短気な人の性格・心理の特徴!気が短い人との付き合い方や治し方とは

短気な人は、気が短い、些細な事でキレやすいといった特徴があります。そこで、短気な人の性格や心理的な特徴を詳しく見ていきましょう。また、なぜ短気になってしまったのか、その原因から短気を治す方法、さらには短気な人との付き合い方についても調査していきます。

短気な人の性格・心理の特徴!気が短い人との付き合い方や治し方とはのイメージ

目次

  1. 1短気とは
  2. 2短気な人の特徴【性格編】
  3. 3短気な人の特徴【心理編】
  4. 4短気になってしまう原因
  5. 5短気を治す方法
  6. 6短気な人との付き合い方
  7. 7短気を治してキレない大人の人間になろう

短気とは

短気は具体的にどのような意味を持っているのかあまり知らない人も多いのではないでしょうか。そこで短気とはどういう意味なのか、また短気な人の性格や心理的な特徴などを詳しく見ていきましょう。その他にも短気の治し方や、イライラしてしまった時の解決策、気が短い人との上手な付き合い方なども併せて紹介します。

短気の意味

短気という言葉にイマイチピンときていない人もいるのではないでしょうか。短気というのは気が短い人という意味合いがあります。辞書でもう少し詳しく短気という言葉の意味を調べてみると、すぐに怒ってしまうことといった内容が掲載されています。

短気な人の特徴【性格編】

短気な人の性格にはある特徴があります。「あの人、気が短いかもしれない」と思う人が周りにいる場合、ぜひ当てはめてみてください。では、どんな人が気が短くキレやすいのか見ていきましょう。

性格の特徴①自尊心が強く攻撃的

短気な人はとにかく自尊心が強いです。自分自身を大切に思っており、なおかつプライドが高いです。その為、冗談で言われた事に対して本気に捉え、怒ってしまう人がいます。また、短気な人はやれらたらやり返すという考えを持っている人が多い為、時には攻撃的な態度をとる事があります。

性格の特徴②感情の起伏が激しくキレやすい

短気な性格の人は、常に感情の起伏が激しいのも特徴の1つです。自分が些細な事で怒っているという自覚があり、怒りが覚めた後に怒ってしまった自分自身に反省します。短気な人は怒ったり、落ち込んだりと人よりも感情の起伏が激しくなり、精神的に不安定になる事からキレやすいと言われています。

性格の特徴③強そうに見えて弱い

短気な人を「イライラする事が多いから少し怖い」と感じてしまう人もいます。強そうに見えますが、実は短気な人の多くは小心者です。すぐにイライラしてしまうのは、自分自身の弱い部分を守ろうとする警戒心の表れでもあります。

短気で小心者の人は先に何かを言われると精神的にダメージが大きいので言われる前にイライラする事でそれを防いでいる場合があります。小心者の人ほど短気な性格が多いです。

性格の特徴④被害妄想が強い

短気な人は被害妄想が強いのも特徴です。自分の事をバカにしてくるなどといった自分の妄想で物事を判断してしまいます。この他にも落ち込むと被害妄想が激しくなりどんどん悪い方向にしか考えられなくなります。その為、短気な人は常に精神的に不安定な人が多いです。

性格の特徴⑤行動力がある

短気な人には行動力があるのも特徴です。怒るという感情は決してマイナスな事ばかりではありません。人は怒る事で、自分が怒っている内容を早期に解決しようとします。その為、人よりキレやすい短気な人は問題を解決する為の行動力が長けていると言われています。

性格の特徴⑥向上心がある

短気な人は自分に厳しく、追い求める理想が高い人が多いです、その為、自分の理想に少しでも近づくために日々努力しています。そういった部分では短気な人は向上心があると言えます。しかし、短気な人はこの向上心を他人にも押し付ける傾向があります。

人を巻き込まずにストイックに向上心を高める事ができれば周りからも一目置かれる存在になるかもしれません。

短気な人の特徴【心理編】

短気な人の特徴として心理的な部分をご紹介します。性格と違って心理的な特徴は無意識にしてしまっている言動や言葉などがあります。一体、気が短い人はどんな心理を持っているのか見ていきましょう。

心理の特徴①ルールは絶対に守りたい

短気な人は、厳格な意思を持った人が多いです。ルールは絶対に守りたいと、守る事に固執している心理的な部分もあります。短気な人は周りの人があまり気にならないような事でもすごく気にしてしまい「なんでこんな小さな事が気になるのだろう」と小さい事を気にしている自分にもイライラします。

自分だけに厳格ならいいのですが、気が短い人の心理として、自分ができるのだから他の人もできると思い込んでしまう傾向があります。その為、ルールを取り締まる警察官や人を束ねる学級員などをやる人が多いのも短気の心理的な特徴です。

心理の特徴②「損する」ことは大嫌い

短気な人の心理の特徴として損得で物事を判断します。日常生活において、相手を思いやったり、誰かを助けたりという場面がでてきますが、短気な人は自分が不利益になる事や関係のない事には関わらない心理的な傾向があります。もちろん短気な人すべてが当てはまる訳ではないですが、物事を理論的に考え、自分が損する行動はしない人が多いです。

また、自分が最終的に損をしてしまった場合、感情が抑えれずイライラしてしまいます。

心理の特徴③他人にも「せっかち」になってほしい

短気な性格の人の多くはせっかちです。常に分刻みのスケジュールで動いている人もいて、それが上手くこなせないとイライラしてしまいます。気が短く、自分だけがせっかちならそれで良いのですが、短気な人はそのせっかち他人の人にも求めてしまいます。

例えば短気な人が待ち合わせ場所にに5分前に到着した際、時間通りに来た人にもっと早く来てと怒ったりもします。あまりにも理不尽ですが、短気な性格の人の中には他人のペースを配慮する事ができず、すべて自分のペースでないとイライラしてしまう人もいます。

短気になってしまう原因

短気な人はそもそも生まれた時から短気という訳ではありません。キレやすい性格になってしまった原因や過程が存在します。ここでは短気になってしまった原因として5つの例をご紹介します。

原因①自分にも他人にも厳しいから

短気になってしまうのには自分にも他人にも厳しいという原因もあります。短気な人は常に完璧主義で厳格です。しかし、些細な事まで完璧にしようと努力する為、周りから見ればかなり行き過ぎた行為でもあります。完璧主義な事は決して悪い事ではありません。

しかし、短気な人は自分だけではなく、他人にもその完璧主義を求めてしまいます。自分はできた事を他人がミスしてしまうと、なぜ自分の思い通りにやってくれないと、すぐキレてしまいます。

原因②甘やかされて育ったから

短気になってしまった原因の1つとして、幼少期から甘やかされて育った事が挙げられます。幼少期から両親に怒られず甘やかされて育った人は大人になってもすべて自分の思い通りに事が進むと勘違いしています。また、幼少期に何をやっても許された事で自分の失敗を他人の押し付けて怒る人もいます。

小さい頃、両親がダメな事をしっかりと怒り、自分が悪いという事を教えてもらわずに育った事で相手を理解するという事ができません。また、自分の子だから親が甘やかしているという事が分からず、自分にはみんなが甘やかしてくれると勘違いしている人もいます。この事から気が短い性格になってしまう原因は幼少期が関係している場合があります。

原因③身近な人の性格が影響したから

短気になってしまった原因には身近な人の性格が影響した場合も考えられます。一番仲良かった友達や、家族など自分の身近にいた人の性格が短気だった事からその人に性格が似てしまい、自分も短気になったというケースがあります。

久しぶりに会った友達が昔と性格が変わっていたという事もよくある話しで、特に人に流されやすく、自分の意思をあまり持っていない人ほど身近にいる人の性格が影響する可能性があります。

原因④食生活の乱れが影響している

気が短い性格になってしまったのは、自分に置かれている環境も原因の1つかもしれないと紹介してきました。しかし自分自身の普段の食生活も短気になってしまった原因に関係している可能性があります。昔に比べて、最近は短気な人が増えていると言われています。ファーストフードなど栄養が偏った食生活を送っているのが理由の1つとされています。

気が短い人は肝臓や胆のうなどの臓器の働きが悪くなっているとも言われており、これは普段の食生活が大きく関係しています。人は塩分や添加物か含まれている食事を続けていると臓器に多きな負担を与え、ホルモンバラスが崩れて、キレやすくなるそうです。

短気を治す方法

短気の性格を治したいと悩んでいる人もいます。しかし、短気というのは自分の性格であり、そう簡単に治るものではありません。そこで、短気な人がイライラしてしまった時にぜひ実践して欲しい方法や、短気を治すおすすめの方法をご紹介します。

治す方法①自分が気が短いことを認識する

短気の自分を治す方法として最も大事なのは自分が気が短い事をしっかりと認識する事です。これを認識する事によってイライラしてしまった際の解決策はもちろん、自分に合った短気を治す方法も見つける事ができます。

治す方法②怒りを感じたら一呼吸おく

なるべく怒りをその場で沈めたいという場合、一番簡単なのは怒りを感じた時に一呼吸おく事です。自分でイライラしている事が分かった時に大きく息を吸い込みましょう。鼻から息を吸って、口から息を吐く事をしっかりと意識して、時間をかけてゆっくり深呼吸してみましょう。

そうすれば一度落ち着く事ができ、物事を冷静に判断する事ができます。深呼吸をするという事に自分が集中する事で、一度体から沸いた怒りが消えていきます。

治す方法③相手になるべく期待しない

キレやすい自分を治す方法として3つ目は相手に過度な期待をしない事です。短気な人は自分に厳しく、他人に厳しいです。その為、相手に期待してしまう傾向があります。相手に期待した分、結果が期待を下回ってしまった時、短気な人は怒りを感じてしまいます。自分がキレないようにするには相手に過度な期待を抱かない事です。

治す方法④他人と比較することをやめる

短気を治す方法4つ目として紹介する他人と比較する事をやめるという方法です。短気な人はプライドが高い人が多いです。その為、つい周りと自分を比べがちです。短気な人はプライドが傷つけられた、鼻で笑われた、周りが白い目で見てくるなど自分自身をどんな些細な事でも傷つけられるとすぐに怒ってしまいます。

そういう場合は、他人と比較するのをやめる事が短気を治す最善の道です。隣の人がうらやましく見えるのはみんなが持っている感情です。人は人、自分は自分としっかり肝に銘じておきましょう。周りと比べる事を辞める事で他人に対して些細な事でイライラしなくなります。

治す方法⑤規則正しい生活を送る

すぐにイライラしてまう原因として自律神経の乱れが関係している場合があります。人は規則正しい生活を送らないと自律神経が乱れてちょっとした事ですぐにイライラしてしまう傾向にあります。特に寝不足は短気になってしまう原因でもあります。

子育てをしている母親は小さい子供がいると夜満足に寝る事ができない事から日中でも子供の些細な事すぐにイライラしてしまいます。これは自律神経の乱れからきている可能性が高いです。このように自律神経の乱れは人の感情に大きく関係しています。すぐにイライラしてしまう人は、まず一度自分の生活習慣を見直しましょう。

睡眠時間が4時間以下だったり、寝てもすぐ起きてしまう人などは要注意です。しっかりと寝る習慣をつける事でイライラする回数が減るかもしれません。

治す方法⑥ストレスを上手に解消する

人は日常生活で少なからずストレスを感じています。重要なのは、その溜まったストレスをどう解消するかです。短気な人の中にはストレスを上手く解消する方法を持っておらず、イライラを体の中に溜めこんでしまう人もいます。

趣味などを持っていない人も大好きな食べ物を食べる、カラオケで熱唱する、漫画を読んで笑うなど、自分が楽しいと思えるような事がストレス解消法です。楽しい事でもあまりストレス発散されないという人は感動する映画やドラマ、本などを見てるのもおすすめです。思いっきり涙を流す事でスッキリする人もいます。

このように、自分自身がスッキリして明日からもまた頑張ろうと思えるようなストレス発散方法を見つけてみください。

治す方法⑦人間関係を良好に保つ

一度落ち着いて自分の周りの人間関係を整理してみてください。もしかしたらその中に性格が合わない人がいる、あの人にはすぐにイライラしてしまうなどといった人がいる可能性があります。もしもいる場合は、少し距離を置く事も考えましょう。また、仕事は仕事としっかりと割り切り、線引きをする事で些細な事イライラしたりする事がなくなります。

短気な人との付き合い方

短気な人とどうしても関わらなければいけない場合、少しでもお互いが嫌な気持ちにならず良い雰囲気を保ちたいはずです。そこで短気な人との上手な付き合い方をご紹介します。

付き合い方①プライドは刺激しない

短気な人には自分自身に絶対的な自信を持っている人が多く、プライドが高いです。その為、短気な人を傷つけたり、プライドを刺激するような話題は避けましょう。短気な人のプライドを刺激しなければ短気な人もイライラはしません。お互いがストレスなくコミュニケーションをとる事ができます。

付き合い方②忠告はタイミングが大切

特に仕事関係で多いのですが、短気な人に何か指摘する際は注意が必要です。プライドが高く、仕事に絶対の自信を持っている為、注意する際はタイミングを計りましょう。タイミングを間違えるとイライラしてしまい、その場の雰囲気を悪くし、周りに被害が及ぶ可能性があります。そうなると当然、仕事効率は低下してしまいます。

短気な人になぜここまで気を遣わなけばいけないのかと思う人もいるかもしれません。しかし、間違いを指摘する際、タイミングを計る事で短気な人もイライラせず間違いの指摘をしっかりと理解します。これも短気な人との付き合い方としてのポイントです。また、指摘する際は上司に頼む事も1つの方法です。

付き合い方③長所をみつけてあげる

短気な人に対して周りは苦手意識をもってしまいます。どうしても短気な人と関わらなければいけなくなった場合、その人の短気という短所ではなく、長所を見つけてあげましょう。長所を見つける事で短気のイメージしかない相手の違う一面を感じる事ができます。そうすれば自然と苦手意識もなくなり、上手な付き合い方ができます。

付き合い方④共感できるポイントをみつけてあげる

短気な人は小心者で寂しがり屋です。すぐに自分を守ろうとしてキレてしまいますが、本当はそんな自分の存在に気付いてほしいのかもしれません。そこで短気な人との上手な付き合い方としてのポイントはその人に共感する事です。キレている人に自分が共感する事で相手の怒りも和らぎ、落ち着く場合があります。

付き合い方⑤程良い距離感を保つ

短気な人といると、怒らせないように自分が気を遣ってしまいます。気を使い過ぎて自分自身が疲れてしまいます。短気な人と遊びに行ってもすぐにイライラされては自分も楽しくありません。そのような事が多々ある場合は短気な人と今よりも少しだけ距離を置く事も上手な付き合い方です。ある程度の距離を保つ事で自分が気を遣わずに済みます。

どうしても距離をおけないという人は、短気な人がイライラしたら関わらない事です。短気な人の多くは時間が経つとイライラが収まる場合が多いです。このように短気な人と適度な距離感を保つ事で仕事関係や友達関係でも上手に付き合っていく事ができます。

短気を治してキレない大人の人間になろう

短気な人の性格や特徴、原因、治す方法などをご紹介してきました。短気な人は感情の起伏が激しく、精神的にも不安定な人が多いです。些細な事で怒るという事は自分自身も疲れますし、相手もあまりいい気分ではありません。お互い気持ち良い関係を続けるためにも、短気を治してキレない大人になるように心掛けましょう。

関連する記事はこちら

Thumb怒ると怖い人の特徴11選!本当に怒らせてはいけない人とは
こちらが恐怖を抱くほど怒る人というのは、実際に怒るまで分かりません。だからこそ、怒ると怖い人...
Thumb被害者意識が強い人の心理と特徴7選!対処法とは
被害者意識が強い人にどんな心理や特徴があるのか知りたいと思ったことはないでしょうか。この記事...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
みい24

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ