自慢する人の心理7選!うざい自慢話への対処法とは

身の周りに自慢話ばかりしてくる人いるでしょうか。自慢話に一度捕まってしまうと面倒くさいと思う人も多いかもしれません。自慢話は承認欲求や劣等感の表れと言われていますが、果たしてどのような心理があるのでしょうか。自慢する人の心理や特徴、自慢話の対処法を紹介します。

自慢する人の心理7選!うざい自慢話への対処法とはのイメージ

目次

  1. 1うざい自慢話とは
  2. 2自慢する人の心理7選
  3. 3自慢する人の特徴とは
  4. 4うざい自慢話への対処法
  5. 5自慢話とマウンティングの関係
  6. 6自慢話は承認欲求や劣等感の表れ!

うざい自慢話とは

自慢話には、直接する場合と間接的にする場合があります。直接自慢話をする人は、機会があれば自分の自慢をしようとしてきます。間接的に自慢話をしてくる人は、直接自慢することは難しいけど自慢したいという心理があるのでしてしまうことが多いです。

そんなうざいと思われる自慢話には、いくつかのパターンがあります。うざい自慢話をする人の心理をパターン別に紹介します。

自慢話①経歴の自慢

有名な大学を卒業したことや大手企業に勤めていたことなど、経歴の自慢してくる人もいます。直接自慢話をすると嫌なイメージが持たれてしまうので、さりげなく会話に入れてくる人が多いです。学歴の自慢をしてくる人には、学部などを詳しく聞いてあげると、相手の意外な一面を知ることもできるかもしれません。
 

自慢話③お金の自慢

株や投資で儲けた額や高級車の購入金額など、聞いてもいないのにお金の自慢をする人は男性に多いです。お金を持っている人が社会で強いという考えがある男性は、自分がお金を持っているということを自慢して自分を大きく見せようとする心理があります。自慢話をする人には、どのくらいすごい額なのか興味を持たず話を流すのがおすすめです。

自慢話④不幸の自慢

中には良い自慢話だけでなく、不幸の自慢をしてくる人もいます。そういう人は、不幸をネタにして笑い話をすることで、自分の気持ちを楽にしたいという心理があります。また、不幸があったことを自慢という形で報告することで、自分のことを分かってもらおうとしている場合もあります。

自慢話⑤知人の自慢

知り合いが有名人とか友達が社長だとか、知人の自慢をしてくる人もいます。そういう自慢は、若い人達に多いです。自分が有名な人や地位がある人と繋がっていることを自慢することで、自分自身もすごい人だと周りに思わせたいという心理があります。その人自身がすごいというわけではないので、スルーして良いでしょう。

自慢話⑥体験の自慢

会社勤めの人なら飲み会などの席で、上司に体験の自慢をされたことがあるのではないでしょうか。特に年配の男性に、「昔はやんちゃだった」とか「若い頃は遊びまくっていた」など、過去の武勇伝を自慢する人が多いです。

自分の過去の出来事を自慢をする人は、自分を大きく見せたいという心理があります。そういう人には、どんな風にやんちゃだったのかを聞いてみるのも良いかもしれません。

自慢する人の心理7選

自慢ばかりしてくる人のことをうざいと思ってしまいがちですが、自慢をしてくる人には、何らかの理由があります。では、自慢する人はどんな心理があって自慢をしているのでしょうか。自慢する人の心理を紹介します。

心理①人より優位に立ちたい

自慢をする人は、人より優位に立ちたいという心理があります。自分より学歴が上の人や学歴を気にしない人など、自慢をしても勝てないと思う人には、劣等感を感じてしまうので自慢をすることはありません。反対に、自分より学歴が下の人や自分と同じような価値観を持っている人に自慢することで、優越感に浸ろうとします。

心理②頼りにされたい

自慢をする人は、頼りにされたいという心理があります。突然聞いてもないことをアドバイスしてきたり、親切に教えたりすることがあります。本人は、親切に教えてあげているという感覚でいるので、相手に拒否されたり間違いを指摘されたりすると怒ってしまうかもしれません。

心理③誰かに認められたい

自慢をする人は、誰かに認められたいという心理があります。この心理は、幼い頃から親から厳しく育てられてきた人や、仕事でどんなに頑張っても誰からも評価されていない人に多いです。自分の良い所を自慢話にして話すことで、人に承認されたいと思っている事があるそうです。 

心理④関心を持たれたい

自慢をする人は、自分に対して関心を持たれたいという心理があります。特に気になる人や好きな異性に対して、自分に興味を持って欲しいと思うことが多いです。異性で自慢話をしてくる人は、相手に自分を知ってほしいと自慢話をしてきていると考えても良いでしょう。

また、有名人と知り合いであることを自慢してくるような人は、有名人の知り合いに関心を持ってもらって、自分にも関心を持ってもらいたいという考えがあります。

心理⑤自分を大きく見せたい

自慢をする人は、自分を大きく見せたいという心理があります。自慢をすることで、自分がすごい人だと思われたいのです。自分に自信がない部分があるので、周りにすごい人だと思わせるような自慢話をして優越感を味わっています。

心理⑥理解してもらいたい

自慢話をする人は、周りに理解してもらいたいという心理があります。他の人は自分の価値を理解してくれていないと思っているので、自慢話をすることで自分が価値のある人間だと承認してもらえると考えています。

心理⑦褒められたい

自慢をする人は、周りの人に褒められたいという心理があります。承認欲求が強いので、自分が頑張っている時に褒めてもらえないと不機嫌になります。普段から褒めてもらえない人は、他の人に自分の自慢話をすることで、自分で褒めているのです。

自慢する人の特徴とは

自慢をする人には、承認欲求などの心理によって自慢しているということが分かりました。では、なぜそのような心理になってしまうのでしょうか。自慢する人の具体的な性格の特徴を紹介します。

特徴①自分大好きなナルシスト

自慢する人は、自分大好きなナルシストな人です。幼い頃から周りに溺愛されて育ち、自分が特別な存在だと勘違いしている人に多いです。自分にすごい価値があると思っているので、他の人にも認めてもらいたくて自慢話をします。

特徴②かまってちゃん

自慢する人は、かまってちゃんな性格です。自分の自慢話をして、誰かに構って欲しいという心理があります。しかし、人は自分語りをする人をあまり良く思わないので、無視されてしまうことが多いです。相手にされないので、構って欲しいという欲求が満たされず、結局また自分の自慢をしてしまうのです。

特徴③空気を読むのが苦手

自慢する人は、空気を読むのが苦手です。話す相手が自分の興味のない話をしていると、無視をしてきたり他の話題に切り替えて自分の話をしようとしてきたりします。話を聞かされる人は、ずっと聞き手になってしまうのでうんざりしてしまうでしょう。

特徴④一人になるのが嫌い

自慢する人は、一人になるのが嫌いです。過去にいじめられていたり、他人が嫌がらせをされているのを見たことで、自分が嫌われることを恐れています。自慢話をすることで自分の良さを知ってもらい、一人にならないようにしているのです。

特徴⑤過度な自信過剰

自慢する人は、過度な自信過剰な人です。幼い頃から、周りになんでも許されて大切に育てられてきた人に多いです。今まで自分が一番偉いと思っていたので、常に人より自分が優位に立ちたいという心理があります。そのため、会話をすると自分の自慢話をして人より上に立とうとします。

特徴⑥度を越した負けず嫌い

自慢する人は、度を越した負けず嫌いな人が多いです。会話をしていて、友人が自慢話をしてくると自分の方が優れていることをアピールしてきたりします。そういう人は、地位やお金などすべて自分が優位に立ちたいという心理があります。

特徴⑦劣等感が異常に強い

自慢する人は、劣等感が非常に強い人が多いです。自分にコンプレックスがあるので、自慢話をして誤魔化そうとする心理があります。自分が劣等感を感じていることを、人に見抜かれたくないので自慢をすることで自分を大きく見せようとしているのです。

うざい自慢話への対処法

自慢話には、いろんなパターンと心理があることが分かりました。自慢されたら、ずっと聞いていなくてはいけないと思われがちですが、乗り切る方法があります。うざい自慢話への対処法を紹介します。

対処法①相手にせずスルーする

自慢をしてくる人は、相手にせずスルーするのが効果的です。自慢話がうざいと感じてきたら、「なんて言ったの?」などと何度か聞き返してみるのがおすすめです。何回も同じように聞かれると、自慢をしてくる人は心が折られて自慢をしなくなるでしょう。

対処法②自慢話に対して細かく質問する

自慢をしてくる人には、自慢話に対して細かく質問することも効果的です。自慢話の中にあったキーワードを絞って質問することで、相手が自慢したかったことから別の話題に持っていくことができるのでおすすめです。

対処法③自慢話に相槌を打ってあげる

自慢をしてくる人には、自慢話に相槌を打ってあげることも効果的です。自慢話を真剣に聞いて、全部に反応していては疲れてしまいます。相手の自慢話にうんざりしたら、適当に相槌を打ちながら聞き流すようにしましょう。

自慢話とマウンティングの関係

自慢をする人は、同じ価値観を持った人や同じ立場の人にマウントしたいという心理があります。自慢をすることで、相手の上に立って優越感を味わいたいと思っていることが多いです。自慢話とマウンティングの関係を紹介します。

マウンティングのパターン

マウンティングのパターンは3つあります。一つ目は、聞いてもないのに自分の経歴などを話してくる、ストレートタイプです。二つ目は、自分の失敗談かと思ったら自慢話だったという、自虐タイプです。三つ目は、自分が上の立場にいるような言い方で物事を言ってくる、上から目線タイプです。

マウンティングされた時の対処法

マウンティングされた時は、聞き流すのが一番効果的です。張り合うと関係が悪くなってしまうので、言い返したりしないようにしましょう。家族や恋人など大事な人であれば、相手の気が済むまで話を聞いてあげるのがいいでしょう。

自慢話は承認欲求や劣等感の表れ!

自慢する人の心理とうざい自慢話への対処法を紹介しました。自慢話をしてくる人には、承認欲求や劣等感があることが分かりました。話をされると聞いているのが辛くなってくる自慢話ですが、聞き流したり相槌を打つことで対処できます。うざい自慢話をされたら使ってみましょう。

関連する記事はこちら

Thumbうざい女の特徴30選!うざい女への対処法は?職場など場面別で紹介
職場や友達の中にいる鬱陶しい女性、いわゆる“うざい女”には共通の特徴があります。見ているだけ...
Thumbパリピ(パーリーピーポー)の意味とは!パリピの特徴や嫌われる理由は
パリピという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。パリピと言えば大音量で音楽をかけてダンスした...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ