優しい人の特徴15選!本当に優しい人とは?いい人との違いは

好きなタイプに「優しい人」と答える人は多いですが、本当に優しい人とはどういう人を指すのでしょうか。また、「優しい人」と「いい人」の違いはどこにあるのでしょうか。この記事では優しい人の性格や見た目、特徴をまとめ、さらに優しい人になるメリットもご紹介します。

優しい人の特徴15選!本当に優しい人とは?いい人との違いはのイメージ

目次

  1. 1ただの良い人と優しい人の違いとは
  2. 2本当に優しい人の特徴
  3. 3本当に優しい人が絶対にしないこと
  4. 4見た目から違う?本当に優しい人の外見とは
  5. 5本当に優しい人になるためのポイント
  6. 6本当に優しい人でいることのメリット
  7. 7特徴を知って本当に優しい人になろう

ただの良い人と優しい人の違いとは

男女問わず好きなタイプとして挙げられる「優しい人」ですが、どういう人かをしっかり説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

その理由の一つに、優しい人と勘違いされがちなただの「いい人」の存在が挙げられます。まずは本当に優しい人とただのいい人の違いはどういったところにあるのかを見ていきましょう。

ただのいい人は「都合のいい人」

ただのいい人とはどんな人なのかを探ってみると、「都合のいい人」という解釈ができます。「いい人だね」という評価は、褒め言葉のように受け取れますが実際にはそこまで褒めているわけではなく、それでも相手を悪い気にはさせないのでその場の空気を悪くせずに収めることができる魔法の言葉とも言えます。

実際には特になんとも思っていないどうでもいい人ですが、それでも険悪にもなりたくない相手に対して「いい人」という言葉を使うという人もいるようです。

好意を持った相手には「優しい人」や「頼りになる人」など、ピンポイントで褒められる部分が出てきます。そういった特に褒めるポイントが見当たらない、探す気のない相手が「いい人」に分類されることがあります。

いい人の優しさは一方通行

「いい人」が本当に優しい人と評価されない特徴の一つに、優しさの押しつけがあります。人に優しくしているつもりでも相手はそれを望んでいたわけではなく、結果として優しくしたという気持ちが一方通行になってしまい、相手には「いい人なんだけど…」という印象を植え付けてしまうことが考えられるのです。

「人に優しくしたい」「優しい人と思われたい」という気持ちが強い人には特によく見られる傾向ですので、周囲から「いい人」と評価されている気がする…という人は、一度自分が人に優しくしているときのことを振り返ってみてください。

本当に優しい人の特徴

「いい人」がどういう人かはわかりましたが、では本当に優しい人という評価をされる人には、どういった特徴があるのでしょうか。ここからは、「優しい人」の特徴をまとめていきます。「優しい人になりたい」という人は、今の自分が何個当てはまっているのかセルフチェックしてみてください。

特徴①分け隔てない人間関係を築く

優しい人の特徴として、老若男女問わず誰にでも分け隔てなく接することができるという点があります。優しい人は、相手を見て態度を変えたり誰か一人を贔屓したりといったことはしません。すべての人に対して、同じように接することができます。

相手と自分の立場の違いや距離感をしっかりと認識し、その上で距離感も大切にしながら平等に接するというのはなかなか難しいことです。しかしそういった距離感を大切にしながら円満な人間関係を築ける人は、優しい人と言えるでしょう。

特徴②同性に好かれる

異性からの目というのは同性同士よりも甘くなりがちです。女性から見て「あざといなぁ」という行動を取っている女性が、男性からは人気があったりウケがよかったり、ということも珍しくはありません。

もちろん心から仲良しだと思う親友同士であれば同性同士でも評価は甘くなることもあるでしょう。しかし基本的に、同性同士は相手を少しシビアに評価しがちです。

優しい人はそういったシビアな目で見がちな同性からも好かれる傾向が強いです。その理由は相手のことを考え、「本当に優しい」行動をすることができるからでしょう。相手を見て態度を変えるようなあざとさもなく、心から相手に優しくしている人は好印象を与えます。

特徴③人が傷つくいじり方をしない

本当に優しい人は相手の表情の変化や空気の変化を敏感に感じ取れます。他人から見れば「たいしたことない」と思えるようなことも、人によっては強いコンプレックスになっている可能性もあるでしょう。最近は特にそういったコンプレックスになり得ることも「いじり」として茶化す人が増えています。

ですが、強いコンプレックスを感じている部分をいじられ続けていい気持ちのする人はいません。「この人は嫌なことばかり言う」と悪印象を抱いてしまうのではないでしょうか。これでは人間関係もうまくいかずギクシャクしてしまいます。

またその対象は性格面や見た目、その人の環境と言った目に見えるコンプレックスだけではありません。例えば言い間違いや勘違いしていたことをいじられることでも、相手にとって恥ずかしいことであり、コンプレックスのようになってしまう可能性もあります。

優しい人は相手のことをしっかり考えられるので、「これは相手は嫌がるかもしれないな」と思うことは必要以上にいじったり茶化したりはしません。仮に少しいじりすぎたとしても、素直に相手に謝ったり、話題を変えたりという咄嗟の判断もできます。

過去に傷ついたことがある人ほど、人の傷にも敏感になるという特徴もあります。優しい人は、傷ついたときの心の痛みを知っているからこそ、相手の痛みも察することができるのです。

特徴④強い心を持つ

本当に優しい人の特徴として、強い心を持っている人や芯の強い人が挙げられます。例えば仲のいい友人が間違った方向に進もうとしている時、いい人は「嫌われたくない」と見て見ぬふりしがちです。それに対し本当に優しい人は、相手に疎ましがられても厳しい態度を取ることができます。

嫌な役を請け負うことになったとしても、相手をいい方向に戻せるなら…といった気持ちから自分を悪者にもしてしまいます。強い心がなければなかなかできることではありません。こういった立ち位置を苦にしない優しい人には、芯が強く、ブレない人が多い傾向もあります。

特徴⑤心に余裕を持っている

優しい人は心に余裕があり寛大な人が多いです。例えば相手が何かミスをした場合、相手が自分のミスを認めて謝ったらその場で許せる度量があります。例えばそれがデートの約束に遅刻してしまったという場合でも、相手が謝ったらそのことでネチネチと責めることはしません。事ある毎に責めてしまっては、せっかくのデートも台無しになってしまいます。

相手の言い分を聞いて「反省していれば良し」と怒りを収めることができる人は意外と多くありません。しかし相手を許す心は友人や恋人相手だからこそ大切なものであり、その人の優しさが現れるところでもあります。

特徴⑥穏やかな性格

職場や学校にはちょっとしたことでイライラしたり、ピリピリした空気にしてしまう怒りっぽい性格の人もいることでしょう。しかし優しい人は怒りに関する感情の起伏があまり大きくありません。普段から側にいる人もホッとできるような穏やかな性格の人が多い傾向にあります。

穏やかな性格の人は決して怒らないというわけではありませんが、怒っていたとしても頭ごなしに怒鳴りつけることは滅多にありません。常に「この言い方をしたら相手はどう思うか」を考えることができるため、怒っていても相手を必要以上に傷つけることはなく、自分の考えを正確に伝えられるよう努めます。

特徴⑦感情のまま行動しない

優しい人は自分の感情のままに行動することはありません。行動を起こす前に「これをしたら周りはどう思うか」「自分勝手な行動ではないか」「周りに迷惑がかからないか」といったことを考え、周りに配慮することができます。

ただし、常に人に合わせるような自己犠牲タイプというわけでもありません。人に優しい人は基本的に自分にも優しくできます。

「どうしてもやりたい!」ということで誰かを悲しませる場合は、行動に起こす前に周囲に話すなど、きちんと対策をします。問題になる前にワンクッション置くなど、相手のことを考えて対処するため、人を必要以上に悲しませることがありません。

特徴⑧あえて厳しいアドバイスをする

「相手が嫌な思いをするかも…」と考えて耳障りのいいことしか言わないのは、本当に優しい人とは言えません。本当に優しい人は、相手のためになることであれば厳しいアドバイスをすることもあります。それも、相手のことを心から思っているからこそできる行動といえるでしょう。

ただし厳しいアドバイスをする時には、言葉選びにしっかり気を配ることを忘れません。頭ごなしに「こうしなければダメ!」と押し付けてしまっては反発されるだけで終わってしまいます。強い口調にならないよう、強い言葉にならないよう配慮しながら、それでも伝えるべきことはハッキリと伝えることができるのです。

特徴⑨見返りを求めない

誰かに優しくする時、見返りを求めてしまう人は本当に優しい人とは言えません。本当に優しい人は相手にとっていいことや喜ぶことをする際も、決して見返りを求めません。どんな素敵な行動も、「自分がやりたかったから」という理由だけで出来ることこそ、優しい人の特徴です。

また、優しい人には「自分をよく見せたい」という下心もありません。人の目を気にするポイントとしては、相手からどう見られるかではなく相手にとって不快にならないかという点に重きを置いているので、人からの自分の評価は二の次になりがちです。

特徴⑩周囲から信頼されている

本当に優しい人は芯が強く、自分の考えをコロコロと変えることがありません。また、一度決めたことは最後までやり遂げるという強い心があり、人からの信頼を裏切らないという面も持っています。これら3つの点から、優しい人は周囲に信頼される人であることが多いです。

優しい人は「自分の許容範囲」もちゃんと把握しており、自分にできないことまで安請け合いすることはありません。できないことはできないと断るという強い心をもつことも、一つの優しさなのです。

特徴⑪困っている人は放っておけない

優しい人と聞いてこの特徴を連想する人も多いのではないでしょうか。優しい人は困っている人がいると放っておけません。困っている人に気が付くとさり気なく手を差し伸べ、相手が恐縮してしまわないようそっとサポートすることができます。

またもう一つ特筆すべき特徴として、周りが気づかないような小さな悩みを抱える人にも気づく、という点が挙げられます。

目に見えて困っている人に手を差し伸べることは誰にでもできますが、本当に優しい人は他の人が気付かないような困っている人にも気付き、助けようとします。洞察力があり、察しも良いことから、さりげない行動できるところも優しい人の魅力なのです。

特徴⑫人のために行動できる

自分への損得は一切考えず、人のために行動できるのも優しい人の特徴です。そういった性格が結果的には周囲への信頼へと繋がっていくのですが、本人が信頼のために意図していることではないため、知らない間に人望が厚くなっているということがよくあります。

絶えず周囲に人がいる人、人望がある人には見た目の共通点はあまりありませんが、こういった性格面で共通していることが多いようです。

特徴⑬幸福度が高い

そもそも優しい人は、どうして見返りや損得を考えずに優しくできるのでしょうか。その理由は「自分は幸せだ」と環境に対して幸福感を得られているということにあります。自分の今が幸せだと思えるから心にも余裕が生まれ、人にも優しくできるのです。

特徴⑭ポジティブ

自分が今置かれている環境に幸福感を得られるかどうかは、ポジティブな心を持っているかどうかにかかっています。何事も前向きに考えられることで明るい気持ちになることができ、その気持ちがより心地のいい環境を作っていきます。

また、前向きになることで心に余裕も生まれ、人の様子に目を向けられるようにもなります。自分の殻にこもらず、ポジティブに人と関わっていくことが優しい人への第一歩と言えるでしょう。

特徴⑮心が広い

優しい人は広い心を持っており、ちょっとしたことにセコセコしたり、一度解決したことをネチネチと引きずることもありません。物事を寛大に受け止める広い心があるからこそ、相手のどんなことも受け入れられ、相手のことを考えることができる余裕に繋がるのです。

本当に優しい人が絶対にしないこと

優しい人には、「絶対にしない」という共通点があります。本当に優しい人がしない行動を知って、自分はしていないかどうか鑑みてみましょう。

①他人を蹴落としてまで目立とうとしない

優しい人は自分の意思はしっかり持っている強い心の持ち主です。しかし無理やり我を通そうとすることはありません。他人を蹴落とすという発想がまずなく、自分は自分で正当に評価されればいいと思っているため、必要以上に目立とうとすることがないのです。

ただ、目立とうとしないからと言って引っ込み思案なのかというとそうでもありません。あくまで他の人を蹴落としてまで目立とうとしないというだけで、自分の意見はしっかりと言うことができます。

②悪口を言わない

優しい人は他人の悪口を言いません。相手のことをしっかりと評価したうえで、いい部分に目を向ける傾向が強いです。また、周囲の人が誰かの悪口や陰口を言っていることも好みません。ですので人の悪口が始まりそうな気配があると、さり気なく場の雰囲気や話題を変えることもあります。

③周囲の存在を当たり前だと思わない

周囲に多くの人が集まりやすい優しい人ですが、人望や人徳があることを当たり前とは思いません。「自分の環境は恵まれている。幸せなことだ」と思うことで、常に周囲に感謝する心を持ち、周囲へさらに優しくできるのです。

④ひどい言葉を使わない

特定の人への悪口だけでなく、ひどい言葉や口汚くなる言葉も使いません。また何気なく放った言葉が人を深く傷つけることもあるとも理解しています。言葉を口にする前に「この言葉は相手を傷つけないか」と、しっかり考えてから発言します。

どうしても誤解を生むような強い言葉しか見つからない場合は、言葉の強さを緩和するための前置きも忘れません。自分と接する人が少しでも不快にならないよう、徹底した心配りをするのが優しい人の性格です。

⑤損得勘定で動かない

優しい人は決して損得勘定で動くことはしません。相手にとっていいことか悪いことか、といった部分に重点を置いて行動します。例えばそれが相手にとって手厳しい態度だったとしても、先ほどもご紹介したと通り、その場では損な立ち回りを選びます。しかし長い目で見ると真意を理解してもらえることも多く、最終的には得に繋がることも少なくありません。

見た目から違う?本当に優しい人の外見とは

本当に優しい人は、その性格が見た目にも表れています。表情などを見ただけで「この人は優しそう」と直感的に感じる人もいるでしょう。ここからは、優しい人に共通する見た目についてご紹介していきます。

口角が上がっている

優しい人に共通した見た目の特徴の中で、最も印象に残るのが「口角が上がっている」という点ではないでしょうか。口角が上がっているということは、笑顔とまではいかない表情でも柔和で明るい印象を与えます。

日常的に口角が上がっているかどうかは、持って生まれた見た目はあまり関係ありません。元々の顔のつくりから口角が下がり気味、という人でも、日常的に口角を意識するだけで、自然と口角の上がった柔らかい見た目に変わっていきます。

眉間にシワがない

怒った時に眉間にシワが寄りやすい人は、眉間に刻まれたシワが癖になり、残っていることがあります。眉間に刻まれたシワはなかなか消えず、他人に良くない印象を与えてしまいがちです。優しい人は日頃から眉間にシワを寄せて生活するがないため、眉間にシワがありません。これも優しい人に見える見た目のポイントです。

表情が落ち着いている

顔のパーツではなく全体の見た目で言えば、穏やかな落ち着いた表情をしている人が多いです。人の見た目や表情にはその人の性格が大きく反映されているため、柔らかく落ち着いた表情は内面が同じく落ち着いている状態であることを示しています。

穏やかで落ち着いた見た目をにしたい場合は、まずは心を穏やかにし、フラットな状態を心掛けるようにしましょう。気の持ち方に気を配ることで、性格や見た目も少しずつ変わっていくはずです。

本当に優しい人になるためのポイント

ここまでは優しい人の特徴や性格、見た目について見てきましたが、実際に優しい人になるにはどういった部分に気を付ければいいのでしょうか。ここからは、気を付けることですぐに習慣付けられる、優しい人になるためのポイントをご紹介します。

見た目や性格などの時間をかけて変えていく部分とは違い、今すぐに意識づけられることや実践できることをご紹介しますので、優しい人になりたいと思っている人はぜひ挑戦してみてください。

厳しいことをいうタイミングを見極める

優しい人は、時に厳しいアドバイスや意見をも言えるというのは前述のとおりです。しかし厳しいことを言うためには、それに適したタイミングというものがあります。例えば相手が落ち込んでいるときに厳しいことを言っても、相手の傷口に塩を塗り込んでいるのと変わりません。

相手が冷静に聞けるタイミングか、本当にアドバイスを求めているタイミングなのかをしっかりと見極め、厳しいことを言う前に「今から言うことは厳しく聞こえるかもしれないけど…」といった前置きをするなど、相手を追い詰めないような心遣いをしましょう。

恩着せがましい態度はやめる

本当に優しい人は自分がしたことに対しての見返りは求めないので、恩を着せたとも考えません。恩着せがましい態度をしてしまうということは、相手に対して見返りを求めていたり何かしらの下心があることの表れでもあります。

恩着せがましい態度は相手にも伝わり、「借りを作ってしまった」と委縮させてしまったり、「頼んでないのに」と反発心を与えてしまうこともあります。そうなっては、優しい人どころかいい人にもなれず、「押しつけがましい人」と思われる可能性すらあります。本当に優しい人になりたいのであれば、恩着せがましい態度は止めるようにしましょう。

主体性を失わない

人のために行動することの多い優しい人ですが、決して主体性がないわけではありません。ですので損得勘定をしないというだけで、自分が損になってでも相手に尽くす、というわけではありません。まずは自分をしっかりと持っていることが大前提なので、主体性を失くさないようにしてください。

例えば頼まれたことを断れずなんでも請け負ってしまうのは、優しさとは少し違います。前述の通り優しい人はできないことはできないと断る強さも持っており、「期待させるだけ期待させて結局できなかった」という結果は避けるようにしています。NOの言えないYESマンは、結果として相手を傷つける可能性があることを知っておきましょう。

本当に優しい人でいることのメリット

ここまで優しい人になるためのポイントをご紹介しましたが、優しい人になることにメリットはあるのでしょうか。ここからは、優しい人になることで得られるメリットをご紹介します。

周囲の人に恵まれる

優しい人はその性格や人柄から、周囲の人に恵まれる傾向があります。損得を考えず相手にしたことが人からの信頼を集め、最終的に自分へいい事として返ってくることもあります。

いつも笑顔で場の雰囲気を明るくする、そんな人と接していると、気付けば自分にも明るい気持ちが伝染していることがあります。同じ時間を過ごすなら明るい気持ちで前向きに過ごしたいという人は多いです。そのため、場の雰囲気を明るく和やかにできる優しい人には、何をせずとも周囲に人が集まってくるということもあります。

ストレスから解放される

優しい人は自分と人を比べたり、その結果人を妬んだりということもしません。人は人、自分は自分という考え方ができます。人を妬むことで悪口を言うと、言われる方はもちろん、言う方にもストレスが付き纏います。しかしそういったマイナスの感情から離れることで、自身をストレスから解放できるではずです。

まずは、人の嫌な部分ばかり見るのではなく、長所を見ながら困っている人に対して親切にしてみましょう。毎日をポジティブに過ごすことでストレスがなくなり、さらに明るい気持ちで人に優しくできることでしょう。

特徴を知って本当に優しい人になろう

本当に優しい人には1日、2日でなれるものではありません。自分のこれまでを見直し、自分の性格と向き合いながら改善していく必要があります。しかし優しい人になることで得られるメリットは、何物にも代えがたいものばかりです。

優しい人になるにはまず優しい人の特徴を知る必要があります。今回ご紹介した特徴を元に、本当に優しい人を目指してみましょう。

関連する記事はこちら

Thumb優男の意味とは!21個の特徴とモテる優男/モテない優男のキャラの差は?
「優しい男」と書く優男ですが、彼らはただ優しいだけのキャラではありません。彼らの言動一つ一つ...
Thumb感じがいい人の特徴15選!人当たりが良い人の共通点とは
感じがいい人は、周囲から評価され信頼されています。いつも笑顔で謙虚でいると、人から愛され、仕...
Thumb天然ボケの女性の特徴11選!モテる理由や天然キャラの見分け方とは
天然ボケの女性は男性にとっても女性にとってもかわいく、癒しの対象です。しかし一歩間違えると発...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kiyo

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ