孤独な人の特徴11選!孤独な人の恋愛傾向や心理とは

何気ない日常の中で孤独を感じることは誰しもあるものですが、あえて一人でいることを選ぶ孤独な人というのも存在します。この記事では孤独な人はどういった心理で孤独になっているのか、また孤独な人にはどういった特徴があるのか、さらには孤独な人の恋愛傾向も紹介します。

孤独な人の特徴11選!孤独な人の恋愛傾向や心理とはのイメージ

目次

  1. 1孤独な人とはどんな人?
  2. 2孤独な人の特徴11選!
  3. 3孤独な人の恋愛傾向
  4. 4孤独な人の心理
  5. 5孤独な人が孤独をまぎらわす方法
  6. 6孤独な人には様々な特徴と心理があった!

孤独な人とはどんな人?

孤独とはひとりぼっちであると自覚した状態を指します。周囲と自分の間に隔たりを感じたり、周囲に馴染めずに孤立している気がする…という場合も、孤独を感じている状態です。孤独を感じた経験は誰しも一度はあるでしょう。しかし「孤独な人」は、そういった一時の孤独に襲われる状態とはまた違うようです。まずは孤独な人について見ていきましょう。

孤独な人とは

孤独な人とは、ひとりぼっちであると感じる時間が長い人のことです。常に孤独に襲われたり、一人きりでいる人を指して「孤独な人」と称します。孤独な人には望まずに孤独な人になってしまっているタイプと、自らが望んで孤独な人になったタイプに分かれます。

孤独な人の好きなもの

孤独な人の中でも望まずに一人になった人は、一人であることを忘れさせてくれる趣味を好みます。一人でも気にならず打ち込める、例えば絵を描いたり舞台や映画などの鑑賞などが好きという人が多いようです。

望んで孤独になっている人は、一人旅など一人の時間を謳歌できることを好みます。誰にも邪魔されず自分と向き合える時間や、自分のために使える時間が大事な時間で必要不可欠であると考えているようです。

孤独な人のオーラとは

孤独な人のオーラは、どういったタイプの孤独な人かによって大きく2つに分けられます。孤独を望んでいないのに一人になってしまった人は、孤独感に苛まれネガティブなオーラに包まれているでしょう。

対して望んで孤独になっている人は、打ち込めるものが多く前向きで活力にあふれたオーラを持っていることが多いようです。このように同じ「孤独な人」でも、気の持ちよう一つでオーラはもちろん顔つきなども大きく異なります。

孤独な人に向いている仕事

孤独な人は、一人で黙々と打ち込める仕事が向いています。複数人で進めるプロジェクトよりもとにかく集中して行うデスクワークなど、人に合わせる必要のない職業に適しているでしょう。

孤独な人は、人と会話する機会がなくてもやることが目の前にある状況であれば苦痛ではありません。とにかく目の前のことに集中し目標を達成していくという仕事には、やりがいを感じたりやり遂げたときの喜びを感じて楽しむことができます。

孤独な人の特徴11選!

孤独な人には大きく分けて2パターンあると紹介しましたが、詳しく特徴を見ていくとさらにさまざまなタイプに分けられることがわかります。「寂しい人」という印象を抱きがちな孤独な人のイメージが変わる特徴もあるかもしれません。ここからは、孤独な人に見られる特徴を紹介していきます。

特徴①自分のポリシーを持っている

孤独な人には、自分はこうありたいというポリシーを持っている人が多くいます。人と合わせることで自分らしくいられないのであれば、一人を選ぶということからあえて孤独を選んでいるのです。ポリシーを持った人の中には、他人に否定されたり意見を押し付けられるのが極端に嫌っているという人も少なくありません。

特徴②劣等感を持っている

孤独な人の中には、周囲に対して劣等感を抱いている人もいます。無意識のうちに周囲と自分を比較してしまい、劣等感に苛まれて一人でいることを望んでしまうのです。このタイプの孤独な人は、同じ感性で物事を楽しめる人とは仲良くなりたいと感じていることもあります。

特徴③自己開示が苦手

他人に自分を包み隠さず見せることができなかったり、自分をさらけ出すことが苦手という人も孤独な人には多いようです。聞かれれば答えるけど、自分からは意見を言えないといった積極的になれない人も多いでしょう。自分を出せず、ありのままの自分を理解してもらえないことで、気付けば一人を好むようになっていきます。

特徴④孤高感が高く人に優しくない

孤独な人の中には、孤高である人も多くいます。物事に妥協することを良しとせず、周囲とも馴染めないことで孤立してしまうことも多いでしょう。孤高を持することで周囲への気配りができなくなったり、親切な対応ができなくなっている人も多いようです。

特徴⑤人間関係が煩わしいと思っている

孤独な人には、人間関係が煩わしく一人が楽と考えている人も多いです。人の顔色を読み空気を読んで、楽しくもないのに笑顔を作り、疲労していてもそれを見せず笑って対応しなければいけない…そんな人との付き合いに疲れてしまい、一人でいることを望んでしまいます。

特徴⑥人見知りが激しい

孤独な人には人見知りである人も多いでしょう。初対面の人とうまく会話できず場に馴染むことが難しいので、一人でいる時間が多くなったり一人でいる時間を気楽に感じるのです。必要に応じて人の輪の中には入っていけますが、それでも苦痛を感じるので極力一人の時間を大切にしたいと考えている場合もあります。

特徴⑦ストレスを感じない

一人でいることを寂しいと感じたりストレスに感じる人も多いでしょう。しかし孤独な人は一人の時間に対してストレスを感じません。一人でも時間を有意義に使う術を知っており、一人だからこそできる楽しみもたくさん持っているからです。

特徴⑧人に合わせるのが苦手

孤独な人は人と合わせることが苦手だったり、苦痛を感じることもあるようです。自己中心的というわけではないので必要であれば人には合わせますが、それでも自分のペースで自分の思うように行動する方が気楽だと感じており、一人の時間を欲するのです。

特徴⑨自信がなく自分への評価も低い

孤独な人の中には、人の輪の中で自己主張したり自分を出すことが苦手な人もいます。自分に自信がなく、例えば人前で何か発表しなければならないときなどは不安に押しつぶされそうになるようです。また、「私なんかが」と自分を卑下するような発言が増えたり、自分を下げる思考に捉われてしまうことも増えてしまいます。

特徴⑩寂しさから何かに依存する

孤独になりたくないのに気付けば一人になってしまっていたという孤独な人は、人の輪の中にうまく入っていけず寂しさを感じ、紛らわすために趣味などに依存してしまうことがあります。一人で楽しめる趣味に没頭しすぎるあまり人と関わる機会を逃し、孤独から抜け出せない悪循環にはまっていることもあるようです。

特徴⑪何かを成し遂げた成功者

孤独な人の中には、大きな何かを成し遂げている成功者もいます。「何か」の中身はいろいろですが、基本的に人と合わせて妥協していては成し遂げることのできなかった物事である場合がほとんどです。一人で打ち込むことでの成功を体験し、孤独であることのメリットを理解しているので、孤独であることが苦痛になりません。

孤独な人の恋愛傾向

一人を好んだり気付けば一人になってしまう孤独な人にとって、恋愛とはどういうものなのでしょうか。ここからは、孤独な人の恋愛傾向や恋愛に対する考え方を見ていきましょう。

傾向①恋愛に積極的でない

孤独な人は恋愛に積極的になれないことが多いようです。積極的になれない理由はさまざまで、恋人を作る必要性を感じなかったり、「自分なんか恋愛できるわけがない」と塞ぎ込んでしまっている場合もあるでしょう。切っ掛けがあれば恋愛することもありますが、よほど人間的に合う相手でなければ「やっぱり一人でいい」と感じてしまいがちです。

傾向②異性と仲良くする気がない

恋愛は自然に始まることも多いですが、意識してさまざまな人と交流を持つことがなければ人との出会いも少なく、恋愛に発展する機会も減ってしまいます。しかし孤独な人は人との交流をあまり取ろうとしません。必然的に異性と仲良くなる機会も少なくなります。また孤独な人は、出会いがないことに焦りなども感じません。

傾向③恋愛することが苦手

そもそも恋愛すること自体が苦手という人も多いです。一人を好む人はもちろん、孤独からは抜け出したいという気持ちがある人も、人との関りをもつことに不安や恐怖を抱いてしまっている場合は苦手意識が強いでしょう。

恋愛は普通の人間関係を築く以上に傷つく可能性も高いものです。もちろん得るものも多いのですが、傷つくことへの不安から恋愛を避けてしまう傾向にあります。

傾向④時間を共有するのが不得意

孤独な人は自分一人の時間を欲することが多いので、恋人との時間を共有するのが苦手です。恋人のために自分の時間を割くということに苦痛を感じることもあるでしょう。

お互いに自分の時間をしっかりと確保し、全く束縛せず2人共通で楽しめることは2人でという無理のない付き合いができるのであれば、恋愛もうまくいくかもしれません。しかしその価値観を共有できる相手と出会える機会も少なく、恋愛に発展することもあまりないようです。

傾向⑤相手を信用できない

孤独な人の中には、人と意見交換したり人を受け入れることが苦手という人もいます。そういったタイプの孤独な人は相手を信じることが難しく、恋愛に発展したとしてもつい相手を疑ったり無意識のうちに自分の殻にこもってしまうこともあるようです。

傾向⑥相手をネガティブにする

自分を卑下したりネガティブ思考に陥りやすい孤独な人は、恋人ができたとしても「私なんて」と自分を卑下しがちです。ネガティブなことを頻繁に聞かされることで相手もネガティブな気持ちになってしまったり、「どうしてもっと自信を持ってくれないのだろう」とだんだん心が離れてしまうこともあるでしょう。

孤独な人の心理

孤独な人にはさまざまなタイプがいることがわかりましたが、その心理にはどういったものがあるのでしょうか。前向きな孤独な人と後ろ向きな孤独な人、それぞれに隠された心理を見ていきましょう。

心理①集中して何かをしたい

一人の時間を欲する孤独な人は、やりたいことがたくさんあり「誰にも邪魔されたくない」という心理があります。人との交流に疲れたという気持ちや一人で集中して打ち込みたいという気持ちから、喧噪から離れて一人を求めるのです。

心理②誰かに必要とされたい

孤独を嫌う孤独な人は、ネガティブな気持ちや自分を卑下する心理が働く半面、「誰かに必要とされたい」「自分を認めてほしい」という気持ちも持っています。ただそれを素直に表現することができず、孤独から抜け出すことができずにいるのです。

心理③孤独でいることが好き

孤独な人の中には、孤独を楽しんでいる人も多くいます。孤独でいることが好きで、あえて孤独であり続けようとする心理から、人を遠ざけるような言動や行動を取ることもあります。「話しかけないで」というオーラを出して周囲が近づきづらい状況を作ることも得意です。

心理④嫌な思いをしたくない

人と交流することで嫌な思いを何度もしてきた場合には、また人の輪の中に入って嫌な思いをしたくないという心理が働いていることもあります。一人でいれば辛いことや嫌な思いをすることがないので、極力人と関わりたくなく孤独を望んでしまうのです。

心理⑤人から見られたくない

自分に自信がなく自己評価も低い孤独な人は、自分を人に見られたくないという心理を持っています。できれば自分一人でひっそりと過ごしていきたいという気持ちがあり、人との交流を避けたいという心理に陥ってしまうのです。

心理⑥リア充な人を見たくない

一人は嫌いだけど、人とも上手く交流できないという孤独な人もいます。そういった人は、「人が楽しそうにしている様子を見たくない」という心理から人との関わりを避け、一人になろうとする心理が働いています。人を妬んだり羨みたくないから、一人でいたいのです。

心理⑦自分のペースを守りたい

孤独な人は自分の時間を守りたいという人が多くいます。人と合わせることで自分のペースが乱されることに苦痛を感じるので、孤独を選んで自分らしく時間を謳歌したいという心理が働いているようです。

孤独な人が孤独をまぎらわす方法

好んで孤独になっている人はいいのですが、一人でいることが苦痛だという場合には孤独を打開したいと考える人も多いでしょう。ここからは、孤独な人が孤独をまぎらわす方法、孤独から抜け出すための方法を紹介します。

方法①自分を愛せるように努力する

自分を卑下したり後ろ向きなことばかり発言する人の周囲には、一緒にいてもマイナスな方向に引きずられそうだという理由からどうしても人は集まりにくい傾向があります。まずは、自分を否定したり自己嫌悪にとらわれすぎないよう、自分を好きになる努力をしてみましょう。

方法②人と比べない

自分と人を比べることで、自分のダメな部分が目に付いたり自分が孤独であると実感してしまうこともあります。自分は自分だという思いを強く持ち、周囲と比べるのを止めるようにしてみましょう。

方法③人を批判しない

他人の悪いところをあげつらって批判する人とは、仲良くしたいと思う人はあまりいないのではないでしょうか。自分も陰では何か言われているかもしれないと不安を与えてしまうこともあります。まずは人をむやみに批判することをやめ、明るい話題の会話ができるようアンテナを広げてみましょう。

方法④積極的に人が喜ぶことをする

人と積極的に関わる際には話題を増やすことも大事です。ただ、それ以外にも困っている人がいれば手を差し伸べてみたり、人が喜んでくれることを行うことも大切です。他人への行いは自分に返ってきます。良い行いをすれば、自然に信頼や好感を得て周囲に人が増えていくでしょう。

方法⑤前向きになるきっかけを知る

孤独に苛まれてネガティブになってしまいそうなときに、前向きになれる方法を見つけておきましょう。好きな趣味で気分転換してもいいですし、自己暗示的に「大丈夫」と自分に言い聞かせるような方法も有効です。自分が前向きになれる方法を知ることで、負の感情から抜け出すこともできるでしょう。

方法⑥考える暇をつくらない

ひとりぼっちであると感じてしまい周囲と比べて自分の悪いところを探してしまったり、ネガティブになると余計なことを考えてしまいがちです。寂しさや孤独感に襲われそうになったときは、それ以上悪いことを考えてしまわないよう、打ち込めるものを見つけておきましょう。

余計なことを考えず集中して行えるものがあると、ネガティブな気持ちも気付けば忘れることができます。

孤独な人には様々な特徴と心理があった!

孤独な人と聞くと「寂しそう」「人付き合いが下手そう」などマイナスなイメージを抱く人も多いでしょう。しかし、孤独な人と一言で言っても本当にさまざまな人がいることがわかりました。孤独な人には誰よりもストイックで自分を成長させたいと考える人も多く、前向きな人も多いのです。

ただ、寂しさに襲われて孤独に負けてしまいそうな人は、そこから抜け出す術を見つける方がいいでしょう。最初は努力が必要で、その努力もつらくなってくることもあるかもしれません。それでも孤独をまぎらわす術を身につけることができれば、人としても一歩成長でき孤独からも抜け出すことができるでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb【男女別】一匹狼な人の特徴17選!一匹狼の意味や性格とは
一匹狼は、グループや組織の中でひと際目立つ存在です。その意味や語源、ぼっちとの違いとともに一...
Thumbぼっち女子の特徴11選!ぼっち女子あるあるや意外にモテる理由とは
基本的に一人でいることが多いぼっち女子は、実は男性にモテます。そんなぼっち女子には2つのパタ...
Thumb心を閉ざす人の心理と原因11選!心を開かない人への対処方法は
心を閉ざす人にはどのような心理があるのでしょうか。心をなかなか開かない人は病気の可能性もある...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kiyo

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ