100均のチョコ15選!ダイソー・セリアなど!おすすめのレシピも紹介

ダイソー、セリア、キャンドゥといった100均では、多くのチョコレートが販売されているようです。その中からおすすめのチョコや、板チョコをつかったお菓子のレシピ、100均で購入できる転写シートなどを使ったアレンジ術をご紹介します。

100均のチョコ15選!ダイソー・セリアなど!おすすめのレシピも紹介のイメージ

目次

  1. 1100均のチョコはコスパが良く味も優秀!
  2. 2100均【ダイソー】おすすめのチョコ8選
  3. 3100均【セリア】おすすめのチョコ2選
  4. 4100均【キャンドゥ】おすすめのチョコ5選
  5. 5100均のチョコを使った簡単レシピ
  6. 6100均のチョコを使った簡単アレンジ術
  7. 7100均のチョコを使ってお菓子作りに挑戦してみよう

100均のチョコはコスパが良く味も優秀!

100均では様々な商品が販売されていますが、チョコレートも数多くの種類を取り扱っています。100均のチョコレートはクオリティが高く、さらには安価のためコスパもよいです。そんな100均のチョコレートのなかでも美味しいと話題になっている商品や、100均のチョコレートを使用したレシピなどをご紹介していきます。

100均限定のお菓子も取り揃えている

ダイソー、セリア、キャンドゥをはじめとした100均では、店舗間の違いはあれど、チョコレートをはじめとしたお菓子も取り扱っています。スーパーやコンビニで購入できるお菓子も販売していますが、100均限定のお菓子も取り揃えているようです。特にダイソーではオリジナル商品も多く、ダイソーでしか購入できないお菓子も多くあります。

市販のチョコレートとの違いは

100均でも多くのチョコレートが販売されていますが、市販のチョコレートと違いはあるのでしょうか。調べてみたところ、市販のチョコレートのほうが甘く味わいが濃厚なもの多く、100均のチョコレートのほうがすっきりとした甘みという印象を受けやすいのだそうです。

そのため、製菓用を除いたチョコレートで考えた場合、お菓子作りには100均のチョコレートの方が適していると考える人もいるようです。内容量なども100均のチョコレートの方が多いことがほとんどで、コスパの面でもお菓子作りに100均のチョコレートは向いているのではないでしょうか。

100均【ダイソー】おすすめのチョコ8選

セリアやキャンドゥに比べ、圧倒的な店舗数と商品数を誇り、100均の代名詞といっても過言ではないのがダイソーです。ダイソーでももちろんチョコレートをはじめとするお菓子はたくさん販売しています。そんなダイソーで販売しているチョコレートのなかから、おすすめのものを8つご紹介します。

ダイソーのおすすめ①板チョコ

ダイソーで販売されている板チョコのなかでも、ダークチョコレートがおすすめです。スーパーなどで販売されている板チョコが65gほどの内容量なのに対し、こちらの板チョコは120gと倍近い内容量となっています。そのため、コスパが良いと好評で、バレンタインなどのお菓子作りの際には特に大人気となる商品です。

製菓用ではなく、準チョコレートとして販売されているため、カカオバターの配合も少なく、そのまま食べてもとてもおいしいです。SNSでも絶妙な苦みが病みつきになると話題になっています。なお、お菓子作りに使用する際は、トリュフやガトーショコラに使用するのがおすすめなのだそうです。

ダイソーのおすすめ②チョコがけ苺

ダイソーで販売されているチョコレートのなかでも人気が高いのが、こちらのチョコがけ苺です。知る人ぞ知る商品で、1度食べると病みつきになると話題になっています。「ホワイトチョコ苺」「ストロベリーチョコ苺」「ミルクチョコ苺」「抹茶チョコ苺」が販売されており、全種買いする人も珍しくありません。

1袋2個入りのため、1個あたり50円ほどと、少しお高めにも感じますが、フリーズドライした甘酸っぱい苺がチョコレートで包まれており、高級チョコレート店にもひけをとらない味となっています。

ダイソーのおすすめ③ふんわり名人きなこもち

ダイソーで販売されている「ふんわり名人きなこもち」は、越後製菓とチロルのコラボ商品です。ダイソーオリジナル商品とのことで、ダイソーでしか購入することができません。一般的なおかきとは違い、カリっとした歯ごたえではなく、口の中に入れた瞬間にとけてしまいそうなほど、ふわふわの軽い食感となっています。

表面には薄くきなこチョコがコーティングされており、濃いきな粉の風味とふわふわじゅわっとくる食感がたまらないと、1口食べてハマってしまう人が多いようです。

ダイソーのおすすめ④オトナのブランデー・オトナのラム

ダイソーでは洋酒の入ったチョコレートも販売しています。「オトナのブランデー」「オトナのラム」は、それぞれブランデーとラムが半固形状のゼリーとなってチョコレートに包まれており、オトナのラムにはラム漬けレーズンも入っています。1箱4粒入りと、数は少ないですが、クセがなく上品な香りがよいと、高い評価を得ているそうです。

ダイソーのおすすめ⑤Twix

ダイソーでは海外のお菓子も販売しています。こちらの「Twix」も主にアメリカで販売されているチョコバーです。アメリカのチョコレート菓子と言えば、「スニッカーズ」「ミルキーウェイ」などが広く知られていますが、Twixも、アメリカでは根強い人気を誇ります。キャラメルとクッキーをチョコレートでコーティングしており、腹持ちもかなりよいです。

ダイソーのおすすめ⑥KoKoaHut

40778984 1960964507272856 5530107979808506228 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
onomaki_otonaband

ダイソーで販売されている「KoKoaHut」シリーズは、タイ産のチョコレートで、タイ土産の定番品でもあるそうです。たくさんの種類が販売されており、味は「アーモンド」「コーヒー豆」「ピーナッツ」「ひまわりの種」「バナナ」「パイナップル」「マンゴー」の7種類です。1粒直径1.5cmほどの丸いチョコレートとなっています。

ダイソーのおすすめ⑦チェコ産トリュフ

ダイソーで販売されているチョコレートは様々な種類がありますが、トリュフタイプで1番おすすめなのがこちらのチェコ産トリュフです。味は「ダーク」「ミルク」「オレンジ」の3種類で、いずれもSNSを中心に高い評価を得ています。1袋だいたい6粒入りで、舌の上でとろける食感が人気の秘密となっています。あまりの人気で品切れとなることも多い商品です。

ダイソーのおすすめ⑧禁断のショコラ

変わり種のチョコレートがお好きな人には、ダイソーで販売されている「禁断のショコラ」がおすすめです。2個100円のコーナーで売られているこちらは、チョコレートとラムネを掛け合わせたお菓子で、かじるとシュワシュワとはじけ、微炭酸のようなパチパチ感が楽しめると人気の商品です。ラムネ味のためか夏季限定の販売となっています。

100均【セリア】おすすめのチョコ2選

オシャレな雑貨や食器などが話題となりやすいセリアは、100均のなかでも女性人気が高いです。そんなセリアは、普段お菓子の販売をしていません。しかし、バレンタインシーズンには製菓用に販売することもあるそうです。そのため、他の100均と比べて販売しているチョコレートの数も少ないですが、そのなかで、おすすめのものを2つご紹介します。

セリアのおすすめ①ビッグミルクチョコ

セリアでバレンタインの時期になると販売される、「ビッグミルクチョコ」は主に製菓用として人気となっています。内容量は75gで、一般的に販売されている板チョコよりも大きいサイズです。味はかなりしっかりとした甘さがあります。そのため、製菓用として使用する際は、使用量や追加する砂糖の量を調整したほうがよいでしょう。

セリアのおすすめ②キャラメルチョコチップ

セリアで製菓用として販売されている「キャラメルチョコチップ」は珍しいキャラメル味のチョコチップで、キャラメル味が好きだという人にぜひ試してほしいチョコレートです。そのまま食べたり、お菓子作りにも利用したりすることもできますが、おすすめは飲み物に入れることです。コーヒーやミルクに数粒いれるだけでキャラメルの風味が広がります。

100均【キャンドゥ】おすすめのチョコ5選

ダイソー、セリアに比べると店舗数や認知度の低いキャンドゥですが、独自性の高い商品を多く取り揃えており、根強いファンがいる100均だといえます。そんなキャンドゥでも、チョコレートをはじめとするお菓子を数多く販売しています。キャンドゥで販売しているチョコレートのなかから、5つおすすめのものをご紹介します。

キャンドゥのおすすめ①Tangoの板チョコ

キャンドゥで販売されている「Tnago」の板チョコは根強いファンがいるマレーシア産のチョコレートです。サイズが大きく、内容量も110gあるので一般的な板チョコの2倍ほどのボリュームとなります。味は「アーモンド」「クッキーチョコ「フルーツ&ナッツ」「キャラメル」「マックスクランチ」「オレンジ」「レアチーズストロベリー」の7種類です。

キャンドゥのおすすめ②ブラックサンダー

キャンドゥではブラックサンダーを数多く販売しています。普段あまり見かけないような変わり種のものも販売しており、「ふわさくブラックサンダーWきなこ」「フルグラサンダー」「柿の種サンダー」なども購入することが可能です。4個100円で購入できるため、好きな組み合わせを選択することができます。

キャンドゥのおすすめ③ライトサンダー

キャンドゥなどでのみで購入できるのが、ブックサンダーシリーズ「ライトサンダー」です。ココア味とキャラメル味の2種類で、ザクザクとした食感は残しながらより軽い口当たりとなっています。また、ブラックサンダーが112kcalなのに対し、ライトサンダーは69kcalとカロリーも控えめです。ブラックサンダーが好きなダイエッターにおすすめです。

キャンドゥのおすすめ④terravita

キャンドゥで販売されている「terravita」は、ポーランド産のチョコレートです。味は「ダーク」「ティラミス」「ストロベリー」「ミルク」の4種類のようです。内容量も100gと一般的な板チョコに比べてボリュームがあります。分厚くて食べ応えがありますが、人によっては香料の癖が気になるという意見もあるようです。

キャンドゥのおすすめ⑤カカオ70%チョコレート

15101529 284207798642384 5087316293128814592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cando_official

キャンドゥではハイカカオチョコレートも販売しています。こちらの「カカオ70%チョコレート」はその名の通り、チョコレートに対し、カカオが70%含まれています。また、キャンドゥでは「カカオ80%チョコレート」も販売しているそうです。ハイカカオチョコは便秘の改善や認知症の予防、高血圧の予防などに効果があるといわれています。

100均のチョコを使った簡単レシピ

100均のチョコレートは製菓用はもちろん、普通のチョコレートもお菓子づくりに向いているとされています。そんな100均のチョコレートを使用した簡単レシピを4つ、ご紹介します。

レシピ①チョコバー

チョコバーのレシピは、まずチョコバーの材料を砕くことから始めます。材料はクッキーやシリアル、ナッツなどがおすすめです。包丁でそれらを荒くカットしたら、チョコレートを流し入れるトレイなどにセットしておきます。そして、100均の板チョコをレンジで溶かしたものをスプーンなどで流し入れ、冷やして型から取り外せば完成です。

レシピ②コーティングチョコ

コーティングチョコのレシピはまず、100均のチョコレート50gと生クリーム15ccを合わせて600Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。それを混ぜ合わせたら、サラダ油を小さじ2加えて完成です。完成したものをフルーツやシュークリーム、ドーナッツ、ケーキなどのコーティングに使用すると、口どけもよく、見栄えもよくなります。

レシピ③ザクザクチョコ

ザクザクチョコのレシピは、グラノーラやナッツ、コーンフレークを使用します。好みに合わせてカットしておきましょう。それらをボウルに入れたら、100均のチョコレートを湯煎または電子レンジで溶かしたものを少量ずつ加えていきます。

チョコレートがうまくコーティングできたら、スプーンですくい、オーブンシートの上に並べます。冷えて固まったら完成です。

レシピ④ガトーショコラ

ガトーショコラのレシピはまず、割った100均のチョコレート150gと、バター100gを耐熱ボウルに入れ、600Wの電子レンジで1分半加熱します。そこに卵を3つと砂糖70gを加えて混ぜます。最後に、薄力粉70gとベーキングパウダー4gをふるいいれ、ヘラでざっくりと混ぜ合わせれば生地は完成です。

生地をカップに流し入れ、160度に予熱したオーブンで18分ほど焼き上げれば出来上がります。しっかりと冷ましてからトッピングやラッピングをしましょう。

100均のチョコを使った簡単アレンジ術

100均のチョコレートは簡単にアレンジすることができます。こちらでは、100均のチョコレートを使った簡単アレンジ術を3つご紹介します。バレンタインなどのお菓子づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか。

アレンジ術①チョコに棒を付けて

12599247 1695231534023623 1717336328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
erina_ma

100均では「ホットチョコキューブトレー」という名前で、棒つきチョコレートをつくるためのトレーが販売されています。使い方は簡単で、チョコレートを溶かしたら型に流し込み、棒と一緒に冷やして固めるだけです。また、ラッピングもしやすいと人気となっています。

アレンジ術②転写シートで可愛く

100均では転写シートも販売されています。転写シートの使用方法は、転写シートを貼り付けたいチョコレートの表面を溶かすか、接着剤代わりの溶かしたチョコレートを塗り付けて、転写シートをのせます。冷やして固めたあとに、のせていた転写シートをはがすと、チョコレートに転写シートの柄や模様が移ってオシャレなチョコレートが出来上がります。

アレンジ術③チョコペンでオリジナルに

26068467 1545162955520257 7869089254092046336 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yu_ki_530

100均は、チョコペンもたくさんの種類を販売しています。色も数多く揃っており、好きなキャラクターや模様を描くことができます。チョコペンの品揃えは特にダイソーとセリアがよいようで、セリアでは、蛍光色のものまで販売しているそうです。

100均のチョコを使ってお菓子作りに挑戦してみよう

100均のチョコレートは数多くの種類を販売しており、そのまま食べるだけでも十分に美味しいものばかりです。お菓子づくりにピッタリだという商品も多いため、お菓子づくりが趣味だという人や、興味があるという人は、ぜひ100均のチョコレートを使用して気軽にお菓子づくりに挑戦してみてください。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ASUNA
元SE・事務を経験したのちに専業主婦に。子育てに奮闘しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ