モラハラ彼氏の特徴と心理11選!別れ方や別れた後の注意点とは

彼氏がモラハラ男かもしれないと悩んだことのある女性もいるかもしれません。好きな彼氏がモラハラだったら不安でしょう。モラハラ男の特徴や見分け方がわかれば安心ではないでしょうか。この記事ではモラハラ彼氏の特徴と心理11選、別れ方や別れた後の注意点をご紹介します。

モラハラ彼氏の特徴と心理11選!別れ方や別れた後の注意点とはのイメージ

目次

  1. 1いろいろあるモラハラ
  2. 2モラハラ彼氏の特徴9選
  3. 3モラハラ彼氏の心理2選
  4. 4モラハラ男の見分け方
  5. 5モラハラ彼氏やモラハラ男の対処法
  6. 6モラハラ彼氏との上手な別れ方
  7. 7モラハラ彼氏と別れた後の注意すべきポイント
  8. 8好きな彼氏がモラハラ男だったら自分の気持ちを見直そう

いろいろあるモラハラ

モラハラと一口に言っても家庭内でのモラハラ、職場でのモラハラ、果ては友人間でのモラハラなど、いくつか種類があります。

また、モラハラとサイコパスとの相関関係について書かれたサイトもあります。サイコパスとは、もともと先天的に良心の呵責を感じない、罪悪感を感じない、不安や恐怖を感じないという特徴があるようです。

一方、モラハラはサイコパスの特徴を全て満たしているようですが、どちらかというとモラハラの中に高低差のあるサイコパスが少なからず混じっていると考えた方がいいでしょう。モラハラをする男性は、自己愛が極端に強い男性が多いのが特徴です。外では良い夫、良い恋人ですが、二人っきりになった途端爆発するパターンが多いようです。

そもそもモラハラとは

モラハラとは、モラルハラスメントの略名です。モラルとは道徳や倫理という意味、ハラスメントは嫌がらせという意味です。つまり、道徳や倫理に反した嫌がらせという意味合いを持ちます。モラハラは相手を精神的に追い詰めるだけで身体的な外傷はありません。そのため、身体的暴力であるDVと違って第三者が見抜くことが難しいという特徴があります。

また、被害が深刻化してしまうまで被害者はモラハラされたという意識が薄いままの場合があります。

男性がパートナーにするモラハラ

モラハラにもいろいろありますが、夫婦間や恋人間で、男性がパートナーにするモラハラが巷ではよく聞かれます。男性がパートナーにするモラハラにはさまざまなパターンがありますが、中でも最も多いのが暴言を吐くというものでしょう。

「お前、生きてる価値ないんじゃないの?」という人格を否定するような言葉や「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」という自分の優位性を誇示した見下す発言などです。

無視をするのもモラハラに当たります。喧嘩をすると口をきかなくなるというカップルもいますが、そういうものではなく数カ月にわたってしつこく無視が続くような場合はモラハラに該当するでしょう。

言葉で脅すのではなく、威嚇するような態度をとってパートナーを怖がらせるのもモラハラです。気にくわないことがあったらドアを蹴飛ばしたりドアをわざと大きな音を立てて閉める、「チッ」「クソ」などの舌打ちをする、またパートナーを経済的に困窮させるなどもモラハラに該当します。

モラハラ彼氏の特徴9選

モラハラは身体的DVとは違い、他人あるいはモラハラされている被害者でさえ最初はモラハラだと気づかないという暴力です。しかし、モラハラに該当するような行為が続くと、被害者はやがて精神的苦痛を感じるようになります。知らず知らずのうちに心が疲弊してしまい、精神疾患に陥ってしまうケースもあります。

そうならないために、モラハラをする彼氏とはどういう人間かを理解しておく必要があるでしょう。次に、そんなモラハラ彼氏の特徴9選をご紹介します。

特徴①自分が大好きなナルシスト

モラハラ彼氏は自分が大好きなナルシストという特徴があります。自分が素晴らしい人であると勘違いし、常に人より上の立場にいないと気が済まないのです。そのため、モラハラ彼氏は自分より劣っていて自分の言いなりになりそうな、自分の優位性が確認できる女性を好きになるようです。

ナルシストな男性ははじめはとても魅力的に見えるかもしれません。自分が大好きなため自信に満ち溢れ、目的に向かって敢然と突き進んでいるようにも見えるでしょう。しかし、裏を返せば自分しか見えていないと言えます。自分にしか興味がないので他人のことにまで目がいかず、他人の心を汲み取ることができません。

特徴②外面がいい

モラハラ彼氏は外面がいいという特徴があります。人によく見られたいという気持ちが強いため、自分を押し殺してでも外面を良くします。また自分の気持ちを思い切り他人にぶつけ、鬱憤を晴らすということがどれほど酷いことかを理解しています。理解して自覚しているからこそ、そんなことを陰でしている自分を必要以上に隠そうとするのです。

また外面がいいため、モラハラされている女性がそれを外に訴えても、「まさかあの人がそんなことをするはずがない」と信じてもらえないこともあり得ます。

特徴③自分の考えを押し付ける

モラハラ彼氏は自己中心的で自分の考えを押し付けるという特徴があります。自分の考えとは違う考えを頭から否定し、絶対に認めようとしません。モラハラ彼氏の心の中には自分が絶対に正しいという思いがあるので、何かあると悪いのは常に相手であると言い張り、自分に非があってもそれを認めることはないのです。

常に自分を肯定し、絶対的な自信をもって相手が非を認めたり謝ってくるまで徹底的に追い込みます。そんな状態が続くと相手もやがて疲れてしまい、自分の非を認めてしまいます。そうすると、「それ見たことか」とまた自己満足するのです。

特徴④感情のコントロールができない

モラハラ彼氏は、感情のコントロールができないという特徴があります。一度自分の感情に火が付いてしまうとそれを抑えることができません。人間には理性というものがあり、自分の感情がコントロールできそうにないときは理性でもってその怒りなり腹立たしさを抑えます。

怒りをあらわにしていいことは何ひとつないでしょう。それを抑えることができないのは小さい子供と同じです。そう考えるとモラハラ彼氏は、小さい子供から成長していないただの未熟な人間であると言えるかもしれません。

特徴⑤彼女の嫌がることをする

モラハラ彼氏は、わざと彼女の嫌がることをして悦に入るという特徴があります。普通なら好きな相手には嫌がることはしませんが、モラハラ彼氏の心理は複雑です。相手が嫌がることをして、相手が悲しんだり困ったりしているのを見て喜びを感じるのです。そこに快感を感じていると言ってもいいかもしれません。

特徴⑥全ての責任を転嫁する

モラハラ彼氏は、相手に全ての責任を転嫁するという特徴があります。自分のせいで何か問題が生じてもその状況を捻じ曲げ、さも相手が悪いかのように問題をすり替えるのです。

モラハラ彼氏は本当は自分に非があるということはわかっています。しかし、そこから生じる自分を責めるということに耐えられず、自分のせいではないと思い込む努力をし、相手にも責任があるはずだと自分に言い聞かせます。

特徴⑦謝ることができない

モラハラ彼氏は謝るということができません。自分に非があってもそれを認めることができず、逆に「お前が悪いんだ」と威張り出します。モラハラ彼氏はプライドが高いので、自分が謝ることはおかしいと思っているのです。

たった一言「ごめん」という言葉が、どうしても出てきません。「悪いのはそっちだから謝ってほしい」と相手が言うと、逆に怒鳴り散らしたりするのです。

特徴⑧嘘をついても気にならない

モラハラ彼氏は嘘をついても悪びれません。確かに誰だって嘘をつきます。嘘をついたことがない人などいないでしょう。しかし、普通の人は嘘をつくとそのことが多少は気になり罪悪感を感じたりするものです。モラハラ彼氏は嘘をつくことに罪悪感がないのです。

モラハラ彼氏は、自分を大きく見せるため、また自分自身を満足させるために平気で嘘をつきます。また、嘘の数が多いのもモラハラ彼氏の特徴です。

特徴⑨自分のことは棚に上げる

モラハラ彼氏は、何かあるごとに自分のことは棚に上げるという特徴があります。相手が何かミスをした時はネチネチ文句を言ったり怒鳴ったりするのに、自分がミスをしたときは「人間だからミスもする」と言って絶対に謝ろうとはしません。プライドが高いため、自分の過ちは認めたくないのです。

モラハラ彼氏の心理2選

こちらが頭をひねるような無茶苦茶な論理で相手を責めるモラハラ彼氏ですが、そんなモラハラ彼氏の心理はどうなっているのでしょう。次に、モラハラ彼氏の心理2選をご紹介します。

心理①常に自分が正しい

モラハラ彼氏は、常に自分が正しいと思っています。自分がやっていることはいつもなんだって正しいことで、相手のやることは全て間違っているという図式が頭の中に定着しているのです。このように常に自分を正当化するのは、世界の中心に自分がいて、世界は自分中心で回っていると思っているからです。そのため、どんなに説明しても聞く耳を持ちません。

心理②常に彼女を支配したい

モラハラ彼氏は、確かに彼女のことを好きかもしれません。しかし、好きと言う心理よりも、常に相手を支配していたいという支配欲が優っていると考えたほうがいいでしょう。最初はただの可愛いヤキモチと感じたり、心配性なのかもしれないと思うかもしれません。

しかしそれは段々とエスカレートしていき、やがて「他の男性と話をするのを禁じる」「胸元の開いた服やスカートを禁じる」「ラインやメールにすぐ返事をしないと逆上する」などの極端な行為へと発展します。相手を自分の所有物として見ているので、相手の人格など二の次なのです。

モラハラ男の見分け方

付き合っている男性がモラハラ彼氏であることは、最初は簡単には見抜けないものです。気がついたら自分はモラハラの被害者になっており、その関係から抜け出せなくなってしまいます。そうならないためには、好きになった男性がモラハラ彼氏かもしれないことを早い段階で見極める必要があります。次に、モラハラ男の見分け方をご紹介します。

見分け方①嫉妬深さ

好きな人に嫉妬することは誰にでもあるでしょう。好きになったら当たり前のことかもしれません。しかしモラハラ彼氏の場合は、その嫉妬深さが尋常ではありません。彼女の行動を逐一チェックしたり、会社の同僚との仲を意味なく疑ったり、携帯をチェックしたりしたら危険信号です。

モラハラ彼氏は、好きになった相手をうまくコントロールできなくなるとその嫉妬深さがエスカレートしていきます。仕事なんかやめろと強要したり、あれはするなこれはするなとうるさく言ってくるようであればモラハラ度はかなり高いと言えます。

見分け方②男性側の愛情の深さ

彼氏が自分を好きだと感じるのは幸せなことでしょう。しかし、その愛情があまりに深すぎると、モラハラ彼氏の行動はエスカレートしていきます。彼女のことが好きなあまり、自分の支配下に置いて思い通りにしたいという欲求が強くなるようです。

彼女を好きなあまり誰にも渡したくないという気持ちから、自分以外の人間と接触して欲しくないという独占欲に変わっていきます。

見分け方③弱い者への対応

モラハラ彼氏を見抜くには、彼氏が立場の弱い人間に対してどういう態度を取るかで見分けられます。例えばレストランなどで、店員に対して強い口調で攻め立てる場合はモラハラ彼氏である可能性が高いでしょう。

ちょっと水をこぼしただけで烈火のごとく怒りまくる、料理が早く来ないと言って店員を呼び出してネチネチ文句を言うなど、明らかにそこまで怒らなくてもいいのにということで店員に対して高飛車な態度を取るような男性はモラハラ彼氏である可能性が高いと言えます。

見分け方④人を褒められるか

モラハラ彼氏は、自分が褒められ認められることは当たり前だと思っていますが、逆に人を褒めるということはありません。とにかく自分が世界の中心、自分が一番偉いという心理なので、他人は褒める価値などないと思っているのです。

人を褒めることはその人が少なからず自分より優れていることを認めることです。モラハラ彼氏は、自分より優れている人を許すことができません。褒めるどころか、「ああいうところがいやらしい」と逆に卑下してしまうこともあります。

モラハラ彼氏やモラハラ男の対処法

問題が深刻化するまで表面化しないモラハラですが、付き合ってしばらくしてから彼氏がモラハラ男だったと気づく場合もあります。好きで付き合い始めたけれど結局はモラハラ彼氏だったということもあるのです。次に、そんなモラハラ彼氏やモラハラ男の対処法をご紹介します。

対処法①男性にモラハラを自覚させる

本当はモラハラ彼氏とは早急に別れることをお勧めしたいのですが、モラハラ彼氏でもやはり好きという女性もいるでしょう。そんな女性には、男性にモラハラを自覚させるという手段があります。ここはひとつ、しっかりした時間を設けて、モラハラ彼氏と話し合うべきでしょう。

モラハラ彼氏という人間は、自分を客観的に見ることができません。相手を逆上させないようにうまく相手をおだてながら、男性が取っている行動が異常であるということを自覚させましょう。丁寧に説明したら自分の取っているモラハラ行動を客観的に見れるかもしれません。

対処法②モラハラをした証拠を確保する

モラハラは二人きりの状態で行われるものです。身体的暴力のDVと違って、第三者からは理解されない場合が多いでしょう。その結果、問題はよりひどくなりモラハラを受けている女性は誰にも気づかれることなく精神的にどんどん追い詰められ疲弊していくだけです。

誰かに相談するのもひとつの手ですが、「あの人がそんなことをするなんて信じられない」と誰も信用してくれない可能性もあります。なので、モラハラをした確実な証拠を確保しておきましょう。

もっとも有効的なのは、ボイスレコーダーでモラハラ行為を録音しておくことです。問題が深刻化しどうにも身動きが取れなくなった時、この証拠が役に立つでしょう。

対処法③対抗して立場を理解させる

モラハラ男は、相手が弱いとわかっているから強く出るのです。勇気を振り絞ってモラハラ男に対抗し立場を理解させましょう。「この女はどうせ自分には反抗しない」とモラハラ男は思っているはずです。そのため、相手が対抗してきたことに少なからず驚き動揺します。そこを狙うのです。

どうせ何もできないと思っている相手が対抗してきたら、ひるむはずです。そこを突いて一発ガツンと強い態度を見せ、モラハラ男のプライドを打ち砕いてしまいましょう。勇気を出して戦いを挑むことも重要です。

対処法④聞き流して自分を守る

まず、モラハラ彼氏が自分より人間的に劣っていると思うことが重要です。モラハラ男は人間的に成長していない未熟な人間なのです。そんな人間の言うことをまともに受け取っていても意味はありません。

モラハラの被害者は、モラハラされ続けることによって自分が悪いのだと思ってしまう傾向があります。そんなことはありません。悪いのはモラハラする方なのです。モラハラ彼氏の言うことをくだらないたわ言だと受け流してしまうことが重要です。自分を守れるのは自分ですから、賢くなって自分を守りましょう。

対処法⑤褒めて男性の攻撃力を弱める

モラハラ彼氏はプライドの異常に高い人間です。下手に攻撃的な態度に出たら態度を硬化させ、さらにモラハラがひどくなる恐れがあります。相手を攻撃し、卑しめることで気分が高揚するモラハラ彼氏には、褒めて攻撃力を弱めると言う手段もあります。モラハラ彼氏は褒められることで自分の優位性を確認し、安心するでしょう。

対処法⑥無理せず別れる

モラハラ彼氏といつまでも付き合っていても良いことはひとつもありません。自分が疲れ、精神的に追い込まれるだけです。関係を改善しようという解決策を考えるのではなく、無理せず別れることをお勧めします。モラハラ彼氏は相手を手放したくないと思うでしょう。別れるには相当な苦労をするかもしれませんが、手段はいくらでもあるのです。

モラハラ彼氏との上手な別れ方

プライドが高く自己中心的なモラハラ彼氏ですが、別れるときはなるべくプライドを傷つけないようにすることが大事です。次に、モラハラ彼氏との上手な別れ方をご紹介します。

別れ方①彼氏から愛想をつかせる

モラハラ彼氏との上手な別れ方に、彼氏の方から愛想をつかせるという方法があります。なるべく自分の汚らしいところやガサツなところをわざと見せて、「俺としたことがこんな女を好きになってしまったのか」と思わせるのです。モラハラ彼氏はそんな彼女を好きになってしまった自分が許せなくなり、彼女と距離を置きたがるようになるでしょう。

例えばモラハラ彼氏の前で平気で大きなオナラをして見せるとか、酔っ払って嘔吐して見せるとか、とにかく恥を捨て、好きな人には決して見せたくないような姿をわざと見せるのです。

別れ方②素直に気持ちを伝える

素直に気持ちを伝えるという別れ方もあります。ただし「あなたの〇〇なところに疲れてしまった。だから別れたい」とストレートに話すことは、多少のリスクを伴うかもしれません。なぜならモラハラ彼氏はプライドが高いため、自分より格下だと思っている女性に振られることが我慢できないからです。

「別れたい」という素直な気持ちは前面に出してもいいのですが、あくまで非は自分にあるのだという言い方がベストです。「こんな自分だからあなたといたらあなたに迷惑がかかってしまう」という言い方をするのがいいでしょう。あくまでモラハラ彼氏のプライドをくすぐる別れ方を演出するのです。

別れ方③徐々に距離を置いていく

徐々に距離を置いていくという別れ方もあります。突然別れを切り出したら、動揺してなかなか現実を受け入れられない可能性もあるので、うまく徐々に距離を置いていくのです。モラハラ彼氏は、言いなりになっている彼女を手放したくないという気持ちが強いはずです。何かと理由をつけて会う回数を減らしていくのがいいでしょう。

別れ方④第三者の協力を得る

モラハラ彼氏との上手な別れ方は、第三者の協力を得るという方法もあります。二人だけの話し合いではなかなか解決しないでしょう。口が上手いモラハラ彼氏は、うまく言いくるめて別れから遠ざけるという手段に出てくるかもしれません。別れを切り出す時、第三者に同席してもらうのです。

ただしその場合も、その第三者はモラハラ彼氏が我を忘れないような相手がいいでしょう。モラハラ彼氏の先輩とか友達がいいかもしれません。プライドの高いモラハラ彼氏は、第三者の目が気になって二人っきりの時と違って女性に強気には出ないはずです。別れ話もスムーズにいくかもしれません。

モラハラ彼氏と別れた後の注意すべきポイント

さて、無事モラハラ彼氏と別れることができましたが、安心していてはいけません。その後トラブルを引き起こさないためにも別れた後はきちんと手を打っておきましょう。次に、モラハラ彼氏と別れた後の注意すべきポイントをご紹介します。

ポイント①連絡を遮断しない

モラハラ彼氏と別れた後、もう二度と会いたくない、連絡も取りたくないという気持ちはわかります。しかし着信拒否などして連絡を遮断するのは危険かもしれません。モラハラ彼氏の神経を逆なでし、かえってストーカーまがいのことをされる恐れもあります。

もちろん連絡があってもいちいち応じる必要はありません。10連絡があったら1返すぐらいでいいのですが、その際も二言三言のそっけない返事をすることです。あくまで無視でいいのですが、連絡手段そのものを遮断するのはやめましょう。

ポイント②SNSはしない

モラハラ彼氏と別れた後は、SNSはしないようにしましょう。別れた後もモラハラ彼氏は彼女のことが気になって仕方がない場合が多く、新たな投稿がないかチェックしている可能性が高いです。

特に「新しい彼氏ができて幸せ」といったリア充アピールの投稿は絶対にしないようにしましょう。元カノの幸せがモラハラ彼氏の神経を逆なでし、嫌がらせを受ける可能性があります。

ポイント③何かあったら警察へ

モラハラ彼氏はまともな人間ではありません。別れた後もしつこく付きまとうなど、ストーカーまがいの行為に出る可能性もあります。もしそうなったら迷わず警察に相談しましょう。

「どうせ警察に相談しても無駄」「警察は何かあってからじゃないと動いてくれない」といったことは考えず、とりあえず相談してみることです。実際、警察の介入によって解決した問題もあるようです。別れた後も何かあったら迷わず警察へ行きましょう。

好きな彼氏がモラハラ男だったら自分の気持ちを見直そう

好きで付き合った男性が気づいたらモラハラ彼氏だったということがあります。モラハラ彼氏は最初は優しく紳士的に振る舞うことが多く、徐々にその本性をあらわします。

また、モラハラ彼氏は大人しく自分に従順な女性が大好きです。自分のプライドが満たされるからです。モラハラ被害者も、悪いのはモラハラ彼氏ではなく自分の方なのだと思い込むケースも多いようです。好きな彼氏がモラハラ男だったら自分の気持ちを見直し、あくまで悪いのはモラハラ彼氏なのだという認識を忘れず、うまく対処することが大事です。

関連する記事はこちら

Thumb都合のいい男の特徴7選!脱却する方法や女性の本音とは【診断】
世の中には「都合のいい男」が存在します。都合のいい男というのはどのような男性のことを指すので...
ThumbDV男・DV彼氏の特徴と心理15選!対処法や別れ方とは【診断】
彼氏の行動からDV男の特徴を感じた事はあるでしょうか。ある日突然暴力を振るってくる事もあるた...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ