ラトビア人の性格や特徴を解説!美人女性が結婚しにくい理由とは

ラトビア人は美人な女性が多いと近年注目を集めています。男性からすると嬉しい話ですが、ラトビアでは男女比などの関係から美人でも結婚しにくいとされているようです。ラトビア人の性格や特徴の傾向と共に、結婚しにくい理由や日本人との相性などを含めてご紹介してきます。

ラトビア人の性格や特徴を解説!美人女性が結婚しにくい理由とはのイメージ

目次

  1. 1ラトビアについて
  2. 2ラトビア人の特徴【性格】
  3. 3ラトビア人の特徴【顔・外見】
  4. 4ラトビア人の恋愛観・結婚観
  5. 5ラトビア人の美人女性が結婚しにくい理由
  6. 6ラトビア人と日本人との相性は
  7. 7ラトビア人の国民性や特徴を知って理解を深めよう

ラトビアについて

出典: https://pixabay.com/ja/photo-3725546/

日本ではあまり馴染みのないラトビアとは、どのような国なのでしょうか。正式名称ラトビア共和国という国ですが、通称ラトビアと呼ばれています。ユネスコに世界遺産として登録された場所もあり、昔から観光地として人気の国です。海外からの旅行客も多く、世界から注目を浴びているラトビアを場所や首都、人口も含めてご紹介していきます。

ラトビアの場所・首都

出典: https://pixabay.com/ja/photo-3725547/

ラトビアは日本で北欧と呼ばれることの多い、北ヨーロッパに位置する国です。その中で西側がバルト海に面しているラトビアは、エストニア・リトアニアと共にバルト三国と称されています。

首都はリガという都市で、旧市街は街全体がユネスコに世界遺産認定されている美しい場所です。リガは「バルト海の真珠」の通称で呼ばれ、中世ドイツを雰囲気を昔から残している都市として観光スポットになっています。

バルト三国の中でも一番大きいリガ国際空港があり、交通の便も良く見所も沢山あるため、世界各国から旅行客が訪れる都市になっています。その絵本でしか見られないような美しい街並みや建造物は、多くの人を魅了してやまないと言われています。

ラトビアの人口

ラトビアは人口密度も低めで、合計人口は大体200万人程となっています。複数の民族で構成されているのですが、6割以上がラトビア人で、2割程がロシア人、残りの2割が他の数種類の民族です。現在は200万人程の人口ですが、1990年頃には250万人以上の人口を誇っていました。しかし近年人口の減少が著しく、ラトビアで深刻な問題になっています。

ラトビアの宗教

ラトビアには複数の民族が共に暮らしていて、信仰する宗教は様々です。その中でも多いのはキリスト教ですが、同じキリスト教でもローマカトリック、プロテスタント、ロシア正教などに分かれています。キリスト教以外では、仏教、ヒンドゥー教、ユダヤ教やイスラム教などを信仰している人が住んでいます。

ラトビア人の特徴【性格】

ラトビア人のほとんどはラトビアに住んでいます。住む国の文化や歴史などの違いから、性格は変わる傾向にあります。ラトビア人に多く見られる性格的な特徴とはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

性格①思いやりがある

ラトビア人は思いやりに溢れていると言われています。相手の立場でものを考え、行動や発言に気を遣うことが出来る人が多いようです。相手に感謝する気持ちや、見返りを求めない博愛精神の強さが、思いやりに溢れている性格に繋がっているとされています。

性格②控え目でおとなしい

日本で海外の人は自己主張が強い、という印象を受けている人が多くいます。しかしラトビア人は控えめでおとなしく、自分の考えをあまり主張しない傾向にあります。ラトビアに「沈黙は金」という言葉もあり、落ち着いた雰囲気の人が多いようです。

性格③警戒心が強め

落ち着いていて思いやりがあると言われているラトビア人ですが、警戒心が強く簡単に心を許したりはしないという特徴も持っています。精神的に自立した人が多く、しっかりと相手を見定めこの人なら大丈夫という考えに至るまでは、警戒心を解かないとされています。

性格④内向的

ラトビア人の多くは、内向的な性格と言われています。そのため人前で目立つような事態を好まず、知人や家族などの親族以外との接触には消極的です。

人を傷つけまいとする思いやりがあるため、話しかければ対応してもらえることはありますが、ラトビア人からそれ以上踏み込んでくることは少ないとされています。また内向的な性格は思慮深さに繋がり、精神的に落ち着いた人が多いようです。

性格⑤気取らない

ラトビア人は自己主張をあまりせず、内向的だと言われ勘違いされることが多いようですが、自然体でその状態であり、無理をしている訳ではありません。自分の中で意見を押し殺し葛藤しているということではなく、落ち着いてよく考えているのがラトビア人の普段の姿とされています。

格好つけたり、無理をしているようなことがないラトビア人の気取らない様子は、接する人から好印象を持たれることが多いようです。

ラトビア人の特徴【顔・外見】

国や地域によって性格以外に、顔や体形などにも特徴が表れることがあります。ラトビア人に多く見られる、顔や外見の特徴をご紹介していきます。

美人が多い

世界でよく言われていて注目を浴びている特徴が、ラトビア人女性には美人が多いということです。ラトビア人女性は綺麗な青い瞳の人がほとんどで、鼻筋も通っていて整った顔立ちが多いのです。そのため世の中の男性で、ラトビア人女性と懇意になりたいと考える人は少なくありません。

ブロンドの髪色

ラトビア人女性の多くはブロンドの美しい髪を持っていて、ロングヘアーの人が多いとされています。ブロンドの美女率が世界一とも言われていて、女優として活躍している人も多くいます。吸い込まれるような青い瞳に、綺麗なブロンドのロングヘアーと、女性からも憧れられる外見だと話題になっています。

グラマラスボディ

顔だけではなく、体も魅力的なのがラトビア人女性の特徴です。細いだけではなく、出るとこはしっかり出ていて、グラマラスなボディの持ち主が多いです。身長が高くスタイルの良い人が多いことから、どのような服装も似合うと言われ、モデル業界から注目されています。実際にモデルとして活動しているラトビア人女性も大勢います。

ラトビア人の恋愛観・結婚観

美人や整った顔立ちが多いと言われるラトビア人女性と、交際したい、もしくは結婚したいと考える人も大勢います。そこでラトビア人女性がどのような恋愛観や結婚観を持っているかご紹介していきます。恋愛や結婚に関する考え方を知っていれば、懇意になる手助けになるでしょう。

ガードが固い

ラトビア人は女性だけではなく、民族全体の傾向として警戒心が強く、他人には心を許しにくいという特徴があります。そのためガードが固く、すぐに仲良くなれることはほとんどありません。

自己主張も強くないため、相手のことをよく考え、心の機微をしっかり捉えて接することが大事です。まずは誠意を持って向き合うことで警戒を解いてもらい、心を許してもらうことが必要です。

好きになると一途

警戒心が強い反面、一度心を許した相手にはとことん一途だとされているのがラトビア人です。好きな人とはいつも一緒にいたいと考える人が多く、どこでも行動を共にしようとするようです。一方でその愛の強さから、嫉妬深くやきもち焼きである可能性が高く、交際している異性以外との接触には気を遣う必要があります。

結婚に憧れを持っている

ラトビア人の女性に多い特徴で、結婚に憧れている人が多いというものがあります。簡単に心を許さないラトビア人女性は、いつか理想の男性と出会ったなら素敵な恋愛や、結婚をしたいという憧れが強いのです。そのため憧れを実現するような、ロマンチックな演出や考え方を持って付き合っていくと、密接な関係になれる可能性が高まるかもしれません。

ラトビア人の美人女性が結婚しにくい理由

美人が多いとされているラトビア人女性ですが、結婚がしにくく独身率も高いようです。それは警戒心が強いなど、性格的な特徴だけの問題ではありません。ラトビアでは女性が結婚しにくいのにはしっかりとした理由があり、国全体の問題にもなっています。現在問題となっているラトビア人女性が結婚しにくい理由を紹介していきます。

男女比が女性の方が多い

ラトビア人女性が結婚しにくい主な理由は、男女比に差があるというものです。ラトビアでは女性100人に対して、男性が約80人となっていて、総人口200万程になると大きな差が生まれてきます。そうなると結婚したくても相手がいない女性が増えてしまいます。これがラトビア人女性が結婚しにくい主な理由となっています。

男性の平均寿命が短い

ラトビア人の男女比に差がある理由の1つに、男性の平均寿命が短いというものがあります。ラトビア人男性は喫煙率が高く、それによる病気などで寿命が縮んでいると言われています。またアルコール依存症の男性も多く、喫煙と同じく体に負担がかかり、早く亡くなってしまう人が多いようです。

国外で暮らす男性が多い

ラトビアで男女比に差が出るもう1つの理由は、国外に出ていってしまう男性が多いのです。ラトビアは交通の便が良くなり、国外に行きやすくなったこともあり、人口の流出による減少が問題視されています。特に若い男性に多く、そのまま国外で結婚して暮らすため、ラトビア人女性は結婚しにくいとされています。

ラトビア人と日本人との相性は

ラトビア人女性に美人が多いと話題になり、日本人との相性が気になる人も増えています。国際化が進むにつれ、海外の人と結婚する例も多くなりました。ラトビア人と日本人の相性は良いのか悪いのか、ご紹介していきます。

内向的な性格が似ている

ラトビア人には内向的な性格が多いと前述しましたが、日本人の性格も内向的だと言われています。ラトビアでは自己主張の激しい人やお喋りな人より、物静かでおとなしい人が好まれる傾向にあります。そのため日本人の性格とは、相性がいいとされています。

時間をかけて親交を深めると◎

ラトビア人は警戒心が強く、相手をことを知らないまま心を許したりはしないので、焦らずじっくりと仲を深める必要があります。元々親日家の多い国としても知られていますので、誠意を持って接すれば日本人とは親密な関係になれる可能性が高いとされています。

ラトビア人の国民性や特徴を知って理解を深めよう

ラトビア人は控えめで、内向的な性格の特徴を持っていると言われています。また警戒心が強いとされていますがその反面、心を許した相手には気取らないで、お互い信頼できる関係を築ける民族です。ラトビア人の国民性や特徴などを知っておき、理解を深めておくことが親密になるための近道となるでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
nam101

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ