デートの断り方15選!男性を傷つけず上手に誘いを断る方法とは

デートの断り方に悩んだ経験はありますか。男性からデートに誘われるのは嬉しい反面、興味がない相手からの誘いには相手を傷つけないようどんな断り方をすればいいのか理由に悩むものです。そこで、LINEやメール、直接相手と会った時に上手にデートを断る方法を紹介します。

デートの断り方15選!男性を傷つけず上手に誘いを断る方法とはのイメージ

目次

  1. 1デートに誘うのはどっち?
  2. 2男性からのデートの誘いの断り方15選
  3. 3知っておきたい!相手を傷つけない断り方
  4. 4気を付けたい!相手を傷つけてしまう断り方
  5. 5メールやLINEで上手にデートを断る方法
  6. 6気になる男性からのデートの誘いを断わる方法
  7. 7気のない男性からのデートの誘いを断る方法
  8. 8気のない相手からのデートの誘いも傷つけない断り方で!

デートに誘うのはどっち?

気になる人がいるのなら、デートに誘いたくなるのは当たり前のことです。男性がデートに誘うことが多いイメージですが、今は女性からデートに誘う場合もあります。

男性がデートに誘う理由

男性がデートに誘う理由には「脈あり」ということです。何とも思わない子をデートに誘うなんてことは、絶対にありません。少なからず興味があるのだということです。ただ、デートのお誘いの時間帯にもよりますが、あまり遅い時間帯のお誘いは脈ありの可能性が低いのでおすすめしません。

今では女性からのデートの誘いも…

もし気になる男性がいるのであれば、女性からデートのお誘いをしても何も問題はありません。今では女性からデートのお誘いをするのは、決しておかしいことではないのです。その男性と仲良くなってお付き合いしたいと思うのは普通です。

男性からのデートの誘いの断り方15選

デートに誘わることは嬉しいことですが、やはり興味がない男性とデートに行くのは嫌でしょう。どうやって上手にデートを断れば良いのか、例をあげていきます。

断り方①うやむやに断る

興味のない男性にデートに誘われたら、「そのうち行きましょう」と断るのが良いです。興味のある人にデートに誘われたら、いつにするか日程を決める話になりますが、「そうですね、そのうち行きましょう。」と話をうやむやにして断る方法をしてみましょう。

デートをいつにするか日程を決める流れにしないことで、その人とデートに行く気がないというのが伝わるのです。しかし、とても興味があってデートしたいと思ってる人が誘ってきた場合、デートの日にちを決めようと「今週末はどう?」と言ってくることがあります。そういう時は、別の上手なデートの断り方で断りましょう。

断り方②予定が立っていないと断る

興味のない男性からLINEやメールでデートのお誘いがきたら「まだ予定が立っていないので」という断り方もあります。仕事の会議などといった重要な予定、友人同士の予定など理由は何でも良いです。いつになるか分からないが、予定がが立っていないということを相手に伝えてみましょう。

自分が気になっている人からのデートの誘いだったら「○日はダメですが、△日はどうですか?」という流れになります。しかし興味がない相手だった場合は「予定が立っていない=何も予定を決められない」とふわふわした感じで会話を終わらせると、脈がないということを柔らかく相手に伝える事ができます。

「○日はどうですか?」というデートのお誘いであれば、この断り方が良いです。しかし、「いつなら大丈夫?」と聞かれた場合は、別の上手なデートの断り方が必要です。

断り方③親族を巻き込んで断る

まだ知り合って間もない人で一度もデートをしたことのない、興味のない男性からLINEやメールでデートに誘われた時は、親族を巻き込んだ断り方もあります。「○日は両親との約束がある」「祖父母の家に行く」「親(祖父母)の介護をしなければならない」と伝えれば「自分も行く」などと言ってくる人はほぼいないでしょう。

親族を巻き込んでデートのお誘いを断る時も「いつなら空いてる?」の質問の前に話を終わらせておくことが大切です。何とかデートを上手に断ることが出来たとしても「いつなら…」と言った言葉で追い込まれてしまう時もありますが、その場合は他の断り方をしてみましょう。

上手に断らないと、興味のない相手との残念な時間を過ごすデートをしなければいけなくなってしまいます。

断り方④2人きりでいくことは断る

上手にデートのお誘いを断るには、2人きりは嫌だということをハッキリと言わずに伝える方法があります。デートのお誘いを受けた時に「皆で一緒に行きましょう」と、2人で行きたくないことを遠回しに伝えてみることです。

相手がかなり鈍い人でなければ、脈なしであることに気付くはずです。脈ありならば、2人きりでデートをしたいと思うのが普通だと考えるからです。もし「皆で一緒ではなく、2人きりがいい」とハッキリ言われた時のために、他の上手な相手を傷つけないデートの断り方も用意しておきましょう。

断り方⑤敢えて丁寧に断る

興味のない男性からのデートの断り方の1つに、「敢えて丁寧に断る」という方法があります。

LINEやメールに「何度も誘って下さるのに、断ってばかりで申し訳ないです」といった柔らかい文章を相手に送ると「誘われることに困っている」ということを伝えることが出来るでしょう。その上、何回誘われても「あなたとはデートするつもりがない」ということも、LINEやメールの文章から相手に伝えることが出来ます。

「何回も誘ってない」と言われたら、「そうですか?もう何回もお誘い頂いている気になっていました」と答えることで、デートのお誘いに困っていることを更に相手に伝えることが出来るでしょう。

断り方⑥とぼけた感じでスルーする

話の合間にデートのお誘いがあった時は、「とぼけた感じでスルーする」のも1つの案です。例えば「今度〇〇に行こうよ」と誘われたら、「○○って楽しいですよね。先日友達と行ったんですよ」とデートのお誘いを受けていることに気付いていないふりをしてしまうのです。

「違う違う、デートしようってこと」と言われたら「私とですか?」ととぼけてしまうことで、相手に話が通じていないと伝われば成功です。これ以上デートを誘ってくることはないでしょう。敏感な相手であれば、脈なしであることに気付く可能性大です。

断り方⑦こちらから連絡するといってあいまいに断る

LINEやメールでのデートのお誘いを受けた時に、上手な断り方の1つに「こちらから連絡するといってあいまいに断る」という方法があります。この方法は、相手を傷つけない方法なのでおすすめです。

興味のない人からLINEやメールでデートのお誘いがあった時「こちらから連絡しますね」と伝えるのです。いつ連絡するといった内容を伝えないことで、脈がないことに気付かせる方法です。相手に脈があれば普通はデートの日にちを決めますが、相手がかなりの鈍感でなければこの方法で気付くでしょう。

もし再度デートのお誘いを受けるかもしれませんが、別の断り方をせずにあえて同じ断り方をすることで、相手にきちんと脈がないことを気付かせることが可能です。

断り方⑧友達と一緒に行くところだったと断る

「最近話題の○○に一緒に行こうか」という感じでデートのお誘いを受けた時は、「今度友達と行くことが決まってるんです」と断る方法があります。デートの場所としては良いけれど、一緒には行きたくないことを伝えることが出来ます。

映画や遊園地に誘われたりしても「今度友達と行ってみます」と言えば、脈がないことを伝えることが出来るでしょう。「デートはお断り」という意味をきちんと込めましょう。

断り方⑨別の人を紹介するといって断る

ずる賢い断り方となりますが、「別の人を紹介する」と言ってデートを断る方法があります。「あなたと気が合いそうな人がいるので、紹介しましょうか?」と言うことで、自分はその男性に脈がないということを知ってもらえるでしょう。

しかし男性は真剣にデートに誘っているのにも関わらず、別の人を紹介すると言われてしまうと「酷いな」「失礼だな」と感じることがあります。相手の様子を見ながら、この断り方を使うかどうか考えてみましょう。

断り方⑩没頭するものがあるといって断る

興味のない男性からLINEやメールでデートのお誘いを受けた時は、「没頭するものがある」と言って断る方法もあります。没頭するものは何でも構いません。趣味やペットの世話、家の掃除など、どんな理由でも大丈夫です。普通に考えれば重要な用事ではないですが、デートする時間がないということが相手に伝わるでしょう。

好意のある男性とのデートであれば、そういった重要でない理由なら後でにして、その相手とデートに行くでしょう。しかし、その重要でない理由でデートを断ることをすれば、脈がないことを相手に伝えることが出来ます。

断り方⑪最近は忙しくて余裕がないといって断る

LINEやメールで気のない男性からのデートを上手に断る方法として、「最近は忙しくて余裕がない」と言うことも1つです。男性からデートに誘われた時だけではなく、返事が面倒だと思ったら「最近は忙しい」と何となく答えることがあるでしょう。

忙しい理由は何なのか、いつならデート出来るのか、明確な情報を伝えないこの言い回しはデートのお誘いを完全に拒んでいる言い方になります。「最近は忙しくて余裕がない」と言われたら、その男性は「頑張ってね」としか言えません。デートに誘ってきた男性を完全に拒否したい時には、ベストな断り方です。

断り方⑫冗談に変えて断る

あまり興味のない男性だけど、友人関係だったり、仕事や学校でよく会う人だからデートのお誘いを上手く断りたいといった場合、そのお誘いを「冗談に変える」という方法がおすすめです。人間関係がダメになってしまわない断り方です。

LINEやメールでデートのお誘いを受けても「冗談でしょ」「冗談好きなんだから」と何度誘われても伝えれば、脈がないことに気付いてデートには誘わなくなるでしょう。デートに誘った事実すらなくなるので、「とぼけた感じでスルーする」と同様、角が立たないデートの断り方です。

断り方⑬男性との約束があるといって断る

気乗りしない男性からデートのお誘いを受けた時は、「男性との約束があるんです」と言う方法もあります。かなり鈍い人でなければ、「恋人がいる」と思うはずです。「恋人がいるのか」と聞かれたら「いる」と答えても良いですし、「ご想像にお任せします」と答えても良いでしょう。

断り方⑭仕事を理由に断る

LINEやメールでデートに誘われた時、相手を傷つけない断り方の1つに「仕事を理由に断る」という方法があります。仕事が理由であれば、やむをえないと相手が諦める可能性大ですが、注意しなくてはいけない点があります。それは、SNSにプライベートをアップしないことです。

LINEであればタイムラインという写真や文章をアップできるページがあります。そのページに友達と遊んでる写真や文章をアップしてしまうと、「デートを断って友達と遊んでる」とバレてしまい、相手を傷つけたり気まずくなったりしてしまいます。

断り方⑮さりげなく会話をそらして断る

LINEやメールでデートのお誘いを受けた時、相手の顔が見えないことが最大の利点です。デートのお誘いをしてきた相手は自分が何をしているか見ることが出来ないので、ただ返事が返ってこないのか、寝てしまったのか分からないのです。

そのため、さりげなく会話を逸らして寝てしまったことにしてもいいでしょう。次の日に「寝てしまってごめんなさい」と謝れば、いつの間にか話がデートの話題から変わっていきます。LINEのスタンプを使うだけでも、話を逸らすにはうってつけです。

知っておきたい!相手を傷つけない断り方

デートに誘われることは大変嬉しいことですが、相手を傷つけない断り方がないかと悩むこともあるでしょう。せっかくデートに誘ってくださったのだから、相手を傷つけない、デートのお誘いを上手に断る方法を紹介していきます。

①恋人がいることをほのめかす

興味のない人から何度も何度もデートに誘われたら、「恋人がいることをほのめかす」ことが一番良いでしょう。恋人の存在を知らせることで、デートのお誘いは完全になくなること間違いなしです。相手を傷つけることもないので、おすすめの断り方です。

②別に好きな人がいることを伝える

興味のない人からデートに誘われそうになったら、「気になる人がいる」「好きな人がいる」と言ってしまえば、それ以上しつこくデートに誘って来ることはないでしょう。例え好きな人がいない状態でも、特に問題ありません。好きな人が本当にいるかどうか、確かめてくる人はそうはいないのです。

③親の事情をほのめかす

相手を傷つけずに上手にデートを断るポイントは、デートを断る理由が「あなたではない」ということを伝えることです。その1つに、「親の事情をほのめかす」という方法があります。「親の具合が悪くて看病しないといけなくて」とほのめかせば、相手を傷つけずに上手にデートのお誘いを断ることが可能です。

④一度は喜んでみる

特に目上の人に対して使える上手にデートを断る方法に、「一度は喜んでみる」というものがあります。デートに誘ってきた相手を良い人にしてしまうのです。

例えば先輩からデートのお誘いがあった時、「ありがとうございます!先輩は、本当に頼りがいがありますね。私はその日予定があるので、○○ちゃんなら大丈夫かもしれません。聞いてみますか?」といいます。そうすると先輩は後輩の面倒を見てくれるために誘ったのだという状況を作り、他の人を引き込みます。

「休みの日まで後輩の世話をしてくれる優しい先輩」という雰囲気を作ってしまいましょう。周りの人たちにも「頼りがいのある優しい先輩」ということをアピールします。そうすれば、その先輩はこれ以上デートに誘いづらくなるでしょう。

気を付けたい!相手を傷つけてしまう断り方

相手を傷つけず上手にデートを断るには、相手を傷つけてしまう断り方を知っておくことです。デートを断るということは、少なからず相手を傷つけてしまいますが、できるだけ今後の人間関係に響かないような断り方を考えましょう。

①ズバリ本音を言う

上手にデートを断るには、思っていることを正直に伝える断り方はおすすめしません。「興味がない」「好きじゃない」「顔が好みじゃない」というのが正直な気持ちだったとしても、それをそのまま素直に言ってしまっては、相手は立ち直れないくらいショックを受けてしまいます。

相手に諦めてもらうには簡単な方法ですが、デートのお誘いをしてきた人が会社関係の人やこれからも関係性を保っていかなければいけない相手だと、この断り方は今後の関係に悪影響を及ぼします。

興味のない人であったとしても相手の気持ちを尊重して、傷つけない言葉を選んで断りましょう。結果としてデートを断るにしても、傷つけない言葉を伝えれば相手が受け取るイメージも変わります。

②誘いを無視をする

興味のない人からのデートのお誘いを断ること自体、面倒を感じることもあるでしょう。LINEやメールでデートのお誘いを受けた時は、返事をせずにこのままにしてしまおうと思う人もいます。直接会ってデートに誘われた時に「あとで連絡します」と返事をしたが、後日相手に返事を返さないという時もあるかもしれません。

どちらの状況にせよ、「無視する=デートのお誘いを断る」ということにはなりません。返事がないのは、忙しいからだと都合よく解釈する人もいるのです。返事がないことは相手を傷つけるだけで、お誘いを断ったことにはなりません。あとあと返事の催促を何度もされたり、面倒なことにならないためにも、礼儀として返事は必ずすることにしましょう。

③素っ気ない態度で断る

気乗りしないデートのお誘いだったとしても、素っ気ない態度で断るのはNGです。今後の人間関係にヒビが入りかねません。相手を傷つけない断り方は、忙しいのであればその理由を伝えることです。デートに行っても良いと思う相手だったら他の候補日を挙げてみて下さい。

④当日のドタキャン

気が乗らないデートを断るのが面倒に感じても、デート当日にドタキャンするのは絶対にやってはいけません。前日までにはきちんとデートが出来ないことを伝えましょう。そして、きちんと人間としてのマナーは守りましょう。

メールやLINEで上手にデートを断る方法

気乗りのしないデートのお誘いを受けた時、お断りのLINEやメールを書くのはかなり面倒です。相手を傷つけずに、上手にデートを断るLINEやメールの返事の書き方を紹介します。

①返信は必ずする

「返信をしない=デートを断った」ということにはなりません。LINEやメールでデートのお誘いがあったら、必ず返信をしましょう。そうでないと、何度も返事の催促が来ることになるからです。何度も催促の連絡があるのは、嫌だと感じるでしょう。そのため、デートを断るのであればきちんと返事をすることが大事です。

②短文にする

メールやLINEで上手にデートを断るには、「短文にする」のがポイントです。デートに行けない理由を具体的に書くのはおすすめしません。なぜならば、何度も誘われる原因になるからです。

「あまりあなたのことを知らないので」と言えば、「食事に行って話そう」と言われるかもしれません。デートに行けない理由をパスすれば、デートに行けると思われてしまいます。具体的にデートを断る理由を伝えた方が丁寧で良い気がしますが、端的にはっきり言った方があとあと面倒になることでしょう。

③会話を終わらせるような返信をする

メールやLINEでデートに誘われた時、何度もやりとりはせずに、早めに会話を終わらせましょう。長々とやりとりすることで、相手をより傷つけてしまったり、まだ誘えばOKがもらえるかもしれないと勘違いさせてしまいます。

気になる男性からのデートの誘いを断わる方法

興味のない人からのデートのお誘いを断るには、傷つけない言葉を選んで上手に話せば良いですが、好意をもっている人からのデートのお誘いの断り方が問題です。デートに行きたいけれど、外せない用事があることをきちんと話すことが重要です。ここからは、気になる男性からのデートの誘いを断わる方法を考察していきましょう。

方法①自分から連絡する日時を伝える

気になる男性からのデートのお誘いの断り方は、何故断るのか理由をきちんと言い、「明日連絡させて下さい」などといつ連絡するのか具体的に伝えるのが良いでしょう。具体的に「明日」などの日を入れることで、脈があることをアピール出来ます。

方法②相談があるのでまた誘ってほしいと伝える

気になる男性からのデートのお誘いの断り方は、「相談があるからまた誘ってほしい」と伝えることです。次につなげる断り方なので、脈があると気づいてもらえるのです。相談でなくても良いのですが、「相談がある」というのは脈があると思わせる便利な理由となるのです。小さなことでも良いので相談事を見つけておきましょう。

気のない男性からのデートの誘いを断る方法

気になる男性には気を遣いますが、興味のない男性には傷つけない断り方をすることができます。人間関係にヒビが入らなければどんな断り方でも良いでしょう。いくつか気のない男性からのデートの誘いを断る方法を紹介します。

方法①幻滅させる

これは直接デートに誘われた時の方法です。デートのお誘いを受けた時、電話がかかってきたふりをし、わざと相手から嫌われるような女性を演じます。「ふざけないでよ!無理なものは無理!」など、相手が幻滅するような話し方をすることで、デートのお誘いをしてきた男性は引いていることでしょう。

電話の後、「何の話でしたか?」と聞くと、その男性は「何でもない」と引いてくれる可能性大です。他にはデートに誘われた時、近くにいる友人に協力してもらいその友人と口論してみても良いでしょう。きちんと協力してくれる信頼関係のある友人が近くにいる時に限ります。

どちらにせよ、その男性に対して「自分は実は恐ろしい女なんだ」と幻滅させるという方法です。演技力がものを言う方法ですので、演技力に自信のある方は実践してみましょう。

方法②別の男性の相談をする

興味のない人からデートに誘われそうな状況になったら、誘われる前に「気になる人がいる」「好きな人がいる」などと恋愛相談をしてみるのも良いです。これは本当に好きな人がいる場合に有効です。なぜならば、相談した人が応援してくれる可能性があるので、この人からのデートのお誘いを断らずに済むので便利な方法です。

好きな人がいるということは脈がないことに繋がるので、デートのお誘いをしてくる人はいないでしょう。好意のある人からの恋愛相談であれば、恋のキューピッドになってくれるかもしれません。もし、それでも「話聞くから食事行こう」とデートに誘ってきたら、「自分で頑張るから大丈夫」と相手の応援は不要であることを伝えておきましょう。

方法③男性の影をのぞかせる

興味のない人の中には、何度も何度もデートのお誘いをしてくる人がいるかもしれません。そういう人には「彼氏がいる」と伝える方法が良いです。これ以上恋人がいる人を無理にデートに誘うことはないでしょう。その男性も傷つけないので、おすすめの方法です。

彼氏がいなくても、上手にデートを断るのに有効な方法です。本当は彼氏がいないとバレたとしても、その男性は「デートしたくなかったんだな」と知ることになるだけです。

方法④忙しさをアピールする

とにかく、常に忙しいということをアピールしてみましょう。いつ誘われても「忙しい」と答えていたら、「いつなら空いてる?」と聞かれるかもしれません。そういう時は「○ヶ月先まで予定がいっぱいなんです」と答えてみましょう。ここまで言うと、相手もいい加減脈がないことに気づきます。

気のない相手からのデートの誘いも傷つけない断り方で!

傷つけないデートの断り方についてお伝えしましたが、デートを断られることは少なからずショックを受けます。しかしその後の人間関係にヒビが入らないように、相手の恨みを買わないように、より一層傷つけないように、興味のない相手でも気を使いながら断っていきましょう。

ここで紹介した相手をその気にさせないよう、傷つけないデートの断り方を参考にしてみてください。

関連する記事はこちら

Thumbおうちデートですること21選!彼氏と家でイチャイチャしよう
「おうちデートってどうすればいいの?」と思う人もいることでしょう。ゲームや映画、料理など、部...
Thumbごめん避けする女性の態度や特徴!好き避けとの見分け方は【職場など】
好きな女性から避けられるような態度を職場などでされると、いわゆる好き避けなのか、それとも脈無...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
YUK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ