高校生(18歳未満)でラブホに入れる?学生・女子会の場合も紹介

最近は女子会などでも利用されるラブホテルですが、中学生や高校生など18歳未満が利用したいと考えた場合、制服を着用していなければ利用することはできるのでしょうか。高校生などの学生がラブホテルを利用する場合に注意すべき点や、バレた場合について調べてみました。

高校生(18歳未満)でラブホに入れる?学生・女子会の場合も紹介のイメージ

目次

  1. 1中学生や高校生(18歳未満)はラブホに入れる?
  2. 2もしも高校生がラブホに入ってバレた場合は
  3. 3高校生がどうしてもラブホを利用したい時は
  4. 4高校生がラブホを利用する時の注意点とは
  5. 5高校生の利用についてラブホ側の本音とは
  6. 6高校生でラブホを利用するはやめておこう

中学生や高校生(18歳未満)はラブホに入れる?

最近では、恋人ができる年齢というのが低年齢化しており、小学生で彼氏または彼女がいるというのも珍しくなくなってきました。また、中学生や高校生にもなると性的な興味が沸き始めます。そんな時、性的な行為を行う場所として気になるのがラブホテルの存在ではないでしょうか。さすがに中学生同士では金銭的な面で利用することは難しいはずです。

しかし、アルバイトなどで収入を得るようになる高校生であれば、ラブホテルの利用料金を用意することができるようになります。実際に、ラブホテルを中学生、高校生が利用することはできるのでしょうか。ラブホテル側の本音なども含めて、中学生、高校生がラブホテルを利用できるものなのか、調べてみました。

法律では18歳未満の入店は禁止

結論からいって、18歳未満の場合、学生であるなしに関わらずラブホテルを利用することはできません。これは法律で定められています。そのため、ラブホテルの規約としても、さらに年齢制限を引き上げた「未成年者同伴の入室」を固く禁じる旨を明示しているところが多いです。

法律上18歳未満がラブホテルの利用を禁じられているのであれば、18歳の高校3年生になれば利用ができるかのようにも見えますが、それは大きな間違いです。例えば東京都の場合、「都青少年育成条例」では、「18歳未満」「高校在学中」の青少年をラブホテル利用不可の対象としているので注意が必要です。

18歳未満という条件をクリアしていても、高校在学中であれば、この対象となるため、利用することはできないのです。残念ながら中学生はおろか、高校生も在学中はラブホテルの利用を断念せざるをえません。自分もしくは恋人が高校生であるならば、利用したい気持ちをグッとこらえ、卒業するまで我慢しましょう。

女子会であっても学生は入店不可

最近は、Instagramの登場で、SNS映えするパーティーや集まりが増えています。特に女性はそのようなものに敏感で、自由にデコレーションしたり騒いだりできる「ラブホ女子会」というものが人気となっているようです。ラブホ女子会とは、その名のとおり、ラブホテルで開かれる女子会のことです。ラブホテルのパーティルームなどを利用して開かれます。

ラブホテルはのパーティルームは、広いスペースでゆっくりとくつろげ、内装もゴージャスなところが多いです。また、プールなどが設置されているなど、写真映えするラブホテルも多いです。さらには、防音であることが多く、大人数で集まっても他の人の迷惑にならないというのも選択される理由の一つとなっているのでしょう。

最近では、女子会プランなども設定されており、ラブホテル側もラブホ女子会を歓迎しているムードとなっていますが、やはり性的目的でない女性同士の集まりであったとしても、18歳未満、高校生の利用は不可となっているようです。

ラブホテルと普通のホテルの違いとは

そもそも、ホテルとラブホテルは何が違うのでしょうか。明確に異なっているのが適用される法律です。普通のホテルは「旅館業法」に基づき運営を行っています。しかし、ラブホテルの場合は、この旅館業法に合わせて「風営法」にも従わなければなりません。この風営法によって、ラブホテルは18歳未満や高校生といった未成年者の利用を禁止しているのです。

もしも高校生がラブホに入ってバレた場合は

18歳未満や高校生がラブホテルを利用したい気持ちを抑えられず、実際に利用した場合、いったいどうなってしまうのでしょうか。法律上で利用が禁止されているということは、罰則を科せられてしまうのでしょうか。18歳未満や高校生がラブホテルを利用したことがバレた場合、どのようなことが起こりうるか、調べてみました。

お互いが高校生の場合

ラブホテルを利用したカップルが、高校生同士であるとバレた場合、実はそのカップルを罰する法律はありません。しかし、利用したラブホテルの経営者が罰則の対象となり、1年以下の懲役や100万円以下の罰金が科せられてしまいます。これは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によるものです。

しかし、罰されることがないからといって容易にラブホテルを利用してはいけません。経営者が罰せられるにあたり、必ず当事者であるラブホテルを利用したカップルにも事情聴取など、警察が出向く形となるでしょう。そうなった場合、親や学校にも知られることになります。

それがきっかけで親が2人の交際を反対するということも考えられます。また、学校に関しては校則や方針に乗っ取り、停学や退学もありえるでしょう。もし、ラブホテルを実際に利用する前に、受付などでラブホテル側が高校生カップルであると気づいた際、ラブホテル側が罪に問われないよう、その時点で警察や学校に通報する可能性もあります。

片方が高校生(18歳未満)の場合

片方が成人であっても、18歳未満や高校生を同伴している場合、利用を許可したラブホテルの経営者は罪に問われてしまいます。また、高校生カップルと違い、片方が成人していた場合、成人している側が「淫行条例違反」として罪に問われる可能性が高いです。

淫行条例違反は、未成年との淫行や、未成年者を未成年者立入禁止の場所に連れ込む、深夜に連れまわすといった行為を行った場合に適用されます。この場合はラブホテルという未成年者立入禁止の場所に連れ込んだ、もしくは淫行を行ったとみなされます。年齢を偽ってラブホテルを利用したがために、恋人が罰される可能性があることも理解しておきましょう。

高校生がどうしてもラブホを利用したい時は

18歳未満や高校生は法律上ラブホテルを利用することができません。また、ラブホテル側としても罰則を科せられてしまうため、利用を拒否しています。それでも高校生なのにラブホテルに行ったという人たちもいるでしょう。そのような人たちは、高校生でも利用しやすいラブホテルの情報を共有していることがあります。

ラブホテルの経営方針は経営者によって大きく変わります。そのため、ラブホテル経営者のコンプライアンス意識によって、高校生らしき若いカップルでも黙認するか否かが別れます。身分証明書の提示を求めて拒否されるというトラブルを回避したい、明らかに高校生と断定できない場合は利用してもらって利益を上げたいとその考えは様々です。

高校生でラブホテルを利用している人たちは、そういったコンプライアンス意識の低い、入室を断られないラブホテルを選択している可能性があります。18歳未満や高校生であるにも関わらずラブホテルを利用している人たちは、ラブホテルを利用する際、ほかにどのような点を意識しているのか調べてみました。

制服では絶対に行かない

高校生の象徴でもある制服は、かなり特徴的です。コートの下に着たり、着崩したりしていても、なんとなく制服を着ているとわかってしまうものです。制服でラブホテルを利用するのは絶対に止めましょう。制服でラブホテルを利用している人もなかにはいるようですが、それはほとんどが、高校を卒業している大学生や、社会人なのだそうです。

制服ディズニーのように大学生や社会人が卒業してからも制服を着用してラブホテルを利用するようで、その際には必ず受付で身分証明書などを提示し、年齢を明らかにしています。そのため、他の人も制服で利用しているようだからと制服でラブホテルへ行ってしまうと、身分証明書の提示を求められてバレてしまうでしょう。

対面式ではないラブホを選ぶ

ラブホテルを利用する際には、必ずフロントで受付をする必要があります。その受付方法は、「スタッフによる対面式」「タッチパネルなどの対面式以外の方法」の2通りがあります。前者の場合、手元だけが見えるような受付のため、スタッフと直接顔を合わせることはありません。しかし、スタッフ側はしっかりと利用客の姿を確認しています。

そのため、服装やその様子などで未成年ではないかと疑われた場合には身分証明書の提示を求められます。一方でタッチパネルなどの対面式以外の方法をとっている受付は無人のため、スタッフと接することはありません。その分バレたり身分証明書の提示を求められたりする可能性は低いはずですが、その様子を監視カメラで確認していることもあります。

大人っぽい服装で行く

制服ではなく私服だからと油断してはいけません。18歳未満や高校生など、未成年者を入室させて罰せられるのはラブホテル側です。そのため、ラブホテルの受付ではしっかりと訪れる利用客を確認しています。例え私服であっても、服装などに幼さが残っている場合には、その目はより厳しくなります。時には身分証明書の提示を求められるでしょう。

高校生がラブホを利用する時の注意点とは

18歳未満や高校生は法律によってラブホテルを利用することができません。しかし、実際には高校生などでもラブホテルを利用している人がいるのも事実です。そのような人たちはどのようなことに注意してラブホテルを利用しているのでしょうか。高校生らがラブホテルを利用する際に注意していることを調べてみました。

注意点①避妊するのを忘れない

ラブホテルを利用するということは性行為を行うということに直結します。ラブホテルは避妊具を置いていることがほとんどですが、サイズや素材の合う合わないがあります。また、前の利用客やスタッフによって穴があけられている可能性もゼロではありません。確実に避妊するためにも、事前に用意した避妊具を持参したほうがよいでしょう。

高校生が性行為をする場合、1番気を付けなければならないのが妊娠するということです。時には避妊具なしでも妊娠しない、膣内で射精しなければよいといった誤った避妊方法を選択する人がいますが、それは大きな間違いです。例えば途中まで避妊具をつけずに、途中から避妊具をつけるといった場合でも妊娠する可能性は十二分にあります。

注意点②お金に余裕を持って行く

ラブホテルには、ルームサービスや延長料金といった、最初に提示された金額のほかに、課金が発生するシステムがあります。念のため、お金は多めに持っていくとよいでしょう。特に多いのが料金システムの勘違いや、寝過ごしなどによる延長料金の発生です。

高校生の場合はクレジットカードを持っていないことがほとんどでしょうから、お金が足りない場合、外に下ろしに行かねばなりません。その際、多くのラブホテルが身分証明書など、大切なものを預かっておく傾向にあります。そこで身分証明書の提示を求められてしまった場合、年齢がバレてしまうこともあるでしょう。

注意点③親への嘘は完璧に考えておく

ラブホテルで1泊する場合、気にするべきは親へどう伝えるかです。「友達の家に泊まる」などといった嘘が定番となっていますが、親によってはその友達の家に、泊まることに対しての挨拶や御礼の電話をするといったこともあるでしょう。もし、そこで嘘だとバレた際には親からの信用を失うのはもちろん、恋人に対する印象も悪くなってしまいます。

高校生の利用についてラブホ側の本音とは

18歳未満や高校生にラブホテルを利用されてしまった場合、ラブホテル経営者は法律により罰則を科されてしまいます。しかし、一方で18歳未満や高校生でラブホを利用している人がいるのも事実です。ラブホテル経営者はこういった18歳未満や高校生のラブホテルの利用をどのように考えているのでしょうか。ラブホテル側の本音について調べてみました。

外見では高校生だと判断しづらい

最近の高校生、特に女子高生は大学生や社会人に近いメイクや服装を好む傾向にあり、見た目だけでは年齢を判断することが難しくなっています。そのため、制服などの特徴がなければ外見だけで高校生かどうか判断するのは困難なようです。

メイクや服装が10代~20代で似通っているため、都度身分証明書の提示を求めていては、本当に20代であった場合に、その20代の利用客のラブホテルに対する印象が悪くなってしまいます。ラブホテルは性行為をすることを前提としたホテルですから、そこで身分証明書の提示をするというのは抵抗があるという女性も多いでしょう。

気がつかないフリをして儲けたい

18歳未満や高校生が多く利用しているラブホテルは、ラブホテル側が「気が付かないフリをして儲けたい」と考えていることが多いようです。もちろん、制服など明らかに高校生だとわかる服装でラブホテルを利用されては、近所や他の利用客から通報されてしまう可能性が高いため、ラブホテル側からも利用を断るでしょう。

しかし、私服であるなどパッと見では判断ができない場合、本人に身分証明書を提示するように求めなければなりません。その作業を手間に感じたり、その際にごねられてトラブルになることを避けたいと考えたりするために、気が付かないフリをすることもあります。ラブホテル側としてはバレなければそのまま儲けとなることも大きいです。

警察にバレると罪になるのでやめてほしい

ラブホテル側としては、18歳未満や高校生のラブホテル利用が法律で禁止されている以上、利用してほしくないというのが大前提でしょう。利用した18歳未満や高校生に対して法律上での罰則はありませんが、ラブホテル側は厳しく罰せられてしまいます。

多額の罰金の支払いや、懲役、営業停止命令などの可能性があり、経営者はおろか従業員も困ることになってしまいます。そのため、18歳未満や高校生のラブホテル利用を事実上黙認しているラブホテルであっても、そのリスクを背負うことになってしまいますから、本当は利用してほしくないというのが本音でしょう。

高校生でラブホを利用するはやめておこう

18歳未満や高校生でラブホテルを利用することは法律で禁止されています。もし、ラブホテルを利用したことがバレた場合、罰則を科せられるということはありませんが、親や学校にバレる可能性はあるでしょう。その場合、停学や退学の可能性はもちろん、親から恋人との交際を反対されるというリスクもあります。

また、一緒にラブホテルに入室したのが成人と高校生といった組み合わせだった場合、成人している方が「淫行条例違反」罰せられてしまうこともありえます。高校生というのは性的な興味が強くなってくる年ごろで、ラブホテルを利用したいと考える人も多いでしょう。しかし、法律で禁止されていることやリスクを考えて、グッと我慢することが大切です。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ASUNA
元SE・事務を経験したのちに専業主婦に。子育てに奮闘しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ