許永中の生い立ちや現在!イトマン事件の真相や山口組との関係とは

イトマン事件に関わっていた許永中をご存知ですか。許永中は裏社会のフィクサー(黒幕)や闇の帝王とまで言われていた人物です。イトマン事件の真相はなぜ明るみに出てしまったのか、許永中と山口組の関係や、許永中がどんな生い立ちから現在までを経験してきたのかご紹介します。

許永中の生い立ちや現在!イトマン事件の真相や山口組との関係とはのイメージ

目次

  1. 1許永中とは
  2. 2許永中の生い立ち
  3. 3許永中が関与したイトマン事件の概要
  4. 4イトマン事件の真相の鍵
  5. 5イトマン事件で逮捕された許永中のその後
  6. 6イトマン事件に関与した許永中の現在
  7. 7イトマン事件で消えた巨額資金の行方は未だ不明

許永中とは

許永中(きょ えいちゅう)をご存知ですか。許永中は野村永中や藤田永中と呼ばれることもありました。許永中は大阪市にある商社をめぐって起こったと言われている、通称イトマン事件に関与したと言われています。まずは、イトマン事件に関わっていた許永中はどのような人物だったのかをご紹介します。

在日韓国人の実業家

許永中は在日韓国人の実業家で、政治家や暴力団とも関係があったとされています。大学を中退した際に、不動産広告業者で秘書と運転手を務めることになります。また、働いている間に実業家になりたいと考え始めていたようです。実業家だった許永中は多くの事件に関与しているとの噂もあります。

裏社会のフィクサー

許永中は裏社会のフィクサーとも言われていました。フィクサーとは、黒幕という意味があります。許永中は上記でも記載したように、多くの事件に関わっていたとの噂が立っています。許永中は在日韓国人だったのですが、かつてフィクサーと呼ばれた男性の運転手として働いていました。

そのことから、許永中自身もフィクサーになることを決意します。黒幕とも言われている許永中はあの山口組ともかかわりがあったようなので、今出ている情報以外にも関わっていた事件が存在している可能性もあります。

イトマン事件の黒幕

1990年5月頃にイトマン事件と呼ばれる事件が発生しました。このイトマン事件は大阪市内にある総合商社の伊藤萬株式会社をめぐって行われた、戦後最大とも言われている経済関係の事件です。この事件では暴力団員に3000億円以上が流れたとされています。そんなイトマン事件の裏で、許永中が黒幕だったとの噂がありました。それは本当なのでしょうか。

許永中の生い立ち

裏社会やイトマン事件でも黒幕だと言われている許永中は、一体どのような生い立ちを歩んできているのかご紹介します。許永中は在日韓国人とのことなので、裏社会のフィクサーになった理由は生い立ちも関係している可能性があります。許永中はどこにおいても人脈を持っていたと言われています。

大阪市中津に生まれる

大阪市には大淀区中津と呼ばれている在日韓国人地区があります。この大阪市大淀区中津は現在北区に改名されています。そんな大阪市中津に生まれた許永中は大阪府立東淀川高等学校に通っており、その後は大阪府工業高校に進学することになります。しかし、許永中は大学生になるとギャンブルにハマってしまい、3年生になるころに中退しています。

朝鮮人コミュニティに属する

許永中は朝鮮人コミュニティに属していたとされています。そのため、逮捕された際には日本と韓国と北朝鮮を結びたいと考えていると発言しています。許永中は最終的に逮捕されてしまっていますが、やはり実業家として活動していきたい意思を感じられます。自分でも実業家やフィクサーが向いていると確信していたのではないでしょうか。

大学中退後は不動産広告業へ

ギャンブルにハマってからは大学を中退している許永中ですが、その後は不動産広告業へと就職します。不動産広告業では運転手と秘書を務めており、その際に経営について学ぶようになりました。許永中は育った中津で被差別部落民が権力を持っていたことを武器にして、裏社会のフィクサーになろうと考えていました。

大物フィクサーの弟子入り

経営を学ぶようになった許永中は、大物フィクサーと呼ばれている大谷貴義のもとでボディーガードとして働くこととなります。その際に、許永中自身もフィクサー業をするために修行を行ったという話もあるようです。そのため、許永中には数多くの人脈があったと言われています。中には、芸能人との人脈を持っていたと噂する人もいるくらいです。

日本人女性と結婚

不動産広告業として働いており経営を学んでいた許永中は、同じ時期に日本人女性との結婚をしています。日本人と結婚したことによって特別移住者の資格を持っていました。そのため、日本で何か大きなことを成し遂げたいと考えていたのかもしれません。1975年には大淀建設を買収するとともに、社長にまで登りつめることになります。

山口組とも関係

裏社会のフィクサーであった許永中は、有名な山口組とも関係を持っていたと言われています。特に山口組の宅見勝と関係があり、昔から人たらしな性格をしていたと言われています。そのため、許永中は山口組だけでなく、全斗煥韓国大統領の弟との人脈も持っていたようです。

許永中は自分が狙った大物との人脈をこじつける才能を持っており、フィクサーとしてはとても優秀だったと考えられます。

許永中が関与したイトマン事件の概要

ここまでは許永中についてご紹介しました。人脈を広げることを得意としていた裏社会のフィクサーは、イトマン事件と呼ばれる事件に関与したとしてその名前が世間にも知られることになります。許永中はどのようにして、戦後最大とまで言われたイトマン事件に関わっていたのかをご紹介します。

また、イトマン事件に関わった許永中は最終的にどのような結末になったのでしょうか。その真相に迫ります。

繊維商社イトマンが経営不振

イトマン事件とは、1883年に創業された伊藤萬が経営していた繊維商社で起こりました。オイルショックが起こったことにより、この繊維商社は経営が困難に陥ってしまいます。

そのため、伊藤萬ではなく銀行役員だった男性を社長に引き抜くことで、総合商社へと方向を変えていくことになります。その際に、伊藤萬は債務者として顔を合わせるようになった許永中とも関係を持つようになります。

このイトマン事件は1990年5月に新聞に記載されたことから事件が世間に知れ渡ることになりました。そのときには、不動産投資の借入金が1兆円以上にも上っていたと報道されています。

許永中による不正な絵画取引

伊藤萬は許永中が持っていた絵画や骨董品の取引を行っていました。許永中は初めに総合商社へと方向転換させた社長の河村に対して、絵画や骨董品を購入することでこれからの経営が安定すると持ち掛けています。その報告を受けて、伊藤萬は許永中から不正な取引を受けることになります。

しかし、この取引がおかしいということは伊藤萬も河村も気づいていました。絵画や骨董品に使われた金額はおよそ676億円とも言われており、一般的には想像もつかないほど大きすぎる金額ということがわかります。

伊藤萬の多額の損害

許永中が取引を行っていた絵画や骨董品は、鑑定書が偽装されている疑いがありました。また、販売価格が市場の3倍ほどだったため、それによって伊藤萬は多額の損害を抱えることになります。しかしながら、絵画や骨董品の取引はこの後も何度も行われていたようです。

この取引はおかしいと分かっていながらもやめなかったのには理由があります。会社の人間は「おかしい」と思っていても、社長である河村を止められなかったことで負債が膨らみました。しかし、なぜ河村がここまで取引にこだわっていたのかは不明です。

不動産や会計の不正の発覚

上記では絵画や骨董品の購入によって多額な損害を受けたと記載していますが、その中には実際に建設されているのかもわからないゴルフ開発などにも資金を使わせたとされています。

また、不動産屋会計の不正が発覚した際には、1兆円以上もの金額が不正に取引されていたことが分かっています。このお金は住友銀行から伊藤萬を通して、暴力団などに流れていました。

特別背任の疑いで逮捕

イトマン事件発覚後、1991年7月23日に最高裁による裁判が行われました。その際に、特別背任の疑いによって許永中を含む6名が逮捕されることになります。許永中はその他にも、法人税法違反の罪にも問われていました。また、2005年10月7日には上告が棄却されており、許永中には懲役7年6ヵ月と罰金5億円が課されています。

イトマン事件の真相の鍵

許永中も関わっていたとされるイトマン事件の真相は未だに闇の中だと言われています。その真相を知るためには、いくつかの鍵が握られています。イトマン事件の真相に迫るためには、どのような鍵が重要なのかをご紹介します。

許永中やイトマン事件に関わっていた被疑者たちはすでに逮捕されています。そのため、このままイトマン事件の真相は明らかとされないでしょう。しかし、今でもイトマン事件真相を知りたいと願っている人も多いのかもしれません。

鍵①住友銀行の内部告発

イトマン事件の真相を握る鍵は、住友銀行の内部告発にあるのではないかと言われています。内部告発ではイトマン従業員一同と書かれていたため、実際に誰が告発文を送ったのかは不明でした。しかし、中には告発文を書いた人を特定していた人もいたのかもしれません。

そして、数年後に告発文を書いたのは自分だと告白する人が現れます。それは大蔵省を担当していた國重惇史です。國重惇史は住友銀行の中でも特にイトマン事件の真相を知っていた人だと言われています。

鍵②派閥抗争や人事抗争

イトマン事件当時の三井銀行は、派閥が2つに分かれていました。また、人事抗争も絡んでいたため、三井銀行内では権力抗争が常に行われていた模様です。イトマン事件に関与していた人たちに反発していた派閥も、時には保守的な態度を見せていました。そのため、告発者は自ら告発しなければいけないと確信しました。

山口組などの暴力団が関わっていたり、さまざまな抗争がある中で内部告発することは勇気のいる行動だったはずです。

鍵③巨額資金は闇社会に…?

イトマン事件により山口組などの暴力団に流れたと言われている巨額の資金は、未だ見つかっていません。そのため、イトマン事件の真相は闇の中だと言われています。これほどの巨額の資金が山口組や暴力団に流れていたのであれば、何か見つかりそうなものです。しかし、資金が流れていた痕跡もないのです。

現在ではこのイトマン事件を受けて、山口組などの暴力団は社会的に銀行口座を持つことができません。また、暴力団に関わっている反社会勢力においても同等の扱いになっています。

イトマン事件で逮捕された許永中のその後

イトマン事件により許永中は逮捕され、実業家としての声明を断たれています。その後や現在は何をしているのでしょうか。許永中は一度6億円の多額の保釈金を払うことによって韓国への逃亡を図っています。その際に裁判所には妻の実家で法要があると伝えています。しかし、韓国に出国した後入院することになります。

その後は逃走を図ったとして、保釈を取り消されるだけでなく保釈金も没収されています。そして、逃亡から2年後に東京都で身柄を拘束されることになります。

許永中は7年6ヶ月の実刑判決

許永中はイトマン事件により、懲役7年6ヵ月を言い渡されます。加えて罰金5億円も課されています。許永中の判決は2001年に言い渡された後、上告をしているのですが2005年には上告を棄却されてしまっており、実刑が確定することになりました。

黒羽刑務所に服役

実刑が確定した後は、黒羽刑務所に服役することになります。黒羽刑務所は諸藩や外国人受刑者が服役する刑務所です。また、独居房が多いようなので、有名人や障害を持っている受刑者が入ることもあります。しかし、許永中が服役していた際の2008年には定員1780人に対し、2300人にも上る受刑者が収容されていました。

この黒羽刑務所では、許永中のほかに政治家や芸能関係者も同じ時期に服役していたようです。

詐欺事件でも逮捕

イトマン事件で逮捕されることになった許永中ですが、詐欺事件においても逮捕されてしまいます。その詐欺事件とは、石橋産業から179億円以上の約束手形を騙し取ったというものでした。この事件では懲役6年の判決を受けています。そのため、上告が棄却された2008年2月21日には刑期が加算されてしまっています。

韓国での服役を希望し移送

黒羽刑務所に服役することになった許永中は、2012年まで黒羽刑務所にいました。しかし、最終的には黒羽刑務所ではなく母国に服役したいと申し出たため、日本の法律によって韓国に移送されることになります。そして、それと同時に日本の特別移住者の資格を失うことになります。これにより、許永中は日本へ帰って来ることが難しくなりました。

イトマン事件に関与した許永中の現在

イトマン事件は許永中のピークとも言われている事件です。韓国での服役を希望していた許永中は現在どうしているのでしょうか。許永中の刑期は2014年9月までですので、現在はもうすでに釈放されているようです。

仮釈放され韓国にいる

服役期間は2014年9月まででしたが、許永中は2013年9月30日に仮釈放されることになります。そして、日本の特別移住者の資格を失ってしまった許永中は現在韓国で暮らしています。日本に戻りたい意思を服役中から語っていたため、許永中が現在に暮らしに満足していないことは確かです。

2017年には日本のTV出演も

2017年12月には許永中がガイアの夜明けに出演することになります。このテレビ番組出演をきっかけに、許永中への評価が高まることになります。裏社会のフィクサーとしてのし上がっていき、一度は失敗したものの、それでも現在も目の光を失っていない姿に感服したとの声もあります。

イトマン事件で消えた巨額資金の行方は未だ不明

イトマン事件で暴力団に流れたと言われている巨額の資金は未だに行方が分かっていません。しかし、最近では暴力団や反社会勢力に対して厳しい取り締まりが行われています。そのため、有名な山口組も指定暴力団に認定されています。これにより、暴力団は簡単に多額の資金を得ることができなくなったと言われています。

許永中は逃走してしまったり、韓国へ帰りたいと言っていたり何をしたいのかはっきりわかりません。現在では日本へ戻りたい意向を伝えているようですが、今の状態であれば許永中は日本へ帰ってくることは難しいと言われています。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ