日生学園の現在!スパルタ指導の内容や偏差値は【日生学園事件】

日生学園第二高等学校といえば日本一厳しいスパルタ指導を行い、卒業生に現在でも活躍する浜田雅功や今田耕司がいることでも有名です。偏差値が低く脱走者も多い学校でした。この記事では学長の青田強や現在の日生学園第二高等学校の偏差値や、発生した事件について解説します。

日生学園の現在!スパルタ指導の内容や偏差値は【日生学園事件】のイメージ

目次

  1. 1日生学園第二高等学校(日生学園)とは
  2. 2日生学園第二高等学校(日生学園)の校風とは?
  3. 3日生学園第二高等学校(日生学園)のスパルタ指導
  4. 4日生学園第二高等学校(日生学園)事件とは
  5. 5日生学園第二高等学校(日生学園)の偏差値
  6. 6日生学園第二高等学校(日生学園)の卒業生たち
  7. 7日生学園第二高等学校(日生学園)に見る昔の教育

日生学園第二高等学校(日生学園)とは

日生学園第二高等学校と聞いてピンとこない人も、浜田雅功や今田耕司が通っていた高校と言えば聞き覚えのある人もいるのではないでしょうか。浜田雅功や今田耕司がテレビで日生学園第二高等学校のエピソードを話したことや、様々な事件を起こしたことで日生学園第二高等学校は有名な学校となりました。

三重県にある学校

日生学園第二高等学校は三重県にある高等学校です。浜田雅功や今田耕司がテレビで話すエピソードを聞いていると男子しかいない学校なのかと勘違いしてしまいがちですが、日生学園第二高等学校は共学の学校でした。男女ともに全寮制で日本一厳しいスパルタ指導を行うことで有名になった学校です。

現在は「青山高等学校」

日生学園第二高等学校は現在でも存在しますが、青山高等学校と名前を変えています。当時は日本一厳しいスパルタ教育を行っていましたが、現在はそのような教育は行われていません。現在では教育方針も学長も偏差値も変わっているのです。浜田雅功や今田耕司が現在の日生学園第二高等学校の姿を見たら驚くのではないでしょうか。

現在では女子もいる共学

現在の日生学園第二高等学校は昔と同じように女子も存在する全寮制の高校です。教育方針や偏差値は変わっていますが、現在でも昔と変わっていない風習が存在します。毎日6キロマラソンしなければならなかったり、男女の交際が禁止されていたりという風習は卒業生である浜田雅功や今田耕司がいたときから存在します。

また、車が通過するときにお辞儀をしなければならないという風習も当時から現在まで存在している風習です。日生学園第二高等学校のときほどスパルタ指導は行われていないという話でしたが、普通の高校よりは現在でも厳しいルールがある高校ということになります。

日生学園第二高等学校(日生学園)の校風とは?

卒業生である浜田雅功や今田耕司によって有名になった日生学園第二高等学校ですが、いったいどのような校風だったのでしょうか。事件が起こした学校ではありますが、現在の校風とはまったく違うため、あくまで昔の話と認識した上で見ていきましょう。

厳しい校風で有名

日生学園第二高等学校はとにかく厳しいスパルタ指導を行うことで有名でした。そのスパルタ指導は日本一厳しいとも言われるほどです。日生学園第二高等学校は不登校や問題のある生徒などを積極的に受け入れる学校でした。そのため、当時の日生学園第二高等学校の偏差値はかなり低いものです。

日生学園第二高等学校には問題のある生徒がたくさん入学してくるため、それをスパルタ指導で教育するという方針をとっていたのです。実際にその教育のおかげか日生学園第二高等学校の卒業生の中には大学に進学した人もいます。事件を起こした件に関しては問題もありましたが、一定の成果もあげていたということです。

青田強が持ち込んだ教育方針

現在は別の学長ですが、当時の日生学園第二高等学校の学長は青田強という人物でした。青田強こそまさに日生学園第二高等学校の厳しい教育を生み出した人間です。「一流の人間になるように教育する」という信念のもとに青田強は日生学園第二高等学校の教育方針を決めていきました。それが厳しい内容のものであったようです。

青田強の信念はそのまま学校の教師全員の教育方針となりました。元々は青田強の一流の人間にするための教育が徐々に過激化していったのでしょう。その結果、日本一厳しいスパルタ指導といわれるほど厳しいものになっていったのです。

現在では指導は緩やかになった

現在の日生学園は青山高等学校と名前を変え、日本一厳しいスパルタ指導と呼ばれた指導もなくなりました。一部、スパルタ指導の名残のようなものは残っていますが、暴力が含まれるような指導は現在行われていません。卒業生である浜田雅功や今田耕司も今の日生学園であれば脱走することもないでしょう。

日生学園第二高等学校(日生学園)のスパルタ指導

日生学園はスパルタ指導で有名だったわけですが、その当時は事件にもなってしまうほど厳しいものでした。そこでまずは日生学園にはどのようなスパルタ指導があったのか解説していきましょう。浜田雅功や今田耕司、その他の卒業生が脱走したくなるのも頷けるようなスパルタ指導となっています。

事件にもなった日本一厳しいスパルタ指導

日生学園のスパルタ指導は事件にもなったほど厳しいものでした。卒業生の浜田雅功や今田耕司がテレビでも語っていますが、厳しい言葉で怒鳴られることはもちろん、暴力を含むようなスパルタ指導も多く行われていたのです。現在はこのような暴力が行われれば大きな問題となりますが、当時は当たり前のように教師は暴力を振るっていました。

現在からは想像がつきませんが、日生学園内では至るところで体罰が横行していました。もちろん生徒が日生学園のルールを守らなかったことが原因ですが、実は体罰は教師の間でも行われていたのです。教師に不手際やミスがあると校長や教頭から殴られるということもありました。

スパルタ指導によって「一流の人間への成長」を目指した日生学園ですが、それに耐え切れない生徒も多く、卒業生の中には何度も脱走を試みた人もいます。しかし多くの脱走者は寮に連れ戻されてしまいます。卒業生の浜田雅功や今田耕司も脱走を試みたそうです。

刑務所と呼ばれる全寮制

日生学園は全寮制でしたので生徒は24時間、教師の監視下の中で生活を送っていました。スパルタ指導があまりにも厳しいものだったために浜田雅功や多くの卒業生は寮のことを刑務所と呼んでいたほどです。朝は4時に起きて寮の清掃を行い、帰宅後には6キロのマラソンをすることが義務付けられていました。

男性は丸坊主にしなければならず、トイレ掃除をする際には道具を使うことは許されません。素手で便器を掃除しなければならないのです。卒業生の浜田雅功が刑務所と言うのも納得できます。それほど日生学園のスパルタ指導は厳しいもので、現在の常識から外れたものだったということです。

お菓子や雑誌は持ち込めない

日生学園では夏休みなどは実家に帰省することができます。卒業生の浜田雅功も帰省の間に自由を謳歌したようです。しかし日生学園の寮はお菓子や雑誌というような娯楽に関するものを持ち込むことができません。日生学園の寮にいる間は娯楽を一切楽しむことはできず、スパルタ指導に向き合わなければならないのです。

しかしお菓子や雑誌をこっそり持ち込みした生徒もいたようです。ただもしもそれが教師に見つかってしまえば大変です。暴力による指導はもちろん、連帯責任として同じ部屋の生徒が正座をさせられることもありました。卒業生の浜田雅功ももしかしたら同じ目にあったのかもしれません。

修学旅行はなし

学生生活における一番の楽しみといえば修学旅行でしょう。しかし日生学園では修学旅行がありませんでした。これもスパルタ指導の一環だったのでしょう。楽しいだけの学校生活など存在する必要はないという青田強の考え方が反映された結果なのかもしれません。お菓子や雑誌が持ち込めないことと同様に楽しめる要素は一切ないのです。

また、なかったものは修学旅行だけではありません。体育祭や文化祭というような楽しい行事は一切ありませんでした。つまり、卒業生の浜田雅功は高校時代に修学旅行のような楽しい行事を一切味わっていないということになります。黙々と授業を受け、スパルタ教育によって指導されるだけの学校生活ですから脱走者がいるのも当然といえるでしょう。

男女交際の禁止

現在でもこのようなルールがある学校も存在しますが、日生学園は男女交際が禁止されていました。学校は勉強をする場所とはいえ、交際を完全に禁止されてしまうのは辛い話です。やはり学校で出会い、恋愛を楽しむことも学生生活の醍醐味のひとつでしょう。卒業生の浜田雅功もこのルールを守っていたのでしょうか。

日生学園だけでなく多くの高校が取り入れるルールですし、現在でもそのような高校が存在しますが、日生学園はこのルールを守らせるために徹底した管理を行っていたようです。男女が全寮制となっているため同じ寮に住んでいるわけですが、女子の部屋に繋がる廊下には見張りの教師がいました。

また、男女交際禁止のルールを破った場合、重いペナルティーが科せられました。なんと交際が発覚したら退学処分となってしまうというのです。さらに付き合っていなくても一緒にいただけで退学にさせられるリスクもあったと卒業生が話しています。女子と交際どころか会話すらできないような状態だったわけです。

唯一、女子と接触できるのは授業の合間の休み時間だけでした。しかしそこで会話していることがバレれば重いペナルティーが待っています。卒業生の多くは女子はいないものと考えていたようです。もしかしたら卒業生の中には秘密で恋人がいた人もいるかもしれませんが、卒業生の浜田雅功がテレビでそのような話をしたことはありません。

校内での上下関係

日生学園の厳しさは教師だけではありません。先輩との上下関係も大変厳しいものでした。現在でもこのような上下関係が暴力へと繋がりワイドショーを騒がすこともありますが、当時はどの学校でもあったことです。しかし日生学園の上下関係の厳しさは他の高校と比べると、頭一つ抜けていました。

先輩の命令はどんな事情があろうともYES以外の返事は許されません。食事をするときは先輩が食べ始めてから食べるのが鉄則であり、先輩の飲み物がなくなったら後輩がつぎにいく必要があります。洗濯物は全て後輩が洗い、後輩は必ず先輩よりも先に起きておかなければなりません。

もしもこのようなルールを破ってしまった場合、日生学園では教師だけでなく先輩から後輩に対する暴力も頻繁に行われていました。しかしどれだけ殴られても先輩に手を出すことは許されません。後輩は一つの反論も許されず、暴力を受け続けるしかないのです。

このような体質であれば脱走者が出てしまうのも当然でしょう。しかし脱走をして学校に連れ戻されると、また暴力が待っています。それは教師だけではなく先輩からもです。そのようにして脱走者に厳しく当たることにより、脱走者を減らす目的があったのだと推測されます。

日生学園第二高等学校(日生学園)事件とは

日生学園のスパルタ指導に関して解説してきましたが、内容はひどいものでもまだこれは事件になっていません。しかしこのような厳しい指導が行われた結果、日生学園では様々な事件が発生してしまいました。ただの指導では終わらせることのできないほどひどい事件も存在するため、さっそく解説していきましょう。

暴力事件や脱走事件が多発

日生学園では暴力が横行していたため、日生学園内でその暴力が行き過ぎてしまうこともたくさんありました。安静にしていれば治るようなものであればまだ良いですが、骨折や意識不明のような重傷を暴力によって受けてしまうこともあったのです。日生学園での指導の厳しさが広まるとともに、そのような事件性のある暴力を明るみになりました。

また、脱走事件が多かったというのも一つの事件です。これだけ厳しいのですから脱走する人がいて当然でしょう。しかし脱走をしても多くの生徒は連れ戻されます。脱走しても実家に帰るしかないため、結局はそこで教師に待ち伏せされてしまうのです。脱走に成功した生徒はほんの一握りしかいません。

自殺者や死亡事故も

日生学園が脱走したくなるほど厳しい指導を行っていたわけですが、脱走程度ならまだ良いほうです。実はあまりの厳しい指導に耐えることができず、自殺をする生徒がたくさんいたのです。これが日生学園で起きた一番大きな事件といえるでしょう。さらに自殺者どころか暴力による死亡事故も引き起こしているのです。

毎日このような閉鎖された空間で生活しており、まったく自由もなく暴力に怯える生活をしていれば心を病んでしまうのも当然でしょう。先輩が後輩にきつく当たるのも、精神的に病んでいたからこそなのかもしれません。どこかに暴力として発散しなければ先輩も自殺していた可能性もあります。

厳しい教育を行うようになってから日生学園では何人もの自殺者が出たにも関わらず、学校は指導方法を改善しようとはしませんでした。生徒を教育し守る立場にある教師が、逆に生徒を追い込み自殺させてしまうというのは殺人という名の事件でしかありません。そして実際に殺人事件に近いような出来事もあったようです。

日生学園では昔から何件もの死亡事故がありました。この死亡事故ですが、全て原因不明ということになっています。事件性がそこに隠れているのは明らかで、暴力の末に命を失ってしまったと考えるのが普通でしょう。このような事件が明るみになり、日生学園の指導方法は大きな問題となっていったのです。

三重県からの行政指導

日生学園のこのような事件が明るみになったのは教師が内部告発をしたからです。それが週刊誌に載り、世間的に大きな騒ぎとなりました。人が何人も死んでいるのですから当然でしょう。現在でも教師の暴力が問題になることがありますが、日生学園で起きたことは現在起きる事件とは比べものにならないほどひどいものです。

そしてこの事態を重く見た行政は日生学園に対して指導を行いました。むしろ遅いくらいですし、指導程度で済まされるような問題でもありませんが、ようやくこの異常なスパルタ指導に対してメスを入れることができたのです。これを機に日生学園の厳しい指導は徐々に緩やかになっていきます。

現在でもいじめやトラブルは多い?

日生学園では先輩からのいじめやトラブルが多かったのですが、現在はどのような状態になっているのでしょうか。現在もトラブルが多ければさすがに大きな問題となっているでしょう。しかし現在、日生学園でそのような話を聞くことはありません。他の高校に比べれば現在でも指導は厳しいようですが、昔ほどではないのです。

日生学園は2010年にタバコと暴力事件を野球部が起こしたことで一時、話題になりました。しかし他の学校でも起こり得るようなことですので、日生学園だけが特別多いわけではありません。現在の日生学園はまったくトラブルがないわけではありませんが、他の高校と同程度にまではトラブルは減ったということができるでしょう。

現在では風紀は穏やか?

日生学園の現在の風紀はどうなっているのでしょうか。トラブルは以前よりも減りましたが、風紀に関しては現在も厳しい部分があるようです。もちろん昔ほどではありませんが、髪型や寮生活での態度などは現在でも様々なルールが存在します。毎日6キロのマラソンをするというルールも存在するのです。

確かに現在でも厳しい部分はあるのですが、法律に違反するほどひどいものではありません。それを考えれば生徒を更正させるための、ほどよい厳しさと言えるのではないでしょうか。

日生学園第二高等学校(日生学園)の偏差値

日生学園の偏差値はどのようなものだったのでしょうか。偏差値が全てではありませんが、偏差値によってその高校のレベルをある程度知ることができます。昔の日生学園の偏差値から現在の偏差値まで解説していくため参考にしてください。

事件当初は偏差値は39

日生学園の偏差値は当時、39という値でした。この偏差値は全国の平均から見ればかなり低い偏差値です。つまり頭の良い生徒が集まるような学校ではなかったということでしょう。一つの逸話として、答案用紙に名前を書けば入学できるという話も残っています。それだけ偏差値が低かったということです。

偏差値の低い学生を受け入れていた

日生学園がこれだけ偏差値が低いのには理由があります。日生学園はそもそも偏差値が高い人間を募集していなかったのです。偏差値の高い高校にいけない生徒や不登校のような問題のある生徒を積極的に受け入れていました。そのため、必然的に偏差値も低くなり誰でも入学できるような状態となったのです。

日生学園が偏差値が低い生徒を受け入れていたのは、勉強ではなく社会で生きられる人間に育てたかったからでしょう。学長の青田強の言葉にもまさにその意志が表れています。偏差値が低い学生や問題のある学生を受け入れ、忍耐力をつけるために厳しい指導をしていたのでしょうが、やり方を少し間違えてしまったのかもしれません。

現在の偏差値は?

日生学園の現在の偏差値は40前後となっています。現在でもそれほど偏差値が向上しているわけではありません。様々な点を改善した日生学園ですが、偏差値は現在もそれほど改善してはいないのです。しかしそれには理由があります。

現在でも偏差値の低い学生を受け入れている

日生学園の偏差値が低いのは今でも不登校や偏差値の低い学生を受け入れているからです。昔のような指導方法はしなくなりましたが、他の高校に行けない生徒を一人前の人間にするという教育方針自体が変わったわけではないのでしょう。偏差値が低い学生にとっては唯一、通うことができる学校という救いの道となっています。

また、日生学園は人間として正しい道を生きさせることを目的としているため、学生本人よりも問題行動をとる子を持つ親が入学させることが多いです。自分たちでは手に置けなくなり、日生学園でなんとかしてもらおうと考えるのです。

偏差値を底上げし進学校化を目指している

偏差値の低い日生学園ですが、実は偏差値を上げるために行動しています。偏差値を底上げしていき進学校化させようとしているのです。そのため、現在では勉学への指導に力を入れているという側面もあります。偏差値を上げること自体は悪いことではありません。

もちろん勉学は生きる上である程度必要なものでもあります。しかし青田強の一人前の人間を作るという理念だけは変わってはいけない所なのではないでしょうか。

日生学園第二高等学校(日生学園)の卒業生たち

様々な意味で有名になった日生学園ですが、そうなったのは卒業生に有名人がいるからです。すでに何度も名前を出していますが、浜田雅功と今田耕司が特に有名な芸能人ということができるでしょう。では二人の有名人が残した、日生学園での逸話を解説していきましょう。

偏差値が低いため入学した浜田雅功

お笑いコンビ、ダウンタウンのツッコミ・浜田雅功ですが、日生学園に入学したのは学力に問題があったからのようです。偏差値が低い学校ということで日生学園という選択肢が出てきてしまい、両親の薦めもあって日生学園に進学する運びとなりました。

浜田雅功は日生学園に入学してから何度か脱走しようとしたようです。しかし最終的には日生学園を無事に卒業しています。日生学園の厳しい指導を乗り越えてから芸能界に飛び込んだのですから、怖いものなど無かったでしょう。現在も活躍するための精神を日生学園で学んだのかもしれません。

途中で脱走し退学した今田耕司

様々なバラエティーで活躍する芸人の今田耕司も日生学園に入学していました。しかし今田耕司は日生学園を卒業しておらず、途中で退学しています。今田耕司は日生学園で二度、脱走に成功しているのですが、一度目の脱走の後はすぐに連れ戻されることになりました。

そして二回目の脱走を行うも再度連れ戻されてしまいます。そしてしっかり教師から暴力を受け、無理矢理学校に残ることを意思表明させられたのです。しかし実家に帰省した後日生学園に戻ることはなく、そのまま退学ということになりました。

日生学園第二高等学校(日生学園)に見る昔の教育

日生学園第二高等学校の偏差値は現在も低いのですが、今後は伸びる可能性もあります。しかし昔は偏差値ではなく人間を育てるための教育でした。体罰は絶対にいけないことです。しかしそれを乗り越えたからこそ、現在の日生学園第二高等学校にはほどよい教育が生まれたのかもしれません。

関連する記事はこちら

Thumb【ぬまっき伝説】沼津北(誠恵)高校の現在!日本一偏差値が低い高校とは
「日本一偏差値が低い」ぬまっき伝説として有名になった沼津北(誠恵)高校をご存知でしょうか。現...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ