生涯独身な人の特徴11選!一生独身な男女の割合と覚悟すべきこととは

生涯独身を貫く人は昔より珍しくなくなりました。しかし一生独身でいることのメリットとデメリットは男性と女性で違うものです。それに一生独身いることは孤独を受け入れる覚悟も必要です。この記事では生涯独身でいる人の特徴から「幸せとは何か」を考察していきます。

生涯独身な人の特徴11選!一生独身な男女の割合と覚悟すべきこととはのイメージ

目次

  1. 1現在の結婚事情と一生独身との関係性
  2. 2生涯独身でいる人の特徴11選
  3. 3生涯独身の人が得られるメリット
  4. 4生涯独身の人が背負うデメリット
  5. 5一生独身な人が増えている原因
  6. 6一生独身を貫いた人が後悔している事とは
  7. 7男性も女性も必見!生涯独身を貫くための覚悟とは
  8. 8生涯独身でいることにはメリットもデメリットもある

現在の結婚事情と一生独身との関係性

近年、男性女性を通じて一生独身を貫く人が増えてきています。TVやその他メディアで生涯未婚率が何%になったというニュースを目にする機会も多いことでしょう。ではどうしてこれほどまでに生涯独身を選ぶ人が増えたのでしょう。

理由は様々考えられますが、時代の変化とともに男性女性それぞれの幸せに対する考え方が変わってきたことも原因の一つに挙げられます。

端的に言えば男性女性それぞれの恋愛観や結婚観が変わってきたのでしょう。一昔前なら結婚することのメリットがデメリットを遥かに上回っていた時代もありましたが、現代ではそうとも言い切れなくなっているのです。むしろ結婚というシステム自体が、幸せな人生を送る上で唯一絶対の選択肢とは言えなくなっています。

では生涯独身でいることは果たして本当に幸せなことなのでしょうか。また、孤独を覚悟して生きる人生とはどんなものなのでしょう。この記事では男性女性を通じて一生独身を選ぶ人の幸せについて考えていきます。

一昔前の一生独身でいる人の割合

国が国民の生涯未婚率を調べ始めたのは1920年代のことです。この頃は男性女性を通じて一生独身でいるという人は2%ほどしかいませんでした。ほとんど全員が適齢期に結婚する時代だったのです。当時はまだ男性が圧倒的に生活力を持っていた時代であり、女性も男性と結婚しなければ生活が成り立ちませんでした。

今と違って「結婚して当然」という価値観を皆が共有していた時代だったのでしょう。そうした価値観が後押ししてお見合いで結婚する人も多くいたようです。この傾向は1960年代まで続き、生涯未婚率は2%をキープしていました。

しかし1980年代に入ると、法律の改正とともに女性が社会に進出します。その結果、生涯未婚率は5%まで上昇しました。この当時はバブル経済へ突入していく時期でもあり、既成概念に囚われない自由な考え方も許容され始めたころです。こうして少しずつ世の中の人の結婚に対する考え方は変遷してきたのです。

現代社会において一生独身でいる人の割合

生涯未婚率は2000年代以降男性女性を通じてぐんぐんと上昇していきます。とりわけ男性の割合が爆発的に増加しているようです。2015年の国税調査では男性は約23%、女性は約14%の人が生涯独身を選択していることが判りました。男性は実に4人に一人が一生独身を貫こうとしているようです。一昔前とは真逆の状況です。

男性と女性では生涯独身で生きようという動機が大きく異なります。男性の場合はやはり経済的な理由が大きいようです。女性を養っていけるかどうかが男性が結婚する上での大きな課題となっているのです。

一方で女性は独身の気楽さや自由さを謳歌したいといったポジティブな理由から一生独身を選ぶことが多いそうです。また、女性の場合は出産できる年齢にリミットがあるため、年齢がリミットを過ぎた時点で生涯独身を覚悟する人もいるようです。

一生独身になりやすい職業

一生独身になりやすい職業というものがあります。一つはサービス業の店長です。この職種は休みが不規則で拘束時間も長いため、恋愛する時間を確保することも難しいでしょう。忙しさにかまけている間に婚期を逃してしまう人も多いようです。

次に一生独身になりやすい職業は、クリエイティブ系の職業です。例えばデザイナーや芸術家といった人たちのことです。この職業は収入が不安定な場合が多く、仕事に就く本人も性格的に家庭より仕事を優先しがちなので、必然的に結婚からは縁遠くなってしまいます。

また意外かもしれませんが、公務員も一生独身になりやすい職業だそうです。公務員は相手に求める理想が高くなり、婚期を逃してしまう人が多いのです。今の世の中で公務員と同等の安定感を相手に求めるのは難しいです。公務員をやる人は民間企業との給与体系のギャップを考慮しなければ、自分に見合う人に出会うことは難しいでしょう。

一生独身が増えている時代背景

一生独身が増えている時代背景には、男性も女性も収入が安定しない時代に突入したことが原因の一端に挙げられます。「若者の結婚離れ」という言葉も聞かれますが、結婚に興味がないのではなく結婚したくてもできないというのが、彼らの本音と言えるでしょう。

とりわけ男性は経済的な余裕の無さから、恋愛にも及び腰になりがちです。結婚は一人ではできないので、男性が消極的であれば女性もなかなか相手を見つけられません。結果的に結婚しない男女が増えてしまうのです。また、結婚以外の関係性を認める風潮が昔より強まってきていることも、一生独身でいる人を後押ししている部分ではあるでしょう。

結婚せずにパートナーと生活するのも一応独身であることには違いありません。そういうライフスタイルを嗜好する人が近年増えているのです。一度そうした生活を経験してしまえば、結婚することのメリットやデメリットもより深く実感できるため、結婚という選択肢をその時点で捨ててしまう人が出てきても不思議ではありません。

いずれにしても昔に比べ結婚に万能なイメージを抱く人は減ってきています。生涯独身でいる人が増えているのはそうした時代背景が影響しているのでしょう。

生涯独身でいる人の特徴11選

生涯独身でいる人にはいくつかの特徴があります。結婚しないと決めている人も、結婚できないと嘆く人も以下に紹介する特徴にもしかすると当てはまっているのかもしれません。一生独身を覚悟している人はまだしも、結婚したくてもできないと感じ焦っている人は、これらの特徴が当てはまらないかチェックして改善することが必要でしょう。

特徴①仕事人間

生涯独身でいる人は仕事人間である可能性が高いと言えます。仕事が大好きで仕事最優先という日常を送る人もいれば、恋愛が苦手で仕事を言い訳にして逃げているという人もいるようです。自営業の人や通勤時間が長い人などもなかなか恋愛に時間を割く余裕が持てない傾向があるようです。

とにかく仕事ありきの人生を送っているという人は一生独身になる可能性を秘めています。結婚したいと考えている人はこれから結婚に向けどういうライフスタイルにすべきか、まずはシミュレーションしてみましょう。

特徴②結婚適齢期を気にしない

二つ目の特徴としては、生涯独身でいる人は結婚適齢期を気にしない傾向が強いということです。言い換えればマイペースなのです。高齢で結婚した友人知人がいたり、一生独身を貫く人が生き生きと趣味に没頭している姿を見たりして、「結婚はまだ先でいいや」と思うのでしょう。

本人の両親からすれば危機感がないとも取れるのですが、彼らは適齢期よりも自分の気持ちを優先に考えているのです。しかしそういうタイプは知らず知らずのうちに婚期を逃すので、一生独身でいる可能性も高くなる傾向があります。

特徴③生活スタイルにこだわりがある

生活スタイルにこだわりがある人も生涯独身でいる可能性があります。こだわりがあるというのは例えば洗濯物の干し方や食器の洗い方、掃除機のかけ方などにマイルールがあるということです。男性でも女性でも衣類の畳み方に決まりがあるという人はいるでしょう。

本当にちょっとしたことと言えばそれまでですが、そうしたこだわりを譲れないと、ともに過ごすパートナーにとってはストレスにもなりかねません。結果的に結婚まで至らず、あれよあれよと婚期を逃して一生独身ということも充分考えられます。

特徴④一人の時間が充実していて幸せ

一人の時間が充実していて幸せという人は、すでに幸せを手にしているため結婚に至らない傾向があります。全く結婚しないとは本人も思ってはいないでしょうが、趣味に没頭している時間が長くなると、どうしても恋愛や結婚に発展する出会いには恵まれません。

その結果気づいたら一生独身という道を選ばざるを得なくなることもあるのです。しかしながら絵を描いたり写真を撮ったり旅行をしたりと、一人で何でも楽しめるという人は孤独の耐性も強いので、特段心配する必要もないとも言えるでしょう。

特徴⑤寂しいと思わない

これは一人が幸せということと共通しているのですが、周りから孤独だと言われようが、寂しいとは微塵も思わないタイプの人も生涯独身率は高めと言えます。現代では孤独を楽しむ意味合いで「おひとり様」という言葉が使われるように、孤独を上手に楽しめる人が増えています。

また孤独を楽しむためのコンテンツも充実しています。例えば一人カラオケに代表されるようなコンテンツを利用すれば、孤独な時間をお手軽に充実させることができるのです。そうして寂しさと距離を置けるようになると、誰かを必要とする気持ちが希薄になるのも自然なことと言えるでしょう。

特徴⑥結婚する必要性を感じない

経済的に自立しているような人は結婚する必要性を感じないこともあるでしょう。しかしそういう考えを持っている人は気づいたら生涯独身でいることになるようです。とりわけ経済力のある女性というのは結婚する必要性を感じないと思う人が多いようです。

女性は結婚に対し相手の経済力を重視する傾向があるため、それを自分自身が補完できてしまうのであれば、そもそも結婚する理由もないと考えても不思議ではありません。もちろん出産して子育てをするという状況になればそうも言ってられない部分もありますが、それすらも自分一人の経済力でカバーできるなら、やはり結婚という選択肢は選ばないでしょう。

特徴⑦結婚相手の理想が高すぎる

一生独身という人は結婚相手の理想が高すぎる傾向があります。人は時とともに容姿が変化していくものです。しかし理想が高すぎる人というのは、自分の加齢を考慮せずいつまでも若い頃と同じ理想像を相手に求めてしまいます。理想の相手はいつまでも一人でいることはありえません。

そういう人はとっくに結婚してるものです。そういう現実と理想のギャップに気づけない人は、気づいたら生涯独身コースを歩むことになるのです。

特徴⑧コミュニケーション能力が低下している

生涯独身になる人は異性とのコミュニケーション能力が低下している傾向があります。コミュニケーション能力はある程度普段から異性と関わっていないと錆びついてしまいます。一生独身になる人は異性と過ごす時間が極端に少ないのでしょう。

錆びついたコミュニケーション能力ではなかなか異性と恋仲に発展することは難しく、結果的に一生独身になってしまうのです。

特徴⑨家族が大好きすぎる

生涯独身でいる人は、恋人より家族を優先しがちです。家族を大切にすること自体は何の問題もないのですが、端的に言えば度が過ぎるのです。例えば恋人との記念日も家族のイベントと価値が同じだったりして、場合によっては家族のイベントが勝ってしまうことも珍しくありません。

そういう人は相手から愛想を尽かれてしまうので、何人の恋人を経ても結婚にたどり着けません。そして気づいた時には婚期はとうに過ぎ、一生独身という結果だけが残ってしまいます。

特徴⑩極度の潔癖症

出典: https://www.tadapic.com/#gsc.q=%E6%BD%94%E7%99%96

極度の潔癖症の人は生涯独身になる可能性が非常に高いと言えます。例えば他人と同じ空間に長時間いることができないとか、他人の使った物を触れないという人がいますが、こうなってしまうともう他人と共同生活を送るのは不可能です。

従ってこういう特徴がある人は一生独身でいるしかありません。よほど矯正しない限り結婚したいという相手も現れないことでしょう。

特徴⑪チャンスは幾らでもあると思っている

生涯独身になってしまう人ほど、結婚するチャンスは幾らでもあると思いがちのようです。「今急がなくてもそのうち素敵な人が現れる」と思っているうちに旬なタイミングを逃し、そのままズルズルと時間だけが過ぎて、結果的に一生独身になってしまうのです。

恋愛も結婚も年齢制限はありません。しかし年齢が高くなればなるほど自分の気持ちとは裏腹に相手が見つからなくなるものです。男性も女性も若いころに異性にモテたタイプの人はこういう考えに陥りがちなようです。

生涯独身の人が得られるメリット

出典: https://www.pakutaso.com/20170632153post-11854.html

生涯独身の人が得られるメリットはどんなものがあるのでしょう。もし自分が一生独身者として人生を歩まなくてはならないとしたら、何かそこにメリットがないとなかなか辛いことでしょう。生涯独身を決め込んでいる人は以下のメリットを頭に入れつつ、これからの人生を考えてみましょう。

メリット①とにかく自由を得られる

一生独身であることの最大のメリットはとにかく自由を得られるということでしょう。合わすべき相手がいないため、どこで何をするという予定を組むのも自由自在です。特に男性は養うべき家族がいないということなので家族サービスをすることもなく、精神的プレッシャーも皆無です。

まさに自由そのものです。女性の場合も家事に追われたり姑との煩わしい関係に悩まされることもありません。とにかく自分のためだけに時間を使えるのが生涯独身でいることのメリットです。

メリット②自分だけのために投資できる

出典: https://www.pakutaso.com/20161037286post-9221.html

生涯独身でいることのメリットは他にもあります、それは自分のためだけに投資できるということです。一生独身でいるということは自分で稼いだお金は自分が管理するということです。自由を得られるメリット同様、シェアする相手がいないので、稼いだお金はすべて自分に投資できるメリットが一生独身の人にはあるのです。

メリット③好きなだけ恋愛を楽しめる

一生独身の人が得られる最後のメリットは好きなだけ恋愛を楽しめるということです。特定の相手がいないので、誰に遠慮することもなく恋愛を楽しむことができます。短期間でパートナーが変わっても問題はありません。中には二股をかける人もいるでしょう。そうした自由度の高い恋愛ができるのも、生涯独身でいる人が得られるメリットです。

生涯独身の人が背負うデメリット

出典: https://www.pakutaso.com/20120434114post-1413.html

生涯独身という道を選ぶことには当然デメリットも存在します。このデメリットを受け入れられない人は、一生独身と決めつけてしまうより、どうにか結婚する手立てを考えた方が良いかもしれません。ここからは、一生独身でいる人が背負うデメリットを具体的にご紹介していきます。

デメリット①老後の生活が心配

出典: https://www.pakutaso.com/20180952262post-17588.html

一生独身で過ごすということは、老後の世話をしてくれる人がいないということです。従って生涯独身を貫く人は老後の生活の心配が常に付きまとうことになります。一生独身は確かに自由ですが、その自由さと引き換えにこのデメリットを背負わなければなりません。

生涯独身を今から何となく考えている人は老後の生活も視野に入れて、身体を健康に保つことや長期的に収入を安定させることをそろそろ考え始める時期かもしれません。

デメリット②一人前と見なされない

出典: https://www.pakutaso.com/20180126012-apple-watch.html

次のデメリットは生涯独身という立場は周りから一人前と見なされないということです。これはやや偏見交じりな見方とも言えますが、一般的に家庭があって、何なら子育てもしている人の方が人として成熟しているように思われやすいのです。

一生独身の人の場合、家族との関わり合いがないため、まだ未熟だとか他人の心の機微が分からないと思われがちです。男性の場合は所帯を持っていないことで出世コースから外されてしまうといったこともいまだにあるようです。

デメリット③世間体が悪い

出典: https://www.pakutaso.com/20180247039nono.html

3つ目のデメリットとしては、生涯独身の人は世間体が悪くなることが挙げられます。先ほど述べたデメリットと近いですが、ここ日本での既婚者に対する社会的な信頼感は、いまだに強いものがあります。

特に男性の場合は所帯を持ってようやく一人前という風潮がまだ根強く残っているので、生涯独身という立場にいる人は周囲からあまり良いイメージを持たれません。本人が気にしなければさして問題ではありませんが、世間はそういう目で見てくるということは頭に入れておきましょう。

デメリット④欲しくても子供が作りづらい

これは特に女性が感じやすいデメリットですが、一生独身という人は子供が欲しくても作りづらいものです。老後を考えると、子供が作れないことで、老後の面倒を見てくれる人がいなくなるため、不安が募ります。一生独身を考えている人は老後の不安感や孤独感にどう対処していくべきか、今からある程度シミュレーションしておくべきでしょう。

一生独身な人が増えている原因

出典: https://www.pakutaso.com/20171230360post-14668.html

2015年の国税調査にもあるように、現在では男性の23%、女性の14%が生涯独身という状況です。なぜここまで結婚しない人が増えたのでしょうか。冒頭でも生涯独身が増えている時代背景を少しご紹介しましたが、ここからはより具体的な原因を探っていきましょう。

原因①出会いがない

出典: https://www.pakutaso.com/20171258348post-14496.html

まず生涯独身になる一番の原因は、異性との出会いがないことでしょう。戦後間もない頃なら親が強引に結婚相手を探してきて、お見合いで結婚させることもありましたが、現在はそうもいきません。また、年齢が上がっていくにつれ、お目当ての相手は既に結婚していることもあるでしょう。

恋愛結婚がスタンダードの現代ですから、自分の好きな相手と結婚したいと望むのは当たり前のことです。しかし20代~30代前半までの間に交際相手が見つからないと、それ以降で恋愛相手に出会うことは実際には難しいようです。

原因②恋愛の優先順位が低くなった

冒頭でも述べたように現代はおひとり様で楽しめる方法はいくらでもある世の中です。そのため恋愛の優先順位も相対的に低くなってきていると考えられます。

恋愛をせずとも幸せを手にできる方法はいくらでもあるため、昔ほど皆恋愛にガツガツしなくなっているのでしょう。時折感じる寂しさも異性以外で埋めることができる、そういう時代に生きているのです。

原因③仕事がおもしろすぎる

仕事にのめり込む人も一生独身になりやすいと言えます。仕事の面白さに目覚めると生活リズムも決まってしまうため、結婚をしてそれを崩すことに抵抗を感じても不思議ではありません。また仕事が面白くなると、自己重要感や承認欲求といったものも満たせるため、働くことから離れられなくなっていきます。

結婚と仕事ではそれぞれ得られる幸せ感は違うということを本人が気づかないと、そのまま生涯独身になることもあり得るでしょう。

原因④皆が自由を求めている

生涯独身を決め込んでいる人というのは、誰にも縛れたくないと考えているものです。結婚をすると男性なら家族扶養の義務が出てきますし、女性も妻の立場から何かと義父母に気を遣う場面に直面します。一生独身でいいと考える人はそういったしがらみから自由になりたいのです。

先々孤独になることに多少の不安を感じながらも、自由な人生を求めるというのが生涯独身になる人の考え方と言えるでしょう。

一生独身を貫いた人が後悔している事とは

出典: https://www.pakutaso.com/20170401107post-11123.html

自分なりの覚悟を持って一生独身を貫いたはずなのに、後悔してしまう人もいます。一体、彼らはどんなことに後悔しているのでしょうか。

子供が欲しいと思った時には遅すぎた

生涯独身になる人でも子供は欲しいと考える人はいるでしょう。しかし生涯独身になる人は、子供が欲しいと思う頃には肉体的にも時期が遅すぎたという結末になることがほとんどです。特に女性の場合、健康に出産することには期限があります。子供が欲しいと思う時に40代も半ばに差し掛かるという状況では諦めざるを得ないでしょう。

助けが欲しい時に1人だと寂しい

出典: https://www.pakutaso.com/20180605159post-16442.html

一生独身という生き方は確かに自由ですが、例えば大病をして助けが欲しい時も、自分一人で乗り越えることを受け入れなくてはなりません。既婚者と違い全てが自己責任なので、不意に襲ってくる孤独感との闘いも、生涯独身になる人は避けて通れません。

若くて何でも上手くいっている時は気づかないのですが、歳を重ね、病気をするようになると生涯独身という人生に後悔する人は多いようです。

この先ずっと1人だと思うと虚しくなる

一生独身という人はある年齢までは自分の人生に満足するのですが、ふとした時に「この先もずっと一人なんだ…」と虚しくなることが多くなるようです。

恐らく同年代の友人たちが家族を築き、人生の様々なイベントを経ていくのを傍から眺める機会が、年齢とともに増えていくからでしょう。そうした他人の人生を見るにつけ、生涯独身になる人は人知れず孤独感に苛まれているのです。

親孝行をしてあげられない

親孝行にも色々ありますが、最大の親孝行は結婚相手を親に紹介したり、孫の顔を見せてあげるということでしょう。生涯独身の人はそうしたことができないため、両親に対し申し訳ないと思っている人は多いそうです。

もちろん男性の場合は、一回り以上若い相手と結婚すれば子供を持つ可能性がないとは言えません。ただ女性の場合は年々肉体的に出産が難しくなるため、産めなくなって初めて独身であることを後悔するという人は多いでしょう。

同世代の友人との会話が弾まない

出典: https://www.pakutaso.com/20161010291post-9245.html

一生独身という人は同世代の友人との会話からも自分の選んだ人生を後悔することがあるそうです。特に友人が既婚者で子供がいるような場合、ライフスタイルが自分とはまるで異なるため、お互いに共通する話題は見つけにくいものです。そうなると会話をしてもなかなか弾まなくなるのは仕方ないことと言えるでしょう。

孤独死が他人事ではなくなってくる

一生独身という人生は本当に孤独と隣り合わせです。そして年齢を重ねていけばいくほどリアリティを増していくのが孤独死です。TVから流れる孤独死のニュースももはや他人事ではなくなっていきます。「幸せな人生だった」と言える最期を迎えるためには、そばにいてくれる存在の相手を見つける必要はあるのではないでしょうか。

男性も女性も必見!生涯独身を貫くための覚悟とは

出典: https://www.pakutaso.com/20171055299post-13802.html

最後に、生涯独身を貫くために持つべき覚悟を5つご紹介します。「誰に何と言われようが一生結婚はしない」と強く思う人は、以下のことを覚悟してこれからの独身ライフを力強く生き抜いていきましょう。

生涯独身の覚悟①寂しくても老後は一人

まず一番初めに覚悟すべきことは、再三に渡り述べてきたように、寂しくても老後は一人であるということです。生涯独身を貫くに当たってこれは避けて通れないことです。生涯独身を貫こうという人はそこに幸せを見出せるよう、趣味を持つなど人生のスパイスが必要になります。

ペットを飼うのもいいですが、気の合う友人と何か新しいことを始めてみるのもいいことです。気持ちの張りを保てるようなライフスタイルを模索していきましょう。

生涯独身の覚悟②ずっと働き続けること

生涯独身を貫くには自分ひとりで家計を回していかなければなりません。そのため生涯独身を貫く人は、ずっと働き続ける覚悟を持つことも大切です。当然ながら子供が面倒を見てくれるということがありませんので、病気になることは死活問題です。

従って生涯独身の人は老後に蓄えが枯渇しないようにひたすら働き続けること、また、定年後も働くことを予め覚悟しておきましょう。

生涯独身の覚悟③節約をすること

出典: https://www.pakutaso.com/20170119030post-10191.html

これから先も独り身だからと言って、稼いだ分をすべて趣味につぎ込むようなことは控えましょう。とにかく生涯独身を幸せに全うするためには経済力が必要不可欠なのです。そのために節約することは覚悟しておきましょう。

生涯独身の覚悟④居住地を確保すること

生涯独身でいる覚悟があるなら、居住地を確保することも考えなければなりません。アパートやマンションもいいですが、賃貸の場合は家賃をこの先も払い続けられるかが問題になります。

先々で病気になり働けなくなることも考え、先に家を購入するという選択肢も視野に入れておくべきでしょう。ただし、その場合は家賃の代わりに固定資産税が掛かることも頭に入れておきましょう。

生涯独身の覚悟⑤自分の健康を保つこと

ずっと働き続けることにも共通することですが、生涯独身を貫くなら、自分の健康を保つことはいわば義務です。病気をしても誰も面倒は見てくれないわけですので、日々の生活で不摂生をすることは命取りになります。甘えられる家族がいない生活であることを自覚して、規則正しい生活を心がけましょう。

生涯独身でいることにはメリットもデメリットもある

生涯独身でいることはメリットだけでなくデメリットも多いものです。結婚という選択肢を捨て、この生き方を選ぶ人は、自分の幸せが一体どこにあるのかということを真剣に考える必要があります。独身生活は自分との対話の日々なのです。

時には寂しさに押しつぶされそうになることもあるでしょう。既婚者以上に人生について考える時間もきっと多いはずです。そうした時間を無駄にせず、自分らしい幸せを掴むためにこれからの人生を生きていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumbマザコン男性の特徴27選!マザコン彼氏・夫の見分け方/心理/原因とは
マザコン男性はお付き合い中は我慢できても、結婚を考えるとネックになりやすいです。できれば付き...
Thumb【男女別】一匹狼な人の特徴17選!一匹狼の意味や性格とは
一匹狼は、グループや組織の中でひと際目立つ存在です。その意味や語源、ぼっちとの違いとともに一...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kazuhikoinada

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ