安井雄太(イモムシ雄太)の現在!両手足切断のその後や死亡説の真相は

イモムシ雄太と呼ばれた安井雄太は予期せぬ事故で両手足切断という過酷な人生を歩むことになりました。中学から不良になり、まわりに迷惑をかけたイモムシ雄太こと安井雄太や安井雄太の母親、兄も含めて現在はどんな生活をしているのか、その後の人生までを辿ってみます。

安井雄太(イモムシ雄太)の現在!両手足切断のその後や死亡説の真相はのイメージ

目次

  1. 1安井雄太(イモムシ雄太)とは
  2. 2安井雄太の青年期の非行とは
  3. 3イモムシ雄太というあだ名の由来
  4. 4安井雄太に対する世間の反応
  5. 5安井雄太のその後
  6. 6安井雄太の現在
  7. 7安井雄太は新しい人生と向き合っていた

安井雄太(イモムシ雄太)とは

安井雄太(イモムシ雄太)とは、若くして両手足切断という耐え難い苦難を背負ってしまった若者です。イモムシ雄太と呼ばれている安井雄太が生まれ育った幼少期の環境とは、一体どんなものだったのか想像できるでしょうか。そして「イモムシ雄太」などというあだ名で呼ばれるようになってしまったのはなぜでしょう。

この安井雄太についてはメディアやネットでもさまざまなことがうわさされていました。その真実は何だったのか、また現在の安井雄太は元気にしているのかを深く掘り下げていきます。

安井雄太の生い立ち

安井雄太ことイモムシ雄太の生い立ちは、両親と兄弟3人の5人暮らしでした。安井雄太は、中学校に入ってから素行が悪くなり、不良という道を歩んでしまうことになります。しかし安井雄太の幼少期の育ち方については、詳しい情報がありません。大まかな情報としては、父親がギャンブル好きで家庭が崩壊しているということです。

安井雄太は兄弟2人と共に母親一人の手で育てられています。その事から決して一家団らんの暖かい家庭という訳にはいかなかったのかもしれません。そのため、親の愛情が不足していた可能性もあります。

幼少期の家庭環境

上記で説明していますが、イモムシ雄太こと安井雄太の父親は、安井雄太が幼少期の頃からギャンブルが好きで、生活費はほとんどギャンブルにつぎ込まれていたそうです。生活は苦しく、3人の子供を育てるのに大きな弊害があったようです。そんな理由から安井雄太の両親は安井雄太が小学校に上がる前に離婚しています。

母親はその後3人の息子たちを一人で育てることとなりました。ヘルパーの仕事をしながら必死で働いて安井雄太たちを育ててくれた母親を、安井雄太はいったいどのように受け止めていたのでしょうか。

安井雄太の青年期の非行とは

イモムシ雄太こと安井雄太は、女手一つで育ててくれた母親の苦労もかなわず、大きくなるにつれて非行の道をひたすら走るようになりました。少年が非行に走る要因はさまざまありますが、安井雄太にとっては両親の離婚や父親のギャンブル癖が非行の要因となったのかもしれません。

①夜遊び・不登校

イモムシ雄太こと安井雄太の非行行為はしだいに過激になりました。中学校に入学すると徐々に学校に行かなくなり、不登校になって悪い仲間と夜遊びをしたりたばこを吸ったりと不良行為が目立ってきました。家にも帰らずにけんかをしたり、不良仲間と遊びふけっていたようです。

母親の心配をよそに安井雄太は、「ただ楽しければいい」とやりたい放題をやっています。母親の気を引きたかったのか、好奇心が旺盛だったのかは安井雄太自身にしかわからないことですが、悪行はエスカレートしていきます。

②いじめや万引き

イモムシ雄太こと安井雄太は、バイクを盗んで無免許で乗りまわしたり、遊ぶ金ほしさに万引や恐喝などを何度も繰り返し、その後少年院にも入っています。高校に入学したもののいじめをやっていたこともあるようです。しかしその後中退し、非行は悪化していきました。一体どれほどの人に迷惑をかけてきたのでしょうか。

③シンナーの吸引

イモムシ雄太こと安井雄太はいろんな非行を繰り返しているうちに、シンナーにまで手を出すようになりました。現在では10年前に比べてシンナー吸引は少なくなっています。

しかし当時の安井雄太のような年代の非行少年たちの間ではシンナーを手に入れることは簡単で、気分がハイになれるもっとも身近な薬物でした。そしてその後、このシンナーが安井雄太の人生を大きく変えることとなるのです。

イモムシ雄太というあだ名の由来

こんな堕落した生活を送っていたイモムシ雄太こと安井雄太に、悲劇が訪れます。シンナーに手を出してしまった安井雄太も、まさかこんなことになろうとは思いもしなかったでしょう。人生を大きく変えてしまうような大事故に、「イモムシ雄太」と呼ばれるあだ名の由来があります。

シンナーによって予期せぬ事故に

事故のあった日もイモムシ雄太こと安井雄太は、車内でビニール袋にシンナーを詰めて吸っていました。シンナーは気持ちがハイになり、思考力も失ってしまいます。

また、シンナーが可燃性の高い物質であることは一般的に知られています。そのため車内の狭い空間でシンナーを使うと、たちまち揮発性の高いシンナーは車内に充満してしまい、爆発限界濃度に達してしまいます。しかし、思考力のなくなっている安井雄太は、そんなことを気にする様子もなくたばこに火をつけました。

車内はすでにシンナーのガスが充満し、爆発限界濃度以上に達して、たばこに火をつけた瞬間に爆発して炎上してしまいました。

両手足切断という結果に

車内炎上による安井雄太のやけどはひどいもので、手や足の組織は広い範囲で死んでしまい、感染症を防ぐために両手足切断をするしか方法はありませんでした。1カ月半後に目を覚ました安井雄太は、自分がどんな状態なのかしばらく把握できなかったそうです。

しかし、両手足切断の傷口の痛さは想像を絶するほどでした。その後、原因不明の頭痛や吐き気に悩まされ、死んだ方が楽なほどの苦痛に襲われたといいます。

事故についてネットで炎上した

事故前から安井雄太はホームページを作って、自分のやったことを綴っていました。この悪行をネット上で閲覧している人からは、様々な誹謗中傷が書き込まれます。「DQN(不良のことを総称する意味)」や「イモムシ雄太」などと呼ばれて「ざまあみろ」「罰が当たった」という書き込みが見られるようになりました。

また、事故前の不良時代の姿と四肢を失った後の無残な姿を並べた写真を載せて、面白おかしく書きたてられたりと、事故の事はネットで炎上していました。

安井雄太に対する世間の反応

今まで世間に迷惑をかけてきた安井雄太の事故について、世間の反応は冷たく、同情する者も少なかったそうです。「バカをやった分が自分に返ってきたんだ」と騒がれることもしばしばあったようです。家族のことも「親もDQNだったから子供も同じことをやるんだ」とか「親のしつけが悪いからだ」などという心無い言葉も浴びせられました。

全身70%以上の大火傷を負った

炎上事故により全身火だるまになった安井雄太は、その後救急車で搬送されました。搬送中はすでに意識を失っており、全身に70%以上の大火傷を負い、次に意識が回復したのは事故から1カ月半のことでした。

突然の爆音とともに、今まで好き勝手にしてきた安井雄太の自由気ままな生活が吹き飛んでしまいました。後のインタビューで安井雄太は、「突然ボアって」と火災のことを語っています。

事故によって失ったもの

退院後は母親の手を借りて暮らすことになる訳ですが、安井雄太の生活環境は激変してしまいました。両手足切断ということで、日常生活の全てができなくなってしまう苦しみは計り知れないものだったでしょう。退院したころは、安井雄太のイライラの矛先は世話をしている母親に向いていくこととなりました。

これまですれ違いの生活をしていた母親と安井雄太ですが、事故後は四六時中顔を突き合わせる生活になりました。両手足が無くなったということで、気持ちの整理もできないまま完全介護の生活となってしまった安井雄太は、世話してくれている母親に対してイライラをぶつけ暴言を吐くなど、親子の口論は絶えなかったようです。

失ったものによる影響

上記でも説明しましたが、安井雄太は今まで不良生活を送っていたことで母親とはすれ違いの生活を送っており、また再三の迷惑もかけたことでしょう。しかし両手足切断で四肢が失われてからは母親の介護なしには生きていけない体になってしまいました。

食事やトイレ、お風呂に至るまで全て母親が面倒を見るということには、安井雄太は最初とても抵抗していたそうです。最初母親にはトイレの世話をしてもらうことが嫌で仕方がなかったといいます。しかし安井雄太は、それを受け入れるしかなかったのです。

日常生活の些細なことも全てが、誰かの手助けなしには生きていけない訳ですので、苛立ちをこらえきれなかったと言われています。母親の苦しみはどうだったのでしょう。

母親も当時のインタビューで「せっかく五体満足で産んだのにまさか両手足を切ることになっちゃうなんてね…事故の話を聞いたときは、元気に治って帰ってくると思っていたのにね」と泣きながら話していたということです。

安井雄太の両手足切断前の体重は60kgあったそうですが、切断後は38kgになっていたと言われています。そんなことから、世間では「罰が当たった」、「ざまーみろ」、「母親に迷惑をかけといて、いっそのこと死んだ方がましだ」などの暴言を吐かれました。

そして、両手足切断で四肢がないことへの皮肉やバカにした言葉で「イモムシ雄太」などとあだ名が付けられました。

安井雄太のその後

安井雄太は、東京の江東区で母親と4歳上の兄と3人で暮らしています。両手足切断後、「イモムシ雄太」などと言われて罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせられた安井雄太ですが、辛く苦しい日々をどう乗り切っていくのでしょうか。

そして安井雄太の母親や兄が安井雄太にしてくれたこととは、その後の人生をどう変えてくれたのでしょうか。安井雄太の心境や行動の変化に迫っていきます。

事故直後は死んだような日々を過ごした

安井雄太は、事故から三日目に目を覚ましたがその後また意識を失い、実際には一カ月半後に意識を回復しました。安井雄太は意識が回復した当時、「自分がどこにいるのかわからなかった。死にたくなったり、いや、頑張ろうとも思った」と語っています。

しかし過酷な日々はこれからでした。先程も説明していますが、安井雄太は当初母親に下の世話をしてもらうのが嫌でたまらなかったようです。母親の顔を見ては不平不満を言っていたようで、安井雄太は自分の置かれた環境を受け入れることができないようでした。

安井雄太は「死んだわけでもないのに、死んでいるような毎日だった」と当時のことを振り返っています。

母親や兄弟の助け

事故で手足を失って以降、何度も入退院を繰り返す安井雄太の身辺は、家族に委ねられることとなります。そのため、ヘルパーである母親の生活にも変化を余儀なくされてしまったようです。母親は仕事をしながら安井雄太を病院に連れて行ったり日々の介護をしていました。

事故前のようにフルでは働けなくなり、収入も月に10万円程度になったようです。障害のお金と合わせても、決して楽な生活とは言えませんでした。そんな中で安井雄太を介護してくれたのは、母親ばかりではなく4歳年上の兄もだったといいます。

兄と安井雄太は年が離れているせいか、小さい頃はあまり一緒に遊んだことがないそうです。しかし安井雄太の事故以来、兄は安井雄太の介護を献身的に引き受けて、兄弟というよりも双子のような絆ができたそうです。兄からお風呂に入れてもらっている安井雄太は、ニコニコと笑顔でとても楽しそうな表情を見せていました。

安井雄太が死んだように落ち込んでいる姿を見て、兄は「こんな体でも生かしてくれた。それは生きる意味があるからなんだよ。死んでもおかしくない事故だったんだから、一度は死んだと思ってもう一度人生をやり直す良い機会だよ」と言ってくれたということです。

心境にも変化があった

その後、イモムシ雄太こと安井雄太は、家族に支えられて暮らしていくうちに、少しずつ心境に変化が見られてきました。母親は安井雄太の寝室にキティちゃんグッズをたくさん集めて置いてくれたそうです。

部屋が寂しいと死にたい願望が強くなるかもしれないということで、部屋を明るくしようという母親なりの思いが感じられます。この事故は、家族のきずなを強めたようです。そんな安井雄太も、事故から9カ月後には落ち着きを取り戻しています。その頃にアップされた動画を見ると、雄太の口から母親に向かって「ありがとう」という言葉が発せられています。

安井雄太の現在

シンナーが原因の車中炎上事故で両手足切断という大けがを負い、その後イモムシ雄太というあだ名までつけられて地獄のような生活を強いられてきた安井雄太は現在、どのような生活を送っているのでしょうか。クリスマスには電動式の車椅子がプレゼントされています。これで、一人でも外に出掛けられるようになりました。

通い慣れた道ですが、足で歩くことができない雄太にはちょっとしたでこぼこ道やなだらかな坂にも気を使わなければならないのです。

それでも自分で出かけられることの楽しさはひとしおで、最初に行ったのは不良時代に仲間とよく遊んだ自宅近くの荒川の河川敷でした。

その時に安井雄太は、「今でも悔しくて泣く時があるし、一人では何もできないからまわりに迷惑をかける。でも努力すればやれることはたくさんあるが、死んじゃってもいいかなと思う時もある」と語っています。

家族の暖かさから少しずつ自分を取り戻してきた安井雄太ですが、ネット上やホームページなどでもさまざまなうわさが飛び交っています。そこで、現在の安井雄太について探ってみます。

定時制高校に合格した

イモムシ雄太こと安井雄太は、中学校ではまともに勉強せず不良の道を歩んだわけですが、勉強が必要だと考えたのでしょうか。安井雄太の勉学に関する気持ちにも変化が現れ始めました。

世間からは、「今さら勉強してどうなるの」と冷笑も浴びせられましたが、安井雄太の決心は揺るぎませんでした。その後、切断した右腕にベルトで鉛筆を固定して猛勉強をしたということです。

高校を中退した安井雄太は、もう一度高校に通いたいと思い立ちました。この時取材記者に安井雄太は、「勉強をしに学校に行くんじゃないんです。人との触れ合いが欲しいから。そして、こんな体だけど、可能性がある限り自分のことは自分でやりたい。」と言っていました。

そして事故から一年後、みごとに定時制高校に合格しました。勉強嫌いで、ほとんど机に向かうことのなかった安井雄太が、高校の授業を真面目に受けていました。安井雄太は、「人とのふれあいで、自分がいろんなことが出来る人間になりたい」と言っていたそうです。

ホームページが開設された

先程も説明していますが、安井雄太(イモムシ雄太)は事故に遭う前の不良当時からホームページを作っていました。そのホームページでは、自分のした悪行を投稿していたそうです。事故後はそのホームページはなくなっています。

しかし、両手足切断のその後に、ホームページを開設しチャットを始めたということです。両手足切断で指が使えなくなった代わりに、切断部分でホームページ上にキーボードを打ちこんでいました。2003年6月1日の日本テレビの『NNNドキュメント』という番組で、安井雄太の特集が組まれました。タイトルは『突然両手足を失って…~雄太19歳~』でした。

日本テレビでは、その後半年間に渡って安井雄太に密着取材をしたそうです。放送時間は25分間でしたが、安井雄太はインタビューで「良いことをすると自分に返ってくる。悪いことをすると自分に返ってくる。これは天罰なんだ」と語っています。
 

また、「SNSで人と話すことはとても気持ちが落ち着く。一人になるといろいろなことを考えてしまうから」とも語っています。ベッドに横になって真剣なまなざしでパソコンのキーボードを打ち、時には自分のやけどで四肢切断したことも投稿するということです。

現在の自分自身についても、「不良だったころの自分への報いが返ってきたんだと思う。」とも言っていたそうです。両手足切断についても、現在は受け入れているということでした。ホームページ上のチャットでも両手足切断になるとどうなるのかを、経験談として話してみたいと言っていたということです。

1人になる時間の多い安井雄太は、ホームページでのチャットがあることで生きる力をもらっているようです。

死亡説が浮上した

これだけ前向きに生きている安井雄太に、ホームページ上で死亡説が浮上しました。あくまでもネットのホームページ上での死亡説ですのではっきりしたことはわかりません。しかし両手足切断という現状が受け入れられなくて、それを苦に川に飛び込んで死亡した、といううわさが流れました。

また、川ではなくお風呂で溺れて死亡した、などのうわさもありました。しかし両手足切断で四肢がない状態なのに、どうやって一人で川に飛び込んだのでしょう。これはちょっと考えにくいので死亡説には信ぴょう性がないと言えます。お風呂で溺れたという死亡説も単なるうわさに過ぎないというのが現在の見解です。

もう一つホームページ上で言われている説は、両手足切断の絶望感から、舌をかんで死亡した、という死亡説のうわさです。これも実際に確定しているわけではなく、ネットのホームページ上でイモムシ雄太をおもしろおかしく仕立て上げた死亡説のうわさかもしれません。

他にもホームページ上ではさまざまな死亡説のうわさ噂が流されていますが、真意のほどはわかっていないのが事実です。生きる望みを持って定時制高校に入学し、チャットなどのホームページでも人との交流を大切にしている安井雄太が、自殺して死亡するとは現在では考えにくいことです。

安井雄太の現在は?

死亡のうわさがささやかれている安井雄太ですが、現在はどうしているのでしょう。中学校から非行に走り、さまざまな悪行をしてきた安井雄太は、天罰ともいえるシンナーによる車中の炎上事故で、両手足切断という痛々しい事故に遭いました。

一度は死んでしまいたいと思ったかもしれませんが、何とか立ち直ろうとしたその姿は、試練を乗り越えて生まれ変わった姿なのかもしれません。もし現在でも死亡せずに生きているとしたら、安井雄太は、33~34歳になっているでしょう。

障がい福祉サービスを利用しているかもしれません。在宅での介護であればヘルパーを利用し、日中は生活保護施設へ行って過ごしていることもあり得ます。また、在宅ではなく介護施設に入所している可能性もあるかもしれません。

いずれにしても、安井雄太の生活は、何らかの手段により、生きづらさを解消していると考えられます。そう考えると、安井雄太の生きる意味や目標は見つかっており、現在も母親や兄と共に明るく生きているかもしれません。

今でもネット上ではおもしろおかしく「イモムシ雄太」のことがうわさされていますが、事故当時ほどではなくなっています。そんなうわさが流れても、前向きに受け入れながら過ごしている安井雄太を、肯定的に見てくれる人々もいるようです。

今現在の安井雄太の所在は不明ですが、どこかで幸せに生きていて欲しいと思う方もいるのではないでしょうか。両手足切断という苦難を乗り越え、生きる努力をした安井雄太の現在はわかりませんが、何かしらの手段で仕事に就いているかもしれません。元気でいることを願っている方々もいることでしょう。

安井雄太は新しい人生と向き合っていた

シンナーが原因で大火傷を負い、両手足切断によりもう人生がないような境遇になってしまった安井雄太でした。しかし、母親と4歳上の兄の献身的な世話の末に安井雄太は徐々に心を開いていきました。高校に通いホームページでチャットなどをやるようになって、前向きな生き方に変わっています。

安井雄太が今現在生きているのか死亡しているのかについては、はっきりとした真相は不明です。しかし安井雄太が新しい人生と向き合って、生きる望みを持ったのは真実かもしれません。

関連する記事はこちら

Thumb清原和博の現在!逮捕後の今の収入・足切断説や近況は【刺青画像】
球界の大スターであった清原和博が覚醒剤使用のために逮捕されたニュースには、多くの野球ファンが...
Thumbエキスポランド事故の概要!風神雷神脱線の原因や首切断の目撃者は
かつて大阪府吹田市には遊園地「エキスポランド」がありました。しかし風神雷神Ⅱによる脱線事故に...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Mrsjunko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ