人が本当に勝又拓哉被告であった場合、現在の気持ちを想像するだけでイライラしてしまいます。被害者の命を奪っておき、罪からも逃げようとするなど卑劣極まりない行為です。現在は罪から逃げられることを期待して、毎日ニヤニヤしているのでしょうか。

現在、勝又拓哉被告が何を考えているかは栃木小1女児殺害事件の真相が明らかにならない限りはわからないことです。現在でも謎が多い事件ですが、最高裁の刑が確定すればようやく事件の真相がわかります。被害者遺族にとっては一生忘れられないことですが、これで一つ気持ちが整理できるかもしれません。最高裁の判決はどうなるのでしょう。

勝又拓哉被告の母親は現在も冤罪を主張している

勝又拓哉被告の母親ですが、偽物のブランド品を売っていた罪の刑期は終わったようです。現在は母親も一緒に『勝又拓哉さんを守る会』に入り、勝又拓哉被告の冤罪を証明するための活動をしています。母親ですから無罪であることを信じたいのは当然でしょう。実際に冤罪かどうかはわかりませんが、母親の信じたい気持ちは理解できます。

現在、勝又拓哉被告の母親は多くの支援者を集めるための活動もしているようです。息子を救いたいという気持ちで懸命に行動しているのでしょう。そして『勝又拓哉さんを守る会』の弁護士は冤罪である証拠をいくつも提示しています。第三者のDNAもその根拠の一つとして強く主張しているのです。

先ほども解説したように栃木小1女児殺害事件はおかしなところがたくさんあります。現在でも詳細がわからないことがたくさんある事件なのです。

吉田有希ちゃんの母親は既に亡くなっている

被害者である吉田有希ちゃんの母親ですが、実は現在すでに亡くなっています。亡くなったのは裁判の真っ只中ということでしたので、勝又拓哉被告にしっかりと罪を背負わせることができるか、または勝又拓哉被告が本当に犯人なのかわからないまま天国に行くことになってしまったのです。

吉田有希ちゃんの母親の死因は病死です。くも膜下出血だったようですので、必ずしも事件が影響したとは言えません。しかしストレスや慢性的な疲れが原因にもなる病気ですので事件が影響している可能性もあります。もしも勝又拓哉被告が犯人だとしたら、2人の人間を殺したと言っても良いくらいでしょう。

裁判で明らかになったことですが、吉田有希ちゃんは遊園地を作りたいという夢を持っていたようです。学校が大好きで運動も得意でした。特に跳び箱が上手でクラスのお手本になることもあったようです。3姉妹の次女の吉田有希ちゃんは姉妹3人で仲良く遊ぶ姿もよく目撃されていました。

吉田有希ちゃんを殺害したのは勝又拓哉被告なのか、それともまったく勝又拓哉被告とは似ても似つかない別人なのかそれはまだわからないことです。しかし吉田有希ちゃんの命を奪った人間が誰なのか、いずれ答えが出るでしょう。被害者遺族はもちろん、天国で吉田有希ちゃんの母親もその報告を心待ちにしているはずです。

栃木小1女児殺害事件の真相は現在もはっきりしていない

栃木小1女児殺害事件の全容は現在もはっきりしていません。今のところ犯人として一番有力なのは勝又拓哉被告であることには間違いありませんが、勝又拓哉被告以外の人間が犯人である可能性も捨て切れません。栃木小1女児殺害事件の全容が早く明るみになることを多くの人が祈っています。

関連する記事はこちら

Thumb高山正樹の生い立ちや現在!仙台女児連続暴行事件の概要やその後は
仙台女児連続暴行事件という事件をご存知でしょうか。平成8年頃から平成12年に渡り、宮城県仙台...
Thumb【小林遼】新潟小2女児殺人事件の概要!家族や犯人の前科・現在とは
新潟小2女児殺人事件とは2018年5月に下校途中の当時7歳の女児が、近くに住む小林遼によって...
Thumb小林薫死刑囚の生い立ちから死刑まで【奈良小1女児殺害事件】
奈良小1女児殺害事件とは、2004年に奈良県で起きた誘拐殺人事件です。奈良小1女児殺害事件の...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ