好き避けする男性の心理や特徴は!行動/態度/対応で本気か分かる?

好きな人に「好き避け」をしてしまう男性の心理や特徴はどうなっているのでしょうか。男性の行動や態度や対応で職場や学校にいる女性に対しての「嫌い避け」と「好き避け」の違いは分かるのでしょうか。ここでは男性の好き避けについて調べてみました。

好き避けする男性の心理や特徴は!行動/態度/対応で本気か分かる?のイメージ

目次

  1. 1好き避け男性が増えている?
  2. 2好き避けをしてしまう男性の心理
  3. 3好き避けをしてしまう男性の特徴
  4. 4基本的な好き避け男性の行動パターン
  5. 5好き避けとは違う!嫌い避けをする男性の特徴
  6. 6男性が好き避けをしてしまう理由
  7. 7好き避け男性を振り向かせる方法
  8. 8繊細な好き避け男性の心理を理解しよう

好き避け男性が増えている?

職場でも学校でも、そっけない態度をとる男性がいます。新しい環境が始まったばかりであれば互いに緊張しているためですが、時間が経っても「これって、避けられている?」と感じてしまうほどの距離感をもつ人がいます。嫌われているのとは少し違う感じがあるならば、「好き避け」されているのです。

実は「好き避け」をしてしまう男性が職場でも学校でも増殖しています。この「好き避け」とはいったいどういうものなのでしょうか。男性の「好き避け」の実態を調べました。

好き避けの意味

精神分析学で有名な学者に、ジークムント・フロイトという人がいます。精神分析学の創始者といわれる学者です。彼の娘のアンナが、父の研究を引き継ぎ、特に児童心理学分野を整理していきました。そのなかで、「防衛本能」についてまとめています。

この「防衛本能」についての著作の中に「反動形成」という言葉が出てきます。無意識のうちに引き起こされる自己防衛行動の一つです。嫌なことや認めたくないことに対して、逆向きの行動や意識をとることで、精神の均衡を保とうとする心の動きのことをさします。

好き避けは、この「反動形成」の一つです。好きな人が自分以外の人と仲良く話していると「嫌だ」と感じることで、「あの人のことなんて、はじめから好きではない」というような自分の気持ちとは真逆の「避ける行動」をとってしまいます。

意外に多い好き避け男性

男性は幾つになっても子供だと、世間で言われることが多いです。好き避けは、児童心理学で整理された領域であることからわかるように、精神的未発達の子供に多くみられる現象です。特に思春期は恋愛ごとに関しては同性からの「からかい」が多く、そこから回避するために逆向きの行動、つまり「好き避け」をします。

恋愛経験が少ない現代男性ともいわれます。このため、精神的未発達な男性が多くなり、それゆえ思春期で卒業しなければならない「好き避け」を引きずってしまっている男性が多くなっているとも考えられています。

職場での男性の好き避けは当然?

職場や学校での「好き避け」をする男性が目撃されることが多くなっている現代ですが、これはいわゆる「草食系男子」の影響が多々あると考えられます。「草食系男子」の最も大きな特徴は「争いを好まない」点にあります。好き嫌いの関係による派閥などの構築が、後の自分を取り巻く環境を息苦しくしてしまうと感じるからです。

狭い社会である職場や学校では、一度レッテルを貼られると逃げられなくなります。精神的にも打たれ弱い「好き避け」をする男性は、初めからトラブルになるようなことを避けることで、自己防衛行動を選択しています。

好き避けをしてしまう男性の心理

アンナ・フロイトによる「反動形成」は、既に1940年代には整理されています。アンナは主に児童心理、その中でも幼児の防衛機制についての研究が有名ですが、「好き避け」が反動形成の一つとして扱われるならば、心理学的見地からの「好き避け」理解が必須です。ここでは好き避けをしてしまう男性の気持ちを調べてみました。

心理①周りにバレたくない

好き避けをしてしまう男性は、自分に自信がありません。特に恋愛に関しては、まったく自信がない場合がほとんどですし、もともと自分の気持ちを表に表すことが苦手です。「好き」「嫌い」だけではなく、他の感情を表に出すことも基本的には苦手なのです。つまり自分の気持ちを周囲にバレないように行動することが、好き避けをする男性の特徴の一つです。

心理②好きな人に悟られたくない

好き避けをする男性は恋愛経験に乏しいケースが圧倒的です。経験不足から来る想像力の無さも、好き避けをしてしまう行動原理にもなっています。好きだという気持ちがバレてしまったら、相手はどんな行動をとるのかを想像すると不安でたまらない。そうであるならば初めから好きにならなければ良い、という理論です。

好きであることを悟られないようにするためには、近くに寄らなければ良い。どうしても嫌いにはなれないし、好きな気持ちを消すこともできないから、相手を意識できないように視界からはずせばいい。これが「避ける」という行動です。相手が視界に入らなければ、悟られる可能性は下がるだろうと考えているということです。

心理③好きな人に嫌われたくない

好き避けをする男性にとって好きな人への感情はなくなっていないのですから、好きな人には嫌われたくないのです。この点が好かれている女性側からすると「面倒臭い」のですが、好き避けをしている男性は恋愛経験が未熟ですから当然理解できていません。

好きだという気持ちを悟られたくない。でも嫌われたくない。チラ見することが多くなれば気持ちがバレてしまうのではないかと心配でたまらない。かといって遠く離れてしまうのは嫌だ。こうした心の葛藤の末にできてしまった行動が、一度視界に入れて意識した後にあえて離れるという「避ける」行動です。

心理④単に恥ずかしい

対人恐怖症までいくと、社会生活に様々な影響が出てしまいます。赤面症やアガリ症などは、自覚があれば「その状態を見られることが恥ずかしい」ということで、極度の人見知りです。これらの人たちと同じように、好き避けという行動をとってしまう男性は、簡単に言えばシャイな男性です。

恋愛対象だけではなく人と深く付き合うことが得意ではない好き避けをする男性は、人とは一定の距離をおきます。これは単に性格的に恥ずかしがり屋である場合がほとんどです。このため、この距離感が「避けられている」と感じさせてしまうこともあります。

好き避けをしてしまう男性の特徴

幼少期の児童行動において、好きだからこそわざと意地悪をしてしまう行動が男女ともにみられます。これが反動形成という精神的自己防衛本能の一つであるということです。年齢とともに社会的経験値があがるにつれて卒業していくのが自然なのですが、精神的未熟さが卒業し切れていないと「好き避け」いう行動をとってしまうようになります。

では、どんな男性が「好き避け」という行動をとっているのでしょうか。「おや?これは好き避け行動をしているのかな?」と感じるときの判断基準は何かを調べてみました。好き避けをする男性の代表的な特徴です。

特徴①恋愛が苦手

好き避けをしてしまう男性は、まず何よりも「恋愛が苦手」であることがほとんどです。「どうしたらよいのかわからない」という言い方をすることがほとんどです。この「どうしたら」という言葉がさすものは、自分の気持ちに対してや相手に対しての行動など、すべてのことを含んでいます。

特に小学校、中学校で男子校に通っていて女性に免疫が無い人に多くみられるようです。性格的にナイーブな男性にも多く見られます。フラれたら傷つくのではじめから恋愛はしないと考えている男性も、好き避けをしてしまう男性の特徴です。

特徴②仕事が第一

恋愛が苦手だから仕事を第一優先にしているのか、仕事が第一だから恋愛感情は封印しているのかは、それぞれのケースによって違います。ただし「好き避け」をしている男性の場合、反動形成と同じように「代償行動」という可能性もあります。

恋愛している心理を自分で認めたくないので、そのかわりに「仕事が一番大事だ」というように「欲求を本来のものとは別の対象に置き換えることで心理的に満足する」という行動のことを代償行動といいます。わざとらしく「仕事!仕事!」と忙しく装っている場合、好き避けをしている可能性があります。

特徴③自分に自信がない

好き避けをする男性である場合、恋愛だけではなく全てのことにあまり自信がないというケースが多く見られます。体力的にも精神的にも容量が少ない場合がほとんどで、あれにもこれにも全力投球ということができません。毎日職場と自宅の往復だけでヘトヘトというケースがよくみられます。

こういう状態でも「好き」という感情は芽生えますし簡単に消し去ることはできませんから、やけどにならないように火種の小さい状態のままその大きさを維持しようとする行動が「好き避け」というわけです。

特徴④基本的に秘密主義

好き避けをする男性は自分に自信がないので、感情を含め様々なことをオープンにすることが苦手です。同性であっても、一線を引いた関係であることのほうが安心します。秘密主義といえば言い過ぎかもしれませんが、必要以外のことは自分からは決して話しません。

職場や学校では、集団で行動していても目立つことは少なく、人の陰に隠れていることが多いです。他愛も無い会話であっても話しに乗ってくることが少なく、自分のことを話す機会は非常に少ないのが特徴です。

特徴⑤全てにおいて完璧主義

好き避けをする男性は自分に自信がないことを悟られたくないので、隙を与えようとしない態度をとります。それは、全てにおいて完璧主義を貫こうとする態度です。職場においてはバリバリと率先して働きます。実は自信のなさの裏返しでもあり、また好きな人へのアピールでもあるのですが、本人の自覚はありません。

特徴⑥自意識過剰ぎみ

「好き避け」という行動をすること自体が、好きな人への妄想をしていると考えられます。「好かれないだろうな」とあきらめることができているのであれば、そもそも好き避けという中途半端な行動をとりません。女性の方から告白してくれるのではないかと、勝手な妄想を膨らませています。

「もしかして」という淡い期待を持っているからこそ、相手を意識し視界に入れながらも避けるという曖昧な行動をとるのです。これは、間違いなく自意識過剰行動といえます。

基本的な好き避け男性の行動パターン

好き避けをする男性の心理は、「防衛本能」が軸になっていることがわかりました。また、好き避けをする男性の特徴は「自信の無さ」が共通している特徴でした。それでは、好き避けをする男性を見分けることができるのでしょうか。好き避けをする男性の代表的な行動8パターンをご紹介します。

パターン①目を合わせない

まず第一に、好き避けをする男性は目をあわせて話しをすることが苦手です。女性に対してだけではなく、男性に対しても目を合わせて話すことが苦手です。人見知りということもありますが、特に好きな人に対しては自分の感情がバレてしまうのではないかと、気が気ではありません。

パターン②そっけない態度をとる

好きな女性に対して、好きだというアピールを自分からは決してしません。好きな女性に対しての自分の気持ちを悟られたくないがために、何に対してもリアクションは薄くてそっけない態度をします。内心は飛び上がるほど嬉しかったとしても、「あ、そう」という程度のそっけない態度をとるのです。

パターン③でもいつも近くにいる

嫌い避けという言葉もあります。男性が女性のことを本当に嫌っているならば、視界に入ることをも嫌います。言葉を交わすことはもちろんのこと、同じ部屋にいることも嫌なのです。

好き避けの場合は、避けるといっても好きな人は視界に入っていて欲しくまた視界から外れたとしても近くにはいて欲しいのです。これが嫌い避けとの最大の違いです。好き避けをする男性の特徴は、気が付くと好きな人のそばにいつもいる、ということです。

パターン④LINEでは普段より積極的

好き避けをする男性は、好きな女性に対して自分の気持ちがあらわになることがとても恥ずかしく感じていて、自分から行動をする勇気や自信がないのです。ところがそれは、目の前に好きな女性がいる場合に限定され、ラインやメールなどでは饒舌です。

文字だけの状態では押さえていた感情がバレることも好きだという態度をみてとられることも少ないだろうと勘違いし、必要以上に積極的に関わろうとします。このため「ラインだと人格違うよね」と評価されている男性は、好き避けをする可能性が高いです。

パターン⑤声が小さい

好き避けをする男性は、自分に自信がなく特に好きな女性に対してはアガってしまい大きな声で会話することができません。感情をあらわすような声で話すことができないので、女性にとっては「声が小さい人」と感じます。他の人には普通に話しをしていて、好きな女性にだけは声が小さくなってしまうのも、好き避けをする男性の行動パターンです。

パターン⑥憎まれ口をたたく

幼少期の代表的行動の一つに「好きな子にわざと意地悪をしてしまう」ということがあります。自分をアピールする方法がまだわからず、意識しすぎた行動が意地悪となってあらわれるということです。この行動とそっくりなのが、好き避けをする男性の「憎まれ口」です。

自分にだけわざと意地の悪い言い方をしたり馬鹿にした言い方をする男性がいたら、もしかすると好き避けをされている可能性があります。男性は自分を強く見せたがる傾向にあり、憎まれ口は自分をよく見せようとする行為の反動と考えられます。

パターン⑦二人きりの時は会話が弾む

嫌い避けとの大きな違いに、二人きりになると会話が弾むことがあげられます。嫌い避けの場合は冷たい空気が漂っており、ネガティブオーラが発生しています。これに反して好き避けの男性であれば、二人きりになると考えられないくらいの饒舌さをみせたり、優しい行動をみせてくれます。

パターン⑧他の女性とは仲良くする

他の女性には普通に接しているのに自分に対してだけは態度が違うと感じたとき、もしかすると好き避けをされているのかもしれません。好き避けをする男性は、意中に無い女性には同性の友達と同じ扱いをします。好きな女性に対してのみ特別な行動である「好き避け」をするのです。

好き避けとは違う!嫌い避けをする男性の特徴

同じ「避ける」行動であっても、好きという感情と嫌いという感情が土台になっているのとではまったく違ったものです。「好き避けをする男性」と「嫌い避けをする男性」の行動パターンはほぼ同じであっても、心理や特徴はまったく別のものであると理解しましょう。ここでは、嫌い避けをする男性の特徴を調べてみました。

特徴①対応がいつもそっけない

「そっけない」という行動には、リアクションが少ない、関心を持ってもらえない、いい加減な態度などというものがあります。こうした態度をとられた女性としては、さびしい気持ちになることも多々あります。二人きりであっても「避けられる」という行動をとられた場合、「嫌い避け」されている可能性が高いです。

本当に対人恐怖症に近い好き避けをする男性の場合二人きりであっても「避ける」という行動になってしまうケースもありますが、一般に好き避けをする男性の場合は二人きりのときは人が大勢いるときよりは会話があります。ところが男性が「嫌い避け」の場合は、あきらかに嫌っているという表情をしますので2つの区別は容易です。

特徴②会話が必要最低限

2つめの特徴として、嫌い避けをする男性との会話は必要最低限しかありませんから余計なことは一切話しません。話しのきっかけを作ろうとしても無視されることが多いです。それでも続けようとすると、明らかにイラつく態度を示されます。できれば関わりたくないという態度があからさまです。

特徴③視線を合わせない

嫌い避けをしている男性は、嫌いな女性に対してのみ視線を合わせません。嫌いではない女性とは目を見て話すことができます。ある女性が発言すると急に黙り込んでそっぽを向いている男性がいるとすれば、その男性は嫌い避けをしている可能性が高いです。嫌いな人とは一切関わりあいたくないのです。

特徴④いつも不機嫌そう

嫌い避けをしている男性は、声が小さくありません。嫌い避けをしている女性に対しては、時として脅しに近い大声を出すこともあります。そっけなさでいえば好き避けをしている男性と同じレベルかもしれませんが、機嫌の悪さはレベルが違うのです。

好き避けをしている男性は好きな女性に対しては「おどおど」しているようですが、嫌い避けをしている男性は嫌いな女性に対しては常に「イライラ」しています。このため、嫌いな女性が視界に入っていると不機嫌な顔をします。

男性が好き避けをしてしまう理由

男性が好き避けをしてしまう理由とは、いったいなんでしょうか。好きであれば気持ちを伝えた方がよいのに、なぜ避けるという行動に出てしまうのでしょうか。「好き」なのに「避ける」という真逆の行動の理由を、主に職場を中心にした場合で調べてみました。

理由①職場内には知られたくない

一日のうちの長い時間を過ごす職場は、いったん居心地が悪くなってしまえば耐えられなくなってしまう危険性があります。職場結婚をして女性がそのまま仕事を続けるというとき、人事は同じ部署にいないように気をつけることが多いです。これは、仕事をする上で「互いに意識してしまうから」という理由です。

同じように、恋愛関係であることが職場内に知れ渡ってしまうと、その対応に困ってしまう男性が多いということです。仕事にまじめな男性であればあるほど、公私混同をする人間とみられたくないのです。仕事で悩んでいるのか恋愛で悩んでいるのか、周囲からみると判断が付きません。集中していない理由が恋愛とは思われたくないのが本音です。

理由②仕事に集中できなくなる

ツンデレという言葉がありました。普段はツンツンしていても、好きな人の前ではデレデレしてしまうことをさしました。好き避けも、ツンデレをする人と同じような気持ちを含むと考えられています。好きな人がいて意識してしまえば仕事も手に付かなくなるということです。それを避けるための防衛本能が好き避けということも考えられます。

理由③会社の規律を重んじている

会社によって、社内恋愛、特に部署内恋愛が禁止というところが意外と多いです。社内規則で公式に禁止とされている場合、好きですと告白してしまうことは自殺行為です。部署移動や転勤や左遷ということにつながりかねません。自分だけの問題ではなく、相手をも巻き込んでしまいます。

つまり好き避けをする男性は、自分と好きな人の両方のことを考えた結果が「好きだけど気持ちを抑えて、これ以上の発展がないように避ける」という行動になってしまうのです。

好き避け男性を振り向かせる方法

好き避けをされていると確信が持てているのであれば、好き避け男性を振り向かせることは簡単です。なにしろ、男性からの好きだという気持ちはわかっているのですから。それでも、「好き避け」をしている男性の心理を理解したうえで、対応していかなければなりません。

ここでは、好き避けをしている男性を振り向かせる方法を調べてみました。当然、職場で「部署内恋愛禁止」や学校での「サークル内恋愛禁止」という縛りがないという前提条件です。

方法①女性からのアプローチ

好き避けをしている男性は、好きな人に対しての行動を「これが限界」と感じています。しかも妄想の世界では、好きな人からのアプローチを期待しています。その結果が、好き避けという態度です。そうであるならば、その夢をかなえてあげればよいだけです。積極的に女性のほうからアプローチしましょう。

避けていく男性を追いかけて、二人きりで話しを続けても良いです。憎まれ口をたたく男性に軽く微笑み返してあげる気持ちの余裕を持ちましょう。職場では決して周囲に悟られないように、十分な配慮をしましょう。付き合い始めれば男性の方から職場内でもアピールしてくることがありますが、けじめは女性のほうからきちんとしてみてください。

方法②SNSをフル活用

面と向かって話すことが苦手な好き避けをする男性ですから、SNSの利用は最も効果的なアプローチ方法です。仕事が終わってからのラインや、出勤前のショートメールでの一言が、好き避けをしている男性の心をつかみます。インスタなどを使えば情報共有ができることで、話題が増えて結果的に二人の距離が縮まるかもしれません。

気をつけなければならないのは、好き避けをする男性の「自信のなさ」という点です。つまり「あせりは禁物」ということです。自信がないのに突然の嬉しい展開であれば、疑ってかかることもありえるわけです。職場で好き避けされていること自体を楽しむくらいの気持ちの余裕を持ちましょう。

繊細な好き避け男性の心理を理解しよう

好きなのに避けてしまう男性の心理は複雑であるということがわかりました。好き避けをする男性のそっけない態度の裏腹には、彼が実は様々なことを考えすぎているということもわかりました。好き避けをされていると確信したならば、広い心でいることを忘れないでください。

好き避けをする男性は、自分に自信がない不器用な人間なのです。態度が悪いと感じても、それは小さな男の子が大好きな女の子に、好きだからこそちょっかいを出していると考えてください。

関連する記事はこちら

Thumb肩を組む男性の心理7選!男性が女性の肩を抱く理由とは
男性が女性の肩を抱く、女性が男性の肩を組む心理をご存知でしょうか。また、男性は女性の肩を組む...
Thumb好き避けする女性の心理や特徴は!行動や態度で本気度を見抜こう!
好き避けという言葉を聞いたことがあるでしょうか。本当は好きなのに素直になれなくてつい相手を避...
Thumbごめん避けする女性の態度や特徴!好き避けとの見分け方は【職場など】
好きな女性から避けられるような態度を職場などでされると、いわゆる好き避けなのか、それとも脈無...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ