長く快感が続く「スローオナニー」とは?男女別のやり方・注意点を解説

長く快感が続くスローオナニーをご存知でしょうか。気持ちいい時間を持続するためにスローオナニーをしますが、男性女性でやり方が違うようです。特に男性は射精に注意を払ってするようです。時には我慢汁も使うスローオナニーの方法や注意点、効果について紹介します。

長く快感が続く「スローオナニー」とは?男女別のやり方・注意点を解説 のイメージ

目次

  1. 1「スローオナニー」とは
  2. 2気持ちいいスローオナニーのやり方【男性編】
  3. 3気持ちいいスローオナニーのやり方【女性編】
  4. 4スローオナニーの効果【男性編】
  5. 5スローオナニーの効果【女性編】
  6. 6スローオナニーをする時の注意点
  7. 7注意点を守ってスローオナニーで快感を得よう

「スローオナニー」とは

色々なオナニーを試している人の間で密かに流行っているものが、スローオナニーです。スローというのは「ゆっくり」ということですが、これがオナニーとどのように関係しているのでしょう。スローオナニーとは、どのようなものなのか見ていきます。

自慰行為に30分以上時間をかける

特に男性の場合はオナニーで快感を得るという以上に、「ヌク」ということに主眼が移っている人が多いようです。手っ取り早くしごいてあっという間に射精してしまうというと、性的快感を得ている時間があまりありません。女性の場合ならばそもそも熱しにくいので、男性ほどさっさとオーガズムに達するというのは難しいです。

そのため女性の方が比較的時間をかけているでしょう。いずれにしてもオナニーで快感を得る時間が短めの人はかなり多いと推察されます。一方、ゆっくり時間をかけてオーガズムに達するスローオナニーに関心を寄せる人が増えてきています。これは自慰行為にたっぷり30分以上の時間をかけるのです。そもそもそんなに時間をかける意味があるのでしょうか。

これは価値観の問題ですが短時間のオナニーでは得られない快感を味わいたいと思うのならば、スローオナニーを試してみる価値があるといえます。

イクのを我慢することで快感が長く続く

スローオナニーとは、興奮が高まっていくのを適度に抑えながらやさしく快感を持続させていき、たっぷり時間をかけた後に初めてオーガズムに達するという方法です。途中何度かイキそうな場合は、興奮を鎮静化させるために休みを入れて、興奮が落ち着いてきた場合は、また刺激を優しくゆっくりと加えていきます。

スローオナニーを用いると一気にオーガズムに達するよりも、ほどほどの快感を長時間味わうことが可能です。そうすると快感の総和は一気に達するよりもぐんと多くなります。

気持ちいいスローオナニーのやり方【男性編】

それではまずはせっかちなオナニーをしがちな男性の方から、気持ちいいスローオナニーのやり方を説明していきます。最初に念頭に置いておきたいのは、オナニーで射精するのが最優先ではないということです。スローオナニーは始めてから射精するまでの時間をできるだけ長くするのがコツになります。

せっかちなオナニーで何回も射精をするよりも、じっくりと時間をかけたスローオナニーで1回気持ちいい射精をするやり方のほうが確実にたくさんの快感を味わうことができるのです。

やり方①亀頭部分を刺激する

オナニーをする時に刺激を加える部位の中で、亀頭部分ならば刺激を加えても一気に興奮度が高まるということがありません。従って亀頭部分を刺激するのであれば、そこそこの快感を得ながらも射精を抑えることができ好都合と言えます。とかく男性のやり方は手を筒状にしてピストン運動をしたがりますが、スローオナニーではそれは封印しておくのです。

そして指先で優しくペニスの亀頭部を刺激することに集中します。なお、ペニスを刺激する際にはAVビデオやグラビア写真の助けを借りるのも良いのですが、AVビデオだと気を取られやすいのでできれば妄想に専念するのがベターです。スローオナニーは精神集中が必要なのです。

やり方②我慢汁で裏スジを触る

ほどほど興奮しながら膨張しているペニスからは、透明な粘り気のある液体が溢れ出てきます。これは我慢汁と呼ばれているものですが、この我慢汁が出ている間は射精へ向けての道のりの途中にいるのです。スローオナニーでこの段階でやることは、我慢汁を指先に取って亀頭の裏筋の部分を濡らしながら触るのです。

亀頭部は刺激に強いですが裏筋の部分は亀頭の中でもひときわ敏感な部分なので、気持ちいい余りに興奮が一気に高まらないように注意をしながら触ります。我慢汁がローションの役目をするので滑りやすくなっており、指先をすべらせると気持ちいいのでゆっくりとやりましょう。

やり方③我慢汁で尿道の先を触る

一定の刺激を与え続けている限り、我慢汁は湧き出てきますので今度は我慢汁で尿道の先を触ります。もしもペニスの強度が落ちそうになったら、グラビア写真やエッチな写真を見て気分を盛り上げるようにしましょう。いずれにしてもスローオナニーはまだまだ始まったばかりの段階なので、焦らずに適度の刺激を亀頭部の各所に与えて緊張状態を持続させます。

我慢汁はまだ溢れているかもしれないので、すこし手に取ってペニスの裏の方にもつけてみましょう。指先でペニスの裏側のほうを根元から先へ向けて滑らかに滑らせていき、また根本のほうに戻ってきます。次に亀頭部の方の刺激に戻りひとしきり触った後は、ペニスの裏に戻りましょう。

ペニスの表側はほとんど性感とは関係がないようなので触るのは裏側のほうが良いです。もっともスローオナニーで興奮を鎮めているときならば問題ないでしょう。

やり方④逆手でシゴく

いつまでも亀頭部分だけで我慢がしきれなくなってきたら、少しだけ前進させてペニスをしごいてみましょう。ただし利き手でしごいてしまうと、あっという間に興奮が高まって射精までいってしまう危険性があるので、逆手をつかいます。つまり利き手の反対側の手を使うのです。もし右利きならば左手でペニスをつかんでしごいてみましょう。

右手ならば簡単にできることでも逆手の左手ならば、思うようにしごけないはずです。このもどかしさがスローオナニーにとって有効になります。さらに左手でしごく場合もことさらに、ゆっくりとしごくようにしましょう。決して早い動きをしてはいけないのです。

やり方⑤オナホを回して刺激を与える

逆手でぎごちないながらも、ゆっくりとしごいていくと興奮が高まってきます。このまま途中で休みを入れながら時間を持たせて、頃合いを見計らって射精するのも良いのですが、もしオナホールを持っていれば活用します。オナホールというのは、いわゆる大人のおもちゃでヴァギナに似せて作った筒状のものでシリコンなどのやわらかい素材でできています。

通常はこのオナホールにペニスを突っ込んでしごいてしまうのですが、スローオナニーの場合はピストン運動を極力避けます。ピストン運動の代わりにオナホールを回転させるのです。すると今まで感じたことがないような気持ちいい感触が得られます。しかもピストン運動よりも刺激が軽いのですぐに射精に至ることもないのです。

ゆっくり回転を加えて、途中で休んで刺激を鎮静化するようにして時間をかけていけば、スローオナニーはよいペースで進んでいけます。

ところでオナホールを回しながらゆるやかな刺激をペニスに与えるのは、スローオナニーにとっては好都合となりますが問題点があります。それはペニスが十分な快感を得るまでに手が疲れてしまうことです。オナホールはヴァギナを模してよくできているので中が適度に湿っていてしかもずっしりと重くなっています。

そのためにずっと手で持って回転をさせるのは困難でしょう。そこで最近は自動で回転するオナホールの製品も出てきました。値段は数千円はしてしまうのですが、ピストン運動では得られない微妙な刺激を得ることができますので試してみる価値はあるでしょう。

気持ちいいスローオナニーのやり方【女性編】

気持ちいいスローオナニーは勿論女性にもできます。再三述べているように時間を十分にかけてスローオナニーをすればせっかちなオナニーに比べて得られる快感が増大するのです。女性の場合はどのようにしてスローオナニーをしたらよいのでしょうか。

やり方①裸になる

スローオナニーを始めるに当たってまずは精神をリラックスさせて、これからかなりの時間を快感と向き合っていくのだという心の準備を整えます。そして少しずつ衣服を脱いでいき最後には裸になります。裸になってしまったほうが、身体のあらゆるところを直に手で触って性感を高めることができるのでおすすめです。

また、裸になってしまうと途中で止めるという中途半端な意識が失せるので最後まで集中力を切らさないようにできます。そして次の段階の妄想に入る時には男性が胸を触ってきたら、まるで自分が触っているのではないという感覚で胸を触るようにするのです。集中力を切らさないようにしながら一人で男性のパートも演じます。

そしてまるで相手がしているのを自分は受け身で受容しているように捉えるようにします。

やり方②妄想でエッチな気分になる

次に目を閉じてエッチな妄想に入り込みます。女性の場合は男性のようにただペニスをいじっていれば興奮できるというほど単純ではないので、精神的なストーリーをしっかりと組み立てていく必要があるのです。

例えば旅先で声をかけられた男性が驚くほどのイケメンで、しかも性格がよいとします。その人とすぐに仲良くなりディナーをともにすると、ロマンチックな気分に酔ってくるでしょう。

そして、ディナーの後で男性の部屋へ行き少しシャンパンを飲んで、夜景を見ながら優しいキスを受け入れます。自然な流れの中でお互いに裸になりベッドに入り、抱き合うのです。男性が胸を揉みしだきながら、今日初めて会ったときから好きになってしまったと告白します。それからほどなくして二人は性行為に入るのです。

やり方③指だけを使って刺激する

妄想の中では男性が自分の中に入って来ている状態まで進んでいるが、生身の肉体に何の接触もしないというのは残酷かも知れません。スローオナニーのセオリーからすれば、できるだけボディタッチは少なめにし妄想を先行させて興奮度合いを上げていくのが王道です。しかしながら、いつまでもこのような状態を続けるのは流石に我慢できないでしょう。

そこで指だけを使って自分の性器を刺激します。男性の場合はオナホールという道具も使いましたが、女性ならばさしずめディルドという道具に当たるでしょう。これはペニスを模して作ったもので、そのままヴァギナに挿入することが可能ですが、スローオナニーの場合はこのような刺激の強い道具は使用しないほうが良いです。

あくまでも妄想の力をたくましくして、指だけでオーガズムに達するように努力しましょう。そうすれば大きな快感を得られるのです。

スローオナニーの効果【男性編】

スローオナニーがどのようなものかは理解できたでしょう。このように時間をかけて射精まで行きつくというのはなかなか大変な道のりに思えるかも知れません。しかしながら手間暇をかけて行きつく絶頂感は、ひときわ素晴らしいものとも頷けるでしょう。男性にとってスローオナニーがもたらす効果を紹介します。

効果①満足感が高い

スローオナニーは少なくとも自慰行為に30分以上は使うというのが原則です。この間ペニスは膨張しっぱなしの状態になります。30分以上もペニスに血液が送られてパンパンになっているというのは、それだけで興奮状態が高いレベルで続いているということです。しかもその間ペニスのどこかの部分を刺激し続けています。

こうなると刺激の累積値はかなり膨大なものになります。もしも手っ取り早く利き手でしごいたしまった場合は、3分間くらいで射精してしまうかも知れません。しかしその道を選ばずにスローオナニーでイクと決断して、延々と精神を集中し続けるのは努力を要します。アクセルをふかしすぎないように注意を払いながら、ようやく最後に射精にありつくのです。

男性の場合、射精をしてしまうと急に興奮が冷めていき賢者の時間という気分の落ち込みを経験します。

ところがスローオナニーをすると射精した後も満足感が長く維持できて、しかも気分の落ち込みも少なくて済むのです。スローオナニーは射精することがメインの目的ではありません。一応、射精で試合終了とはなりますが、終了する前に快感を得ているので累積した快感の総和が大きいのです。

しかも30分以上もの間快感を持続させていると、その間に色々とおかずも必要ですので、入力される情報量も格段に多くなります。まさに腰を据えて快感を追求するので、満足感というリターンが大きくなるのは当然でしょう。

効果②射精をコントロールできるようになる

スローオナニーは射精を我慢するのとの闘いという側面もあります。最初の10分間くらいは刺激の少ないことをしていれば射精まではいきません。しかし時間が経つにつれてだんだんと興奮の度合いが高まってきて、ともすると一気に絶頂へ登りつめそうになります。そこを堪えて射精を先延ばしにしていくのにはかなりの努力が必要になって来るのです。

最初のうちは早く射精をしたいという誘惑に負けてしまって、あえなくゲームオーバーになってしまうこともあるでしょう。しかし何度かやっているうちに、射精に一気にイキそうなった場合は、刺激を送るのを止めて興奮状態を鎮静化するというテクニックを身に着けられます。するとオーバー人を避けながら徐々に興奮を高めていくことが可能になるのです。

これは取りも直さず射精をコントロールできるようになったということです。つまり本能のままに突き進む状態から一歩進化したことになり、大変誇らしいことといえます。

スローオナニーの効果【女性編】

それでは次に女性の場合のスローオナニーの効果を説明します。男性の場合と同様に女性の場合もスローオナニーによる良い影響が得られます。やはりただ漫然とオナニーにふけっているよりも、精神を集中してじっくりとスローオナニーに取り組んだほうが精神的にも肉体的にも良質な快感を得ることができるのです。

効果①深いオーガズムを得られる

女性はスローオナニーに向いています。せっかちにオーガスムに達しようとしてバイブレーターやその他の実際にヴァギナに挿入してしまうような道具を用いてオナニーをしていると、一定の快感は得られますがそれ以上にはなかなか行きつけません。女性の場合はじっくりと時間をかけて精神的にも興奮してくると、身体が反応するようになってきます。

これは性感が高まってきたことによるのです。性感は精神的な高まりと共にどんどん開発されていきますので、スローオナニーで妄想をたくさんできるようになると少し触っただけでも身体が反応してくれるようになるでしょう。すると本来的には少しのボディタッチでもオーガズムに達することが可能になります。

妄想オナニーの世界に入りますが、オーガズムへの道はあくまでも精神的な土台がきちんとできていないと、身体への刺激だけでは到達できる境地に限界ができてしまうのです。

限界を打ち破ってより高度の快感を得るためには、妄想の力をフルに働かせて実際に今自分が好きな男性と性行為をしているように思えるようになることが大切です。スローオナニーを何度も繰り返しているとだんだんとその境地に達しやすくなっていきます。そしてついに、いつでも深いオーガズムに達することができるようになります。

効果②リラックスできる

スローオナニーをする時には長い時間自分ひとりでいられる環境を用意して実行します。スローオナニーに熱中している間はほとんど無我の境地になって、エッチな妄想にのめりこんでいる状態になります。このような精神集中をしながら快感を得続けていると、日常世界から遊離されて精神が開放されていくのです。

すると日ごろどっぷり漬かっているストレスからもフリーの状態になり、精神的にも肉体的にもリラックスできるのです。しかも日ごろの性的な欲求不満もスローオナニーによって解決されます。十分に時間をかけて何度目かのオーガズムに達した後は、心の底からスッキリとして身体も軽くなった気分を味わうことができるでしょう。

効果③ダイエットにも繋がる

スローオナニーはダイエットにも効果があると言うと、どう思うでしょうか。そんなに痩せるほど激しいオナニーをしてしまって大丈夫なのかと心配するかも知れません。まるでスクワットや腕立伏せでもしているかのような反応ですが、実際は指先で性器に触れている程度の運動しかしていないのです。

それでは何故ダイエットにも効果があるのでしょう。その理由は、妄想の力をフル回転させていることが原因となって、脳内が激しく活動しているからなのです。実際のところ30分以上も精神を集中して仮想世界を作り上げて、その中でさらにオーガズムにまで至るというのは大変にエネルギーを消費します。

従ってスローオナニーは女性にとってダイエットの頼もしい味方になるのです。是非まとまった時間を作ってスローオナニーをダイエットのためにも実践してみましょう。

スローオナニーをする時の注意点

ここまでスローオナニーについて詳しく見てきて、スローオナニーはいいことずくめではないかと思うかもしれません。確かにスローオナニーにはメリットが多いです。しかしながら何から何まで無条件に良いというものはありません。実はスローオナニーにも注意しておくべき点がいくつかあるのです。

それを守って実行してこそメリットが引き立つようになります。次に注意点をいくつか説明しましょう。

注意点①長時間やり過ぎない

スローオナニーは時間をかけてゆっくり行うものであると何度か説明してきました。目安としては自慰行為に30分以上を費やすのがスローオナニーです。それでは30分を楽に超えられるようになってきたのであれば、その先はいくらでもしても良いのでしょうか。例えば2時間も3時間も延々とスローオナニーを続けていても良いでしょうか。

答えはノーです。いくら長時間やるのがおすすめとはいえ精神集中を続けるのですので、頭脳の疲労も加速度的に増えていきます。特に男性の場合はペニスに大量に血液を送り続けているので、身体の負担も大きくなっているのです。それではどのくらいまでが限界なのでしょうか。ひとまず1時間が限度と思っておいた方が良いです。

それ以上にはならないように気を付けましょう。

注意点②体調が優れない時は控える

スローオナニーは数々のメリットがあるとは言っても、ラジオ体操や日課のジョギングではありません。毎日かかさずやらないと気が済まないというくらいにハマってしまう人もいるかも知れませんが、やはり身体を使うことなので体調が優れない時には控えるべきです。どうしても深いオーガズムが忘れられなくて衝動的にやりたくなることもあるでしょう。

体調が悪いけれどスローオナニーをしたいと思う場合は、やめておいた方が得策です。スローオナニーはすでに述べたように精神的な消耗が激しいので、もし体調が優れない状態だったら思うように妄想を組み立てることが困難です。もしも、それに打ち勝ってオーガズムにまでこぎつけたとしても、その後の疲労感は並大抵ではありません。

メリットを台無しにするほどのものが襲って来ます。結果としてより一層体調を崩してしまうことになりかねません。時にはスローオナニーを控える勇気も必要なのです。

注意点③男性の場合は最後に射精をする

スローオナニーをする際に男性が守らなければいけないことがあります。それは最後には必ず射精を済ませることです。スローオナニーをしている最中にはできるだけ射精しないように我慢を重ねていきますが、だからといって最後に射精まで我慢してしまうと体に悪いのです。

ずっとペニスに刺激を与えておいて精巣には精液が準備されて発射を待っていたのに、これがキャンセルされてしまうと、せっかくペニスの刺激で生産された精液が無駄になってしまいます。精液をそのまま体内に留めておくのは健康に良くないのでやめましょう。

注意点を守ってスローオナニーで快感を得よう

オナニーには実にさまざまな方法がありますが、このスローオナニーは他の方法との類似点でいえば妄想オナニーに近いものがあります。それは精神を集中して妄想を膨らませてエッチなことを考えて興奮することです。そのようにして気分を盛り上げつつ気持ちのよい状態をできるだけ長く持たせます。

スローオナニーの優れている点は快感のレベルが高いことでしょう。しかもオーガズムに達した後も余韻が長く続くのです。オナニーは身体と精神が欲しているから行う面もあります。それだからこそオナジーをする場合は質の良いオナニーにしたいものなのです。その点数々のメリットのあるスローオナニーならば満足のいく結果が期待できるかもしれません。

いくつかの注意点を守りさえすればスローオナニーは特別な快感を与えてくれる素晴らしい方法なのです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hs707
古典文学からSF、ミステリ、哲学、ノンフィクションや科学と幅広い読書が好きです。趣味は登山と合気道です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ