腰振りオナニーとは?やり方や注意点を解説!オナホールは必要?

腰振りオナニーとは、どのような意味があるのでしょうか。腰振りオナニーはやり方を習得することができれば、いつでも気持ちよくなることができます。オナホールを使用した腰振りオナニーのやり方や、注意するべき点について詳しく掘り下げていきましょう。

腰振りオナニーとは?やり方や注意点を解説!オナホールは必要?のイメージ

目次

  1. 1腰振りオナニーってどうなの?
  2. 2腰振りオナニーのやり方
  3. 3腰振りオナニーをする時の注意点
  4. 4他にも!おすすめのオナニーを紹介
  5. 5腰振りオナニーで気持ちよくなろう

腰振りオナニーってどうなの?

腰振りオナニーと呼ばれる行為をご存知でしょうか。腰振りオナニーは男性が行う行為の一つで、魅力的なオナニーと言えます。そのため、今まで腰振りオナニーを行ったことがない人は、ぜひこの機会に挑戦してみてください。下記では、腰振りオナニーのメリットやデメリットについても掘り下げていきます。

そのため、腰振りオナニーをしようか迷っている人は、腰振りオナニーをする際の参考にしてみてください。

疑似セックスを味わえるオナニー

腰振りオナニーは、疑似セックスを味わうことのできるオナニーとして知られています。そのため、恋人がいない期間にセックスを楽しみたいと考えているのであれば、腰振りオナニーを行ってみてもいいかもしれません。また、女性経験が少なくて疑似的にセックスを経験したいと思っている人にもおすすめです。

ただし、腰振りオナニーは良い事だけではありません。もしも、腰振りオナニーを行うのであればメリットだけでなく、デメリットにも目を向けるようにしましょう。

腰振りオナニーのメリット

腰振りオナニーのメリットとして、疑似セックスを体験できることが挙げられます。特にセックスをすぐにでも行いたいと考えている人におすすめです。また、今まで女性軽減をあまりしたことがなかった人は、腰振りオナニーを行うことでセックスの練習を行うことができます。

事前にセックスの練習をしておくことで、本番で恥ずかしい思いをしてしまう事態を避けることができるでしょう。腰振りオナニーと同時に、女性の扱い方も学んでみてもいいかもしれません。そうすることで、いざ女性とセックスすることになったとしても、安心して自分のテクニックを披露することができます。

腰振りオナニーのデメリット

腰振りオナニーのデメリットとしては、面倒な部分が挙げられます。他のオナニーでは道具を使わないため、オナニーを行った後の処理で困ることはありません。しかし、腰振りオナニーの場合は道具を使うため終わった後の処理に手間取ってしまうことが多いです。

特に、実家暮らしの男性は家族に見つかってしまう可能性もありますので、処理に気を付ける必要があるでしょう。

腰振りオナニーのやり方

腰振りオナニーのメリットとデメリットを把握することができたところで、腰振りオナニーのやり方について詳しく掘り下げていきましょう。いざ腰振りオナニーを行いたいと考えていても、そのやり方を知らなければ意味がありません。また、腰振りオナニーはきちんとしたやり方で行うようにしてください。

間違った方法で腰振りオナニーを行ってしまうと、危険を伴ってしまうかもしれません。そのため、下記でご紹介する項目はやり方を学ぶだけでなく、危険が起きないような方法も知るようにしましょう。

やり方①ペニスを握りながら腰を振る

道具を使わずに腰振りオナニーを行いたい人は、ペニスを手で握りながら腰を振ってみてください。初めは腰を動かしにくくて難しいと感じてしまうことでしょう。しかし、練習を重ねることで慣れることができます。また、自分でペニスを握りながら腰振りオナニーを行う場合は、力加減を調節することができるため快感を得やすい特徴があると言えるでしょう。

やり方②エアドールを使用する

疑似的なエッチを体験したいと考えている人には、エアドールを使用した腰振りオナニーがおすすめです。エアドールは女性の体を象った人形なので、より疑似的なエッチを行うことができるでしょう。製品によって気持ち良さが異なるため、自分に合ったエアドールを探してみてください。

そのため、腰振りオナニーを行う際は、女性への愛撫の練習も行ってみてもいいかもしれません。事前にエッチの練習を行うことによって、女性に喜ばれるセックスができるようになります。

やり方③オナホールを使用する

腰振りオナニーを行う時は、オナホールを使うやり方がおすすめです。オナホールなら本体を洗うだけで処理が完了しますので、処理を簡単にしたいと考えている人もオナホールを使った腰振りオナニーを行ってみてください。ただし、オナホールは固定していないとずれてしまうため、手で持ちながら行ってみましょう。

腰振りオナニーをする時の注意点

もしも、これから腰振りオナニーを行いたいと考えているのであれば、やり方を習得するだけでは不十分です。腰振りオナニーをする時の注意点などもしっかりと理解しておく必要があります。そのため、下記では腰振りオナニーをする時の注意点について詳しく掘り下げていきましょう。

特に、実家暮らしの男性は注意する点が多いため必見です。ただし、メリットよりもデメリットの方が少ないオナニーのやり方なので、挑戦したことがない人はこの機会に挑戦してみましょう。

注意点①腰の振りすぎに気をつける

腰振りオナニーを行う人の中には、あまりの気持ちよさに腰を振りすぎてしまう人もいます。しかし、腰を振りすぎてしまうと腰を痛める原因になったり、中には間違ったセックスのテクニックを習得してしまう人もいるでしょう。そのため、腰振りオナニーを行いたいと考えているのであれば、腰を封りすぎないように注意してください。

注意点②誰にも見つからないようにする

今まで感じたことのない気持ちよさを感じられる腰振りオナニーですが、誰かに見つかってしまう可能性が高いオナニーでもあります。そのため、腰振りオナニーを行う時は普段よりも周囲の状況に意識を向けてみてください。以外にも周囲の人は気づくことが多いので、家に誰かがいる場合は無理に腰振りオナニーを行わないようにしましょう。

他にも!おすすめのオナニーを紹介

上記では、腰振りオナニーのやり方や注意点、メリットやデメリットについてご紹介しました。しかし、おすすめなオナニーは腰振りオナニーだけではありません。そのため、下記では腰振りオナニーの他におすすめなオナニーについて掘り下げていきましょう。新鮮味のあるオナニーを試してみたいと考えているのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

ただし、下記でご紹介するオナニーの中には危険を伴ってしまうものもあります。オナニーを行う際は周囲の状況に注目したり、危険が及ばないよう注意しましょう。

野外オナニー

今までのオナニーとは異なった興奮を感じたいと考えている人には、野外オナニーと呼ばれる方法がおすすめです。野外オナニーはその名の通り、外で行うオナニーです。そのため、野外オナニーは人に見つかってしまう可能性も高いといえます。野外オナニーを行うのであれば、周囲の人から気づかれないような配慮を行うようにしましょう。

皮オナニー

皮オナニーと呼ばれる行為をご存じでしょうか。皮オナニーは性器の周りにある皮を使って行うオナニーです。とても気持ちいいよ感じられるオナニーなのですが、皮を使用するため伸びてしまう危険性があります。

また、早漏や包茎になってしまう可能性もあるでしょう。そのため、今後早漏や包茎になりたくないと考えているのであれば、皮オナニーは避けるようにした方がおすすめです。

床オナニー

強い刺激を求めている場合には、床オナニーと呼ばれる方法がおすすめです。床オナニーは男性の性器を強く押し付ける行為なので、かなりの刺激を与えることができるでしょう。また、床オナニーは強い刺激をあたえてしまうことから、普通のオナニーやセックスではいけなくなってしまうこともあるので注意してください。

特に、床オナニーを長期間行う人はその傾向にあります。そのため、床オナニーを行う場合はたまに行う程度に留めておきましょう。そうすることで、床オナニーをより楽しむことができるようになります。

夢精オナニー

夢精オナニーと呼ばれる行為をご存知でしょうか。夢精オナニーとは、寝ている間に射精する状態のことを意味しています。夢精オナニーはオナニーを当分の間お休みすることで、気づいた時に行うことができるでしょう。自分ではコントロールしづらいオナニーの一つなので、夢精オナニーを行いたい場合は射精を制限してみてください。

腰振りオナニーで気持ちよくなろう

腰振りオナニーは疑似的なエッチを体験できるため、セックスの練習として行うことができます。また、普通のオナニーよりも気持ちよくなることができますので、新しいオナニーを経験したいと考えている人にもおすすめです。ただし、腰振りオナニーは道具がいることもありますので、処理の仕方には注意しましょう。

腰振りオナニーは男性にとって気持ちいいと感じられる行為でしょう。もしも、今まで腰振りオナニーを経験したことがないのであれば、この機会に挑戦してみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ