久我美子の今現在!結婚した夫や娘に若い頃は?出演映画や近況も調査

映画の黄金時代に名家の生まれでありながら、女優として活躍した久我美子。今現在はどうしているのかなどの近況についての情報や、若い頃はどのような女優だったのかについて調査しました。久我美子本人の画像を交えて紹介していきます。

久我美子の今現在!結婚した夫や娘に若い頃は?出演映画や近況も調査のイメージ

目次

  1. 1久我美子のプロフィール
  2. 2久我美子は今現在何してる?
  3. 3若い頃の久我美子
  4. 4久我美子は結婚している?娘は?
  5. 5久我美子は過去に華々しく活躍した大女優だった

久我美子のプロフィール

愛称:はるこちゃん
本名:小野田美子(おのだはるこ) 旧姓:久我(こが)
生年月日:1931年1月21日
現在年齢:87歳
出身地:東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)
血液型:A型
身長:153cm
体重:37kg
活動内容:女優
所属グループ:???
事務所:ワタナベエンターテインメント
家族構成:夫(平田昭彦)

1931年東京生まれ

久我美子さんは、1931年に東京府牛込区(現在の東京都新宿区)に村上源氏の流れを汲む久我家(くがけ)という華族の家柄に生まれました。華族の家柄というのは、貴族階級にあたり当初女優になる時には実家から「体面を汚す」という理由から、猛反対を受けました。

久我美子が若い頃、久我家は祖父と父親が高利貸しにお金を借りていました。さらに慣れない事業で失敗したことによる家屋の差し押さえや戦後の華族制度の廃止に伴い、久我家の経済は危機的な状況でした。

久我美子はそのような経済的に困窮していく家庭事情をみて、家計を助けるために職に付きたいという一心から東宝ニューフェイスへ応募しました。結果的には久我美子が久我(こが)姓を名乗らないことと、住民票を親類宅に移すという条件で芸能活動を許されました。

そのため、漢字が同じでも本名と芸名で久我の読み方が異なっています。

久我美子の経歴

久我美子は、学習院女子中等科に在学中の1946年に第一期東宝ニューフェイスに合格し女優デビューを果たしました。翌年の1947年に学習院を中退し映画の『四つの恋の物語』で映画デビューをします。

その後2000年になるまでの間に、映画やテレビドラマ、舞台に出演し活躍しました。1969年10月から1970年9月までの1年間はバラエティ番組の『3時のあなた』の水曜日の司会を務めました。

四つの恋の物語で映画デビュー

1947年に『四つの恋の物語』という映画で、映画デビューしました。この映画は4つの恋をテーマとした物語を4人のそれぞれの監督が描いたオムニバス映画です。当時この映画を制作していた東宝では第二次東宝争議という労働争議が終結してから最初の作品で、その争議のためにスター俳優が大量に脱退してしまいました。

そのため東宝ニューフェイスの新人俳優であった久我美子や若山セツ子らが起用されました。久我美子は4つの話のうちの『第一話 初恋』に出演しています。この話の脚本は、あの黒澤明が担当しています。

数々の人気作品に出演

1947年の『四つの恋の物語』への出演を皮切りに若い頃から毎年のように様々な映画やテレビドラマに出演します。1948年の『酔いどれ天使』、1950年の『また逢う日まで』、1956年の『太陽とバラ』といったキネマ旬報ベストテンにランクインした人気映画に出演しています。

また、テレビドラマについても大河ドラマの『新・平家物語』や『勝海舟』、『いのち』、連続テレビ小説『旅路』などに出演しました。

久我美子は今現在何してる?

久我美子は2000年の『川の流れのように』を最後にテレビや映画などの場には出演していません。ブルーリボン賞助演女優賞や米国ゴールデングローブ賞受賞作品といった受賞している賞や、素晴らしい作品に多く出演していました。

今現在は何をしているのでしょうか。現在は87歳となっていますが、近況が気になるところです。

2000年「川の流れのように」が出演最後

若い頃から毎年の様に映画やテレビドラマに出演してきていた久我美子ですが、2000年に『川の流れのように』という秋元康監督の映画に出演したのを最後にテレビなどのメディア作品の場面には姿を見せていません。

それまでは期間が空いても2,3年程度の間隔で新しい映画に出演していました。しかし、2000年の『川の流れのように』出演後はパタリと新規の作品への出演が途切れてしまっています。引退宣言などはしていないので、単純に出演していないものと思われます。

芸能活動は休止状態

現在は芸能活動は休止状態で、引退宣言などはせず私生活や近況も特に公開されていません。2004年に義理の姉にあたる女優の三ツ矢歌子の葬儀の際に久々に公の場に姿を表しましたが、その後は公の場に姿を表わすことはなく、現在は近況を知る手段がないこともあり、消息不明となっています。

現在の近況は不明

久我美子のSNSや公式サイトは存在していないので、彼女の現在の近況を知る手段は存在していません。また、画像も女優として精力的に活動していた時期の画像がインターネット上にあるのみです。なので、今彼女がどのような暮らしをしているのか近況についてを私達が知ることは難しいです。

若い頃の久我美子

若い頃の久我美子はどのような雰囲気の方だったのでしょうか。華族の家柄の方ですので、普通の女優とは異なった、独特の雰囲気を持つ女優の方だったのでしょうか。ここからは、当時の画像を交えて紹介していきます。

当時タブーであるキスシーンに挑戦

久我美子は1950年の映画『また逢う日まで』で岡田英次とのガラス窓越しのキスシーンを演じました。キスシーンというのは、今となっては日本映画界でありふれたシーンです。しかし、当時の日本映画界ではキスシーンのクローズアップというのは、タブーとされていました。

そんな中で、キスシーンに挑戦したというのはとても勇気のあることではないでしょうか。上の画像は、そのガラス窓越しのシーンのものです

当時の久我久美子の画像

画像からは、どことなく華族の家柄を感じさせる雰囲気があります。しかし、目つきからは様々な常識を通さないといった力強いものも感じ取れます。また、黒澤映画では「まる顔で、はつらつとしていた」、「太い眉毛、八重歯、特徴のある声帯、どれもこれもそれまでの映画女優になかった新鮮さがあった」というお話があります。

若い頃から演技力に気品があり、見る者に伝わるものがあり多くの名監督の映画に起用されたのが、画像からも納得できます。

久我美子は結婚している?娘は?

久我美子は結婚しているという情報は出てきますし、実際に結婚していたようです。娘がいるという話や子供がいたという話がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

1961年に平田昭彦と結婚

久我美子は、1961年に平田昭彦と結婚しました。当時はゴシップとして週刊誌などに取り上げられることはありませんでした。出会いは1961年公開の時代劇『大阪城物語』で、平田昭彦は1948年公開の映画『酔いどれ天使』で久我美子を見て以来、久我美子に憧れを抱いていました。

平田昭彦の猛アタックで結ばれる

平田昭彦は久我美子に猛アタックをし、結婚に至りました。結婚後は、おしどり夫婦の夫として良い夫のイメージの一人であったという話があります。また、当時の二人の恋愛模様はとても巧妙だったようで、さすが東大出身と元公爵令嬢だけあると噂されていたそうです。

また、平田昭彦の人柄の良さからか、映画『大阪城物語』のロケ地の宿泊先の喫茶店でデートを重ねていた際に、共演者やスタッフは誰ひとりとして週刊誌などにゴシップとして漏らすことは無かったと言われています。

「ゴジラVSビオランテ」の出演は亡き夫のため

久我美子の夫の平田昭彦は、東宝の怪獣特撮映画第一作目に当たる『ゴジラ』に芹沢博士役として出演し、以降も円谷プロの特撮作品に出ていました。その後、1980年に亡くなった平田昭彦の遺志を受け継いで1898年に『ゴジラVSビオランテ』に女性官房長官役として出演しました。

この『ゴジラVSビオランテ』公開当時の内閣官房長官が史上初の女性官房長官であった森山真弓とシンクロし話題となりました。

子供の情報は無し

仲良いおしどり夫婦として知られていた久我美子と平田昭彦ですが、子供がいると言った噂や娘がいるという噂がインターネット上にはあります。しかし、今のところ子供がいるという確証のある情報はありませんでした。

久我美子は過去に華々しく活躍した大女優だった

女優・久我美子について、様々ご紹介致しました。出身の家は華族の家柄というお嬢様で、そのような人が女優となるのは当時は衝撃的なことでした。しかし前述のとおり、女優デビューを果たした久我美子は、次々に素晴らしい作品に出演し、ブルーリボン賞助演女優賞なども受賞しています。

87歳と高齢になった今現在も、引退宣言などをしたという情報はありません。そのためもしかすると、今後もテレビでそのお姿を拝見することができるかもしれません。

関連する記事はこちら

Thumb原田貴和子の今現在!結婚・離婚歴や子供は?原田知世との関係や出演作も調査
原田貴和子は1986年のデビュー以降、30年以上という長い期間、芸能界で活躍されていました。...
Thumb高瀬春奈の現在!結婚や夫・子供は?病気の噂に出演ドラマや映画も紹介
女優・高瀬春奈は、映画「大病人」など数多くの作品に出演していました。他にも高身長を活かしグラ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ