おせっかいな人の心理と特徴11選!迷惑なお節介への対処法とは

この記事ではお節介な人の心理や特徴、さらに迷惑なお節介への対処法も紹介していきます。お節介な人の対処に困り、うざいと思ってしまったことは誰しもあるでしょう。お節介はどのように対処すべきなのか、どんな意味があるのか、そんな「お節介」について紹介していきます。

おせっかいな人の心理と特徴11選!迷惑なお節介への対処法とはのイメージ

目次

  1. 1お節介の意味とは
  2. 2お節介な人の心理とは
  3. 3お節介な人の特徴11選
  4. 4お節介な人の行動パターンとは
  5. 5迷惑なお節介の上手な対処法
  6. 6あなたは大丈夫?お節介な行動の改善方法
  7. 7お節介と親切の違いを見極めよう!

お節介の意味とは

これまでの人生の中で、人からのお節介に対して迷惑だと思ったり、うざいと感じたことはあるでしょうか。そもそも「お節介」とはどういう意味を持つのでしょう。まずは、お節介の意味について紹介していきます。

とにかく世話を焼くこと

「お節介」とは、もともとは「切匙(せっかい)」という道具の様子が語源で、そこから、人の内側に入り込もうとすることを表す意味になり、間に入るという意味を持つ「介」の字を組み込んだ「節介」が当てはめられたという説があるようです。

現在では、余計な世話を焼く、不要なことを人に行うという意味もお節介は併せ持っているようです。つまりとにかく世話を焼くことをしており、人の迷惑に当たるような余計な世話をすることを意味する言葉とされています。

「うざい」と「親切」の違い

人になにかをしたとき、相手から「うざい」と思われる場合と「親切」だと思われる場合の違いは一体なにがあるのでしょうか。自分がなにかをしようとしているとき、またはしている最中に、周囲の誰かから一方的にあれこれ言われたり勝手に手伝われたりすると、自分のペースが乱されてしまいどうしても「うざい」と感じてしまいます。

しかし、自分の欲しい情報をアドバイスとして教えてくれたり、行き詰まってしまって自分ではどうしようもなくなってしまったときに手助けをしてもらえたりすると「親切」だと感じるでしょう。つまり、相手の立場を考え、相手のためになる行為であるかどうかということがポイントのようです。

良い「お節介」を学べる本

ここで、お節介について執筆されている一冊の本を紹介します。『幸せを呼ぶ「おせっかい」のススメ』という本です。

「おせっかいやき」は、仕切り上手で何事にも一生懸命。また悩まない、へこたれない、一緒ににいると場が盛り上がります。本書では、「おせっかいの10のルール」を著者のさまざまなエピソードとも紹介。人生をイキイキと過ごすコツを紹介します。

著者のこれまでの人生が「お節介」とともに成り立ち、そのおかげで成功してきたことが綴られています。この本を読んで、人に迷惑だと思われないような、良い「お節介」を学んでいきましょう。

お節介な人の心理とは

お節介な人を見かけると、そのタイミングでそれをしなくてもと感じてしまうことも多々あるでしょう。どのような心理状態からお節介をしてしまうのでしょうか。ここからは、そのお節介な人の心理について紹介していきます。

心理①周囲の注目を浴びたい

お節介な人は、周囲の注目を浴びたいという心理からお節介をしてしまうようです。お節介をすることによってその人は自分へ意識を向けますので、周囲の気を自分へ向けたいと考えているのでしょう。周囲の注目を浴びることによって、自分自身が注目される人間だと勘違いをしている可能性も大いに考えられます。

心理②周囲の人の行動が気になる

お節介な人は、周囲の人の行動が気になるという心理があるようです。周囲の人の行動を常に観察して気にかけているので、自分が周囲の人へしてあげたいことを思いついたら、どんどんお節介をしてしまうのです。

心理③自分の株を上げたい

自分の株を上げたいという心理もお節介の人にはあるようです。「あの人はこんなこともしてくれてすごい」「気が利くな」などと周囲の人に思われて自分の株を上げたいという気持ちから、お節介をしてしまうことへとつながっていると言えるでしょう。

自分は相手にありがたいと思われることをしているのだから、それによって相手から良い印象を持たれるし、自分の株が上がって当然だと思い込んでいる人も残念ながら多いようです。

心理④一人でいるのが寂しい

一人でいるのが寂しいために、ついお節介をしてしまうということもあるようです。一人でいる寂しさから、誰かに気にかけて欲しいと思う心理が芽生え、構って貰うためにお節介をしてしまうのでしょう。お節介をすれば、相手は自分を見てくれますし、その間は側にもいてくれます。

そうやって、寂しくて不安になる気持ちをごまかそうとしているのです。中にはお節介から進化して、かまってちゃんになっている人もいるかもしれないので、接するときには注意が必要です。

心理⑤自分の行動はすべて正しい

お節介な人は人になにかをしてあげる際に、自分の行動はすべて正しいという心理が根底にあるようです。そのため親切心からなにかをしてあげたとしても、自分のすることはすべて正しいのでその通りにすれば間違いは無いという押しつけがましい気持ちが漏れ出てしまっています。

また、そのような手前勝手の心理から来る行動なためにタイミングが悪く、迷惑なお節介と捉えられてしまうようです。

心理⑥常にリーダーでいたい

お節介な人は、自分が常にリーダーでいたいという心理である場合が多いようです。誰かのお世話をしてあげるということが好きなため、リーダーになると自分の思うように率先してお世話を行うことが出来ます。別の捉え方をするならば、リーダーとなって自分の思うように人を動かしていきたいということでもあるようです。

また、リーダーは周囲から頼られる存在でもあるため、お節介な人はそのように頼られることによって自己肯定感を強めるためにも、常にリーダーでいたいと思うのでしょう。

心理⑦他人から感謝されたい

お節介な人には、他人から感謝されたいという心理もあるようです。周囲の人からのアドバイスや手助けは普通はありがたく感じる親切な行為ですが、お節介な人は他人から感謝されたいという心理から行動を起こすため、どうしてもそのような心理がにじみ出てしまっています。

そうした心理からの行動ですので、他の人のためというよりは自分のために行っている場合が多く、気に障ってうざいと思われてしまうパターンが多々あるようです。

心理⑧困っている人を助けたい

困っている人を助けたいという心理から、お節介になることもあるようです。困っている人を見つけたら助けねばという強い気持ちを持っているため、相手のことを考えずに自分の思いつきでとっさに行動してしまいます。そしてその結果、空回りしてお節介になってしまうのでしょう。

お節介な人の特徴11選

ここからは、お節介な人の特徴を紹介していきます。お節介だと言われる人には、共通した特徴があるようです。自分自身がお節介な人になっていないかどうか、自身の行いを振り返りながら見てみましょう。

特徴①周囲の空気を読むことができない

お節介な人は、周囲の空気を読むことが出来ないという特徴があるようです。空気を読むことが出来ないために、その場にそぐわないような発言や行為をしてしまい、迷惑だと思われていることが多いようです。また、人の言葉の真意を理解出来ないということも挙げられます。

たとえば、誰かにお裾分けをしようとしてそれを穏和に断られた場合、それはその相手が拒否したのではなく、遠慮をしているのだと勝手に自分の都合の良いように解釈してしまうというようなことです。大抵は相手の雰囲気を見ればそれが迷惑行為だったのかどうかは判断可能ですが、お節介な人はそれが簡単には出来ないということです。

特徴②人と接することが大好き

お節介な人は、人と接することが大好きだという特徴があります。人と接することが大好きなので自然とお世話好きになり、コミュニケーション能力も高くなります。このような人は、ただ単に人とのコミュニケーションを楽しみたいので、話をするためにあれこれ質問を投げかけることが多くなりがちです。

しかし、そのことが根掘り葉掘り聞き出しているようで相手に不快を与えてしまい、迷惑行為だと思われてしまうのです。

特徴③異常に支配力が強い

異常に支配力が強いという特徴もお節介の人にはあるようです。周囲の人のことは全て知っておきたいと思っている節があり、周囲の人のことを把握していると安心感が得られるようです。周囲の人のことを全て把握していることによって、自分が優位な立場になって一目置かれたいという願望もあるのかもしれません。

特徴④物事を人に任せておけない

学校や会社などで複数の人でなにか物事を進めているときに、自分の担当していること以外のことにも口を挟んできたり、手を出したりすることがお節介な人にはあります。それは、物事を人に任せるということが出来ないために、そのような行為をしてしまうのです。

せっかく分担しているのにそのお節介な人のせいで余計な手間が増えたり、場をかき乱されたりしてしまい、結果としてうざいと思われてしまうでしょう。

特徴⑤他人のプライベートに関心がある

他人のプライベートに関心があるということも、お節介な人の特徴になります。人には誰しもさまざまな悩みを抱えることがあります。お節介な人がそれについて相談を受けた場合、お節介な人は他人のプライベートに関心があるため、悩みのベースとなる個人的な内側の事情まで探ってこようとします。

お節介な人は、自分の関心があることに盲目になってしまうために、それが相手の迷惑になることだとは頭に無く、平気でこのような詮索行為をしてしまうようです。

特徴⑥かなりの心配性である

お節介な人は、かなりの心配性であるという特徴があります。たとえば旅行に行く準備をしている際に、お節介な人は忘れ物をしてしまったらどうしよう、不慮のトラブルがあって着替えが必要になるかもしれないなどと、かなりの心配性であるためにいろいろなことを想定してしまいます。

そして、自分のことだけでなく一緒に旅行に行く人の事も考え、あれこれ必要でない物まで準備し、本人はよかれと思って半ば押しつけるように渡してくるのです。悪気が無く本気で心配したからこその行動なため、少しやっかいな特徴だと言えるでしょう。

特徴⑦人のプライバシーに入り込み過ぎる

お節介な人は、他の人と自分とのボーダーラインが不明瞭で、人のプライバシーに入り込み過ぎるという特徴があります。誰かの相談に乗っているうちに、それが自分自身の悩みだと勘違いしてしまうということもあるようです。

それだけ相手に寄り添って真剣に考えているという捉え方も出来ますが、自分の思い込みから踏み込みすぎたアドバイスをしてしまい、うざいと思われることもあるようです。

特徴⑧思った以上に口が軽い

お節介な人は、人と接することが大好きで話し好きの人も多いため、思った以上に口が軽いということもあるようです。お節介な人は誰かの相談に乗ったり自分から詮索したりすることが多いので、周囲の人の事情に詳しくなります。

中には誰にも知られたくないような秘密にしておきたい事もあるでしょうが、お節介な人は口が軽いために、ついぽろっと他の人にその事を話してしまうこともあります。

特徴⑨自分より他人のことを優先させる

お節介な人は、自分より他人のことを優先させるという特徴があります。他の人の相談に乗ったり体調を気遣ったりと自分ではなくて周囲の人のことを常に考えているため、自分について気に留めることはしていません。そのため、周囲の人からは自分のことを第一に考えて欲しいと思われていますが、お節介な人自身はそのことに全く自覚がないようです。

特徴⑩度を越えた親切心がある

ありがた迷惑という言葉もありますが、度を超えた親切心を持っている気質の人がお節介な人には多いようです。その人のことを一生懸命に考えていて、その人のために何かしてあげたいという気持ちの表れなのでしょうが、あくまで自分勝手な思い込みで行動してしまっているのでどうしても迷惑だと思われがちです。

さらに、生活のプライベートな部分にまで踏み込んでお節介を焼いてくることもあるので、うざいと感じられることも多いでしょう。

特徴⑪他人の迷惑を考えない

お節介な人は、他人の迷惑を考えないという特徴があります。お節介な人は自分の行動がすべて正しいと思う傾向が強いので、これをしてあげたら相手は絶対喜ぶはずだと思い込んでいます。自分の都合や考えだけで助言したり、贈り物をしたりと相手のことはお構いなしに行動をしてしまいます。

そして、お節介な人にとってはよかれと思っての行為なため、その行動が相手の迷惑に当たるなどという考えは一切無いのです。

お節介な人の行動パターンとは

自分の周囲でお節介な人を見かけることはあるでしょうか。お節介な人には決まった行動パターンがあるようです。お節介な人の行動パターンとはどのようなものなのでしょう。ここからは、主な行動パターンを3つ紹介していきます。

パターン①たくさん話しかけてくる

1つ目のパターンは、たくさん話しかけてくることです。お節介な人は人と接することが大好きなので、話をすることが好きな人も多いです。さらに周囲の人のことを常に観察しているので、あれこれ世話を焼いたり、アドバイスをしたりと一方的にたくさん話しかけてくるということがあるようです。

お節介な人本人はあくまで相手のためを思ってという気持ちからの行動なので全く悪気は無いのですが、マシンガントークでぐいぐい来られると、それをされた方は精神的にも疲れてしまうでしょう。

パターン②落ち込んでいる時にやたら手助けしてくる

2つ目のパターンは、落ち込んでいるときにやたら手助けしてくることです。落ち込んでいる人を見かけると、お節介な人はその性分からどうしても放っておくことが出来ないようです。なにか励まさないとという強い使命感に固執し、言葉掛けをしたりなにかプレゼントをしたりと過剰に構う傾向にあるようです。

普通は、落ち込んでいるときにはそっとしておいて欲しいと願うものですが、お節介な人にはそのような概念が無いのでやたらと手助けをして励まそうとしているつもりになっているのでしょう。

パターン③お節介を押し付けてくる

3つ目のパターンは、お節介を押し付けてくることです。しばしば見られるものとしては、アドバイスの押し付けではないでしょうか。そのアドバイスが相手にとって欲しい内容であったり、結果としてそれで上手く事が成せることも言わずもがなあるでしょう。

しかし、お節介な人というのは「自分が正しい」という心理が土台にあるので、相手にとって的外れなことを助言していたとしても全く気に留めません。相手が拒否をしたとしても「こうすれば大丈夫だったから」などと言って、無理矢理押し付けてくるようです。

迷惑なお節介の上手な対処法

実際にお節介をされて迷惑だと感じたときに、どのように対処すれば良いのか困ることも多くあるでしょう。ここからは、迷惑なお節介の上手な対処法を紹介していきます。

対処法①お節介をハッキリと断る

相手がどんな立場であれ、やんわりとした返答ではお節介な人は遠慮をしているだけだと勘違いしてしまうので、お節介をハッキリと断ることが大切です。きちんと断ることによってお節介な人にもしっかりと拒否している気持ちが伝わり、これ以上お節介をされることも無くなっていくでしょう。

気が弱い人や人見知りな人にとってはなかなか困難な方法かもしれませんが、だからといってそのままにしておくとズルズルと迷惑なお節介をされ続けるだけですので、ハッキリと断る勇気を持つことも大事です。

対処法②ポーカーフェイスで軽くあしらう

ポーカーフェイスで軽くあしらうということも対処法の一つです。お節介な人は構って欲しいが為にお節介をするということもありますので、なんてことない風を装い軽くあしらうことによって、お節介に対しての反応を薄くすることが出来ます。

そうすると、お節介な人はあまり自分に興味を持ってないんだと解釈して、今後は近づいて来なくなるかもしれません。

対処法③無駄な情報を与えない

無駄な情報を与えないということもお節介な人への対処法です。お節介な人は知りたがりの特徴もありますので、相手の思うままに話をしているとあれこれと詮索されて、必要以上の情報まで把握されかねません。お節介な人は思った以上に口が軽いということがあるので、どこでどのようにその情報が広まるかは予測不可能です。

無駄な情報をお節介な人に与えないようにして、自己防衛することも大事な手段だと言えるでしょう。

対処法④大変なことを頼んでみる

お節介な人へは、大変なことを頼んでみるということも有効な対処法です。人から感謝されたいとお節介な人は思っているので、大変なことでも断らずに承諾してくれるでしょう。先に頼み事をすることによって、こちらの状況を無視して色々と口出しされることも減少するかもしれません。

また、大変なことばかりを頼まれるので、だんだんと嫌になり近づいて来なくなる可能性も考えられるでしょう。

対処法⑤お節介されたらお節介で返してみる

「目には目を、歯には歯を」という諺もあるように、お節介をされたらお節介で返してみるという方法も良いでしょう。自分がどんな行いを常日頃しているのかを身を持って体験することによって、今後の身の振り方も変化し、お節介が無くなるかもしれません。

対処法⑥少し距離を置いてみる

お節介な人の対処法として、少し距離を置いてみるということも有用な手段です。唐突に避けたり無視したりをすると、そのお節介な人と諍いが起きてしまうかもしれませんので、少しずつ行うことが良いようです。

それまで毎回きちんと向き合っていたならば、なにかと事由をつけて距離をだんだんと置くようにすると敬遠されていることに気付いてもらえるかもしれません。また、気付いてもらえない場合でもこの対処法を取ることによって、お節介な人と距離を置くことが出来ます。

あなたは大丈夫?お節介な行動の改善方法

ここまではお節介な人の特徴や対処法を見てきましたが、自分自身はどのように行動しているでしょうか。自身を振り返ってみたときに自分もお節介になっているかもしれないという人は、こちらを読んでお節介な行動を改善していきましょう。

その①自分の行動を冷静に振り返る

まずは、自分の行動を冷静に振り返るということが大切です。その行動を起こす前に相手にとって本当に必要なことなのか、自分の善意の押し付けではないのかなどと冷静に振り返ってみるようにしましょう。

良いことをしてあげたいという気持ちから、どうしても気が急いて行動してしまいがちになってしまいます。しかし、一旦落ち着いてよく考えるようにすることによって相手の望んだ通りの行動をすることが出来、迷惑なお節介を避けることが可能でしょう。

その②周囲の空気を読める力をつける

周囲の空気を読める力をつけるということも、お節介な行動を改善する方法の一つです。お節介な人は、周囲の空気を読むことが出来ないという特徴があります。そのため周りをよく観察し、その場の空気や言葉の裏に隠された本音を読み解くことが可能になれば、お節介な行動を改善していけるようになるでしょう。

その③むやみに情報を口外しない

むやみに情報を口外しないことも大事な改善方法です。お節介な人は口が軽いという特徴があるので、誰彼構わず情報を話していると周囲の人たちからの信頼を失うことにも繋がりかねません。ですので、簡単に情報を口外せず、話をする内容も頭の中できちんと吟味してから喋るようにすると良いでしょう。

口が堅い人になることが出来れば周囲の人からの相談事などを持ちかけられることも増えるでしょうし、周囲からの評価も高くなり信頼される人になっていけるかもしれません。

お節介と親切の違いを見極めよう!

お節介と親切は紙一重であり、自分は親切だと思って行った行動が相手にとっては迷惑なお節介であったということもしばしば見受けられることです。お節介と親切の違いは、相手の立場に立って本当に相手が望むことをしているのかどうかということにあると言えるようです。

困っている人がいたらどうしても放っておけないという気質は素晴らしいものでしょう。しかし、手前勝手な行動ばかりしていると只の独りよがりな押し付け行為となってしまい、せっかくの善意も意味が無くなってしまいます。

相手になにかをしてあげたいと思ったときは、まずは相手のことをよく考え、迷惑なお節介にならないようにしっかりと見極めていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumbしつこい男の心理と特徴7選!しつこい男を諦めさせる対処法とは
女性にとって男性に好意を持たれるのは嬉しいことですが、その気がないのにしつこくアピールしてく...
Thumbしつこい女は嫌われる!しつこい女の特徴9個と対処法とは
メールやLINEを繰り返し送るようなしつこい女は嫌われる確率が高いです。友達や職場にいて困っ...
Thumb距離が近い人の心理と対処法!近すぎると苦手/不快に感じる理由とは
距離が近い人がいると、その行動の意味や相手の心理が気になってしまいます。パーソナルスペースを...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ