仲直りセックスしたい男性心理とは?仲直りエッチの効果・デメリットも紹介

仲直りセックスについて検証していきます。喧嘩後の仲直りセックスあり派、なし派の言い分や、エッチで仲直りしたがる男性の心理を解説します。また仲直りセックスのメリット、デメリットや効果が期待できる方法も詳しく紹介するので、気になる人は早速チェックしましょう。

仲直りセックスしたい男性心理とは?仲直りエッチの効果・デメリットも紹介のイメージ

目次

  1. 1仲直りセックス!あなたはあり?なし?
  2. 2仲直りセックスをしたがる男性心理
  3. 3仲直りセックスのメリット
  4. 4仲直りセックスのデメリット
  5. 5効果が期待できる仲直りセックスとは
  6. 6仲直りセックスのメリットを活かして絆を深めよう

仲直りセックス!あなたはあり?なし?

男女が付き合っていれば、喧嘩をすることは決して珍しいことではありません。そして付き合い続けようと思えば、どこかで仲直りをする必要もあるでしょう。その手段の一つに仲直りセックスがあります。仲直りセックスをしたことがあるという人もいれば、仲直りセックスなんて一切ごめん、と断固拒否する人もいるかもしれません。

どちらが正しいという正解はありませんが、あり派もいれば、なし派もいます。この記事では仲直りセックスについて徹底検証していきます。そして仲直りセックスをしたがる男性の心理や仲直りセックスのメリット、デメリット、さらに効果が期待できる仲直りセックスの方法についても解説していきます。

仲直りセックスに興味のある人は参考にして活かしていきましょう。

仲直りセックスあり派の声

まず仲直りセックスあり派の声を紹介していきましょう。喧嘩をしても素直に謝れなかったり、自分の思いをどのように伝えれば良い分からない場合に、エッチができれば、言葉を越えた部分で深くコミュニケーションができるので互いに許そうと思えることがあるようです。

また肌と肌を合わせることで、相手の自分への愛情を確かめることができるので大きな安心感が持てるという声もあります。

仲直りセックスなし派の声

次に、仲直りセックスなし派の声を紹介しましょう。特に仲直りセックスを求めてくるのは男性が多く、女性からすればセックスで何とかけむに巻いて誤魔化そうとしている印象があり、ずるいと感じることが多いようです。

しっかり話し合って、喧嘩の原因を共有し、二度と同じことが起こらないようにしたい女性に対して、仲直りセックスで短絡的に事を済まそうとする男性の考えが許しがたいと考えるのです。

セックスをして性欲もストレスも発散しやすい男性に対して、体と心を切り離しにくい女性にとっては、仲直りセックスを強要されても本当の意味で気持のよいセックスには至らないという本音が強く心の底にあると言えるでしょう。

仲直りセックスをしたがる男性心理

仲直りセックスをしたがるのは圧倒的に男性が多いようですが、そこにある心理がどのようなものなのか詳しく解説していきましょう。そもそも男性と女性は体の構造や機能、そして物事の捉え方も大きく異なるので、女性からすると男性の行動が理解しがたいことは珍しくありません。

仲直りセックスもその一つと言えるのですが、どのような点が男性特有の心理なのかしっかり掘り下げていきましょう。

男性心理①喧嘩をするとムラムラする

男性は、喧嘩をすると脳内でアドレナリンが多く分泌し、興奮状態が強くなります。そのエキサイトした状態が、性欲につながることもあり、その勢いのまま仲直りセックスに挑もうとしてしまうことがあるのです。女性からするとこの心理は理解に苦しむものと言えるでしょう。

女性は怒ると、むしろ口を閉じて指一本触れたくないと感じたり、泣いてそのまま部屋から出て行ってしまうこともあるかもしれません。そのような女性と男性は心のベクトルが真逆で、男性の仲直りセックスを望む心理を到底受け入れられないと感じることが多いと言えるのです。

男性心理②早く仲直りをしたい

男性には、喧嘩をした状態をいつまでも引きずっているのが苦手なタイプが多いと言えます。つまり冷戦状態で相手の顔色ばかりうかがっていることにとても大きなストレス覚えるのです。その状態を力ずくでも打ち砕きたいと思うのが仲直りセックスをしたがる男性の心理なのです。

つまり、強引に押し倒して、キスをして、服を脱がして…と半ばレイプのようにしてでも鬱積した感情を消し去りたいと考える面があるのが男性であると言えるでしょう。

男性心理③嫌われたかもという不安を解消したい

男性からすると、相手の女性のことが好きであればあるほど自分が嫌われていないかどうかが気になるものです。しかもカップル同士の喧嘩の大半は他愛もないことが原因で、冷静になってみるとどうでも良いことがほとんどだったりします。そのような取るに足らないことが理由で嫌われたとしたら余計に悔いが残るものなのです。

その嫌われたかもしれないという不安を少しでも早く払拭したいという心理が働いて、仲直りセックスに走ってしまうことがあります。男性はエッチをして彼女と深くつながることが許されれば、それが嫌われていない証拠だと判断すると言えるでしょう。

男性心理④素直に謝ることができない

男性は女性と比べると精神的に幼い人が多いです。そのため頭の中では自分が悪いと分かっていてもその気持ちを素直に表に出すのが苦手な人が大変多いと言えます。どう考えても喧嘩の原因は自分の勝手やわがままであると明らかであっても、「ごめん」の一言が言えないのです。

その気持ちを仲直りセックスで無理やりにでも表して分かってもらいたいと一方的に望むのが男性らしい心理と言えるでしょう。それを少年ぽくて可愛いと思えるか、男らしくないと責めてしまうかは、女性によって判断が分かれるところでもあります。

男性心理⑤エッチで問題が解決すると思っている

男性は、エッチさえすれば喧嘩をしていてもすべて解決すると思い込んでいる場合もあります。ほとんどの場合、男性は女性の口には勝てません。言いたいことの半分も言えないままに女性に言いまかされてしまうというこもとも珍しくないのです。

すると男性からすれば、女性より勝る「力」で勝負するより他なくなるという心理が働くようになるわけです。もちろん暴力で片づけるのは犯罪ですから、思い余ってエッチで仲直りまで持って行こうと一種の賭けにできるような気持ちで行動する面があると言っても良いかもしれません。

仲直りセックスのメリット

ここからは、仲直りセックスのメリットとデメリットについて解説していきます。まず最初は仲直りセックスのメリットからです。仲直りセックスはなし、と考えている人も目を通すと一概にそうとも言えないと感じるかもしれません。早速、具体的に見ていきましょう。

メリット①普段より愛情を感じる

仲直りセックスに時は、いつものセックスのときよりも多くの心理が働いていると考えられます。「自分が悪かった」「怒らせてごめん」「機嫌を直して欲しい」「いいところを見せたい」など、いつもより多くの特別な思いが働く分、それが強い愛情と化し、セックスを通じて強く伝わっていくのです。

キスが優しいとか、前戯が丁寧とか、終わった後のフォローも細やかなど、普段には感じない愛情が実感できて幸福感が増すというメリットがあると言えるでしょう。

メリット②刺激的なセックスができる

先述のように、喧嘩の後の仲直りセックスの時の男性の心理には普段以上に複雑なものが折り重なっていると考えられます。そして何とか現状を打破して修復したいという一心から、激しいプレイにつながっていくことがあります。

エッチをする時は、どうしても男性の方が主導権を握りやすいと言るでしょう。そのため積極的なプレイを連発して、いつも以上に刺激ある世界に女性をいざなおうとあの手この手で挑んでいいくわけです。その結果、大きく気分が動いて終わったころには仲直りができているということも少なくありません。

メリット③彼氏の本音を確かめられる

喧嘩をした後の言い訳や弁解はいくらでも取り繕うことができます。しかし、所詮それらは言葉という形でしかありません。それよりも仲直りセックスをすれば、言っていることが本音かどうかが手に取るように分かることがあります。

すぐに挿入したがるのではなく、キスに始まり、愛撫などのプレイの丁寧さ、相手を思い遣る行為があるかどうかが、エッチには物の見事に現れると言って良いでしょう。そこに隠しようのない彼氏の本音を見て取れるのです。

仲直りセックスのデメリット

続いては、仲直りセックスのデメリットについて解説していきましょう。これで喧嘩が収まると思って挑んだものの、物の見事に裏目に出てしまうという残念なケースもあります。そのパターンについて詳しく掘り下げていきましょう。

デメリット①問題が未解決のままになる

喧嘩をしている最中にセックスをするというのは、流れとしてはチグハグな行為と言って良いでしょう。あるいは男性側に一方的な身勝手と言っても良いかもしれません。それを強引に押し進めながら、ことが終わったとしても結局問題は未解決のままです。

特に怒りを感じている女性からすれば、悶々とした思いが心の奥底に残るだけで決して納得はできていないと言えるでしょう。

デメリット②同じ理由で喧嘩を繰り返してしまう

たとえ仲直りセックスが上手く行ってその場は収まったように思えても、根本的な問題が解決していないので、また同じ理由で喧嘩を繰り返してしまう可能性は十分にあります。いわゆる「懲りていない」状態が男性の中にある以上、同じ失敗を繰り返すのです。

人にはそれぞれ違った怒りのポイントや沸点があり、まったく他の女性の場合はそこまで腹が立たないので喧嘩にならないということがあります。しかし、その彼女の場合は、それが地雷になってしまうということを彼氏側が理解していない場合は、一向に喧嘩は収まらず、堂々巡りになってしまうことも良くあることなのです。

デメリット③場合によっては相手に幻滅する

仲直りセックスを強引に行おうとすると、その短絡的でデリカシーのない男性の態度に、女性は幻滅してしまうことがあり、これも大きなデメリットと言えるでしょう。女性にはしっかり話し合って誤解を解いたり、改めるべき点をはっきりさせたいとか、約束して欲しいことがあるなどの言い分が溜っていることがとても多いです。

ところがそれを無視してエッチに切り替えるというのは、人間性を疑う行為であり、信じるに足らない人物と思ってしまうことがあるのです。ここまで行くと修復することも不可能になる恐れもあると言えるでしょう。

効果が期待できる仲直りセックスとは

最後に効果が期待できる仲直りセックスの方法についてレクイチャーしていきましょう。今まで見てきたように仲直りセックスにはメリットもデメリットもあります。そして一つ間違えれば大変な事態に発展してしまう可能性も踏めているのです。

その意味では男性にとって仲直りセックスは一種のかけとも言え、少しでも成功に近づけるように持って行く必要があると言えるでしょう。その具体的なポイントを伝授していきます。

互いにきちんと納得してからセックスする

まず最初は、仲直りセックスをする場合の一番の正攻法とも言えるやり方です。それは、互いにきちんと納得してからセックスをするというものです。これは厳密に言うと「仲直りのためのセックス」ではなく「仲直りの証としてのセックス」と言った方が正しいかもしれません。

それなりに話し合いをして、喧嘩の原因についても納得し、謝るべきところは謝る、ということができ、ニコッと互いの目を見て微笑めた時に相手のことが愛しくなってセックスがしたくなるというパターンです。これができたら、仲直りセックスとしては全く問題がないと言っても良いでしょう。もちろん愛の絆はさらに強まると言っても過言ではありません。

相手を思いやったプレイを心がける

仲直りセックスの効果を上げるためには、相手を思いやったプレイが不可欠です。男性は、同じ相手とのセックスに慣れれば慣れるほど、段々プレーが雑になり、淡泊になる傾向が強いと言えます。特に国際的に見ても日本の男性にそのきらいは強いと言われています。

そのため喧嘩をした後の仲直りセックスの時には、汚名返上のチャンスとも言えるかもしれません。前戯から、挿入、そしてフィニッシュ後の後戯に至るまで念入りに思いやりを持ってプレイすることで本当の愛情が伝わり、怒りが収まる可能性がアップすることを知りましょう。

同じ過ちは繰り返さないとエッチ中に約束する

喧嘩をした時に女性が一番望んでいることは、男性が反省をして二度と同じ過ちを繰り返さないと約束してくれることと言えるでしょう。たしかに男性にもプライドがありますから、そう易々と謝ることはできないという気持ちもあるかもしれません。しかし、そのままではいつまで経っても二人の仲は平行線のままです。

同じ仲直りセックスをするなら、気持ちが高まってきた時に、その勢いを借りてはっきりと謝ったり、二度と同じ繰り返しをしないと約束しましょう。それが真の男らしさと言えるかもしれません。仲直りセックスの最中に、これが上手くできれば、そのあとのエッチは今までにないくらいに盛り上がり、一層絆を強めることができると期待できます。

仲直りセックスのメリットを活かして絆を深めよう

男女が付き合っていれば、どうしても避けられないのが喧嘩かもしれません。些細なことが原因であることが多く、その大半は自らの癖が発端になっていることも少なくありません。言葉や行動の癖により、相手を怒らせてしまうのです。

しかし、そこで仲直りセックスのメリットを良く理解して上手く活かすことができれば、二人の仲を修復することは不可能ではありません。それどころか仲直りセックスが上手く行けば、喧嘩をする前よりも輪を掛けて仲良くなることも可能です。

喧嘩をした時にこそ、真の男らしさが試されると知って、最大限の努力をして仲直りセックスにこぎつけてみましょう。

関連する記事はこちら

Thumb愛のあるセックスの特徴!愛情を感じさせる言葉やプレイ内容は【男女別】
愛のあるセックスと愛のないセックスにはどのような違いや特徴があるのか追究していきます。愛され...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ