気分屋な人の特徴15選!気分屋の性格・心理や付き合い方のコツとは

気分屋な人にはどのような特徴があるのでしょうか。彼氏や彼女、上司が気分屋だと疲れます。そのため、どのような心理を持っているのかも知っておきたい点なのではないでしょうか。気分屋な人の性格や特徴を診断し、正しい付き合い方をするための参考にしていきましょう。

気分屋な人の特徴15選!気分屋の性格・心理や付き合い方のコツとはのイメージ

目次

  1. 1気分屋とは?
  2. 2自分を診断!気分屋の性格と特徴11選
  3. 3気分屋の長所・短所
  4. 4周りの人はどう思っている?
  5. 5気分屋の対処法
  6. 6身近な人が気分屋な場合は?
  7. 7気分屋の克服方法
  8. 8気分屋の克服方法を知って気分屋を卒業しよう!

気分屋とは?

気分屋という言葉をよく耳にしますが、具体的にどのような人を指す言葉なのかわからないという人もいるでしょう。気分屋な人の性格や心理を知る前にまずは気分屋という言葉の意味を解説していきます。

気分屋の意味

気分屋という言葉の意味は周りのことなど考えず、自分の気分のままに行動をする人という意味です。生きていれば周りとの人間関係を考えなければならないため気を遣ったり、自分本位な行動を控えたりします。そうして人間関係を円滑にすることができ、周りの人が誰か一人のせいで疲れるということがなくなるのです。

しかし気分屋な人は自分の気分でしか行動しません。機嫌が悪ければすぐに怒りますし、機嫌が良ければ異常にハイテンションになったりするのです。彼氏や彼女がこのような状態だとそのテンションに合わせるのは疲れるでしょう。相手が上司であれば気分を気にしなければならずストレスが溜まってしまいます。

気分屋な人は本人としては自由気ままに行動できるためストレスなく彼氏や彼女と接することができます。しかし周りにいる人は気分屋な人に振り回されてしまうでしょう。機嫌が悪いときにはなだめ、機嫌が良いときにはそれに合わせて無理にテンションを上げなければなりません。どちらにしても疲れる結果となります。

それを考えればできるだけ気分屋な彼氏や彼女を作りたくないと思ってしまいますし、そのような上司とは関わり合いになりたくないと思うでしょう。恋愛を楽しんだり、仕事に集中したりするためには気分屋な上司や恋人の存在はできるだけいないほうが良いです。

気分屋な人を好きな人もいるのですが、そうでない限りはできるだけ避けたい存在となります。

自分を診断!気分屋の性格と特徴11選

気分屋な上司や恋人とは付き合いたくないものですが、もしかしたら自分でも気付かない間に気分屋になっているかもしれません。誰かにとっての疲れる人間になってしまえば人間関係が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。そこで自分自身が気分屋かどうか診断するためや気分屋な上司や異性を見抜くために、気分屋の特徴を解説していきます。

性格・特徴①いつもテンションが高い

気分屋な人の特徴としてはいつもテンションが高いという特徴があります。気分屋な人の中でも様々な性格の人が存在しており一概に全員テンションが高いわけでもありませんので、これはテンションが高いタイプもいるという一つの例です。いつでも元気でノリが良く、彼氏や彼女の気分が落ち込んでいるときでも自分のテンションのまま接してきます。

自分もテンションが上がっているときであれば良いですが、落ち込んでいるときに気分屋な人と接するとかなり疲れることになります。上司だと逆らうこともできないため、さらに疲れることになるでしょう。気分屋な人は空気を読むことができないため、他人がどういう状態であろうが自分の気分のまま接してきます。注意しておきましょう。

性格・特徴②ノリがいい

ノリが良いというのも気分屋の人の特徴です。このような特徴がある人は面白いことをして周りを楽しませてくれますが、テンションを周りに強要してしまうこともあります。彼氏や彼女にこのような存在だと振り回される結果となるでしょう。疲れる毎日を過ごすこととなります。

ノリが良い気分屋な人は自分が楽しければ他の人も楽しいはずだと考えています。他人の心理を感じ取る能力がないのもありますが、そもそも心理を読み取ろうとしていないのです。そのため周りにいる人は疲れることになりますし、そのことによって気分屋な人から「ノリが悪い」と言われてしまうこともあります。

気分屋な人は心理的に幼いということです。大人であれば周りの迷惑を考えて様々な行動を控えます。しかし気分屋な人にはそもそもその選択肢がありません。周りが疲れることになっても自分の楽しみだけを優先して、多くの人を振り回してしまいます。上司がこのような気分屋な人だった場合、かなり面倒なことになるため注意しておきましょう。

性格・特徴③オープンで裏表がない

気分屋を診断する上ではオープンで裏表がないという特徴に注目すると良いです。自分の情報を隠すことなく全て話し、人見知りしないのが気分屋な人の性格となります。この点で言えば良い性格と言うことができるでしょう。気分屋な人は裏で性格が変わるということもないため信用できる人間でもあるのです。

疲れる部分もありますが気分屋な人は悪いところばかりではありません。接しやすい人ですので第一印象はかなり良いでしょう。コミュニケーション能力が高いため集団の中では人気者となることも多いのです。しかし付き合っていく中で疲れる相手となることがあります。

オープンで裏表がないことは良いことですが、それを人に強制することもあるからです。裏表があるのはダメなことですのでそれを強制するのは良いですが、オープンなところに関してはその人の性格の問題でしょう。コミュニケーションが苦手でできるだけ目立つことはしたくない人も世の中にはたくさんいます。

しかし気分屋な人はそのような人に対してもオープンな部分やノリの良さを強制するのです。そのため、気分屋な人は大人しい人にとってかなり疲れる相手となるでしょう。天敵といっても良いかもしれません。疲れるどころか様々な無茶振りをされて心理的に大きな負担となることもあるため、この診断によって気分屋な人をうまく見分けてください。

性格・特徴④言うことがすぐ変わる

気分屋を診断する上では言うことがすぐ変わるかどうかという特徴を見ておくと良いです。気分屋な人はその日の気分で様々な発言をします。昨日の気分と今日の気分が違えば、まったく違うことを言い出すことがあるのです。彼氏や彼女だと疲れることになりますし上司だとすれば最悪でしょう。仕事に大きな影響が出てしまいます。

上司を診断したときに気分屋だと確定したら部下としては苦労を覚悟しなければなりません。ただ機嫌が悪いだけならば多少疲れることになりますが大きな支障はありません。しかし仕事で昨日指示されたことと今日指示されたことが違った場合、疲れるだけでは済まないでしょう。場合によってはそれが大きなミスに繋がることもあります。

気分屋な上司は特に部下に対して気分屋になります。自分より偉い人の前ではしっかりとした立ち振る舞いをするのです。そのため、部下だけが被害を被ることになります。また、気分屋であることを指摘すると怒ってしまうこともあるため上司が気分屋な人は指摘しないようにしましょう。

性格・特徴⑤自分の発言を覚えていない

気分屋を診断する上では自分の発言を覚えていないという特徴に注目すると良いです。気分屋な人はその日の気分で発言するため、以前自分が言ったことを覚えていません。だからこそ言うことがすぐ変わるわけです。彼氏や彼女であれば約束を破られてしまうことになりますし、相手が上司であれば仕事に影響が出て疲れることになってしまいます。

気分屋な人の言葉は軽いです。本人がそもそも何も考えずにその日の気分で発言しているのですから、そこに重みがなくて当然でしょう。慎重に判断しなければならないときでも自由気ままな発言をするため、それを聞くだけで疲れることも多いです。相手が上司だとしたら部下がしっかりしなければ仕事は成功しません。

気分屋を診断するときには上司や恋人の様子をしっかり観察することが大切になります。自分の発言を覚えていないことは診断する人が前日の発言を覚えていなければ診断することができません。そのため、しっかり上司や恋人の様子を観察して気分屋なのかどうか正しく診断できるようにしましょう。

性格・特徴⑥突破力がある

気分屋を診断する上では突破力があるかどうかという特徴に注目すると良いです。この特徴は物事を進めるための力がどれだけあるかというということです。一つの物事に対して自分の考えを貫き、達成することができる力があるのであれば診断結果は気分屋の可能性が高いということになります。逆であれば気分屋と診断することはできません。

気分屋な人は気分で行動する性格ですが、何か目的ができてそれを達成したい気分になるととてつもない力を発揮します。周りのことも気にしないため真っ直ぐに突き進んでいくのです。このような上司がいるのであれば、見習わなければならないところでもあります。

気分屋な人の性格はこのようにして仕事面でプラスになることも多いのです。その結果、大きな成果を出す人も多く会社では出世することも珍しくありません。だからこそ上司に気分屋な人が増えてしまうことになるのですが、これは素晴らしい部分でもあるため自分の仕事の参考にしてください。

性格・特徴⑦熱しやすく冷めやすい

気分屋を診断する上では熱しやすく冷めやすいという特徴に注目すると良いです。気分屋な人には何かにすぐに熱中してそのことを周りの人に自慢気に話すという特徴があります。しかし少し時間が経つと急に熱が冷め、その物事をやめてしまうのです。そのため、すぐにハマりすぐに飽きる人がいたら診断結果は気分屋という答えが出ます。

彼氏や彼女が診断で気分屋だと確定したら注意しておいたほうが良いです。熱しやすく冷めやすい特徴は恋愛においても同じだからです。そのため、付き合ってからすぐに別れを切り出される可能性がありますし、浮気されることもあります。気分屋ですからその日の気分で気が合った人と浮気することも多いのです。

気分屋な人の心理には頭で物事を考えるという心理がありません。論理的ではなく感情的なのです。そのため、好きなときにはたくさん愛してくれる最高の彼氏や彼女となりますが、冷めたら急激に冷たい態度をとってきます。それまでの受け取った愛に溢れる言葉は全て嘘だったのかとショックを受けてしまう人もいるため注意しておきましょう。

性格・特徴⑧過去にこだわらない

気分屋を診断する上では過去にこだわる人かどうかという特徴に注目すると良いです。気分屋な人は感情的に行動しているため過去にこだわりません。自分の過去についても興味がありませんし、彼氏や彼女に対しても昔のことで何かを言うことはありません。そのため、今が一番大事と考える人がいたら診断結果は気分屋という答えとなります。

過去にこだわらないのは長所でもあるため、彼氏や彼女が診断結果として気分屋になったとすれば安心しても良いでしょう。今だけを大切にしてくれるため、自分の過去に負い目がある人にとっては良い恋人となります。しかし過去にこだわらないというのは長所としてだけで捉えられるものではありません。短所もあるのです。

過去にこだわらないという特徴を持つ人は反省しないという特徴も持っています。人は過去を反省して今に活かしていくものです。そうすることで成長することができます。気分屋な人は自分の過去に対しても興味を抱かないため反省することがありません。その結果、同じ失敗を繰り返してしまうという短所が出てきてしまうのです。

性格・特徴⑨ストレスに強い

気分屋な人はストレスに強いという特徴があります。心理的に物事を深く考える性格ではないため、何か嫌なことがあっても気分屋な人はすぐに忘れてしまうものです。ストレスに強いというよりはそもそもストレスを感じないということになりますが、物事を深く考える性格の人よりもかなり心理的に強くなります。

ストレスに強いという特徴があればいつでも精神衛生上、健康でいることができます。上司に何を言われてもヘコむことはありませんし、いつでも明るくして周りにいる人を元気にすることができるでしょう。夜もしっかり眠れるため翌日に疲れを残すことも少ないです。ストレスを強く感じる性格の人からすれば羨ましい性格となります。

性格・特徴⑩騙されやすい

気分屋な人は騙されやすいという特徴もあります。物事を感情的に捉える性格ですので気分屋な人はしっかり吟味して何かを判断することができません。その場で良いと思ったら即決してしまい、後々後悔してしまうことになるのです。その結果、必要のない商品を買ってしまったり、騙されてしまったりします。

特に気分屋な人は親戚や友達などから騙されることが多いです。他人であれば気分屋の人でも多少は警戒しますが、親戚や友達というような顔見知りが相手だとまったく疑うことがありません。場合によっては連帯保証人になってしまい多額の借金を背負ってしまうこともあるため注意しておきましょう。

性格・特徴⑪すぐ八つ当たりする

気分屋な人にはすぐ八つ当たりするという特徴があります。機嫌が悪くてもそれを我慢しなければという心理に普通はなるものですが、気分屋な人にそのような心理はありません。

そのため気分屋な上司がいた場合、部下は八つ当たりの的となってしまうでしょう。上司に指示された通り仕事をしたにも関わらず失敗してしまった結果、説教されてしまうこともあります。

気分屋の長所・短所

気分屋な性格は短所ばかりが目立ってしまいますが、必ずしも悪い性格であるとは言えません。なぜなら多くの長所も存在するからです。そこで気分屋な人の長所と短所を解説していきます。

長所①他人の目や評価を気にしない

気分屋な人には他人の目や評価を気にしないという長所があります。誰からどう思われていても気分屋な人は気にすることがありません。自分が物事を成し遂げると決断したら周りの声など気にせず真っ直ぐに突き進み、目標を達成するのです。人の目によって自分を見失うことがないため、環境に負けない意志の強さを持っています。

空気を読む人や気遣いをする性格の人はどうしても周りの目を気にしてしまうものです。周りの目を気にするからこそ気遣いや空気を読むことができるわけですが、それにより萎縮してしまうこともあります。その結果、周りの人に悪く思われたくないという心理が働き行動できなくなってしまうのです。

長所②オンとオフの切り替えができる

気分屋な人にはオンとオフの切り替えができるという長所も存在します。自分の気分でテンションが高いときと低いときがある気分屋な人ですが、仕事に関してはその切り替えがしっかりとできるものです。仕事が忙しいときにはオンのスイッチを入れて誰よりも熱心に働きます。

仕事中にオフになることは少ないです。オフになるのはプライベートの時間ですので彼氏や彼女は気分屋な性格に振り回されてしまうでしょう。しかし仕事面では頑張らなければいけないときに誰よりも働いてくれるため重宝される存在となります。

短所①気分次第で予定をキャンセルしがち

気分屋な人には気分で予定をキャンセルするという短所が存在します。気分屋な性格の人は自分の気分で全ての行動を決めるため、どれだけ彼氏や彼女に迷惑がかかろうが気分が乗らなければ予定をキャンセルしてしまうものです。デートの約束をすっぽかされてしまうことも多いため、気分屋の彼氏や彼女がいる人は苦労するでしょう。

また、逆に彼氏や彼女に予定をキャンセルされると気分屋な人はかなり怒ってしまいます。自分が気分で予定をキャンセルするのは何も思わないのですが、彼氏や彼女にそれをされると自分の気分通りに物事が進まないためイライラしてしまうのです。自分の機嫌によって行動が変わってしまうため周りにいる人は振り回されてしまいます。

短所②テンションの上がり下がりが激しい

気分屋な人にはテンションの起伏が激しいという短所も存在します。彼氏や彼女と会った瞬間はかなりテンションが高かったのに、少し時間が経つとテンションが下がっているということがよくあるのです。彼氏や彼女としてはその心理を見抜くことができず振り回されてしまうことになるでしょう。

このような人が元気のない時に彼氏や彼女が元気良く話しかけても、相変わらず元気はないままです。自分の気持ちを他人の明るい気持ちに合わせることができないからです。そのため、彼氏や彼女が相手の気持ちの変化に合わせなければならなくなってしまいます。

周りの人はどう思っている?

気分屋な人は周りの人にどのような印象を持たれているのでしょうか。長所も短所もありますが多くの人はやはりマイナスな部分に目が入ってしまうものです。どのようなマイナスな印象があるのか解説していきます。

一緒にいて疲れる

気分屋な人の印象としては疲れるというものがあります。気分屋な人は自分の機嫌を優先して周りの人がどのような心理を持っているのか想像しようともしません。結果的に周りは気分屋な人の心理を想像しながらそこに合わせて行動しなければならなくなってしまいます。

自分のペースで行動できないとストレスを感じてしまうため、多くの人が気分屋な人に対して疲れるという印象を持ってしまうのです。場合によっては気分屋であることが原因で彼氏や彼女と別れを決断してしまう人もいます。それほど周りの人に迷惑をかけてしまう性格なのです。

疲れるという印象を持たれてしまうと周りからどんどん人はいなくなってしまいます。いくらノリが良く明るくても、デメリットのほうが勝ってしまい敬遠されてしまうのです。気分屋な性格が原因で会社で孤立してしまう人もいるため注意しておきましょう。

どうしたいのか分からない

どうしたらいいのか分からないというのも気分屋な人に対する印象です。気分屋な人は自分の気分で行動を決めますが、その心理を他人が読み取ることはできません。長い付き合いがある人であれば心理を読み取ってくれるかもしれませんが、付き合いが浅ければ何を考えているのかわからないでしょう。

気分屋の人は自分の気分にそぐわない行動を周りの人がすると怒ってしまうことがあります。そのため、なんとか周りにいる人は気分屋の人の心理を読み取ってそれに合わせて行動しようとするのです。しかしその日の機嫌を簡単に読み取ることはできないためどうしたらいいのか分からないという印象を持ってしまいます。

自己中心的すぎる

気分屋な人に対して自己中心的すぎるという印象を持つ人も多いです。気分屋な人は周りの人の心理を読もうともせず自分が思うように行動します。それが長所となることもありますが、自分勝手な行動をして周りに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。そうなってしまうと周りにいる人は自己中心的という印象を持ってしまうのです。

自己中心的な気分屋の人ですが、自分がそのような人間だという自覚はありません。そのため自己中心的な行動を指摘すると怒り出してしまうことがあります。自分の中では周りに気遣いのできる優しい人間だと思い込んでいるからです。自分自身のことをまったく客観的に見れていないため周りにいる人とトラブルを起こしてしまうこともしばしばです。

気分屋の対処法

迷惑をかける気分屋の人ですが、実際にこのような人に困らされているという人もいるでしょう。今は周りに気分屋の人がいなくてもこれから出会うかもしれません。いったい気分屋の人と出会ってしまったとき、周りにいる人はどのような対処法をとれば良いのでしょうか。

相手に期待しすぎない

気分屋の人にはそれほど期待しすぎないということが大切です。気分屋ではない普通の人であれば気遣ってくれたり、空気を読んだ発言をしてくれたりするものでしょう。しかしそれに慣れて気分屋の人にもその場に沿った行動や言葉を求めてはいけません。どれだけ期待してもそのような言動を気分屋の人が取ることはないからです。

期待しているとそれを裏切られたときに大きなストレスを感じてしまいます。そのストレスによって気分屋な人がいると疲れると感じてしまうのです。そのため、自分の精神の健康を考えるのであれば最初から期待しないほうが良いでしょう。そうすることでストレスを感じずに済むようになります。

いちいち反応せず受け流す

気分屋の人の発言をいちいち反応しないで受け流すというのも良い対処法です。気分屋の人は日によって発言の内容が変わってしまいます。それを毎回、真に受けてしまうと振り回されてしまいイライラすることになるでしょう。そのため、最初から気分屋の人の発言を真に受けず流すようにすれば振り回されることもありません。

気分屋の人は自分でどんな発言をしたのかも覚えていないため、周りにいる人がそれを無かったことにしても特に支障はありません。何か発言しても「どうせ気分で言っているのだろう」と思って流しておけば楽に付き合うことができるはずです。気分屋の人の言葉に対する認識を変えましょう。

機嫌が悪そうな時は放っておく

気分屋の人の機嫌が悪いときは放置しておくのが一番良いです。気分屋の人は自分の機嫌が全てですので行動原理の根本である機嫌が悪い状態だとどうすることもできません。周りが何とか機嫌を良くしようと思ってもまったく乗ってこないですし、場合によっては怒られてしまうこともあります。

そのため、気分屋の人の機嫌が悪いときは放っておくしかありません。気分屋ですので放置しておけば突然、機嫌が良くなることもあります。こちら側から何かアクションをして機嫌を直そうとするのではなく、季節が移り変わるのを待つように何もせずに機嫌が良くなるのを待っておきましょう。

身近な人が気分屋な場合は?

身近に気分屋な人がいるという人もいるでしょう。彼氏や彼女、上司が気分屋という場合、関わり合いにならないわけにもいかないためどうして良いかわからなくなってしまいます。それぞれに合った対処法を解説していくため参考にして気分屋の人とうまく付き合っていってください。

彼氏が気分屋な場合

恋人が気分屋だという人は必要以上に干渉しないことで良い付き合いをすることができます。気分屋な人は自分のペースを乱されることを一番嫌います。逆に言えばそこさえ自由にさせておけば良い付き合いができるということです。恋人の機嫌が悪いとそれを何とか直そうとアクションをかける人もいるでしょう。

しかし機嫌が悪いときはいくら恋人でも直すことはできません。自分のせいで機嫌が悪くなってしまったのではないかと不安になってしまうかもしれませんが、ただの気分ですので気にする必要はないのです。時間を置いて機嫌が直ったと思ったら楽しく会話しましょう。

上司が気分屋で怒りっぽい場合

上司が気分屋の場合、反論しないということが大切です。気分屋の人に昨日言っていたことと違うと指摘すると激高してしまいます。相手が上司となればなおさらでしょう。そのため、上司の発言はその場の気分で言っているということを理解して適当に流すことでストレスなく付き合うことができます。

しかし仕事上、気分による発言では済まない大事な話もあるでしょう。上司が気分で指示したことで仕事が失敗してしまえば大きなトラブルとなってしまいます。そこでオススメなのは大事な話はメールなどで話をするということです。メールであれば上司が指示した内容が証拠として残ります。そのため上司のミスであることを示すことができるのです。

気分屋の克服方法

自分自身が気分屋だという人はどれだけ自分が周りに迷惑をかけているか理解できたでしょう。なんとかその性格を改善したいと思うものですが、いったいどのようにして克服していけば良いのでしょうか。

身の回りを整理する

気分屋を克服する方法としては身の回りを整理するという方法があります。気分屋の人は自分の中で考えが一つに定まりません。たくさんの意見が自分の中にあるため物事に集中できなかったり、気分で日によって違う発言をしてしまったりするのです。その原因は自分の中に様々な情報があったり、思考が乱れやすい環境にあったりするからでしょう。

机の上に漫画が置いてあると急に読みたくなったり、スマホを持っていると思わずイジってしまったりするために気分屋の人は物事に集中できません。そこで身の回りを整理して、周りに集中を乱すようなものを置かないようにいすれば集中力が途切れてしまうことを防ぐことができます。

たまには周りの人の意見を取り入れてみる

気分屋を克服する方法としては周りの意見を取り入れてみるという方法もあります。気分屋な人は自分自身の気分でしか行動しないという自己中心性があるため、周りの人の意見を取り入れようとしないものです。自分の中にある知識や経験でしか物事を判断せず、周りの人から敬遠されてしまうこともあります。

しかし周りの人の意見というのはかなり大事です。自分一人で考えていたら絶対に思いつかないような発想が出てくることもありますし、違う角度で物事を見れるようにもなるでしょう。そのため、自分自身のために周りの人の意見を取り入れることが大事ということです。物は試しと考えて一度周りの人の意見を取り入れてみてください。

また、周りの人の意見を取り入れることにより自分以外の人間の心理を触れる良い機会にもなります。普段は自分のことしか考えていないため気付かないかもしれませんが、周りの人の本音に触れることができるはずです。それを知ることにより自分を客観的に見ることができるようになり、反省する部分も出てきます。

これまで気分屋な人が周りにかけていた迷惑を実感することができれば、二度とそのようなことをしないと心の中で誓うはずです。このようなことを繰り返して気分屋な性格を改善していくことができるはずですので、自分の考えを最優先させないようにしてみてください。

気分屋の克服方法を知って気分屋を卒業しよう!

気分屋な人は克服方法を実践することで徐々にその性格を改善することができます。気分屋だと周りに迷惑をかけてしまうため孤立してしまい、最終的には自分が困ってしまうものです。気分屋を卒業して周りの人も自分自身も幸せを感じられるような人生を送っていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb【男女別】末っ子の性格と特徴17選!恋愛傾向や相性の良いタイプは
兄弟姉妹の中で一番最後に生まれた人のことを末っ子といいます。生まれ順によって特徴的な性格や恋...
Thumb騙されやすい人の性格と心理的特徴11選!騙されないための対処法は
騙されやすい人の心理や性格には何か共通する特徴があるのでしょうか。騙されやすい人は特に恋愛で...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ