旅館でセックスはNG?マナー・注意点やエッチのタイミングは

旅館でセックスはNGなのでしょうか。旅館でエッチをしたい時の注意点やタイミング、また性行為をするときのポイントについて詳しくお伝えします。温泉に行くとつい興奮してしまいますが、その気持ちのままセックスして大丈夫か、後悔の無いようにしっかりチェックしましょう。

旅館でセックスはNG?マナー・注意点やエッチのタイミングはのイメージ

目次

  1. 1旅館や温泉でセックスはNG?
  2. 2旅館や温泉でセックスする時のマナー
  3. 3旅館や温泉でエッチする時のタイミングとは
  4. 4旅館や温泉でセックスを興奮させるポイント
  5. 5旅館や温泉でセックスする時に注意すべきこと
  6. 6旅館でセックスする時はマナーや注意点を守って楽しもう

旅館や温泉でセックスはNG?

カップルや夫婦で旅館に宿泊すれば、その多くは楽しみの一つとしてセックスをしたいと考えるでしょう。わざわざホテルでなく旅館を選択したとすれば、なおさらそこに二人の仲をもっと深めたいという意図が働くこともあるかもしれません。しかしながら旅館はラブホテルではありませんし、普通のホテルとも勝手が違います。

温泉に入って気分が良いからと、そのままの勢いでエッチをして良いものか迷ってしまう人もいるでしょう。そこでこの記事では旅館や温泉でセックスをしても良いのか、それともNGなのかについて深く掘り下げていきます。

また温泉でのセックスの注意点やタイミングについても詳しくレクチャーするので、これから大切な相手と旅館に宿泊しようと計画している人はしっかりとチェックしましょう。

旅館はセックスの気分も上がる非日常な空間

旅館での宿泊はホテルに泊まるのとはまた一味違った一面があります。名物の温泉があったり、素敵な景色が見られたり、美味しい食べ物を堪能できたり、旅館ならではの独特の空気感は非日常空間そのものと言っても良いかもしれません。だからこそ好きな男女が一緒に泊まれば、自ずと気分が盛り上がりセックスがしたくなるのも当然と言えるでしょう。

普段はなかなか持てない心の余裕や解放感に包まれて、相手への愛情が再認識できてそれを行為で表したくもなるのです。そしてさらに仲良くなって帰途につければ、これほど幸せなことはありません。

旅館の部屋でのセックス自体は問題ない

気分が上がり、お互いに興奮を覚えたとして、果たして旅館でそのままセックスしても良いのでしょうか。その答えは、もちろん「YES」です。旅館もホテルの如くれっきとした宿泊施設ですから、旅館側もそこで男女の営みが行われることは当然として織り込み済みなのです。つまり旅館の部屋でもセックス自体はまったく問題がありません。

ただし、ホテルと比べて旅館は色々な意味で勝手が違うので、その空気を読んだり暗黙のルール的なものを認識しておくことはマナーの点で大変重要なことと言えます。特にセックス事情についてはもっともデリケートな問題で、旅館側も最大の神経をとがらせていますから、傍若無人な振る舞いは避けていくのがエチケットなのです。

旅館や温泉でセックスする時のマナー

ここからは、実際に旅館や温泉でセックスする時のマナーについて解説していきましょう。旅館や温泉には暗黙のルール的なものがありますし、日本古来からの旅館ならではのおもてなしを受ける以上、それ相当の心づもりを持って対応するのがエチケットとも言えます。

自分はもちろん、旅館側にも不快な思いをさせないで済むようにマナーはきちんと守るに越したことはありません。それでは早速、旅館や温泉でセックスをする時のマナーを具体的な項目に分けて見ていきましょう。

マナー①布団を汚さないようにする

旅館では基本的に仲居が客室に入ってきて布団を敷きます。そして翌朝には何も言わなくてもシーツなどを処理し、畳んでもくれます。しかし、だからといって使いたい放題で乱れたままにしておくことはマナー違反と知りましょう。ましてやセックスをして布団を汚してしまうのもNGです。

もちろん旅館側も客商売ですし、宿泊施設ですから宿泊客がセックスをすることくらいは想定内ではあります。しかし、性行為による布団の汚れはエチケットに反することを良く認識して注意しておきましょう。

マナー②大きな声を出さない

特に若いカップルにあり勝ちですが、温泉という非日常空間に足を踏み入れ、知っている人は誰もいないという状況になると異常な興奮を覚えることがあります。そしてテンションが高くなると自ずとセックスの声も大きくなるものです。しかし、旅館はラブホテルと違って過度の防音対策はなされていないことがほとんどです。

そのため大きな声をあげてセックスをすると隣の部屋に筒抜けになることも考えられます。この行為は自分たちはもちろん恥ずかしい思いをするわけですが、宿泊客や旅館の従業員にも不快感を抱かせることになりかねないので、くれぐれも注意しましょう。旅の恥じはかき捨てという言葉はありますが、常識の範囲を越えた行為は頂けるものではありません。

セックスは自分たちにとっては気持ちの良い行為かもしれませんが、他人からすると不快極まりない行為である可能性があることをたしなみとして十分に気をつけておきましょう。

マナー③性行為で出たゴミは自分で処理する

性行為をすれば、ゴミが出るものです。セックスをして汚れたティッシュや使った後のコンドームなどは布団を汚さないという心掛けと同様に、自分たちで綺麗に処理することが大前提と考えましょう。無造作にそのまま放置したり、中身が丸見えの形で旅館のゴミ箱には捨てないことです。

もちろんそのままでも旅館側は綺麗に処置をしてくれますが、エチケットの面からはNGであると知りましょう。

マナー④風呂場ではセックスしない

最近の旅館では室内でも温泉が楽しめる施設が増えています。お金を出して自分たちが泊まる部屋だと思うと、たちまち我が家のごとくに振る舞ってしまうのも人間の心情かも知れませんが、そこでセックスをするのは控えましょう。もちろん露天風呂や大浴場でも混浴で他の客もいないからと言ってセックスするのはNGです。

第一に不衛生ですし、その後に他の宿泊客が来ればどんな迷惑を掛けてしまうか分かりません。露天風呂や大浴場でもいつ他の宿泊客は入ってくるか分からないので、当然控えるべきと言えるでしょう。

旅館や温泉でエッチする時のタイミングとは

旅館や温泉では決してセックスをしてはいけないというわけではありません。しかし旅館や温泉ではのセックスのタイミングというものがあり、そこはしっかりとポイントを押さえておくべきでしょう。どのような流れの時にセックスをしても差し支えないか、心得ておくことは旅館を使わせてもらう側の大切なエチケットなのです。

旅館側は客との心のふれあいをとても大切にします。そのためにも何度も担当者が部屋を訪れることがありますが、互いに気持ちよく過ごせるようにして、できれば「次回のお越しを楽しみにお待ちしております」と言ってもらえる形で旅館を去っていければベストと言えます。そのためのコツとともいえるセックスのタイミングについて見ていきましょう。

タイミング①夕食前

旅館に到着すると必ず聞かれるのが夕食の時間です。中にはこの時間帯で夕食を準備します、という形である程度枠が決まっている旅館も多いです。そうなると夕食は時間通りに運ばれてきますので、その前にセックスを済ましておくというのが一つのタイミングになります。ただここで注意したいのは、そこでするセックスが初めてという場合です。

互いに相手のエッチの仕方や時間などは良く分かりませんから、思いの外時間がかかってしまい夕食時間ぎりぎりになることもあるかもしれません。何も知らずに旅館の人が入ってくれば大変なことになりかねません。その意味では夕食前のセックスは、慣れたカップルか夫婦の場合に限ると考える方がベターでしょう。

タイミング②温泉に入った後

旅館でのセックスのタイミングとして温泉に入った後というのも狙い目です。旅館に泊まる最大限の目的は温泉という場合が多いでしょうし、温泉に入ることでお互いにリラックスができています。特に女性側は体が清潔になっているのでセックスにも抵抗がなくなりやすい時と言えるでしょう。

また温泉に入る時間帯にもよりますが、特に食事や布団の準備などで旅館の人が入室してこない時間帯であれば、最高のタイミングと言っても過言ではありません。

タイミング③布団を敷いた後

旅館では基本的に旅館側の人が布団を敷いてくれます。それも旅館ならではのサービスで、外国人観光客にも喜ばれるポイントでもあります。布団の準備ができれば、そこから翌朝までは特別なことがない限り旅館側から干渉されることはありません。そのためセックスをするにはベストのタイミングとも言えるのです。

もちろん、あまり遅い時間帯になると隣の客室や旅館に迷惑となる可能性もあるので注意しましょう。

タイミング④朝食前

朝食前のセックスもタイミングとしては悪くありません。もちろん互いが望んでいることが前提ではあります。旅館側からがOKでも、パートナーからNGでは話になりません。朝食の時間になれば従業員が入室してきますから、その前に起き抜けのまったりムードでセックスができれば良いでしょう。

旅館や温泉でセックスを興奮させるポイント

旅館や温泉で同じセックスをするなら、よりその状況を楽しみ興奮できるの越したことはありません。相手を興奮させたり、自分が欲情を覚えるポイントがあるので紹介していきましょう。これ見よがしにするのではなく、旅館に到着したころから意識しつつも自然と興奮できるように持って行くのがポイントです。早速、具体的にレクチャーしていきましょう。

ポイント①浴衣を着用する

旅館ならではの興奮できるポイントは浴衣の着用です。普段、浴衣姿など互いに見せなかったり、見せたことがないというカップルは非常に多いと考えられるでしょう。だからこそ、旅館に行ったらまず浴衣姿になることが大きなポイントと言えるでしょう。

いつもと違う互いの姿を見て自ずとテンションが上がり、エッチへのモチベーションも上昇していきます。そしてタイミングが合えば、互いに興奮しながらいつもとは違うセックスに燃えることができるかもしれません。

ポイント②照明を上手く使う

セックスで興奮するためには照明効果を活用するのも大きなポインになります。旅館には置き型のランプがさりげなく置いてあることがあるので、煌々と点いている電気は消してランプだけの灯りにしたり、間接照明にするとグッとムードが盛り上がってきます。そして非日常感がさらに高まり、セックスに興奮すことができるかもしれません。

ポイント③落ち着いてから楽しむ

旅館や温泉でのセックスは、時間を気にしていそいそと行うものでもありません。せっかくいつもとは違うシチュエーションがそこにあるわけですから、その雰囲気を十分に堪能して、最高のタイミングでセックスができれば越したことはないでしょう。

そのためにも急がず、焦らず、照明も落として心身ともに落ち着いてから、じっくりとエッチができればいつも以上に満たされるのではないでしょうか。

旅館や温泉でセックスする時に注意すべきこと

最後に、旅館や温泉でセックスをするときの注意点を述べておきましょう。たとえ場所が旅館であっても、そこでの性行為は自宅とは違うので人目にさらされる危険性が伴います。もし、人目に付けば自分たちが恥をかくだけでなく、その行為を見る他人に不快感を持たせることにもなります。

セックスは素敵な行為ですが、それもマナーを守ってこそと自分たちに言い聞かせることが大切なのです。

注意点①旅館の外でのセックスはしない

注意点の一つ目は、旅館の外でのセックスはしないということです。これは旅館に限ったことではありませんが、屋外では人目に触れる可能性がありますし、ことによっては犯罪者になってしまうこともあります。また、良からぬ輩に危害を加えられる可能性も否定できません。

せっかく旅館に宿泊しているのですから、興奮は上手く制御して室内でのセックスを前提に考えましょう。

注意点②旅館の人が部屋に来る時間帯は避ける

旅館でのセックスで最も気を付けなければならないのは、旅館の人との鉢合わせです。どれだけ気持ちよくセックスをしていても、そこに旅館の人が入ってきたら気まずさや後味の悪さは言葉にできないものがあります。そのようなことを避けるためにも、セックスは旅館の人が入ってくる食事時や布団の準備、片づけの時間帯以外にするように心掛けましょう。

注意点③お互いの気分が一致しているか確かめる

セックスは互いの気持ちが一致して臨めるということがとても大切です。特に温泉に来ている時は、自分はセックスがしたいと思ってもパートナーは他に楽しみたいことがあったり、次の日に備えて早くに休みたいと考えているかもしれません。無理強いをしてその後の旅行が台無しにならないよう、相手の様子を良く見て気持ちを汲むように心掛けましょう。

注意点④SMプレイをする時はソフトなもので我慢する

旅館や温泉でのセックスでは行き過ぎたSMプレイは控えるようにしましょう。いくら自分たちが楽しいからと言って、激しくSMをしてしまうと布団を汚したり旅館の部品を壊したりと、迷惑を掛けるかもしれません。どうしてもしたい場合でもソフトなもので我慢するようにしましょう。

注意点⑤布団の汚れ防止にタオルを敷く

旅館や温泉でセックスをする場合は、布団を汚さないように注意が必要です。これを避けるためにもバスタオルなどを敷いてからセックスをするようにすると良いでしょう。さらに布団があまりにも乱れたままというのもエチケットに反しますから、使用後は整えるように心掛けことも大切です。

旅館でセックスする時はマナーや注意点を守って楽しもう

旅館や温泉に行くと、どうしても非日常的な雰囲気を感じ取って興奮してしまうことがあります。カップルなら自ずと互いを求め合い、セックスを楽しみたいと思うかもしれません。

それ自体は問題はないのですが、旅館ならではの暗黙のルールを知って、セックスをする時間やタイミング、さらには行為の最中やその後の注意点を良くわきまえておく必要があります。マナーさえ守って行えば、いつもよりも興奮して楽しくエッチができ、互いの絆も深まる可能性は高いことでしょう。

関連する記事はこちら

Thumbビジネスホテルでセックスはあり?ラブホとの違いや注意点は
ビジネスホテルでのセックス派が増えていることはご存知でしょうか。ビジネスホテルは防音ではなく...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ