感じてる顔・イク時の顔を可愛くするコツ7選!イキ顔を見たい心理も解説

女性はセックスの時に感じてる顔、イク時の顔を見られたくないと思いがちですが、男性にはそれを見たいという心理があります。女性がそれに対処するには感じてる顔を可愛いと思わせるしかないでしょう。そのためののコツと男性心理の深層をレクチャーします。

感じてる顔・イク時の顔を可愛くするコツ7選!イキ顔を見たい心理も解説のイメージ

目次

  1. 1セックスの時の感じてる顔ってどんな顔?
  2. 2感じてる顔・イク時の顔を可愛くするコツ7選
  3. 3女性がイク時の顔が見たいと思う男性の心理
  4. 4男性が思う女性が感じてると感じる瞬間
  5. 5感じてる顔を見られたくない時の対処法
  6. 6感じてる顔を見せてセックスを刺激的なものに!

セックスの時の感じてる顔ってどんな顔?

人の表情は感情に左右されます。嬉しかったり楽しかったりすればにこやかになり、悲しかったり辛かったりすれば険しい顔つきになるものです。また、同じように人の表情は感覚にも左右されます。見たもの、聴いたもの、嗅いだもの、味わったもの、触ったものそれぞれにおいて、好感を持てば朗らかな表情となり不快であれば厳しい表情となるのです。

それらの感覚とは視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚のいわゆる五感のことですが、その五感のとはある種、別物の感覚としてセックスにおける快楽感、恍惚感があります。俗に言う「感じる」や「イク」などという状態のことです。このセックスの際の表情というのはパーソナルなものでありオープンにされていないため、広く語られる機会はほとんどありません。

しかし実際には、セックスの時の自分の表情、つまりは自分が感じてる顔、イク時の顔について一体どうなっているのか、女性たちは興味津々に考えていることも多いのです。

女性にとっては恥ずかしい「感じてる顔」

多くの女性に共通する思いとされているのが、セックスの時の自分が感じてる顔やイク時の顔を男性に見られることが恥ずかしいという心理のようです。女性は日常的に顔に化粧をして外見に気を使うことが習慣化しています。最近の若い世代ではそれに近い感覚の男性も増えてきてはいますが、まだ一般的には外見を気にすることは女性が上回るでしょう。

そのような女性にとって、自分では確認のしようがないセックスの時の感じてる顔というものは、ある意味で不安を覚えてしまうものなのかもしれません。そして、その不安感が手伝って、セックスで感じてる顔やイク時の顔を男性に見られるのは恥ずかしい、さらには、できれば男性には感じてる顔を見られたくないという心理状態になってしまうようです。

男性は可愛いと思う「感じてる顔」

女性側のそんな心理に対して一方の男性はどう思っているかというと、全く真逆の考えを持っています。それには、そもそも男性の性感メカニズム自体が女性とは違っていることも理解しなければいけません。一般論として女性は全身が性感帯になり得ますが、男性の場合はほぼそれは性器に集約されています。その代わりに男性は五感への刺激で興奮するのです。

見て、聴いて、嗅いで、舐め、触ることで男性の性感覚は大きな刺激を受け、性的興奮を助長し快楽感を増幅させるという身体の仕組みになっています。したがって、女性が感じてる顔というのは男性にとってこの上ない性的興奮をもたらすものです。本能で求めていると言ってもいいかもしれません。また、そこには本能とも違う男性の恋愛心理もあります。

それは、女性が普段とは違う表情、他の誰にも見せない表情である感じてる顔を、自分の前でさらけ出してくれているという愛しさです。その喜びが快感を増幅させていきます。

感じてる顔・イク時の顔を可愛くするコツ7選

セックスの時の女性の表情に対する男性側の心理がわかった以上は、女性側もただ恥ずかしいの一点張りではいられないのが筋というものです。そこでいっそのこと、男性をより喜ばせてあげるために、顔の表情を演出してみましょう。女性としても自ら演出する感覚を持てば、どんな顔をしているかわからないから見られたくないという気持ちも消せるはずです。

男性に対して効果的と考えられている、女性がセックスの時に感じてる顔、イク時の顔のパターンを7つほど選んでみました。これらを上手く組み合わせて感じてる顔として実践すると、男性がセックスの時に女性を可愛いと思うことは必至です。特に難しい仕草などはありませんから、ぜひ取り入れてみて下さい。

どれか1つだけということではなく、できるだけ全て複合的にやってみましょう。そしてそれらを繰り返し行っているうちに無意識に出る表情となれば感じてる顔としてベストです。

コツ①目を閉じながら我慢する

女性の感じてる顔を男性に可愛いと思わせるコツの1つめは、目を閉じることです。ポイントはその閉じ方になります。押し寄せる快感を開放してしまうのを我慢するように、ギュッと目をつぶるのがコツです。もしかしたら演出として意識しなくても、すでにそのような感じてる顔になっている女性も多いかもしれません。

また、目を閉じてしまえば男性の表情を見ることはないので、見られたくないとか恥ずかしいという自分の心理を抑制できる効果もあります。

コツ②下唇を噛んでみる

男性が可愛いと思う女性の感じてる顔の中には、下唇を噛んで快感を我慢している表情もあります。コツとして注意したいのは、下唇のみ噛みしめるということです。唇全体、つまりは上唇も含めて唇を噛むと、その表情は人中と呼ばれる鼻の下から上唇の間の部分が伸びた状態に見えます。いわゆるゴリラ顔に見えてしまうということです。

ゴリラ顔に見えてしまっては感じてる顔とは思いづらいでしょう。また、唇を噛む癖のある人はセックスの時だけに限らず、普段から意識して下唇だけ噛むように習慣を変えることをおすすめします。

コツ③男性を見つめる

目を閉じていた表情から一転、目を開き男性を見つめることも女性が感じてる顔として男性は興奮するようです。目は口ほどにものを言うということわざもあります。セックスの時に目を見開いて男性を見つめるという行為は、自分が快感を得ているということを男性に伝えるのに効果的な表情なのです。この際、恥ずかしさは振り払い、やってみて下さい。

コツ④顔の一部を手で隠す

男性心理のユニークさ、不思議さとも言えるのが、セックスの時に女性が恥ずかしがる表情にも可愛いと思い興奮するという点です。では、その恥ずかしがり方のコツですが、顔の一部のどこかを手で隠すのが良いでしょう。具体的には目か口、どちらかが自然です。目を隠すのは、目を閉じるのと同じ意味合いになります。

口を隠す時は、声が出てしまうのを抑えるためという表情、仕草でやってみて下さい。それもまた男性がとても興奮する、女性の感じてる顔として映るのです。

コツ⑤自信がある方の横顔を見せる

目を閉じること以外の感じてる顔の表現は、まだ恥ずかしさがあってなかなかトライしづらいという人もいるかもしれません。そのような女性におすすめする感じてる顔の見せ方は、横顔を見せることです。横を向いてしまえば目を開けても男性と目が合うことはありませんから、恥ずかしさは改善されるでしょう。

向く方向を自分で自信がある方の向きにしておけばなおさら安心です。また、横を向くことは単に恥ずかしさの解消効果だけではありません。男性から見れば、快感に耐え切れず身もだえする行動の一環とも受け取れるので、女性の感じてる顔としての効果も大きいものがあります。

コツ⑥前髪を整える

女性が自分の感じてる顔を意識するうえでコツというよりも注意しておいてほしいポイントがあります。それは前髪についてです。セックスをしていると、その動きの中で髪は乱れがちです。ある程度の髪の乱れは、それはそれで感じてる顔の1つとなり得るでしょう。ただし、特に正常位などで気をつけたいのが前髪が上がってしまった、おでこ全開状態です。

せっかくの感じてる顔作り効果が薄れてしまう可能性もあります。普段の髪型にもよりますが、おでこ全開状態を避けるため時々は冷静に前髪を整えるようにして下さい。

コツ⑦とろんとした目を意識する

女性の感じてる顔の全体的なコツはとにかく目です。目を閉じている時以外の目の様子で、男性により感じてる顔だと思わせることができるでしょう。どういうコツかというと、とろんとした感じの目です。これにより、快感が押し寄せ恍惚感が高まっていると男性は認識し興奮します。特に意識しなくても実際に感じているのであればそうなっているでしょう。

あえて例えるならば、お酒を飲んで酔っている時の目が近い状態かもしれません。

女性がイク時の顔が見たいと思う男性の心理

女性の感じてる顔に感じてしまう男性ですから、女性がイク時の顔も見逃さずにはいられない重大事項です。言い方を変えれば、男性は女性がイク時の顔を見たいがためにセックスをしていると言っても過言ではないかもしれません。その根本心理は、セックスはオナニーではないからです。当たり前と言えば当たり前のこの意味について以下、説明していきます。

心理①自分が感じさせていると実感できる

男性が自分の快感だけを追求するならオナニーでも充分です。したがって、相手があるセックスにおいては自分の快楽もさることながら、相手である女性にたくさん感じてほしいと思っています。だからこそ、女性の感じてる顔やイク時の顔を見ることによって、心底自分が感じさせているという実感になり、それが充足感へとつながるのです。

心理②普段と違う一面が見たい

女性のセックスの時の仕草や表情は、日常の生活で見せるそれとは違うものです。また、性格に左右されない場合も多々あります。男性から見ると女性のそのような面はとても神秘的です。その神秘さの象徴が女性の感じてる顔でありイク時の顔ということになります。

心理③征服欲を満たしたい

男性特有の本能とも言える無意識の欲望の中の1つに、征服欲というものがあります。そして、それは女性とのセックスにおいても大いに感じ、満たされるものとも言われています。その意味での充足感となるのが、女性の感じてる顔、イク時の顔を見ることに当たるようです。

男性が思う女性が感じてると感じる瞬間

女性の感じてる顔を目にする以外にも、男性側から見て相手の女性が感じているだろうと認識できる仕草や行動は他にもあります。その中から代表的と言われているものを抽出しました。自分が当てはまるものがあるかどうか確認してみて下さい。また逆に言うと、以下に記していく仕草や行動は男性を興奮させるということになります。

したがって、すでにお伝えした感じてる顔を可愛く見せるコツと組み合わせて表現することによって、より効果的な刺激を男性に与えることができるでしょう。

声が漏れてきたとき

いわゆる、あえぎ声ほど男性を聴覚で興奮させるものはないとも考えられています。セックスの時、無意識のうちについつい口から漏れてしまう女性の声は、男性にとってセクシーこの上ないものなのだそうです。女性が変に意識して声を出す必要はありませんが、男性がそういう心理であるということはよく覚えておいて下さい。

呼吸が荒くなるとき

セックスのどの段階かは個人差があるでしょうが、女性に必ずあるだろうことが息づかいが荒くなることです。セックスでの快感の上昇は、身体的にも心拍や血圧の上昇を伴わせます。そのことにより自然と呼吸も荒く激しくなってしまうのは自然の摂理ですが、この時も男性は女性の感じてる顔と同等に興奮を覚えているのです。

なお、この場合の息づかいで注意したいこととして、鼻呼吸ではなく口呼吸をしましょう。鼻息が荒い感じは、人によっては興ざめする可能性があります。

体がビクビクしたとき

セックスの際中、女性の体がビクビクと痙攣してきたりしたら、相手の男性は間違いなく大興奮しています。それは女性が痙攣するような状況は、感じてる顔、あえぎ声、吐息などの末に訪れる快感のビッグウェーブの象徴だと思われているからです。もしかしたら女性としては痙攣も恥ずかしく思う人がいるのかもしれませんが、そんな必要はありません。

男性は喜んでいるはずですから、体がそうなった時は素直にそのまま表現していて下さい。

感じてる顔を見られたくない時の対処法

それでも何らかの理由で、どうしても感じてる顔を見られたくないという場合はあるかもしれません。そんな時に使える、感じてる顔を上手に隠す対処法を最後にレクチャーしておきます。いざという時は思い出して使ってみて下さい。

対処法①部屋の明かりを消す

感じてる顔を根本的に見えなくする対処法としては、部屋の灯りを消してしまえば見えません。ただし、男性が真っ暗には反対するかもしれません。その場合は夜間灯ぐらいは妥協してあげましょう。

対処法②布団や枕で顔を隠す

照明を消す対処法がダメだった場合は、ベッドにある物を使って感じてる顔を隠す作戦があります。具体的にはタオルケットや毛布、掛布団に顔をもぐらせてみるといいでしょう。それらが手の届く範囲になかったら最終手段としては枕です。ただし、顔を全てすっぽりと隠してしまうのは、いささか不自然で興ざめされてしまう可能性もあります。

不自然にならない範囲の隠し方を心掛けて下さい。

対処法③顔が見えない体位でする

上述の2つが実行できない場合の最終対処手段としては、男性からは角度的に顔の表情が見えなくなる体位でセックスする他ありません。後背位、後背騎乗位、後背測位などいわゆるバック系の体位なら、女性の感じてる顔は男性からは見えないはずです。

感じてる顔を見せてセックスを刺激的なものに!

男性側がどれだけ女性の感じてる顔を見たいと思っているかを明らかにしました。セックスは2人が興奮し合ってこそ、より大きい快感をもたらします。今まで感じてる顔を見せるのが恥ずかしいと思っていた人も、ぜひこれを機に積極的に感じてる顔を見せてあげましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kohadayone

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ