性の喜びおじさん(岩下竜二)とは【性の喜びを知りやがって】

性の喜びおじさん(本名・岩下竜二)は、電車内で撮影された動画で「性の喜びを知りやがって」や「許さんぞ」など独特のセリフや名言を残し一躍有名になった男性の愛称です。性の喜びおじさんがどんな人物なのか、現在は死亡しているとされる要因や死因について紹介していきます。

性の喜びおじさん(岩下竜二)とは【性の喜びを知りやがって】のイメージ

目次

  1. 1性の喜びおじさんとは
  2. 2性の喜びおじさんの素性
  3. 3性の喜びおじさんの独特なセリフや名言
  4. 4性の喜びおじさん衝撃のテレビデビュー
  5. 5真相を分析!性の喜びおじさん死亡説について
  6. 6話題になった「性の喜びおじさん」の素性は白日の下に…

性の喜びおじさんとは

性の喜びおじさんとは、京王井の頭線の車内で撮影された動画がきっかけになり、一躍インターネット上で有名になったおじさんの愛称です。

2016年9月29日18時8分にTwitterで「童貞をこじらせたオッさんの叫びが怖すぎるwwwww」という呟きを投稿したアカウントの所有者が無断盗撮した動画が反響を集め、数多くの人が閲覧、リツイートによる拡散を行いました。

この動画の中では「性の喜びを知りやがって」というセリフを初め、独特な言葉回しの名言が数々飛び出したことで人々の印象に残り、盗撮された男性も「性の喜びおじさん」と呼ばれ度々話題に上るようになりました。

また、現在は性の喜びおじさんは亡くなっていると言われています。何故そのように言われているのでしょうか。また、死因は判明しているのでしょうか。死亡の経緯や死因、それが性の喜びおじさんだと推定される理由についても紹介していきます。

本名は岩下竜二

性の喜びおじさんの本名は岩下竜二です。有名になった後TV出演を果たした彼は自身のプロフィールを公開し、その際に本名が岩下竜二であると判明しました。

岩下竜二は井の頭線や渋谷の街頭によく出没しており、動画が有名になると数多くの人が無断で盗撮をするようになり、度々威嚇するような言動をした動画がTwitterや動画投稿サイトに投稿されるようになりました。

中には、駅の改札を強行突破したり、突然地団駄を踏んで唾を吐くような動画が撮影されたり、成蹊大学の6号館で暴れて職員に取り押さえられたという情報が出るなど、凶暴な印象を与えるものも多く、同時期に注目を浴びていた糖質四天王と呼ばれるネット上の統合失調症の有名人たちと同類視されることもありました。

動画がきっかけでネットで有名

性の喜びおじさんの動画はTwitterから拡散され、現在ではYoutubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトにも数多くアップロードされています。動画の中では印象的なセリフが多く、現在では字幕を付けられている動画も数多く存在します。

「性の喜びを知りやがって」を初めとしたいくつかのセリフは名言とも評され、動画を観ればわかる通り、独特な言葉回しが非常に多く、とても耳に残るものばかりです。その冒頭をを引用すると、以下のような言葉が飛び出しています。

性の喜びを知りやがって!お前許さんぞ!
性の喜びを知りやがって自分たちばっかし、俺にもさせろよ!グギィィィ!…セックス…
コノヤロー…許さんぞ…自分ばかりしやがってよ…コノヤロー…
許さんぞこういうことは!

人の自由を剥奪しやがって。 性愛の自由を剥奪しやがって。
許 さ ん ぞ !

「性の喜びを知りやがって」以外にも「許さんぞ!」と何度も強調しており、とても印象に残ります。他にも人気アニメ『ドラえもん』のオープニングテーマになぞらえて「「あんなこといいな こんなこといいな」って言いながら、Loversやっとんだろ。Weekend Loverで」というセリフが飛び出したりもしました。

性の喜びおじさんのユニークな言葉遣いは多くの人から名言と言われ、面白いと評判を得ました。また、このようなセリフがぽんぽんと飛び出してくることから、実は性の喜びおじさんは頭がいい、高学歴なのではないか、という声も上がっています。

容姿は西郷隆盛似のおじさん

性の喜びおじさんこと、岩下竜二はその容姿が西郷隆盛に似ていることでも話題になりました。動画の中では性欲に対するアピールや言及が多いため、西郷隆盛をもじって「性豪隆盛(せいごうたかもり)」と呼ばれることもあるほどです。

確かに動画を観ればわかる通り、体格やくっきりと彫りの深い顔立ちが西郷隆盛にソックリです。後には2017年のプロ野球WBCの審判をしていた男性に似ていると話題になったこともありました。

性の喜びおじさんの素性

沢山の目撃談や盗撮動画を無断掲載されてしまっている性の喜びおじさんですが、果たして彼はどのような人物なのでしょうか、現在は何をしているのでしょうか。後にはTV出演を果たし、本名は岩下竜二であると判明しています。

また、中には性の喜びおじさんに直接話しかけたり、記念撮影をした人も存在します。ここからは岩下竜二の判明しているプロフィールや人柄について紹介していきます。

元々はサラリーマンで現在は無職

人気お笑い芸人、千鳥が司会を務めるBSテレビ『バズーカ』に性の喜びおじさんが出演した際、彼は自身の身の上や現在の状況を快く語ってくれました。

その内容によれば元はサラリーマンであり、そこそこ良い身分の役職についていたこともあったそうです。しかしながらどの仕事も長続きせず、過去には様々な仕事を経験しながら、現在では何も仕事をしていないことを明かしています。

TSUTAYAとスタバは出入禁止

TSUTAYAの前に立って、声かけてる。「I want to make love」とか「I want to feel extasy」「long long ago no make love」(いずれも、おじさんなりの英語)とかね。

TVの中ではTSUTAYAや周辺のほとんどのスタバで出入り禁止になっていると語っています。よほどのことがない限り出入り禁止にはならないはずですが、性の喜びおじさんはいったい何が原因で出禁になってしまったのでしょうか。インターネットマガジンの『日刊サイゾー』で取材を受けた際に性の喜びおじさんは上記ような発言をしています。

どうやら性の喜びおじさんはTSUTAYAの前で、上記のような英語で女性にナンパを繰り返しているようです。確かに、このような行為を繰り返していたら出入り禁止になってしまってもおかしくありません。少なくともお店から迷惑だと思われているのは明らかです。

母親の仕送りで生活している

無職の性の喜びおじさんは現在どうやって生活をしているのでしょうか。それについても彼はBSテレビ『バズーカ』の中で答えています。

現在は築21年のワンルームマンションを亡くなった父の遺産で購入して住んでいるそうです。そして、生活費などは熊本に住んでいる実家の母親に送ってもらっていると語りました。性の喜びおじさんのTV出演時の年齢は55歳です。そこから推測して母親の年齢はすでに70歳を超えているのはほぼ確かです。

明るく人懐っこい性格

インターネット上で話題になった後、性の喜びおじさんに直接話しかけたり一緒に記念撮影をする若者が急増しました。盗撮など、無断でカメラを向ける人には威嚇をするなど攻撃的な性の喜びおじさんですが、会話やインタビューをした人たちによると、気さくに対応してくれたとの意見が沢山出ています。

写真撮影にも快く応じてくれ、ネット上には性の喜びおじさんと一緒に撮影した写真がいくつも上がっています。会話をすれば面白く、人懐っこい性格で、話題になった動画を見るよりもずっとまともな会話ができるとの評判も上がっています。

性の喜びおじさんの独特なセリフや名言

性の喜びおじさんが有名になった理由の一つはその独特な言葉のセンスだと言われています。確かに動画を見ると普段の生活では聞かないようなユニークなセリフや表現が数多く飛び出しています。中には名言と言われるものまである性の喜びおじさんの印象に残るセリフをいくつか紹介していきます。

「性の喜びを知りやがって」

岩下竜二の愛称「性の喜びおじさん」の元になった名言です。動画内で発される「性の喜びを知りやがって!」の一言はとてもインパクトがある、まさに名言です。

55歳で23年間彼女なしとTVで発言している性の喜びおじさんですが、実は19歳の頃には彼女がいたそうです。これに対して視聴者からは「性の喜びしっとるやんけ!」「おじさんに裏切られた!」などのツッコミが飛び交いました。性の喜びおじさんはどうやら性の喜びを知っているようです。

「許さんぞ」

動画内でしきりに発される「許さんぞ」というセリフも名言として注目されました。イチャイチャしているカップルが羨ましいあまりに心の奥底から発された言葉のようです。

動画を見てもわかるように、怒っているというよりは嫉妬が全開なのがわかります。長らく恋人のいなかった性の喜びおじさんは幸せそうなカップルを見て、きっと感情が爆発してしまったのでしょう。

「諦めません、するまでは」

歴史の授業などで戦時中の有名な「欲しがりません、勝つまでは」という標語を習った人も多いことでしょう。その標語にとても似た語感を持つ「諦めません、するまでは」というセリフも性の喜びおじさんの名言と言われています。

もちろん、ここでの「する」とはセックスのことを指しています。よほど性欲が高まっていたのでしょうか、おじさんの性に対する執着が伺えるセリフです。

「猿芝居の猿」

初めて投稿された動画が有名になって以来、他にも性の喜びおじさんのことを盗撮した動画がいくつも投稿されるようになりました。その中でも注目を集めたものの一つが以下の動画です。

動画内では「猿芝居の猿」という言葉が軽快に何度も繰り返されています。この動画が公開されると「新たな名言が誕生!」とたちまちネット上で話題になりました。しかしながら、途中の「自分で考えて行動しろよ」というセリフは「猿芝居の猿」に掛かっており、社会的なメッセージを持つとの見解も出ています。

性の喜びおじさんが単に酔っぱらって、もしくは脳の障害によってよくわからずに発していたのか、それとも何らかのメッセージ性をもってこの発言をしていたのかは分かっておりません。しかしながら、電車の中で大声で独り言を言っている人がいたらほかの乗客に恐怖を与えるのは確かなことです。

性の喜びおじさん衝撃のテレビデビュー

インターネット上でたちまち人気となった性の喜びおじさんの話題はネット上に留まらず、ついにはTV出演を果たしました。オファーを快諾した性の喜びおじさんはメディアの中で何を語ったのでしょうか。そこには話題となった盗撮動画とは違った素の岩下竜二の姿がありました。

BSテレビ「バズーカ」に出演

性の喜びおじさんが出演したのは、高校生RAP選手権などで有名なBSスカパー!の『バズーカ』というバラエティ番組です。番組内では人気お笑い芸人千鳥が性の喜びおじさんにインタビューを行い、これによって彼の本名が岩下竜二であること、年齢が55歳であること、そして現在何をしているかなど多くの謎が明かされました。

千鳥のインタビューが超絶!

千鳥のインタビューはとても評判で、「性の喜びおじさんの方が千鳥よりも面白い!」という意見も飛び交うほどでした。インタビューでは動画とは全く違ってしっかりとした受け答えをしており、東洋大学文学部インド哲学科卒業であることやジムでボディビルをしていた経歴なども明かしてくれました。

ネットでの反響

例の動画については酔っぱらって心の声が溢れ出てしまったところを撮られてしまったと語っており、お酒を飲むと独り言を言ってしまう癖があることも話しました。

インタビューの様子からもお酒を飲まなければそれなりに常識を持った人物、と視聴者からは評価を得て、今まで噂されていた「性の喜びおじさんは精神異常者である」という認識も改められる結果となりました。

真相を分析!性の喜びおじさん死亡説について

残念ながら性の喜びおじさんは既に亡くなっているという説が濃厚です。それは単なる憶測ではなく、ニュースで死亡や死因が報道された男性の特徴や行動範囲に性の喜びおじさんと一致する箇所が多く、ほぼ確定的とされている為です。

しかしながら、死因ははっきりとしているものの故人のデータに関しては公開されておらず、それが本当に岩下竜二であったのかは公になっていません。その為、彼が亡くなったとされる日以降も目撃情報があったり、生きているという説が現在も時々囁かれているのが現状です。

電車内で起こった死亡事件で死亡

2017年3月11日午後、東急田園都市線の車内で乗客とトラブルを起こした男性が死亡したというニュースが流れました。死因はトラブルになって暴れた男性を取り押さえた時に首を抑えつけたことが原因だと言われましたが、その後に死因は胸部の圧迫だということがわかっています。

この死亡事故がニュース番組でオンエアされるとネット上で「この男性は性の喜びおじさんではないか?」とたちまち話題になり、死亡の経緯や死因についても様々な意見が飛び交いました。

死因は制圧された際の圧迫死

男性は車内で叫ぶなどの奇行をしており、注意した男性に殴りかかったとして居合わせた乗客3人に桜新町駅のホームで取り押さえられました。

男性はうつ伏せの状態で肩や足を素手で押さえられていましたが、突然意識を失い、搬送先の病院で死亡しました。当初はっきりとした死因は不明とされていましたが、その後の報道により取り押さえられた際に心臓などを圧迫されたことが原因で亡くなったと、死因が明らかになっています。

亡くなった男性と特徴が一致?

亡くなった男性が性の喜びおじさんだとされる要因は、彼のよく利用していた田園都市線で起こった死亡事故であることや50代と推定されたこと、そして服装の特徴が過去に撮影されたおじさんの服装と酷似していたことが挙げられます。

また、男性は社内で卑猥な言葉を叫んでいたようで、性の喜びおじさんが有名になった動画からしても彼がそのような言動をした可能性が充分にあると考えられているため、死亡した男性が性の喜びおじさんであると言われる大きな理由となりました。

現在も生存説が囁かれる

性の喜びおじさんが亡くなったとされる2017年3月11日以降、おじさんを見たというツイートや記念写真を撮ったという写真が投稿された為、彼がまだ生きているという説が出回りました。しかし、写真がいつ取られたものかなどの証明ができない為に、どれも彼の生存を決定づける証拠にはなっておりません。

そして、2017年6月24日に性の喜びおじさんの知人男性が、彼が住んでいた住居に建造物侵入し逮捕されるというニュースが報道され、その際に「ネット上で性の悦びおじさんの呼び名で知られ、すでに死亡した50代の男性の家に侵入した」と報じられたことから、性の喜びおじさんの死はほぼ確定的になりました。

話題になった「性の喜びおじさん」の素性は白日の下に…

一つの動画から一躍有名となった性の喜びおじさんは当時ブレイクしていたピコ太郎のように、今後もっとメディアに進出されると期待されていました。しかし、死亡事故があったとされる日以降確かな目撃談はなく、ニュースで死因もはっきり報道されていることから死亡はほぼ確実と言われています。

現在もなお、性の喜びおじさんの死を惜しむ声は多く、また「性の喜びを知りやがって」や「許さんぞ!」など彼の残した名言はネット上でも頻繁に使われています。おじさんが盗撮動画に留まらず、TV出演やインタビューを受けたことでその人となりを知った人もいるはずです。性の喜びおじさんの名前や名言はこれからも語り継がれることでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb性の喜びおじさんが死亡?死因や犯人に現在も囁かれる生存説とは
「性の喜びおじさん」という人物をご存知ですか。電車内でのサラリーマンとの争いによる死亡説もあ...
Thumb左足壊死ニキの意味とは!死亡説や病気の噂もある現在の状態は
左足壊死ニキをご存知でしょうか。正体は不明ですが、強烈な臭いと左足を引きずる姿がネットで有名...
Thumb風船おじさん(鈴木嘉和)の今!ファンタジー号事件の真相・その後は
風船おじさんこと鈴木嘉和をご存知でしょうか。彼はファンタジー号事件を最後に行方不明となり、完...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
貴海ゆき

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ