トーヨーボール殺人事件の詳細!犯人(関東連合)と三田佳子の息子の関係とは

被害者・小笠原一也さんが大田区池上で石元太一らによって殺害されたトーヨーボール殺人事件という事件をご存知でしょうか。犯人らが使った車に女優・三田佳子名義の車があったことでも有名な事件です。この記事では、トーヨーボール殺人事件の詳細についてご紹介していきます。

トーヨーボール殺人事件の詳細!犯人(関東連合)と三田佳子の息子の関係とはのイメージ

目次

  1. 1トーヨーボール殺人事件(東洋ボール事件)とは
  2. 2トーヨーボール殺人事件の概要
  3. 3トーヨーボール殺人事件の主な犯人
  4. 4トーヨーボール殺人事件の犯人と高橋祐也との関係
  5. 5トーヨーボール殺人事件のその後
  6. 6関東連合と高橋祐也の関係がトーヨーボール殺人事件で浮き彫りに

トーヨーボール殺人事件(東洋ボール事件)とは

2000年5月13日午前1時ごろ、大田区池上3丁目のボウリング場「トーヨーボール」の駐車場において何の罪もない18歳の少年小笠原一也さんが殺害された悲惨な殺人事件をご存知でしょうか。この事件は、ボウリング場「トーヨーボール」で起きた犯行であることから、「トーヨーボール殺人事件」と呼ばれています。

その真実は、暴走族・関東連合と狂走連盟との抗争中に、人違いで無関係の少年が殺害されたというものでした。未成年の少年らが起こした殺人事件というだけでなく、犯行に使われた車が女優・三田佳子のものだったことでも世間の注目を集めることにより、大きくニュースにとりあげられています。

日々の裏側でそのような殺し合いの抗争が起こっていると聞くだけでも恐ろしい事です。犯人である石元太一、柴田大輔、伊藤リオンらと被害者である小笠原一也さんの関係性についてもクローズアップしながら見ていきましょう。

大田区池上で起きた暴走族同士の抗争

悲劇のトーヨーボール殺人事件は2000年5月13日午前1時ごろの出来事でした。18歳の寿司職人見習い・小笠原一也さんが大田区池上3丁目にある「トーヨーボール」というボウリングの駐車場で深夜に友人たちとダンストレーニングを行っていた際のことです。突然、複数の車に乗った20数人の暴走族たちに襲撃されてしまったのです。

友人たちが必死に車で逃げる中、小笠原一也さんも車に乗って逃げだそうとしましたが、慌てて車の操作を間違え、ガードレールに乗り上げ一人取り残されてしまいました。

被害者は当時18歳の小笠原一也さん

東洋ボール事件の被害者は、友人たちとダンスの練習をしていた寿司職人見習いの少年である小笠原一也さん18歳です。まったくの一般人であり、暴走族から恨みを買うようなことは一切なかったと言われています。

被害者である小笠原一也さんの姿は見るも無残な有様となっており、「あなたの息子さんかどうか確認してくれ」と警察に呼びだされた小笠原一也さんの父親が「確認できない」と答えるしかなかったほどであったそうです。

寿司見習いで日々頑張っている息子が突然無残な死体となって帰ってきたらと考えると、とても悲惨な心境であったことが想像に難くないです。

犯人は関東連合のメンバー

東洋ボール事件の一般人である被害者・小笠原一也さん18歳を襲撃した犯人らは、石元太一、柴田大輔、伊藤リオンらを含む関東連合の暴走族グループでした。関東連合とはもともと東京近辺で活動していた暴走族が一体化し、連合体となったものです。

2003年には一度解散したと言われていますが、元メンバー同士の結びつきは強いです。主に縄張りを六本木周辺などにおき、さまざまな活動を行っていました。その活動には暴力的なものも多いですが、関東連合はいわゆる「暴力団」とは別物です。

「半グレ集団」が正解であり「暴走族」という言葉で呼ばれているのです。現在、事実上解散されているため繋がりはメンバー同士にしかなく、たとえまだ残っているとしてもメンバー数を把握するのは不可能と言われています。

「メンバー数は50人以上」という説もあれば、「現在はほぼ壊滅状態」という説もあるほどでまったく詳細がつかめていないのが現状であります。石元太一、柴田大輔、伊藤リオンらは一体いまどこで何をしているのでしょうか。

犯行に使われた車が三田佳子名義

トーヨーボール殺人事件で最も注目するべき事柄の一つに、犯人たちが犯行に使った車の一つが女優・三田佳子名義のものであったというものがあります。ニュースに大きくトーヨーボール殺人事件がとりあげられたきっかけもこれでした。実は彼女の本名は高橋嘉子というのですが、次男に高橋祐也がいます。

そして、この次男の高橋祐也がちょっとした曲者であり、1998年に覚せい剤取締法違反で逮捕されているのです。8月16日に三田・夫が緊急会見を開き「車は何者かに持ち出された」と主張しました。三田佳子もその翌日にビデオを通じて「次男と事件について一切、関わりはありません。信じてください」などと涙ながらに釈明しています。

しかし警察の調べで高橋祐也が車を貸していたことが判明しました。世間では「母親の金で生活している」「DV癖がある」などと高橋祐也に対する「クズ男」のイメージが固定化しているようです。東洋ボール殺人事件は高橋祐也が石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら関東連合と関係を持っていることが浮き彫りになったニュースでもあります。

ちなみにトーヨーボール殺人事件の犯行に使われた女優・三田佳子の車は「黒のチョロキー」でした。高橋祐也に対する甘やかした育児方法も公となっており、世論にさらされることとなりました。

トーヨーボール殺人事件の概要

トーヨーボール殺人事件がいかに悲惨な事件であったかはご理解いただけたでしょう。石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら関東連合の暴走族たちによって人違いで暴行をふるわれ、何の罪もない18歳の少年小笠原一也さんが殺害されてしまいました。この項では、トーヨーボール殺害事件の概要について経緯を一から、詳しく解説していきます。

少年が突然襲撃される

2000年5月13日午前1時ごろ、寿司職人見習いの少年である小笠原一也さん18歳は大田区池上3丁目にあるボウリング場「トーヨーボール」の駐車場にて友人とダンスの練習をしていました。すると突然、複数の車と単車に分乗した石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら含む20数人の暴走族グループ、関東連合に襲撃されてしまいます。

1時間半にわたる暴行

前述もしましたが、トーヨーボール殺人事件の際、焦った結果一人だけガードレールに乗り上げて車の中で身動きが取れなくなった被害者・小笠原一也さんに、関東連合は非道な暴行を加えました。殴る、蹴るの暴行を加えた後、後頭部をマグライトで殴打し、ぐったりとした小笠原一也さんを車に押し込んで連れ去ります。

世田谷区・世田谷市場の空き地に被害者・小笠原一也さんを連れ込んだ関東連合は、凶器で顔面を殴り、頭部を踏んで路面に打ちつけました。さらに、至近距離で大型のエアガンを乱射し、頭髪をライターで焼く、舌をハサミで切るなどなどその暴行は1時間半にも及んだそうです。

瀕死の少年を病院前に置き去り

トーヨーボール殺人事件に関与した石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら関東連合の暴走族たちは、全く動かなくなった小笠原一也さんを再び車の荷台に押し込みます。車で狛江市・慈恵医科大学・看護婦寮前に小笠原一也さんを放置して逃げ去りました。

偶然通りかかったタクシー運転手が、路上で倒れている瀕死の小笠原一也さんを見つけ通報したそうです。関東連合の暴走族たちが小笠原一也さんが瀕死であることに気づき、置き去りにしなければあるいは一命をとりとめる可能性もあったかもしれません。

少年が脳挫傷で死亡

トーヨーボール殺人事件で病院前に置き去りにされた被害者・小笠原一也さんはいびきをかいていたそうですが、この症状は脳挫傷の症状でありました。三鷹市の杏林大学病院に救急車で搬送され救命措置がとられましたが、脳挫傷とクモ膜下出血により14日午後9時半ごろに死亡してしまいます。

また、被害者・小笠原一也さんはひどい状態になっており、全身青あざだらけで、頭部はバスケットボール状に腫れあがり、舌は半分ちぎれていたそうです。その状態があまりにもひどく、前述にもありますが「息子さんかどうか確認してくれ」と警察に呼びだされた小笠原一也さんの父親が「確認できない」と答えるしかなかったほどでした。

犯人の実名報道は石元太一だけ

報道の際は、トーヨーボール殺人事件の主犯格の一人とされる石元太一のみが実名報道されることになりました。これには、「少年法」という未成年の少年たちの実名報道をできる限り控える法律が関係しており、未成年であった犯人たちは実名報道がされなかったのです。

またこの少年法により石元太一、柴田大輔、伊藤リオンらはたった2年の少年院への送致で済んでいるそうです。

少年は人違いだった

トーヨーボール殺人事件において、残酷で悲惨な事件とされている理由の一つに、「少年が襲われた理由が人違だった」というものがあります。被害者である小笠原一也さんのことを全狂連のメンバーだと暴走族たちは勘違いして襲ってしまったそうです。

全狂連メンバーと関東連合メンバーでの抗争中であったと犯人たちの口から語られています。なんの罪もない18歳の少年・小笠原一也さんが残酷な仕打ちの末に死んでしまうあまりにもショッキングな「トーヨーボール殺人事件」のきっかけは、勘違いから始まったのでした。

トーヨーボール殺人事件の主な犯人

「トーヨーボール殺人事件」の犯人は石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら20人におよぶ関東連合の暴走族たちでした。ここでは、その犯人らの詳しい概要についてクローズアップしていきましょう。

犯人①石元太一

石元太一はトーヨーボール殺人事件の実行犯の一人です。自伝『不良録』やコアマガジン社『実録悪い人』などでトーヨーボール殺人事件について語っており、本事件を「自分のしでかした人生最大の過ち」と述べています。しかし、被害者の小笠原一也さんのことは「敵」「全狂連のメンバー」としか述べていません。

暴走族とは無関係な人物だったことには全く触れていないのです。「敵対する全狂連メンバーを襲撃したが、やりすぎて殺害してしまった」という体裁をとり続けています。襲撃現場についても「入り乱れての乱闘」と言っており、被害者側の小笠原一也さんも反撃してきたと嘘の供述を語っていました。

また、石元太一はトーヨーボール殺人事件の襲撃現場である駐車場で、金属バットで滅多打ちにしたのが致命傷だったと口にしてます。連れまわしたあげく、ひどい暴行に至ったことに関してはまったく触れていないのです。

さらには、襲撃現場には石元太一よりも上の立場の先輩がいたらしいのですが「先輩の名前は一切出すな。そんな奴は見ていない、知らないと言え」と、後輩に口裏合わせの偽装工作をしていたそうです。トーヨーボール殺人事件に関わっておきながら、一切罪に問われていない人物たちが存在していることが彼の発言で明らかになりました。

また、石元太一はトーヨーボール殺人事件からたいして時間のたっていない、2010年暮れ頃に起きた「海老蔵事件」への関与していることなどからも、世間に広く知られる存在となっていきます。他にも2012年9月に六本木のクラブ「フラワー」で飲食店経営者が複数の男達に撲殺された事件など、多くの刑事事件を引き起こしている危険人物です。

犯人②柴田大輔

柴田大輔はトーヨーボール殺人事件当時、関東連合の中心的人物の一人であったと言われています。著書『聖域』では襲撃の直前まで犯行グループと一緒にいたことを認めていますが、「石本太一や伊藤リオンらに誘われたが犯行には参加していない」と語っています。

「柴田大輔が主犯格の一人」というのがネット上では大方の見解なっております。しかし柴田大輔本人は、変わらずトーヨーボール殺人事件には関わっていないことを強く主張しているのです。

犯人③伊藤リオン

トーヨーボール殺人事件で、傷害致死容疑で逮捕されることになった石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら暴走族グループの中に、市川海老蔵の事件でものちに有名となる伊藤リオン容疑者が存在しました。被害者小笠原一也さんの父親の息子を失った悲しみは計り知れないものがあるでしょう。

しかし被害者の父親のは、伊藤リオンに対して責めることはなかったそうです。伊藤リオン容疑者だけは「取り返しのつかないことをした」「夢に何度も出てくる」と被害者の父親に話していたそうで、被害者の父親も「彼は悪だが、芯から悪い人間じゃないと思います」と語っていたそうです。

警察や検事の供述書類を見ても、伊藤リオンはきっちりとトーヨーボール殺人事件のことを振り返って唯一正直に話していました。事件後被害者の父親は、犯人グループ23人に対して、1人一律500万円の損害賠償請求の裁判を起こしています。

この際、多くの少年が「出所して真面目に払う」といったり、親が「刑期を終えたら」といってうやむやにしてしまうなか、伊藤リオンだけはその賠償金を支払ったのです。

トーヨーボール殺人事件の犯人と高橋祐也との関係

トーヨーボール殺人事件は、女優・三田佳子の車が犯人である関東連合の暴走族らが使用していたことでも有名です。どうして、そんなことが起こってしまったのでしょうか。またその真相には、三田佳子の次男である高橋祐也が関係しているそうです。高橋祐也はいったいどのように関係していたのでしょうか。真相に迫っていきましょう。

犯行当時に車を貸与

何度も前述している通り、三田佳子の車が犯行に使われたことにより、トーヨーボール殺人事件はニュースに大きくとりあげられることになりました。警察が事情聴取をすると、関東連合メンバーの一人が「車は三田佳子次男の高橋祐也から借りた」と供述していたそうです。

これに対し、三田佳子の夫は2000年8月16日に緊急会見を開き「車は何者かに持ち出された」と反論しました。三田佳子も緊急会見翌日に、ビデオで「次男の高橋祐也とトーヨーボール殺人事件について一切、関わりはありません。信じてください」と涙を流しながら釈明しています。

しかし警察の調べで、高橋祐也が関東連合メンバーに車を貸していたことが判明しております。

覚せい剤の譲渡

トーヨーボール殺人事件とも関係のあった高橋祐也は、森村学園高等部在学中の1998年1月7日、覚せい剤取締法違反で逮捕されています。その後も何度も覚醒剤で逮捕されることになりました。高橋祐也は覚せい剤常習犯としても有名になります。

関東連合に車を貸す関係にあった高橋祐也は、関東連合に覚せい剤も譲渡していたのではないかと言われています。トーヨーボール殺人事件は、高橋祐也と関東連合との関係も浮き彫りにする事件となりました。

薬物乱交パーティーにも関与?

女優・三田佳子の次男高橋祐也はトーヨーボール殺人事件のあと2000年10月25日、自宅の地下室で覚せい剤パーティーを行っていました。未成年から成人したての友人である男性3人、女性1人と一緒に逮捕されています。母親の女優・三田佳子も1年間女優活動を自主規制する事態となっていました。

トーヨーボール殺人事件のその後

トーヨーボール殺人事件のあと、事件関係者たちはいったいどのように過ごしているのでしょうか。被害者の保護者たちは損害賠償を請求しましたがしっかりと払ってもらうことはできたのでしょうか。犯人たちはしっかりと罰せられたのでしょうか。また犯人たちが未成年であり、少年法が適用される年齢であることも大きな注目点であります。

さらに被害者と仲が良かった少女が自殺をしてしまったというショッキングな情報もありますので、それらについても改めて解説していきましょう。

石元太一は特別少年院へ

トーヨーボール殺人事件の首謀者として逮捕された石元太一はトーヨーボール殺人事件で、「特別少年院」に2年間収容されていたそうです。しかし、殺人事件で2年というのはあまりにも短く、これにも少年法が大きく関与していることがわかります。

少年法で罰せられない犯人も

同じ関東連合メンバーであり、トーヨーボール殺人事件に関与したとされている柴田大輔、伊藤リオン犯人らも未成年であったため2年ほどで少年院を出所しています。柴田大輔が首謀者といわれているので、いかに殺人事件に対して実刑判決が軽いものであったかがわかります。

被害者の父親が損害賠償請求

前述しました通り、トーヨーボール殺人事件を受けて小笠原一也さんの父親は、関東連合メンバー犯人グループである23人に対して、1人一律500万円の損害賠償請求の裁判を起こしています。 しかし、「出所して真面目に払います」といったり、親が「息子が刑期を終えて出てきたら払わせます」といってうやむやにされてしまいました。

なお、伊藤リオン容疑者はその賠償金をすぐ払って深く謝っていたそうです。詳しい金額は、伊藤リオンと、グループのリーダーの両親だけが500万円を1回で払いました。あとの5~6人の家族が200万円ずつぐらい払ったそうです。

被害者の友人の自殺

トーヨーボール殺人事件の悲しい事実の一つに、小笠原一也さんの高校時代の同級生の女の子が自殺をしてしまったというものがあります。大きなショックを受けて精神を病み、2001年7月30日にオーストリアのウィーンで精神分裂症の自称指揮者の男・33歳と共に、ドナウ川に身を投げて自殺しました。

彼女は「私は19歳で死ぬ」と知人に漏らしていたそうです。死んだのは実際に19歳の時でした。作家の大崎善生の目に留まり『ドナウよ、静かに流れよ』というノンフィクション小説の題材になってもいます。

トーヨーボール殺人事件は、被害者だけでなく、その同級生の女の子の死までをも引き起こしてしまったのです。

関東連合と高橋祐也の関係がトーヨーボール殺人事件で浮き彫りに

結果、被害者である小笠原一也さんだけでなく、その仲の良かった友達である少女までもが自殺するという、実にショッキングな内容でトーヨーボール殺人事件の幕は閉じております。一方で、このトーヨーボール殺人事件により、暴走族と高橋祐也の関係が明らかになったという一面もこの事件は持っています。

もちろん真相はわかりませんが、石元太一、柴田大輔、伊藤リオンら関東連合メンバーが本当に人違いをしたのか、途中で人違いだと気づかなかったのかという考察もあげられるでしょう。トーヨーボール事件は今後も悲惨な暴行事件として、少年法を見直す世の中にずっと残り続けているのです。

関連する記事はこちら

Thumb関東連合・工藤明男(柴田大輔)とは!現在や著書・関わった事件とは
かつて関東連合に所属し、トーヨーボール殺人事件にも関わった工藤明男(柴田大輔)とはどのような...
Thumb木村孔次郎・木村泰一郎の現在!関東連合が恐れた男【木村兄弟】
かつて木村兄弟と呼ばれた木村孔次郎・木村泰一郎をご存知でしょうか。木村孔次郎・木村泰一郎は、...
Thumb伊藤リオンの現在!沖縄での喧嘩・海老蔵暴行事件や生い立ちとは
トーヨーボール殺人事件や市川海老蔵暴行事件に関与していた元関東連合・元山口組組員の伊藤リオン...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ