我が強い人の特徴13選!長所・短所や我が強くなる原因/対処法/改善策は

身近に我が強い人いるという人は多いでしょう。長所もあれば短所もある我が強い人ですが、どのような原因でそのような性格になるのでしょうか。また我が強い人の特徴や対処法、改善策にはどのようなものがあるのでしょう。我が強い人の意味から上手な付き合い方まで紹介します。

我が強い人の特徴13選!長所・短所や我が強くなる原因/対処法/改善策はのイメージ

目次

  1. 1我が強い人ってどんな人?
  2. 2我の強い人の特徴13選
  3. 3我が強い人の長所
  4. 4我が強い人の短所
  5. 5我が強い人になってしまう原因は?
  6. 6我が強い人への対処法
  7. 7我が強い人だと思われないための改善策
  8. 8我が強い人は悪い面ばかりじゃない!

我が強い人ってどんな人?

我が強いという言葉を聞いたことがあっても、その意味をしっかり理解できていない人もいることでしょう。また我が強いという言葉を、違う意味で捉えている人もいます。我が強いという言葉の正しい意味とは、いったいどのようなものなのでしょう。

「我が強い」の意味

我が強いという言葉の意味は、自分の思いを通そうとする気持ちが強く、周りのことを考えないという意味です。「意地っ張り」で一度言い出したら主張を曲げず、「強情っぱり」な性格でもあります。また自分の主張を通したいという思いは評価されたいという意味でもあるため、「目立ちたがり屋」でもあることでしょう。

そして人のことを考えずに意見を通そうとするところは、「自己中心的」で「気が強い」性格でもあります。このように「我が強い」という言葉の意味は、「意地っ張り」や「自己中心的」など、様々な意味を含んでいるのです。

「芯が強い」とはどう違う?

「我が強い」という言葉に似た言葉で、「芯が強い」という言葉があります。この2つの意味は似ていますが、まったく違う意味を持つ言葉です。「芯が強い」という言葉の意味は、少しのことでは音をあげないというものです。

様々な逆境があっても乗り越えられる人という意味でもあり、「芯が強い」という言葉はポジティブな意味で使用されます。

我が強い人も、物事に動じないバイタリティーがある人ではありますが、基本的にはマイナスの意味で使われる言葉です。芯が強い人は良い意味で使われるため、使い方や言葉の持つイメージが大きく異なります。また芯が強いという言葉には、「自己中心的」という意味は含まれていません。イメージの大き違いはこの点にあるのかもしれません。

我が強い人は損をする!

芯が強いという言葉は良い意味で使われ、我が強いという言葉は悪い意味で使われるとご紹介しました。そのため我が強い人はそのままの性格でいると損をすることになります。我が強い人だと言われているということは、イコール周りから悪いイメージを持たれているということです。

そのため人間関係に問題が出てくる可能性がありますし、自分自身がその性格によってデメリットを被ってしまうこともあるでしょう。我が強い人ではなく、芯が強い人になりましょう。我が強いことと芯が強いことの違いは「自己中心的であるかどうか」のにありますので、今一度自分の性格を見直すといいかもしれません。

我の強い人の特徴13選

我が強い人といっても、どのような人がそう呼ばれるのかわからないという人もいるでしょう。また、自分自身が我が強い人間なのか判断できないという人もいるはずです。我が強い人の特徴を知って疑問を解決しましょう。次は我が強い人の特徴についてご紹介します。

特徴①自分の考えを周りに押し付ける

我が強い人には、自分の考えを周りに押し付けるという特徴があります。我が強い人は自分の意見に対して、強い自信を持っています。それ自体は悪いことではありませんが、大きな自信によって、ワンマンになってしまうこともしばしばです。相手の主張を無視し、自分の意見を押し付け、従わせようとします。

我が強い人の意見が正しく、もっと良いやり方であればそれでもかまわないでしょう。しかし我が強い人は間違っていることであっても、それを人に押し付けることがあります。会議の途中や友人同士で会話をしている際、間違った意見を相手に認めさせようとする人がいれば、我が強い人なのかもしれません。

特徴②言い訳が多い

何を言っても言い訳をする人に、出会ったことがあるのではないでしょうか。我が強い人には言い訳が多いという特徴もあります。確実に自分が間違っているにも関わらず、あれこれと言い訳をして、一向に謝ろうとしないのです。どんなに説明をしても間違いを認めないため、正しいことを言った側が痺れを切らしてしまいます。

我が強い人はプライドが高いことが多いです。人の意見に耳を貸さず、見下されることを嫌う性格ですので、間違いを指摘されても認めることができません。「自分は悪くない」という主張ばかりを繰り返す特徴があるため、いつも言い訳している人を見たら、我が強い人なのかもしれません。

特徴③自分のことばかり話す

自分のことばかりを話すというのも、我が強い人の特徴です。我が強い人は自分のことが大好きですので、とにかく自分のことばかり話します。他の人がまったく別の話をしていると、つまらなそうな顔をしたり、自分の話で割り込んだりするのです。わがままで自己中心的な性格ということもできるでしょう。

我が強い人が自分のことばかり話す特徴を持つ原因は、自分に自信があるからです。その自信は長所でもありますが、自己中心的な言動と併せた場合、短所と言わざるを得ないでしょう。自分のことばかりを話したがる特徴のせいで、上司や先輩から嫌われてしまう人も多いため、注意が必要です。

特徴④早口の人が多い

我が強い人の特徴としては、早口というものもあります。我が強い人は会話をするとき、全部聞き取るのが難しいほどに早口で会話をするという特徴があるのです。しかし我が強い人も、常に早口というわけではありません。普通の人に比べれば早口なほうではありますが、驚くほどの早さではないでしょう。

我が強い人が早口になるのは、感情的になったときです。怒っているときや、テンションが上がったときなど、自分の感情を抑えきれず、思わず早口になってしまいます。我が強いために、感情的になると自分の喋りたいという欲求を抑えることができず、思わず早口になってしまうのです。

特徴⑤誰かに悩みを相談しない

誰かに自分の悩みを相談しないというのも、我が強い人の特徴です。我が強い人は人から見下されるのを嫌います。プライドが高いことが原因です。自分の悩みを人に話すということは、弱っていることを自ら認め、誰かを頼るという行為でもあります。そのため人に悩みを相談することができないのです。

人に悩みを相談しないというのは、ある意味、長所ともいえます。愚痴を言わないということでもあるため、周りにいる人としては、ストレスを受けなくて済むものです。しかしそのようにしてストレス解消をしないと、本人としては不満を溜め込むことになります。そのため、そういう意味では短所となる特徴なのです。

特徴⑥どんなときでも感情をむき出しにする

我が強い人の特徴としては、どんなときでも感情をむき出しにするというものもあります。感情をむき出しにすることは誰にでもあることですが、それはどうしても我慢できないことがあったときのみでしょう。しかし我が強い人はそれほど大きな出来事がなくても、感情的になってしまいます。

我が強い人がすぐ感情的になる特徴を持っているのは、沸点が低いことが原因です。強いプライドや人に見下されたくないという思いがあるため、我が強い人は誰かから言われたことに敏感に反応します。その結果、怒りをむき出しにして怒るため、話す内容には注意が必要です。

特徴⑦常に自分が中心であることを望んでいる

常に自分が中心でありたいと思っているというのも、我が強い人の特徴です。大人数で会話していれば、自分に話が向くこともありますが、基本的には順番で誰かが話の中心となって、盛り上がります。しかし我が強い人はそれが我慢できません。自分にその場の中心でないと、不満を感じてしまうのです。

このような特徴があるのは、ある意味、我が強い人はかまってちゃんだからです。自分にみんなの目が向いていることで、存在意義を感じ、承認欲求を満たすことができるため、それを強く求めます。かなり面倒な特徴の1つとなるため、周りにいる人は注意しておきましょう。

特徴⑧負けず嫌いである

我が強い人は負けず嫌いという特徴を持っていることも多いです。負けず嫌いな性格は、長所にも短所にもなる性格ですが、我が強い人の場合、短所の部分が強く発揮されることが多いようです。誰かに負けたくないと言う気持ちが強く出過ぎてしまい、横暴になってしまったり、嫉妬したりするのです。

負けず嫌いな性格が長所になるのは、それがバイタリティーとなり、物事を頑張ることができるからです。しかし我が強い人は、負けず嫌いな性格から嫉妬という感情を生み出し、相手を陥れることを考えます。そのため、長所として捉えられることは少なく、ただの嫌な人間になってしまうのです。

特徴⑨好みがはっきりしている

我が強い人の特徴としては、好みがはっきりしているというものもあります。我が強い人は好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり物事を切り分けて考え、中途半端なことはしません。自分のことが大好きですので、自分のことをよく理解しており、何が嫌いなのかをしっかり把握しているからです。

優柔不断な人は自分の好みをあまり理解できていないからこそ、なかなか決められません。我が強い人はそれとは真逆ですので、物事を即座に決断できるという長所を持っています。ただし好みがはっきりしている分、それが態度に出てしまい、相手に不快な思いをさせてしまうという短所もあるため、注意が必要です。

特徴⑩他人の意見に左右されることがない

他人の意見に左右されることがないというのも、我が強い人の特徴です。我が強い人は自分を強く持っているため、他の人が強く何かを主張したとしても、それに流されることはありません。強い自信が大きな長所となり、他の人の意見を否定する勇気を持っているからです。

他人の意見に左右されたことが原因で、失敗をした経験がある人も多いでしょう。それを考えれば、我が強い人の他人の意見に流されない特徴は、大きな長所です。リーダーとしての才能もあるため、実際に何か大きな仕事を任されることも多いでしょう。しかしワンマンになってしまう可能性も低くないため、注意しなければ短所になることもあります。

特徴⑪仕切りたがる

我が強い人の特徴としては、仕切りたがるというものもあります。何かみんなで話をしているとき、リーダーでもないにも関わらず、意見を主張し、みんなを従わせようとする人に出会ったことはないでしょうか。

進行する人が別にいるにも関わらず、自分が中心となって話を回し始めるのです。そのような人がいたら、間違いなく我が強い人だと思って良いでしょう。

我が強い人は強い自信と、人に指図されたくないという心理を持っているため、みんなの中心でいたがります。それが和を乱す行為であることにすら気付かず、自分の実力を見せ付けるために、仕切りたがるのです。うまく仕切ることができれば良いですが、そうではないことも多いため、大きな短所となります。

特徴⑫自分が一番だと思っている

我が強い人の特徴として、自分が一番だと思っているという点も挙げられます。我が強い人は自分に自信があり、その自信はとてつもなく大きなものです。どれだけ周りに能力がある人がいて、結果で負けていたとしても、我が強い人は自分が一番だと思っています。

能力や結果で負けているということは、事実だけを見れば一目瞭然です。しかし我が強い人はその現実を見ようとしません。「自分が本気を出せば」「今回はたまたまで」と言い訳をしながら、自分が一番だと信じ続けるのです。自信を持てるという意味では長所ですが、現実を見ることができないという大きな短所ともなります。

特徴⑬謝らない

我が強い人は謝らないという特徴を持っています。プライドが高く、人の意見をまったく聞かない我が強い人は、どれだけ自分に非があっても、絶対に謝らないものです。謝ってしまったら終わりというような考えを持っているため、自分が悪いことを理解していても謝ることができないという短所があるのです。

我が強い人の長所

我が強い人の特徴を理解すると、我が強い人には長所がないのではと思ってしまうでしょう。確かに短所が悪目立ちするため、かなり印象が悪くなってしまいます。しかし我が強い人にも長所は存在するのです。いったいどのような長所があるのでしょう。

長所①芯が強くぶれない

我が強い人は、芯が強くてぶれないという長所があります。人の意見にいちいち左右され、自分が思ったことを実行できないという人も多いでしょう。そのような短所があると、自分がやりたいことを何もできなくなってしまいます。我が強い人の場合、誰かに意見に左右されることはないため、自分がやるべきことをしっかり実行できるものです。

この点は自分自身のためになる長所にと言えるでしょう。このような強い思いでリーダーシップをとると周りの意見を変えることもあり、周囲の意見を統一してしまうこともあります。だからこそ大きな成果を成し遂げることができます。そのため、我が強い人は仕事ができる人という大きな長所があるということになるのです。

長所②人に騙されにくい

人に騙されにくいというのも、我が強い人の大きな長所です。人の意見を聞き入れないという点は短所のようにも思えますが、そのことから誰かに騙されることを防ぐことができます。自分のことを一番信じているため、うまい話を持ってこられても、それを簡単に信用することがないのです。

また同時に、誰かが騙されそうになっている時も、我が強い人は正しい判断をすることができます。周囲に騙されそうな友達がいれば、おかしい点を冷静に分析できることでしょう。それは周りに1人はいて欲しい、頼りになる人だと言えます。騙されにくいというのは、人間としての大きな長所となるのです。

長所③子供をしっかり守ることができる

我が強い人は子供をしっかり守ることができるという長所もあります。我が強い人は相手がどれだけ強くても、立ち向かうことのできる勇気を持っています。時にはそれが短所となることもありますが、子供を守るという意味では長所となるでしょう。頼りになるパパになることができます。

我が強い人は勇気があるというよりは、無鉄砲だという意見もあるようですが、思い切って物事に飛び込むことで上手くいく場合もあります。怯えて小さくなっているだけでは、大切な人を守ることはできません。そんな親のかっこいい姿を見て、子供は父親を尊敬することでしょう。

我が強い人の短所

我が強い人には長所もありますが、その逆である短所もたくさんあります。こちらが目立ちすぎると短所しか目に付かないという人もいるかもしれません。そのため我が強い人は注意しておかなければいけないことでしょう。我が強い人は自分の弱点を知る意味でも、どのような短所があるのか理解しておきましょう。

短所①自己中心的

我が強い人には自己中心的という短所があります。周りの意見を聞かないことや、仕切ろうとするという特徴が、この自己中心性の原因です。周りが迷惑していることにまったく気付かず、迷惑行為を繰り返していることも多いため、かなり嫌な短所といえるでしょう。

我が強い人は自己中心的な短所が原因で、周囲とトラブルを起こすことも多いです。上司や先輩と揉めてしまったり、仕事で大失敗してしまったりと、周りに迷惑をかけてしまうことがたくさんあります。しかしそれでも、自己中心性が原因で謝罪もしないため、嫌な人間という他ありません。

自己中心的な性格が原因となるトラブルは他にもたくさんあります。プライベートでもそれが大きな足かせとなるため、意識して改善策を講じていきましょう。

短所②視野が狭く口調がきつい

我が強い人は、視野が狭く、口調がきついという短所もあります。視野が狭くなってしまう原因は、自分に自信があり過ぎるからです。1つ物事の正解を見つけたら、我が強い人はそれが絶対に正しいと思い、考えることをやめてしまいます。逆に自信が無い人は、正解かどうか不安なため、さらに正解を考え続けるでしょう。

これが我が強い人の弱点です。自信があり過ぎることが原因で思考を止めてしまうため、物事を広く見ることができず、盲目的になってしまいます。自分が出した答えが本当に正解であれば良いのですが、そうではない場合、自信がない人に仕事で差をつけられてしまいます。

また、自信があることが原因で、口調がきつくなることも多いです。上から目線の悪い口調となってしまうため、何かしらの対処法を必要となります。

短所③感情的になってしまう

感情的になってしまうというのも、我が強い人の短所です。これも自信があり過ぎることや、プライドの高さが原因となる短所となります。このような性格だと、人から指図されたり、否定されたりすると、大きな怒りを感じてしまうものです。普通の人はそこまで感じないことでも、我が強い人は大きな怒りを感じてしまいます。

このようなことになる原因は、我が強い人が自分は絶対に正しいと思っているからです。自信がありすぎると、自分を否定する相手を悪と考えてしまいます。全ての原因は自分の心理であり、相手は正しいことを言っていたとしても、怒りを感じずにはいられなくなるのです。

その結果、小さなことが原因で我が強い人は感情的になってしまいます。周りからは気難しい人と思われることも多いため、改善策を講じていきましょう。

我が強い人になってしまう原因は?

最初から我が強いという人は、この世にいません。様々なことが原因となり、我が強いという状態が出来上がっていくものだからです。我が強い性格への対処法を考える上で、原因を知ることもとても大切です。いったい原因があったのか、探っていきましょう。

否定されることに不安や恐れを抱いている

我が強い人になってしまうのは、否定されることへの不安が原因となっていることも多いです。自分に自信がある我が強い人ということを考えれば、不安や恐れという感情があるとは思えませんが、我が強い人は深層心理でそのような感情を持っていることがあります。

我が強い人は強い自信を持っていますが、心のどこかでそれが成果を伴わない自信であることに気付いてもいます。しかしそれを自分で認めることができません。それが原因で、否定されることに拒否反応を覚えてしまい、強く反論してしまうのです。

否定されることへの不安や恐れを消すことができれば、我が強い人も性格を改善できるものです。様々な対処法や改善策があるため、実践してみましょう。

人のことは考えていない

我が強い人になるのは、人のことを考えていないことが原因でもあります。我が強い人は不安や強いプライドがあるため、自分自身のことで精一杯です。そのようにして、自分自身への心理のことばかり考えていれば、他の人に目はいかなくなります。本人としても悪気がないというところが一番の問題であると言えるでしょう。

様々な対処法を実践しても我が強い性格が直らない人は、自分以外のことを考えられていないのかもしれません。人のことを考えないのは、自信があることが原因ではなく、むしろ自信がないことが原因なのだと理解しましょう。そうすることで、適切な改善策をとれるようになります。

人との距離感をうまく掴めない

我が強い人になるのは、人との距離感をうまく掴めないことが原因でもあります。相手との距離感をうまく掴めないと、その場で発するべき言葉を間違えてしまうものです。まだ心の距離が近付いていない人に、親しい人間であるような言葉を投げかけてしまう、というように大きな間違いの元となります。

親しい人間であれば、失礼な言葉を言っても冗談で済ませられますが、親しくない相手は真面目に受け取ってしまうでしょう。冗談を言ったつもりでも、勘違いによって我が強い人の言葉はきつく見えてしまうこともあるのです。言葉に対する改善策を講じることも大切ですが、距離感への対処法を考えることも大事ですので、しっかり覚えておきましょう。

我が強い人への対処法

我が強い人に対しては、どのような対処法をとれば平和な付き合いができるようになるのでしょう。気が強い人に迷惑をかけられている人は、この対処法を実践することでストレスから解放されます。様々な対処法が存在するため、参考にしてください。

なるべく距離を置く

我が強い人への対処法としては、なるべく距離を置くという対処法が有効です。我が強い人の態度はかなり攻撃的ですので、それをいちいちかわす対処法を身につけるのも面倒です。それを考えれば、最初から我が強い人とは付き合わないほうが、楽な気持ちで過ごすことができます。

我が強い人と関わらなければならない状況の人は、この対処法を使うことはできませんが、離れることができる人はぜひ実践してください。できるだけ会わないようにし、連絡を取るのも避けましょう。場合によっては、一生会わないという覚悟で距離をとったほうが良いです。

言動を理解してみる

我が強い人への対処法としては、その言動を理解してみるという対処法もあります。我が強い人は、かなり自己中心的な言葉を毎日のように言うものです。それに振り回される人は大きなストレスを感じてしまいますが、そこに少しの理解があれば、振り回されてもストレスを感じなくなります。原因がわかれば、許すことができることもあるのです。

我が強い人を理解するために一番重要なのは、根底に不安があるということを理解することです。いつも自信満々な我が強い人が、実は怯えているということがわかれば、かわいそうにも思えてくるでしょう。

そのようにして自分の気持ちがかわいそうという方向に変化すれば、この対処法は成功です。自己中心的な発言にも、ストレスを感じることが減るのでないでしょうか。

相手の良いところを見つける

我が強い人への対処法としては、良いところを見つけるようにするという対処法もあります。我が強い人は、悪いところばかりが目立ってしまいますが、良いところもあります。いつも悪い部分に触れているため、良いところを見逃しているかもしれませんが、そこを実感することで自分自身が助けられている部分も見えてくるはずです。

我が強い人の一番良いところは、リーダーシップがあるところです。仕事で困っているとき、我が強い人に対処法を教えてもらった人も多いのではないでしょうか。こうして我が強い人の良いところや、助けてもらった恩などを思い出せば、嫌なところも我慢できるようになります。

我が強い人を変える対処法を実践するのは難しいため、まずは自分が変わりましょう。そうすることで、ストレスを感じなくなることでしょう。

我が強い人だと思われないための改善策

自分自身が我が強い場合、その改善策を知っておきたいものです。また我が強い人と思われないためにも、この改善策は有効となります。我が強い状態のままだと様々な人から嫌われ、最終的には孤立してしまうかもしれません。それを考えれば自分自身のためにも、我が強い性格への改善策を実践することが大切です。

様々な改善策がありますが、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。そしてこの改善策は、継続して実践しないと効果が出ません。性格を変えるのですから、そう簡単に効果は出ないのです。我が強い性格の改善策を実行し続ける覚悟を持ち、どのような方法があるのか知っていきましょう。

まずは人の話を聞く

我が強い人自信の改善策としては、人の話を聞くということが大切です。我が強い人は、他人からの意見をしっかりと聞くことができません。相手が意見を言い終わる前に、自分の主張をするようなこともあります。しかしそれでは相手を理解できませんし、反感を買ってしまうでしょう。そのため人の話を聞くという改善策を大切なのです。

我が強い人はこの改善策を実行しようと思っても、我慢できずに反論してしまいます。そのような時は、自分が同じことをされた時を想像しましょう。意見を言っているときに割り込まれれば、嫌な気持ちになってしまうものです。このような考えを持つことにより、人の話を聞くという改善策を実践できるようになることでしょう。

自分の考えを押し付けない

我が強い人の改善策としては、自分の考えを押し付けないというものもあります。我が強い人は相手の意見を聞かない上に、自分の考えを押し付けてしまいます。それはまさに我が強い人の典型的な行動ですので、自分の考えを相手に押し付けないようにしましょう。そうすることにより、我が強い性格を変えることができます。

この改善策では、自分の考えが全てではないことを把握するということが重要になってきます。過去、自分の意見が間違っていて相手の意見が正しかったこともあったのではないでしょうか。それを考えれば、自分の意見が正しいとは限らないと分かるはずです。

もしも間違った意見を通してしまえば、恥ずかしい思いをすることになるでしょう。プライドの高い我が強い人にとって、それは耐え難いことであるはずです。そのため、恥ずかしい思いをしたくないという思いを強く持つことで、良い改善策を行うことができます。

自分が「我の強い人」であることを認める

我が強い人の改善策としては、自分が「我の強い人」であることを認めるという方法があります。我が強い人は、それだけ周りに迷惑をかけているにも関わらず、自分が自己中心的な人間であると思っていないものです。だからこそ周りの迷惑も考えず、我の強い自分を表面化させることができます。

自分自身で我が強いことを認識していない人が、簡単にそれに気付くための方法があります。それは過去に「我が強いよね」と言われたことがないかどうかを思い出してみることです。そのときは相手の言葉を否定し、自分自身でも認めていなかったかもしれません。しかし一度でも言われたのであれば、それが事実だと思いましょう。

自分自身で我が強いことに気付くのは困難です。そのため周りから言われた言葉を思い出し、まずは自分が我が強いことを認識していきましょう。

我が強い人は悪い面ばかりじゃない!

我が強い人は短所ばかりが目に付きますが、長所もたくさん存在します。その長所を活かしていけば、仕事で成果を出せたり、誰かの助けになったりもするでしょう。自己中心的になっていないかという点を中心に自分を振り返ってみましょう。またその性格をどう活かしていくべきなのかしっかり考えるといいのかもしれません。

関連する記事はこちら

Thumbやきもちをやく人の心理7選!彼氏・彼女の嫉妬への対処法とは
付き合っている彼氏や彼女から、「自分よりあの人のほうが好きなんじゃない?」などと突然言われれ...
Thumbデリカシーがない人の特徴7選!性格の改善方法や上手な付き合い方は
デリカシーがない人はどのような性格の傾向があり、どういった特徴を持ち合わせているのでしょう。...
Thumb独りよがりの意味とは!独りよがりな人の特徴や治し方【仕事/恋愛】
独りよがりとはどういう意味か、類語や対義語に何があるかはご存知でしょうか。この記事では独りよ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
wasezaimu
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ