対面座位のやり方・魅力とは!気持ちいい動き方やコツも解説

セックスの体位の中で、対面座位が好きな女性は多いとされています。キスもしやすく、男性にも色々な利点のある体位だと言えるでしょう。対面座位には一体どんな魅力があるのでしょうか。対面座位の基本的なやり方や気持ちいい動き方、コツなどについても詳しく解説していきます。

対面座位のやり方・魅力とは!気持ちいい動き方やコツも解説のイメージ

目次

  1. 1対面座位ってどんな体位?
  2. 2対面座位の魅力
  3. 3対面座位の基本的なやり方
  4. 4対面座位の気持ちいい動き方・コツ
  5. 5対面座位にもいろいろある!対面座位の種類
  6. 6対面座位で気持ちいいセックスをしよう!

対面座位ってどんな体位?

セックスの体位の1つである対面座位は、一体どのような体位なのかご存知でしょうか。名前だけは聞いたことがあるという人や、知らず識らずのうちにその体位でセックスをしていたという人も多いかもしれません。まずは、対面座位がどのようなものであるのかについて詳しく見ていきましょう。

対面座位とは

漢字からもイメージできるように、対面座位とは向かい合わせに座って行うセックスの体位のことを指します。メジャーなセックスの体位を決まり手のような名称を付けて定義した48手においては、対面座位は帆かけ茶臼、首引き恋慕、抱き地蔵などとなっています。

対面座位は女性に人気なセックス

対面座位は男性の上に女性がまたがった形でセックスを行うので、他の体位よりも一段と男性と女性の密着度が高くなります。向かい合いながら顔や首筋にキスをし合うことができるため、さらにイチャイチャしながら濃密な時間を過ごせるのです。女性は、セックスに関して身体の快感だけでなく精神的な快感を得られるかどうかも重要視しています。

そのため、精神的にも満たされる対面座位は、数あるセックスの体位の中においても特に女性に人気となっているようです。また、対面座位は女性に比べて男性への刺激はそれほど強くありません。長くセックスを楽しむことができるという点も、人気の理由の1つとなっているのかもしれません。

対面座位の魅力

セックスの体位として女性に人気が高くなっている対面座位には、一体どのような魅力があるのでしょうか。これまで対面座位はやったことがなかったという人も、その魅力を知ることで対面座位に対して興味を持つかもしれません。

女性が気持ちいいと感じれば感じるほど男性も快感が高まりますので、対面座位は男性女性の双方に素晴らしい魅力がある体位だと言えるでしょう。

魅力①密着できて安心感がある

対面座位の1番の魅力と言えば、密着度の強さではないでしょうか。対面座位は向かい合う形でセックスを行いますので、座って抱きしめ合えば他の体位よりも深く密着することができます。また、顔を見合わせながらのセックスは、相手の表情をダイレクトに見ることができるため安心感もあるようです。

密着することによって言葉がなくともセックスの最中に愛情を伝えたり感じたりすることができるのも、対面座位の大きな魅力となっているのかもしれません。

魅力②キスしやすい

キスがしやすいという魅力も、対面座位にはあるようです。対面座位でセックスをすれば、顔の位置が近いところに来るので好きなタイミングでいつでもキスをすることができます。キスをしながらのセックスは、お互いの気分をより一層高揚させることに繋がります。そのため、他の体位のセックスよりも満足度の高いセックスをすることができるでしょう。

魅力③女性が感じやすい

対面座位は男性性器がより深く挿入されるため、女性が感じやすいという魅力があるようです。女性が上からまたがるような体勢の対面座位をすることで、重力なども関係して他の体位では届かないような奥深くにまで男性性器が到達します。

女性がセックスで得られる快感は奥の方が強いとされているため、対面座位は特に複雑な動き方をせずとも女性が感じやすい体位となっているのです。

魅力④女性がコントロールできる

セックスの体位は正常位がメジャーとなっているため、どちらかと言えば男性がリードして行う場合が多いかもしれません。しかしながら、対面座位は女性が男性の上に来ますので、女性が動き方や刺激の強さをコントロールできるという魅力があるのです。

セックスのペースや男性の性器が当たる場所を女性自らコントロールすることで、一段と夢中になれるセックスをすることが可能となります。女性の快感は男性の快感へ直結しますので、男性への刺激をコントロールするという女性リードのセックスを楽しめるかもしれません。

魅力⑤男性は胸が近くて攻めやすい

対面座位は女性に対する魅力が多いと感じるかもしれませんが、男性に対してもきちんと魅力はあります。それは、対面座位は他の体位よりも胸が近くなるので攻めやすいということです。始終向き合う体勢となるため、女性の胸を好きなだけ触ったり揉んだりすることができます。

おっぱい星人と揶揄されるような胸が大好きな男性にとっては、何ものよりも魅力だと言えるでしょう。さらに、胸は女性の性感帯の1つとなっており、胸を攻めることで女性に強い快感をもたらせます。女性が感じるほどに男性も強い刺激を得ることができますので、お互いに愉楽に浸ることが可能となります。

対面座位の基本的なやり方

ここからは、対面座位の基本的なやり方について紹介していきます。対面座位のやり方について、何となくの知識はあるけれど正解なのか分からないという人は多いことでしょう。対面座位についての基本的なやり方をおさえておくことで、より気持ちいいセックスを味わうことができます。難しいものではありませんので、よく読んで理解を深めましょう。

やり方①女性が男性の上にまたがる

対面座位のやり方として、まずは胡坐や足を伸ばして座った状態の男性の上に女性がまたがる体勢を取りましょう。またがる際に、男性にかかる自身の体重を気にしてしまうという女性は多いとされています。

上にまたがる女性としては可能な限り男性に重いと思われたくないかもしれませんが、体重を気にしすぎるあまりセックスに集中できないようでは元も子もありません。座った状態の男性にはそれほど女性の体重の負荷はかかりませんので、心配は無用だと言えるでしょう。

むしろ、体重のおかげで深く密着できるのだと開き直る方が、よりセックスを楽しめるかもしれません。

やり方②焦らずゆっくり挿入する

またがる体勢を取ることができたら、次は挿入です。対面座位は他の体位に比べて奥深くにまで到達するため、興奮のまま勢いよく挿入してしまうと女性の痛みに繋がってしまいます。気持ちいい対面座位にするためには、焦らずゆっくりと挿入することが重要だと言えるでしょう。

やり方③腰を上下に動かす

挿入まで完了したら、いよいよ身体を動かしていきます。動かすやり方としては、上下への動作が基本となります。男性が動く場合は、女性の腰を支えた状態で突き上げるように自身の腰を上下に動かします。女性が動く場合は、男性の首や肩に手を置いて自分を支えながら腰を動かすと良いでしょう。お互いに腰を動かし合うのもおすすめです。

あまり激しく動いてしまうと男性の性器が女性の中から抜けてしまいますので、適度に勢いをつけながらも密着を意識することが大切です。

対面座位の気持ちいい動き方・コツ

そのままでも心地良い快感を得られる対面座位ですが、さらに気持ちいいセックスをするためにはいくつかの動き方やコツがあるようです。対面座位の気持ちいい動き方やコツとは、一体どのようなものなのでしょうか。

動き方・コツ①男性は女性の腰やお尻を支える

対面座位の気持ちいい動き方やコツの1つ目は、男性は女性の腰やお尻を支えるということです。男性がしっかりと女性の腰やお尻を支えることにより、密着度が高まり安定した体勢でセックスをすることができます。

動き方・コツ②女性を下から突くように動く

女性を下から突くように動くのも、対面座位の気持ちいい動き方やコツだと言えるでしょう。女性の快感は、手前よりも奥の方が強く感じられるようになっています。他の体位よりも深く挿入することができる対面座位ですが、さらに下から突くように動くことでより一層奥にまで刺激を与えることが可能なのです。

動き方・コツ③Gスポットやポルチオを刺激する

女性の身体の奥には、Gスポットやポルチオといった性感帯の中でも格段に悦楽を感じることができるポイントが存在しています。そこを刺激するようにすれば女性はより強い快感に包まれますので、付随して男性もハイレベルなエクスタシーを得ることができるようです。

動き方・コツ④キスをしながら

対面座位の魅力でも紹介していたキスがしやすいという利点を活かすのも、気持ちいい動き方やコツの1つです。キスはそれだけで相手に心地良さを与えることができ、セックスに精神的な快感も求める女性にとっては幸せを感じることができる行為とも言えるでしょう。

気分の高揚に比例して身体も反応していきますので、キスをしながらの対面座位は濃厚なセックスを楽しむためには欠かせないかもしれません。

動き方・コツ⑤愛撫しながら

少し高度に感じるかもしれませんが、愛撫をしながら対面座位をするという方法も気持ちいい動き方やコツとなっています。ある程度対面座位にも慣れてきたなという場合には、胸やクリトリスといった性感帯も一緒に愛撫すると良いでしょう。

クリトリスは女性の性感帯の中でも最も快楽を得られる部位となっており、男性の手や性器の付け根、恥骨などで愛撫することができます。また、対面座位は胸も攻めやすいので、胸全体を揉んだり乳首を吸ったりといろいろな愛撫を試すことが可能です。

対面座位だけでなく愛撫もしてあげることで女性は男性からの愛情を強く感じ、さらなる快感の高みへと昇り詰めていくのです。

対面座位にもいろいろある!対面座位の種類

セックスの体位の1つとして有名な対面座位の中にも、実はいろいろな種類があることをご存知でしょうか。それぞれに異なる特徴を持つ対面座位は、得られる快感もその種類ごとに異なるようです。いろいろな対面座位を覚えておくことは、セックスのマンネリ化を防ぐことにも繋がります。

パートナーとさまざまな対面座位を試し、お気に入りの体位を見つけてみるのも楽しいかもしれません。

対面座位の種類①伸脚前座位

伸脚前座位とは、男性が足を伸ばして座り、その上に女性がまたがる体勢のことを指します。騎乗位から男性が身体を起こせば伸脚前座位になるため、セックスの途中で体位チェンジする際にもスムーズに行えるでしょう。また、伸脚前座位をすると男性は少々動きづらくなるという特徴があるので、女性がリードするセックスをしたい場合におすすめです。

胡坐や正座での対面座位に比べると男性は不安定な姿勢になるため、後ろに手をついたり背もたれがあったりすると良いかもしれません。男性に快感を与えようとセックスを一生懸命頑張る女性の姿が見たいという男性にとっては、ピッタリの対面座位だと言えるでしょう。

対面座位の種類②椅子前座位

椅子前座位というのは、椅子に座った男性の上に女性がまたがる体勢のことを指します。女性が上からまたがれるように、ひじ掛けがない椅子を使用する方が良いでしょう。さらに、座る面も狭い椅子の方が、またがるという行為がスムーズに行えるようです。椅子前座位は、どんな椅子に座って行うかによってもやりやすさが異なるという特徴を持っています。

チェアタイプの椅子の場合、女性の足が着く程度の高さのものを選ぶと安定した対面座位となります。ソファタイプの椅子の場合、柔らかすぎる素材だと深く沈み込みすぎて動きづらくなってしまいますので、ある程度硬さがある素材のソファを選ぶと良いかもしれません。

どちらのタイプの椅子も、男性は腰を動かしやすいように浅めに座ることがポイントです。やりやすさが異なれば快感の感じ方も異なってくるため、自分たちに合う椅子を見つけることがより気持ちいい椅子前座位をするためには重要だと言えるでしょう。

対面座位の種類③対面胡座

対面胡座という種類の対面座位は、胡座をした男性の上に女性がまたがる体勢となります。安定した姿勢で動きやすいので、一般的に対面座位と言えばこの体勢をしているという人は多いかもしれません。対面胡座は男性が胡座の姿勢をとっているため、挿入すると女性はより密着度が増して安心感を得られるでしょう。

男性は、女性の腰を支えて持ち上げるようにしながら動かします。女性は少々動きにくい体勢ですが、男性の動きに合わせて同じように上下に動くようにすると何とも言えない快感を感じることができます。

男性が胡座できるスペースさえあればどこででも行えますが、ベッドのようにスプリングがある場所の方が跳ねる感覚も相まってより簡単に激しく動けるのではないでしょうか。

対面座位の種類④正座前座位

正座前座位という対面座位もよく知られており、正座をした男性の上に女性がまたがる体勢のことを指します。男性が正座した分、股間の位置に高さがあるのでより奥深くにまで挿入することが可能です。男性が女性を抱きしめるようにすることで、スムーズに動くことができるでしょう。

しかしながら、正座前座位は男性が始終正座をして行うため、正座が不慣れな男性にとってはきつく感じてしまう体位かもしれません。長い時間行うことは難しいですが、たまには趣向を凝らした体位のセックスを試したいという場合にはピッタリとなっています。

対面座位で気持ちいいセックスをしよう!

セックスの体位の1つである対面座位について詳しく紹介してきましたが、何か参考になる部分はあったでしょうか。これまで対面座位を試したことがなかったという人も、やり方や気持ちいい動き方を知ることで興味が湧いてきたかもしれません。パートナーと対面座位を行い、気持ちいいセックスを楽しみましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ayys

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ