【男女別】勘違いブスあるある!勘違いブスの特徴とうざい言動とは

勘違いブスがうざいと感じている人もいるでしょう。ブサイクである自覚がないのか、美人のような立ち振る舞いをされてしまうとそれだけでイライラしてしまいます。そこでこの記事では、勘違いブスの特徴やあるあるを男女別に解説していきましょう。

【男女別】勘違いブスあるある!勘違いブスの特徴とうざい言動とはのイメージ

目次

  1. 1勘違いブスとはどんなブス?
  2. 2勘違いブスあるある!よくある特徴【男女共通編】
  3. 3勘違いブスあるある!よくある特徴【男性編】
  4. 4勘違いブスあるある!よくある特徴【女性編】
  5. 5勘違いブスになってしまう原因
  6. 6勘違いブスに対する周囲の印象
  7. 7気づかぬうちに勘違いブスになっているかも!

勘違いブスとはどんなブス?

勘違いブスと聞いてもいまいちピンと来ない人もいるでしょう。ブスという言葉単体であれば聞いたことがあっても、そこに勘違いというワードがプラスされると意味が変わってきます。勘違いブスとはただのブサイクではなく、ブサイクな自分に気付かずモテるかのような立ち振る舞いをする人のことを指すのです。

ブサイクであるにも関わらず自分のことをカッコいいと思っている男性、もしくはブサイクであるにも関わらずモテることをアピールする女性、このような人たちのことを勘違いブスと呼びます。勘違いな言動ばかりの勘違いブスは周りをイライラさせてしまうことも多いため、多くの男女から嫌われるのです。

男女共に意外に多い

勘違いブスは女性だけでなく男性にも多く存在します。どちらの勘違いブスもズレたうざい発言を繰り返し周りを不快にさせてしまうものです。しかし男性と女性ではその特徴や行動に違いがあります。後ほどそれぞれの特徴を解説していくため、それを参考にして男女の勘違いブスを見分けてください。

SNSにはたくさんの勘違いブスが…

勘違いブスは特にSNSで猛威を振るいます。ブサイクであることを自覚していないためにSNS上でモテるアピールをしたり、自撮り写真を投稿したりするのです。そのような行動によって不特定多数の人間から悪口を書き込まれてしまうこともあります。しかしそれでも勘違いブスはめげずに、ブサイクであることを自覚しない行動を繰り返すものです。

勘違いブスあるある!よくある特徴【男女共通編】

勘違いブスには様々な特徴があります。これを知ることで勘違いブスを見抜くことができるため、特徴的な行動や性格をしっかり理解しておきましょう。まずは男女に共通する特徴から解説していきます。

特徴①恋愛相談に乗りたがる

勘違いブスには恋愛相談に乗りたがるという特徴があります。勘違いブスは自分のことをブサイクだと認識しておらず、モテる人間だと思っているため上から目線になることが多いです。恋愛相談をしているとその相談される側は相手よりも上の立場になることができるでしょう。

そのような立場になることで精神的に満足できるため勘違いブスは恋愛相談に乗りたがるのです。また、自分のほうが恋愛ステータスが高いという自信も持っています。教えてあげるというスタンスを取りながら、本当は自分自身のために相談に乗っているだけですので騙されないようにしましょう。

特徴②自分の恋愛経験を盛りたがる

勘違いブスは自分ではイケてる人間だと思っていますが、周りから見ればブサイクでしかありません。顔が全てではありませんが、やはりブサイクであれば恋愛面で異性から拒否されることが多くなるでしょう。そのため、勘違いブスの想定と実際の恋愛量には大きな差があります。

そこで勘違いブスは恋愛経験を盛ることにより現実と理想の差を埋めようとするのです。場合によっては完全な嘘を周りに話すこともあるため嘘つきという特徴もあります。

特徴③話は自慢話が基本

勘違いブスは自慢話が多いという特徴もあります。自慢すれば周りから「すごい」と認められることになるでしょう。周りにいる人はうざいと思いながらも、そう言わないと機嫌を損ねてしまうため嫌々褒めてしまいます。

勘違いブスはブサイクであることを認識していないのですから、周りのそのような本心にも気付けません。結果的にいつでも自慢話をするようになり、周りはそれに付き合わなければいけなくなってしまいます。

特徴④度を超えた自意識過剰

自意識過剰というのも勘違いブスの特徴です。ブサイクであれば誰かからそのことを指摘されたり、からかわれたりした経験があるものです。勘違いブスはそれでも自分をブサイクだと認めていないということになりますが、少しは気にしています。そのため、自意識過剰と思えるほど人が自分をどう見ているか気にしているのです。

特徴⑤うざい言動が多い

うざい言動が多いというのも勘違いブスの特徴です。勘違いブスと一緒にいるとうざい言動がかなり目に付き、これが原因で多くの人から勘違いブスは嫌われます。勘違いブスは自分の話ばかりをしてその場の空気を乱すことが多いのです。つまりは自己中心的ということになります。

うざい言動は注意しても直ることはありません。むしろ反感を買ってしまい、罵詈雑言を浴びせられることもあります。うざい言動自体を直すことはできないため、勘違いブスの周りからは人がいなくなっていくものです。しかしそれでもうざい言動は直らないため、自分で自分の首を絞めていることにすら気付かないという特徴もあります。

特徴⑥他人へは攻撃的

勘違いブスは自分に対しては甘いのですが、他人に対しては攻撃的になるという特徴もあります。ブサイクである自分のことをは許せても他人のブサイクは許しません。「あの人ブサイクだよね」と陰口を叩くような性根の悪さがあります。自分よりもブサイクな人を蔑むことで自信を持つという特徴があるからです。

また、ブサイクな人だけでなく自分よりもかっこいい、または可愛い同性に対しても攻撃的です。自分にはないものを持っている相手ですのでなんとかその人の粗を探そうとします。場合によっては嘘の噂話を流すように人もいるため周りにいる人は注意が必要です。

特徴⑦言い訳が上手い

勘違いブスは言い訳が上手いという特徴もあります。自己中心的な性格ですので周りに攻められることも多い勘違いブスですが、うまく言い訳をしてその場を乗り切ることができます。一つの特殊能力ともいえますが、自分の責任を認めないという点では短所です。

勘違いブスが言い訳が上手いのはプライドが高いからです。自分をブサイクだと認められないのですからプライドが高いのは当然でしょう。そしてそのプライドにより自分の非を一切認めないため、物心ついたときから言い訳をし続けているのです。何度も同じことをしていれば当然、その能力は伸びていきます。そのため、言い訳が上手くなるのです。

特徴⑧努力ができない

努力ができないというのも勘違いブスの特徴です。いくらブサイクだとはいっても女性であればメイクで、男性であれば髪型やファッションで自分を良く見せることができます。しかし勘違いブスはそのような努力をしません。なぜなら勘違いブスは自分のことをモテると思っているため、これ以上努力する必要がないと勘違いしているようです。

うざい性格の一端が見えますが、これ以上にうざいのは評価を気にするところです。周りに自分のことを褒めさせたり、可愛いと言われるための言葉を言ってきたりするため会話するのも面倒になってしまいます。努力せずに可愛いと言われたいというように、良いところだけを取ろうとする特徴があるため注意しておきましょう。

特徴⑨騙されやすい

勘違いブスには騙されやすいという特徴もあります。勘違いブスはうざい言動やブサイクであることの自覚がありません。そして他人にうざいと思われていることも気付かないものです。それはまさに、人の心理を読み解くことが苦手であることを示しています。

そのため人の悪意に気付くことができず簡単に騙されてしまうのです。恋愛面で騙されることもあれば、怪しい商品を買わされてしまうこともあるでしょう。うざい言動から加害者というイメージですが、騙されやすいという性格のせいで被害者になってしまうことも多いのです。

特徴⑩写真はアップでも平気

写真をアップで撮られると多くの人は嫌な気分になるでしょう。なんとなく恥ずかしい気持ちになってしまうものですが、勘違いブスは違います。自分の顔に自信があるためアップで写真を撮られても何の問題もないと思っているようです。

勘違いブスこそアップは控えて欲しいものですが、過度な自信のせいで恥じらいを失っているため自信満々でアップの写真を撮ります。

特徴⑪人の悪口が多い

勘違いブスには人の悪口が多いという特徴もあります。うざい言動の一つですが、勘違いブスは人を落とすことで自分の評価を上げようとするため常に誰かの悪いところを探しているのです。そして悪口を誰かに話すことで自分のほうが上であるという感覚を得ます。

特徴⑫モテるアピールが多い

勘違いブスにはモテるアピールが多いという特徴もあります。自分がモテることをアピールすることにより、誰かに認めて欲しいという気持ちを昇華させているのです。黙っていたらモテるとは思われないため、自分からそれを口にするという術を自然と覚えるのでしょう。「誰かに告白された」という話を何度もしてきます。

また、モテるアピールが多いのは実際はモテないことをどこかで実感しているからです。そのため、自分の周りにいる友達に「モテないと思われているのでは?」と先入観を持つのです。実際にそれは正しい先入観なのですが、嘘の話や過度なアピールをしてくることもあるためうざい言動の一つとなります。

特徴⑬ファッションが似合っていない

勘違いブスにはファッションが似合っていないという特徴もあります。ファッションは自分に合ったものがベストなファッションです。しかし勘違いブスは自分のことをカッコいい、もしくは可愛い人間だと思い込んでいるようです。そのため、実際の顔には似合わないイケてる人が着る洋服を好んでしまうのです。

年相応のファッションができていない人と同じように、勘違いブスはファッションを選択ミスしてしまいます。自分自身では気に入っていますが、周りの人からすればどこか洋服に着られている感じに見えてしまうでしょう。指摘しても直らないため放置しておきましょう。

特徴⑭自分自身を理解していない

自分自身を理解していないというのも勘違いブスの特徴です。勘違いブスは自分の容姿を理解できていないからこそ勘違いブスなのですが、外側だけでなく自分の心も勘違いしています。うざい言動をして周りから嫌われているにも関わらず自分は性格が良い人間と勘違いブスは思っているようです。

これほど自分自身を理解できないのは他人のことを理解できないからです。音痴であることに自分では気付けないように自分の容姿や性格を知るのは、他人の評価がキッカケとなります。これは全員同じです。勘違いブスの場合、他人が考えていることを理解できないため他人から自分を知ることができないのです。

また、他人に注意されてもプライドによってそれを否定しまうというのも原因です。そのためうざい言動はずっと直らなくなってしまいます。

勘違いブスあるある!よくある特徴【男性編】

男女に共通する特徴を解説してきましたが、ここからは男性の勘違いブスにある特徴を解説していきます。勘違いブスあるあるとも呼べるものですので、これを参考にしてSNSや身の回りにいる勘違いブスを発見していきましょう。

特徴①SNSに自撮りを連発

男性の勘違いブスあるあるとしてはSNSに自撮りを連発するというあるあるがあります。実際にSNS上でたいした容姿でもないのに自撮りをあげている男性を見たことがあるでしょう。ファッションを変え、場所を変え、誰にも求められていない自撮り写真をアップし続けるのです。

簡単に言ってしまえば男性の勘違いブスはナルシストということです。ナルシストでもイケメン男性であれば救いがありますが、勘違いブスだとイタい行動となってしまいます。自分のことが大好きですのでSNSでの発信を怠らないのです。自撮りだけでなくどこで何をしていたかという興味のない情報もよく発信します。

特徴②ブサイクなのにイケメンを気取る

男性の勘違いブスあるあるとしてはブサイクなのにイケメンを気取るというあるあるもあります。イケメンにはイケメンに合った態度、ブサイクにはブサイクに取った態度が存在するものです。ブサイクの男性にカッコいい言葉を言われたり、ポーズをとられたりしてもうざいだけでしょう。

しかし勘違いブスは他人にうざいと思われていることなど露知らずイケメンを気取り続けます。このようなあるあるが生まれるのは、勘違いブスが心の底から自分をイケメンだと思っているからです。勘違いブスは自分が作り上げたフィクションの中で生きているため、堂々とイケメンを気取ることができてしまいます。

特徴③頼られたがり

頼られたがりというのも勘違いブスあるあるの一つです。勘違いブスは女性が自分のことを頼りたがっていると勘違いしています。また、頼られることにより自分の存在意義を認められたような気になるものです。そのため、「悩み事ない?」と何度も聞いてきて頼られようとします。

お願いしたいわけでもないのに、必要以上に仕事を手伝おうとしてきて無理矢理お礼を言われようとすることも多いです。優しさを押し付けてくるのですが、それは相手のためではなく自分のために行っています。そのため、ズレた優しさを見せる人がいたら勘違いブスかもしれないと疑っておきましょう。

特徴④女性をランク付けする

勘違いブスのあるあるとしては女性をランク付けするというあるあるもあります。自分の周りにいる女性の中で一番可愛い人とそうでない人を決めて、全員に順位付けをしていくのです。また、その順位によってあからさまに態度を変えることもあります。かなり性格の悪いあるあるが勘違いブスにはあるのです。

女性をランク付けするのは自分のことをカッコいいと思っていることが原因でしょう。女性のことを上から目線で見ているため、全員が自分のことを好きだと勘違いしているのです。勘違いブスはまさに女性の敵ともいえる存在ということになります。

勘違いブスあるある!よくある特徴【女性編】

女性の勘違いブスもたくさん存在しますが、男性にはないたくさんのあるあるや特徴があります。できるだけ勘違いブスとは関わり合いになりたくないでしょう。勘違いブスと仲良くならないためにも、その特徴やあるあるによって勘違いブスを見分けて近付かないようにしてください。

特徴①セクシーさや可愛さをアピールする

女性の勘違いブスのあるあるとしてはセクシーさや可愛さをアピールするというあるあるがあります。自分のことを可愛いと思っているため、男性に見られることを意識して露出するのです。年齢にそぐわないフリフリでガーリーなファッションをしたり、体のラインを強調するような服を着たりすることもあります。

男性からすれば可愛い女性であれば嬉しいものですが、勘違いブスだと何も思うことがないようです。しかし勘違いブスは露出することにより男性から好かれると思っているため、積極的に会話してきます。男性としても邪険に扱うわけにはいかないため、迷惑な存在でしかなくなってしまいます。

特徴②男性の前ではキャラが変わる

勘違いブスには男性の前でキャラが変わるというあるあるもあります。同性と話しているときには普通に会話をするのですが、男性が来ると突然キャラが変わるのです。猫なで声で話したり、かわいいリアクションをしたりして男性に気に入られようとします。

全ては自分を良く見せるための演出なのですが、女性には本性はバレているためそのことはすぐに男性にも伝わります。同性からも異性からも嫌われる行動なのですが、勘違いブスはそれをやめることはありません。可愛いキャラを演じている自分が好きだからです。結果的に勘違いブスは多くの人に嫌われてしまいます。

特徴③流行に飛び乗る

勘違いブスは流行りに飛び乗るという特徴もあります。テレビで流行っていることやトレンドのファッションなどをすぐに取り入れるのです。それ自体はオシャレということですので良いことですが、流行りを追っているだけですので似合っていないという弱点があります。

流行っているものでも自分に似合わないものであればファッションに取り入れないのが普通です。しかし勘違いブスは流行りであれば全て良いものと決め付けているため、流行っているものを何でも身につけます。結局は流行っているものを持って人から褒められたいだけなのです。

特徴④キャラクター好き

勘違いブスはキャラクター好きという特徴もあります。ご当地キャラやアニメのキャラなど様々なものがありますが、このようなものを勘違いブスはたくさん持っているのです。しかしキャラクターが好きというわけではありません。それを持っている可愛い自分が好きなのです。

勘違いブスになってしまう原因

勘違いブスは周りに迷惑をかけてしまう人ですが、なぜこのような人間になってしまうのか疑問に思うことでしょう。そこで勘違いブスになってしまう原因を解説していきます。

原因①ブサイクを認識できない

勘違いブスになってしまう原因はブサイクであることを自分で認識できないからです。このような状態になってしまうのは幼少期の環境が関係しています。両親から溺愛され毎日のように「可愛い」と言われて育つと、そのことを本人も強く信じるようになるものです。

学校などで友達からからかわれたりすることで、多くの人はこのような育ち方をしても自分がブサイクであることに気付きます。しかしなかには両親の言葉を信じ続け、からかってきた人間がおかしいのだと決め付けて事実を受け入れない人がいるものです。そのような人が自分のことをモテると信じて疑わない勘違いブスになります。

原因②自分の人気を錯覚している

勘違いブスになってしまう原因は自分の人気を錯覚しているからです。SNSをしていると大勢の人と交流することができます。勘違いブスですので多くの人は否定するものですが、なかには可愛いと言ってくれる人もいるでしょう。そのようにして割合としては少なくても、たくさんの人から可愛いといわれれば勘違いしてしまいます。

可愛いと思うだけならばまだしも、自分を芸能人のような人気者だと錯覚する人もいます。自分を特別な人間だと思い、ますます周りにいる人たちに横暴な態度をとることも多いです。注意しておきましょう。

勘違いブスに対する周囲の印象

勘違いブスが周りにいないという人は、実際に会ったら自分がどのような印象を持つのかわからないでしょう。そこで勘違いブスに出会った人がどのような印象を持ったのかを解説していきます。

印象①痛すぎる

勘違いブスの印象としては痛すぎるというものが多いです。自分がブサイクであることをわからずに可愛いと思っているのですから、自分を客観的に見ることができない発言にイタいと感じてしまうでしょう。なかには引いてしまう人もいますし、しかめっ面になってしまう人もいます。

印象②面白すぎる

勘違いブスの印象としては面白すぎるというものもあります。ブサイクであるにも関わらずぶりっ子をするその姿は滑稽にも見えるでしょう。関わることなく客観的に見れいれば、その姿を楽しむこともできます。また、勘違いブスの陰口を言って盛り上がることもできるため、そういう意味で面白いと感じる人も多いです。

印象③関わりたくない

勘違いブスの印象としては関わりたくないというものもあります。勘違いブスは自己中心的な発言を繰り返し、周りに迷惑をかけます。そのような人と積極的に関りたいと思う人はいません。会話をしていても不快なだけですので、できるだけ連絡先も交換したくないと思うようです。

印象④怒りが込み上げる

勘違いブスの印象としては怒りが込み上げるというものもあります。勘違いブスと会話していると自分の話しかしなかったり、上から目線で話したりするものです。このような態度をとられればイライラして当然でしょう。なかには怒りを我慢できず、勘違いブスに怒鳴ってしまう人もいます。

しかし勘違いブスは自分の見た目や性格を客観的に見ることができないため、何を言われても反省しないものです。怒りを向けてしまえば逆に噛み付かれることもあるでしょう。そのためイライラしてもできるだけ黙っておいたほうが良いです。

気づかぬうちに勘違いブスになっているかも!

勘違いブスは誰でもなってしまう可能性があります。周りに嫌われ笑われてしまうことになるためそれだけは絶対に避けたいでしょう。自分を客観的に見ることさえできれば、勘違いブスになることを防ぐことができます。それを常に意識して毎日を過ごしていきましょう。

関連する記事はこちら

ThumbB専の意味とは!B専の心理と特徴11選!イケメンはブスを好きになる?
身近な人にB専の人はいるでしょうか。イケメンの中にもブスと言われる女性に惹かれる人も少なくあ...
Thumb勘違い女あるある17選!勘違い女の特徴や恋愛傾向まとめ
「勘違い女」は自撮り写真をSNSで人に見せびらかすことが好きだという特徴があります。勘違い女...
Thumbデブスの性格や特徴!恋愛&婚活の対策や脱デブスの方法を紹介
「自分はデブスだ」と諦めてしまっていませんか?結婚や恋愛をしたいのに彼氏がいないのは、デブス...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
wasezaimu
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ