精神年齢が低い人の特徴11選!子供っぽい原因や高い人との違いは

精神年齢が低い人にはどのような特徴があるのでしょうか。男性にも女性にも子供っぽい人がいますが精神年齢が高い人と何が違い、そもそもどのようなことが原因で精神年齢が低い人となってしまうのでしょう。精神年齢を上げる方法も含めて解説していきます。

精神年齢が低い人の特徴11選!子供っぽい原因や高い人との違いはのイメージ

目次

  1. 1精神年齢が低い人は身近にいる
  2. 2精神年齢が低い人の心理の特徴
  3. 3精神年齢が低い人の言動の特徴
  4. 4精神年齢が低いのはどうして?
  5. 5精神年齢が低い人との付き合い方
  6. 6低い精神年齢を上げるには?
  7. 7誰もが憧れる精神年齢の高い人を目指そう!

精神年齢が低い人は身近にいる

精神年齢が低い人は案外、身近にたくさんいるものです。他人に迷惑をかけている場合もあるようですが、そもそも精神年齢が低い人とは、具体的にはどのような人のことを指す言葉なのでしょう。そこでまずは精神年齢について解説していきます。

精神年齢が低いとは?

精神年齢とは実際の年齢ではなく、その人がどれだけ精神面で年齢を重ねているかということです。実年齢の場合、若いほうが羨ましく思われるものですが、精神年齢になると高い人のほうが良い意味で捉えられます。精神年齢が低いとなると未熟で幼稚だという意味になるからです。

大人であるにも関わらず駄々をこねたり、周りの迷惑を考えずに大きな声を出したりという人が周りにいないでしょうか。このような子供っぽい言動をする人こそ、まさに精神年齢が低い人と言うことができます。基本的には悪い意味で捉えられる言葉ですので間違っても喜ばないようにしましょう。

女性より男性の方が子供っぽい

精神年齢が低い人は女性よりも男性に多いです。男性の場合、精神的に成熟していることが周りから評価されます。仕事面ではもちろん、女性からも大人っぽい人のほうが頼りにされてモテるでしょう。そのため、精神年齢が低いと完全なデメリットとなってしまい目立ってしまうものです。

逆に女性の精神年齢が低くても男性からは可愛く見えることも多いです。そのため精神年齢が低い女性は悪く目立つことが少なく、そもそも認識され辛いのです。

結果として精神年齢が低い男女の絶対数は同じでも男性のほうが数が多く感じてしまいますし、より子供っぽい印象を持ってしまいます。実際に精神年齢が低いという言葉は男性に対して使うことが多いものです。

精神年齢が低い人の心理の特徴

精神年齢が低い人を見分けるためにはその特徴を知っておく必要があります。そこでまずは子供っぽい人の心理的な特徴から解説していきましょう。これを参考にして子供っぽい人を見分け、対応を考えてもいいかもしれません。

特徴①被害者意識が高い

精神年齢が低い人は被害者意識が高いという特徴があります。子供っぽい人は仕事のことで注意されたときに「どうして僕ばっかり怒られるんですか」と被害者であることをアピールするものです。周りの人も悪いことをしたときには同じように怒られているはずですが、まるで自分だけが被害を受けているような顔をします。

これはまさに被害者意識が高い人ということができるでしょう。常に自分は誰かから攻め立てられており、自分のことをかわいそうな人間だと思い込んでいるのです。周りがどれだけ正しいことを言っても子供っぽい人は被害者になりきり、周りの人を加害者のように扱います。

特徴②自分を正当化する

精神年齢が低い人には自分を正当化するという特徴もあります。明らかに子供っぽい人の責任によって起きたミスであっても精神年齢が低い人はそれを認めません。「これは先輩がこういう風にやれと言ったからやっただけです」というように、先輩に責任をなすりつけることもあります。

子供っぽい人は自分のせいで何かミスが発生したと思いたくないのです。自分は必ず正しい被害者の側にいると信じ込んでいるため、自分の責任だという自覚があってもそれを認めることはできません。子供っぽい人が会社にいるとこのようにしてトラブルの種になってしまうことも多いため注意が必要です。

特徴③プライドが高い

精神年齢が低い人にはプライドが高いという特徴もあります。プライドが高い人だからこそ自分の責任を認めないということです。自分の責任にしてしまうと自尊心を傷つけられてしまうため子供っぽい人は意地でも非を認めません。また、相手が先輩であっても反抗することも多いです。

子供っぽい人は指図されたり、注意されたりすることが大嫌いです。プライドの高い人ですから自分以外の人間の多くを見下してしまっています。注意されると自分よりも下の人間に見下されたと考えるため、とんでもない形相で怒るのです。子供っぽいために自分の未熟さを自覚できないという特徴があります。この特徴も男性に多く見られるようです。

特徴④自己中心的

精神年齢が低い人は自己中心的という特徴もあります。自分のことしか考えず周りの人の気持ちを考えることができないため、会社ではトラブルメーカーとなるでしょう。相手の気持ちを考えずに発言して傷つけてしまうこともあるため、人間関係も悪くなってしまいがちです。

子供っぽい人は自分のことが大好きです。そのため自分の意見が誰よりも素晴らしく、自分は誰よりも能力があると考えています。井の中の蛙のようなまさに子供っぽい性格ですが、これは人の能力を正しく計ることができないことが原因です。そのため、単純に能力がないことが原因で子供っぽい性格になってしまうこともあります。

特徴⑤責任感に欠ける

子供っぽい人は精神年齢が高い人に比べると責任感に欠けるところがあります。自分の非を認めないこともそうですし、自分が最後まで全て実行しなければならないという気概もありません。子供っぽい人は責任重大な物事ほど、そこから逃げ出したくなるからです。

本来であれば自分一人でやらなければならない仕事でも、これを完成できないのは周りにいる人が手伝ってくれなかったからだと責任をなすりつけます。責任感に欠けるというよりはそもそも責任を負おうとしないという特徴があるのです。そのため、精神年齢が高い人よりも頼りない人となってしまいます。

特徴⑥他力本願

精神年齢が低い人には他力本願という特徴もあります。自分で何かを実行しようとせず誰かにやってもらいたがるという特徴があるのです。なぜこのような特徴があるのかというと精神年齢が低い人は努力が嫌いだからです。そのため自分でやらずに誰かにやってもらおうとします。

このような精神年齢が低い男性や女性の後輩になってしまうと大変です。男性でも女性でも先輩にお願いされたらなかなか断り辛いものでしょう。精神年齢が低い人は後輩に仕事をやらせておいて自分の手柄にするところもあるため、嫌われることも少なくありません。できるだけ精神年齢が高い男性や女性の先輩を慕うようにしましょう。

精神年齢が低い人の言動の特徴

精神年齢が低い人は心理だけでなく言動にも様々な特徴があらわれるものです。心理よりも言動のほうが特徴として見分けやすいため、これを参考にして精神年齢が低いかどうか判断しましょう。

特徴⑦感情的な行動が目立つ

精神年齢が低い人には感情的な行動が目立つという特徴があります。精神年齢が高い人は発言する前にしっかり考えてから言葉を吐き出すものです。しかし精神年齢が低い人は感情的に行動するため、自分が思ったことをそのまま言葉に出したり、何も考えずに行動したりします。

精神年齢が高い人のようにしっかり考えてから行動しないと、仕事や様々な物事で失敗しやすくなってしまいます。そのため、精神年齢が低い人は仕事でミスを連発してしまうものです。また、プライベートでは衝動買いをしてしまったり、恋人と喧嘩してしまったりする人が多いため注意しておきましょう。

特徴⑧空気を読めない

精神年齢が低い人には空気が読めないという特徴もあります。そのため、その場においてふさわしくない発言をしてしまったり、話の流れとはまったく関係のない話をしてしまったりして周りから煙たがられることも多いです。これも何も考えずに発言することが原因となります。

特徴⑨愚痴が多い

精神年齢が低い人には愚痴が多いという特徴もあります。プライドが高く自分の非を認めないために不満が多くなってしまうことも原因ですが、それ以上に甘えん坊な気質があることも愚痴が多くなる原因です。精神年齢が低い人は子供っぽいため、誰かに甘えたくなってしまうことがあります。

嫌なことがあったり、怒られたりすると誰かに自分は悪くないと言って欲しくなるのです。そのため、仲の良い先輩などに対して愚痴を吐き出し、フォローの言葉を引き出そうとします。女性ならばまだしも、男性のこのような姿は正直見ていられないものです。精神年齢が高い人はこのようなとき愚痴を聞かされてしまうため注意しておきましょう。

特徴⑩表現が大げさ

精神年齢が低い人には表現が大げさという特徴もあります。小さな出来事であるにも関わらず、まるで大変なことが起きたかのような話し方をしたり、話を盛ったりするのです。精神年齢が低い人は自分を認めて欲しいという心理が原因で大げさな表現をしてしまいます。

大げさな表現で話をすれば聞いている男性や女性から賞賛されたり、驚かれたりするでしょう。そのようなリアクションをもらえると自分自身を認められたような気分になったり、その場の中心になれたりするため大きげな表現をします。まるで親から褒められたがる子供のような性格なのです。

特徴⑪だらしない

精神年齢が低い人にはだらしないという特徴があります。精神年齢が高い人は自分のことは自分でできるものです。しかし精神年齢が低い男性や女性は部屋が散らかっていたり、食事の食べ方が汚かったりします。人を不快にさせてしまうことなど気にもかけていないため、大人としてやるべきことをしなくなってしまうのです。

精神年齢が低いのはどうして?

精神年齢が高い人も世の中にはいるにも関わらず、精神年齢が低い人はどうして精神年齢が低くなってしまうのでしょう。ここからは精神年齢が低くなってしまう原因について解説していきます。

原因①親からの愛情の欠如

親から愛情を与えられないとそれが原因で精神年齢が低くなってしまいます。親の愛情がないとずっとそれを求め続けるものです。精神年齢が高い人になってしまうと愛情が受け取れなくなってしまうため、愛情に飢えた人は子供のままでいようとします。そうすることで可愛がられようとしているわけです。

これを考えれば精神年齢が高い人はしっかりと愛情を与えられていたということになります。つまり精神年齢が低い人はある意味では被害者ということです。精神年齢が高い人がその人のことを気にかけてあげることで、少しは救われるでしょう。

原因②親の過保護

親が過保護であるとそれが原因で精神年齢が低い人になってしまいます。愛情がなくてもダメなのですが、あまりにも過保護に育てられるとその環境に慣れてしまい精神年齢が低い人となってしまうのです。過保護に育てられれば自分のことを誰からも可愛がられる存在だと思い込んでしまいます。

つまりは自分のことをお姫様のように思ってしまうというわけです。男性にもある原因ですが、特に女性は過保護に育てられることが多いため、これは女性に多い原因です。また精神年齢が低い人は、子育ての際過保護に育てることも多く、原因としては精神年齢が低い親に育てられていることも挙げられます。

原因③自己認識が甘い

精神年齢が低いのは自己認識が甘いことも原因です。精神年齢が高い人は自分のことも他人のことも良くわかっています。自分が何をすることで人からどう見られれるか、またはどう思われるのかを理解しているのです。しかし精神年齢が低い人はこれを理解できていません。そのため、自己中心的な行動をしてしまうのです。

自己認識が甘くなる原因は何でも許されてきたからでしょう。自分が横暴に振舞っても周りにいる人が許してきたために、それが原因で自己中心的な言動に疑問を持たなくなります。

また、逆に子供のころから自由な発言ができなかったりすると、その欲求が大人になってから爆発することもあります。結果、子供の頃の環境が原因で精神年齢が低い人となってしまうというわけです。

原因④他者と交わった経験が少ない

他者と交わった経験が少ないとそれが原因で精神年齢が低い人になってしまうこともあります。誰かと会話したり、喧嘩したりしながら人は何が良くて何が悪いのかを覚えていくものです。しかしそれを経験していないと、他人の気持ちを推し量ることができなくなってしまいます。つまりは経験不足が原因で精神年齢が低い人になってしまうのです。

特に男性は女性と女性は男性と交流しなければ異性の気持ちを理解することができなくなってしまいます。男性心理と女性心理には大きな差があるため、同性であればある程度相手の気持ちを想像できることでしょう。しかし異性だとそう簡単にはいかないのです。そのため、精神年齢が低い人は恋愛もうまくいかない傾向があります。

精神年齢が低い人との付き合い方

精神年齢が低い人は自己中心的なところがあるため、なかなか付き合い辛いものです。しかしそのような人が会社の人間であった場合、まったく会話しないわけにもいかないため嫌々でもうまく付き合っていく必要があります。いったい精神年齢が低い人とはどのような付き合い方をすれば良いのでしょうか。

穏やかにたしなめる

精神年齢が低い人はプライドを守るためによく怒ります。そのようなときには周りにいる男性や女性は穏やかになだめてあげるようにしましょう。けっして精神年齢が低い人を否定せずに「確かにその通りだね」「その気持ちわかるよ」と言って落ち着かせてあげるのです。

精神年齢が低い人は感情的になるためまずは冷静にさせないと話ができません。またプライドの高さから、否定するような言葉を言うと反発してしまい、さらに感情的になってしまいます。そのため、否定することなく優しい言葉をかけてあげることで怒りを静めることができるのです。

常識を教え込む

精神年齢が低い人には常識を教える必要もあるでしょう。精神年齢が低い人は単純に常識を知らないことで自分勝手な振る舞いをしていることも多いです。客観的に物事を見る能力がないため、言ってはいけない言葉がわからず、空気を読めない発言をしてしまいます。

しかし知識として何を言ってはいけないのかを教えてあげれば、素直に受け止められなくてもそのうち理解してくれます。時間がかかる方法ですが、しっかりと教育することで精神的な年齢を上げることもできるのです。

代わりに対応してあげる

精神年齢が低い人が何か問題を起こしたら代わりに対応してあげると良いです。精神年齢が低い人はプライドが高く非を認めない特徴があるため、何かに失敗したときはそれを自分でフォローすることができません。そのままやらせていてもプライドが傷つくだけですので、本人に任せるよりは周りの人がフォローしてあげたほうが良いのです。

そのようにして誰かに助けてもらえば、精神年齢が低い人は助けてくれた人を慕うようになります。そのような絆ができれば他の人の言うことはきかなくても、助けてもらった人の言うことだけは聞くようになるものです。その結果、精神年齢を上げる指導もしやすくなるため恩を売るつもりで助けてあげましょう。

低い精神年齢を上げるには?

精神年齢が低い人がそれを上げるためには何をすれば良いのでしょうか。精神年齢が低いままだと人間関係が悪くなってしまうこともあるため、子供っぽいところを直す努力をしてみましょう。精神年齢を上げる方法は様々な方法があるため実践することをおすすめします。

相手の気持ちを第一に

精神年齢を上げる方法としては相手の気持ちを第一に考えることを意識しておくと良いです。精神年齢が低いのは自分のことばかりを考えてしまうからでしょう。そのために周りの人の気持ちを考えることができず、自己中心的な言動をしてしまいます。そして自分ではそれが自己中心的な行動だと気付いていないことも多いです。

いつもは自分のことばかりを考えているかもしれませんが、もしも自分が言った言葉を自分が言われたとしたらどう思うでしょうか。多くの場合、イライラしてしまうはずです。自分が言われたらイライラしてしまうような言葉を言えば、他の人から嫌われてしまっても仕方ないでしょう。

精神年齢が低い人も学校や会社で孤立してしまうのは嫌でしょう。自分がどれだけひどい言葉を言っているかを自覚できれば、孤立してしまうかもしれないという危機感を把握できるはずです。相手の気持ちを第一に考えれば精神年齢を上げることができます。そうなれば孤立することもなくなるため、今からでも精神年齢を上げる努力をしてください。

どうしても人の気持ちがわからない場合は誰かに聞くと良いです。自分のどのような言葉に傷ついたことがあるのか、悪い部分を指摘してもらうのです。それを素直に受け止めれば他人の気持ちも想像できるようになります。今すぐに実践してみてください。

人の意見に耳を傾ける

精神年齢を上げるためには人の意見に耳を傾けると良いです。プライドが高いために自分が否定されていると感じたら思わず反発してしまうかもしれませんが、そこはぐっとこらえましょう。全員が全員、精神年齢が低い人に嫌味を言ったり、敵意を持ったりして意見を言っているわけではありません。

仕事を成功させるためや精神年齢を上げるような指導をするために意見を言っているのです。いつもそれを聞かないで否定ばかりしているということは、自分の精神年齢を上げるチャンスを自ら失っているということになります。人の意見は100%正しいわけではありませんが、なるほどと思えることも多いはずです。

他人を否定することは誰にでもできます。大人として大事なのは自分が成長するために他人から様々なことを吸収することです。自分自身が成長するためにも人の意見に耳を傾けましょう。

ルールは必ず遵守する

精神年齢を上げるためにはルールを遵守するということを意識しておくと良いです。世の中には様々なルールがあります。犯罪に繋がるようなことはもちろんダメですが、道端にゴミを捨てないというようなマナーのようなものもルールの一つでしょう。そして何より大事なのが人間関係の中にある暗黙のルールです。

例えば会社に言ったら挨拶をするというようなものもルールです。また、仕事を手伝ってもらったらお礼を言ったり、自分の仕事ではなくても困っている人がいたら手伝ったりするというのもルールと言えるでしょう。他にも人を叱るときには仕事のミスを指摘するのはOKでも、その人の人格を否定するような言葉はNGとなります。

このようにして様々な人が無意識のうちや当然のこととして守っているルールはたくさんあります。精神年齢が低い人は自分の利益にならないからといって、このようなルールを無視してしまいがちです。しかし自分自身もそのルールから得られる恩恵を受けているはずです。

それを考えれば自分だけそのルールを守らないのはずるい行動となります。無視し続けることで周りの人から嫌われてしまう原因となってしまうため必ず守るようにしましょう。

一旦落ち着いてから対処する

精神年齢を上げるためには一旦落ち着いてから対処するということが大切です。精神年齢が低い人はどうしても様々なことに対して感情的になってしまいます。人間は感情的になっていると視界が狭まってしまい、物事を正しく判断できなくなってしまうものです。

その結果、きつい言葉を言い過ぎてしまったり、判断を間違えたりしてしまいます。そのため感情的になったときは一度深呼吸してください。そうすることで少しは冷静になることができます。

誰もが憧れる精神年齢の高い人を目指そう!

精神年齢が低いと仕事でも恋愛でもマイナスになってしまいます。多くの人は精神年齢が高い人に憧れ、好意を持つようになるものです。精神年齢が低いままだと一番困るのでは自分でしょう。「精神年齢が低いかもしれない」という自覚がある人は、精神年齢を上げて仕事も恋愛も成功に導いていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb熟女好きな男性の心理と特徴13選!熟女の魅力や定義とは
熟女好きな男性の心理や特徴はどの様なものなのか。熟女の定義や熟女好きな男性がハマる熟女の特徴...
Thumb子供っぽいの人の特徴11選!子供じみた性格/見た目/言動とは
皆さんの周りに「この人子供っぽい性格だなぁ」や「なんか子供っぽい服装だなぁ」と思う人はいます...
Thumb【男女別】若く見える人の特徴13選!年齢より若く見られる方法とは
男性でも女性でも年齢より若く見える人がたくさんいます。その若く見える人たちの共通点を探ってみ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ