落ち着きがない人の心理や特徴!落ち着いた人になるための改善方法は

落ち着きがない人の行動には理由があります。そんな落ち着きがない人の心理や特徴を分析しました。落ち着きがない行動にマイナスイメージを思っている人もいるかもしれませんので、落ち着きがない人の改善方法も紹介します。興味がある人は試してみましょう。

落ち着きがない人の心理や特徴!落ち着いた人になるための改善方法はのイメージ

目次

  1. 1落ち着きがない人とは
  2. 2落ち着きがない人の心理
  3. 3落ち着きがない人の特徴
  4. 4落ち着きがない人が落ち着いた人になれる改善方法
  5. 5シーン別落ち着きがない人の特徴
  6. 6落ち着きがない人でも改善できる方法はあった

落ち着きがない人とは

周りに落ち着きがない人はいるでしょうか。落ち着きがない人はじっとしていることをとても苦手にしています。落ち着きがない人を見ている側は「なぜ、そんなにせわしないのだろう。もっとゆっくりしたらいいのに」と思っている人も多いかもしれません。そんな落ち着きのない人に焦点をあてて特徴や心理、改善方法を紹介します。

「落ち着きがない」の意味

落ち着きがない人とは、ひとつの物事を長時間続けられない人の事や同じ場所に落ち着いてじっとしていることができない人のことを指します。また、注意力が散漫で忘れ物やうっかりが多い人のこともいいます。

「落ち着きがない」の類義語

落ち着きがないという言葉には別の言い方もあります。心理的に不安定な場合はナーバス、オロオロしている、気持ちが不安定などがあります。他にも気持ちが変化しやすいことを指した、気分屋やきまぐれなどもあります。また、飽きっぽくて物事が長く続かないさまを三日坊主、すぐに目移りする、気が散りやすい、移り気などとも言います。

ADHDの場合もある

ADHDとは、注意欠陥多動性障害ともいいます。英語の正式名称である「Attention-deficit hyperactivity disorder」の頭文字をとり略称されています。最近では芸能人がADHDであることをカミングアウトすることも少なくなく、以前よりも身近に感じる機会が増えました。

落ち着きがない人の中にはADHDの可能性がある人もいます。どうしても落ち着きがないのを直せない場合は病院に相談するのも1つの手段です。

落ち着きがない人の心理

次に落ち着きがない人の心理を紐解いていきます。落ち着きがない人の心理を探ることで落ち着きがない人達への対処法も自然と見えてくるはずです。落ち着きがない人は、普段何を思い考えているのでしょうか。

心理①見るもの全てが魅力的に見える

落ち着きがない人は、見るものすべてに興味が湧いていることが多いです。例えばゲームや漫画、テレビもやりたいけれどご飯も食べたいし外でボール遊びもしたいといった様に欲求が一度に押し寄せてきます。そのため少しずつ手を出しては次のものに移動します。

勉強していてもついスマートフォンを触ってしまうのと似た感覚です。落ち着きがない人にとって、やらずにはいられないのです。

心理②人に嫌われたくない

人に嫌われたくなくて常に動き回っている落ち着きがない人もいます。このタイプの人は相手から働き者、よく気が利く人、優しい、頼りになると言われたり、思われることで自己肯定感を認識します。つまり必要とされたいと感じているのです。

心理③人に否定されたくない

落ち着きがない人の中で、人に否定されたくない心理の人もいます。これは人に嫌われたくないのと少し似ています。このタイプの人は、相手に必要とされたい、よく思われたいという考えが無意識のうちにあります。自分に自信のない人はこういった考えに陥りがちです。

心理④常に心配をしている

落ち着きがない人の中には極度の心配性の人もいます。戸締まりや火を消したかや忘れ物がないか足りないものがあったらどうしよう、など心配の種は尽きません。心配しても仕方のないことまで考えて何とかしようとする傾向にあります。

心理⑤自分に自信がもてない

落ち着きがない人の中に自分に自信が持てない人もいます。それは前述した人に嫌われたくないという項目に共通します。自分に自信がなく自分を過小評価しているため、相手に尽くさないと愛されないと思っている節があります。しかし肝心の相手はそう思ってはいないので、落ち着きがない、せわしないという印象になってしまうのです。

心理⑥動きたい衝動を抑えられない

学校の授業中、集中できなくてきょろきょろしたり動きたくなったことがある人もいるでしょう。落ち着きがない人の中には集中力が長く続かないためそう呼ばれる人もいます。このタイプの場合人と同じ様に行動するよりも自分のペースがあるので自由人だと言われたりもします。

心理⑦物足りない気持ちがある

落ち着きがない人には、しっかりやっても物足りなさや不安が残る人もいます。それは心配性という言葉にも繋がるのかもしれません。心配性の人が心から安心することは少ないです。これで十分だろうかと思いつつも、もしかしたらという不安な思いが少しあります。

落ち着きがない人の特徴

落ち着きがない人の心理を分析した次は、落ち着きがない人の特徴を細かく紹介していきます。落ち着きがない人の心理を紹介したので、その行動についても理解できる部分があるかもしれません。

特徴①せわしなく動いている

じっとすることなく、せわしなく動いている様は落ち着きがない人の大きな特徴です。落ち着きがない人の中には働き者の人もいます。そんな人の何倍もの働きぶりをする人もいるので一概に悪いものでもありません。

特徴②自分の能力以上のことをしようとしている

落ち着きがない人の中には自分の能力を正しく把握できていない人もいます。彼らは自分の能力以上に力を発揮しようとしますが、中々上手くいかないのです。あれやこれやと格闘しますが結局ダメな事が多いのです。

特徴③集中力が散漫である

落ち着きのない人の中でも集中力が続かないのは大きな特徴といえます。日常会話では、飽き性や目移りしやすいなどがよく使われます。1つのことが長く続けられないので、上手く気分転換したり手法を変えながら続けることが大切です。

特徴④じっとすることができない

落ち着きがない人の中には、じっとしていることが極端に苦手な人もいます。学校の授業で最後の方は集中力が切れてじっとしていられない子もいます。また映画館で2時間座りっぱなしなのも苦手な人がいるようです。

特徴⑤人の話を最後まで聞けない

興味のない内容の話を最後まで聞いているのは辛いという人もいるでしょう。それと似ています。最初は聞いていた話も途中で興味を失ってしまいます。相槌を打ちながら別のことを考えたり、そもそも話題を変えてしまうこともあります。話を聞かないのは相手に嫌な思いをさせることもあるので特に注意が必要です。

特徴⑥性格がせっかち

せっかちな人は物事にかける時間の基準がきっちり決まっていている人かもしれません。1つの物事にかける時間で無駄を省きたいといつも考えています。しかしあまりせっかちだと余裕がなく近寄りがたい人だと思われてしまう可能性もあります。

特徴⑦計画性がない

落ち着きがない人の中には計画性がないため後々焦る結果になってしまう人もいます。最初は余裕がありのんびりやったりしていますが、最後時間が足りないことに気づいて急に慌てます。いわゆる夏休みの宿題を最終日まで残しているサザエさんのカツオくんタイプです。

特徴⑧物事にすぐに飽きてしまう

落ち着きがない人の中には、飽き性や移り気な人が多いです。それは色んなものに興味をもっているからです。また、根気強く取り組むよりも自分に向いているものをやった方が良いという考えもあるようです。

特徴⑨性格が暗い

落ち着きがない人の中には暗いと思われてしまう人もいるようです。それはオロオロしている様子や心配性や不安な様子をみて言っているのかもしれません。しかし、良い印象ではありませんので改善することも必要かもしれません。

落ち着きがない人が落ち着いた人になれる改善方法

ここまでは、落ち着きがない人の心理や特徴を紹介しましたが、マイナスな面が多いと感じた人もいるかもしれません。そこで改善方法も紹介しますので、興味ある人は試してみましょう。

改善方法①生活習慣に余裕を持つ

落ち着きがない人はまず生活習慣に余裕をもつといいかもしれません。例えばいつもより早く起きて1日の予定や、やることを確認するだけでも焦りや不安は軽減されます。また、忘れ物がないか確認する時間もできます。

改善方法②気持にゆとりを持つ

気持ちにゆとりを持つことも重要です。気持ちにゆとりを持つことでやることを整理したり、優先順位をつけて一つ一つ取り組めるようになります。また気持ちにゆとりがあればせわしなく動くこともなくなるようなので、落ち着きがない人という印象も変わります。

改善方法③じっとする癖づけをする

同じ場所にじっとしていられない人はまず、徐々に慣らしていくといいかもしれません。いきなり長時間我慢してじっとしていると、続かない場合もあります。何よりストレスになってしまうのであまり良くありません。何事も少しずつ慣れていくことでじっとしていられないのも克服できます。

改善方法④物事にゆっくり取り組む

誰でも物事に焦って取り組むとミスをしてしまいます。ミスをすると余計焦ったり、自信をなくしてしまいます。最初は時間がかかってもゆっくり物事に取り組むことが達成への近道になります。成功体験が多いほど、それは個人の得意分野になるので自信がついていくようです。

改善方法⑤物事を根気よく続ける

先程書いたように、慣れることはとても重要なことです。今までできていなかったことも少しずつ慣らしていけば、それは日常や習慣になります。そうなれば逆にやらないと落ち着かなくなるのです。慣れることのポイントは最初は短い時間に回数を分けることです。

例えば勉強の場合、いきなり2時間すると集中力も切れて嫌になってしまいます。そのため、15分や30分単位で8回か4回に時間を分けて取り組みましょう。その時間を徐々に延ばしていけば1度に2時間勉強することも容易になります。

改善方法⑥深呼吸をして姿勢を正す

人間にとって姿勢は実は重要なポイントでもあります。姿勢がいい人と悪い人を比べ、姿勢がいい人の方が成績がよかったりするようです。姿勢が悪いと筋肉に負荷がかかり、血流が悪くなることもあります。そうすると脳に十分な酸素がいかず、思考力が低下することもあるようです。自分の姿勢がきちんとしているか日々注意してください。

改善方法⑦熱中できるものを探す

好きなものには時間を忘れて取り組めるという人は多くいます。落ち着きがない人で改善したいと思っている人は、スポーツでも読書でもゲームでも大好きなものを見つけて熱中することも改善方法の1つです。

改善方法⑧病気の可能性も考える

落ち着きがない人はADHDの可能性もあります。努力しても感情が抑えられない場合や、忘れ物が改善しない場合、自分ではどうしようもない場合などもあります。悩んだ際には一度病院で診てもらい一緒に対策を考えてもらうのも手段のひとつです。

シーン別落ち着きがない人の特徴

次は余談で、シーン別の落ち着きがない人の行動や特徴を紹介します。普段の日常生活で思い当たるものがある人もいるかもしれません。紹介するのは、誰もが経験のある職場と電車でのシーンです。

シーン①職場内

職場内では、落ち着きがない人は期日を守れず仕事が遅れてしまう場合があるようです。そういう人に限って机の上は片付いていない場合が多いです。そういう人と仕事をする際には度々声をかけタスクの存在を認識させることが大切です。

シーン②電車内

電車内でも落ち着きがなく、せわしない人がいます。例えば携帯を触っていたかと思えばご飯を食べながら、仕事をし始めたりなどです。一つのことにじっくり取り組むわけではなく、家で足りなかった時間を移動時間で補っている印象です。化粧や食事など車内のマナー的に微妙なものもありますので、時間にゆとりがあるとそれも解決します。

落ち着きがない人でも改善できる方法はあった

落ち着きがない人には絶対的に気持ちの余裕が大切です。そのためにはゆとりのある時間も必要です。気持ちと時間にゆとりをもって、物事にじっくり取り組むことでそれが習慣になりこれまでの生活は一変するはずです。そうしたら今まで落ち着きがなく失敗していたことも自ずと結果がでてくることでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb自己中心的な人の性格・心理の特徴10選!自己中を改善する方法とは
家族や恋人がわがままだったり友達が自分勝手だったりと、自己中心的な人は以外と身近にいるもので...
Thumb自意識過剰な人の特徴11選!改善策や自意識過剰になる心理・原因は
職場や学校にも1人はいる自意識過剰な人は、見ていて「残念だな」と思ってしまうのではないでしょ...
Thumb「しおらしい」の意味とは?しおらしい女性の11の特徴
「しおらしい」という言葉にはどういった意味があり、「しおらしい女性」とはどのような女性を指す...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
somarishiba

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ