日航機墜落事故の真相!生存者の川上慶子ら4人のその後/現在は

御巣鷹で発生したJAL123便の日航機墜落事故の真相を追います。生存者は川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人のみで、機長を含め520人が死亡した悲惨な事故です。日航機墜落事故の原因や、川上慶子さんら生存者のその後から現在を調査します。

日航機墜落事故の真相!生存者の川上慶子ら4人のその後/現在はのイメージ

目次

  1. 1日航機墜落事故とは
  2. 2日航機墜落事故の経緯
  3. 3日航機墜落事故で川上慶子さんらが生存できた理由
  4. 4日航機墜落事故後の川上慶子さんら生存者の苦悩
  5. 5日航機墜落事故の救助や捜索が遅れた真相
  6. 6川上慶子さんら4人の生存者のその後
  7. 7日航機墜落事故の生存者川上慶子さんらの現在は幸せだと願いたい

日航機墜落事故とは

JAL123便が御巣鷹に墜落した日航機墜落事故をご存知でしょうか。日航機墜落事故が発生してから数十年もの年月が経過しているので、日航機墜落事故について聞いたことがないという方や記憶に残っていないという方も少なくないかもしれません。日航機墜落事故とはどのような事故であったのか、まずはその概要について紹介していきます。

1985年に起きたJAL123便墜落事故

日航機墜落事故とは、1985年8月12日に発生したJAL123便墜落事故のことを指し示しています。当時、このJAL123便には乗務員と乗客が合計で524人搭乗していました。羽田発伊丹行のJAL123便は、羽田空港を出発してからわずか12分後に機体に異常が起こりました。

機長らはどうにか持ち直そうと懸命に尽力しましたが、努力が叶うことはありませんでした。JAL123便の機体に異常が発生してからおよそ30分後には、群馬県にある御巣鷹の尾根に墜落することになるのです。

犠牲者520人の未曾有の大事故

日航機墜落事故は搭乗していた524人のうち520人が命を奪われ犠牲となっており、この犠牲者の数は日本における航空機の事故の中でも最も多くなっています。また、世界においてもこの犠牲者520人という数は最多であるようです。そのため、日航機墜落事故は航空業界の中で未曾有の大事故だとされています。

日航機墜落事故は、歌手であった坂本九さんや女優の北原遥子さんら芸能人、有名企業の社長などの著名人やその関係者も多く犠牲となった大規模な墜落事故となりました。

生存者は川上慶子さんを含む4人のみ

日航機墜落事故でJAL123便に搭乗していた524人のうち520人が犠牲者となるなか、生存者は川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんのたった4人でした。この4人の生存者からの話によると、墜落直後はお互いを励ます声や、捜索を願う話し声が周囲から聞こえていて、おそらくもっと生存者が存在していたようです。

しかしながら、捜索が難航して到着が遅くなったことによりその声もだんだんと聞こえなくなっていき、最終的に生存者は4人となってしまったようです。

日航機墜落事故の経緯

何が原因となり、どのようにして日航機墜落事故は起きてしまったのでしょうか。ここからは、当時のJAL123便の状況や日航機墜落事故の発生した経緯や原因について詳しくその真相へと迫っていきます。

夏休み中で満席の乗客

日航機墜落事故が起きた1985年8月12日は、ちょうど夏休み期間の真っただ中でした。さらに、お盆休み期間で帰省シーズンだったということもあり、夕方からの帰省客などでJAL123便は満席となっていたようです。

そして、事故当日このJAL123便では副機長の機長昇格訓練も兼ねていました。原則としてコックピットでは機長が進行方向の左側に着席して、副機長が右側に着席するのですが、機長昇格訓練も兼ねていたために通常とは左右逆の席に座っていたようです。

離陸後12分後に異常発生

合計524人の乗客乗務員を乗せたJAL123便は、出発予定時刻から4分遅れの18時4分に羽田空港を出発しました。そして18時12分には滑走路から離陸します。ところが離陸から12分後の18時24分のことです。JAL123便の機体に突如として異常が発生します。

いきなりの轟音と共にJAL123便の垂直尾翼は大部分が破壊され、航空機の各部分へ油圧や電力、圧縮空気を提供するための小型エンジンも失ってしまいました。

さらにそのときに油圧操縦システムがすべて破損してしまい、それにより操縦システムに不可欠な油が流れ落ちたため、操縦桿を使ってのJAL123便の機体コントロールを行うことが出来ないという異常事態となってしまったのです。

緊迫する機長と管制塔

機長はこの異常事態が発生した後、急場を要する事態だと判断して管制塔へ緊急SOS信号を発信し、羽田空港へ戻ることを申し入れました。機長からの緊急SOS信号を受信した管制塔がそれを受け入れ、羽田空港もJAL123便の緊急着陸受け入れの準備を進めました。

管制塔はJAL123便に対し、無線で航空進路の指示をします。ところが機長からの返事は「But now uncontroll(操縦不可能)」というものでした。この時点で初めて管制塔は、JAL123便が操縦不可能な状態であることを把握するのです。その後もJAL123便が御巣鷹へ墜落するギリギリまで、管制塔と機長は緊迫した中でやり取りを続けていたようです。

無線応答が途絶え、レーダーから姿を消した後も、管制塔は無線を発信し続けました。JAL123便が低空飛行を続けている可能性が残されていたためです。しかし、その時JAL123便はすでに御巣鷹へ墜落した後でした。応答が返ってくることは無かったのです。

御巣鷹に墜落ののち爆発炎上

垂直尾翼の大部分を失ったために不安定となったJAL123便の機体は、上昇や下降を繰り返しながらも機長や副機長らの懸命の努力により、地上から6000メートル付近でおよそ17分間の飛行を続けていました。JAL123便は羽田空港方面へ向かっていたものの、埼玉県上空の強風によりあおられ、左旋回して群馬県にある山岳地帯へと向かい始めたようです。

その後も何とかして持ち直そうと、機長らはJAL123便の機体コントロールを試みたといいます。ところが南西からの強風にあおられたことがきっかけで、機体は急降下を始めます。

ついには右主翼と機体後部が御巣鷹の地面と接触します。すべてのエンジンや右主翼の先端などが外れて落下したことで、JAL123便は機体の後部が分離するという事態に直面するのです。

そして残ったJAL123便の機体前部分は、前のめりに反転しながら御巣鷹の斜面にひっくり返ったような状態で墜落しました。御巣鷹へ墜落した際の数百Gとも言われている強い衝撃が原因で、JAL123便の機体前部分は元の形が判別できないほどに破損し、そして爆発、炎上となったようです。

原因は機体の修理ミス

御巣鷹での日航機墜落事故が起こった原因は、JAL123便の機体の修理ミスであるとされています。日航機墜落事故が発生してから2年後である1987年6月19日に、航空事故調査委員会は日航機墜落事故の事故原因の報告書を公表しています。

それによると、このJAL123便は1978年6月2日、伊丹空港に着陸する際、機体の後方部分を滑走路にぶつけてしまうというしりもち着陸事故を起こしています。その後ボーイング社が修理を行うのですが、その修理が充分でなかった可能性が指摘されています。そのため圧力隔壁が壊れてしまい、日航機墜落事故の原因となったと推測されているのです。

実際、1985年2月から日航機墜落事故が起きる同年8月までの半年の間に、JAL123便の機体後部の扉の欠陥が28件も報告されているようです。この欠陥事由も、しりもち着陸事故によって引き起こされた機体のゆがみが原因である可能性があるとされています。

日航機墜落事故の事故原因の報告書にあった以外にも、遺族や航空関係者などから他の原因を訴える声もあがりましたが、現在でも再び事故原因の究明は行われていないようです。

絶望的な状況から川上慶子さんらを発見

JAL123便が御巣鷹へ墜落してからおよそ20分後に、米国軍の輸送機によって御巣鷹付近での大規模な火災が発見され、航空自衛隊へと通報がありました。JAL123便の墜落発生からおよそ1時間46分後には、救助のためのヘリコプターがJAL123便墜落現場である御巣鷹付近の上空へと到着しました。

しかしながら、当時の救急のヘリコプターには夜間救助に対応する設備が搭載されていなかったため、日航機墜落事故当日の夜間救助は行われなかったようです。

日航機墜落事故発生の翌日である1985年8月13日の早朝から、再び救助、捜索活動が再開されました。しかしJAL123便墜落現場である御巣鷹は、急こう配な斜面の続く山道であったため、地上から墜落現場まで到着するのにはかなりの時間を要したようです。

火災の被害も大きく、JAL123便の損傷も激しいという絶望的な状況で生存者はいないだろうと思われていた中、信じられないことに川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人の生存者が発見されました。4人全員が重傷状態となっていて、ヘリコプターによって救助され、そのまま病院へと搬送されて行ったようです。

日航機墜落事故で川上慶子さんらが生存できた理由

日航機墜落事故によるJAL123便の機体の損傷、大規模火災という絶望的な状況のなかで、なぜ生存者の川上慶子さんら4人は生き残ることができたのでしょうか。それには主に2つの理由があるようです。日航機墜落事故で奇跡的にも生存者となることができた理由を詳しく見ていきましょう。

理由①先に墜落した機体後部にいた

生存者である川上慶子さんら4人は、日航機墜落事故当時、JAL123便の機体後部の座席に座っていたようです。このJAL123便の機体後部は、右主翼と共に御巣鷹の地面と接触した際に、JAL123便の機体前部と分離をしていました。そして御巣鷹の山の斜面とほぼ平行状態で着地し、そのまま滑るように落下していきました。

これにより、JAL123便の機体後部は御巣鷹の尾根への衝突を回避し、木々にぶつかりながら徐々にスピードを落としていったようです。そのため機体への衝撃が少なく済み、幸いなことに火災も発生しませんでした。

理由②最後尾の中央に座っていた

生存者の川上慶子さんら4人は、機内最後尾の中央近辺の座席に座っていたようです。座席のあった機体後部が、御巣鷹の地面と接触する際に発生する多大な衝撃を身体に受け、それにより即死となった人も多くいたと推測されています。

実際に、警察や自衛隊員が生存者の捜索中、遺体のほとんどはまるで眠っているようなきれいな状態であったため、隊員は遺体ひとつひとつの脈を調べて生存者の捜索をしていたようです。

生存者である川上慶子さんら4人は、座っていた姿勢や周囲の人や物が、偶然にも御巣鷹の地面との接触時の衝撃をやわらげるクッションのような役割を果たし、それにより命を取り留めることが出来たのではないかと考えられています。

このような理由により川上慶子さんら4人の生存者は無事発見されたのですが、墜落してすぐの時点では実はもっと多くの生存者がいたようです。救助作業がもう少し早ければ、より多くの生存者がいたかもしれないという意見も少なくありません。

日航機墜落事故後の川上慶子さんら生存者の苦悩

日航機墜落事故の生存者である川上慶子さんらには、事故のその後もたくさんの苦悩がつきまとい、苦しさを味わう日々が続いたようです。一体どのような苦悩を経験することになってしまったのでしょうか。

苦悩①ストーカー被害

日航機墜落事故はその規模の大きさや悲惨さもあり、連日メディアによって日本中に報道され続けました。もちろん生存者である川上慶子さんらが救助される映像も流れ、名前も公表されてしまいます。

日航機墜落事故のその後は、周囲の人からの激励や応援する声も多く寄せられたようなのですが、中には事故の真相を知りたいという好奇心からストーカー行為をしたり、迷惑電話などの嫌がらせをしてきたりする人もいたようです。

執拗なストーカーによる被害に、川上慶子さんら生存者の方々は、日航機墜落事故のその後も心休まる日々を過ごすことは難しかったと言えるでしょう。

苦悩②PSTD

生存者である川上慶子さんらはPSTDにも悩まされることになったようです。PSTDとは心的外傷後ストレス障害のことで、命の危険を感じるような出来事を経験することによって精神に強力なストレスを受け、そのことが原因となり引き起こる症状のことを言います。

日常生活の中で、経験した命の危険を感じるような出来事が突然フラッシュバックしたり、生活に支障をきたす程の苦しみをもたらしたりする影響を持つ障害です。搭乗している飛行機が墜落している最中の恐怖は計り知れないものがあるでしょうし、現在でもPSTDの症状が日航機墜落事故のことについて話をすると発生してしまうようです。

苦悩③嫌がらせ

日航機墜落事故で苦悩の日々を味わうことになったのは、生存者の川上慶子さんらだけではなかったようです。機長の娘である高濱洋子さんに対する嫌がらせも起こっていたようなのです。嫌がらせ行為は主に電話であり「多くの人の命を奪っておいてよく生きていられるな」というような機長の娘であるが故の逆恨みの内容がほとんどだったようです。

高濱洋子さん自身も父親を亡くして辛いなか、多くの心ない言葉を浴びせられて相当苦しい日々を過ごしたことでしょう。しかしながら、そんな嫌がらせの電話にも、高濱洋子さんのお母様は機長の妻としてきちんと丁重に対応していたようです。

日航機墜落事故の救助や捜索が遅れた真相

日航機墜落事故が発生してから生存者などの救助が開始されるまで、およそ14時間もの間が開いたようです。救助活動や捜索活動が遅れてしまった原因は何なのでしょうか。ここからは、その日航機墜落事故の救助や捜索が遅れた真相について迫っていきます。

真相①場所の特定が難航した

まずは、日航機墜落事故が発生した場所の特定が難航したことが真相として挙げられます。JAL123便が墜落し、管制塔のレーダーから消えてからおよそ1時間40分後にようやく航空自衛隊へ災害派遣の要請があったのですが、そこまで災害派遣の要請が遅くなった真相は、運輸省幹部による地上での位置特定に固執したということが原因となっています。

JAL123便の機体を発見したその後も、現場となった御巣鷹は複数の山の尾根が入り組んでいるところであったため、当時の設備環境では正確な位置特定が難しかったようです。そのため全く違う場所を墜落現場だとして発表したり、それを取り消したりと二転三転していました。

また地上での捜索には群馬県、埼玉県、長野県の各県警が行っていたのですが、それぞれの警察へ一般市民からの「煙を見た」「この方向に墜落して行った」などの墜落現場だと思われる通報が相次ぎ、その中にはデマの通報も含まれていました。それらが原因となり地上の現場は情報が錯綜して混乱し、JAL123便の墜落現場の特定が難航していたようです。

真相②活動休止命令が出された

活動休止命令が出されたことも、日航機墜落事故の救助や捜索が遅れた真相の1つであると言えます。JAL123便が御巣鷹へ墜落してからおよそ20分後に、米国軍の輸送機によって御巣鷹付近での大規模な火災が発見され、航空自衛隊へと通報がありました。しかし、その情報が活用されることはなかったようです。

さらに、米国軍の輸送機がJAL123便を発見した後に救急ヘリコプターを御巣鷹の現場へ派遣し、救助要請を待っていたのですが、救助活動開始間際に救助活動休止命令が発令されてしまったようです。この救助活動休止命令が発令されていなければ、もっと多く存在していたの生存者の命を救うことが出来ていたのかもしれません。

真相③夜間救難装備がなかった

救急ヘリコプターに夜間救難装備が搭載されていなかったことも、日航機墜落事故の救助や捜索が遅れた真相だと言えるでしょう。日航機墜落事故が発生した夜、航空自衛隊へ航空救助の要請があり救急ヘリコプターが出動しました。

しかし、当時所有していたヘリコプターにはナイトスコープなどの夜間救難装備が搭載されていなかったことを理由として、隊員が現場へ降りての捜索は行われなかったようです。救難用のライトを使用しての救助活動は可能であったはずなのですが、その真相がいかようなものであったのか現在でも曖昧な部分が多くあります。

そうは言っても、どのような真相であってもより早く救助活動をしてさえいれば結果は変わっていたでしょう。

川上慶子さんら4人の生存者のその後

日航機墜落事故の生存者である川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人は、日航機墜落事故が起こったその後、どのように過ごしていったのでしょうか。

生存者①川上慶子さん

川上慶子さんは日航機墜落事故が起きた当時は12歳でしたが、現在は45歳になられているようです。日航機墜落事故のメディアによる報道によってヘリコプターで救出されている姿が注目されました。北海道旅行の帰りにJAL123便に搭乗していたところを日航機墜落事故に遭遇してしまったようです。

日航機墜落事故のその後、成長してからは看護師の職に就き、1995年に発生した阪神淡路大震災の際にはたくさんの活躍をされました。その後はアメリカで現在の旦那さまとなる方と出会い、国際結婚をされました。日航機墜落事故が起きてからしばらくは飛行機に乗ることがトラウマとなっていたようですが、現在は克服したようです。

生存者②落合由美さん

落合由美さんはアシスタントパーサーでしたが、日航機墜落事故の当日はプライベートでJAL123便を利用していたようです。日航機墜落事故が起きたその後も日本航空の事故関連業務に携わっており、定年で退職されました。現在は59歳となり、大阪府内でご家族と共に生活されているようです。

生存者③吉崎博子さん

吉崎博子さんは5人家族の母親でした。事故当時は34歳で、現在は67歳になられているようです。日航機墜落事故の当日は、家族全員でJAL123便に搭乗していました。その中で生存者となったのは吉崎博子さんと娘である吉崎美紀子さんの2人だけだったようです。現在は、東京都内の実家で生活を送られているようです。

生存者④吉崎美紀子さん

吉崎博子さんの娘である吉崎美紀子さんは、日航機墜落事故が起きた当時8歳でした。事故が起きた時は骨折などの大きな怪我をしていましたが、その後は少しずつ回復していったようです。現在は41歳となり、母親の吉崎博子さんとともに東京都内で生活されているようです。

日航機墜落事故の生存者川上慶子さんらの現在は幸せだと願いたい

日航機墜落事故は1985年8月12日に御巣鷹で発生したJAL123便墜落事故のことで、当時JAL123便に搭乗していた524人中520人が犠牲となりました。これほどまでの犠牲者が出る航空事故は無く、現在でも未曾有の大事故だと言われています。

日航機墜落事故が起きた原因は、ボーイング社のJAL123便の機体修理ミスだという報告がなされました。しかし、遺族や航空関係者から他の原因を唱える声も多く挙がっており、真相は謎のままとなっています。

多大な犠牲者が出た中で生存者はいないだろうという絶望的な状況の中、信じられないことに川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人の生存者が存在していました。川上慶子さんら4人が生存者となった理由は、当時JAL123便の機体後部の中央付近の座席に座っており、運良く強い衝撃と火災を免れたことにあるようです。

日航機墜落事故の生存者である川上慶子さんらは事故のその後もさまざまな苦悩を経験し、辛い日々を過ごしました。現在は4人ともそれぞれの人生を歩んでいるようです。日航機墜落事故はたくさんの犠牲者が出て、その真相は不明な点も多くあります。生存者の方々の心情は計り知ることが出来ませんが、現在は幸せであることを誰もが願っているでしょう。

関連する記事はこちら

Thumbセウォル号沈没事故の詳細!事故原因や船長/生存者/遺族の現在は
セウォル号沈没事故は韓国最大の海難事故となった大型旅客船「セウォル号」が観梅島沖海上で転覆、...
Thumb良栄丸遭難事故とは!漂流したミイラ船の航海日誌・日記の内容は?
昭和元年(大正15年)千葉県銚子港から出港したマグロ漁船良栄丸が遭難し、11カ月間漂流した後...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ayys

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ