チンカスが出る理由や匂いの原因とは?多いと性病の可能性も?

臭いチンカスに悩む人がいます。チンカスが多いと悩む人がいます。チンカスが出る原因やチンカスがあることのデメリット、性病や包茎との関係についてまとめました。また、チンカスが溜まることへの対処法や正しい掃除の仕方などについても、まとめてみました。

チンカスが出る理由や匂いの原因とは?多いと性病の可能性も?のイメージ

目次

  1. 1チンカスでお悩みのあなたへ
  2. 2チンカスが与えるデメリットを知ろう
  3. 3チンカスが多い人必見!チンカスが出る原因とは
  4. 4チンカスが臭い人必見!臭い匂いの原因とは
  5. 5チンカスが溜まる人必見!おすすめの対処法とは
  6. 6臭いチンカスを掃除して女性にモテよう!

チンカスでお悩みのあなたへ

男女問わず、股間の臭いが気になる人がいます。欧米人の多くは、肉食中心の食生活だったことから体臭がより強いといわれています。このため香水などの文化が発達したといわれるのです。ところがいざセックスしようとしたときに強烈に臭う股間であれば、気持ちが萎えること必須です。

特に男性のチンカスは、女性にとっては見た目も悪く舐めることはもちろんのこと身体の中に挿入しようとは思えないものだといわれます。男性に対しての侮蔑言葉として「このチンカス野郎!」という言葉が存在することから考えても、チンカスは良くない存在であることは間違いありません。

そもそもチンカスって何?

チンカスは垢の一種です。見た目は灰白色か薄いクリーム色のもので、湿り気を持つ固まった粉のようなものであったり、粘土状のものであったりします。男性器の包皮に覆われた亀頭部分に溜まることが良く見られます。実は女性にも発生する垢で、クリトリス周辺や大陰唇と小陰唇の間などに溜まります。女性の場合はマンカスといわれます。

チンカスと性病の関係

チンカスは垢の塊なので雑菌繁殖には好都合です。チンカスを温床として菌やカビ、一部のウイルスなどが発生する危険性があるわけです。チンカスは性器カンジタ症や性器ヘルペス、陰茎ガン、亀頭包皮炎症、尖圭コンジローマなどの性感染症の温床となることがあります。チンカスは、これらの性感染症の合併症を引き起こしてしまうこともあるのです。

チンカスが与えるデメリットを知ろう

身体の垢は陸上脊椎動物にとってはバリアーの役割をする大切なものです。ところが恥垢(チンカス)には良いことがありません。特に新陳代謝が激しい若い年齢である場合、チンカスはより溜まりやすいといえます。だからこそ、チンカスが与えるデメリットをしっかり理解しておくべきなのです。チンカスのデメリットのうち、代表的な3つをご紹介します。

デメリット①性病と勘違いされる

チンカスは臭います。非常に強い臭いなので、何か病気ではないかと思われがちです。チンカスがあることだけでは、病気ではありません。身体の垢と同じように、不潔になっているというだけです。それでも男性器にチンカスが溜まっているのを他人が見れば、不快な気持ちになることは間違いありません。

病気のせいで不潔なのか、病気だから何度洗ってもチンカスだらけになるのかなどと、勘繰ってしまうというわけです。このように、チンカスがあることを人に見られると、性病に罹患しているのではないかと思われてしまうことが、チンカスがあることの最大のデメリットです。

デメリット②女性に避けられる

一般に、女性の多くは綺麗好きです。見た目が不潔な男性とは近づこうとはしません。身体の垢に対しても不潔感極まりないと軽蔑するくらいなので、チンカスは忌み嫌われることがほとんどです。臭いフェチという特殊な性癖は別として、女性の多くは無味無臭の清潔な男性器を基準としています。

性風俗に勤める女性でも、「臭いチンコは臭いテロだよ」とまでチンカスは毛嫌いされています。コンドームをしてもチンカスが目立つ男性とはセックスできないともいわれます。このように、チンカスがあると女性には避けられるというデメリットがあります。一般的な女性であれば、チンカスがある男性器をフェラチオしようとは思わないのです。

デメリット③股間を見せられない

銭湯に行った時に男性器をそれとなく見てしまうこともあるでしょう。特に脱衣所で入浴前にチラリと目に入ってしまうことがあるかもしれません。そのようなときに、チンカスで汚れた男性器であればどうでしょうか。もちろん湯船に入る前に念入りに洗浄するとしても、チンカスがたっぷりついた男性が入った湯船にはつかりたくないというのが本音です。

こうしたことを想像すれば、チンカスつきの男性器を同性の前であっても見せられないというわけです。身体中が垢だらけだったり、フケまみれだったり、食べカスで歯が汚れて口臭がきつかったりすることと同じくらい、チンカスは人には不快に思われます。このため、股間は人には見せられないということがデメリットの一つといえるのです。

チンカスが多い人必見!チンカスが出る原因とは

そもそも、なぜチンカスが出てしまうのでしょうか。子供の頃は誰でも身体中、垢まみれということもあり、寧ろそれが元気な証拠でした。身体の垢は埃を吸って雑菌が繁殖し、真っ黒で異臭を放つものでしたが、チンカスはどうでしょう。チンカスが出てしまう原因はどういうものが考えられるのでしょうか。一般的なチンカス発生の原因を4つ、ご紹介します。

原因①炎症

包茎の男性器である場合、皮と亀頭の間にチンカスが溜まり細菌が繁殖すると亀頭包皮炎といわれる病気に罹患することになります。亀頭包皮炎は、亀頭や皮が赤くなったり、腫れたり、爛れたりします。この状態になると、陰茎を触るのをためらいがちになり、チンカスが更に増えたりします。

チンカスが溜まったから亀頭包皮炎になったのか、亀頭包皮炎になったからチンカスが増えたのかは、個人個人で違いますが、いつzれにしても不衛生であったことが根本的な原因と考えられています。亀頭包皮炎に罹患した場合、抗生物質などの服用で対処します。軽い症状の場合は、皮と亀頭の間に抗生物質を塗布します。

原因②性病

女性の膣に発生することが多い性病の一つで、性器カンジタ症という病気があります。女性の場合、女性器の痒みやマンカスが突然増えたことに驚き、婦人科を受診すると多くの割合でカンジタ症であるといわれています。男性がカンジタ症に罹患すると、男性器に痒みを感じ、包茎でもないのにチンカスが増えることがあります。

ビタミン剤と乳酸菌整腸薬の内服と抗真菌薬の塗布または内服で治療しますが、セックスパートナーがいる場合、感染することがあるので注意します。チンカスが増えたなと感じたときは、性病を疑うこともあると覚えておきましょう。

原因③不衛生

チンカスが多い原因の筆頭として、不衛生であることが挙げられます。炎症にしても性病にしても、そこに細菌繁殖の温床が存在しなければなりません。チンカスは尿や精液のカスであったり、ガマン汁やカウパー液と呼ばれる尿道球腺液といわれる粘性液のカスであったり、また女性のバルトリン腺のカスであったりします。

包茎の場合、尿や精液のカスが皮と亀頭の間に溜まりやすくチンカスが発生しやすいといわれます。また、ブリーフのほうが蒸れ易くガマン汁やバルトリン腺のカスが残りやすいため、チンカスが発生しやすいといわれています。いずれの場合も、毎日の入浴で洗浄すれば防げたものを不衛生にしたために発生したということです。

原因④包茎

真性包茎や仮性包茎の男性器の場合、皮と亀頭の間に汚れが溜まりやすく、それがチンカスとなることがあります。包茎の場合、男性器を触ることに抵抗があるというケースが多く見られます。これが不衛生の根本的な原因となり、そのまま放置してしまうとチンカスが大量に溜まっていたという結果になるわけです。

チンカスが臭い人必見!臭い匂いの原因とは

身体の垢にも2種類あります。病院などの菌が少ない場所で身体に発生した垢は、比較的白いものであり乾燥していることが多いです。フケのような、かさかさの古い角質のようなものです。いわゆる一般的に指す垢は、古い角質などを餌にした雑菌が繁殖し、独特の臭いを発生させます。チンカスも垢なので、臭いを発生させます。

原因①清潔に保っていない

臭いの原因は雑菌の繁殖であり、雑菌の種類によって発生する臭いの程度が違います。身体の垢も雑菌繁殖のために臭います。チンカスが発生する最大の原因は不衛生や不潔にしていることですから、男性器を清潔に保っていないことが臭いの原因といえます。

男性器も女性器も、通常下着などで覆われ、湿度も高く通気性も悪い状態です。これは臭いを発生させる雑菌にとっては好都合の環境なのです。チンカスが発生し、しかも相当に臭うということであれば、まず第一に不衛生であり不潔であるということを自覚すべきです。朝晩シャワーを浴びているにもかかわらず臭うというならば、洗浄方法を見直すべきです。

原因②性病に感染している

尿道から膿がでているならば、性病に罹患している可能性が極めて高いといえます。さらに、清潔にしているにもかかわらず、チンカスが以上に増えており臭いがきつくなったと自覚できるならば、一度性病罹患を疑うべきです。

セックスパートナーがいるにもかかわらず性病を放置すれば、互いに性病を行き来させてしまい、完全治癒は不可能です。二人で通院しましょう。パートナーがいない男性の場合は、臭う男性器が恥ずかしいからと通院を躊躇うことが多いようです。性病のほとんどは自然治癒できません。性器に異常を感じたときは、迷わず通院するようにしましょう。

原因③包茎の対策をしていない

欧米では割礼があり、包茎になることがないといわれてきました。近年は自然状態が好ましいという風潮もあり、東洋人のように仮性包茎というケースも見られます。真性包茎の場合、チンカス発生率はかなりの高い確率を示します。そして真性包茎の場合は皮をむくことができず、皮と亀頭の間に発生しているチンカスを清掃することが難しくなります。

このため、真性包茎の場合は対策を考える必要があります。まずは手術ですが、信用できる医療機関で料金や副作用などを含めてじっくり相談することが大切です。また、亀頭を大きくすることで仮性包茎に近づける方法もあります。オナニーの方法を変えるだけで亀頭が大きくなり、皮がむけるようになることもあります。

仮性包茎になれば、皮をめくって綺麗にチンカスを取り除くことは可能です。チンカスを洗い流すことが出来れば臭いは激減するはずです。

チンカスが溜まる人必見!おすすめの対処法とは

チンカスは垢ですから、人によって量も違えば臭いも違います。このため、誰にでも有効な唯一の方法というものは存在しません。いくつかの対処法方を組み合わせて、自分にとって最もチンカスが発生しない対処法を見つけていくしかありません。チンカスは出るものと割りきり、チンカスが溜まることを前提とした対処法方をいくつかご紹介します。

対処法①毎日掃除をして清潔に保つ

なにはともあれ、掃除です。綺麗に保つということです。朝晩のシャワーで陰部を掃除しましょう。ゴシゴシ擦ればよいわけではありません。寧ろ擦ることで傷を作り、炎症を発症してしまうこともあります。石鹸の泡で掃除するというイメージで洗ってください。特に包茎の場合は皮と亀頭の間にチンカスが溜まっているので、皮を伸ばしながら掃除しましょう。

臭いの原因はチンカスだけとは限りません。陰毛などからも臭うことがありますから、睾丸や陰茎の付け根の陰毛なども泡立てて掃除しましょう。汗をかいたな、蒸れたなと感じたらすぐにシャワーを浴び、清潔を保つ意識を持ちましょう。

対処法②包皮を剥いた状態を保つ

包茎よりも割礼済みの男性器の方が、チンカスは溜まりにくく臭いも少ないようです。このことから掃除することと並んで、包皮を剥いた状態に保つこともチンカス発生率やにおいの発生率を下げる方法になります。尿や精液は出るものですから、止めることができません。それでも細菌の温床とならないように、乾燥した状態に近づければ良いのです。

ブリーフよりトランクスが良いとされることとは、包皮を剥いた状態にすることと同じ原理です。皮を剥いた陰茎で、トランクスで通気性を高めることで、チンカスが溜まることを防ぎ、臭いの発生を阻止するというわけです。

対処法③オナニー 後の処理を忘れない

精液の残りカスがチンカスの元であることは明らかです。もともと精液は独特の臭いがするので、それが更に細菌などの繁殖で垢状になれば、さらにきつい臭いになります。このため、射精した後のケアは丁寧にふき取りましょう。精液が出ると脱力感も倦怠感もあるので、掃除が雑になりがちです。それでも、そのときこそしっかり対処しましょう。

皮と亀頭の間にしみこんだ精液までしっかりふき取ることが重要ですし、射精後しばらくしてにじみ出てくる体液なども、しっかり搾り取って掃除します。出来ればウエットティッシュや除菌ティシュなどを使うと効果的です。

対処法④気になったら病院へ行く

あまりにもチンカス量が多いと感じたり、臭いが尋常ではないと感じたのであれば、迷わず病院にいくべきです。医療機関は秘守義務がありますから、恥ずかしさは無用です。セックスパートナーがいるのであれば、もし性病に罹患していたら互いに感染しあって、ずっと性病を罹患したままとなります。

カンジタなどの性病は抗生物質の服用や塗布で簡単に治癒できますが、尿道炎などになってしまった場合は相当の痛みを伴い治癒にも時間がかかります。おかしいと感じたら、ためらうことなく医者に行く勇気を持ちましょう。

臭いチンカスを掃除して女性にモテよう!

臭う性器は間違いなく嫌われます。男性器のチンカスと女性器のマンカスは、見た目がグロテスクです。決して口に入れたくなるものではありません。また、恥垢(チンカスやマンカス)は独特の臭いを発します。多少のにおいでエッチな気分になる程度であれば良いのですが、顔を背けるほどの臭いであれば性欲は失せます。

清潔感というものは、男女共にとても大切なポイントです。臭いチンカスは丁寧な掃除で洗い落とせますし、ケアの仕方次第で臭いも軽減できます。心と共に、日ごろは隠されている部分こそ清潔に保ちたいものです。臭いチンカスを掃除して、女性にモテましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
tm06120712trs
よろしくおねがいいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ