足ピンオナニーは危険?やり方・メリットや改善方法も紹介

足ピンオナニーは気持ちいいと評判になっているオナニー方法ですが、セックスでイケなくなる危険性もあります。足ピンオナニーのやり方からそのメリットとデメリット、足ピンオナニーに慣れてしまってセックスでイケない場合の改善方法まで取り上げました。

足ピンオナニーは危険?やり方・メリットや改善方法も紹介のイメージ

目次

  1. 1足ピンオナニーが気持ちいい!
  2. 2足ピンオナニーの気持ちいいやり方
  3. 3足ピンオナニーをするメリット
  4. 4足ピンオナニーの危険性やデメリット
  5. 5足ピンオナニーでないとイケない場合の改善方法
  6. 6足ピンオナニー以外でもイケる体になろう

足ピンオナニーが気持ちいい!

両足を伸ばして硬直させながら行う足ピンオナニーは癖になってしまう人が多いオナニー方法です。足ピンオナニーは男女問わず隠れた愛好者が多いオナニー方法と言えるでしょう。足ピンオナニーをしてみようとして始める人は意外と少なく、むしろ知らず知らずのうちに自然とそういうオナニー方法になってしまう人が多いかもしれません。

この記事では、気持ちいいと評判の足ピンオナニーについて詳しく見てみましょう。

「足ピンオナニー」とは

足ピンオナニーとはその名の通り、両足をピンと伸ばして行うオナニーの方法です。スタイルとしてはあお向けで行うスタイルとうつ伏せで行うスタイルの2通りがありますが、いずれの場合も女性は両足を閉じた状態で伸ばし、力を入れて硬直させた状態で行います。

男女ともに、セックスやオナニーでオーガズムを迎える時には身体に力が入って筋肉が硬直します。足ピンオナニーは絶頂時に身体の筋肉を硬直させやすくして、イキやすくするオナニー方法だと言えるでしょう。

ハマる理由はとにかく感度の高さ

足ピンオナニーにハマってしまう人が多いのは、その感度の高さが理由でしょう。足ピンオナニーが気持ちいい理由は諸説があります。足をピンと伸ばす事によってお尻の穴がすぼめられて性器に力が入れやすくなったり、足の付け根を硬直させる事によって前立腺が刺激されたり、その理由は男女や体型によっても違うでしょう。

しかし足ピンオナニーをすることによって通常では得られない快感が得られ、その快感を得るために足ピンオナニーにハマっていくという事は共通しています。

足ピンオナニーの気持ちいいやり方

足ピンオナニーは男女問わず、オナニーで特別な快感を得るためには有効な方法です。しかし男と女では身体の構造も違い、オナニーの方法も異なるので、足ピンオナニーを行う際の細かいやり方やコツも異なります。それでは男女それぞれの足ピンオナニーのやり方やコツとは一体どのようなものなのでしょうか。

女性の場合

足ピンオナニーは男女共に気持ち良くなれるオナニー方法ですが、特に女性で足ピンオナニーをしている人は多いと言われています。女性がオーガズムに達するためには下腹部か太ももを硬直させる事が必要なので、それがしやすい足ピンオナニーは特に女性にとってオーガズムを導きやすいオナニー方法と言えるでしょう。

しかし足ピンオナニーが習慣になりすぎると、男性とのセックスの時にイキにくくなる可能性があるので、その点は注意しなければなりません。

気持ちいいやり方

女性の足ピンオナニーは、ストレッチするように足を目いっぱい伸ばして、太ももの内側に力を入れるようにしながらクリトリスを触ります。女性のオーガズムは、クリトリスの刺激によりオーガズムを感じる外イキと膣内の刺激でオーガズムを感じる中イキがありますが、足ピンオナニーは主に外イキを導くためのオナニー方法です。

姿勢はベッドなどにあお向けに寝てするやり方とうつ伏せになっていじるやり方の2通りがあります。

コツ

女性が足ピンオナニーでイクようにするコツとしては、まずふくらはぎに力を入れないようにする事が挙げられるでしょう。ふくらはぎに力を入れると足がつりやすくなり、これは癖になる可能性があります。イメージ的には背中を反らす感じで力を入れるとイキやくすなります。実際に背中を反らしても良いでしょう。

また痙攣のように断続的に力を入れるとイキやすい場合もあります。自分でイキやすい力の入れ方を研究してみると良いかもしれません。

男性の場合

男性が足ピンオナニーをする場合は、女性と違って必ずしも足を閉じている必要はありません。足を半開きにした状態でストレッチで投げ出すように伸ばしても良いでしょう。そのため男性の足ピンオナニーは、ベッドで行う以外に椅子などに座って行う事もできます。他にも洋式トイレや風呂場でもできるオナニー方法だと言えるでしょう。

気持ちいいやり方

男性がベッドで足ピンオナニーを行う際には、充分に足を伸ばせる体勢でオナニーをするようにします。椅子に座って足ピンオナニーをするのであれば背もたれのある椅子を選び、背もたれにのけぞるような姿勢になると良いでしょう。ユニットバスなど狭い浴槽であえて足の裏で浴槽の壁を蹴りながらのけぞるのも良いかもしれません。

痙攣するなど動作の変化を混ぜてみて、自分が一番気持ちいい方法を探してみましょう。

コツ

男性がオナニーをする時にはオカズが必要かもしれません。足をピンと伸ばした状態でオカズが見やすい姿勢を作り、足ピンオナニーを始めましょう。太ももに力を入れて足を閉じてみたり、肛門の括約筋を締めてみたり、自分のオナニー方法を探ってみて下さい。射精の瞬間に足を閉じると尿道が狭くなるので、その動きが快感を増大する場合があります。

また射精する瞬間に一瞬息を止めてみる事が快感に繋がるケースもあります。

足ピンオナニーをするメリット

足ピンオナニーは男女問わず、自然と身に付いている人も多い人気のオナニー方法だと言われています。これだけ足ピンオナニーが人気を博しているのには理由があります。最大の理由は足ピンオナニーを行う事によって得られる快感とメリットが大きいことでしょう。それでは足ピンオナニーをする事によって得られるメリットとは一体何なのでしょうか。

以下のような事が足ピンオナニーを行うメリットとして挙げられます。

メリット①オーガズムを感じやすい

足ピンオナニーを行うメリットとしてまず挙げられるのはオーガズムを感じやすい身体になれるという事でしょう。オナニーを行う意味の一つとして、セックスを上手くできるようにするための練習という意味もあります。特に女性は、オナニーにおいてオーガズムを感じた事がなければ、セックスで絶頂を感じる事は難しいかもしれません。

またオナニーはストレス解消の意味合いも持っています。毎回オナニーで気持ちいいイキ方ができれば、すがすがしい毎日を過ごせるかもしれません。

メリット②短時間でオナニーできる

足ピンオナニーのメリットとしては、短時間でオナニーを済ませられるという事も挙げられます。日々忙しい生活を送っている人はオナニーにもあまり長い時間を割く事ができないかもしれません。夜のオカズを探す事に熱中し過ぎてしまい、寝不足で翌日に影響が出たという経験は、男性なら一度はした事があるでしょう。

足ピンオナニーは、忙しい人でも短時間で済ませられる便利なオナニーです。場合によっては起床後に出掛ける前の短い時間にも済ませられるかもしれません。

メリット③足の筋肉を鍛えることができる

足ピンオナニーを行うメリットとしてもう一つ、足の筋肉を鍛えられる事も挙げられるでしょう。特に男性の多くは筋肉質な体型に憧れます。筋肉は力を入れたり硬直したりする事で発達するので、足ピンオナニーを続けると足の筋肉を付ける事も可能です。女性でも外回りで歩く事が多いような人は疲れない脚力を求めるかもしれません。

足ピンオナニーは気持ち良くなりながら総合的に足を鍛える事ができるのです。

足ピンオナニーの危険性やデメリット

このように気持ちいい上に足が鍛えられる足ピンオナニーですが、実は危険性やデメリットも孕んでいます。オナニーは場合にセックスでイクための擬似体験で、幸せなセックスをするための練習となる事ですが、場合によってはそのオナニーがセックスに支障をきたしてしまう危険も持ち合わせているのです。

時にオナニーとセックスは一線を画して考えなければならないのかもしれません。以下が足ピンオナニーのデメリットとして挙げられる事項です。

女性の場合

足ピンオナニーを行い過ぎる事で生まれるデメリットも男女で分けられますが、まずは女性の場合から見てみましょう。女性の場合は男性よりも早くから足ピンオナニーを覚える事も多く、足ピンオナニーが癖になってしまっている場合も多いです。中には足ピンオナニーでのイキ方しか知らない女性もいますが、以下のような危険性もあります。

危険性・デメリット①足をつりやすい

女性が足ピンオナニーにハマりすぎる事のデメリットとしては足がつりやすくなる事が挙げられます。足をつる状態を繰り返すとその動きが癖になってしまう事もあり、またつっている時間も長引く事があります。足ピンオナニーで足がつる事が癖になって、男性とのセックスの最中に足がつるという危険性もあるようです。

危険性・デメリット②セックスで不感症になりやすい

セックスで不感症になりやすいという危険は、足ピンオナニーに慣れている女性にとって知らなければいけないデメリットです。セックスのほとんどの体位において女性は足を開く姿勢を取ります。女性の足ピンオナニーは太ももを閉じてオーガズムを導くのが主流です。

しかし、このオーガズムの導き方に慣れてしまうとセックスでそのイキ方を使えなくなってしまう危険性があるのです。唯一女性が足を伸ばした姿勢を取れる体位が寝バックなので、足ピンオナニー好きの女性には寝バック好きが多いというデータもあります。

男性の場合

足ピンオナニーが引き起こすデメリットの中でもセックスに支障をきたすデメリットは最も深刻な危険性と言えるかもしれません。足ピンオナニーがセックスに悪影響を与える危険性は女性のみならず男性にもあり得ます。男性の足ピンオナニー愛好者は以下のようなトラブルに見舞われる危険性があります。

危険性・デメリット①遅漏になりやすい

男性が足ピンオナニーに慣れ過ぎてしまうと、女性とのセックスの時になかなかイケなくなってしまう可能性があります。オナニーとセックスの刺激は違うので、オナニーで最も強い刺激に慣れてしまうとセックスでの刺激に興奮できなくなってしまう可能性があるのです。上手く勃起できない事により恋人や妻からも嫌われてしまう危険性もあります。

危険性・デメリット②膣内射精障害になる可能性も

男性が足ピンオナニーのやり過ぎによりセックスで感じなくなる危険性がありますが、重症な場合は膣内射精障害やEDを引き起こす可能性があります。膣内射精障害は女性の膣の中で射精をする事が不可能になってしまう障害です。膣内射精障害になってしまうと、特に夫婦の場合は生活に支障をきたしてしまう危険性も孕んでいます。

足ピンオナニーが膣内射精障害やEDを引き起こしてしまった場合、クリニックでの治療が必要となるかもしれません。

足ピンオナニーでないとイケない場合の改善方法

気持ちいいと評判の足ピンオナニーについて取り上げてきましたが、このように足ピンオナニーのし過ぎはセックスライフに支障をきたす可能性も持ち合わせています。場合によっては足ピンオナニーを辞める方法を考えなければいけなくなります。そこで最後に、女性が足ピンオナニーによってセックスでイケなくなった場合の改善方法を挙げてみましょう。

セックスでイケない事に悩んでいる足ピンオナニーの愛好者の女性は、このような改善方法を考えてみて下さい。

改善方法①緊張せずリラックスを心がける

足ピンオナニーに慣れてしまってセックスでイケない時の改善方法としてはまず身体をリラックスさせる事を心掛けましょう。男性に身を委ねて相手の事を信頼し、なるべく身体を預ける事をトライしてみて下さい。足ピンオナニーとは逆の方法になりますが、緊張を緩和する事で徐々に心地よくなっていく事を心掛けてみましょう。

改善方法②足を閉じないように意識する

足ピンオナニーによってセックスでイケなくなった場合の改善法として、足をなるべく閉じないように意識してみましょう。セックスにおいて女性は足を開いている事がほとんどです。足を伸ばしていない状態で身体に力をいれる方法を試してみましょう。ふくらはぎよりも太ももに力を入れる事が大切です。

上手くその力の入れ方が分かればM字開脚でもオーガズムに達する事が可能になります。

改善方法③足ピンする時間を徐々に短くする

足ピンオナニーに慣れてしまって他のオーガズムを得る事ができない場合、いきなり足ピン状態を禁止してもなかなか難しいかもしれません。最初は足ピン状態を徐々に減らしていきましょう。バックや騎乗位といった体位は足を伸ばした体勢にしにくいので、まずは正常位で足を伸ばしながら徐々に曲げていく事を訓練すると良いかもしれません。

改善方法④ストレッチで体を柔らかくする

足ピンオナニーに慣れてしまった女性の改善対策として、毎日のストレッチも良い方法となるでしょう。特に股関節のストレッチは足を開く事の訓練になり、開脚幅を広げるのに役立ちます。ストレッチを習慣的に行う事によって身体の力の入れ方と力の抜き方のトレーニングにも繋がるはずです。身体の力を抜く事によって気持ち良くなる感覚もつかみましょう。

改善方法⑤膣内の性感帯を開発する

足ピンオナニー常習者がセックスでイクためには膣内の性感帯を開発する方法も挙げられます。足ピンオナニーでイク場合はクリトリスでオーガズムに達する外イキがほとんどです。しかし、オナニーでも膣内の快感を得るためのオナニーが存在します。なるべく膣内で気持ち良くなるオナニー方法を追求してみましょう。

足ピンオナニー以外でもイケる体になろう

男女ともにハマってしまう人が多い足ピンオナニーについて取り上げました。足ピンオナニーは気持ちいい事で評判となっていますが、一方ではセックスでオーガズムを味わう事ができなくなる弊害も孕んでいます。パートナーと幸せなセックスを心掛けるのであれば、足ピンオナニー以外でもイケるように心掛ける必要があるかもしれません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fujinee
ふじにぃと申します。ジョージア国のトビリシ在住です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ