遅刻癖のある人の特徴11選!遅刻魔への対処法や遅刻する心理とは

遅刻魔と言われる人は身近にいませんか。いつも約束の時間通りには到着しない遅刻癖のある人は、そもそも何故遅刻をするのでしょう。遅刻癖の原因や心理、特徴を見ていきましょう。また、遅刻癖のある人の参考になるような改善方法も紹介していきます。

遅刻癖のある人の特徴11選!遅刻魔への対処法や遅刻する心理とはのイメージ

目次

  1. 1あなたは遅刻を許せますか
  2. 2遅刻癖がある人の特徴【11選】
  3. 3遅刻癖がある人の心理【5選】
  4. 4遅刻癖がある人がよくする言い訳【4選】
  5. 5遅刻癖がある人が遅刻する原因【4選】
  6. 6遅刻を治すための改善方法
  7. 7周りに遅刻魔がいる場合の対処法
  8. 8遅刻癖がある人は早いうちに改善方法を試してみよう

あなたは遅刻を許せますか

職場や友人に約束した時間を守れない遅刻癖のある人はいませんか。約束した時間に必ず遅れて来るので、予定通りに進まないケースもあるでしょう。そして遅刻癖のある人は、その行為を繰り返す傾向も見られます。もし友人がいつも約束の時間に遅れ、しかもそれが毎回続く様であれば、いくら寛容な心の持ち主でも不快感を感じるのではないでしょうか。

遅刻癖のある人を「許せる」「許せない」には個人差もあるでしょう。勿論、遅刻癖のある人に非があるのは明白です。しかし、遅刻癖は「癖」と言われているのですから必ず改善する方法はある筈です。その為にはまず遅刻癖とは一体何なのかを知る事が大切です。それでは、遅刻癖について詳しく見ていきましょう。

遅刻癖とは

遅刻癖とは、約束した時間や期日を守れない人の事を言うでしょう。約束した待ち合わせ時間に遅れる、学校には必ず遅れて来る、仕事の打ち合わせ時間に遅れる、重要な書類の提出期限が遅れるなど、とにかく決められた時間や期日にルーズだと言えます。そしてそれは、子供や大人関係なくその人の性質として根付いているのです。

学生生活で遅刻癖があった人は、社会に出たからと言って遅刻癖が治るとは言いにくいのです。そして1度や2度であればただの「遅刻」と言えますが、それを繰り返す人は「遅刻癖がある人」となるでしょう。遅刻癖は決して良い事ではありません。遅刻癖が相手に与える印象は非常に大きいのです。

「遅刻癖」が招くあなたの印象

遅刻癖のある人は周囲からどの様な印象を持たれるのでしょうか。1度や2度の遅刻であれば「しょうがないよ」と笑って許されるかもしれません。しかし、毎回約束した時間や期日を守らず、改善の兆しも見られない遅刻癖のある人に対しては、周囲の評価は厳しいと言えます。

約束を守らないという事は信用性を失い、職場などでも重要な仕事を与えてもらえない可能性もあるでしょう。また友人関係でも待ち合わせの時間を守らない遅刻癖のある人は、友人から距離を置かれるなど印象は良くありません。

やはりどの様な関係でも約束を守るという事は信頼関係を築く上で重要と言えます。それに反し、約束を守らない遅刻癖のある人は信頼性が低く、あまり仲良くしたいとは思われないでしょう。

マイペースな人がなりやすい

遅刻癖のある人は、周囲を気にせず自分の時間で行動するマイペースが多いと言われています。マイペースな人は周囲の人から言われた事や環境に影響される事はありません。自分の速度で物事を進めるので、時間の流れも周囲とは違う感覚なのです。

普段周囲が遅刻癖と感じていても、マイペースな本人は「自分のペースで行動したらこの時間になった」という感覚でいるのでしょう。そのため遅刻癖のある人は、遅刻をしたことに後ろめたさや罪悪感を感じにくいのかもしれません。そしてそのマイペースの速度を変えない限り、遅刻癖は改善しないとも言えるでしょう。

遅刻癖がある人の特徴【11選】

遅刻癖のある人はマイペースだと説明しましたが、その他にも様々な特徴が見られます。遅刻癖のある人は約束を守らないだけではなく、生活のあらゆる面でだらしがない傾向があるでしょう。それでは、具体的に遅刻癖のある人の特徴を紹介していきましょう。

特徴①綿密な計画が立てられない

遅刻癖のある人は、物事に対しての計画の立て方が大雑把な特徴があります。基本的に「何とかなるだろう」という考えなので、事前に決められた事に対しても行き当たりばったりな傾向があります。

不測の事態を予測する考えは無く「向かう途中混んでいたら困るから早めに出よう」「待ち合わせ場所は行ったら何となくわかるだろう」と、事前に計画を立てたり調べるという事をしません。その様な計画性の無さから約束した時間に対しても「大体この時間に出れば間に合うだろう」という感覚で行動するのです。

そしてその時間感覚は非常に曖昧であり、結局は自分の都合に合わせた時間感覚で行動してしまっています。結果、大雑把な計画ではスムーズに行動できず、遅刻癖が付くことになるのです。

特徴②スケジュール通りに実践できない

遅刻癖のある人は、目先の事が気になりスケジュール通り行動出来ない傾向があります。人と会う約束があるのに部屋が汚いから掃除を始めてしまって遅刻をしたり、プレゼントを買う予定があるのに自分が欲しい物を見つけたので買ってしまったりと、先のスケジュールよりもその時の状況や感情を優先して行動してしまいます。

また目先の事に集中するあまり、元々予定に入っていたスケジュールを忘れてしまう事もあるようです。遅刻癖のある人は後から気づいたとしても、何とかなるだろうと無理にスケジュールを組もうとしがちです。

そうすると必然的に時間は足りなくなり、遅刻が多くなりやすいのです。出来るだけスケジュールをメモしたり、チェックするなど心掛けが大切でしょう。

特徴③かかる時間の計算ができない

事前の準備や身支度をするなど、予定までにかかる時間が計算が出来ない事も遅刻癖のある人の特徴と言えるでしょう。予定が既に決まっていても、家を出るまでの時間配分を考えていないパターンが多いのです。どの様な服装にするか、化粧や髪を整えるのにどの位の時間が必要なのかなど、事前準備を具体的にイメージする習慣が無いのでしょう。

そうすると予想よりも準備に時間が掛かってしまい、家を出る時間が大幅に遅れるのです。遅刻癖のある人は予定の時間までの準備や身支度を事前に確認し、時間を調整する習慣を身につけましょう。

特徴④楽観的な思考の持ち主

遅刻癖のある人は楽観的思考の持ち主だと言えるでしょう。基本的に遅刻癖のある人は「何とかなるだろう」という考えを持っています。物事がスムーズに進む事しか想像していないので、不測の事態が起きた際に予定よりも遅れてしまうという事態が発生します。

また、約束の時間に遅刻したとしても「この位なら大丈夫だろう」と、自分の楽観的な考えを優先するのも遅刻癖のある人の特徴と言えるでしょう。

特徴⑤憎めない性格の持ち主

遅刻魔である遅刻癖のある人は、その憎めない性格も特徴であると言えます。遅刻を何回も繰り返すのに、何故か憎めない要素を持っています。それは遅刻癖はあるものの何事に対しても一生懸命であったり、常に笑顔で周囲を和ませるキャラクターであったりと様々な要素があるでしょう。

周囲も遅刻癖に対してはあまり良い印象を持ちませんが、その憎めない人柄でついつい許してしまうという場合も多いでしょう。しかし、あまりにも遅刻が続いたり大事な場面に遅れるなど遅刻癖がエスカレートしていくと、その人柄だけではカバー出来ない状況になり得ます。やはり遅刻癖は改善する事をお勧めします。

特徴⑥優先順位が決められない

遅刻癖のある人は優先順位を決めるのが苦手であるという特徴があります。物事には優先順位があり、日々考えながら行動しているものです。予定が既に入っているのに自分の目先のことばかりに気を取られるのも、優先順位を決められない事が原因のひとつと言えるでしょう。

まず予定や約束がある場合はそれが第一であり、部屋の片づけは帰ってきてからでも出来るのです。遅刻癖のある人は、自分の中でどれを優先すべきか考える必要があるでしょう。

特徴⑦片づけることが苦手

遅刻癖のある人は整理整頓や片づけが苦手な傾向があります。日々の生活のだらしなさが、そのまま遅刻癖として表れていると言えるでしょう。日頃から部屋を掃除したり片付けする習慣がなく物が散らかりやすいのです。

何がどこにあるかを把握できていないため、いざ出掛けるという時でも鍵や携帯が見つからないという事態になりやすいのです。物を探している内に予定の時間を迎えてしまうなんて事もあり得るでしょう。遅刻癖のある人は、まず身の回りの整理整頓や部屋の片づけから始めましょう。

特徴⑧服装や身だしなみが乱れている

遅刻癖のある人は、服装や身だしなみがだらしなくなりがちです。部屋の片づけや整理整頓が出来ないのと同様に、遅刻癖はその人の身だしなみにも表れるのです。シャツが皺だらけであったり、髪の毛がボサボサであったりと、身だしなみをあまり気にしない特徴があります。

特徴⑨行動が常にルーズ

遅刻癖のある人は部屋や身だしなみだけではなく、行動そのものがルーズであると言えます。何事も面倒くさがり、何をするにも時間がかかる自分に甘い人が多いでしょう。マイペースな人にもルーズな人は多いと言われています。

時間だけではなく日頃からルーズになりがちな遅刻癖のある人は、気付かない内に周囲を不快にしている可能性もあります。遅刻癖のある人は、出来るだけキビキビ行動する事を心掛け、責任感を持つようにしましょう。

特徴⑩待たされる人の気持ちが思いやれない

遅刻癖のある人は待たされる相手の事まで気が回っていません。それは相手への思いやりにかけるとも言えます。自分が遅れた時間は、相手の時間を無駄にしているという事でもあります。しかし遅刻癖のある人は相手の気持ちや状況を考える事はせず、自分のペースで行動するのです。

相手を待たせて申し訳ないといった気持ちがあれば、遅刻癖といわれるほどの癖にはならないことでしょう。自分ばかりではなく、待たせている相手の気持ちを考える事が重要です。

特徴⑪そもそも時間を守る気がない

遅刻癖のある人は、そもそも時間を守る気が無いと言えるでしょう。遅刻を悪い事とは思わず、遅れるのは仕方ないと考えているのです。また、遅刻をしたとしても周囲が許してくれることを知っているので、口では「ごめんね」と言いながらもまた遅刻をしてきます。

何より遅刻癖のある人は、人を待たせるばかりで自分が待つと言う経験がありません。そのため待たせれる相手の気持ちを理解出来ないのです。そこを理解しなければ、遅刻に対して罪悪感を持つのは難しいと言えるでしょう。

遅刻癖がある人の心理【5選】

遅刻癖のある人は、どの様な心理から遅刻をしてしまうのでしょうか。その心理を理解する事ができれば、遅刻の原因がわかるかもしれません。それでは、遅刻癖のある人の心理を見ていきましょう。

心理①人を待つ時間がもったいない

遅刻癖のある人はいつも人を待たせる側でしょう。それは自分が待たされたくない、待つ時間が勿体ないと考えている可能性があります。自分の行動は全てスムーズに無駄なく行いたいと考えているのが遅刻癖のある人です。しかし、無駄なくという考えから時間ぎりぎりの行動が多く、結果遅刻に繋がっているのです。

自分のスムーズな行動を優先するので、誰かを待っている時間が勿体ないと感じるのでしょう。しかし、それは相手にも同じ事が言えるのです。遅刻癖のある人が待たせれば待たせる程、相手も時間を無駄にしていると考えましょう。

心理②行きたくないと思っている

そもそも遅刻するという事は、その場に行きたくないと感じているのかもしれません。遅刻癖のある人は神経質な一面も持っています。そのため仕事で大事な会議がある、学校でテストがあるなど大事な局面になればなる程、行きたくないという感情が高まります。

その行きたくないという感情からなかなか準備や身支度を行わず、遅刻してしまうという事もあるのではないでしょうか。

心理③遅刻魔も個性の1つと思っている

遅刻癖のある人は遅刻を怒られるのは日常茶飯事なので、それも自分の個性と捉えている人もいるでしょう。自分の憎めない性格だからこそ、周囲は遅刻を許してくれると感じているのかもしれません。その様に感じている遅刻癖のある人は、そもそも遅刻が悪い事だという認識自体が薄く、改善しようともあまり思っていない傾向があるでしょう。

心理④「ジャスト!」を狙っている

遅刻癖のある人は、決して最初から遅刻をしようと思っているわけではありません。遅刻癖のある人は「約束している時間の5分前までに着いておこう」ではなく「約束している時間ちょうどに着くようにしよう」と考えています。それは予め決まっている時間に余裕を持つのではなく、時間ちょうどを狙って行動しているのです。

自分の時間を無駄なく使いたいと考えている遅刻癖のある人は、余裕をもって行動しようとは考えないのです。その時間感覚が、予想しない出来事によって時間を使い遅刻する結果を招いてしまいます。遅刻癖のある人は、出来るだけギリギリの行動は避ける様にしましょう。

心理⑤謝れば許されると思っている

遅刻癖のある人は「謝れば許してもらえるだろう」という考えを持っています。それまでの遅刻を周囲が許してきたことも要因ですが、何より遅刻に対しての罪悪感が殆ど無いのが原因でもあります。予定の時間を目標に行動した遅刻癖のある人にとって、行動したのに遅刻する事は「仕方がないこと」と認識されているのです。

仮に遅刻癖を忠告したとしても「そんなに怒ること?」と、重大には捉えないのです。それは相手の気持ちを思いやれないだけではなく、緊張感の無さも感じられるでしょう。

遅刻癖がある人がよくする言い訳【4選】

遅刻癖のある人は、遅刻をした時に決まって言い訳をします。そしてその言い訳は、大体パターンが決まっているでしょう。それでは、遅刻癖のある人がよく使う遅刻の言い訳を幾つか紹介していきましょう。

言い訳①電車が遅れた

遅刻癖のある人はよく「電車が遅れた」という言い訳を使います。通勤や通学の交通手段としてよく使われる電車ですが、そもそも電車が遅れたからと言って遅刻が良いとはならないのです。特に社会人であれば自分が使用する電車は時間ギリギリではなく、多少の余裕を持った時間設定を心掛けたいものです。

電車が遅れたから遅刻すると言うのは、自分で時間の管理が出来ないと言っている様なものなのです。その様な言い訳を頻繁に行う人は、他の場所でも同様に遅刻している可能性が高いでしょう。

言い訳②鍵が見つからなかった

遅刻癖のある人は「鍵が見つからなかった」と言い訳することが良くあるでしょう。部屋を片付けられない遅刻癖のある人は、よく物を失くします。家での準備時間もギリギリであり、持ち物を事前に確認したり整理する習慣が無いのです。

その為、家を出る際に物が見当たらなくなり遅刻するという事が多いのでしょう。まずは片付けや整理整頓から始め、家を出る前に持ち物の確認を行うなど対策が必要です。

言い訳③体調が悪かった

遅刻癖のある人はよく「体調が悪かった」という言い訳を使います。遅刻の言い訳として一番使われているとも言われています。体調が悪いと言われると、遅刻も仕方がないと言わざるを得ません。あまりにも同じ言い訳が続くようであれば仮病の可能性もありますが、本当に体調が悪そうな場合は医療機関への受診を勧めてみましょう。

言い訳④不可抗力のトラブルが起きた

遅刻癖のある人はよく「トラブルが起こった」という言い訳を使います。事故に巻き込まれた、目の前に急病人がいて付き添ったなど様々な言い訳が考えられます。勿論、本当にトラブルに遭遇して遅刻する場合もあります。

しかし、年に何度もトラブルに巻き込まれる様であれば嘘をついている可能性が高いでしょう。その場合「遅刻の原因は自分では無いから仕方がない」というアピールがこの言い訳に含まれているのです。

遅刻癖がある人が遅刻する原因【4選】

これまで遅刻癖のある人の特徴や心理を見てきましたが、その元となる原因とは一体何なのでしょうか。何故遅刻が癖になってしまうのか、遅刻癖の具体的な原因をいくつか見ていきましょう。

原因①寝過ごした

寝坊して寝過ごしてしまう事が、遅刻癖の原因として挙げられます。寝過ごしてしまう人の原因の殆どが、夜更かしのし過ぎと言われています。ついテレビを見てしまった、友人と朝方まで遊んでいたなど睡眠時間が明らかに短い場合が多いでしょう。

その様な生活リズムをなかなか直すことが出来ずにいると、遅刻が癖になってしまう事も考えられます。次の日に仕事や学校がある日は、なるべく規則正しい生活を心掛けましょう。また、夜更かしをしたとしてもすぐに生活リズムを正す事が大切です。

原因②行きたくない

会社や学校へ行きたくないと感じている事が、遅刻の原因とも言われています。誰しも行きたくないと思っているのに行かなければならないのは、非常に苦痛と感じるはずです。会社での仕事にプレッシャーを感じていたり、学校での人間関係がうまくいっていなかったり、様々なストレスが発端になり得ます。

行きたくないという思いで、朝なかなか準備がすすまず遅刻をしてしまう事もあるでしょう。また、その様な遅刻が多くなればなる程、行きにくいと感じ更に遅刻が増加するという悪循環に陥りやすいのです。まずは自分が行きたくないと感じる原因を明白にする事が重要でしょう。行きたくないという感情をどの様に取り除くかを考えなければなりません。

原因③コンプレックスが邪魔をする

自分自身にコンプレックスを感じていると、遅刻する原因となります。特に自分の容姿にコンプレックスを抱えた若い女性に多いと言われています。家を出る前に身だしなみを整えていると、自分のコンプレックスに目が行ってしまいがちです。

そうするとなかなか化粧や髪型が決まらず、時間ばかりが過ぎ結局遅刻してしまう事になるのです。その様なコンプレックスを抱えていると、人からどう見られているかという事を常に気にしながら行動します。そうすると、何事に対しても行動が遅くなりやすいと言えるでしょう。

原因④いじめられている

いじめが遅刻の原因になるケースもあります。会社や学校でいじめられていれば誰しも行きたくないと思うでしょう。その行きたくないという感情が遅刻へ繋がるのです。遅刻をする事はいじめを無くすことにはなりません。もしいじめが原因で遅刻をしてしまう場合は、周囲の人に相談し解決への道を探しましょう。

遅刻を治すための改善方法

これまで解説した遅刻癖の原因や心理から、どの様な改善策があるのでしょうか。遅刻癖の改善方法を知る事は、癖を付けない対策にもなるでしょう。遅刻癖を治す効果的な改善策を具体的に見ていきましょう。

方法①早め早めの行動を心掛ける

遅刻癖を改善するには、何事も早め早めの行動を心掛けましょう。遅刻癖のある人は時間ぎりぎりに行動しようとします。その意識をいつもより5分前に設定するだけで素早く行動出来る筈です。

なかなか動き出せない様であれば、準備を開始する時間に携帯のアラームを設定するのも効果的でしょう。また、いつもより少し起きる時間を早めるなど、普段の生活時間を見直す事も大切です。

方法②計画性を身につける

自分のスケジュールを把握し、計画をたてることも遅刻癖の改善に効果的でしょう。遅刻癖のある人の計画は大雑把である事が殆どです。自分のスケジュール帳を用意したり、携帯に管理するアプリを入れるなど、目に見えて確認出来るアイテムを使うと良いでしょう。

また仕事では自分の予定だけではなく、相手のスケジュールに合わせる事も必要です。自分の都合だけではなく、相手の状況を踏まえた思いやりも大切でしょう。日頃から計画性を持って生活していると、遅刻は驚くほど減少するはずです。

方法③時間を守る癖をつける

遅刻癖のある人はまず時間を守ることを徹底しましょう。時間に多少遅れても「大丈夫だろう」という意識を捨て、約束の時間は必ず厳守するという意識に変えるのです。遅刻する事は自分の信用も同時に失っているという事を自覚しましょう。遅刻癖の「癖」を時間を守る「癖」に変換できるまで、意識して生活する事が必要なのです。

周りに遅刻魔がいる場合の対処法

職場や友人に遅刻魔の人はいませんか。また、遅刻された回数も1回や2回では済まないのではないでしょうか。もし周囲にいた場合、改善させるにはどの様な方法があるのでしょうか。周りに遅刻魔がいる場合の改善策を見ていきましょう。

対処法①早めの時間を伝える

周囲に遅刻癖のある人がいる場合、予定の時間より早目に伝えるのが効果的でしょう。その人がいつも遅れる程度の時間分、早めに伝えると待つ必要が無くなります。それでも遅刻する場合はどんどん時間を早めていき、もし早目に到着する様であればそのまま待たせておきましょう。待たされる側の気持ちを体験させることも大切なのです。

またその様な方法で改善が見られない場合は、約束の時間に遅れた時点で先に行動してしまうのも効果的でしょう。遅刻は許さないというスタンスを見せると、遅刻癖を治そうと考えるかもしれません。

対処法②罰ゲームを与える

遅刻癖のある人は遅刻に対する罪悪感が薄いと言えます。なので遅刻に罪の意識を持たせるのが難しい場合は、罰ゲームなどのペナルティを与えると効果的でしょう。罰ゲームと言ってもあまり軽すぎる内容は「やれば許してもらえる」と考える可能性があります。

職場での例として「遅刻をしたらトイレ掃除」「遅刻をしたら全員にお茶を入れる」など、罰ゲームだけど重くない程度の内容が良いでしょう。

遅刻癖がある人は早いうちに改善方法を試してみよう

遅刻癖がある人は、なるべく改善する様に行動しましょう。職場や学校、友人などあらゆる面において遅刻癖は自分の信用を失ってしまうのです。自分で遅刻が多いなと感じるのであれば、癖になる前に意識して行動する事が大切です。

また、周囲に遅刻癖のある人がいる場合は改善策を試みましょう。時には厳しく本人に自覚させる事も必要なのです。

遅刻癖はなかなか治りにくいと言われています。しかし、遅刻癖をそのままにしておくと周囲の人たちが皆去ってしまう可能性もあるでしょう。遅刻癖がある人は、今すぐ改善しようと決意する事が大切です。

関連する記事はこちら

Thumb部屋が汚い人の特徴と心理・性格!片付けられない病気?運気が下がる?
部屋が汚い、片付けられないことが悩みという人は多くいます。部屋が汚いと、運気が下がる、病気、...
Thumb虚言癖の意味とは!虚言癖の人の特徴や心理/症状/原因は
病気なのではと疑ってしまうくらい、いつも違う発言をする人や意味不明な嘘をついている人が周りに...
Thumb自分に甘い人の特徴17選!性格・心理や甘さを改善する方法とは
自分に甘い人になっている自覚のある人はいるでしょうか。実は自分に甘い人は成功できないと言われ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ