さみしがりやの特徴と心理!寂しがり屋になる原因や克服方法とは

「さみしがりや」はよく聞く言葉ですが、どういった人を指すのでしょうか。心理や原因に差異はあれど、大きく共通する点もあるようです。そんなさみしがりやの特徴や心理、男性女性間での違い、克服方法を紹介します。自分は寂しがり屋なのか、ぜひ確認してみてください。

さみしがりやの特徴と心理!寂しがり屋になる原因や克服方法とはのイメージ

目次

  1. 1寂しがり屋とはどんな人?
  2. 2さみしがりやの特徴
  3. 3さみしがりやの心理
  4. 4寂しがり屋になる原因
  5. 5さみしがりやの恋愛傾向
  6. 6さみしがりやを克服する方法
  7. 7さみしがりやを克服して自分を好きになろう!

寂しがり屋とはどんな人?

「あなたはさみしがりやですか?」と聞かれたときに、はっきりと「イエス」または「ノー」と答えられる人はあまり多くないそうです。ほとんどの人が、「そうでもない」「普通」といった曖昧な答えをするのでしょう。

まずは、さみしがりやというのがどのような人のことを表すのかを紹介していきます。さみしがりやの特徴を知って、自分がさみしがりやかどうかチェックしてみてください。

孤独を感じる3つのポイント

まず、寂しがり屋がどういった状況なのかを知るために、人が寂しさ、つまり孤独を感じるにはどういったポイントがあるのかを紹介します。まず1つ目は、物理的な孤独です。進学や就職のために実家を離れて一人暮らしを始めたり、留学したりなどして、実際に距離が離れていることにより孤独を感じることを言います。

2つ目は心理的な孤独です。これは、友人や同僚、家族など一緒に過ごす人が周りにいるにも関わらず孤独を感じてしまう状態のことを言います。誰も自分のことを理解してくれない、と感じてしまうことはこの心理的な孤独に該当します。

最後は絶対的な孤独です。少し難しい表現ですが、人はみな孤独なのだ、と悟ってしまうような状態のことを言います。寂しがり屋になってしまう理由である孤独にも種類があるのです。

男性と女性で違う?「さみしがりや」とは

さみしがりやになるのは女性だけではありません。さみしがりやの男性も大勢います。ですが同じさみしがりやでも、男性と女性ではその特徴に違いがあるようです。もちろん個人差もありますし、断定できるものではありませんが、大まかなものを紹介します。

まずはさみしがりやの男性の特徴です。一言でいうと、「自己中心的」です。人と過ごすことが大好きで話し上手ですが、その分自己主張も強く、強引なところもあるようです。男性はプライドが高いので、自分がさみしがりやであるようなことを周りに悟られないようにします。自分を仲間の中心に位置づけることでプライドを保っているのです。

次はさみしがりやの女性の特徴です。こちらも一言でまとめると「人に依存する」です。とにかく一人でいることが嫌で、常に他人の気を引くような言動をとります。またメールやSNS依存になってしまうのも女性が多いようです。

あなたのさみしがりや度をチェック!

それでは、さみしがりやなのかどうかをチェックする簡単な目安を紹介します。多くのさみしがりやの人にありがちなことは、「朝起きてすぐに携帯をチェック」、「帰宅するとすぐにテレビをつける」、「友人が多い」の3つです。

この3つ全てに当てはまった人は、男性でも女性でも、さみしがりやの可能性が高いです。特徴や克服方法を紹介するので参考にしてみてください。

さみしがりやの特徴

ここからは、男性にも女性にも当てはまる、さみしがりやの人の特徴を紹介します。自分や周りの人が当てはまっていないかチェックしてみてください。

特徴①用事もないのに頻繁に連絡をとる

さみしがりやの人は、特別な用事がなくても頻繁に連絡をとってくることが多いようです。また、さみしがりやの人は返信かとても早く、反対に相手の返信が遅くなるとそれだけで怒りだすこともあります。連絡を取るのは恋人だけではなく、友人の場合もあります。

直接なやり取りでなくても、SNSへの投稿も多くなりがちで、いいねやコメントなどの反応も強く気にする傾向があります。

特徴②メールやLINEが長文になりがち

メールやLINEの回数が多いだけではなく、1回の送信文が長いのもさみしがりやの人の特徴です。そして特に用事があるわけではなく、自分の想いを誤解を受けないように、丁寧に書き連ねているうちに長文になってしまいがちなようです。自分のことを気にして欲しい、認めてもらいたいという寂しさが文面に反映されてしまうようです。

特徴③予定がぎっしり詰まっている

寂しがり屋の人の日常は、いつも予定がぎっしり詰まっています。寂しがり屋の人にとっては、一人で過ごすことは落ち着かず、耐えきれないことなのです。一人になることを避けるために、仕事でもプライベートでもとにかく予定を詰め込んでしまうようです。

周りからは忙しくて大変そう、と思われているかもしれませんが、寂しがり屋の人はその方が安心できるようです。

特徴④友達の数が両極端

寂しがり屋の人の中には、人見知りをしてしまう人も多く、積極的に友人を作ることがなかなかできない人も多いようです。また反対に、寂しがり屋の人でも友人が極端に多い人もいます。このタイプの人は、一人でいることを嫌がり、常に誰かと繋がっていないと不安なので、積極的に友人を増やしているようです。

特徴⑤物事を一人で決められない

相手に嫌われたくない、みんなと違う意見を言いたくないといった理由から、寂しがり屋の人はなかなか自分の意見を言うことができません。何かを決めなければならない局面においても、いつも周りに合わせてしまったり、誰かに依存してしまうようです。

特徴⑥恋人や友達に依存する

寂しがり屋の人は、周りに依存してしまう傾向があります。依存傾向が強いのは女性の方ですが、男性も人に依存することがあります。依存する相手は恋人だけではなく、友人や家族の場合もあります。何かを決めるときも周りに相談しないと決められなかったり、また一人になるのは嫌だからと相手の時間をも独占したがる傾向もあるようです。

特徴⑦誰かと一緒でないと落ち着かない

寂しがり屋の人は男性も女性も、一人でいることを恐れるため、いつも誰かと一緒に過ごしたがります。友人の場合は同性、異性を問いません。また恋人とも長時間一緒にいることを望みます。たとえ恋人と別れてしまっても、またすぐに別の相手と付き合い始めることも多いようです。

特徴⑧食事を一人で摂ることができない

寂しがり屋の人にとっては、一人過ごすことは悪いこと、恥ずかしいことでもあります。「一人でカフェやレストランで食事をすることなんてもってのほか」と考えているようです。

それでも家で一人で食事をすることも嫌うので、結果として誰かを誘って外食に行くことが多くなるようです。流行りのお店に詳しい人は、もしかしたら寂しがり屋の人かもしれません。

特徴⑨恋愛が長続きしない

寂しがり屋の人は、相手を独占しようとしたり、また依存してしまう傾向が強いようです。相手がこういったことを気にしないタイプなら問題ないかもしれません。しかし、そんな寂しがり屋の人の特徴を面倒に感じてしまう人も少なくありません。その結果、相手から振られてしまうこともあるようです。

特徴⑩浮気でトラブルになったことがある

寂しがり屋の人は、男性も女性も、自分に優しくしてくれる人に魅力を感じ、すぐに好きになってしまうことがあるようです。そのため一時の寂しさを埋めるために、パートナーがいるにも関わらずつい他の人と関係を持ってしまうこともあります。

それが原因で破局したあとに、他の人と付き合い始めても同じことを繰り返してしまうので、浮気によるトラブルが絶えないこともあります。

さみしがりやの心理

ここまでで紹介してきたさみしがりやの人の特徴は、周りの人からは面倒だと思われてしまうことが多かったのではないでしょうか。しかしさみしがりやの人も、周りを困らせるためにそのようなことをしているのではありません。さみしがりやの人の行動にはどんな心理が隠されているのかを紹介します。

心理①満たされたい

さみしがりやの人のさみしさとはつまり、心が満たされていない、満足していないことの表れです。大勢の人と一緒に過ごしているのにさみしさを感じてしまったり、友人と遊びに出かけても心から楽しんでいなかったり、笑顔を見せているけれど内心では不安を感じていたりといった、アンバランスな状態を抱えているようです。

心理②自分に自信がない

さみしがりやの人は自分に自信がないことも多いようです。自分に自信がないために、一人でいて目立ってしまうことを避けようとします。また自分の意見を持てない、言えないことも多く、周りに流されてしまうことも多いでしょう。

心理③周りの評価を気にする

さみしがりやの人は周りの評価を気にします。また、一人で過ごすことは恥ずかしいことであると思い込んでしまっている面があるので、一人で過ごす羽目になることを避けようとします。そのため周りに嫌われないようにしよう、と必死になってしまい、常に周りの目を気にした行動をとってしまうようです。

心理④一人が不安

さみしがりやの人は、一人になると不安を感じてしまうようです。その不安を解消するために、予定を詰め込んだり、浮気をしてしまうこともあるようです。また、一人でいる人に対して見下したような態度をとって優越感を持とうとするのは、この不安感の裏返しでもあります。

心理⑤誰かと繋がっていたい

一人になると落ち着かなくなるさみしがりやの人は、誰かがそばにいてくれないのであれば、せめて連絡だけでも取りたいと、LINEやSNSに依存する傾向が強いようです。携帯を片時も手放さない人もいます。SNSの投稿が多く、コメントやいいねの数が多ければ多いほど安心できるようです。

心理⑥何をしてもつまらない

さみしがりやの人は、たとえたくさんの友人に囲まれ、予定が詰まっていて充実した日々を送っていても、何をしてもつまらないと感じてしまうことがあるようです。こういった虚無感や喪失感はなかなか一人で埋めることはできず、その結果さらに人を頼り、依存するようになってしまいます。

寂しがり屋になる原因

寂しがり屋の人の特徴や心理を紹介してきましたが、寂しがり屋というのは生まれ持った性格なのでしょうか。ここからは、寂しがり屋になる原因を紹介していきます。

原因①親からの過干渉

幼少期からの経験や習慣が、その人の性格に大きな影響を与えていることはよく知られています。少し意外かもしれませんが、子どものころに親が過干渉だったことも、寂しがり屋になる原因の1つです。

何をするにも親と一緒、またどこへ行くにも親がついてくるといった状態は、大人になってからも誰かと一緒にいないと落ち着かないといった心理を引き起こす原因となるのです。

原因②幼少期の一人遊び

こちらは過干渉とは反対のケースです。幼少期に親が仕事で忙しかったり、下の子の世話で忙しかったりしたために、十分に構ってもらうことができずに一人遊びをしている時間が長かったことも寂しがり屋になる原因となります。

大人になってからは、子どもの頃に感じていたさみしさを埋めるようにぎっしりと予定を詰めて、少しでも一人でいる時間を少なくしようとします。

原因③成功経験の不足

幼少期からの成功体験は、その人のアイデンティティーを形成し自信をつけるためにとても大切なことです。ところが、親が過干渉だった場合は、何をするにも親が手を出してしまうため、自分で何かをやり遂げたという成功体験が少なくなってしまう傾向があります。

また、一人遊びが多かった場合も、成功しても褒めてもらったり認めてもらったりした経験が少ないために、結果として成功したという実感を持てていなかったようです。子どものころからの成功体験が少ないと、自己肯定感も持てず自分に自信を持つことができません。そのような原因によって寂しがり屋になり、人に依存するようになってしまいます。

原因④自分への過小評価

自分への過小評価も、寂しがり屋になる原因です。自分へ過小評価をしてしまう、すなわち自己評価が低く自分に自信が持てないという心理があると、自分一人では何もできないといったような無力感を抱いてしまいます。人と一緒にいると安心できるというのは、こういった無力感を感じなくて済むからでもあるようです。

さみしがりやの恋愛傾向

ここからは、気になるさみしがりやの人の恋愛傾向について紹介します。自分やパートナーに当てはまることがないかどうかチェックしてみてください。

恋愛傾向①恋人を独占しようとする

さみしがりやの人は恋人のことを、自分のことを誰よりも大切にしてくれる優しい人と思い込む傾向があるようです。そして自分のさみしさを埋めてくれる人であると信じているところもあります。そのため、恋人が他の人に優しくしているような姿を見てしまうと機嫌が悪くなってしまうこともあります。

さみしがりやの人は、この人は私だけのもの、というような独占欲が強くなってしまうようです。

恋愛傾向②「重い」と言われるほど束縛する

さみしがりやの人は、誰でもいいから、誰かと一緒にいたいという欲求が強く、一人でいることを避けようとします。そのため、恋人がいるならずっと一緒にいることを当たり前のことのように考えてしまうようです。

休みの日は朝から夜まで一緒にいたいし、会えない日も頻繁に連絡が欲しいといったような具合に、相手を束縛したがります。離れていたり、連絡の間隔があいてしまうとそれだけで不安になってしまいます。

その不安を怒りとして相手にぶつけてしまったり、わざと心配をかけるような行動をとったりして相手を試すようなこともあるようです。こういった行動が、相手から重い、面倒と思われてしまう原因でしょう。

恋愛傾向③甘えさせてくれる相手を探してしまう

さみしがりやの人は、誰かと一緒にいてもさみしさを紛らわせることができないこともあります。そんなときに、甘えさせてくれるような人に出会ってしまうと、すぐにその人に夢中になってしまいます。さみしがりやの人にとって、甘えさせてくれる人とは、自分を大切にしてくれる人でもあるのです。

すでに恋人がいる場合でも、その恋人が構ってくれないときなどは、甘えさせてくれる別の人を探してしまうこともあるようです。

恋愛傾向④安易に体の関係を持ってしまう

さみしがりやの人の中には、自分のさみしさを恋愛で紛らわそうとする人もいます。恋愛までいかなくても、一時のさみしさを埋めるために体の関係を持ってしまうこともあるようです。体の関係でさみしさを忘れられるのは一瞬だけですが、その一瞬のために同じことを繰り返してしまうという悪循環にはまってしまう場合もあります。

さみしがりやを克服する方法

さみしがりやの人の特徴を紹介してきました。さみしがりやの人は、恋愛がうまくいかなかったり、自分に自信を持つことができなかったりと、少なからず生きにくさを感じてしまう局面が多いようです。ここからは、さみしがりやの克服方法を紹介します。実践できそうなことから挑戦して、さみしがりやの克服を目指してみてください。

方法①一人の時間を作る

いきなり難しい方法かもしれませんが、やはりさみしがりやを克服するためにはまず、一人で過ごすことに慣れることが重要です。最初から、週末ずっと一人で過ごすといったような、長時間に挑戦する必要はありません。

平日に友人と外食せずに帰宅する日を作る、といった軽いものからで構いません。一人で過ごしている間は極力、SNSや携帯には触れない方がよいでしょう。余計にさみしさを感じてしまう恐れがあるからです。

方法②一人〇〇に挑戦してみる

ふと、どこかへ行きたい、あのレストランのあれが食べたい、などと思い立ったときに、一緒に行く人を探したりせずに思い切って一人で挑戦してみましょう。一人旅や一人焼肉など、さみしがりやではない人でもなかなかできないような経験をしてしまえば、さみしがりやも一気に克服できてしまうかもしれません。

方法③一人で楽しめる趣味を見つける

一人の時間を持て余すことのないように、一人で楽しめる趣味を見つけてみるのもよいでしょう。読書や料理のように自宅で手軽にできることでも構いません。またスポーツで体を動かすと、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されるので、心も元気になり安定するようになります。

さみしがりやの克服のために始めた趣味が、人生を変えることもあるかもしれません。

方法④自分を好きになる

さみしがりやの人であっても、相手を困らせたり迷惑をかけたいと望んでいるわけではありません。ただ自分のことを好きになれないために、本来であれば自分に向ける分の愛情までも相手に向けてしまうのです。そのバランスのとれない愛情が、束縛や執着となって相手を困らせてしまうのです。

さみしがりやの人は、人を愛することができる、愛情豊かな人でもあるのです。すべての愛情を他人に向ける前に、少しでも自分に向けてみてください。きっとさみしがりやも克服できるはずです。

方法⑤周りの評価を気にしない

さみしがりやの人は男性も女性も、一人でいるところを人に見られたくないと思っています。仲間はずれにされることを恐れて、周りから浮かないように気を遣い、流されてしまうことも多いようです。

一人でいることは恥ずかしいことではありません。周りの目や評価を気にせずに自分らしく過ごして、さみしがりやを克服しましょう。

方法⑥同性の友人を作る

さみしがりやの女性は、いつでも気軽に相手をしてくれるような下心がある男性の友人が周りにたくさんいることがあります。体の関係で一時のさみしさを紛らわせることはできても、根本的な解決はできません。もちろん、異性の友人を持つことは悪いことではありません。

しかし異性ばかりと過ごしているならば、ぜひ女性の友人と過ごす時間を増やしてみてください。さみしがりやを克服できるだけではなく、同性にしか話せない悩みも解決できるかもしれません。

方法⑦自分の思考を変えてみる

何かに失敗したときや、ミスをしたときに、必要以上に自分を責める必要はありません。もちろん、同じミスを繰り返さないためにも反省や改善は必要です。しかし、その悲しみを引きずってしまうと自己否定につながりかねません。こういった自己批判は、さみしがりやの原因にもなります。

脳には思考の癖があり、一度自分はダメだと思い込んでしまうと、ほんの小さなミスがきっかけでもそう考えてしまうようになります。自分を許し、自分を好きになれるようにしようと意識するだけで、思考も変わり、さみしがりやを克服できるようになります。

さみしがりやを克服して自分を好きになろう!

さみしがりやの人の特徴や原因、そして克服方法をまとめてきました。家族や友人、恋人がさみしがりやで困っていたという人も、それには幼少期からの原因が潜んでいて、単に甘えているわけではないことを理解してあげてください。

また自分がさみしがりやで、周りに負担をかけていると気にしている人は、少しずつでも克服して、周りと良い関係を築けるようにしてみてください。さみしがりやを克服することができれば、世界観そのものが変化するはずです。人間関係がスムーズになると、もっと人生を楽しむことができるようになるでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb繊細の意味とは?繊細な人の性格・特徴15選!適職や自分との向き合い方を解説
繊細な人というのは、仕事で関わるとその性格や特徴からなかなか扱いが難しく感じられるものです。...
Thumbキョロ充の意味とは!キョロ充の特徴やあるある11選!
2chで生まれたネットスラング「キョロ充」という言葉をご存知でしょうか。この記事ではキョロ充...
Thumb嫉妬深い人の特徴と心理10選!嫉妬への対処法や改善策【男性/女性】
嫉妬深い人が周りにいるという人もいるのではないでしょうか。彼氏や彼女に対しても、様々な理由か...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
annacocoa
未経験ですが頑張ります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ